世界一わかりやすい『Amazon MasterCardゴールド』解説|あなたにベストな1枚かわかる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Amazon ゴールドカード アイキャッチ

Amazon MasterCardゴールド』を申し込むべきか検討していますね。

9千枚のクレジットカードと比較した結果、下記のいずれかに1つ以上当てはまる人は間違いなくおすすめです。

  • Amazonプライムを利用している
  • 初年度年間15万円以上、2年目以降年間4.2万以上Amazonで買い物をしている

しかし、「Amazon以外での利用がお得ではない」などのデメリットも多いため、契約前にしっかりとチェックしておかないと後悔するので注意しましょう。

このページでは、大手カード会社に3社勤務した経験を活かして『Amazon MasterCardゴールド』について以下の流れで全てご紹介します。

  1. Amazon MasterCardゴールド総評
  2. こんな人にAmazon MasterCardゴールドはおすすめ!
  3. Amazon MasterCardゴールドの2つのデメリット
  4. 申し込みの際の2つの注意点

メリットにピンとこなかった場合のためのおすすめカードもご紹介しています。

全て読んでいただければ、契約後に後悔することなく、あなたが本当に選ぶべきクレジットカードかどうかがわかるでしょう。

1. Amazon MasterCardゴールド総評

『Amazon MasterCardゴールド』の特徴をまとめると以下のようになり、Amazonプライムを利用し買い物の金額が多いAmazonのヘビーユーザー向けのゴールドカードと言えます。

メリット デメリット
  • Amazonでの利用でポイント還元率が2.5%
  • ゴールドカードでありながら実質年会費が2,000円以下で持てる
  • Amazonプライム(年会費3,900円)が無料で付いている
  • Amazon以外での利用ではお得ではない
  • 電子マネーのチャージでポイントが付かない

1-1. クレジットカード全体としての評価

クレジットカードの良し悪しを判断する評価として「ポイント還元率」「年会費」「ポイントの交換先」「電子マネーチャージ」「保険金額」の5つを挙げています。

当サイトの基準で5つの項目を数値化しました。数字が大きいほと、利用者にとって使いやすいカードで、『Amazon MasterCardゴールド』は下図のようになりました。

Amazon ゴールドカード レーダーチャート

評価項目 点数 コメント
年会費 4 初年度10,000円(税抜)。ただし割引できる手段があり、5,400円(税込)まで下げられる。2年目以降は最大4,320円(税込)まで下げられる
ポイント還元率 3 1%

Amazonでの購入では2.5%

ポイント交換先 1 交換することはできず、Amazonポイントをそのまま利用
電子マネーチャージ 1 iDのみポイントが付く
保険金額 3 旅行保険は国内・海外共にカードを持っているだけで適用される

傷害死亡・後遺障害のみ旅費をカードで支払うことで金額が上がる。

海外旅行の補償金額は救援者費用が500万円など同価格帯のゴールドカードに比べて条件が良い

1-2. ゴールドカードとしての評価

続いて、ゴールドカードとして『Amazon MasterCardゴールド』はどうなのかを、「ステータス」「サポートサービス」「優待」で分析しました。

『Amazon MasterCardゴールド』はゴールドカードとしては以下のようにAmazonでの利用に特化したカードです。

評価項目 評価 コメント
総合評価 C Amazonプライムを利用しているAmazonのヘビーユーザー向けの1枚です

他の優待やサービスには期待できないため、メインカードとして使うのには厳しくAmazonでの決済専用サブカードとしての利用がおすすめです

ステータス B 三井住友VISAカードとの提携カードであり、クレジットカード自体としてのステータスはそんなに高くはない
サポート・サービス C Amazon MasterCardゴールドデスクがフリーダイヤルだが、受付時間が9:00~17:00までしか対応していないのはやや残念

年中無休である

優待 C Amazonプライム(年会費3,900円)が無料で付く

※最も良い評価をS、最も悪い評価をDとする5段階で評価しています

1-3. その他のカードの評価

その他のカードの評価は以下のようになります。

評価項目 評価 コメント
ポイント交換最低条件 S 1ポイントから利用することができる
ポイント有効期限 S 実質無期限(Amazonポイントが追加された場合は1年間更新)
加盟店数 D なし(ポイント付与が優遇されるのはAmazonのみ)
審査の難易度 B→A 2016年10月27日より満30歳以上で、ご本人に安定した収入をお持ちの方から満20歳以上と条件が緩和されました。これまでは『三井住友VISAゴールドカード』に準ずる基準のため、意外と厳しく申し込みを断れらたという口コミをたまに見かけていましたが、今後は易しくなると予想します
家族カード D なし
追加カード A ETCカード無料、iD無料、Apple Pay対応

※最も良い評価をS、最も悪い評価をDとする5段階で評価しています

2. こんな人にAmazon MasterCardゴールドはおすすめ!

『Amazon MasterCardゴールド』は下記の2つの使い方をする人にはおすすめできるカードです。

  • Amazonプライムを利用しAmazonで買い物をしている
  • Amazonをよく利用していて安い年会費でゴールドカードを持ちたい

2-1. Amazonプライムを利用しAmazonで買い物をしている

口コミ・評判

Amazon利用時のポイントがゴールド=2%となる。Amazonをよく利用し、かつプライム会員に利用価値を感じる方には非常にお得なカードではないでしょうか。

出典:価格.com Amazon MasterCardゴールド レビュー・評価

Amazonプライムを使用していて、Amazonでの利用額が多い人にとっては非常に便利で有用なカードであることは間違いありません。

2016年10月27日よりルールが改正され、ゴールドカードの魅力がアップしました。

『Amazon Mastercardゴールド』のAmazonでの買い物の還元率は、これまでの2%から2.5%にアップする。

引用:通販通信

具体的には下表の通りです。

カード名 年会費(税込) Amazonプライム年会費 ポイント還元率
『Amazon MasterCardクラシック』 無料 1.5%
『Amazon MasterCardクラシック』(プライム会員) 無料 3,900円 2%
『Amazon MasterCardゴールド』初年度 5,400円 含まれている 2.5%
『Amazon MasterCardゴールド』次年度以降 4,320円 含まれている 2.5%

ポイント還元率だけを考えるのであれば『Amazon MasterCardゴールド』の実質年会費は初年度1,500円(税込)にまで割引できるので年間で150,000円以上買い物をすると『Amazon MasterCardクラシック』よりもお得です。

次年度は420円(税込)にまで割引できるので年間で42,000円以上Amazonで買い物をするだけでお得です。

しかし、上表の比較から分かる通り『Amazon MasterCardゴールド』には既にAmazonプライムの年会費も含まれています。

『Amazon MasterCardクラシック』の場合、別にAmazonプライムの年会費を払わなくてはならないため、カードの年会費が無料であってもAmazonプライムの年会費分とポイント還元率がお得ではなく『Amazon MasterCardゴールド』の方がお得であることが分かります。

今回のルールの改定で『Amazon MasterCardゴールド』はAmazonの利用で最もお得に使える1枚になりました。

カード利用で加算されるAmazonポイントは使いやすい!

加算されるAmazonポイントもAmazonでの購入の場合は商品発送後(*デジタルコンテンツのダウンロード商品の場合は、ダウンロード完了日)に付与されます。

そのため、すぐにポイントを使うことができるのは他のクレジットカードのポイントシステムと比べてもとても使い勝手の良いものになっています。

2-2. Amazonをよく利用していて安い年会費でゴールドカードを持ちたい

Amazonプライムを利用していて、「マイ・ペイすリボ」割引と「WEB明細書サービス」割引を組み合わせると初年度実質年会費1,500円(税込)、次年度実質年会費420円(税込)と格安ゴールドカード以上の安さでゴールドカードが持てます。

初年度年会費の詳細

通常年会費は10,800円(税込)ですが、「マイ・ペイすリボ」割引5,400円(税込)とAmazonプライム年会費3,900円(税込)分を考慮すると実質年会費はたったの1,500円(税込)まで下げることができます。

ゴールドの年会費は「マイ・ペイすリボ」に登録し、年に1回以上カードを利用すれば、年会費が半額の「5,400円(税込)」割引にできます。

原則としてリボ払いは手数料がかかるので当ページとしては推奨しませんが、「マイ・ペイすリボ」は別です。

支払い金額は、インターネット・お電話で簡単に増やせるため、リボ払いの金額をショッピング枠と同額(もしくは指定できる金額の上限)に設定しておくことで手数料の発生しない1回払いと同じ扱いで「マイ・ペイすリボ」割引を受けることができます。

また、Amazonプライム3,900円(税込)が無料でついてきます

amazonプライム

出典:Amazon MasterCardゴールド

もし現在Amazonプライム会員になっていて『Amazon MasterCardゴールド』へ入会しても、既に支払い済みのAmazonプライム年会費の未使用月分がある場合には、未使用月分の年会費を登録のクレジットカードへ返金してくれます。

次年度年会費の詳細

通常年会費10,800円(税込)ですが、「マイ・ペイすリボ」割引5,400円(税込)と「WEB明細書サービス」1,080円(税込)、Amazonプライム年会費3,900円(税込)分を考慮すると実質年会費はわずか420円(税込)にできます。

次年度以降になると上記で紹介した割引の他に「カードご利用代金WEB明細書サービス」の利用で年会費を「1,080円(税込)」割引できます。

過去1年間に6回以上の請求がなければならないという条件がありますが、Amazonに限らず普通の買い物や毎月支払う公共料金を一つ登録しておくことで簡単に対象にできます。

ゴールドカードとしてのサービス

ゴールドカードとしては基本的な下記の3つのサービスを利用することができます。

  • 充実したカード保険
  • 空港ラウンジの無料利用
  • 追加カード
充実したカード保険

発行しているのは三井住友カードであるため、一部利用付帯ではあるものの国内・海外旅行保険が最高5,000万円、ショッピング補償も年間300万円付きます。

利用付帯とは

そのカードで支払いをすることで保険が適用される条件のことです。上記で言うと、旅行に関する移動費・交通費・ホテル代などを支払いをすることが条件となります。

空港ラウンジの無料利用

国内空港ラウンジ28空港を無料で利用することができるなど、格安ゴールドカードにはないサービスを受けることができます。

羽田空港 ラウンジ

出典:羽田空港

電源・Wi-Fi・ドリンク・軽食を無料で利用することができるだけなく、アルコールなどの一部の飲み物やシャワー・マッサージチェアなどを有料で利用できるところもあります。

利用料金は1,000円前後ですが、カードと当日の搭乗券を提示することで無料にすることができます。

飛行機に乗る機会が多い人は、このラウンジの利用料金だけでも簡単に年会費の元を取ることができるでしょう。

追加カード

家族カードは残念ながら発行されませんが、ETCカード・iDカードは年会費・発行手数料になり、ETCは前年度に1回以上のETCの利用で年会費が無料になり続けます。

どちらも利用金額の1%分がAmazonポイントとして還元されるので大変お得です。

Amazon MasterCardの切り替え方法

Amazon MasterCardはクラシックまたはゴールドいずれか一方だけのお申し込みとなります。ゴールドへの切り替えを希望の場合は、Amazon MasterCard クラシックデスク 0120-975-776 (受付時間9:00-17:00 ※12/30-1/3休)に連絡をしてください

3. Amazon MasterCardゴールドの2つのデメリット

この章では逆に『Amazon MasterCardゴールド』の2つのデメリットを挙げていきます。

  • Amazon以外での利用ではお得ではない
  • 電子マネーのチャージでポイントが付かない

3-1. Amazon以外での利用ではお得ではない

Amazonプライムの利用を始めとするAmazonヘビーユーザーにとってはお得なカードですが、Amazon以外での利用は平均的なカードです。

例えば、他社のカードのサービスにあるような加盟店での利用でポイントのボーナスの優遇があったり、ポイントを他の電子マネーやマイルに替えることはできません

また、ゴールドカードとして付いているサービスは国内28空港ラウンジの無料利用と保険などであり、他に独自の優待や特典がないため同価格帯のゴールドカードのサービスに比べるとどうしても劣ります。

Amazonでのポイント還元率は1.5%と少し下がってしまいますが、『JCB ゴールド』なら豊富な優待や特典がありAmazon以外での利用もお得になるので、たくさんの場所で得をしたい人にはおすすめの1枚です。

3-2. 電子マネーのチャージでポイントが付かない

『Amazon MasterCardゴールド』の電子マネーのチャージや利用には下記の種類が対応しています。

  • Edy
  • iD
  • nanaco
  • モバイルSuica
  • SMARTICOCA

しかし、この中でAmazonポイントが付くのはiDを利用した時だけです。

電子マネーへのチャージでポイントを稼ぎたい人は年会費が無料の下記のカードを別に1枚持つことをおすすめします。

カード名  Edy nanaco モバイルSuica
JMBローソンPontaカードVisa 0.5% 0.5% 0.5%
タカシマヤセゾンカード 1% 1% 1%
リクルートカード 1.2%(VISAのみ) 1.2% 1.2%
エポスカード 0.5〜1% 0.5〜1%

申し込み年齢基準が下がり作りやすくなった!

2016年10月26日までは三井住友カードのゴールドカードの入会条件と同じであるため、「満30歳以上で、ご本人に安定した収入をお持ちの方」でないと申し込みをしても審査で否決されることがあり、カードが簡単に発行されませんでした。

しかし、2016年10月27日以降はポイント還元率の改善と共に、20歳以上から申し込みが可能となりました。

そのため、今後は『Amazon MasterCardゴールド』が作りやすくなると考えられます。

またこれまで同様、既に三井住友系のカードを所有している場合、比較的審査が通りやすいでしょう。

他にAmazonの買い物をお得にできる4枚

Amazonプライムを利用していない人にとっては、他にAmazonでの買い物でポイント還元率の高いお得なカードがいくつかあります。

その中で、特におすすめのカードは下記になります。

カード名 年会費(税抜) 基本還元率 Amazon利用還元率 申込資格 特長
DCカード Jizile(ジザイル) 無料 1.5% 2% 18才以上。学生でも作れる リボ払い専用カード。月5万円以下でお得。
JCB CARD EXTAGE 無料 1〜1.5% 2〜2.25% 20代限定 次年度は前年度利用額20万円(税込)以上の場合2.25%
Orico Card THE POINT 無料 1% 2% 高校生以外の18歳以上 Amazonでの買い物金額が年間39万円未満なら下のGOLDよりお得
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD 1,806円 1% 2.5% 20歳以上の安定した収入がある人 Amazonでの買い物金額が年間39万円以上で最もお得

※Amazon利用還元率は各カード会社のオンラインモールを通じてAmazonを利用した場合の還元率。

一般的にカード会社のオンラインモールを通してショップで買い物をすると、普通に買い物をするよりもカード会社のポイントを多くもらえます。

特に『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』は『Amazon MasterCardゴールド』と同じ還元率2.5%です。

上記4枚は必要に応じてAmazonプライム年会費を払わなければなりませんが、申し込みの審査はそこまで厳しくなく、18歳以上からカードを作ることができポイントの交換先が豊富なことがメリットです。

どうしてもAmazonカードが欲しい場合は一般カード(『Amazon MasterCardクラシック』)を作る

上記で『Amazon MasterCardゴールド』の代わりになるカードをいくつかご紹介しましたが、ポイント還元率やカードの使い勝手に関係なく、どうしてもAmazonカードが欲しい場合は一般カードである『Amazon MasterCardクラシック』であれば発行されやすいでしょう。

ポイント還元率を上げる目的だけのプライム会員は損!

今回のルールの改定で『Amazon MasterCardクラシック』はプライム会員であるかそうでないかでポイント還元率に差があります。

しかし、下記で示すようにポイント還元率の差を取り戻せるのはかなりのヘビーユーザーでなければ難しいことが分かります。

3,900円(プライム会員年会費)÷0.005(ポイント還元率の差)=780,000円

他のプライム会員サービス(無料配送、プライム・ビデオ、Prime Music等)を利用するのであれば加入しましょう。

4. 申し込みの際の2つの注意点

申し込みをする際には以下の注意点を確認してから申し込みましょう。

  • キャッシング枠
  • 追加カードの発行

この2つの注意点をあまり考えずにカードの申し込みをしてしまい、カードが発行されなかったり発行した後に後悔する例があります。

申し込みをする際には以下の点を注意してください。

4-1. 必要が無ければキャッシング枠は申し込まない

普段利用する予定がない場合は原則としてキャッシング枠は0にして申し込みましょう。

なぜなら、総量規制という法律で個人がお金を借りられる枠の基準が定められていて、その枠の中にクレジットカードのキャッシング枠も含まれるからです。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

引用:日本賃金業協会・総量規制とは

キャッシング枠を不必要に多くして申し込むと、カードの発行会社は「この人はお金に困っている人なのかな」と判断され、カードが発行されない恐れがあり否決の情報が記録に残ります

あなたが否決されたという記録は半年間残ってしまい、各クレカ会社や金融機関などにも共有されるため他のカードを発行する時に不利になります。

必要時は1〜2枚のカードに年収の1/3以下の金額で申し込む

ただ、海外の旅行先やメインのカードとして日常生活の中でキャッシングを使いたいこともあるでしょう。

その場合は、自分の持っている1〜2枚のカードに合計で年収の1/3以下の金額にして申し込むと、総量規制の基準に引っかからずカードが発行されやすいです。

4-2. 追加カードは使う予定があるものだけ発行する

使う機会がない場合はETCカードなどの追加カードは発行する必要はありません。

「便利そうだから何となく…」という理由で使う予定がないのに持っていると、翌年度以降から年会費が発生して損をする追加カードもあります。

生活スタイルが変化をして、後から必要になった場合でも追加カードを申し込むことはできますので、今使う予定があるものだけ発行するようにしましょう。

5. まとめ

Amazon MasterCardゴールド』はAmazonプライムを利用中でAmazonで買い物をする人、または安い年会費でゴールドカードを持ちたい人にはおすすめです。

提携カードではあるものの、『三井住友VISAゴールドカード』としてのサービスもあるので旅行保険や空港ラウンジも利用できます。

Amazon MasterCardゴールド』を利用することであなたの生活がより豊かで便利になることを祈っています。

カード詳細情報

この章では、現在できる限り情報を収集した上で、『Amazon MasterCardゴールド』についての詳細情報を表にまとめました。上記でご紹介した他にカードについて細かい情報を知りたい人だけお読みください。

詳細情報

申し込み対象 本会員 満20歳以上で、ご本人に安定した収入をお持ちの方
家族会員 発行不可
審査基準 元々は三井住友VISAゴールドと同じ基準で厳しめだったが、2016年10月27日の申し込み年齢基準の引き下げに伴い、やや易しくなると予想される
還元率 1%(Amazonでの利用は2.5%)
ブランド MasterCard
年会費 本会員 初年度 10,000円(税抜) カード加入月の翌月に請求
「マイ・ペイすリボ」コース 5,000円(税抜)マイ・ペイすリボへご登録のうえ、年に1回以上カードをご利用
次年度以降 10,000円(税抜) カード加入月の翌月に請求
「WEB明細書」コース 9,000円(税抜)カードご利用代金WEB明細書サービスのご利用で過去1年間に6回以上の請求がある方
「マイ・ペイすリボ」コース 5,000円(税抜)マイ・ペイすリボへご登録のうえ、年に1回以上カードをご利用
「WEB明細書+マイ・ペイすリボ」コース 4,000円(税抜)「マイ・ペイすリボ」を指定および「カードご利用代金WEB明細書サービス」を申し込み、それぞれの条件を満たす
支払い方法 口座振替
支払い日 翌26日払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
ショッピング 利用可能枠 最高200万円

(三井住友カードの審査基準により決定)

支払い方法 1回払い・2回払い・ボーナス一括払い(手数料不要)
分割払い

実質年率

12.20%:3回

13.25%:5回

13.75%:6回

14.25%:10回

14.50%:12回

14.75%:15・18・20・24回

リボ払い

実質年率15.00%

あらかじめご指定のお支払いコースに基づき、毎月締切日までのリボ払いの未決済残高に対して、弊社所定の手数料率により年365日(閏年は年366日)で日割計算した手数料(包括信用購入あっせんの手数料)と元金の合計額を弁済金として、毎月所定のお支払い日にお支払いいただきます。

リボ払いご利用枠を超えたご利用分については、1回払いでのお支払いとなります。

遅延損害金 年14.60%
キャッシング 国内利用可能枠 1回の操作につき1万円~50万円までの1万円単位
ATM利用手数料 国内・海外の提携ATM・CDでのキャッシングによる「お借り入れ」の都度 借り入れ金額

1万円以下 100円(税抜)

1万円超  200円(税抜)

手数料 実質年率14.4〜18.0%
遅延損害金 年20%
ポイント ポイント名 Amazonポイント
基本ポイント付与 1%分Amazonポイントが貯まります(1ポイント=1円分)
有効期限 加算されてから1年間。ただし、新たにAmazon MasterCardでお買い物をした場合や、Amazonポイントが追加された場合は1年間更新されます。
ボーナスポイント Amazonのショッピングで、2.5%還元(10月27日より)
電子マネー 名称 チャージの可否 カードに付属 オートチャージ対応 ポイント付与
Edy

nanaco

iD

1%(100円につき1P)

モバイルSuica

SMART ICOCA

国内旅行保険

(自動付帯)

補償条件 ※傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費等の当該カードでのお支払い有無により最高補償額が異なります。
傷害死亡・傷害後遺傷害 合計:5,000万円

自動付帯:1,000万円

利用付帯:4,000万円

傷害入院 日額 5,000円
傷害手術 最高 20万円
傷害通院 日額 2,000円
家族特約
海外旅行保険 補償条件 ※傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費等の当該カードでのお支払い有無により最高補償額が異なります。
傷害死亡・傷害後遺傷害 合計:5,000万円

自動付帯:1,000万円

利用付帯:4,000万円

傷害・疾病治療 自動付帯:300万円
賠償責任 自動付帯:5,000万円(1事故の限度額)
携行品損害 50万円(自己負担:1事故につき3,000円)(1旅行中かつ1年間の限度額)
救援者費用 自動付帯:500万円(1事故の限度額)
家族特約 傷害死亡:最高1,000万円、治療:200万円、疾病:200万円、賠償:2,000万、携行品:50万、救援者:200万
ショッピング補償(動産総合保険) 補償内容 ホームページに記載なし
補償限度額 (年間)300万円まで
自己負担額 (1回の事故につき)3,000円
カード盗難保険 カードが不正利用された場合も、特別なケース以外は届出日の60日前からその損害を補償
国内空港ラウンジ 新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港 新潟空港 羽田空港 成田国際空港 富山空港 小松空港 中部国際空港 伊丹空港 神戸空港 関西国際空港 岡山空港 米子空港 広島空港 山口宇部空港 松山空港 徳島空港 高松空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港
その他特典 Amazonプライムが無料で利用できます。

【ご注意】

現在Amazonプライム会員のお客様がAmazon MasterCardゴールドへ入会すると、既にお支払い済みのAmazonプライム年会費の未使用月分がある場合には、未使用月分の年会費をご登録のクレジットカードへ返金させていただきます。

また、現在Amazon Student会員のお客様がAmazon MasterCardゴールドへ入会すると、Amazon Studentは自動的に退会となり、以下のAmazon Studentの特典はご利用できなくなります。どうぞご了承のうえ、お申し込みください。

追加カード ETCカード 年会費540円で追加可能。(初年度年会費無料。2年目以降は前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば翌年度無料)ご利用金額の1%分のAmazonポイントが還元
iD 年会費・発行手数料は無料:ご利用金額の1%分のAmazonポイントが還元
Apple Pay 対応

(※当サイトへの掲載情報は、できる限り正確であるように精査の上細心の注意を払って作成しておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に対して生じたあらゆる損害等について一切補償は致しません。極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket