年収はクレジットカードに影響するの?審査を乗り切るための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

クレジットカードの審査に年収はどれくらい必要なのかと考えていませんか。

基本的にクレジットカードの審査では様々な項目から判断され、年収だけでは審査の可否は決まりません。むしろ、年収以外の項目の方が大きく作用します。

この記事では大手カード会社に3社勤務した私がその経験を生かして、年収が審査に与える影響について以下の流れで紹介していきたいと思います。

  1. クレジットカードの審査で年収について知っておきたい3つのこと
  2. 年収よりも大切なクレジットカード会社の審査ポイント
  3. カードが作れるか不安な方におすすめのカード3選
  4. どうしてもクレジットカードが作れなかった方へ

この記事を読むことで、カードの審査と年収の関係性からクレジットカードの審査について全てがわかります。

1. クレジットカードの審査で年収について知っておきたい3つのこと

この章では年収がクレジットカードの審査に与える影響について紹介していきます。

まず、結論から話すと年収はクレジットカードの審査にそこまで大きな影響を与えません。

なぜなら、クレジットカードの審査には年収を記入する欄はありますが、それを確かめることはなく、あくまで自己申告だからです。

※キャッシングの審査も兼ねる場合は収入証明が必要です。

そのため、カード会社としてもクレジットカードの審査のみでは正確な年収を計ることはできません。

つまり、クレジットカードの審査で年収はそれほど大きな影響を与えることはありません。

しかし、軽視することもできません。この章ではクレジットカードの審査における年収について知っておきたいこと全てを紹介していきます。

1-1. クレジットカードを作るために最低限必要な年収

年収は重視されないと説明しましたが、「最低200万円」という最低限必要な年収ラインは存在します。

※ゴールドカードのようなステータスカードはカードにもよりますが、最低でも「300万円」が最低ラインとなっています。

しかし、このラインも絶対的なものではなく、年収がこれ以下でもカードを作れたという方はたくさんいます。

また、以下のように年収を持たない方でもきちんとカードを作れています。

  • 学生
  • 専業主婦(専業主夫)

ただし、この方々の場合は両親(親権者)や夫(配偶者)の年収も参考になります。

もし、この記事を読んでいる方で学生や専業主婦の方がいれば以下の記事でそういった方々向けのカードを紹介しているので参考にしてください。

9千枚から厳選!専業主婦におすすめのクレジットカード6選

プロが教える大学生のクレジットカードの選び方とおすすめ5選

1-2. 確認されないからといって年収で虚偽報告をしない

申し込み書に虚偽の内容を書くことは絶対にやってはいけないことです。

それらの嘘はバレてしまう可能性が高いです。年収に関しては年間の収入証明書を求められなかったとしてもクレジットカード会社は職業欄や役職、勤続年数で大体の年収を想定することはできます。

職業や役職、勤続年数を虚偽申告することも絶対にやってはいけません。

なぜなら、クレジットカードの審査には本当にその会社に所属しているか確認をするために匿名で勤め先に確認の電話をすることもあるからです。

そしてこれらの虚偽報告が発覚してしまうとそのカードの審査に落ちるだけでなく、ブラックリストに載ってしまい、今後の審査にも響く可能性があるので虚偽報告だけは絶対にやめましょう。

1-3. 年収記載にあたっての注意点

申し込み時に年収を記載するにあたって注意点が以下のように3つあります。

年収は税引き前の金額を記入

クレジットカードの申し込みをする際に意外と迷ってしまうのが、年収は税引き前の額を記入するのか手取りの金額を記入するのかということです。

この場合、年収とは税引き前の金額を指します。給与明細を見れば分かりますが、給与は税金、保険料、積立金などが天引きされてから支給されています。

実際に給与からいくら天引きされているかは人によって異なります。気になる方は給与明細を一度確認しましょう。

夏や冬のボーナスも年収に含む

また、年収にはボーナス金額も含みます。

ボーナスは額も大きいので特に天引きされる金額も大きいです。

そのため、正確な金額が気になる方は年末年始に企業から渡される源泉徴収票を確認すれば、自身の年収がきちんとわかります。

実績がない場合

就職や転職をしたばかりできちんとした年収がまだないという方は、毎月渡される給与明細を参考に見込みの年収を記載しましょう。

以上がクレジットカードと年収についてです。

次章からはクレジットカードの審査について紹介していきます。

2. 年収よりも大切なクレジットカード会社の審査ポイント

一般的にクレジットカード会社は年収も含めて以下の3つを基準に審査を行います。

  • 返済能力:職業や勤務先、雇用形態、勤続年数、年収、そして他社からの借入れ状況を確認して、お金を貸してもきちんと返済できるのかを確認します。
  • 性格:これまでの利用実績を確認して、遅滞などすることなく期日までにきちんと返済ができる性格なのかを確認します。
  • 資産:万が一、返済ができなくなった場合に、不動産などの担保として見ることのできる資産があるのかどうかです。

上記を見ても分かる通り、カードの審査は年収だけでは決まりません。

そして、この審査基準が以下で紹介するカードの種類によって異なります。

クレジットカードの種類

クレジットカードの種類は大きく分けると以下の5種類になります。

この種類を見極めることこそが作りやすいカードを見極めるポイントです。

種類 特徴
国際系 JCBカードなど JCBなどの国際ブランドが直接発行するクレジットカードです。
銀行系 三井住友VISAカードなど 銀行が発行するクレジットカードです。
信販系 JACCSカードなど クレジットカード、ローン、割賦販売、賃貸住宅の保証人など、販売信用を主に行っている会社が発行するクレジットカードです。
流通系 エポスカードなど スーパーやデパートなどが発行するクレジットカードです。
消費者金融系 ACマスターカード 消費者金融が発行するカードです。

クレジットカードには以上のような種類があります。そしてそれぞれ審査基準が違います。

この際、審査が不安な方はきちんとこの種類を見極めて申し込む必要があります。

審査に特に不安がない方は「9千枚から10通りにプロが厳選|おすすめクレジットカード29選」にておすすめのカードを紹介しているので参考にしてください。

また、審査に不安な方が申し込むべきカードは以下のカードになります。

  • 信販系カード
  • 流通系カード
  • 消費者金融系カード

信販系カード

返済能力・性格・資産を見ます。中でも返済能力は特に重視しています。

なぜなら、信販会社はクレジットカードを使用してもらうことで収益を稼いでいます。つまり、利用者にカードを使ってもらわなければ信販会社には利益がないので、多くの利用者に使ってもらえるよう審査を行っています。

そのため、多少は利用実績に難があっても職業や年収がよければ発行されやすくなります。

流通系カード

返済能力・性格・資産を見ます。流通系カードの特徴として、「この人にカードを発行すると利益が生まれるか」どうかといった視点も含まれるので、他のカードよりも審査が甘いように感じます。

例えば、マルイは利用者にエポスカードをマルイで利用してもらったり、キャッシングをしてもらうことでも収益を稼いでいます。そして、多くの方にカードを持ってもらいたいと考えていますので、通常なら通らない人にもチャンスがあります。

消費者金融系カード

消費者金融系のカードは他のカードと審査がまったく違うといっても過言ではありません。一般的に消費者金融系のカードが最も作りやすいと言われていますが、消費者金融の貸付審査に近い審査が行われているからです。

消費者金融は無担保でお金を貸し出すくらいなので厳重な審査を行います。しかし、消費者金融もカードを利用してもらうことで収益を稼いでいるので多くの方にカードを持って欲しいと考えています。

そのため、安定した収入があり、カードを発行することで利益が生まれると判断されれば他社で審査に落ちた方でも十分に審査に通る可能性があります。逆に無職の学生、専業主婦(主夫)など収入のない方は申し込むことすらできません。

例外:国際系クレジットカード

返済能力・性格・資産、全てにおいて高い基準を要求されます。審査が不安な方の申し込みはおすすめしません。

ただし、アメリカン・エキスプレスが直接発行しているカード(アメリカン・エキスプレス・カード』のようなプロパーカード)は過去の属性よりも現在の属性を重視する傾向にあります。このカードはステータスの高いカードでアメリカに本社を持ちます。

アメリカでは「現在の属性」を重視する傾向にあると言われています。そのため、過去に事故を起こしてしまい、審査が不安な方でも現在の職業や年収に自信のある方は返済能力が十分にあると見なされカードが発行される可能性があります。

カードの詳細に関しては次章の「カードが作れるか不安な方におすすめのカード3選」にて紹介します。

参考. 温情発行って何?

通常、上記の条件を満たしていなければクレジットカードは作ることができませんが、中には温情発行と呼ばれるカード発行もあります。

温情発行とはその名の通り、本来ならば審査に落ちるような方でも、クレジットカード会社の温情で5万円〜10万円程度ならばとクレジットカードを発行してくれるケースです。

以下のような方は温情発行されるケースが高いとされています。

  • 年収100万円台の30代以上のフリーター
  • 障害年金などの一定収入がある無職の方

しかし、審査基準の高いカードには温情発行すらないので、当サイトで紹介しているようなカードに申し込むのが無難と言えます。

以上がクレジットカードの審査についてでした。

ここまで読んで審査が全く不安がないという方は問題ないですが、年収面などで不安があるという方のために次章ではそういった方向けのカードを紹介します。

3. 審査が不安な方におすすめのカード3選

先ほどの章で紹介した通り、審査が不安な方は「流通系カード」「消費者金融系カード」を選ぶべきです。

この章ではそれぞれのカードで、特に審査が不安な方向けだと言われているカードを紹介して行きたいと思います。

  • 「流通系カード」・・・『Yahoo! JAPANカード』
  • 「流通系カード」・・・『エポスカード』
  • 「消費者金融系カード」・・・『ACマスターカード』

これらのカードはそれぞれ先ほどの「流通系カード」、「消費者金融系カード」の中でも作りやすい、審査が不安な方におすすめのカードです。

3-1. 『Yahoo! JAPANカード』

Yahoo! JAPANカード』は自己破産5年間経って、作れたという声をよく聞きます。

『Yahoo! JAPANカード』は発行したカードをYahooのサービスで使ってもらうことで利益を得ているので、カード会社としてもできるだけ発行したいと考えているので他のカードと比較して作りやすいです。

年会費も無料でポイント還元率も1%あるので自己破産後に作るカードとして最もおすすめです。

年会費 無料
発行条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

未成年の方は親権者の同意が必要です。

基本還元率 1%

『Yahoo! JAPANカード』公式ページ:

https://card.yahoo.co.jp

3-2. 『エポスカード』

エポスカード』は流通系の年会費無料のカードです。

また、マルイが発行しており、発行したカードをマルイで使ってもらうことで売り上げを伸ばしたいという意図もあるため、他のカードよりも審査が柔軟になっています。

以下のようにマルイでもお得ですが、マルイ以外でもお得な特典があります。

  • 年に4回、マルイで10%の優待期間があります。
  • 笑笑や魚民などのモンテローザ系列のお店や、ロイヤルホストでお得になります。
  • AshやEARTHなどの有名サロンでの利用で会計が10%OFFになります。
  • 全国の映画館で映画料金が500円お得になります。
年会費 無料
発行条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

未成年の方は親権者の同意が必要です。

基本還元率 0.5%

『エポスカード』公式ページ:

https://www.eposcard.co.jp/index.html

3-3. 『ACマスターカード』

ACマスターカード』はアコムが発行する日本で唯一の消費者金融系のクレジットカードで、他の作りやすいと言われているカードの審査を一通り断られてしまった方でも審査に通ったという声をよく聞くカードです。

消費者金融系のカードなので安定した収入があり、カードを発行することで利益が生まれると判断されれば利用実績に多少の難があっても十分に審査に通る可能性があります。逆に無職の学生、専業主婦(主夫)など収入のない方は申し込むことすらできません。

即日発行に対応していて、審査にも通りやすいので本当にお金に困った時などに便利ですが、以下のようなデメリットがあるので申し込む際は注意しましょう。

  • ETCカードがない
  • ポイントが貯まらない
  • カードローンの延長線上としての見方が強い

『ACマスターカード』が気になる方は3秒診断で審査に通るかどうかの簡単な診断ができるので、こちらの『ACマスターカード3秒診断』をしてみましょう。

年会費 無料
発行条件 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
基本還元率 なし

ACマスターカード公式ホームページ:

http://www.acom.co.jp/

4. どうしてもクレジットカードが作れなかった方へ

どうしてもクレジットカードが必要なのに、クレジットカードが作れないという方にはデビットカードがおすすめです。

4-1. デビットカードとは

デビットカードとはクレジットカードと同様にVISA、JCBなどの支払い機能を兼ね備えたカードで、「一括払い」を選択すればネット決済やお店での決済が可能です。

また、クレジットカードのように事後決済ではなく、利用するとその場で預金口座から引き落とされる即時決済なので審査なしでも作れるカードが多いです。

限度額も預貯金にお金さえあればいくらでも使えます。

4-2. デビットカードのメリット

現金やクレジットカードに加え、もう一つの支払い方法としてデビットカードが注目を集めています。現に海外ではクレジットカードの普及率よりもデビットカードの方が普及率の方が高いくらいです。

デビットカードが人気な理由としては現金を引き出したり持ち歩く必要がなくなるということや、クレジットカード同様にデビットカードを利用するとポイント還元を受けられるものもあるということが挙げられます。

4-3. おすすめのデビットカード

デビットカードを申し込むのであれば間違いなく、『JNB VISAデビットカード』がおすすめです。

JNB VISAデビットカード』はジャパンネット銀行が発行するデビットカードでメリットは以下の3つです。

  • 年会費・発行手数料が無料で15歳以上ならば、審査不要で誰でも持つことができる。
  • 口座残高や利用金額はリアルタイムにスマホアプリで確認できます。
  • 『JNB VISAデビットカード』のご利用500円につき1JNBスターを還元。1JNBスター=1円で交換できます。(基本還元率0.2%)

『JNB VISAデビットカード』公式ホームページ:

https://login.japannetbank.co.jp/

5. まとめ

以上がクレジットカードの審査と年収についてでしたがいかかでしたか。

年収はクレジットカードの審査にそこまで大きな影響を与えません。

なぜなら、クレジットカードの審査には年収を記入する欄はありますが、それを確かめることはなく、あくまで自己申告だからです。

※キャッシングの審査も兼ねる場合は収入証明が必要です。

そのため、カード会社としてもクレジットカードの審査のみでは正確な年収を計ることはできません。

クレジットカードの審査では年収だけでなく、以下の3つを基準に審査を行います。

  • 返済能力:職業や勤務先、雇用形態、勤続年数、年収、そして他社からの借入れ状況を確認して、お金を貸してもきちんと返済できるのかを確認します。
  • 性格:これまでの利用実績を確認して、遅滞などすることなく期日までにきちんと返済ができる性格なのかを確認します。
  • 資産:万が一、返済ができなくなった場合に、不動産などの担保として見ることのできる資産があるのかどうかです。

上記のように多くの審査項目があるので年収は重視されないと説明しましたが、「最低200万円」という最低限必要な年収ラインは存在します。

審査が不安な方は審査基準が独特な以下のカードを申しこむことをおすすめします。

以上のカードでも審査に通らなかった場合は、クレジットカードではありませんが『JNB VISAデビットカード』に申し込むことをおすすめします。

あなたがクレジットカードを作れることを祈っています。

(※当サイトへの掲載情報は、できる限り正確であるように精査の上細心の注意を払って作成しておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に対して生じたあらゆる損害等について一切補償は致しません。極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket