黒いクレジットカードの全知識|ブラックカードから作りやすいカードまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「黒いカードってすごいのか」「お金持ちに見える黒いカードが欲しい」と黒いカードが気になりますよね。

黒いカードはブラックカードと呼ばれ、クレジットカードのグレードの中で最上位に位置するカードと言われており、厳選された方しか持つことのできないステータスの象徴と言えます。

この記事では大手カード会社に3社勤務した私がその経験を生かして、ブラックカードの魅力と作り方を以下の流れで紹介していきたいと思います。

  1. 世界2強のブラックカード
  2. ブラックカードを手にするためには
  3. 誰でも持てる黒いクレジットカード2選

ブラックカードが欲しい方は、基本的には招待制なので作るまでに手順を踏む必要があります。この記事ではその手順についてしっかりと紹介していきます。

また、ブラックカードは誰しもが簡単に作れるカードではないので、誰でも作れてブラックカードと見間違えてしまいそうな黒い券面のカードも3章にて紹介します。

本ページを読めば、あなたの求めている黒いカードが必ず見つかるはずです。

1. 世界的知名度2強のブラックカード

ブラックカードとはクレジットカードのグレードの中で最上位に位置するカードと言われており、厳選された方しか持つことができません。

しかし、サービスの豊富さやステータス性の高さも最上級であるため、それらが欲しい方にとっては喉から手が出るほど欲しいカードと言えます。

この章ではブラックカードにはどんなカードがあるのかを紹介していきたいと思います。

1-1. そもそもブラックカードとはなんなのか

ブラックカードという名前はよく聞くけれども、実際にブラックカードがどんなカードなのかわかってる方は少ないんじゃないでしょうか。

ブラックカードとは一般的に主に以下の3つの条件を満たすカードを指します。

  • 限度額が無制限
  • 券面がブラック
  • 最上位のカード

このような定義づけはあるものの、見方は人それぞれなのでカードによってはブラックカードいう人とプラチナカードだという人で意見が割れることもあります。

1-2. 世界的知名度2強のブラックカード

ブラックカードと言われるカードはいくつかありますが、人によって評価が分かれるカードが多いです。

しかし、以下の2枚は誰がどう見てもブラックカードと言える世界的に認められているブラックカードです。

  • 『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』
  • 『ダイナースクラブ プレミアムカード』

これらのカードは作ることが非常に困難なカード実際に持つことができれば、あなたのステータスは確率されます。

『アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード』

出典:Amazon.com

『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』は世界で初めて作られたブラックカードでどんな希望も叶えられるクレジットカードだと言われています。

年会費が35万円と非常に高く、日本で保有しているのは5,000人程度だと言われています。

また、完全に招待制となっており招待の基準も明確にはされていません。一説では『アメリカン・エキスプレス・プラチナカード』を年間1,000万円以上の利用で招待が来た方もいれば、1億円以上利用しても来なかった方もいるようです。

『ダイナースクラブ プレミアムカード』

『ダイナースクラブ プレミアムカード』は2大ブラックカードの1つと言われています。

年会費は13万円と割高ですが、限度額に制限がなく戦車も買えるクレジットカードと評されています。また、マイルの還元率が2%の高還元カードとも言われています。

入会方法は基本的にインビテーション(招待)ですが、自分から電話をして入会することもできます。しかし、入会するためにはカードを年間300万円以上利用し、年収1,000万円以上は少なくとも必要です。

1-3. 日本で発行されているブラックカード

先ほど紹介した2枚は世界的に有名なブラックカードですが、今度は日本で発行されている有名なブラックカードを紹介したいと思います。

『JCBザ・クラス』

JCB ザ・クラスはJCBブランド最高峰のブラックカードです。入会するには招待が必要となっており、選ばれた方のみ所有する事ができるカードです。

年会費は5万円(税抜)なので他社のブラックカードに比べて安いのですが、サービス内容は以下のようになっており申し分ないです。

  • 24時間対応のコンシェルジュサービス
  • 年1回、ディズニーチケットなどの2万円相当以上の商品が貰えるメンバーズ・セレクション
  • 国内・海外旅行傷害保険最高1億円
  • 東京ディズニリゾートのアトラクションが事前に予約することで待ち時間無しで乗れるVIP待遇
  • ディズニーランドの会員制レストラン「クラブ33」に入れる

このように普段はなかなか味わえないようなサービスがついています。

そのため、招待条件が年収が1,000万円以上であったり、JCBのカードで4〜5年間、年間100万円以上の利用実績を積む必要があるなど困難ですが、それに見合ったサービスとなっています。

2. ブラックカードを手にするためのステップまとめ

先ほどの章で以下の3枚のブラックカードを紹介しました。ブラックカードはほとんどが招待制となっているため、ゴールドカードやプラチナカードで利用実績を積む必要があります。

この章では先ほどの3枚のブラックカードの招待を得るためにどういった手順を踏まなければならないのかを紹介します。

  • 『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』
  • 『ダイナースクラブ プレミアムカード』
  • 『JCBザ・クラス』

いずれも招待を受けるのは非常に困難ですが、中でも『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』は日本で5,000人程度しか持っている方がいないと言われています。

また、現在保有している方が減った場合にしか新しく招待を行わないらしく、保有するのは現実的になかなか厳しいです。

2-1.『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』

出典:Amazon.com

『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』はアメリカンエキスプレスが発行するブラックカードで年会費も35万円と非常に高いですが世界最高級のステータス世界最高級のサービスを兼ね備えた1枚です。

しかし、このカードを持てるのは一部上場企業のオーナーなど本当に限られた一部の方のみです。現実的にブラックカードが欲しい場合は『ダイナースクラブ プレミアムカード』や『JCBザ・クラス』をおすすめします。

それでもこのカードが欲しい方は以下のように『アメリカン・エキスプレス・プラチナカード』を手に入れ、年間1,000万円以上の利用実績を積み続ければ招待が来る可能性があります。

まずは、『アメリカン・エキスプレス・カード』か『アメリカンエキスプレスゴールドカード』で年間100万円以上の利用実績を1〜3年しっかりと積み、『アメリカン・エキスプレス・プラチナカード』を手に入れましょう。

『アメリカン・エキスプレス・プラチナカード』の招待をもらうためには基本的にはどちらのカードでも問題はないのですが、どちらのカードを持つかは以下を参考基準にしてください。

  • 『アメリカン・エキスプレス・カード』:アメックスの一般カードで年会費も割安、他のカードのゴールドカードと同等のサービスを受けられます。
  • 『アメリカンエキスプレスゴールドカード』:プラチナへの招待は当然こちらの方が受けやすいです。また、年会費は高いですがこのカードでも十分なステータスの証明になります。

『アメリカンエキスプレスカード』

アメリカン・エキスプレス・カード』は年会費が12,000円(税抜)かかります。

世界的なステータスの高さも魅力的ですが、サービスの豊富さも非常に魅力的です。海外旅行保険が最高5,000万円、ショッピング保険も最高300万円まで補償してもらえます。

他にもリターン・プロテクション(アメックスが返品を引き取ってくれる)、豊富なマイル移行先、往復の空港手荷物無料宅配、無料ポーター(空港内で専任スタッフが荷物を運んでくれる)、エアポート送迎、空港クロークなどがあります。

『アメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/content/green-card/

※アメリカン・エキスプレス・カードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

『アメリカンエキスプレスゴールドカード』

アメックス ゴールドカード アメリカンエキスプレスゴールドカード アイキャッチ

アメリカンエキスプレスゴールドカード』はアメリカンエキスプレス年会費が29,000円(税抜)かかります。

国内外約200店のレストランにて、所定のコースメニューを2名以上で予約すると1名分のコース料理代(最高約25,000円)が無料となる「ゴールド・ダイニング by 招待日和」を利用できます。

これ以外にも次のような特典があります。

  • 飛行機の遅れや海外旅行・コンサートなどのキャンセルに対する保険が付く
  • 世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジを年2回無料で使える

その他にも旅行を割引料金で予約できるなどここでは紹介しきれないほど特典が非常に豊富にあり、特に海外へ出張や旅行に行く回数が多ければ年会費の高さは気にならないでしょう。

『アメリカンエキスプレスゴールドカード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/content/gold-card/

※アメリカンエキスプレスゴールドカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

『アメリカン・エキスプレス・プラチナカード』

『アメリカン・エキスプレス・プラチナカード』はアメリカンエキスプレスが発行するプラチナカードで年会費が130,000円します。正直、このカードでも十分すぎるほどのステータスと世界最高級のサービスが受けられます。

世界最高級のサービスというだけのことあって、「高級ホテルの上級会員特典」、「旅行保険の補償内容」、「超優秀なプラチナコンシェルジュ」などを筆頭に特典が多すぎてここでは明記することができません。

肝心の取得条件ですがインビテーション(招待)のみとなります。招待を受けるには年間の利用実績100万円以上が原則かと思われますが、最近は年間利用額が100万円に満たない方であっても招待が届くことがあるようです。

2-2. 『ダイナースクラブ プレミアムカード』

『ダイナースクラブ プレミアムカード』は2大ブラックカードの1つと言われており、年会費も13万円のカードです。

また、『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』と違い、1,000万円近くの年収ときちんとした利用実績があれば、現実的に持つことも夢ではないカードです。

このカードを取得するためには以下のような段階を踏む必要があります。

このように『ダイナースクラブカード』で年間100万円以上の利用実績を1〜3年しっかりと積みましょう。

『ダイナースクラブカード』

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード』は券面がゴールドではありませんが、最もステータスの高い上級ゴールドカードと見なされることが多いです。

そのため、全ゴールドカード中作るのが最も難しいですが、その分使い勝手や特典が非常に豪華です。

将来、圧倒的なステータスを持つ『ダイナースクラブ プレミアムカード』を持つためにも是非とも持っておきたい一枚です。

『ダイナースクラブカード』公式ページ:

https://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/dinersclubcard.html

※ダイナースクラブカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2-2. 『JCBザ・クラス』

JCB ザ・クラスはJCBブランド最高峰のカードです。JCBのカードにはプラチナカードがないので、このカードをプラチナカードと紹介するサイトもありますが、条件的には十分ブラックカードと呼べるカードです。

年会費は5万円とブラックカードにしては割安ですが、サービスは他のカードにも引けを取らない内容になっています。

このカードを手に入れるためには以下のような手順を踏む必要があります。

以上のように『JCBザ・クラス』を作るためにはまず、『JCBゴールドカード』を入手し2年連続で100万円以上利用し、その後、JCBから『JCBゴールド・ザ・プレミア』への招待を受けることが必要です。

また、『JCBゴールドカード』の審査が不安という方は、『JCB一般カード』を作って返済の遅滞などをせずに1〜2年の利用実績を積むことで、『JCBゴールドカード』に申し込んだ際に審査が通りやすくなります。

そしてその『JCBゴールド・ザ・プレミア』を入手してから更に年間100万円以上を継続的に利用し、最終的に『JCBザ・クラス』の招待が届くことで作ることができます。

『JCB一般カード』

JCB一般カード』は初年度年会費無料ですが次年度以降は年会費1,250円(税抜)かかるJCBの一般カードです。

また、ポイントの還元率は0.5%で国内・海外旅行保険も最大3,000万円まで付いているカードです。

『JCBゴールドカード』の審査が不安な方はこのカードで年間50万円程度の利用を目安に優良な利用実績を積むことで、『JCBゴールドカード』の審査に通るはずです。

『JCB一般カード』公式ページ:

http://www.jcb.co.jp/ordercard/

※JCB一般カードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

『JCBゴールドカード』

JCBゴールドカード』は初年度年会費無料で次年度以降は年会費10,000円(税抜)のカードです。また、このカードからいきなり入会することも可能になっています。

そしてこのカードはゴールドカードならではの充実した海外旅行傷害保険で最高1億円の補償が受けられるほか、空港ラウンジサービスやグルメ優待サービス等、サービスが充実した1枚です。

『JCBゴールド・ザ・プレミア』の招待を受けるためにはこのカードを入手し、年間100万円以上の優良な利用実績を2年連続で築きましょう。

『JCBゴールドカード』公式ページ:

http://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/gold

※JCBゴールドカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

『JCBゴールド・ザ・プレミア』

JCBゴールド・ザ・プレミア』は JCBゴールド ザ・プレミアのサービス年会費が5,000円(税別)とJCBゴールドのカード年会費が10,000円(税別)がかかります。

世界約130の国や地域、約500の都市で約1,000ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティパスを利用できたりと、その他のプラチナカードにも見劣りしないサービスが受けられるので準プラチナカードとも言われています。

『JCB ザ・クラス』の招待を受けるためには、このカードで年間100万円以上の優良な利用実績を積み続ける必要があるとされています。また、年収は1,000万円以上が求められます。

『JCBゴールド・ザ・プレミア』公式ページ:

http://www.jcb-originalseries.jp/premier/

※JCBゴールド・ザ・プレミアの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3. 誰でも持てる黒いクレジットカード2選

これまで紹介してきた通り、ブラックカードを手に入れるためにはそれなりの年収と長い年月と優良な利用実績を要します。

そのため、ブラックカードは本当に一部の方しか持つことのできないカードになっています。しかし、ブラックカードのように券面が黒の洗練されたデザインのカードが欲しいという方も多いんじゃないでしょうか。

この章では多くの方が作ることのできる一般カードで、ブラックカードと見間違えてしまいそうな以下のカードを紹介します。

  • 『Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)』
  • 『レックスカードライト』

この2枚はプロの私からみても非常にお得に使える誰でも作れるようなカードです。

3-1. 『Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)』

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)』は年会費無料、ポイント還元率1.0%のカードです。

全体が黒一色で統一されており、洗練されたデザインで非常にかっこいいのですが、ネットショッピングで利用すると1.5%のポイント還元になるなど、機能的にも非常に優秀な1枚です。

『オリコカード・ザ・ポイント』公式ページ:

http://www.orico.co.jp/cardorder/

※オリコカード・ザ・ポイントの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3-2. 『レックスカードライト』

レックスカードライト』は年会費無料でポイント還元率が1.25%のカードです。

『Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)』と同様に全体が黒一色で統一されており、非常にかっこいいデザインのカードです。

また、デザインだけでなく機能面も非常に優れた1枚となっており、高いポイント還元率や、以下のように手厚い海外旅行保険も魅力的です。

利用条件 自動付帯 持っているだけで補償が受けられます。
死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療 200万円
疾病治療 200万円
携行品損害 20万円 ※1旅行中限度額20万円、年間限度額20万円、免責(1事故)3,000円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円 1年間の限度額

『レックスカードライト』公式ページ:

http://www.jaccs.co.jp/service/card_lineup/

※レックスカードライトの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

4. まとめ

以上がブラックカード、もしくは券面がブラックのカードの紹介でしたがいかがでしたか。

ブラックカードが欲しい場合、いずれもきちんと利用実績を積む必要があります。

『アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード』

『ダイナースクラブ プレミアムカード』

JCB ザ・クラス

また、ブラックカードに似た券面のおすすめ一般カードは以下の2枚です。

あなたの求めるブラックカードが見つかることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket