都内近郊の全鉄道を網羅|クレジットカードで定期券は購入できる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「定期券の購入時にクレジットカードが使えれば便利なのに」と思っていますね。

結論から言えば、JRなどの利用者の多い鉄道会社では定期券をクレジットカードで購入することができますが、利用している鉄道会社によってはクレジットカード払いに対応していない場合もあるので注意が必要です。

そこでこの記事では大手カード会社に3社勤務した経験のある筆者が定期券をクレジットカード払いで購入できる鉄道会社について以下の流れで紹介していきたいと思います。

  1. クレジットカード決済不可の鉄道会社11社
  2. クレジットカード払いが可能な鉄道会社17社とおすすめカード
  3. 首都圏以外でおすすめのカード5選

基本的にクレジットカード払いに対応していない鉄道会社ではクレジットカードによる定期券の購入は諦めなければいけません。

しかし、クレジットカード払いによる定期券の購入が可能な場合は現金よりもお得に購入できます。この記事を読むことでクレジットカード払いに対応している鉄道会社を知り、よりお得に定期券を購入できるようになりましょう。

1. クレジットカード決済不可の鉄道会社11社

基本的に多くの鉄道会社でクレジットカードによる定期券を購入は可能ですが、鉄道会社がクレジットカード決済不可の場合は諦めるしかありません。

この場合、支払は現金のみとなります。

都内近郊でクレジットカード払いに対応していない鉄道会社は以下の11社です。

  • 東葉高速鉄道
  • 埼玉高速鉄道
  • 湘南モノレール
  • 千葉都市モノレール
  • 多摩都市モノレール
  • ゆりかもめ
  • 流鉄(総武流山線)
  • 伊豆箱根鉄道
  • 金沢シーサイドライン
  • 江ノ島電鉄
  • 芝山鉄道

上記の鉄道会社以外では基本的にクレジットカード払いに対応していることがほとんどなので次章以降、クレジットカード払いに対応している鉄道会社とそれぞれおすすめのカードを紹介していきます。

2. クレジットカード払いが可能な鉄道会社17社とおすすめカード

この章では都内近郊でクレジットカードによる定期券の購入が可能な鉄道会社を紹介します。

定期券のクレジットカード払いに対応している鉄道会社は以下の17社です。

上記の鉄道会社では様々なクレジットカードで定期券購入が可能だったり、お得に定期券が購入できるクレジットカードがある会社があります。

また、専用のクレジットカードでなければ購入できない会社があったりと様々です。

以下ではその点も含めて解説して行きます。

2-1. JR東日本

JR東日本ではみどりの窓口・指定席券売機・多機能券売機(黒い券売機)などで定期券が購入可能です。

JR東日本で定期券購入時に利用できるカードは以下の通りです。

  • [おすすめカード]『JRE CARD
  • [その他使用できるカード]VISA・Mastercard・JCB・AMEX・DinersClub

『JRE CARD』

JRE CARD』は2018年7月2日より発行開始となったビューカードが出している最新のクレジットカードです。

初年度年会費無料、2年目以降も477円(税抜)と最も安い年会費負担で定期券機能付きビューカードを使えて、アトレやアトレヴィ・ペリエといった「JRE CARD優待店」の駅ビルを使う人はポイント還元率3.5%となります。

定期券機能が付けられ、年会費無料で使える『ビュー・スイカ リボカード』は3万円を超える利用で必ずリボ手数料がかかるので、おすすめしません。

ビューカードはSuicaへのオートチャージができる唯一のカードで、Suicaへのチャージや定期券を購入時はポイント還元率が3倍の1.5%になります。

たまるポイントはJR東日本グループの新しいポイントであるJRE POINTで、有効期限が実質無期限で1ポイントからSuicaに交換ができるようになったなど、非常に使い勝手が良くなっているのも便利でおすすめできる理由の一つです。

『JRE CARD』公式ページ:

https://www.jreast.co.jp/card/first/jrecard.html

2-2. 東京モノレール

東京モノレールの定期券は浜松町駅の定期券発売所でのみ購入可能です。ただし、自動券売機で購入する際は現金により購入のみ可能です。

東京モノレールで定期券購入時に利用できるカードは以下の通りです。

  • [おすすめカード]『JRE CARD
  • [その他使用できるカード]VISA・Mastercard・JCB・AMEX・DinersClub

『JRE CARD』

JRE CARD』は2018年7月2日より発行開始となったビューカードが出している最新のクレジットカードです。

初年度年会費無料、2年目以降も477円(税抜)と最も安い年会費負担で定期券機能付きビューカードを使えて、アトレやアトレヴィ・ペリエといった「JRE CARD優待店」の駅ビルを使う人はポイント還元率3.5%となります。

定期券機能が付けられ、年会費無料で使える『ビュー・スイカ リボカード』は3万円を超える利用で必ずリボ手数料がかかるので、おすすめしません。

モノレールの定期券購入分に関しては通常のショッピング扱いとなるためポイント還元率は0.5%となってしまいますが、ビューカードはSuicaへのオートチャージができる唯一のカードで、Suicaへのチャージ分はポイント還元率が3倍の1.5%になるので、Suicaユーザーは得をしやすいです。

たまるポイントはJR東日本グループの新しいポイントであるJRE POINTで、有効期限が実質無期限で1ポイントからSuicaに交換ができるようになったなど、非常に使い勝手が良くなっているのも便利でおすすめできる理由の一つです。

『JRE CARD』公式ページ:

https://www.jreast.co.jp/card/first/jrecard.html

2-3. 小田急電鉄

小田急電鉄では窓口・定期券対応券売機で定期券の購入が可能です。

小田急電鉄で定期券購入時に利用できるカードは以下の通りです。

  • [おすすめカード]『OPクレジット
  • [その他使用できるカード]VISA・Mastercard・JCB・AMEX・DinersClub

OPクレジット』

OPクレジット』は初年度は年会費無料で、2年目以降も前年度のクレジットの利用が年間1回でもあれば年会費無料になるので、実質年会費無料のカードと言えます。

基本的なポイント還元率は0.5%で、定期券の購入時も還元率は変わりませんが、PASMOのオートチャージに対応しており、PASMOのチャージでもポイントがたまります。

また、小田急ポイントサービス加盟店で最大10%の「お買い上げ・ご利用ポイント」も貯まるので、小田急を利用している方は非常にポイントをためやすいです。

『OPクレジット』公式ページ:

https://www.odakyu-card.jp/line_up/op

2-4. 京王電鉄

京王電鉄では窓口・定期券対応券売機で定期券の購入が可能です。

京王電鉄で定期券購入時に利用できるカードは以下の通りです。

『京王パスポートPASMOカード VISA』

京王パスポートPASMOカード VISA』はクレジット・PASMO・定期券がオールインワンのカードで買い物も移動もこれ1枚ですみます。

年会費は初年度無料で次年度以降は239円の年会費がかかりますが、年1回以上のPASMOオートチャージ利用で次年度以降も年会費無料です。

また、PASMOのオートチャージでのポイント還元は0.5%ですが、定期券購入時のポイント還元率は1.5%です。

『京王パスポートPASMOカード VISA』公式ページ:

https://www.keio-passport.co.jp/card/passport_visa_pasmo

2-5. 京成グループ(京成電鉄・成田スカイアクセス・北総鉄道・新京成電鉄)

京成グループでは窓口・定期券対応券売機で定期券の購入可能です。ただし、京成カードのみ対応しています。

京成カードの中で最もおすすめのカードは『京成カード(オリコ)』です。

『京成カード(オリコ)』

京成カード(オリコ)』は年会費無料で次年度以降の年会費が1,250円のカードになります。しかし、年に一回の利用で年会費無料になるので実質年会費無料のカードと言えます。

鉄道定期券の購入やPASMOのオートチャージでたまるポイント還元率は0.5%ですが、京成グループのバス定期券・タクシー利用時の還元率は1.0%になります。

さらに京成グループの商業施設(リブレ京成、ユアエルム他)やホテルなどでの還元率は1.5%になります。

『京成カード(オリコ)』公式ページ:

http://www.keiseicard.jp/orico/index.html

2-6. 京浜急行電鉄

京浜急行電鉄は窓口・定期券対応券売機で定期券の購入が可能です。ただし、京急カードのみ対応しています。

京急カードの中で最もおすすめのカードは『京急プレミアポイントシルバー(京急カード)』です。

『京急プレミアポイントシルバー(京急カード)』

京急プレミアポイントシルバー(京急カード)』は年会費無料のカードです。

定期券購入時やPASMOオートチャージのポイント還元率も0.5%ですが、京急カード以外のクレジットカードでは定期券を購入できないので、少しでもお得に定期券を購入したい人は京急カードを利用した方が良いです。

このカードにはゴールドカードもありますが、定期券購入やPASMOオートチャージでのポイント還元率は変わらないので、年会費無料のシルバーカードがおすすめです。

『京急プレミアポイントシルバー(京急カード)』公式ページ:

http://www2.uccard.co.jp/card/lineup/keikyu

2-7. 東京急行電鉄

東京急行電鉄は窓口・定期券対応券売機で定期券の購入が可能です。

東京急行電鉄で定期券購入時に利用できるカードは以下の通りです。

  • [おすすめカード]『TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
  • [その他使用できるカード]VISA・Mastercard・DC・JCB・AMEX・DinersClub

『TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO』

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO』は初年度年会費無料、次年度以降年会費1,000円のカードです。

基本的なポイント還元率は0.5%ですが、「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」とTOKYU ROYAL CLUBメンバーに登録し、購入する定期券(PASMO定期券に限る)の期間によって次のポイントがたまります。

PASMO定期券種類 電車とバスで貯まるTOKYU POINT 左記+TOKYU ROYAL CLUBメンバー
東急線いちねん定期 3% 5〜10%
1・3・6か月定期券 1% 2%

また、PASMOへのオートチャージ分も上記サービスの利用で最高2%に上がり、東急グループでの利用では最高10%のポイントが付くなど、東急沿線に在住・通学・通勤などされている方は間違いなくお得になる1枚です。

『TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO』公式ページ:

http://www.topcard.co.jp/card/jmbpasmo

2-8. 横浜高速鉄道(みなとみらい線)

横浜高速鉄道(みなとみらい線)の定期券は横浜駅でのみ定期券の購入が可能です。

横浜高速鉄道(みなとみらい線)で定期券購入時に利用できるカードは以下の通りです。

  • [おすすめカード]『TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
  • [その他使用できるカード]VISA・Mastercard・DC・JCB・AMEX・DinersClub

『TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO』

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO』は初年度年会費無料、次年度以降年会費1,000円のカードです。

横浜高速鉄道(みなとみらい線)は東急と直通になっているので、東急線も利用している人は東急線利用分は下記のようにお得に使えます。

  • 東急線定期券:1〜10%
  • PASMOへのオートチャージ分:1〜2%

※「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」とTOKYU ROYAL CLUBメンバーに登録が必要

たまるポイントが東急グループに限定されますが、PASMOのチャージでもらえるポイントは私鉄グループの中でも最高なので、PASMOユーザーは得をしやすいです。

『TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO』公式ページ:

http://www.topcard.co.jp/card/jmbpasmo

2-9. 西武鉄道

西武鉄道は窓口・定期券対応券売機で定期券の購入が可能です。

西武鉄道で定期券購入時に利用できるカードは以下の通りです。

『SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン』

SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン』はVISA/Mastercard/JCBのカードならば年会費無料です。

普段の利用では、永久不滅ポイントと呼ばれるポイントが還元率0.5%でたまります。また、定期券の購入を含む全国のプリンスポイント加盟店利用時には還元率約1.0%(税込108円につき1ポイント)のプリンスポイントの2種類がたまります。

西武グループで様々な優待を受けられたり、セゾンカードの特典(全国の西友・リヴィンで5%OFFなど)も利用できるので、西武沿線に在住・通学・通勤などされている方は間違いなくお得になる1枚です。

『SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン』公式ページ:

http://www.saisoncard.co.jp/lineup/ca099-2

2-10. 東武鉄道

東武鉄道では窓口・定期券対応券売機で定期券の購入が可能です。ただし、東武カードのみ対応しています。

東武カードの中でもっとおすすめのカードは『東京スカイツリー東武カードPASMO』です。

『東京スカイツリー東武カードPASMO』

東京スカイツリー東武カードPASMO』は初年度無料で2年目以降1,000円(税抜)かかりますが1年間に10万円以上カードを利用することで1,080P付与されるので、実質年会費無料で使えます。

基本的なポイント還元率は0.5%ですが、東武鉄道の定期券購入時の還元率は1.5%になります。

また東武百貨店などの東武グループポイント参加店などでは最大7%のポイント還元があったりなどの特典があります。

『東京スカイツリー東武カードPASMO』公式ページ:

http://www.tobu-card.co.jp/card/lineup/

2-11. 相模鉄道

相模鉄道では窓口・定期券対応券売機で利用可能です。ただし、『相鉄カード』のみ対応しています。

『相鉄カード』

相鉄カード』は年会費無料のカードです。基本的なポイント還元率は0.5%です。

相鉄グループの利用で割引などの特典がありますが、PASMOのオートチャージや定期券購入は0.5%の還元率です。

あまり特典のお得感はありませんが、相模鉄道の定期券はこのカードでないと作れないので相模鉄道の定期券をクレジットカード購入したい方ならば作ることをお勧めします。

『相鉄カード』公式ページ:

https://www.sotetsu.co.jp/train/card/

2-12. 横浜市交通局(横浜市営地下鉄)

横浜市交通局(横浜市営地下鉄)では窓口・定期券対応券売機で定期券の購入が可能です。ただし、横浜交通ハマエコカードのみ対応しています。

『横浜交通ハマエコカード』

横浜交通ハマエコカード』は初年度年会費無料、次年度以降1,250円(税抜)の年会費がかかりますが、市営バス・地下鉄の定期券又はシニアパスをハマエコカードで購入すると、翌年度の年会費が無料になります。

また、基本的なポイント還元率は0.5%ですが市営バス・地下鉄の定期券又はシニアパスの購入時は1.5%の還元率となります。

さらにブルーライン、グリーンラインの沿線にある500店舗以上の提携施設・店舗などでこのカードを提示すると割引などのお得なサービスを受けられます。

『横浜交通ハマエコカード』公式ページ:

http://www.hama-eco.city.yokohama.lg.jp/

2-13. 東京メトロ

東京メトロでは窓口・定期券対応券売機(ピンク色の券売機)で定期券の購入が可能です。

東京メトロで定期券購入時に利用できるカードは以下の通りです。

  • [おすすめカード]『To Me CARD
  • [その他使用できるカード]VISA・Mastercard・JCB・AMEX・Diners

To Me CARD』の中でもTo Me CARD Prime PASMO』は定期券購入を考えている方に最もおすすめです(ANAマイルを貯めたい人は『ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)』がおすすめです)

『To Me CARD Prime PASMO

To Me CARD Prime PASMO』は初年度年会費無料で次年度以降は2,000円(税抜)かかりますが、年間50万円以上のショッピング利用で次年度も無料です。

また、PASMOオートチャージやクレジットカードの決済で0.5%の還元率で通常のポイントが貯まり、PASMOを利用すればメトロポイントがたまる、2つのポイントが持てるクレジットカードです。

PASMO利用時のポイント付与は以下の通りになっています。

  • 乗車ポイント 平日5メトロポイント / 休日15メトロポイント
  • 電子マネーポイント 自販機100円=1メトロポイント / 店舗200円=1メトロポイント

『To Me CARD Prime PASMO』公式ページ:

http://www.to-me-card.jp/

※ANAマイルを効率良くためたい人は『ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)』がおすすめです。

2-14. 東京臨海高速鉄道りんかい線

東京臨海高速鉄道りんかい線の定期券は窓口・定期券対応券売機で利用可能です。ただし大崎駅はJR東日本みどりの窓口での扱いとなるため、りんかい線の定期券購入に一部制約があります。

東京臨海高速鉄道りんかい線で定期券購入時に利用できるカードは以下の通りです。

  • VISA・Mastercard・JCB・AMEX・DinersClub・UC

以下のカードは特定の鉄道会社だからお得というわけではありませんが、どこで利用しても非常にお得なカードです。

『REX CARD』

REX CARD』はポイント還元率1.25%、年会費無料のクレジットカードです。

下記に当てはまると最高ポイント還元率が2.25%以上になるので、日常のカード利用で得をしたい30代には最適な1枚です。

  • 1.75%:リボ払い時
  • 1.75%〜:JACCSモール経由のネットショッピング
  • 2.25%〜:JACCSモール経由のネットショッピング+リボ払い

ポイント還元率だけでなく、海外・国内旅行保険が年会費無料のカードの中では最高クラスの補償金額が付くので、旅行に行く機会の多い方にもおすすめできる非常に実用的な1枚です。

『REX CARD』公式ページ:

http://www.jaccs.co.jp/service/card

『リクルートカード』

リクルートカード』は全ての年会費無料カードの中で1.2%という最高クラスのポイント還元率です。

さらに、下記のようなリクルートグループではより多くのポイントをもらえます。

  • 4.2%:ポンパレモール
  • 3.2%:じゃらんnet・Hot Pepper Beauty・ホットペッパーグルメ(ホットペッパーお食事券)

たまったポイントはリクルートグループのサービス利用時に1ポイント=1円から使うこともできますし、Pontaポイントに交換することでローソンなどPonta提携店舗での利用やJALマイルに交換できるので、使い勝手が良いです。

カードに付いている海外旅行保険は旅行代金の一部をクレジットカードで支払うことで、傷害・疾病治療費用が100万円と年会費無料カードの中ではトップクラスに良い条件なので海外でも役に立ちます。

『リクルートカード』公式ページ

http://recruit-card.jp/

2-15. つくばエクスプレス

つくばエクスプレスでは窓口・定期券対応券売機で定期券の購入が可能です。

利用できるカードはVISA・Mastercard・JCB・AMEX・UFJ・NICOSのカードになります。

つくばエクスプレスもお得になる特定のカードがないので以下のカードがおすすめです。

『REX CARD』

REX CARD』はポイント還元率1.25%、年会費無料のクレジットカードです。

下記に当てはまると最高ポイント還元率が2.25%以上になるので、日常のカード利用で得をしたい30代には最適な1枚です。

  • 1.75%:リボ払い時
  • 1.75%〜:JACCSモール経由のネットショッピング
  • 2.25%〜:JACCSモール経由のネットショッピング+リボ払い

ポイント還元率だけでなく、海外・国内旅行保険が年会費無料のカードの中では最高クラスの補償金額が付くので、旅行に行く機会の多い方にもおすすめできる非常に実用的な1枚です。

『REX CARD』公式ページ:

http://www.jaccs.co.jp/service/card

『リクルートカード』

リクルートカード』は全ての年会費無料カードの中で1.2%という最高クラスのポイント還元率です。

さらに、下記のようなリクルートグループではより多くのポイントをもらえます。

  • 4.2%:ポンパレモール
  • 3.2%:じゃらんnet・Hot Pepper Beauty・ホットペッパーグルメ(ホットペッパーお食事券)

たまったポイントはリクルートグループのサービス利用時に1ポイント=1円から使うこともできますし、Pontaポイントに交換することでローソンなどPonta提携店舗での利用やJALマイルに交換できるので、使い勝手が良いです。

カードに付いている海外旅行保険は旅行代金の一部をクレジットカードで支払うことで、傷害・疾病治療費用が100万円と年会費無料カードの中ではトップクラスに良い条件なので海外でも役に立ちます。

『リクルートカード』公式ページ

http://recruit-card.jp/

2-16. 東京都交通局(都営地下鉄)

東京都交通局(都営地下鉄)では窓口・定期券対応券売機で定期券の購入が可能です。

対応しているカードは以下の通りです。

  • VISA・Mastercard・JCB・AMEX・DinersClub
  • UC・SAISON・MUFG(DC・UFJ・NICOS)

東京都交通局(都営地下鉄)もお得になる特定のカードがないので以下のカードがおすすめです。

『REX CARD』

REX CARD』はポイント還元率1.25%、年会費無料のクレジットカードです。

下記に当てはまると最高ポイント還元率が2.25%以上になるので、日常のカード利用で得をしたい30代には最適な1枚です。

  • 1.75%:リボ払い時
  • 1.75%〜:JACCSモール経由のネットショッピング
  • 2.25%〜:JACCSモール経由のネットショッピング+リボ払い

ポイント還元率だけでなく、海外・国内旅行保険が年会費無料のカードの中では最高クラスの補償金額が付くので、旅行に行く機会の多い方にもおすすめできる非常に実用的な1枚です。

『REX CARD』公式ページ:

http://www.jaccs.co.jp/service/card

『リクルートカード』

リクルートカード』は全ての年会費無料カードの中で1.2%という最高クラスのポイント還元率です。

さらに、下記のようなリクルートグループではより多くのポイントをもらえます。

  • 4.2%:ポンパレモール
  • 3.2%:じゃらんnet・Hot Pepper Beauty・ホットペッパーグルメ(ホットペッパーお食事券)

たまったポイントはリクルートグループのサービス利用時に1ポイント=1円から使うこともできますし、Pontaポイントに交換することでローソンなどPonta提携店舗での利用やJALマイルに交換できるので、使い勝手が良いです。

カードに付いている海外旅行保険は旅行代金の一部をクレジットカードで支払うことで、傷害・疾病治療費用が100万円と年会費無料カードの中ではトップクラスに良い条件なので海外でも役に立ちます。

『リクルートカード』公式ページ

http://recruit-card.jp/

2-17. ニューシャトル

ニューシャトルの定期券は大宮駅でのみ定期券の購入が可能です。

対応しているカードは以下の通りです。

  • VISA・Mastercard・JCB

ニューシャトルもお得になる特定のカードがないので以下のカードがおすすめです。

『REX CARD』

REX CARD』はポイント還元率1.25%、年会費無料のクレジットカードです。

下記に当てはまると最高ポイント還元率が2.25%以上になるので、日常のカード利用で得をしたい30代には最適な1枚です。

  • 1.75%:リボ払い時
  • 1.75%〜:JACCSモール経由のネットショッピング
  • 2.25%〜:JACCSモール経由のネットショッピング+リボ払い

ポイント還元率だけでなく、海外・国内旅行保険が年会費無料のカードの中では最高クラスの補償金額が付くので、旅行に行く機会の多い方にもおすすめできる非常に実用的な1枚です。

『REX CARD』公式ページ:

http://www.jaccs.co.jp/service/card

『リクルートカード』

リクルートカード』は全ての年会費無料カードの中で1.2%という最高クラスのポイント還元率です。

さらに、下記のようなリクルートグループではより多くのポイントをもらえます。

  • 4.2%:ポンパレモール
  • 3.2%:じゃらんnet・Hot Pepper Beauty・ホットペッパーグルメ(ホットペッパーお食事券)

たまったポイントはリクルートグループのサービス利用時に1ポイント=1円から使うこともできますし、Pontaポイントに交換することでローソンなどPonta提携店舗での利用やJALマイルに交換できるので、使い勝手が良いです。

カードに付いている海外旅行保険は旅行代金の一部をクレジットカードで支払うことで、傷害・疾病治療費用が100万円と年会費無料カードの中ではトップクラスに良い条件なので海外でも役に立ちます。

『リクルートカード』公式ページ

http://recruit-card.jp/

3. 首都圏以外でおすすめのカード5選

この章では首都圏以外(大阪・九州・名古屋)で利用可能なカードやおすすめのカードを紹介します。

それぞれ以下のようになっています。

3-1. クレジットカードで定期券を買える大阪の鉄道会社

大阪でクレジットカードによる定期券購入が可能な鉄道会社と、利用可能なカードの種類は以下の通りです。

参考:SMART ICOCAの定期はポイント還元率が高いクレジットカードがおすすめ

JR西日本が発行している『J-WESTカード』は新幹線利用が多い人にはお得ですが、定期券購入に関してはポイント還元率の高い下記のようなカードを使って支払いをした方がお得です。

3-2. クレジットカードで定期券を買える九州の鉄道会社

九州でクレジットカードによる定期券購入が可能な鉄道会社と、利用可能なカードの種類は以下の通りです。

  • JR九州:VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners・MUFG・UC・DC・CF・『JQ CARD』など
  • 福岡市交通局:VISA・Mastercard・JCB・AMEX・Diners・MUFG・NICOS ・DCなど
  • 西日本鉄道:VISA・Mastercard・JCB・AMEX・Diners・『nimocaセゾンカード』など

参考:JR九州でお得な『JQ CARD』

JR九州で定期券を利用するなら、JR九州グループが発行している『JQ CARD』のどれかで支払いをした方が絶対にお得です。

しかし、『JQ CARD』は提携して発行されているカードの種類が10枚を超え、お得に使える提携先や特典がそれぞれ異なります。

今回は、定期券付SUGOCAへのオートチャージ(以下AC)可能な4枚と、利用者が多いJALとANAに交換ができる2枚をご紹介します。

カード名 年会費(税抜) ポイント還元率 定期券AC可否 特徴
JQ CARDエポス 無料(初年度、2年目以降※) 0.5%
  • アミュプラザ各店で最大10%割引
  • 全国10,000店舗以上で優待
  • 年会費永年無料でJR九州の利用でポイント還元率1.5%にできるゴールドカードの招待が来る
JQ CARD セゾン 無料(初年度、2年目以降※) 0.5%
  • JR博多シティ・アミュプラザ小倉・長崎・鹿児島・JRおおいたシティで最大10%割引
  • JRグループの施設で宿泊代や飲食代最大10%割引
  • 他のセゾンカードで貯めた永久不滅ポイントをJRキューポに交換できる
JQ CARD(MUFGカード) 無料(初年度、2年目以降※) 0.5%
  • アミュプラザ各店で最大10%割引
  • JRグループの施設で宿泊代や飲食代最大10%割引
JQ CARD GOLD(MUFGカード) 8,000円 1%
  • アミュプラザ各店で最大10%割引
  • JRグループの施設で宿泊代や飲食代最大10%割引
  • 空港ラウンジの無料利用特典や高額な旅行保険が付く
JMB JQ SUGOCA 無料(初年度、2年目以降※) 0.5%
  • アミュプラザ各店で最大10%割引
  • JALマイレージバンクとSUGOCAの機能を1つにできる
  • JALマイルとJRキューポを相互に交換できる
JQ SUGOCA ANA 無料(初年度、2年目以降※) 0.5%
  • アミュプラザ各店で最大10%割引
  • ANAマイレージクラブとSUGOCAの機能を1つにできる
  • ANAマイルとJRキューポを相互に交換できる

※前年1回以上カード利用があれば無料。未使用なら1,250円(税抜)

特別なこだわりがなく、最もお得な『JQ CARD』を作りたい人には『JQ CARDエポス』がおすすめです。

なぜなら、このカードを使い続けていると年会費永年無料でJR九州の利用でポイント還元率1.5%にできる『JQ CARD エポスゴールド』の招待が来るからです。

『JQ CARD エポスゴールド』は「選べるポイントアップショップ」登録でポイントを3倍にすることができ、対象となるショップの中にJR九州が含まれます。

また、カード利用でたまるJRキューポはエポスポイントに同じ数値で交換でき、エポスポイントはANAマイルに有利なレートで交換できるので、ANAマイルを貯めたい人にもおすすめです。

プロが教えるよりお得な申し込み方法!

少し時間がかかってしまいますが、WEBからの申し込みで先に『エポスカード』を申し込んで、『エポスカード』が届いたら『JQ CARDエポス』に切り替えるとよりお得になります。

なぜなら直接『JQ CARDエポス』を申し込むより入会特典でもらえるポイントが多いからです。

どうしてもすぐに欲しい人や、手間や時間がもったいない人は各アミュプラザ内カウンターやJRの施設で『JQ CARDエポス』を直接申し込んでも良いですが、たくさん入会ポイントが欲しい方は『エポスカード』を選んだ方がお得です。

『エポスカード』公式ページ

https://www.eposcard.co.jp/

3-3. クレジットカードで定期券を買える名古屋の鉄道会社

名古屋でクレジットカードによる定期券購入が可能な鉄道会社と、利用可能なカードの種類は以下の通りです。

参考:TOICAの定期はポイント還元率が高いクレジットカードがおすすめ

JR東海がセディナと提携して発行している『JR東海エクスプレス・カード』は新幹線利用が多い人にはお得ですが、定期券購入に関してはポイント還元率の高い下記のようなカードを使って支払いをした方がお得です。

『名鉄ミューズカード』

名鉄ミューズカード』は初年度は年会費無料、2年目以降は前年に5万円(税込)以上のショッピングの利用(※manacaへのクレジットカードチャージなどの利用分は除く)で無料になります。

『メディアカード』では2年目以降必ず年会費がかかってしまうので、このカードの方がよりお得に名古屋鉄道の定期券を購入できます。

そのほかにも下記のようなメリットがあるので、名鉄グループはもちろん全国の有名施設でもお得に使えるカードです。

  • manacaにクレジットカードでチャージができてその分のポイントがもらえる
  • 名鉄百貨店の買物が最大10%割引になる
  • 全国のレジャー施設、宿泊施設、映画館等で割引サービスが受けられるミューズクラブオフを利用できる
  • ポイント2倍の優遇ポイント:ETCカード・昭和シェル石油・名鉄グループ対象施設

『名鉄ミューズカード』公式ページ:

http://www.cr.mufg.jp/mufgcard/meitetsu_ms/

4. まとめ

以上が定期券をクレジットカードで購入できるカード会社になります。

都内で定期券のクレジットカード払いに対応している鉄道会社は以下の17社で、おすすめのカードはそれぞれ以下の通りです。

また下記4つの鉄道会社はクレジットカードで定期券購入は可能ですがこれと言ってお得になるカードはありません。

そのため上記の鉄道会社ではどこで利用してもポイント還元率の高い、以下の2枚のカードがおすすめです。

また都内以外では以下のようなカードがおすすめです。

あなたがクレジットカードを利用してお得に定期券の購入ができることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket