プロが教える!18歳でクレジットカードを作るための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

18歳になってクレジットカードを持てるのか、また作れるならどんなカードを作ればいいのか悩んでいませんか?

基本的に18歳になれば、一部の例外を除いてクレジットカードを作ることができるようになります。しかし、未成年のクレジットカード申し込みには様々な条件がつきまとい、事前準備をしておかなければカードを作れなかったなどという事態に陥る可能性もあります。

この記事では大手カード会社3社で勤務した経験のある私が、18歳の初めてカードを作ろうとしてるあなた向けに方に、審査のコツやおすすめのカード、知っておくべきことを以下の流れで紹介していきたいと思います。

  1. 18歳の方がカードを作るための5つの条件
  2. 18歳の方がカード審査に通りやすくなる4つのポイント
  3. 18歳の方におすすめのカード5選
  4. 初めてクレジットカードを申し込む前に知っておきたい5つのこと
  5. どうしてもカードが持てなかった際の2つの方法

このページを読んでいただければ、18歳のあなたがどうやってカードを作るのかから本当に持つべきカードまでわかるでしょう。

1. 18歳の方がカードを作るための5つの条件

冒頭でも述べた通り、18歳になればクレジットカードを作ることができるようになります。

しかし、18歳でクレジットカードを作るためには以下のような5つの条件があり、それを満たしていなければ作ることはできません。

  1. 高校を卒業していること
  2. 親権者の承諾を得られること
  3. 連絡可能な連絡先があること
  4. 学生、もしくは何らかの仕事をしていること
  5. 身分証明書を持っていること

もし、この条件に合致せず、クレジットカードが作れなかった場合、「5. どうしてもカードが持てなかった際の2つの方法」にて、そういった方々向けに解決策をいくつか載せてあるので、そちらを参考にしてみてください。

1-1. 高校を卒業していること

たとえ、18歳以上だったとしても高校生である限りはクレジットカードを作ることができません。どのクレジットカードも申し込むために年齢制限や条件があり、申し込める方は「高校生を除く方」とされています。

そのため、例えば高校を留年してしまい、19歳だったとしても高校生である限り、クレジットカードを作ることはできません。

1-2. 親権者の承諾を得られること

20歳以下の未成年の方がクレジットカードを申し込む際には親の同意が必要になります。これはほとんどの場合、電話などで簡単に済むので安心してください。

基本的に返済をきちんと行なっていれば、その後親に連絡が行くことはまずないです。しかし、長期間にわたって返済を遅らせていると催促の通知書などが行くので気をつけましょう。

親になんて伝えればいいか分からない方へ

基本的には正直に理由を話すのがいいかと思いますが、上手に伝えられない方は以下のような理由を使えば親も気持ちよく承諾してくれます。

  • 実際の店舗よりも安く買物が出来るAmazonなどのインターネットショッピングで便利なことを説明
  • ネットショップ(オンラインゲームやライブのチケットなど)ではカード決済が必要なことを説明

1-3. 連絡可能な連絡先があること

クレジットカードの申し込み条件には「申し込みをした本人と連絡が取れること」というのも条件にあります。

つまり、申し込みを行ったあなたの自宅の電話番号か携帯電話番号が必要となります。

もし、会社や大学の寮、一人暮らしをしているならば携帯電話の番号は必要です。

1-4. 学生、もしくは何らかの仕事をしていること

18歳以上であってもクレジットカードを作るためには大学生や専門学生であること、もしくはアルバイトや何かの仕事していて安定的な収入があることが求められます。

このいずれかを満たしていないとカードを作ることは難しいです。

もし、あなたが大学生や専門学生である場合、『大学生こそクレジットカードを持つべき!おすすめカード5選』の記事を確認しましょう。学生だからこそ持つことができるお得なカードや、学生がクレジットカードに申し込む際の注意事項をまとめました。

大学生や専門学生の方は学生のおすすめクレジットカード活用法なども紹介しているので参考にしてみてください。

1-5. 身分証明書を持っていること

クレジットカードの申し込み時には第三者による不正な申し込みを防ぐために本人確認を行います。

その際に、保険証や運転免許証、パスポートなどの身分証明書が必要となります。

どの身分証も手元にないという方は、保険証はほとんどの場合、親族の方が管理していることが多いと思います。親族の方に相談してみましょう。

2. 18歳の方がカード審査に通りやすくなる4つのポイント

18歳の方がカード審査に通りやすくするためには以下の4つのポイントに注意する必要があります。

  • 一度に複数枚のカードには申し込まない
  • キャッシング枠は極力申し込まない
  •  固定電話を置く
  • ショッピング枠は30万円以下で申し込む

基本的に18歳の方は成人と比べると、クレジットカードが作りにくくはなっているので以上のことを徹底するようにしましょう。

2-1. 一度に複数枚のカードには申し込まない

クレジットカードは審査まで時間がかかるので何社か申し込んで審査が早く終わったクレジットカードを作ろうと考える方は多いです。

しかし、これはクレジットカードを作るときに絶対にやってはいけないことなのです。

なぜかというと、一度に複数のクレジットカードを申し込むとその情報は信用情報機関に登録され、クレジットカード会社はそれを元に審査をします。この時、クレジットカード会社は以下のように考えます。

  • 入会キャンペーンのポイント目的の申込者かもしれない
  • お金に困っている人かもしれない

以上の理由から一度に複数枚のクレジットカードを申し込むことは新しくクレジットカードを作るのに不利になってしまいます。また、同様の理由でクレジットカードの審査に落ちてすぐの申し込みも審査に通りにくいので気をつけましょう。

2-2. キャッシング枠は極力申し込まない

カードを使うことでお金を借りられる「キャッシング」の機能はもしもの時のために便利なので申し込みたいという方が多いかもしれません。

しかし、できる限りキャッシングの申し込みは避けましょう。基本的にキャッシングを申し込むことでクレジットカードの審査は通りにくくなります。カード会社からお金を借りる予定がない場合は原則としてキャッシング枠は0にして申し込みましょう。

キャッシング枠を不必要に多くして申し込むと、カードの発行会社は「この人はお金に困っている人なのかな」と判断され、審査に落ちてしまう恐れがあります。

2-3. 固定電話を置く

最近では携帯電話を主に使ってる方が多いため、クレジットカードの申し込み時にも携帯電話の番号を書く方が多いです。しかし、クレジットカードの審査では固定電話を持っていた方が有利です。

クレジットカード会社から見た場合、携帯電話よりも固定電話の方が信頼できるからです。

クレジットカードの審査のためにわざわざ固定電話を契約する必要はありませんが、固定電話があるならばそちらで申し込んだ方が審査に通りやすくなります。

2-4. ショッピング枠は30万円以下で申し込む

ショッピング枠は30万円以下で申し込みましょう。そもそも18歳の方で最初から大きな金額での申し込みは希望通りの利用限度額になりません。

あまりに大きすぎる限度額を申請してクレジットカード会社に資金繰りに困ってる可能性があるなどと疑われないようにショッピング枠は30万円以下で申し込みましょう。

3. 18歳の方におすすめのカード5選

この章では18歳になって初めてカードを申し込むあなたにおすすめなカードを以下の4つの軸に従って紹介します。

年会費が完全に無料かどうか クレジットカードには初年度は年会費がかからなくとも次年度以降は年会費がかかったり、条件付きで年会費が免除されるものがあります。
還元率が常時1%以上かどうか
  • クレジットカードには利用金額に応じてポイント還元というものがあり、基本的なポイント還元率が1%以上ならば高還元と言えます。
  • 貯まったポイントは商品券と交換したり、買い物の会計時に利用することができます。
きちんとした旅行保険やセキュリティがあるかどうか クレジットカードには旅行保険がついているものとついていないものがあり、条件などもカードによって様々です。
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか クレジットカードには特定のお店で使うことで特典やサービスを受けられるものがあります。

クレジットカードは持つ人の状況やニーズに応じて最も持つべき一枚が変わります。

この章では18歳で初めてカードを申し込む方が最も持つべきと考えられる5枚のカードを紹介します。いずれも18歳の方でも問題なく作れたというカードを紹介しています。

  1. 『楽天カード』:ネットショッピングをしたい方におすすめ
  2. 『リクルートカード』: 食事の幹事などをする方におすすめ
  3. 『エポスカード』:マルイでのショッピングが多い方におすすめ
  4. 『三井住友VISAカード デビュープラス』:将来ゴールドカードが欲しい方におすすめ
  5. 『VIASOカード』:たまったポイントを現金として受け取りたい方におすすめ

3-1. 『楽天カード』:ネットショッピングをしたい方におすすめ

年会費が完全に無料かどうか ずっと持ち続けても年会費が発生することはありません。
還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して1%のポイントが付与されます。
きちんとした旅行保険があるかどうか 付帯保険は利用付帯で条件は以下の通りです。

  • 死亡後遺障害:最高2,000万円
  • 疾病・傷害治療:最高200万円
  • 国内旅行保険なし
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか 楽天で4%、サークルKサンクスなどの加盟店で2%のポイント還元です。

楽天カード』は楽天で買い物をする方に特におすすめです。7年連続で顧客満足調査1位のクレジットカードというのも安心できます。年会費が無料でどこで使ってもポイント還元率が1%です。

付帯している保険も旅行代金の一部をクレジットカードで決済をしなければいけませんが、疾病・傷害治療:最高200万円付いているため海外でも役に立ちます。

楽天での買い物が非常にお得で楽天で使うと4%のポイントが還元されます。また、街中の加盟店で利用することで2%のポイントが還元されます。

『楽天カード』公式ページ

http://card.rakuten.co.jp/rakuten_card

※楽天カードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3-2.『リクルートカード』:食事の幹事などをする方におすすめ

年会費が完全に無料かどうか ずっと持ち続けても年会費が発生することはありません。
還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して1.2%のポイントが付与されます。
きちんとした旅行保険があるかどうか 付帯保険は利用付帯で条件は以下の通りです。

  • 死亡後遺障害:最高2,000万円
  • 疾病・傷害治療:最高100万円
  • 国内旅行保険:最高1,000万円
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティ、じゃらん、ポンパレモールでお得です。

リクルートカード』は初心者だけけでなく、すべての方におすすめできるカードです。

このカードは年会費が無料です。また、どこで利用してもポイント還元率が1.2%で、貯まるポイントがPontaというのもローソンなどで利用ができて非常にお得です。

また、飲食店の予約でホットペッパーグルメ、美容室にはホットペッパービューティ、旅行にはじゃらん、ネットショッピングはポンパレモールと実用性の高いサービスも充実しています。

『リクルートカード』公式ページ

http://recruit-card.jp/

※リクルートカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3-3. 『エポスカード』:マルイでのショッピングが多い方におすすめ

年会費が完全に無料かどうか ずっと持ち続けても年会費が発生することはありません。
還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して0.5%のポイントが付与されます。
きちんとした旅行保険があるかどうか 海外旅行保険は自動付帯で条件は以下の通りです。

  • 死亡後遺障害:最高500万円
  • 傷害保険:最高200万円
  • 疾病保険:最高270万円
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか カラオケや映画館、サロン、遊園地、居酒屋など大学生が利用することが多い7,000以上の店舗で優待が受けられます。

エポスカード』はマ年会費無料のカードです。ポイント還元率は0.5%ですが、海外旅行保険が自動付帯でついてきます。年会費無料のカードで海外旅行保険がついているカードは数えるほどしかないので非常にお得です。

また、18歳の方にとって非常に便利な優待が豊富にあります。

  • 年に4回、マルイで10%の優待期間があります。
  • 笑笑や魚民などのモンテローザ系列のお店や、ロイヤルホストでお得になります。
  • AshやEARTHなどの有名サロンでの利用で会計が10%OFFになります。
  • 全国の映画館で映画料金が500円お得になります。

『エポスカード』公式ページ

https://www.eposcard.co.jp/index.html

※エポスカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3-4. 『三井住友VISAカード デビュープラス』:将来ゴールドカードが欲しい方におすすめ

年会費が完全に無料かどうか 初年度年会費無料です。

次年度以降は1,250円(税抜)かかります。(年に一回の利用で年会費無料になります。)

還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して1%のポイントが付与されます。

また、入会して最初の3ヶ月間はポイントが2.5%たまります。

きちんとした旅行保険があるかどうか × 旅行に関する付帯保険はありません。
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか 「ココイコ」と言うサービスの利用で東急ハンズなどでポイントが多くもらえます。

三井住友VISAカード デビュープラス』は18歳から25歳までの方しか作ることができませんが、将来的にゴールドカードを欲しいと考えてる方におすすめです。

初めてクレジットカードを持つ方が『三井住友VISAカード デビュープラス』を持つことの主なメリットは26歳になった時にプライムゴールドカード、30歳になった時にゴールドカードに自動で切替えられることです。

確かにゴールドカードはサービスも充実していて、持っていればステータスの象徴にもなりますが、年会費が一般カードに比べて非常に高いです。

将来的にゴールドカードを持ちたい方は『三井住友VISAカード デビュープラス』を持つことをおすすめしますが、そうでない方は他のカードを選びましょう。

『三井住友VISAカード デビュープラス』公式ページ

https://www.smbc-card

※三井住友VISAカード デビュープラスの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3-5. 『VIASOカード』:たまったポイントを現金として受け取りたい方におすすめ

年会費が完全に無料かどうか 年会費無料です。
還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して0.5%のポイントが付与されます。
きちんとした旅行保険があるかどうか 付帯保険は自動付帯で条件は以下の通りです。

  • 死亡後遺障害:最高2,000万円
  • 疾病・傷害治療:最高100万円
  • 国内旅行保険:なし
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか 携帯電話・インターネットプロバイダー・ETCなどでお得にたまります。

VIASOカード』は年会費無料で、ポイント還元率は0.5%ですが貯まったポイントが自動でキャシュバックされるカードです。

通常、クレジットカードのポイントを何かと交換する際は手続きをする必要がありますが『VIASOカード』ならば、そう言った手続きは不要です。

スクリーンショット 2017-02-01 16.54.19

このように、『VIASOカード』ならば、通常のクレジットカードに比べてポイントの交換が非常に簡単なので、初心者の方でも安心して利用できます。

また、海外旅行保険も自動付帯でついており、年会費無料のカードで海外旅行保険が自動付帯でついているものは数えるほどしかないのでお得です。

『VIASOカード』公式ページ

http://www.cr.mufg.jp

※VIASOカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

4. 初めてクレジットカードを申し込む前に知っておきたい5つのこと

この章では初めてクレジットカードを申し込むあなたがクレジットカードを申し込む前に知っておきたいことを、以下のよくある質問5つを挙げて説明していきます。

  1. クレジットカードを申し込む前に用意するものってなに?
  2. どの国際ブランドを選んだらいいの?
  3. クレジットカードはどれくらいで届くの?
  4. 利用限度額ってどのくらい?
  5. 支払ってどうしたらいいの?

この章を読んでいただければ、クレジットカードを申し込む際に困ることはないでしょう。

4-1. クレジットカードを申し込む前に用意するものってなに?

クレジットカードの申し込みには、以下の3つのものを用意しておきましょう。

  1. 自分名義の銀行口座、またはゆうちょ口座
  2. 銀行印
  3. 身分証明書(健康保険証や運転免許証など)

自分名義の銀行口座、ゆうちょ口座、銀行印はカードの利用代金を毎月自動引き落としにするために必要です。

身分証明書は、コピーを取って入会申込書と一緒に郵送したり、インターネットでの申し込み時には写真を撮ってメールで送信したり、データの形でアップロードします。

4-2. どの国際ブランドを選んだらいいの?

カードにはVISA、Master Card、 JCBなどの国際ブランドというものがあります。クレジットカードを使うためにはお店側がこれらのクレジットカードと提携をしている必要があります。

つまり、提携しているお店が多いカードほどカードを利用するのに困らないと言えます。

そのため、どの国際ブランドにするか迷った方は最も提携店の多いVISAがおすすめです。

それぞれの詳細は以下の通りです。

VISA

契約しているお店数が最も多いです。クレジットカードが使えるならば、世界中ほぼどこでも使えると言えます。

Apple Payを利用したい方にはあまりおすすめできませんが、そうでない方はVISAのカードを作ることをおすすめします。

Master Card

VISAに次いで契約店舗数が多いのがMaster Cardです。VISAが使えてMaster Cardが使えないということはほとんどありません。

さらにApple Pay対応カードでも不便なく利用できるのでApple Payも利用したい方はMaster Cardを作ることをおすすめします。

JCB

JCBは日本国内で最も契約店舗数が多いです。しかし、海外ではアジア圏内以外では契約店舗数が少ないので不便さを感じるかもしれません。

海外旅行をせず、日本国内のみでの利用という方にはおすすめです。

4-3. クレジットカードはどれくらいで届くの?

クレジットカードは申し込んで 1週間〜2週間で届きます。

『エポスカード』など百貨店系のカードはネットや店舗で申し込んで、審査が通っていれば必要書類を持って店舗で即日発行できる場合もあります。

ただ、店舗で発行するクレジットカードの場合、ネットで申し込んだ方がキャンペーンなどがお得な場合があるので注意が必要です。

4-4. 利用限度額ってどのくらい?

クレジットカードには利用限度額があります。通常の場合、学生の持つクレジットカードは5万円〜20万円が限度額です。

家電やパソコンなど、大きな買い物をしなければならない時はクレジットカード会社に相談すれば一時的に限度額を上げてくれる場合があります。

4-5. 支払ってどうしたらいいの?

クレジットカードの支払い方はいくつかあります。クレジットカードで決済しようとすると大抵の場合、「何回払いにしますか?」と聞かれると思います。

この時、カードの使い方にあまり自信がないのであれば、「一回払い(一括払い)」と答えるのが無難です。一回払いであれば金利手数料がかからないからです。

クレジットカードの使い方に慣れてきたら、その時の状況にあった決済方法を選択してもいいかもしれません。一応、下記にクレジットカードの決済方法をまとめておくので参考にしてみてください。

一回払い(一括払い)

今月した買い物の支払いを翌月の指定日に返済してしまう方法です。非常に簡単な決済方法なのでほとんどの方がこの支払い方法を使います。また、金利手数料はかかりません。

また、大手コンビニ店などではこの支払い方法しか対応してないために何も聞かれず、自動的にこの支払い方法になっています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-17-19-38

二回払い

実はクレジットカードの返済方法は2回まで金利手数料がかからないのです。今月した買い物を翌月、翌々月の指定日に分けて返済する方法です。また、金利手数料はかかりません。

ただ、この支払い方法はすべてのお店で対応しているわけではないので注意が必要です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-17-14-32

分割払い

一般的に3回から24回までの支払い方法を分割払いと言います。3回以上の支払い方法には金利手数料がかかってきます。

そのため、実際の購入金額よりも支払額は増えることになります。分割の回数はカードによって異なりますが、一般的には3回、6回、10回、12回、24回です。

ボーナス払い

ボーナス払いとは、今月した買い物の支払いを夏・冬のボーナスに合わせて行える決済方法です。しかも金利手数料はかかりません。支払いをかなり先延ばしにできるので利用者にとっては非常に便利な支払い方法です。

しかし、お店側からしてみれば売り上げの回収がそれだけ遅れてしまうのでボーナス払いは受け付けていないお店も多いです。家電などの高額商品を買う際に使うといいです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-18-24-31

リボ払い

この支払い方法は買い付けた商品の分割分を払うのではなく、毎月支払う金額を決めて支払う方法のことです。例えば、1万円の買い物をしても10万円の買い物をしても支払いの設定金額が5000円であれば毎月の支払い金額は5000円でいいのです。金利手数料はかかります。

一見、非常に便利な支払い方法ですが、このリボ払いというものは注意が必要です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-07-20-05-17

リボ払いには金利手数料がかかります。少額の返済だと毎月きちんと返済しているにもかかわらず、返済金額から利息分が引かれてしまい、元金として充当される額が少なくなってしまい、なかなか返済がおわりません。

そのため、本当にお金に困っている時以外はリボ払いを使うことは避け、リボ払いを使った場合は返済金額を多めにしましょう。

5. どうしてもカードが持てなかった際の2つの方法

上記の方法を試してもクレジットカードを作ることができなかった場合、残る方法は以下の2つです。

  1. 親のクレジットカードの家族カードを発行する
  2. デビットカードを申し込む

5-1. 親のクレジットカードの家族カードを発行する

自分の親が持っているクレジットカードか、自分の親にクレジットカードを作ってもらい、その家族カードを発行することでほぼ間違いなくあなた名義のクレジットカードを作ることができます。

ただ、家族カードだと支払いが親カードを持つあなたの親がすることになるので、カードの利用状況が全て親に筒抜けになるので注意しましょう。

しかし、発行スピードも早く、ほぼ確実にカードを作ることができるのでインターネット上の決済など何が何でもクレジットカードが必要な方などにはおすすめです。

ただし、高校生は基本的に家族カードも作れません。

ただし、高校生でも「留学の際」はカードが必要なケースが多く、カード会社によっては家族カードを発行してくれます。

まず、お手持ちのクレジットカードの会社に確認をし、発行できないようならば、留学を斡旋してくれる業者はこう言った家族カードを作れるカード会社も知っていることが多いので、そちらに聞いてみましょう。

5-2. デビットカードを申し込む(15歳以上ならば発行可能)

どうしてもクレジットカードが必要なのに、クレジットカードが作れないという方にはデビットカードがおすすめです。

デビットカードとは

デビットカードとはクレジットカードと同様にVISA、Master Card、JCBなどの支払い機能を兼ね備えたカードで、「一括払い」を選択すればネット決済やお店での決済が可能です。

また、クレジットカードのように事後決済ではなく、利用するとその場で預金口座から引き落とされる即時決済なので審査なしでも作れるカードが多いです。

限度額も預貯金にお金さえあればいくらでも使えます。

デビットカードのメリット

現金やクレジットカードに加え、もう一つの支払い方法としてデビットカードが注目を集めています。現に海外ではクレジットカードの普及率よりもデビットカードの方が普及率の方が高いくらいです。

デビットカードが人気な理由としては現金を引き出したり持ち歩く必要がなくなるということや、クレジットカード同様にデビットカードを利用するとポイント還元を受けられるものもあるということが挙げられます。

おすすめのデビットカード

デビットカードを申し込むのであれば間違いなく、『JNB VISAデビットカード』がおすすめです。

JNB VISAデビットカード』はジャパンネット銀行が発行するデビットカードで、0.2%の還元率があります。

年会費・発行手数料が無料で15 歳以上ならば、審査不要で誰でも持つことができるので、最後の手段としておすすめです。

『JNB VISAデビットカード』公式ホームページ

https://login.japannetbank.co.jp/

JNB VISAデビットカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

6. まとめ

以上が18歳がクレジットカードに申し込む際の審査のコツやおすすめのカード、知っておくべきことを紹介してきましたがいかがでしたか?

18歳の方には以下のカードがおすすめです。

  1. 楽天カード
  2. リクルートカード
  3. エポスカード
  4. 三井住友VISAカード デビュープラス
  5. VIASOカード

また、クレジットカードをどうしても作れなかった方には以下の2つの方法をおすすめします。

  1. 親のクレジットカードの家族カードを発行する
  2. デビットカードを申し込む:『JNB VISAデビットカード

18歳のあなたが最高の形でクレジットカードを持てることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket