プロが世代別に選ぶ!20代におすすめのクレジットカード12選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

20代はどんなクレジットカードを作るべきなのか悩んでいませんか。

現在、発行されているクレジットカードは9,000枚以上もあり、自分に合ってないクレジットカードを持っていてもクレジットカードの良さを感じることはできず、すごくもったいないです。

この記事では大手カード会社3社で勤務した経験のある私があなたの年齢やライフスタイルに合わせて、あなたが絶対に満足できるクレジットカードをを以下の流れで紹介していきます。

  1. 自分にあったクレジットカードを選ぶ
  2. 20代前半の方におすすめのカード4選
  3. 20代半ばの方におすすめのカード4選
  4. 20代後半の方におすすめのカード4選
  5. クレジットカードを持った際の注意点

本ページを読んでいただければ、20代のあなたに合ったカードを理解していただけると思います。

1. 20代の正しいクレジットカードの選び方

20代の方がクレジットカードを選ぶ場合、年齢やライフスタイルによって重視すべきポイントが変わって来るので非常に難しいです。

例えば、一概に20代といえども20歳の方と29歳の方は選ぶべきカードが違います。

このように20代のカード選択は非常に難しいのですが、20代でクレジットカードを作り、早くからきちんとした利用実績(クレジットヒストリー)を積み上げることで将来的にローンを組んだり、ゴールドカードやプラチナカードを作ることができます。

その中で、この章ではあなたが何を基準にカードを選べば良いのかを以下の流れで紹介していきます。

  • 20代前半の方
  • 20代半ばの方
  • 20代後半の方
  • 初心者の方
  • 学生の方

まずこの章では選び方を、次の章では年代別におすすめのカードを紹介していきます。

1-1. 20代前半の方が重視すべき3つのポイント

20代前半の方は学生や新社会人の方が多いと思います。そういった方々がクレジットカードを選ぶ際に重視すべきポイントとしては以下の3点が挙げられます。

  • 年会費:学生や新社会人の頃から、基本的に高い年会費を払う必要はありません。
  • ポイント還元率:年齢にかかわらず、ポイント還元率は高ければ高い方がお得です。
  • 将来性:クレジットカードには長年使い続けることで、年会費は高くてもステータスがあるゴールドカードの招待が来るものもあります。

1-2. 20代半ばの方が重視すべき3つのポイント

20代半ばの方は社会人になって少し見栄を張りたい方や、大人の遊びを覚えて生活が厳しい方など、さまざまだと思います。

そういった方々がクレジットカードを選ぶ際に重視すべきポイントとしては以下の3点が挙げられます。

  • 年会費:年会費はかからない方がいいですが、見栄を張りたい方はある程度の年会費を払う必要があります。
  • ステータス:一般的なゴールドカードは年会費が高いので厳しくても、20代限定の年会費が安めでステータスもそこそこなゴールドカードを持つ方が多いです。
  • ポイント還元率:年齢にかかわらず、ポイント還元率は高ければ高い方がお得です。

1-3. 20代後半の方が重視すべき3つのポイント

20代後半の方は収入も安定してきている方が多く、クレジットカードに様々な特典を求める方も多いと思います。

そういった方々がクレジットカードを選ぶ際に重視すべきポイントとしては以下の3点が挙げられます。

  • ステータス:誰が見ても恥ずかしくないゴールドカードを持ちたい方が増えます。
  • 作りやすさ:いくら欲しいカードがあっても入会基準を満たしていなければ持つことはできません。
  • 年会費:ステータスの高いカードを持つにはある程度の年会費は覚悟しなければいけません。

1-4. クレジットカード初心者のカードの選び方

クレジットカードは便利な反面、様々なリスクが伴うため知らないと悪用されたりする可能性もあります。

また、初めてのクレジットカード選びは自分に合ったカードを見つけるのが難しいと言われています。

そこでクレジットカードを初めて使う方は『初心者におすすめのクレジットカード5選と使い方完全ガイド』の記事を参考にしてみましょう。

クレジットカードの使い方や注意点、クレジットカードを初めて持つ方におすすめのクレジットカードを紹介しています。

1-5. 学生のカードの選び方

クレジットカードには学生カードという一般カードよりもお得な学生限定のカードがあります。

また、意外と知られていませんが学生ならではのお得な使い方などもあります。

そこで学生の方にはこちらの『大学生こそクレジットカードを持つべき!おすすめカード5選』にて学生におすすめできる一般カードと学生専用カードを紹介しています。

2. 20代前半の方におすすめのカード4選

この章では20代前半の方におすすめのカードを以下の評価基準に沿って紹介していきたいと思います。

  • 年会費:学生や新社会人の頃から、基本的に高い年会費を払う必要はありません。
  • ポイント還元率:年齢にかかわらず、ポイント還元率は高ければ高い方がお得です。
  • 将来性:クレジットカードには長年使い続けることで、年会費は高くてもステータスがあるゴールドカードの招待が来るものもあります。

2-1. 『リクルートカード』:飲み会の幹事などをする方におすすめ、1.2%のポイント高還元

リクルートカード』はすべての方におすすめできる欠点のないカードです。また、飲み会の幹事などをする方に特におすすめです。

年会費

5

年会費は永年無料です

ポイント還元率

4.9

基本的なポイント還元率は1.2%で高還元です

将来性

3.1

上位カードがありませんが、ステータスにこだわらない方はいつまでも使える一枚です

リクルートカード』は年会費が無料で、ポイント還元率が高い1.2%のカードです。

貯まるポイントがPontaというのもローソンなどで利用ができて非常にお得です。

また、飲食店の予約でホットペッパーグルメ、美容室にはホットペッパービューティ、旅行にはじゃらん、ネットショッピングはポンパレモールと実用性の高いサービスも充実しています。

保険も充実しており、海外旅行保険が旅行代金の一部をクレジットカードで決済をしなければいけませんが、最高2,000万円。傷害・疾病保険が100万円ずつついてきます。

『リクルートカード』公式ページ:

http://recruit-card.jp/

※リクルートカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2-2. 『楽天カード』:ネットショッピングをしたい方におすすめ、楽天でポイント超高還元

楽天カード』は楽天で買い物をする方に特におすすめです。7年連続で顧客満足調査1位のクレジットカードというのも安心できます。

年会費

5

年会費は永年無料です

ポイント還元率

4.0

基本的なポイント還元率は1.0%です

将来性

3.8

『楽天ゴールドカード』などの上位カードはありますがステータスが高いとは言えません

楽天カード』は年会費無料、どこで使ってもポイント還元率1%で楽天で4%のポイント還元を受けることができて非常にお得です。

付帯している保険も旅行代金の一部をクレジットカードで決済をしなければいけませんが、疾病・傷害治療:最高200万円付いているため海外でも役に立ちます。

また、街中の加盟店で利用することで2%のポイントが還元されます。

出典:楽天カード

『楽天カード』公式ページ:

http://card.rakuten.co.jp/rakuten_card

※楽天カードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2-3. 『三井住友VISAカード デビュープラス』:将来ゴールドカードが欲しい方におすすめ

三井住友VISAカード デビュープラス』は18歳から25歳までの方しか作ることができませんが、将来的にゴールドカードを欲しいと考えてる方におすすめです。

年会費

4

年会費は実質無料です

ポイント還元率

3.8

基本ポイント還元率は0.5%ですが、常にポイントが2倍になっているので実質1.0%です

将来性

5

『三井住友VISAプライムゴールドカード』や『三井住友VISAゴールドカード』へのステップアップが狙えます

三井住友VISAカード デビュープラス』は18歳〜25歳限定のカードです。年会費が初年度無料で次年度以降は1,250円(税抜)ですが年に一回の利用で次年度以降も年会費無料になるので実質無料と言えます。

主なデメリットは年会費が完全無料ではなく、海外旅行保険も付帯していないことです。

初めてクレジットカードを持つ方が『三井住友VISAカード デビュープラス』を持つことの主なメリットは26歳になった時にプライムゴールドカード、30歳になった時にゴールドカードに自動で切替えられることです。

確かにゴールドカードはサービスも充実していて、持っていればステータスの象徴にもなりますが、年会費が一般カードに比べて非常に高いです。

将来的にゴールドカードを持ちたい方は『三井住友VISAカード デビュープラス』を持つことをおすすめしますが、そうでない方は他のカードを選びましょう。

『三井住友VISAカード デビュープラス』公式ページ:

https://www.smbc-card.com/nyukai/card/debutplus_biz.jsp

※三井住友VISAカード デビュープラスの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2-4. 『エポスカード』:マルイでのショッピングが多い方におすすめ、街中での便利な優待が網羅された一枚

エポスカード』はマルイで買い物をする際に年4回の優待が受けられるのでマルイでのショッピンングが多い方におすすめです。

また、カラオケや映画館、サロン、遊園地、居酒屋など利用することが多い7,000以上の店舗で優待が受けられる嬉しいカードです。

年会費

5

年会費は永年無料です

ポイント還元率

3.4

基本ポイント還元率は0.5%で高いとは言えません

将来性

3.6

上位カードに『エポスゴールドカード』がありますがステータスが高いとか言えません

エポスカード』は年会費無料のカードです。ポイント還元率は0.5%ですが、海外旅行保険が自動付帯でついてきます。年会費無料のカードで海外旅行保険が自動付帯でついているカードは数えるほどしかないので非常にお得です。

『エポスカード』には20代の方に嬉しい以下のような優待が豊富にあります。

  • 年に4回、マルイで10%の優待期間があります。
  • 笑笑や魚民などのモンテローザ系列のお店や、ロイヤルホストでお得になります。
  • AshやEARTHなどの有名サロンでの利用で会計が10%OFFになります。
  • 全国の映画館で映画料金が500円お得になります。

『エポスカード』公式ページ:

https://www.eposcard.co.jp/index.html

※エポスカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3. 20代半ばの方におすすめのカード4選

この章では20代半ばの方におすすめのカードを以下の評価基準に沿って紹介していきたいと思います。

  • 年会費:年会費はかからない方がいいですが、見栄を張りたい方はある程度の年会費を払う必要があります。
  • ステータス:一般的なゴールドカードは年会費が高いので厳しくても、20代限定の年会費が安めでステータスもそこそこなゴールドカードを持つ方が多いです。
  • ポイント還元率:年齢にかかわらず、ポイント還元率は高ければ高い方がお得です。

3-1. 『三井住友VISAプライムゴールドカード』:20代のためのゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカード』は20代向けのゴールドカードです。満20歳以上30歳未満の方が作ることができ、満30歳になった後、最初のカード更新時よりゴールドカードにランクアップします。

年会費

3.7

初年度の年会費は無料ですが、翌年以降は年会費が5,000円(税抜)かかります

ステータス

4.2

20代で半ばで持つクレジットカードとしては申し分ないです

ポイント還元率

4.0

基本ポイント還元率は0.5%ですが、常にポイントが2倍になっているので実質1.0%です

三井住友VISAプライムゴールドカード』は初年度の年会費は無料ですが、翌年以降は年会費が5,000円(税抜)かかります。年会費に関してはショッピングの明細を郵送からWEB明細にして、支払い方法をマイペイスリボ(リボ払い)にすることで1,500円まで下げることができます。

全国28の空港でラウンジが無料で利用できるようになり、海外旅行保険も最高5,000万円、ショッピング保険も最高300万円まで補償してもらえるなどサービスも申し分ないです。

また、満30歳になった後、最初のカード更新時より『三井住友VISAゴールドカード』(年会費10,000円(税抜))にランクアップします。

『三井住友VISAプライムゴールドカード 』公式ページ:

https://www.smbc-card.com/nyukai/card/prime_goldcard.jsp

※三井住友VISAプライムゴールドカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3-2. 『JCB GOLD EXTAGE』:20代のためのゴールドカード

JCB GOLD EXTAGE』は20代向けのゴールドカードです。20歳以上29歳以下の方が作ることができ、JCB GOLD EXTAGEの初回更新時(5年後)、審査のうえ自動的にJCBゴールド(ORIGINAL SERIES)へ切り替えとなります。

年会費

3.9

初年度の年会費は無料ですが、翌年以降は年会費が3,000円(税抜)かかります

ステータス

4.2

20代で半ばで持つクレジットカードとしては申し分ないです

ポイント還元率

3.9

基本ポイント還元率は0.5%ですが、入会後3ヵ月間は1.5%、入会後4ヵ月目以降は0.75%になっています。

JCB GOLD EXTAGE』は初年度の年会費は無料ですが、翌年以降は年会費が3,000円(税抜)かかります。

国内の主要空港内に加え、ハワイ・ホノルル国際空港内の空港ラウンジが年中無休・無料で利用することができ、海外旅行保険も最高5,000万円、ショッピング保険も最高200万円まで補償してもらえるなどサービスも申し分ないです。

また、初回更新時(5年後)、審査のうえ自動的に『JCBゴールド(ORIGINAL SERIES)』(年会費10,000円(税抜))へ切り替えとなります。

『JCB GOLD EXTAGE』公式ページ:

http://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/goldextage.html

※JCB GOLD EXTAGEの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3-3. 『リクルートカード』:飲み会の幹事などをする方におすすめ、1.2%のポイント高還元

リクルートカード』は20代半ばの方にもおすすめできます。

どこで利用してもポイント還元率が1.2%でPontaポイントが貯まるのはやはり魅力です。しかし、クレジットカードにステータスを求める方にはおすすめできません。

年会費

5

年会費は永年無料です

ステータス

1

一般カードなのでステータスはありません

ポイント還元率

4.9

基本的なポイント還元率は1.2%で高還元です

リクルートカード』は年会費が無料で、ポイント還元率1.2%でPontaが貯まるカードです。

保険も充実しており、海外旅行保険が旅行代金の一部をクレジットカードで決済をしなければいけませんが、最高2,000万円。傷害・疾病保険が100万円ずつついてきます。

『リクルートカード』公式ページ:

http://recruit-card.jp/

※リクルートカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3-4. 『楽天カード』:ネットショッピングをしたい方におすすめ、楽天でポイント超高還元

楽天カード』は20代半ばの方にもおすすめできます。やはり、7年連続で顧客満足調査1位のクレジットカードというのは安心できます。

年会費

5

年会費は永年無料です

ステータス

1

一般カードなのでステータスはありません

ポイント還元率

4

基本的なポイント還元率は1.0%です

楽天カード』は年会費無料、どこで使ってもポイント還元率1%で楽天で4%のポイント還元を受けることができて非常にお得です。

付帯している保険も旅行代金の一部をクレジットカードで決済をしなければいけませんが、疾病・傷害治療:最高200万円付いているため海外でも役に立ちます。

『楽天カード』公式ページ:

http://card.rakuten.co.jp/rakuten_card

※楽天カードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

4. 20代後半の方におすすめのカード4選

この章では20代後半の方におすすめのカードを以下の評価基準に沿って紹介していきたいと思います。

  • ステータス:誰が見ても恥ずかしくないゴールドカードを持ちたい方が増えます。
  • 作りやすさ:いくら欲しいカードがあっても入会基準を満たしていなければ持つことはできません。
  • 年会費:ステータスの高いカードを持つにはある程度の年会費は覚悟しなければいけません。

4-1. 『三井住友VISAゴールドカード』:誰から見ても恥ずかしくないステータスカード

三井住友VISAゴールドカード』はステータスが高く、誰に見られても恥ずかしくないカードです。また、ワンランク上の『『三井住友VISAプラチナカード』を目指すこともできます。

ステータス

4.7

ステータスが高く、誰に見られても恥ずかしくないカードです

作りやすさ

3.3

ステータスも高いので作るのはそれなりに難しいです

年会費

3.4

初年度の年会費はインターネットから申し込むことで無料ですが、翌年以降は年会費が10,000円(税抜)かかります

三井住友VISAゴールドカード』は初年度の年会費はインターネットから申し込むことで無料ですが、翌年以降は年会費が10,000円(税抜)かかります。

年会費に関してはショッピングの明細を郵送からWEB明細にして、支払い方法をマイペイスリボ(リボ払い)にすることで4,000円まで下げることができ、ある意味最強のゴールドカードと言えます。

全国28の空港でラウンジが無料で利用できるようになり、海外旅行保険も最高5,000万円、ショッピング保険も最高300万円まで補償してもらえるなどサービスも申し分ないです。

『三井住友VISAゴールドカード 』公式ページ:

https://www.smbc-card.com/nyukai/card/goldcard.jsp

※三井住友VISAゴールドカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

4-2. 『JCBゴールド』:誰から見ても恥ずかしくないステータスカード

JCBゴールド』はステータスが高く、誰に見られても恥ずかしくないカードです。また、ワンランク上の『『JCBゴールド ザ・プレミア』やそのさらに上の『JCBザ・クラス』を目指すこともできます。

ステータス

4.7

ステータスが高く、誰に見られても恥ずかしくないカードです

作りやすさ

3.3

ステータスも高いので作るのはそれなりに難しいです

年会費

3.4

インターネットから申し込むことで初年度の年会費は無料ですが、翌年以降は年会費が10,000円(税抜)かかります

JCBゴールド』はインターネットから申し込むことで初年度の年会費は無料ですが、翌年以降は年会費が10,000円(税抜)かかります。

国内の主要空港内に加え、ハワイ・ホノルル国際空港内の空港ラウンジが年中無休・無料で利用することができ、海外旅行保険も最高1億円、ショッピング保険も最高500万円まで補償してもらえ、さらに国内・海外航空機遅延保険も付いてきます。

また、グルメ優待やゴルフ、人間ドックなどといった。ゴールドカードならではのサービスも受けられます。

『JCBゴールド』公式ページ:

http://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/gold.html

※JCBゴールドの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

4-3. 『アメリカン・エキスプレス・カード』:ステータスの象徴、世界基準のステータスカード

アメリカン・エキスプレス・カード』はビルゲイツなどの世界的な大富豪も利用していることで知られる、最上級のステータスカードです。一般カードでも他のゴールドカード並みのステータスを誇ります。

ステータス

5

ステータスの象徴、世界基準のステータスカードです

作りやすさ

3.5

ステータスの割にそこまで難しくはありません

年会費

3.1

年会費が12,000円(税抜)かかります

アメリカン・エキスプレス・カード』は年会費が12,000円(税抜)かかります。

世界的なステータスの高さも魅力的ですが、サービスの豊富さも非常に魅力的です。海外旅行保険が最高5,000万円、ショッピング保険も最高300万円まで補償してもらます。

他にもリターン・プロテクション(アメックスが返品を引き取ってくれる)、豊富なマイル移行先、往復の空港手荷物無料宅配、無料ポーター(空港内で専任スタッフが荷物を運んでくれる)、エアポート送迎、空港クロークなどがあります。

『アメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/content/green-card/

※アメリカン・エキスプレス・カードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

4-4. 『楽天ゴールドカード』年会費2,160円のゴールドカード

楽天ゴールドカード』はゴールドカードではあるもののステータスをあまり実感することはできないかもしれません。しかし、『楽天カード』よりもさらにポイント還元がお得になっています。

ステータス

4.2

ゴールドカードではあるもののステータスをあまり実感することはできないかもしれません

作りやすさ

3.8

そこまで難しくはありません

年会費

4.2

年会費が2,160円(税抜)かかります

楽天ゴールドカード』は年会費が2,160円(税抜)かかります。基本的な還元率は1%です。

楽天市場でのお買い物はいつでもポイント還元率が5%になります。『楽天カード』はポイント還元率が4%なので、年に楽天で20万円近く買い物をする方にとっては年会費を払ってでも申し込む価値があります。

また、国内主要空港、ハワイ・ホノルル国際空港、韓国・仁川国際空港ラウンジを無料で利用できるなどゴールドカードならではの特典もあります。

『楽天ゴールドカード』公式ページ:

https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-gold-card/

※楽天ゴールドカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

5. クレジットカードを持った際の注意点

20代の方でクレジットカードを持った際の失敗談として、自分の返済能力以上に使ってしまうということがよくあります。

そういったことで、この先の人生をめちゃくちゃにしないように以下の2つのポイントを守りましょう。

5-1. リボ払いやキャッシングは極力利用しないこと!

キャッシングやリボ払いはお金に困っている時など非常に便利です。

しかし、キャッシングやリボ払いには金利が発生します。少額ならば問題ありませんが大きい金額になると毎月返済をしていても、利息分の返済にほとんど充当されてしまい、元金が全く返済できてない方が数多くいます。

キャッシングやリボ払いをした際はできるだけ早く返すように心がけましょう。

5-2. 返済に困ったら使うのをやめること!

限度額いっぱいまで使ってしまい、返済に困った場合はそれ以上カードを利用しないように心がけ、少額でもいいので返済していくように心がけましょう。

もし、近くに親など頼れる方がいるならば思い切って頼ってみるのも手です。

とにかく、返済を遅らせてあなたの利用実績(クレジットヒストリー)に傷をつけないように気をつけましょう。

6. まとめ

以上が20代におすすめのクレジットカードを紹介して来ましたがいかがでしたか。

発行されているクレジットカードは9,000枚以上もあり、自分に合ってないクレジットカードはを持っていてもクレジットカードのメリットを感じることはできません。

そのため、世代別に以下のカードを使いましょう。

20代前半の方におすすめのカード:

20代半ばの方におすすめのカード:

20代後半の方におすすめのカード:

以上を参考に、自分の年齢やライフスタイルに合わせてあなたに合ったクレジットカードを作りましょう。

あなたが最高の一枚を作れることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket