プロが教える大学生のクレジットカードの選び方とおすすめ5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「大学生だけど、どのクレジットカードを作るのが一番いいんだろう」「そもそも大学生はカードが作れるのか」などと考えていませんか?

大学や専門学校に通ってる方ならばクレジットカードを持っている方は数多くいますし、クレジットカードを持っていた方が断然お得です。

しかし、クレジットカードの選び方を失敗すると、「あっちのカードにしておけば」と将来後悔します。

この記事では学生時代から複数のカードを使い、卒業後も大手カード会社3社で勤務した経験のある私が以下の流れで大学生が本当に持つべきカードについて説明したいと思います。

  1. 大学生がクレジットカードを持つべき6つの理由
  2. 大学生がにおすすめのクレジットカード5選
  3. クレジットカードを申し込む前に知っておきたい7つのこと

また、クレジットカードを初めて申し込む場合に知っておきたいことも書いてあるので、大学生にどのカードがおすすめなのかだけを知りたい方は2章だけを読みましょう。

本ページを読んでいただければ、大学生のあなたが本当に持つべきカードがわかるでしょう。

1. 学生がクレジットカードを持つべき6つの理由

この章では学生がクレジットカードを持つことのメリットについて説明したいと思います。

プロの目から見ても間違いなく、学生のうちからクレジットカードは作っておくべきです。

学生がクレジットカードを持つことのメリットは以下のように6つあります。

  • 審査が通りやすい
  • 学生は優遇される
  • カードを利用するとポイントとして還元される
  • ネット上で便利
  • 卒業旅行などで便利
  • クレジットヒストリーを積み上げられる

1-1. 審査に通りやすい

クレジットカードを作る際には必ず審査があり、その審査で学生は不利だと思ってる方がいますが、そんなことはありません。

高校生は作ることができませんが、大学生は非常にカードが作りやすいと言えます。

カードが作りやすいのはクレジットカード会社が以下のように考えているからです。

  • 学生は将来の優良顧客
  • 学生にお金を貸しても安心

学生は将来の優良顧客

学生の頃に使っていたカードを社会人に待っても使い続ける方は多いです。学生のうちは安定した収入がなくても、学校を卒業すれば立派な社会人です。

そのため、クレジットカード会社としては学生にはクレジットカードを持ってもらいたいと考えていますし、そのために学生が持つとお得なメリットを用意しています。

学生にお金を貸しても安心

クレジットカード会社は学生にお金を貸してもきちんと返ってくると考えています。

カードには利用限度額というものがあり、元々、学生がクレジットカードを持った際の利用限度額(使える額)は5万円〜20万円程までなのでそんなに大きい額を使えるわけではありません。

しかし、それでも返ってこなかった場合、学生には子供を大学や専門学校に通わせられるほど経済的余裕がある親がいるので安心だと考えています。

普通にクレジットカードを使っていれば、基本的にカード会社から保護者に連絡が行くことはまずないので安心してください

しかし、通常クレジットカードで利用した分のお金は翌月の定められた日に返すことが多いのですが、それを何ヶ月も返さないでいると保護者に連絡が入ってしまう可能性があるので返済には気をつけましょう。

1-2. 学生は優遇される

学生専用のクレジットカードというものがあり、それらのカードは同じ会社のクレジットカードの中でも条件が優れているものが多いです。

また、年会費が学生の間は無料といったカードもあります。

どこの会社も1人でも多くの学生に自社のクレジットカードを持って欲しいと考えているので、クレジットカードの条件で学生は優遇されることが多いです。

1-3. カードを利用するとポイントとして還元される

クレジットカードには「ポイント還元」というシステムを持つカードが多いです。

ポイント還元とは利用した分の金額のうち、数%がポイントとして返ってくるシステムです。クレジットカードのポイントは0.5%〜1%であることが多いです。

通常、たまったポイントは商品と交換したり、Amazonギフト券などの金券と交換することができます。

例えばポイント還元率1%のカードで携帯電話の利用料金や家賃、電気代、ガス代などをカードで支払っていれば年間100万円近くをカード利用することになり、1万円分のポイントがもらえます。

1-4. ネット上で便利

今では多くの方がスマホを持っており、ネット環境がない方は少ないと思います。

クレジットカードを使わなければ決済できなかったり、ネットで買い物をする際にクレジットカードで支払った方がお得なことが多いです。

Amazonでもお得

例えば、Amazon.comで買い物をした場合、代引きにすると手数料がかかり、コンビニ決済にするとコンビニまで行くのに手間がかかりますが、クレジットカードで決済するとその場ですぐに30秒ほどで買い物が完了します。

Amazonでそんなに買い物をしないと思っている方もいるとは思いますが、実は大学生こそAmazonを利用すべきです。なぜなら、Amazonでは以下のような定価2,484円の教科書や参考書が中古品だと1,091円でお得に買えます。

出典:Amazon.com

授業で教授にいきなりレポートの提出を求められて、参考図書を買わなければいけなくなり、予想外の出費を強いられることは大学生ならよくある話です。

金欠なのに急に言われて困ることや、古本屋に探しに入っても見つからないことが多いはずです。しかし、Amazonは安く、簡単に参考書を見つけて買うことができます。さらに使い終わった参考書を出品しておけば、来年同じ授業を取った方が買うかもしれません。

そのため、ネット上で決済を簡単に済ませることができるクレジットカードは大学生の強い味方です。

1-5. 海外旅行で便利

クレジットカードを持っていると以下の2点で海外旅行に便利です。

  • クレジットカードには保険が付帯しているものがある
  • クレジットカードは海外での買い物に便利

卒業旅行などで海外に行く学生の方も多いとお思いますので、1枚は持っておきたいです。

クレジットカードには海外旅行保険が付帯しているものもある

クレジットカードには海外旅行保険が付帯していて海外旅行で便利なものがあります。

海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを持っていると、海外で死亡・後遺症が残るような障害を負った際や、病気や怪我で病院に行った際などに保険が使えます。

クレジットカードの保険にはいかの2種類があります。

  • 自動付帯:持っているだけで保険を利用できるもの
  • 利用付帯:飛行機、電車、バス、ホテルなどの旅行にかかった料金をカードで支払うことで保険を利用できるもの

カードによって付帯している保険の条件は様々ですが、一般的に最大100万円〜200万円を補償してくれる疾病・障害の保険はかなり重要です。

日本で病院に行ったとしても高額の治療費を請求されることはほとんどありませんが、海外では病院に行って治療を受けるとかなり高額の請求をされます。

以下に海外で盲腸になった際の治療費の一例を載せておきます。

都市 総費用(円) 入院日数
ホノルル 2,560,000円 2日
ロサンゼルス 1,624,400円~2,165,800円 2日
ロンドン 1,302,800~1,737,100 円 2〜3日
上海 112,500円 7日

出典:一般社団法人 日本損害保険協会

このように海外で治療を受けると高額の請求を受けます。そのため、海外旅行に行く際に海外旅行保険が充実したクレジットカードを持っていると非常に安心できます。

クレジットカードは海外での買い物に便利

海外に行く前に現地通貨を空港などで調達してから行く方が多いと思います。旅行に行った際など、現地では予想外の出費に悩まされたという声はよく聞きます。

そんな時にクレジットカードがあれば非常に便利です。国際ブランドがVISAかMAster Cardのクレジットカードは世界中どこでも使えることが多いです。

以下のマークがあるお店ならば、海外のお店でも日本と同じようにVISAかMAster Cardのクレジットカードを利用することができます。

1-6. クレジットカードヒステリーを積み上げられる

クレジットカードの業界には利用実績(クレジットヒストリー)というものがあります。長年きちんと利用している顧客を優遇する考え方です。

学生のときから使っていれば、最大4年間は利用実績が積めます。返済の遅滞などすることなく、優秀なクレジットヒストリーがあれば新卒の社会人のときから、ゴールドカードを持つことも可能です。

逆に決められた期日での返済を守れないことが多かったり、あまりにも酷かったりすれば数年間新しいカードを発行できなくなるので気をつけましょう。

2. 大学生がにおすすめのクレジットカード5選

この章では学生が申し込むのにおすすめなカードを5つの視点に従って紹介します。

プロの目から見ても以下の5つの視点に従って選べば問題ありません。

⑴年会費が完全に無料かどうか クレジットカードには初年度は年会費がかからなくとも次年度以降は年会費がかかったり、条件付きで年会費が免除されるものがあります。
⑵還元率が常時1%以上かどうか クレジットカードにはポイント還元というものがあり、基本的なポイント還元率が1%以上ならば高還元と言えます。
⑶きちんとした旅行保険やセキュリティがあるかどうか クレジットカードには旅行保険がついているものとついていないものがあり、条件などもカードによって様々です。
⑷大学生が持つメリットがあるかどうか クレジットカードには学生にうちに作るメリットがあるものもあります。
⑸普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか クレジットカードには特定のお店で使うことで特典やサービスを受けられるものがあります。

この章では大学生が最も持つべきと考えられる5枚のカードを紹介します。この中から自分に合うと思ったカードを選べば、クレジットカード選びで間違うことはまずありません。

  1. 『三井住友VISAカード デビュープラス』:将来ゴールドカードが欲しい方におすすめ
  2. 『楽天カード』:ネットショッピングをしたい方におすすめ
  3. 『リクルートカード』:飲み会の幹事などをする大学生におすすめ
  4. 『学生専用ライフカード』:海外旅行をする大学生におすすめ
  5. 『エポスカード』:マルイでのショッピングが多い方におすすめ

2-1. 『三井住友VISAカード デビュープラス』将来ゴールドカードが欲しい方におすすめ

三井住友VISAカード デビュープラス』は多くの方から大学生が持つべきカードとして最も評価されているカードで、将来的にゴールドカードを欲しいと考えてる方に特にオススメです。

年会費が完全に無料かどうか 初年度年会費無料です。

次年度以降は1,250円(税抜)かかります。(年に一回の利用で年会費無料になります。)

還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して1%のポイントが付与されます。

また、入会して最初の3ヶ月間はポイントが2.5%たまります。

きちんとした旅行保険があるかどうか × 旅行に関する付帯保険はありません。
大学生が持つメリットがあるかどうか 26歳になった時にプライムゴールドカード、30歳になった時にゴールドカードに自動で切替えられます。
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか 「ココイコ」と言うサービスの利用で東急ハンズなどでポイントが多くもらえます。

三井住友VISAカード デビュープラス』は18歳〜25歳限定のカードです。年会費が初年度無料で次年度以降は1,250円(税抜)です。しかし年に一回の利用で次年度以降も年会費無料になるので実質無料と言えます。

Apple Payに対応し、ココイコ!という会員サービスで「カラ鉄」「USJ」など大学生に嬉しいスポットでポイントが何倍にもなります。

また、大学生が『三井住友VISAカード デビュープラス』を持つことの最大のメリットは26歳になった時にプライムゴールドカード、30歳になった時にゴールドカードに自動で切替えられることです。

そのため、将来的にゴールドカードを持ちたい方は『三井住友VISAカード デビュープラス』を持つことを強くおすすめします。

『三井住友VISAカード デビュープラス』公式ページ:

https://www.smbc-card.com/nyukai/card/debutplus_biz.jsp

※三井住友VISAカード デビュープラスの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2-2. 『楽天カード』ネットショッピングをする方におすすめ

楽天カード』は楽天で買い物をする方に特におすすめです。大学生にとってネットショピングは教科書や参考書を探す際など非常に便利です。

楽天カードは7年連続で顧客満足調査1位のクレジットカードで私も学生時代に戻れれば一番利用したいカードです。

年会費が完全に無料かどうか ずっと持ち続けても年会費が発生することはありません。
還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して1%のポイントが付与されます。
きちんとした旅行保険があるかどうか 付帯保険は利用付帯で条件は以下の通りです。

  • 死亡後遺障害:最高2,000万円
  • 疾病・傷害治療:最高200万円
  • 国内旅行保険なし
大学生が持つメリットがあるかどうか 学生だからお得といったメリットは特にありません。
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか 楽天で4%、サークルKサンクスなどの加盟店で2%のポイント還元です。

楽天カード』には大学生だからお得に使えるといったメリットは特にありませんが、逆に言えば大学を卒業しても使い続けられるカードと言えます。

例えば、楽天での買い物が非常にお得で楽天で使うと4%のポイントが還元されます。

出典:楽天カード

また、街中の加盟店で利用することで2%のポイントが還元されます。

出典:楽天カード

『楽天カード』公式ページ:

http://card.rakuten.co.jp/rakuten_card

※楽天カードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2-3. 『リクルートカード』飲み会の幹事などをする大学生におすすめ

リクルートカード』は大学生だけでなく、すべての方におすすめできるカードです。

『リクルートカード』はどこで利用してもポイント還元率が1.2%でPontaポイントが貯まるのが魅力です。さらに、「ホットペッパーグルメ」のサービスではのネット予約・来店で予約人数×50ポイントが貯まります。

年会費が完全に無料かどうか ずっと持ち続けても年会費が発生することはありません。
還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して1.2%のポイントが付与されます。
きちんとした旅行保険があるかどうか 付帯保険は利用付帯で条件は以下の通りです。

  • 死亡後遺障害:最高2,000万円
  • 疾病・傷害治療:最高100万円
  • 国内旅行保険:最高1,000万円
大学生が持つメリットがあるかどうか 学生だからお得といったメリットは特にありません。
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティ、じゃらん、ポンパレモールでお得です。

リクルートカード』はずっと年会費が無料で使えます。大学生だから優遇されるサービスはありませんが、逆に言えば、いつまでも使い続けることのできるカードと言えます。

また、『リクルートカード』は飲食店の予約でホットペッパーグルメ、美容室にはホットペッパービューティ、旅行にはじゃらん、ネットショッピングはポンパレモールと学生が利用する機会の多いサービスも充実しています。

また、あなたが飲み会の幹事などを引き受けることが多いならば、『リクルートカード』のホットペッパーグルメはは非常にお得です。

あらかじめ、「ホットペッパーお食事券」を買っておけばポイント還元率が3.2%になります。

さらに、あなたがん未開の幹事などをするならば『リクルートカード』のネット予約・来店で予約人数×50ポイントが貯まります。

例えば、大学のサークルやゼミの飲み会の際に20人で予約すれば、1,000円相当のポイントが一気にたまります。

このように飲み会などの幹事をする方がうまく使えば一気にポイントがたまります。

『リクルートカード』公式ページ:

http://recruit-card.jp/

※リクルートカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2-4. 『学生専用ライフカード』海外旅行をする大学生におすすめ

学生専用ライフカード』は海外旅行をする大学生におすすめです。

海外旅行保険は自動付帯で傷害保険までついてきますし、海外でショッピングをした場合利用代金の5%がキャッシュバックされます。

年会費が完全に無料かどうか ずっと持ち続けても年会費が発生することはありません。
還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して0.5%のポイントが付与されます。
きちんとした旅行保険があるかどうか 付帯保険は自動付帯で条件は以下の通りです。

  • 死亡後遺障害:最高2,000万円
  • 疾病・傷害治療:最高100万円
  • 国内旅行保険:最高1,000万円
大学生が持つメリットがあるかどうか 大学生が持つメリットは主に以下の3つです。

  • 海外でのショッピングに対して5%のキャッシュバック
  • 海外旅行傷害保険が最高2,000万円自動付帯でつくこと
  • 毎月の携帯料金をカード決済にすれば、毎月10人に1人の割合でAmazonギフト券500円分が当たる
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか サンルートホテルなどの提携ホテルで10%割引、富士急ハイランドなどで大人400円割引になります。

学生専用ライフカード』は年会費がずっと無料のカードで、海外旅行で非常に役立ちます。

例えば、海外で買い物をした際の利用代金の5%分が3ヶ月後に登録口座に振り込まれたり、海外で旅行傷害保険も最大2,000万円が自動でつくので非常にお得です。

『学生専用ライフカード』を持っていれば、初めての海外旅行でも安心して行けると言えます。

『学生専用ライフカード』公式ページ:

http://www.lifecard.co.jp/card/credit/std/

※学生専用ライフカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2-5. 『エポスカード』マルイでのショッピングが多い方におすすめ

エポスカード』はマルイで買い物をする際に年4回の優待が受けられるのでマルイでのショッピンングが多い方におすすめです。

また、カラオケや映画館、サロン、遊園地、居酒屋など大学生が利用することが多い7,000以上の店舗で優待が受けられる嬉しいカードです。

年会費が完全に無料かどうか ずっと持ち続けても年会費が発生することはありません。
還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して0.5%のポイントが付与されます。
きちんとした旅行保険があるかどうか 海外旅行保険は自動付帯で条件は以下の通りです。

  • 死亡後遺障害:最高500万円
  • 傷害保険:最高200万円
  • 疾病保険:最高270万円
大学生が持つメリットがあるかどうか 大学生限定のメリット特にありません。
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか カラオケや映画館、サロン、遊園地、居酒屋など大学生が利用することが多い7,000以上の店舗で優待が受けられます。

エポスカード』は年会費無料のカードです。ポイント還元率は0.5%ですが、海外旅行保険が自動付帯でついてきます。年会費無料のカードで海外旅行保険がついているカードは数えるほどしかないので非常にお得です。

また大学生にとって以下のように非常に便利な優待が豊富にあります。

  • 年に4回、マルイで10%の優待期間があります。
  • カラオケでの利用で室料が30%OFFになります。また、SHIDAXで利用するとポイントが普段の 5倍の2.5%もらえます。
  • 笑笑や魚民などのモンテローザ系列のお店や、ロイヤルホストでお得になります。
  • AshやEARTHなどの有名サロンでの利用で会計が10%OFFになります。
  • 東京ドームシティや富士急ハイランドの入園料が割引になります。
  • 全国の映画館で映画料金が500円お得になります。

『エポスカード』公式ページ

https://www.eposcard.co.jp/index.html

※エポスカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3. クレジットカードを申し込む前に知っておきたい7つのこと

この章ではどのクレジットカードを申し込むか決めたあなたがクレジットカードを申し込む前に知っておきたいことをよくある質問を以下の7つ挙げて説明していきます。

  1. クレジットカードを申し込む前に用意するものってなに?
  2. 学生はクレジットカードを申し込むのに親の同意は必要なの?
  3. どの国際ブランドを選んだらいいの?
  4. クレジットカードはどれくらいで届くの?
  5. 利用限度額ってどのくらい?
  6. 一度に複数のカードを申込んでもいいの?
  7. 支払ってどうしたらいいの?

この章を読んでいただければ、クレジットカードを申し込む際に困ることはないでしょう。

3-1. クレジットカードを申し込む前に用意するものってなに?

クレジットカードの申し込みには、以下の3つのものを用意しておきましょう。

  1. 自分名義の銀行口座、またはゆうちょ口座
  2. 銀行印
  3. 身分証明書(健康保険証や運転免許証など)

自分名義の銀行口座、ゆうちょ口座、銀行印はカードの利用代金を毎月自動引き落としにするために必要です。

身分証明書は、コピーを取って入会申込書と一緒に郵送したり、インターネットでの申し込み時には写真を撮ってメールで送信したり、データの形でアップロードします。

3-2. 学生はクレジットカードを申し込むのに親の同意は必要なの?

学生がクレジットカードを申し込む際に、20歳以下の未成年の方は親の同意が必要になります。

20歳以上であっても、学生カードの場合は親の同意が必要になる場合もあるので注意しましょう。

基本的に返済をきちんと行なっていれば、その後親に連絡が行くことはまずないです。しかし、長期間にわたって返済を遅らせていると催促の通知書などが行くので気をつけましょう。

3-3. どの国際ブランドを選んだらいいの?

カードにはVISA、Master Card、 JCBなどの国際ブランドというものがあります。クレジットカードを使うためにはお店側がこれらのクレジットカードと提携をしている必要があります。

つまり、提携しているお店が多いカードほどカードを利用するのに困らないと言えます。

VISA

契約しているお店数が最も多いです。クレジットカードが使えるならば、世界中ほぼどこでも使えると言えます。

Apple Payを利用したい方にはあまりおすすめできませんが、そうでない方はVISAのカードを作ることをおすすめします。

Master Card

VISAに次いで契約店舗数が多いのがMaster Cardです。VISAが使えてMaster Cardが使えないということはほとんどありません。

さらにApple Pay対応カードでも不便なく利用できるのでApple Payも利用したい方はMaster Cardを作ることをおすすめします。

JCB

JCBは日本国内で最も契約店舗数が多いです。しかし、海外ではアジア圏内以外では契約店舗数が少ないので不便さを感じるかもしれません。

海外旅行をせず、日本国内のみでの利用という方にはおすすめです。

3-4. クレジットカードはどれくらいで届くの?

クレジットカードは申し込んで 1週間〜2週間で届きます。

『エポスカード』など百貨店系のカードはネットや店舗で申し込んで、審査が通っていれば必要書類を持って店舗で即日発行できる場合もあります。

ただ、店舗で発行するクレジットカードの場合、ネットで申し込んだ方がキャンペーンなどがお得な場合があるので注意が必要です。

3-5. 利用限度額ってどのくらい?

クレジットカードには利用限度額があります。通常の場合、学生の持つクレジットカードは5万円〜20万円が限度額です。

家電やパソコンなど、大きな買い物をしなければならない時はクレジットカード会社に相談すれば一時的に限度額を上げてくれる場合があります。

3-6. 一度に複数のカードを申込んでもいいの?

審査まで時間かかるから何社か申し込んで審査が早く終わったクレジットカードを申し込もうと考える方は多いです。

しかし、これはクレジットカードを作るときに絶対にやってはいけないことなのです。

なぜかというと、一度に複数のクレジットカードを申し込むとその情報は信用情報機関に登録され、クレジットカード会社はそれを元に審査をします。この時、クレジットカード会社は以下のように考えます。

  • 入会キャンペーンのポイント目的の申込者かもしれない
  • お金に困っていて返済能力がない人かもしれない

以上の理由から一度に複数枚のクレジットカードを申し込むことは新しくクレジットカードを作るのに不利になってしまいます。

3-7. 支払ってどうしたらいいの?

クレジットカードの支払い方はいくつかあります。クレジットカードで決済しようとすると大抵の場合、「何回払いにしますか?」と聞かれると思います。

この時、カードの使い方にあまり自信がないのであれば、「一回払い(一括払い)」と答えるのが無難です。一回払いであれば金利手数料がかからないからです。

クレジットカードの使い方に慣れてきたら、その時の状況にあった決済方法を選択してもいいかもしれません。一応、下記にクレジットカードの決済方法をまとめておくので参考にしてみてください。

一回払い(一括払い)

今月した買い物の支払いを翌月の指定日に返済してしまう方法です。非常に簡単な決済方法なのでほとんどの方がこの支払い方法を使います。また、金利手数料はかかりません。

また、大手コンビニ店などではこの支払い方法しか対応してないために何も聞かれず、自動的にこの支払い方法になっています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-17-19-38

二回払い

実はクレジットカードの返済方法は2回まで金利手数料がかからないのです。今月した買い物を翌月、翌々月の指定日に分けて返済する方法です。また、金利手数料はかかりません。

ただ、この支払い方法はすべてのお店で対応しているわけではないので注意が必要です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-17-14-32

分割払い

一般的に3回から24回までの支払い方法を分割払いと言います。3回以上の支払い方法には金利手数料がかかってきます。

そのため、実際の購入金額よりも支払額は増えることになります。分割の回数はカードによって異なりますが、一般的には3回、6回、10回、12回、24回です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-07-20-05-09

リボ払い

この支払い方法は買い付けた商品の分割分を払うのではなく、毎月支払う金額を決めて支払う方法のことです。

例えば、1万円の買い物をしても10万円の買い物をしても支払いの設定金額が5000円であれば毎月の支払い金額は5000円でいいのです。金利手数料はかかります。

一見、非常に便利な支払い方法ですが、このリボ払いというものは金利手数料がかかるので、注意が必要です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-07-20-05-17少額の返済だと毎月きちんと返済しているにもかかわらず、返済金額から利息分が引かれてしまい、元金として充当される額が少なくなってしまい、なかなか返済が終わりません。

そのため、本当にお金に困っている時以外はリボ払いを使うことは避け、リボ払いを使った場合は返済金額を多めにしましょう。

4. まとめ

以上が大学生におすすめのクレジットカードと申し込む前に知っておきたいことを紹介して来ましたがいかがでしたか。

大学生はクレジットカードを持っていた方が断然お得です。しかし、どのクレジットカードを選ぶかであなたが本当に有効活用できるかは変わって来ます。

以下に今回紹介したクレジットカードを再度載せておきます。

  1. 三井住友VISAカード デビュープラス』:将来ゴールドカードが欲しい方におすすめ
  2. 楽天カード』:ネットショッピングをしたい方におすすめ、楽天でポイント超高還元
  3. リクルートカード』:飲み会の幹事などをする大学生におすすめ、1.2%のポイント高還元
  4. 学生専用ライフカード』:海外旅行をする大学生におすすめ、保険やキャッシュバック、現地通貨調達が充実
  5. エポスカード』:たまったポイントを現金として受け取りたい方におすすめ、自動キャッシュバック機能付き

学生のあなたが最高のクレジットカード出会えることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket