無職でも確実にクレジットカードを作るための6つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無職の自分でもクレジットカードを作れるのかと不安に思っていませんか?

通常、無職の方がクレジットカードを作ろうとしても、まず審査に通りません。しかし、このページで紹介する「無職でもクレジットカードを作れるコツ」を実践することで無職のあなたでもクレジットカードを作れる可能性が高くなります。

この記事では大手カード会社に3社勤務した私がその経験を生かして、無職の方がクレジットカードを作るコツと無職の方におすすめのカードを以下の流れで紹介していきたいと思います。

  1. 無職でカードを作る6つのポイント
  2. 無職の方におすすめのカード2選
  3. どうしてもカードの審査に通らなかった際の3つの裏技

本ページを読むことで、無職の方でもクレジットカードが作れる可能性がグンと上がります。

1. 無職でカードを作る6つのポイント

無職の方は基本的にカードを作りにくいと言われています。なぜなら、クレジットカードを作ろうとする際、審査があり「年収」や「職業」をチェックされます。そして、無職の方が普通に申し込みをしてもこの審査にはまず通りません。

そのため、無職の方がクレジットカードを作りたい場合、申し込み時にいくつかのポイントに気をつけばければカードを作ることはできません。

この章では以下の無職の方でもクレジットカードを作るための6つのコツを紹介したいと思います。

  1. 職業欄には「無職」と書かない
  2. 一度に複数枚のカードには申し込まない
  3. キャッシング枠は極力申し込まない
  4. 固定電話を置く
  5. ショッピング枠は30万円以下で申し込む
  6. 審査難易度の高いカードに申し込まない

太字になっている項目は重要なので必ず読むようにしてください。

1-1. 職業欄には「無職」と書かない

審査の項目を埋める際に、職業欄のところで無職を選択しないようにしましょう

これは別に虚偽の告知をしましょうという話ではなく、現在無職の方はどこでもいいので派遣会社に登録してからクレジットカードの審査に申し込みましょう。

派遣会社に登録するためには簡単なテストを受ける必要がありますが、まず落ちることはありません。

登録さえしておけば、仕事を受けずに断っていたとしても、クレジットカードの申し込み時に「派遣社員」として申し込んでも問題ありません。

派遣会社に登録するのは面倒かもしれませんが、派遣会社に登録するだけで無職と書いては作れなかったクレジットカードが作れるようになります。

また、専業主婦の方はご主人の年収が審査の対象になるので職業欄は「専業主婦」を選択しましょう。

同様に学生の方も親の年収が審査の対象になるので職業欄は「学生」を選択しましょう。

1-2. 一度に複数枚のカードには申し込まない

無職の方で審査まで時間がかかるので何社か申し込んで審査が早く終わったクレジットカードを作ろうと考える方は多いです。

しかし、これはクレジットカードを作るときに絶対にやってはいけないことなのです。

なぜかというと、一度に複数のクレジットカードを申し込むとその情報は信用情報機関に登録され、クレジットカード会社はそれを元に審査をします。この時、クレジットカード会社は以下のように考えます。

  • 入会キャンペーンのポイント目的の申込者かもしれない
  • お金に困っていて返済能力がない人かもしれない

以上の理由から一度に複数枚のクレジットカードを申し込むことは新しくクレジットカードを作るのに不利になってしまいます。また、同様の理由でクレジットカードの審査に落ちてすぐの申し込みも審査に通りにくいので気をつけましょう。

1-3. キャッシング枠は極力申し込まない

キャッシングはもしもの時のために便利なので申し込みたいという方が多いかもしれません。

しかし、できる限りキャッシングの申し込みは避けましょう。基本的にキャッシングを申し込むことでクレジットカードの審査は通りにくくなります。カード会社からお金を借りる予定がない場合は原則としてキャッシング枠は0にして申し込みましょう。

なぜなら、総量規制という法律で個人がお金を借りられる枠の基準が定められていて、その枠の中にクレジットカードのキャッシング枠も含まれるからです。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

引用:日本賃金業協会・総量規制とは

キャッシング枠を不必要に多くして申し込むと、カードの発行会社は「この人はお金に困っている人なのかな」と判断され、カードが発行されない恐れがあり否決の情報が記録に残ります。

1-4. 固定電話を置く

最近では携帯電話を主に使ってる方が多いため、クレジットカードの申し込み時にも携帯電話の番号を書く方が多いです。しかし、クレジットカードの審査では固定電話を持っていた方が有利です。

クレジットカード会社から見た場合、携帯電話よりも固定電話の方が信頼できるからです。

クレジットカードの審査のためにわざわざ固定電話を契約する必要はありませんが、固定電話があるならばそちらで申し込んだ方が審査に通りやすくなります。

1-5. ショッピング枠は30万円以下で申し込む

ショッピング枠は30万円以下で申し込みましょう。そもそも無職の方で派遣会社に登録をしたとしても、最初から大きな金額での申し込みは希望通りの利用限度額になりません。

あまりに大きすぎる限度額を申請してクレジットカード会社に資金繰りに困ってる可能性があるなどと疑われないようにショッピング枠は30万円以下で申し込みましょう。

1-6. 審査難易度の高いカードに申し込まない

現在、クレジットカードは全部で9千枚近く発行されています。その中にはゴールドカードのように年会費も高く審査基準の難しいものや、年会費無料で審査基準のゆるいものまで豊富にあります。

そこでクレジットカードを作るときは少しでも審査で落とされる可能性を減らすために審査のゆるいクレジットカードに申し込むようにしましょう。

基本的に年会費がかかったり、「銀行系」と呼ばれるクレジットカードは審査が厳しく、「流通系」や「消費者金融系」と呼ばれるクレジットカードは審査が緩い傾向にあります。

「銀行系」のカード:『三井住友VISAカード』などの銀行が発行するクレジットカード

「流通系」のカード:『楽天カード』などの小売業者業者・もしくはそのグループ会社が発行するクレジットカード

「消費者金融系」のカード:『ACマスターカード』などの消費者金融が発行するクレジットカード

そこで今回私が今回プロとしてあなたにおすすめするのが「流通系」カードの『楽天カード』と「消費者金融系」カードの『ACマスターカード』です。

詳細に関しては次章で紹介していきます。

2. 無職の方におすすめのカード2選

この章では先ほど紹介した「流通系」カードの『楽天カード』と「信販系」カードの『ACマスターカード』について詳しく説明していきます。

これらの声は前章の6つのポイントをきちんと実践した方ならば、無職でも審査にとおたという声をよく聞くカードです。

2-1. 『楽天カード』

楽天カード』は流通系のクレジットカードなので非常に作りやすいです。日本で8秒に1枚作られているクレジットカードということで他のカードの審査に落ちた無職の方でも作れたという声をよく聞きます。

それでいて、7年連続で顧客満足調査1位のクレジットカードなので非常に使い勝手もいいです。

例えば、年会費無料でどこで使ってもポイント還元率1%で楽天市場では4%のポイント還元を受けられるのはお得です。さらにサークルKサンクスやPRONTOなどの街中の加盟店で利用することで2%のポイントが還元されます。

『楽天カード』公式ページ:

http://card.rakuten.co.jp/rakuten_card

※楽天カードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2-2. 『ACマスターカード』

ACマスターカード』はアコムが発行する日本で唯一の消費者金融系のクレジットカードで、他の作りやすいと言われているカードの審査を一通り断られてしまった無職の方でも、職業欄を派遣社員にすれば審査に通ったという声をよく聞きます。

国際ブランドがMastercardなので、世界中の「Mastercard加盟店」で利用することができます。

即日発行に対応していて、審査にも通りやすいので本当にお金に困った時などに便利ですが、以下のようなデメリットがあるので申し込む際は注意しましょう。

  • ETC カードがない
  • ポイントが貯まらない
  • カードローンの延長線上としての見方が強い

『ACマスターカード』が気になる方は3秒診断で審査に通るかどうかの簡単な診断ができるので、こちらの『ACマスターカード3秒診断』をしてみましょう。

『ACマスターカード』公式ページ:

http://www.acom.co.jp/

※ACマスターカードカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3. どうしてもカードの審査に通らなかった際の3つの裏技

無職の方で上記の方法を試してもクレジットカードを作ることができなかった場合、残る方法は以下の3つです。

  1. 親のクレジットカードの家族カードを発行する
  2. 以前まで使っていたカードを使い続ける
  3. デビットカードを申し込む

デビットカードは審査がないので作れないことはないと思いますが、これらの方法で満足いくものがなければ諦めるしかないかもしれません。

3-1. 親のクレジットカードの家族カードを発行する

自分の親が持っているクレジットカードか、自分の親にクレジットカードを作ってもらい、その家族カードを発行することでほぼ間違いなくあなた名義のクレジットカードを作ることができます。

ただ、家族カードだと支払いが親カードを持つあなたの親がすることになるので、カードの利用状況が全て親に筒抜けになるので注意しましょう。

しかし、発行スピードも早く、ほぼ確実にカードを作ることができるのでインターネット上の決済など何が何でもクレジットカードが必要な方などにはおすすめです。

3-2. 以前まで使っていたカードを使い続ける

最近までは定時的な収入を持つ会社員だった方で、その当時に作ったクレジットカードを持っている方は、無職になってもしばらくは何の問題無く使い続けることが出来ます。

しかし、無職になってもクレジットカードを利用出来ることは便利なのですが、返済が延滞しがちになり滞納してしまうと、クレジットカードは利用停止になる可能性があり、そうなると、残金を一括請求されることになるので気を付けましょう。

ただ、いずれはカード会社の途上与信 (カード会員の信用情報を利用途中で確認すること)の際に無職とバレると、限度額を減らされるなどの恐れがあります。

3-3. デビットカードを申し込む

どうしてもクレジットカードが必要なのに、クレジットカードが作れないという方にはデビットカードがおすすめです。

デビットカードとは

デビットカードとはクレジットカードと同様にVISA、Master Card、JCBなどの支払い機能を兼ね備えたカードで、「一括払い」を選択すればネット決済やお店での決済が可能です。

また、クレジットカードのように事後決済ではなく、利用するとその場で預金口座から引き落とされる即時決済なので審査なしでも作れるカードが多いです。

限度額も預貯金にお金さえあればいくらでも使えます。

デビットカードのメリット

現金やクレジットカードに加え、もう一つの支払い方法としてデビットカードが注目を集めています。現に海外ではクレジットカードの普及率よりもデビットカードの方が普及率の方が高いくらいです。

デビットカードが人気な理由としては現金を引き出したり持ち歩く必要がなくなるということや、クレジットカード同様にデビットカードを利用するとポイント還元を受けられるものもあるということが挙げられます。

おすすめのデビットカード

デビットカードを申し込むのであれば間違いなく、『JNB VISAデビットカード』がおすすめです。

JNB VISAデビットカード』はジャパンネット銀行が発行するデビットカードでメリットは以下の3つです。

  • 年会費・発行手数料が無料で15 歳以上ならば、審査不要で誰でも持つことができます。
  • 『JNB VISAデビットカード』のご利用500円につき1JNBスターを還元。1JNBスター=1円で交換できます。(基本還元率0.2%)
  • 口座残高や利用金額はリアルタイムにスマホアプリで確認できます。

『JNB VISAデビットカード』公式ホームページ

https://login.japannetbank.co.jp/

JNB VISAデビットカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3, まとめ

以上が無無職でも確実にクレジットカードを作るための6つのポイントでしたがいかがでしたか。

無職の方がクレジットカードを作る場合以下の6つのコツに注意しましょう。

  1. 職業欄には無職と書かない
  2. 一度に複数枚のカードには申し込まない
  3. キャッシング枠は極力申し込まない
  4. 固定電話を置く
  5. ショッピング枠は30万円以下で申し込む
  6. 審査難易度の高いカードに申し込まない

また、無職の方におすすめなのが以下の2枚のカードです。

そして、上記の方法でクレジットカードが作れなかった場合は以下の方法を利用しましょう。

  1. 親のクレジットカードの家族カードを発行する
  2. 以前まで使っていたカードを使い続ける
  3. デビットカードを申し込む:『JNB VISAデビットカード

あなたのクレジットカードが作れないと言った悩みが解決することを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket