クレジットカード7大ブランドの徹底比較でわかる本当のおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

クレジットカードを新しく作りたいけど、どのブランドが良いか分からずに困ってはいませんか?

初めてクレジットカードを作る場合はMastercardでクレジットカードを作ることをおすすめします。

今回は私の大手カード会社3社で勤務した経験を活かして、以下の流れでクレジットカードのブランドについて徹底解析します。

  1. 7大国際ブランドを徹底比較!
  2. あなたに1番合った国際ブランドを徹底解析

本ページを読んでいただければ、Mastercardでクレジットカードを作る際のメリット・デメリットとその他のブランドでクレジットカードを作ることのメリット・デメリットに関してご理解していただけます。

1. 7大国際ブランドを徹底比較!

国際ブランドとはお店やオンラインショップで買い物をする際に、カードでの支払いの決済を24時間世界中どこでも利用可能にするシステムを提供している会社を指します。

一般的に以下のようなロゴがカードの右下にあります。これらを7大国際ブランドと言います。

スクリーンショット 2017-01-23 13.25.30

 

以下に各ブランドの規模が一目で分かる徹底比較表を載せます。

ロゴ 会員数 加盟店舗数 シェア率 ポイント 代表的なカード
Mastercard unknown 国内◎・国外◎ 2位 日本国内でのサービス充実・Apple Payに対応カードあり 『MUFGカード スマート』
VISA unknown 国内◎・国外◎ 1位 世界各地で高確率で使用可能 『三井住友VISAクラシックカードA』
JCB unknown-1 国内◎・国外△ 5位 日本国内シェアNo. 1・Apple Payに対応カードあり 『JCB ORIGINAL SERIES』
AMERICAN EXPRESS unknown-3 国内◎・国外○ 4位 ステータスの高い国際ブランド。  『アメリカン・エキスプレスカード』
DinersClub unknown-2 不明 国内◎・国外○ 6位 「食」関連のサービス充実。  『ダイナースクラブカード』
銀聯(UnionPay) unknown-1 国内△・国外○ 3位 中国でのシェアNo. 1 『三菱UFJニコス銀聯カード』・『三井住友銀聯カード』・『ANA銀聯カード』
DISCOVER dn-logo 国内◎・国外○ 7位 アメリカ中心のブランドで、日本国内では作れない。

2. あなたに1番合った国際ブランドを徹底解析

7大国際ブランドにはそれぞれ特徴があります。あなたの生活環境や求めるサービスによってどれにするか決めましょう。

この章では以下の流れであなたに合った国際ブランドを紹介します。

  • Mastercard・・・今から1枚目のクレジットカードを作る方におすすめ
  • VISA・・・使えるお店の数重視の方におすすめ
  • JCB・・・海外旅行を全くしない方におすすめ
  • AMERICAN EXPRESS・・・ハイステータスを求める方におすすめ
  • DinersClub・・・1ランク上の「食」にこだわる方におすすめ
  • 銀聯・・・中国に行く機会が多い方におすすめ

DISCOVER・・・アメリカ中心のブランドで、日本国内では発行できないのでおすすめとしては載せません。

2-1. Mastercard・・・今から1枚目のクレジットカードを作る方におすすめ

Mastercardは国内外問わずほとんどのお店で利用することができ、日本でのサービスも豊富で、Apple Payへの対応カードもあるのでこれから1枚目のクレジットカードを作る方におすすめです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-10-33-24

Mastercardのメリット

MastercardはVISAに負けないシェア率を誇ります。VISAが使えるお店であれば大抵のお店で使用可能です

また、MastercardブランドにはApple Payへの対応をしているカードがあります。Apple Payとは自分のクレジットカードを iPhoneに取り込み、コンビニや駅の改札で決済を可能にしてくれるサービスです。

スクリーンショット 2017-01-18 19.01.37

出典:Apple

そしてVISAと同様に国内外問わず、下記のマークがあるATMではキャッシングすることもできるのでお金を自由に引き出すこともできます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-19-45-11

さらにMastercardは「プライスレスジャパン」というサービスを始めており、日本でのサービスは厚くなっています。以下に一例を挙げておきます。

  • 人気ゴルフスクール、「ヒルズゴルフアカデミー 虎ノ門」の入会金を40%OFFの価格で提供
  • モク割 by Mastercard® Priceless Japan木曜日はトク曜日

サービスの内容は時期によって変わります。

Mastercardのデメリット

MastercardはVISAと比べると、若干ですが提携店舗数が劣ります。しかし、利用できなくて不便さを感じることはほとんどないです。

主な提携カード:『MUFGカード スマート』

スクリーンショット 2017-01-23 13.07.21

MUFGカード スマート』はMUFGが発行する、Apple Pay機能のついているクレジットカードです。

貯まったポイントが自動的にキャッシュバックされ、ATM手数料も優遇されるので1枚目荷物カードとしてオススメできます。

2-2. VISA・・・使えるお店の数重視の方におすすめ

世界で一番使えるお店が多いブランドです。クレジットカードが利用可能なお店ならば、ほとんどのお店で使うことができるので不便なく使いたい方におすすめです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-2-23-55

VISAのメリット

加盟店舗数、国際決済業務、シェア率が世界No. 1です。国内外問わず、クレジットカードが使えるお店ならば、ほとんどのお店で使うことができます

また世界中で下記のマークがあるATMでキャッシングすることもできるので、お金を自由に引き出すこともできます。%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-19-02-44

VISAのデメリット

Apple Payの機能に対応しているカードがないということです。Apple Payとは自分のクレジットカードを iPhoneに取り込み、コンビニや駅の改札で決済を可能にしてくれるサービスです。非常に便利なサービスなので使えないということはデメリットと言えます。

主な提携カード:『三井住友VISAクラシックカードA』

img_hikaku_table_large_card_cla

三井住友VISAクラシックカードA』は三井住友カード株式会社の発行する最もスタンダードなVISAカードの1枚です。

写真付きのクレジットカードを作成したり、ETCも無料で作ることができ、国内外旅行の傷害保険も最大で2,500万円まで補償してもらえる抜け目がない内容になっています。

2-3. JCB・・・海外旅行を全くしない方におすすめ

JCBのカードは海外での利用に不安はあるもの国内で利用できるお店が一番多いので海外旅行を全くしない方におすすめです。

unknown-1

JCBのメリット

JCBの国内シェアは群を抜いてNo. 1なので国内で利用できるお店が多いです。

また、JCBブランドの中にはApple Payへの対応をしているカードがあります。Apple Payとは自分のクレジットカードを iPhoneに取り込み、コンビニや駅の改札で決済を可能にしてくれるサービスです。

スクリーンショット 2017-01-18 19.01.37

出典:Apple

JCBのデメリット

JCBは世界的な知名度はまだまだ低く、世界シェア率も5位なので海外では使えないことがあります。

しかし、ここ数年でアジアをはじめ米国でも利用できるお店が増えてきました。理由としてはAMERICAN EXPRESS、Diners Club、銀聯、Discoverとの業務提携が大きいです。この提携によって双方のカードリーダーでどちらのカードも読み取れるようになったからです。

また、海外でのキャッシングに関しても、Mastercard同様にCirrusのマークがあるところではキャッシングを行えます。

cirrus

さらに最近では「たびらば」でJCB会員だけに、JCB会員だけのサービスを紹介したり、JCB会員限定のチケット先行販売や割引チケットがあったり、JCB保険サービスが付帯していたりします。

JCBのプロパーカード

JCBにはJCB ORIGINAL SERIESと呼ばれるサービスも充実したプロパーカード(自社で発行したカード)があります。

JCB一般カード

年会費は初年度以降、年間50万円以上の利用がなければ1,250円かかるのですが、このカードのサービスは非常に充実しています。以下に一例を載せておきます。

  • OkiDokiポイントが獲得できる。スターバックス、セブン-イレブンなど良く利用するショップでポイントアップ
  • 最高3,000万円の国内・海外旅行傷害保険が付帯
  • 電子マネーQUICPay、ETCカードを年会費無料で利用可能

2-4. AMERICAN EXPRESS・・・ハイステータスを求める方におすすめ

AMERICANN EXPRESSは最も高いサービスを受けることの出来る国際ブランドのうちの1つなのでハイステータスを求める方におすすめです。

unknown-3

AMERICANN EXPRESSのメリット

AMERICANN EXPRESS,、通称アメックスは世界中どこでも通用する相性となっています。最大の特徴としては保有することのステータスの高さが挙げられます。ステータスが高いということは審査基準が厳しく、信用度が高い人物であることの証明となります。

特に海外ではツアー以外でホテルに宿泊する際にクレジットカードの提示を求められることが多々ありますが、その手続きも円滑に進みます。

参考までに以下に各カードの信用度を載せておきます。あくまでもアメリカでの対応基準です。

ステータス 国際ブランド
S アメックス
AA ダイナース
A VISA・Mastercard
B JCB・DISCOVER
C 銀聯

AMERICANN EXPRESSのデメリット

VISAやMastercardに比べると、世界シェア率は4位なので利用できないことが多いです。しかし、最近ではJCBと提携したことで日本国内での利用に困ることは少ないです。

AMERICANN EXPRESSのプロパーカード

最上級のステータスの証明になるアメックスですが、アメックスのプロパーカードには種類があります。

カード(個人用) 年会費(税抜)
アメリカン・エキスプレス・カード 1万2,000円
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
2万9,000円
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 13万円
『アメックス・センチュリオン』 36万7,500円
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 1万円
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード 3万5,000円

一番年会費の低い、『アメリカン・エキスプレス・カード』でもVISAやMastercardのゴールドと同等程度の審査基準です。しかし、提供されるサービスは一味違います。以下に一例を挙げておきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-12-06-51

  • リターン・プロテクション:カードで購入した商品の返品を購入店が受け付けない場合に購入日から90日以内ならば、アメックスに商品を返却することで、購入金額の全額を払い戻ししてもらえます。
  • ショッピング・プロテクション:カードで購入した商品の破損や盗難の損害を購入日から90日以内の間ならば、500万円まで補償してもらえます。
  • オンライン・プロテクション:インターネットのWebサービスでのカードの不正使用による損害を全額アメックスが保証してくれます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-12-19-16

またプラチナ以上のカードには、最低でも年会費が13万円かかり、カードの年間利用金額が最低でも300万円以上必要なのでサービスはさらに充実します。

代表的なものを挙げると、専任のコンシェルジュサービスがつきます。一年中いつでも対応する秘書的な機能です。実際にあった一例を紹介します。

  • 急な出張でホテルに空きがない場合、コンシェルジュに相談すると部屋を確保してくれる可能性がある
  • 旅行先でカードを紛失した際にホテルまで数時間で新しいカードを届けてくれる

物理的に不可能なことでない限り、NOとは言われないサービスとも言われています。

2-5. DinersClub・・・1ランク上の食にこだわる方におすすめ

ダイナースもアメックスと並ぶくらいにステータスの高いカードです。特に『食』のサービスが充実しているので1ランク上の食にこだわる方におすすめです。unknown-2

DinersClubのメリット

DinersClubはAMERICAN EXPRESSにも引けを取らないくらいステータスが高く、サービスも充実したブランドです。特にレストランなどでの利用で非常に力を発揮します。

例えば、ある決められたレストランで指定のコース料理を2名分以上予約すると1名分が無料になります。

DinersClubのデメリット

VISAやMastercardに比べると、AMERICAN EXPRESSと同様に利用できないことが多いです。しかし、最近ではJCBと提携したことで日本国内での利用に困ることは少ないです

DinersClubのプロパーカード

DinersClubのプロパーカードにも様々な種類があります。

カード(プロパー) 年会費 入会基準 利用可能額
ダイナースクラブカード 22,000円

家族会員5,000円

27歳以上、年収500万以上 一律の制限なし

※初期推定300万~500万円

ダイナースクラブ ビジネスカード 27,000円

追加会員無料

27歳以上の個人事業主、法人企業の代表者または役員 一律の制限なし

初期推定300万~500万円

『ダイナースクラブ プレミアムカード』 130,000円

家族会員無料

『ダイナースクラブカード』会員の中から招待制 一律の制限なし

※初期推定1,000万円~

ダイナースクラブカード
『ダイナースクラブカード』はアメックス同様に非常に高いサービスを受けることができます。以下に一例を載せておきます。

  • ダイナースクラブ・サインレス・スタイル:専用デスクからの予約で当日はカードの提示やサインをしないでも決済ができます。
  • 料亭プラン:一見さんお断りの格式の高い高級料亭でも、ダイナースクラブが予約を代行してくれます。

また、『ダイナースクラブ プレミアムカード』でもアメックスのプラチナ同様、一年中いつでもコンシェルジュ相談サービスを利用できます。

2-6. 銀聯・・・中国に行く機会が多い方におすすめ

銀聯のシェア率は中国では圧倒的に高いので中国に行く機会が多い方におすすめです。

unknown-1

銀聯のメリット

中国では圧倒的に銀聯のシェア率が高いです。もちろん、VISAやMastercardも使えますが、中国に行く機会が多いのであれば必ず持っておきたいカードです。JCBと提携しているので日本国内での利用にも困ることは少ないです

また、銀聯の決済は暗証番号6桁+サインで行われるためセキュリティがしっかりしているのも魅力です。

銀聯のデメリット

銀聯の発行されているカードのほとんどがデビットカードなので注意が必要です。

銀聯の提携カード

日本で銀聯のカードを作るなら、下記のようなカードがあります。

3. まとめ

クレジットカードの7大国際ブランドに関して、それぞれまとめてきましたがいかがでしたか。

最初にも述べた通り、下記に当てはまるのであれば、利用できるお店が圧倒的に多いのでMastercardの国際ブランドをおすすめします。

  • 初めてクレジットカードを作る
  • まだMastercardブランドのクレジットカードを持っっていない

すでにMastercardのクレジットカードを持っているのであれば、上記を参考にしてあなたに合ったクレジットカードを選んでいただければと思います。

ロゴ 会員数 加盟店舗数 シェア率 ポイント 代表的なカード
Mastercard unknown 国内◎・国外◎ 2位 日本国内でのサービス充実・Apple Payに対応カードあり 『MUFGカード スマート』
VISA unknown 国内◎・国外◎ 1位 世界各地で高確率で使用可能 『三井住友VISAクラシックカードA』
JCB unknown-1 国内◎・国外△ 5位 日本国内シェアNo. 1・Apple Payに対応カードあり 『JCB ORIGINAL SERIES』
AMERICAN EXPRESS unknown-3 国内◎・国外○ 4位 ステータスの高い国際ブランド。  『アメリカン・エキスプレスカード』
DinersClub unknown-2 不明 国内◎・国外○ 6位 「食」関連のサービス充実。  『ダイナースクラブカード』
銀聯(UnionPay) unknown-1 国内△・国外○ 3位 中国でのシェアNo. 1 『三菱UFJニコス銀聯カード』・『三井住友銀聯カード』・『ANA銀聯カード』
DISCOVER dn-logo 国内◎・国外○ 7位 アメリカ中心のブランドで、日本国内では作れない。

あなたにとって最高のブランドを選べることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket