9千枚から厳選!2018年クレジットカードランキング10部門

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「クレジットカードを作りたいけれどもおすすめランキングとかってあるの?」と考えていませんか。

しかし、クレジットカードは一般カードで8,000枚以上、ゴールドカードで600枚以上あり、全部で9,000枚近くあります。万人に共通しておすすすめできるクレジットカードはなく、あなたの性別、職業、生活環境などに応じておすすめできるクレジットカードは変わります。

そこで、この記事では大手カード会社に3社勤務した私がその経験を生かして、9,000枚のクレジットカードの中からあなたにおすすめできるカードをパターン別にランキング形式にして以下の流れで紹介していきたいと思います。

  1. 3部門の一般カードランキング
  2. 4部門のゴールドカードランキング
  3. 3パターンの人物別クレジットカードランキング

この記事を読むことであなたに合ったおすすめのクレジットカードが必ず見つかります。

1. 3部門の一般カードランキング

現在発行されているクレジットカードは9,000枚あり、中でもゴールドカードなどを除く一般カードは8,000枚近くあります。

この章ではクレジットカードのプロである私が一般カード8,000枚を全て確認し、その中からクレジットカードで重要な以下の3つの部門ごとにランキングを紹介していきたいと思います。

  • ポイント還元率
  • 海外旅行保険のお得度
  • 審査の柔軟さ

以下ではこの項目について紹介します。

1-1. 一般カードの比較で重要な3項目

この章で一般カードを比較していく上で重要な3つの項目について詳しく紹介します。

ポイント還元率

通常、多くの一般カードの還元率は0.5%〜 1.0%程度ですが中にはそれ以上の高い還元率を持つクレジットカードが存在し、非常にお得です。

例えば、年間100万円の買い物をした際に以下のようになります。

  • 0.5%の還元率:5,000ポイント
  • 1.0%の還元率:10,000ポイント
  • 1.5%の還元率:15,000ポイント

ポイントが高還元であればあるほど、カードを使うお得感を実感できるはずです。

海外旅行保険

一般カードで国内旅行保険が付帯しているカードは数える程しかありません。海外旅行保険が付帯しているものは以下のような補償をしてくれます。

傷害死亡・後遺障害 事故による死亡や後遺障害について補償
傷害治療費用 旅行中のケガや病気の治療代を補償
疾病治療費用 旅行中のケガや病気の治療代を補償
賠償責任(免責なし) 相手にケガを負わせたり万一死亡させてしまった
時の賠償責任額を補償
救援者費用 デジカメなど携行品の盗難や破損を補償
携行品損害(免責3,000円) 旅行先に家族が渡航する旅費や捜索費を補償
カードに付帯している旅行保険での注意事項

クレジットカードの保険条件にはよく「最大5,000万円補償」などと記載されていることが多いですが、この補償内容というのはあくまで事故による死亡や後遺障害についての補償であることが多いです。

また、傷害・疾病治療費は保険の対象外になっていることが多いのですが、実際に旅行をした際に最も重要な保険は傷害・疾病保険です。

特に海外旅行保険では以下のように非常に高額の治療費がかかるので、それらが付帯していないカードは意味がありません。

都市 総費用(円) 入院日数
ホノルル 2,560,000円 2日
ロサンゼルス 1,624,400円~2,165,800円 2日
ロンドン 1,302,800~1,737,100 円 2〜3日
シンガポール 154,800~773,800円 1~2日

出典:一般社団法人 日本損害保険協会

そのため、旅行保険目的でクレジットカードを持つのであれば、きちんと傷害・疾病保険の付帯したカードを選びましょう。

付帯条件にも注意

クレジットカードの保険には付帯条件と呼ばれるものがあります。

主に以下のような付帯条件があり、それぞれカードによって異なります。

  • 自動付帯:そのカードを持っているだけで補償が受けられる
  • 利用付帯:そのカードで旅行代金や旅行中の移動費を払うことで補償が受けられる

上記のように持っているだけでは補償を受けられないカードもあるのでカードを作る際は保険の付帯条件もきちんと確認するようにしましょう。

作りやすさ

クレジットカードの種類によって、審査に通ったという声をよく聞くカードと、そうでないカードに分かれます。

クレジットカードの種類は大きく分けると以下の5種類になります。

この種類を見極めることこそが作りやすいカードを見極めるポイントです。

種類 特徴
国際系 JCBカードなど JCBなどの国際ブランドが直接発行するクレジットカードです。
銀行系 三井住友VISAカードなど 銀行が発行するクレジットカードです。
信販系 JACCSカードなど クレジットカード、ローン、割賦販売、賃貸住宅の保証人など、販売信用を主に行っている会社が発行するクレジットカードです。
流通系 エポスカードなど スーパーやデパートなどが発行するクレジットカードです。
消費者金融系 ACマスターカード 消費者金融が発行するカードです。

クレジットカードには以上のような種類があります。そしてそれぞれ審査基準が違います。

中でも審査に不安な方が申し込むべきカードは以下のカードになります。他のカードほど審査が厳しすぎないことが特徴です。

  • 信販系カード
  • 流通系カード
  • 消費者金融系カード

また、この章の一覧表ではわかりやすいように作りやすさの難易度にについて以下のように評価します。

  • ◎:ネットで審査に通ったという声をよく聞く
  • ◯:審査は普通
  • △:審査に通りにくい

1-2. ランキング上位カード7選

上記のランキングですが、複数の部門でランクインしているカードもあるため、この章では合計7枚のカードを紹介します。以下に一目でわかるように一覧表にまとめてあります。

また、この章で紹介しているカードは上記3つの項目でそれぞれ上記3位にランクインしているカードで全て年会費無料のカードとなっています。年会費無料のカードであればカード全く使わなくてもコストがかかることがないので損をすることがありません。

さらに、ネット上でよく公開されている年会費無料カードの一覧表は「2年目以降条件付き年会費無料」のカードも混ざっていいることが多いですが、当サイトではそういったカードは対象から外しております。

-スマホの方はスクロールできます-

カード名 ポイント還元率 海外旅行保険 作りやすさ 補足
最高額 傷害・疾病保険 付帯条件
REXカード 1.25% 2,000万円 200万円 自動
  • ポイント高還元カード2位
  • 海外旅行保険お得度2位
DCカード Jizile(ジザイル) 1.5% 1,000万円 30万円 自動 ポイント高還元カード1位
リクルートカード 1.2% 2,000万円 100万 利用 ポイント高還元カード3位
楽天カード 1.0% 2,000万円 200万円 利用 海外旅行保険お得度3位
ライフカード 0.5% 作りやすいカード
セディナカードJIYU!DA! 0.5% 作りやすいカード
エポスカード 0.5% 500万
  • 疾病270万
  • 傷害200万
自動
  • 海外旅行保険お得度1位
  • 作りやすいカード

また、以上のように比較すると、総合的に見て、様々な項目でランキングの高い一般カードは『REXカード』です。

『REXカード』:総合ランキングNo.1のカード

REXカード』は一般カードの中で2番目にポイント還元率が高いカードで、ポイント還元率は1.25%です。

また、海外旅行保険のお得度も全カード中2番目にお得となっており、内容は以下のようになっています。

利用条件 自動付帯 持っているだけで補償が受けられます。
死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療 200万円
疾病治療 200万円
携行品損害 20万円 ※1旅行中限度額20万円、年間限度額20万円、免責(1事故)3,000円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円 1年間の限度額

ポイント還元率の高さと海外旅行保険のお得度から全一般カードの中でプロの私が最もおすすめする一般カードでもあります。

『REXカード』公式ページ:

http://www.jaccs.co.jp/service/card

※REXカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

1-3. ポイント高還元カードランキングTOP3

以下ではポイント還元率の高いカードをランキング形式で3枚紹介します。

ポイント還元率上位のカードは以下の3枚です。

  1. 『DCカード Jizile(ジザイル)』
  2. 『REXカード』
  3. 『リクルートカード』

以下ではそれぞれ詳細を紹介しています。

1位. 『DCカード Jizile(ジザイル)』

DCカード Jizile(ジザイル)』は年会費無料の全一般カードの中で1番目にポイント還元率が高いカードで、ポイント還元率は1.50%です。

さらに海外旅行保険も傷害や疾病の補償は物足りませんが自動付帯でついており、ショッピング保険も50万円まで補償してもらえます。

ただ、このカードはリボ払い専用カードなので、申し込む際は注意しましょう。一回払いで返済すれば手数料はかかりませんが、リボ払いを避けたい方は2位の『REXカードLite』』か3位の『リクルートカード』をおすすめします。

『DCカード Jizile(ジザイル)』公式ページ

http://www.cr.mufg.jp

※DCカード Jizile(ジザイル)の公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

※リボ払いに注意

リボ払いとは買い付けた商品の分割分を払うのではなく、毎月支払う金額を決めて支払う方法のことです。

例えば、1万円の買い物をしても10万円の買い物をしても支払いの設定金額が5000円であれば毎月の支払い金額は5000円となります。

ちなみに、この時、返済してない分のお金はある意味借金をしている状態とも言えるので、当然金利がかかります。そして、リボ払いは統計上毎月の返済金額が低くなってしまう傾向にあります。

2位. 『REXカード』

REXカード』は年会費無料の全一般カードの中で2番目にポイント還元率が高いカードで、ポイント還元率は1.25%です。

また、海外旅行保険のお得度も全カード中2番目にお得となっており、内容は以下のようになっています。

利用条件 自動付帯 持っているだけで補償が受けられます。
死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療 200万円
疾病治療 200万円
携行品損害 20万円 ※1旅行中限度額20万円、年間限度額20万円、免責(1事故)3,000円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円 1年間の限度額

ポイント還元率の高さと海外旅行保険のお得度から全年会費無料カードの中でプロの私が最もおすすめするカードでもあります。

『REXカード』公式ページ:

http://www.jaccs.co.jp/service/card

※REXカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3位.『リクルートカード』

リクルートカード』は年会費無料の全一般カードの中で3番目にポイント還元率が高いカードでポイント還元率は1.20%です。貯まるポイントがPontaというのもローソンなどで利用ができて非常にお得なカードです。

また、飲食店の予約でホットペッパーグルメ、美容室にはホットペッパービューティ、旅行にはじゃらん、ネットショッピングはポンパレモールと実用性の高いサービスも充実しています。

さらに付帯している保険も旅行代金の一部をクレジットカードで決済をしなければいけませんが、疾病・傷害治療:最高100万円付いているため海外でも役に立ちます。

『リクルートカード』公式ページ

http://recruit-card.jp/

※リクルートカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

※4月16日からリクルートカードの電子マネーチャージでもらえるポイントが月3万円までに変わります。

1-4. 海外旅行保険付帯カードランキングTOP3

以下では海外旅行での保険がお得なカードをランキング形式で3枚紹介します。

年会費無料のカードで海外旅行での保険がお得なカードは以下の3枚です。

  1. 『エポスカード』
  2. 『REXカード』
  3. 『楽天カード』

また、年会費のかかるカードでおすすめの海外旅行保険付帯カードとして『MUFGカード ゴールド』も紹介します。

1位. 『エポスカード』

エポスカード』は全年会費無料カードの中で1番目に海外旅行での保険がお得なカードです海外旅行保険の内容は以下の通りです。

利用条件 自動付帯 持っているだけで補償が受けられます。
死亡・後遺障害 500万円
傷害治療 270万円
疾病治療 200万円
携行品損害 20万円 ※1旅行中限度額20万円、年間限度額20万円、免責(1事故)3,000円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円 1年間の限度額

上記のようにこのカードの保険は、最も利用する可能性の高い「傷害治療」「疾病治療」が全年会費無料カードの中で最も充実しています。

また、保険の他にも非常に便利な優待が豊富にあります。

  • 年に4回、マルイで10%の優待期間があります。
  • 笑笑や魚民などのモンテローザ系列のお店や、ロイヤルホストでお得になります。
  • AshやEARTHなどの有名サロンでの利用で会計が10%OFFになります。
  • 全国の映画館で映画料金が500円お得になります。

『エポスカード』公式ページ

https://www.eposcard.co.jp/index.html

※エポスカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2位. 『REXカード』

REXカード』は全年会費無料カードの中で2番目に海外旅行での保険がお得なカードです。海外旅行保険の内容は以下のようになっています。

利用条件 自動付帯 持っているだけで補償が受けられます。
死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療 200万円
疾病治療 200万円
携行品損害 20万円 ※1旅行中限度額20万円、年間限度額20万円、免責(1事故)3,000円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円 1年間の限度額

上記のようにこのカードの保険は、最も利用する可能性の高い「傷害治療」「疾病治療」が非常に充実しています。

また、全年会費無料カードの中で2番目にポイント還元率が高いカードで、ポイント還元率は1.25%となっています。

ポイント還元率の高さと海外旅行保険のお得度から全年会費無料カードの中でプロの私が最もおすすめするカードでもあります。

『REXカード』公式ページ:

http://www.jaccs.co.jp/service/card

※REXカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3位. 『楽天カード』

楽天カード』は全年会費無料カードの中で3番目に海外旅行での保険がお得なカードです。海外旅行保険の内容は以下のようになっています。

利用条件 利用付帯 海外旅行代金の一部を支払うことで補償が受けられます。
死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療 200万円
疾病治療 200万円
携行品損害 20万円 ※1旅行中限度額20万円、年間限度額20万円、免責(1事故)3,000円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円 1年間の限度額

上記のようにこのカードの保険は、海外旅行代金の一部を支払うことで補償が受けられる利用付帯ではあるものの、最も利用する可能性の高い「傷害治療」「疾病治療」が非常に充実しています。

さらに、どこで使ってもポイント還元率1%で楽天市場ではよりお得に3%のポイント還元を受けることができ、サークルKサンクスやPRONTOなどの街中の加盟店で利用することで2%のポイントが還元されるので非常にお得です。

『楽天カード』公式ページ

http://card.rakuten.co.jp/rakuten_card

※楽天カードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

(参考)『MUFGカード ゴールド』:年会費有料でおすすめの海外旅行保険の付帯カード

「年会費がかかってもいいから保険が充実したカードが欲しい」という方は『MUFGカード ゴールド』をおすすめします。

MUFGカード ゴールド アイキャッチMaster

MUFGカード ゴールド』は初年度無料、翌年以降1,905円(リボ払い「楽Pay」の利用で半額にできる)の格安ゴールドカードですが、海外旅行傷害保険がカードを持っているだけで付いて来ます。

カードを持った日から海外旅行へ行く時に保険が適用されます(旅費などをカードで支払わなくても保険が適用される)

補償金額は年会費相応ですが、最も重視すべきケガ・病気による治療費用の補償金額が200万円あるのは嬉しいです。

2年目以降の保険条件に注意!

年会費を安く抑えているせいか、利用額が少ないと保険の条件が低くなってしまいます。前年度ショッピング利用額20万円未満の場合、100万円プランという補償金額が少ないプランが適用になってしまいます。

カードの保険を使おうと考えている人はカードの利用金額に注意しましょう。

審査もそんなに難しくなく年収200万円前後の人でも作れたという報告があり、20代で初めてゴールドカードを持つ人にも作りやすいです。

『MUFGカード ゴールド』公式ページ:

http://www.cr.mufg.jp/apply/card/mufgcard_gold/

※MUFGカード ゴールドの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。 

1-5. 審査が柔軟なカードランキングTOP3

以下では審査が柔軟なカードをランキング形式で3枚紹介します。

※このランキングは当サイトで実施したアンケートを元に作成されています。

他社の審査に落ちた方でも作ることができたという話をよく聞くカードなのでカードを作れるか不安な方は以下のカードに申し込みましょう。

  1. 『セディナカードJIYU!DA!』
  2. 『ライフカード』
  3. 『エポスカード』

1位. 『セディナカードJIYU!DA!』

セディナカードJIYU!DA!』はセディナの発行する信販系カードで他社の審査に落ちてしまった方でも審査に通ったという声をよく聞くカードです。

このカードの審査に通りやすい要因としてはIBISという審査システムを利用しており、「お金を返してもらえない可能性があっても利益が出ると判断できればカードを発行する」という審査基準を設けているからです。

また、リボ払い専用のカードなので、セディナも金利収入を得やすいです。そのため、数種類あるセディナカードの中でも最も審査に通りやすいです。さらに、現在、利用者を増やすためキャンペーンを行っています。この期間中は特に狙い目といえます。

年会費 無料
発行条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

未成年の方は親権者の同意が必要です。

基本還元率 0.5%

『セディナカードJIYU!DA!』公式ページ

http://www.cedyna.co.jp/card/

※セディナカードJIYU!DA!の公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2位. 『ライフカード』

ライフカード』は信販系クレジットカードですが発行会社のライフカードの親会社が消費者金融のアイフルとなっています。

そのため、『ACマスターカード』と同様に審査に通りやすいカードと言われています。

しかも、このカードは基本的なポイント還元率が0.5%なのですが、誕生日月のポイントが5倍になるなど普通に利用してもお得なカードとなっています。

『ライフカード』公式ページ

http://www.lifecard.co.jp/card

※ライフカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3位. 『エポスカード』

エポスカード』は流通系の年会費無料のカードです。

また、マルイが発行しており、発行したカードをマルイで使ってもらうことで売り上げを伸ばしたいという意図もあるため、他のカードよりも審査が柔軟になっています。

以下のようにマルイでもお得ですが、マルイ以外でもお得な特典があります。

  • 年に4回、マルイで10%の優待期間があります。
  • 笑笑や魚民などのモンテローザ系列のお店や、ロイヤルホストでお得になります。
  • AshやEARTHなどの有名サロンでの利用で会計が10%OFFになります。
  • 全国の映画館で映画料金が500円お得になります。

『エポスカード』公式ページ:

https://www.eposcard.co.jp/index.html

※エポスカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2. 4部門のゴールドカードランキング

現在発行されているクレジットカードは9,000枚あり、中でもゴールドカードは600枚近くあります。

この章ではクレジットカードのプロである私がゴールドカード600枚を全て確認し、その中からゴールドカードで重要な以下の4つの部門ごとにランキングを紹介していきたいと思います。

  • ステータス(申し込みの基準の年齢や年収の高さ、カードの社会的評価など)
  • 作りやすさ(申し込み年齢が低い、年収の基準が低いなど)
  • 特典の評判(付いている保険・旅行が便利になる・生活が便利になるなど)
  • 還元率や割引の高さ(ポイントやマイル還元率の高さ、割引率や対象店舗数など)

上記の項目で600枚の中から誰もが知っている人気なカードや有名なカード、もしくは有名ではないけれどもプロの目線から見てお得なカードなど合計9枚のゴールドカードをピックアップしてわかりやすように一覧表で紹介します。

2-1. プロが選ぶゴールドカード9枚比較一覧表

以下の表ではわかりやすいように各項目を5点満点で採点しています。

カード名 ステータス 作りやすさ 特典 還元率・割引
『JCBゴールド』 4.0
★★★★☆
3.0
★★★☆☆
4.0
★★★★☆
4.0
★★★★☆
『MUFGカードゴールド』 2.0
★★☆☆☆
4.5
★★★★★
2.0
★★☆☆☆
3.3
★★★☆☆
『楽天プレミアムカード』 1.0
★☆☆☆☆
5.0
★★★★★
4.5
★★★★★
4.3
★★★★☆
『三井住友VISAゴールドカード』 4.1
★★★★☆
2.5
★★★☆☆
2.5
★★★☆☆
3.5
★★★★☆
『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』  3.7
★★★★☆
3.0
★★★☆☆
4.8
★★★★★
4.0
★★★★☆
『JALカード JCB CLUB-Aゴールド』 3.8
★★★★☆
3.0
★★★☆☆
4.3
★★★★☆
4.4
★★★★☆
『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』 5.0
★★★★★
4.0
★★★★☆
5.0
★★★★★
3.0
★★★☆☆
『ANA VISA/マスターワイドゴールドカード』 3.9
★★★★☆
3.0
★★★☆☆
4.0
★★★★☆
5.0
★★★★★
『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』 1.5
★★☆☆☆
4.4
★★★★☆
2.0
★★☆☆☆
4.5
★★★★★

ゴールドカードは600枚以上あるので、あなたに合ったものでないと高い年会費を払うだけで損をしてしまいます。

しかし、この人気ランキングには“ハズレ”がなくどれを選んでも大体大丈夫です。

次章以降で4つの項目でそれぞれ評価の高かったゴールドカードを紹介していきますので、あなたに合ったゴールドカードを選ぶ参考にしてください。

それぞれの詳細は以下で紹介していますが、迷った場合は優れた項目の多い『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』がおすすめです。

2-2. ゴールドカードステータスランキング

最後にステータスを重視してゴールドカードを選びたい人に、申し込みの基準の年齢や年収の高さ、カードの社会的評価などからステータス性を数値化し、比較しました。

  • 1位:『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』
  • 2位:『三井住友VISAゴールドカード』
  • 3位:『JCBゴールド』

1位:『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』は世界で初めて作られたゴールドカードで、当時は最上位のクレジットカードでした。

そのため、プラチナカードやブラックカードが作られた現在でもアメックスのゴールドカードは一定のステータスの高さがあります。

ちなみに、海外では『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』をホテルのチェックイン時に見せると部屋がグレードアップしたり、接客が丁寧になることもあります。

アメリカなどはクレジットカード大国であるため、その人の持っているクレジットカードの種類や色で相手の社会的信用を測る“ものさし”の1つとなるからです。

日本でも1990年頃のバブル期にお金持ちが使っていたイメージが現在でもそのまま残っているため、持っている人はお金持ちの印象があり特に女性に与える印象が良くなるゴールドカードです。

年会費
  • 初年度年会費無料
  • 29,000円
入会年齢 20歳以上、定職がある方(パート・アルバイト不可)
審査日数 平均10営業日
到着日数 平均12日
ポイント還元率 0.33〜1%

『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/content/gold-card/

※アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2位:『三井住友VISAゴールドカード』

三井住友visaゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード』はTVCM、雑誌・街中での広告など抜群の知名度がある「三井住友カード」が発行するゴールドカードです。

ステータスの高い銀行系ゴールドカードであり、その社会的信用の高さと安心感からとても人気があります。

空港ラウンジが無料で使えたり旅行保険の金額や条件が良いだけでなく、9月1日から始まった「ココイコ!」はネットで事前に登録をしておくと、そのお店でポイントやキャッシュバックの特典が受け取れるおトクなサービスです。

ココイコ!

出典:三井住友VISAカード ポイントUPモール

有名百貨店や紳士服チェーン店、スポーツ用品店が含まれるので普段の買い物がお得にできます。

また、一流旅館・ホテルを厳選した会員制宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」が提供している価格(最低価格を保証)から、さらに3,000円を割引特典があります。

年会費(税抜) 下記のリンクからの申し込みで初年度無料。2年目以降10,000〜4,000円)

20代専用のプライムゴールドは初年度無料。2年目以降5,000〜1,500円)

入会年齢 30歳以上(プライムゴールドは20〜29歳)
審査日数 平均4営業日、最短当日(プライムゴールドは平均9営業日、最短当日)
到着日数 平均12日、最短約1週間(プライムゴールドは平均11日、最短約1週間)
ポイント還元率 0.5%

『三井住友VISAゴールドカード』公式ページ:

https://www.smbc-card.com/nyukai/card/goldcard.jsp

※三井住友VISAゴールドカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3位:『JCBゴールド』

JCBゴールド

JCBゴールド』は5つあるクレジットカードの国際ブランドでただ1つ日本ブランドが直接発行している「ORIGINALシリーズ」と言われるステータスの高いゴールドカードです。

全くの新規で申し込むと年収が400万円以上ないと作るのは難しいですが、先に『JCB一般カード』などを利用していると、年収300万円台の人でも招待が届いたりアップグレードでゴールドカードが作れています。

JCBは国内で最も使われているクレジットカードで、ゴールドカードは保険の手厚さと下の図のような有名企業でボーナスポイントがもらえるなど使い勝手の良さで1番の人気があります。

jcb-original-series-partner

出典:JCB

また、GOLD Basic Serviceの特典でグルメ優待サービス(食事代20%割引)、JCBトラベルデスクの利用ではオフィシャルスポンサーであるディズニーリゾートのプランを申し込むとポイントが10倍になるなど男女問わず幅広い年齢層から支持を集めています。

あなたが20代であれば『JCB GOLD EXTAGE』というより審査基準のやさしいヤングゴールドカードがおすすめです。

年会費(税抜) 下記のリンクからの申し込みで初年度無料。2年目以降10,000円)

20代専用のEXTAGEは初年度無料。2年目以降3,000円)

入会年齢 20歳以上(EXTAGEは20〜29歳)
審査日数 平均3営業日、最短当日(*平日11時までのお申し込み、オンライン口座の設定」の場合)(EXTAGEは平均3営業日)
到着日数 平均10日、最短翌日(EXTAGEは平均9日)
ポイント還元率 0.5%

『JCBゴールド』公式ページ:

http://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/gold.html

※JCBゴールドの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2-3. 人気ゴールドカード作りやすさランキング

どんなに便利で特典が豊富なゴールドカードでも、作れないとあなたにとって意味がありません。

この章では実際に作れた人の声を元に、作りやすいゴールドカードをご紹介します。

  • 1位:『楽天プレミアムカード』
  • 2位:『MUFGカード ゴールド』
  • 3位:『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』

1位:『楽天プレミアムカード』

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード』は楽天の元祖ゴールドカードです。

申し込み対象は原則として20歳以上の安定収入のある方となっていますが、公式サイトのよくあるご質問で次のように書かれてあり、申し込みの基準は易しいようです。

楽天カード 申し込みQ&A

出典:楽天カード

学生で年収100万円前後でもアルバイトとして申し込み、審査に通っている口コミを多く見ます。

年会費 10,000円
入会年齢 20歳以上
審査日数 平均2営業日
到着日数 平均7日
ポイント還元率 1%

『楽天プレミアムカード』公式ページ:

http://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-premium-card/

※楽天プレミアムカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2位:『MUFGカードゴールド』

MUFGカード ゴールド アイキャッチMaster

MUFGカード ゴールド』は三菱UFJニコスが業界で初めて発行した元祖格安ゴールドカードで、券面がゴールドなのでクレジットカードに詳しくない人には普通のゴールドカードに見えます。

また、審査も難しくなく年収200万円前後の人でも作れたという報告があり、作りやすいことも人気の理由の1つです。

さらに、以下3つのような特長があり、便利なカードです。

  • 三菱UFJ銀行ATM手数料が無料になる
  • 最短翌営業日にカードを発行してくれる
  • 飛行機の遅れに対する保険が付いている

三菱UFJ銀行グループが出しているため、社会的信用が高く安心できるのも人気の高さを裏付けています。

年会費(税抜) 下記のリンクからの申し込みで初年度無料1,905円:2年目以降)
入会年齢 学生を除く、18才以上でご本人または配偶者に安定した収入のある方。
審査日数 平均4営業日
到着日数 平均10日
ポイント還元率 0.5%

『MUFGカード ゴールド』公式ページ:

http://www.cr.mufg.jp/apply/card/mufgcard_gold/

※MUFGカード ゴールドの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。 

3位:『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』はオリコカードから出されている年会費が税込で2,000円を切る格安ゴールドカードで、ゴールドカードでありながら券面が黒色と非常に珍しいです。

格安ゴールドカードであるため審査の基準も高くなく、公式サイトのお客様サポートで次のように書かれてあり、申し込みの基準は新社会人で勤務1年目でも作れているほど易しいようです。

orico qa

出典:Oricoカード

年会費 1,950円
入会年齢 原則として年齢20歳以上 安定した収入がある方
審査日数 平均4営業日
到着日数 平均11日
ポイント還元率 1%

『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』公式ページ:

https://www.orico.co.jp/creditcard/thepointpremiumgold/

※Orico Card THE POINTの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2-4. 人気ゴールドカード還元率・割引ランキング

還元率・割引は基本の還元率などの他に、ネットショッピングなどでポイントやマイルがたまりやすいことなども含めて以下のランキングとなりました。

  • 1位:『ANA VISA/マスター ワイドゴールドカード』
  • 2位:『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』
  • 3位:『JALカード JCB CLUB-Aゴールド』

1位:『ANA VISA/マスターワイドゴールドカード』

ANAワイドゴールドカード

ANA VISA/マスターワイドゴールドカード』はANAカードで出しているゴールドカードの中で、最もマイル還元率が高いため1番人気です。

具体的には下記のような3つの特長があります。

  1. 年会費を最も安くできるので年会費の負担に対しての還元率を高くすることができる
  2. わずかな金額のリボ手数料を払うだけで約0.3%還元率を上げられる(約と表現しているのはリボ払い手数料分還元率が下がるため)
  3. 最高で約1.48%まで還元率を上げられる(カードの利用金額が年間300万円以上の時)

将来、ANAの上級会員の資格が付いた『ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)』を持つ時の実質年会費を最も安くできるのも人気の理由の1つと考えられます。

年会費 14,000円

10,500円まで割引可:「マイ・ペイすリボ」の利用時(初年度)

9,500円まで割引可:「マイ・ペイすリボ」と「WEB明細書サービス」の利用時(2年目)

入会年齢 原則として、満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
審査日数 平均7営業日
到着日数 平均14日
マイル還元率 1%(ポイントをマイルに交換時)

『ANA VISA/マスター ワイドゴールドカード』公式ページ:

http://www.ana.co.jp/amc/reference/anacard/goldcard_info/

※ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2位:『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』は格安ゴールドカードながらポイント還元率を重視していて通常の利用でも1%と高いです。

さらに以下4つの特典があるのでポイント還元率が高くなりやすいです。

  • 入会後6カ月間はポイント還元率が2.0%にアップ
  • オリコモールの利用で1.0%のポイント加算
  • 電子マネー「iD」「QUICPay」の利用で0.5%のポイント加算
  • ショッピングリボ払いの利用でポイント0.5%加算

電子マネーとネットショッピングの利用が多い人は、常時1.5%以上の還元率になりポイントが非常にたまりやすい1枚です。

年会費 1,950円
入会年齢 原則として年齢20歳以上 安定した収入がある方
審査日数 平均4営業日
到着日数 平均11日
ポイント還元率 1%

『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』公式ページ:

https://www.orico.co.jp/creditcard/thepointpremiumgold/

※Orico Card THE POINTの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3位:『JALカード JCB CLUB-Aゴールド』

JAL ゴールドカード JCB アイキャッチ

JALカード JCB CLUB-Aゴールド』は『JAL 普通カード』と比べてマイルがためやすくなっています。

  『JALカード JCB CLUB-Aゴールド』 『JAL 普通カード』
通常の買い物 200円=1マイル 100円=1マイル
JALカード特約店での買い物 200円=2マイル 100円=2マイル
入会搭乗ボーナス 1,000マイル 5,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス 1,000マイル 2,000マイル
ご搭乗ごとのボーナス フライトマイルの10%プラス フライトマイルの25%プラス

飛行機に乗る他に、特約店での買い物が多い人にはマイル還元率を上げやすく良いカードです。

JALカード特約店2

出典:JALカード

全国展開をしているようなチェーン店や有名なお店が多いので、特に意識して特約店を意識しないで買い物をしていても、知らない内にマイルがたくさんたまっているでしょう。

年会費(税抜) 16,000円
入会年齢 20歳以上、ご本人に安定継続収入のある方
審査日数 平均11営業日
到着日数 平均15日
マイル還元率 1%

『JALカード JCB CLUB-Aゴールド』公式ページ:

http://www.jal.co.jp/jalcard/card/club_a_gold.html

※JALカード JCB CLUB-Aゴールドの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2-5. 人気ゴールドカード特典ランキング

特典に関しては以下3つのゴールドカードの評判が高かったため、特に良い内容を中心にご紹介していきます。

  • 1位:『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』
  • 2位:『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』
  • 3位:『楽天プレミアムカード』

1位:『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』は初年度年会費無料なものの、年会費が29,000円と高額ですが、その分特典も非常に豊富にあります。

  • 対象のレストランでコースメニューを2名以上で予約すると1名分のコース料理代が無料になる
  • 国際線利用時手荷物を1個、自宅と空港の往復を無料で配送
  • 飛行機の遅れに対する保険が付く
  • 世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジを年2回無料で使える

この他にも特典が豊富にあるので、使いこなせれば年会費の高さが気にならないでしょう。

年会費
  • 初年度年会費無料
  • 29,000円
入会年齢 20歳以上、定職がある方(パート・アルバイト不可)
審査日数 平均10営業日
到着日数 平均12日
ポイント還元率 0.33〜1%

『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/content/gold-card/

※アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』について、より詳しいメリット(特典情報など)を知りたい人は「世界一わかりやすい『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』解説」を参照してください。

2位:『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』はセゾンカードとアメリカンエキスプレスの提携ゴールドカードです。

アメリカンエキスプレスを象徴する百人隊長が大きく表示されたすっきりした券面は女性からも高い人気があり、デザインだけでなく特典も下記のように非常に多いゴールドカードです。

  • 海外航空機遅延保険の補償金額の高さがクレジットカードの中で最高クラス
  • 国際線利用時手荷物を帰国時に1個無料で配送してくれる
  • 国内有名リゾートで宿泊料金が割引になる
  • コナミスポーツクラブを法人価格で利用できる
  • 一休プレミアサービスの「プラチナステージ」を一定期間体験できる

他にも特典がたくさんありゴールドカードとしての使い勝手の良さが抜群に良いので、男女問わずに人気を集める1枚です。

年会費 下記のリンクからの申し込みで初年度無料10,000円:2年目以降)
入会年齢 18歳以上(高校生は除く)の電話連絡が可能な方
審査日数 ほぼ当日
到着日数 平均7日
ポイント還元率 0.75%:通常利用時

1%:海外利用時

『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ:

http://www.saisoncard.co.jp/amextop/gold-cs/

※セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』について、より詳しいメリット(特典詳細など)を知りたい人は「世界一わかりやすい『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』解説」を参照してください。

3位:『楽天プレミアムカード』

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード』の人気の高さを支える要因はなんと言っても、世界1,000ヵ所以上の空港ラウンジを使い放題にできる「プライオリティパス(プレステージ会員)」年会費399米ドルを無料で発行できることでしょう。

ただ、プライオリティパスを使ってもJALサクララウンジやANAラウンジなどは利用することはできませんので注意してください。

例えばタイバンコク スワンナプーム国際空港ルイスタバーンCIPファーストクラスラウンジが使えます。

楽天 ゴールドカード ルイスタバーンCIPファーストクラスラウンジ出典:Louis’ Tavern First Class & Business Class CIP Lounge

また、あなたのライフスタイルにあわせて3つのお得なサービスを選べ、例えばトラベルコースを選ぶと手荷物を自宅と空港の間で無料宅配できるクーポンを年2回利用できます。

ちなみに、楽天市場を始めとする楽天グループの利用でポイントが多くもらえたり、楽天市場の送料分相当をポイントで還元するなどの特典が使える「楽天プレミアム」など楽天のヘビーユーザーは必ず持っておきたい人気の1枚です。

年会費 10,000円
入会年齢 20歳以上
審査日数 平均2営業日
到着日数 平均7日
ポイント還元率 1%

『楽天プレミアムカード』公式ページ:

http://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-premium-card/

※楽天プレミアムカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3. 3パターンの人物別クレジットカードランキング

この章では以下の3つの人物ごとにおすすめのカードを紹介していきます。

  • クレジットカード初心者の方
  • 女性の方
  • 学生の方

それぞれ対象の方向けに作られているので、他のカードよりもお得に利用することができます。

3-1. 初心者向けクレジットカードランキングTOP3

以下では初めてカードを申し込む方におすすめなカードを3枚紹介します。カードの選定基準を示すために以下の4つの軸に従って紹介します。

年会費が完全に無料かどうか クレジットカードには無料のものからお金がかかるものがあります。
還元率が常時1%以上かどうか 基本的なポイント還元率が1%以上ならば高還元と言えます。
きちんとした旅行保険やセキュリティがあるかどうか クレジットカードには旅行保険がついているものとついていないものがあり、条件などもカードによって様々です。
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか クレジットカードには特定のお店で使うことで特典やサービスを受けられるものがあります。

上記の項目をポイント化し、以下で初めてカードを持つ方が持つべきと考えられる3枚のカードを点数の高い順にランキング形式で並べました。

この中から自分に合うと思ったカードを選べば、クレジットカード選びで間違うことはまずありません。

  1. 『リクルートカード』
  2. 『楽天カード』
  3. 『三井住友VISAカード デビュープラス』

それぞれ詳細は以下の通りです。

1位.『リクルートカード』

年会費が完全に無料かどうか ずっと持ち続けても年会費が発生することはありません。
還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して1.2%のポイントが付与されます。
きちんとした旅行保険があるかどうか 付帯保険は利用付帯で条件は以下の通りです。

  • 死亡後遺障害:最高2,000万円
  • 疾病・傷害治療:最高100万円
  • 国内旅行保険:最高1,000万円
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティ、じゃらん、ポンパレモールでお得です。
合計点数( ◎=3点 ○=2点 △=1点 ×=0点) 11点/12点

リクルートカード』は年会費無料でポイント還元率も高く、付帯保険もあることから、初心者はもちろんのこと、すべての方におすすめできるカードです。

さらに、どこで利用してもポイント還元率が1.2%でPontaポイントが貯まるのが魅力です。

また、飲食店の予約でホットペッパーグルメ、美容室にはホットペッパービューティ、旅行にはじゃらん、ネットショッピングはポンパレモールと実用性の高いサービスも充実しています。

『リクルートカード』公式ページ

http://recruit-card.jp/

※リクルートカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2位. 『楽天カード』

年会費が完全に無料かどうか ずっと持ち続けても年会費が発生することはありません。
還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して1%のポイントが付与されます。
きちんとした旅行保険があるかどうか 付帯保険は利用付帯で条件は以下の通りです。

  • 死亡後遺障害:最高2,000万円
  • 疾病・傷害治療:最高200万円
  • 国内旅行保険なし
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか 楽天で3%、サークルKサンクスなどの加盟店で2%のポイント還元です。
合計点数( ◎=3点 ○=2点 △=1点 ×=0点) 10点/12点

楽天カード』は年会費無料で、ポイント還元率の高さやポイントの使いやすさなど初心者の方に2番目におすすめできるカードです。

また、どこで使ってもポイント還元率1%で楽天で3%のポイント還元を受けることができて非常にお得です。

付帯している保険も旅行代金の一部をクレジットカードで決済をしなければいけませんが、疾病・傷害治療:最高200万円付いているため海外でも役に立ちます。

『楽天カード』公式ページ

http://card.rakuten.co.jp/rakuten_card

※楽天カードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3位. 『三井住友VISAカード デビュープラス』

年会費が完全に無料かどうか 『三井住友VISAカード デビュープラス』は初年度年会費無料です。

次年度以降は1,250円(税抜)かかります。(年に一回の利用で年会費無料になります。)

還元率が常時1%以上かどうか 『三井住友VISAカード デビュープラス』はどこで使っても利用代金に対して1%のポイントが付与されます。

また、入会して最初の3ヶ月間はポイントが2.5%たまります。

きちんとした旅行保険があるかどうか × 『三井住友VISAカード デビュープラス』の旅行に関する付帯保険はありません。
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか 『三井住友VISAカード デビュープラス』は「ココイコ」と言うサービスの利用で東急ハンズなどでポイントが多くもらえます。
合計点数( ◎=3点 ○=2点 △=1点 ×=0点) 7点/12点

三井住友VISAカード デビュープラス』は18歳から25歳までの方しか作ることができませんが、将来的にゴールドカードを欲しいと考えてる方におすすめです。

また、年に一回のカード利用で年会費も無料になるので実質無料で、ポイント還元率もそこそこ高い

初めてクレジットカードを持つ方が『三井住友VISAカード デビュープラス』を持つことの主なメリットは26歳になった時にプライムゴールドカード、30歳になった時にゴールドカードに自動で切替えられることです。

『三井住友VISAプライムゴールドカード』は20代のためのゴールドカードで年会費が5,000円(税抜)、『三井住友VISAゴールドカード』は30代以上の方のためのカードで年会費が10,000円(税抜)かかります。

確かにゴールドカードはサービスも充実していて、持っていればステータスの象徴にもなりますが、年会費が一般カードに比べて非常に高いです。

そのため、将来的にゴールドカードを持ちたい方には『三井住友VISAカード デビュープラス』を持つことをおすすめしますが、そうでない方は他のカードを選びましょう。

『三井住友VISAカード デビュープラス』公式ページ

https://www.smbc-card

※三井住友VISAカード デビュープラスの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3-2. 女性向けカードランキングTOP3

クレジットカードには女性向けに作られた「女性向けカード」というものがあります。

女性向けカードは女性向けに作られているため、女性があると安心できるようなサービスを取り揃えています。また、デザインも可愛いものが多く、カードとしての機能も申し分ありません。

以下に当サイトで実施したアンケートを元に女性から満足度の高かった女性向けカードランキング上位3枚を紹介します。

  1. 『三井住友VISAアミティエカード』
  2. 『JCB LINDA(Jモチーフ)』
  3. 『 ライフカード Stella(ステラ)』

それぞれ詳細は以下の通りです。

1位. 『三井住友VISAアミティエカード』

三井住友VISAアミティエカード』は旅行もショッピングもアクティブに楽しむ女性のために作られた、三井住友VISAカードが発行する女性向けカードです。

また、海外・国内旅行傷害保険(最高2,500万円)、ショッピング補償(最高100万円)と保険や補償が充実しており、ケータイ・PHS利用料のポイントを2倍にすることもできます。

以上のように充実したサービスを持ち、デザインも洗練された可愛さを備えていることから、女性から最も支持の厚いカードとなりました。

学生の方には『三井住友VISAアミティエカード』(学生向け)もあり、年会費が無料になっています。

https://www.smbc-card.com

年会費 初年度無料

次年度以降年会費1,250円(税抜)

  • 前年度利用額100万円以上300万円未満で半額
  • 前年度利用額300万円以上で無料
  • マイ・ペイすリボへの登録と利用で無料
  • WEB明細書サービスの利用で500円割引→750円に
発行条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

未成年の方は親権者の同意が必要です。

基本還元率 0.5%

『三井住友VISAアミティエカード』公式ページ

https://www.smbc-card.com/

※三井住友VISAアミティエカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2位. 『JCB LINDA(Jモチーフ)』

JCB LINDA』は8種類の可愛いデザインからカードを選ぶことができます。年会費は無料で基本的なポイント還元率は0.5%です。

このカードはデザインの可愛さだけでなく、貯まったポイントはドライヤーなどの女性にとって嬉しい商品と交換可能です、また、その他にも様々な参加企業から提供される特典や商品が当たるキャンペーンを毎月開催しています。

出典:JCB

また、『JCB LINDA』の保有者限定で入会できる、選べる女性保険「お守リンダ」は女性特定がん限定手術保険など女性にとって非常に嬉しい内容となっており、女性から2番目に人気のカードという結果になりました。

年会費 無料
発行条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

未成年の方は親権者の同意が必要です。

基本還元率 0.5%

JCB LINDA』公式ページ

http://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/

※JCB LINDA(Jモチーフ)の公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3位. 『ライフカード Stella(ステラ)』

ライフカード Stella(ステラ)』はピンクと紫のカードの券面に花が描かれており、主張は控えめだけれどもおしゃれなカードとして女性から人気です。

基本的なポイント還元率は0.5%ですがお誕生日の月はポイントが5倍にまで跳ね上がる、ポイント保有に特化したクレジットカードです。また海外でショッピングをすることで3%がキャッシュバックされるという特典もとても魅力的です。

その他にも女子特有のがんである「子宮頸がん」「乳がん」の検診を無料で受けられるクーポンをもらえるなど、女性向けのサービスが充実しており、女性から3番目に人気のカードとなりました。

年会費
  • 初年度無料
  • 年会費1,250円(税抜)(170サンクスポイントで無料)
発行条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

未成年の方は親権者の同意が必要です。

基本還元率 0.5%(1,000円の利用で1ポイント5円相当のポイントを付与)

『 ライフカード Stella(ステラ)』公式ページ

http://www.lifecard.co.jp/card/credit/stella/

※ ライフカード Stella(ステラ)の公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3-3. 学生カードランキングTOP3

以下ではまず学生がカードを申し込む際に重要な5つの観点を紹介します。

年会費が完全に無料かどうか クレジットカードには初年度は年会費がかからなくとも次年度以降は年会費がかかったり、条件付きで年会費が免除されるものがあります。
還元率が常時1%以上かどうか クレジットカードにはポイント還元というものがあり、基本的なポイント還元率が1%以上ならば高還元と言えます。
きちんとした旅行保険やセキュリティがあるかどうか クレジットカードには旅行保険がついているものとついていないものがあり、条件などもカードによって様々です。
大学生が持つメリットがあるかどうか クレジットカードには学生にうちに作るメリットがあるものもあります。
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか クレジットカードには特定のお店で使うことで特典やサービスを受けられるものがあります。

上記の項目をそれぞれポイント化した結果、学生におすすめのカードランキング上位3枚は以下の通りでした。

  1. 『学生専用ライフカード』:海外旅行をする大学生におすすめ
  2. 『リクルートカード』:飲み会の幹事などをする大学生におすすめ
  3. 『三井住友VISAカード デビュープラス』:将来ゴールドカードが欲しい方におすすめ

以下ではそれぞれ詳細を紹介します。

1位. 『学生専用ライフカード』

 

年会費が完全に無料かどうか ずっと持ち続けても年会費が発生することはありません。
還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して0.5%のポイントが付与されます。
きちんとした旅行保険があるかどうか 付帯保険は自動付帯で条件は以下の通りです。

  • 死亡後遺障害:最高2,000万円
  • 疾病・傷害治療:最高100万円
  • 国内旅行保険:最高1,000万円
大学生が持つメリットがあるかどうか 大学生が持つメリットは主に以下の3つです。

  • 海外でのショッピングに対して5%のキャッシュバック
  • 海外旅行傷害保険が最高2,000万円自動付帯でつくこと
  • 毎月の携帯料金をカード決済にすれば、毎月10人に1人の割合でAmazonギフト券500円分が当たる
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか サンルートホテルなどの提携ホテルで10%割引、富士急ハイランドなどで大人400円割引になります。
合計点数( ◎=3点 ○=2点 △=1点 ×=0点) 12点/15点

学生専用ライフカード』は年会費がずっと無料のカードで、学生向けの特典が非常に豊富なので最もおすすめの学生向けカードとなっています。

中でも海外旅行時の学生向けサービスが充実しており、海外旅行保険は自動付帯で傷害保険が付き、海外でショッピングをした場合利用代金の5%がキャッシュバックされます。

例えば、海外で買い物をした際の利用代金の5%分が3ヶ月後に登録口座に振り込まれたり、海外で旅行傷害保険も最大2,000万円が自動でつくので非常にお得です。

『学生専用ライフカード』公式ページ:

http://www.lifecard.co.jp/card/credit/std/

※学生専用ライフカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2位. 『リクルートカード』

 

年会費が完全に無料かどうか ずっと持ち続けても年会費が発生することはありません。
還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して1.2%のポイントが付与されます。
きちんとした旅行保険があるかどうか 付帯保険は利用付帯で条件は以下の通りです。

  • 死亡後遺障害:最高2,000万円
  • 疾病・傷害治療:最高100万円
  • 国内旅行保険:最高1,000万円
大学生が持つメリットがあるかどうか × 学生だからお得といったメリットは特にありません。
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティ、じゃらん、ポンパレモールでお得です。
合計点数( ◎=3点 ○=2点 △=1点 ×=0点) 11点/15点

リクルートカード』はずっと年会費が無料で使えます。大学生だから優遇されるサービスはないので2位となっていますが、逆に言えば、いつまでも使い続けることのできるカードと言えます。

また、『リクルートカード』は飲食店の予約でホットペッパーグルメ、美容室にはホットペッパービューティ、旅行にはじゃらん、ネットショッピングはポンパレモールと学生が利用する機会の多いサービスも充実しています。

例えば、あなたが飲み会の幹事などを引き受けることが多いならば、『リクルートカード』のホットペッパーグルメはは非常にお得です。

あらかじめ、「ホットペッパーお食事券」を買っておけばポイント還元率が3.2%になります。

さらに、あなたがん未開の幹事などをするならば『リクルートカード』のネット予約・来店で予約人数×50ポイントが貯まります。

例えば、大学のサークルやゼミの飲み会の際に20人で予約すれば、1,000円相当のポイントが一気にたまります。

このように飲み会などの幹事をする方がうまく使えば一気にポイントがたまります。

『リクルートカード』公式ページ:

http://recruit-card.jp/

※リクルートカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3位. 『三井住友VISAカード デビュープラス』

 

年会費が完全に無料かどうか 初年度年会費無料です。

次年度以降は1,250円(税抜)かかります。(年に一回の利用で年会費無料になります。)

還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して1%のポイントが付与されます。

また、入会して最初の3ヶ月間はポイントが2.5%たまります。

きちんとした旅行保険があるかどうか × 旅行に関する付帯保険はありません。
大学生が持つメリットがあるかどうか 26歳になった時にプライムゴールドカード、30歳になった時にゴールドカードに自動で切替えられます。
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか 「ココイコ」と言うサービスの利用で東急ハンズなどでポイントが多くもらえます。
合計点数( ◎=3点 ○=2点 △=1点 ×=0点) 9点/15点

三井住友VISAカード デビュープラス』は18歳〜25歳限定のカードです。年会費が初年度無料で次年度以降は1,250円(税抜)です。しかし年に一回の利用で次年度以降も年会費無料になるので実質無料と言えます。

海外旅行保険は付帯していないものの、26歳になった時にプライムゴールドカード、30歳になった時にゴールドカードに自動で切替割ることから、将来的にステータスカードを持ちたい方にはおすすめで、3位となっています。

そのため、将来的にゴールドカードを持ちたい方は『三井住友VISAカード デビュープラス』を持つことをおすすめしますが、そうでない方は他のカードを選びましょう。

『三井住友VISAカード デビュープラス』公式ページ:

https://www.smbc-card.com/nyukai/card/debutplus_biz.jsp

※三井住友VISAカード デビュープラスの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

4. まとめ

以上がパターン別のおすすめのクレジットカードでした。

この記事で紹介したカードを以下に再度記しておきます。

一般カードランキング

総合ランキング1位のカード

REXカードLite

ポイント高還元カードランキングTOP3

海外旅行保険付帯カードランキングTOP3

  1. 1位:『エポスカード
  2. 2位:『REXカードLite
  3. 3位:『楽天カード

作りやすいカードランキングTOP3

  1. 1位:『楽天カード
  2. 2位:『セディナカードJIYU!DA!
  3. 3位:『ライフカード

ゴールドカードランキング

総合ランキング1位のカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ゴールドカードステータスランキング

ゴールドカード作りやすさランキング

ゴールドカード還元率・割引ランキング

ゴールドカード特典ランキング

  1. 1位:『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  2. 2位:『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
  3. 3位:『楽天プレミアムカード

人物別おすすめランキング

心者向けクレジットカードランキングTOP3

  1. 1位:『リクルートカード
  2. 2位:『楽天カード
  3. 3位:『三井住友VISAカード デビュープラス

女性向けカードランキングTOP3

  1. 1位:『三井住友VISAアミティエカード
  2. 2位:『JCB LINDA
  3. 3位:『 ライフカード Stella(ステラ)』

学生カードランキングTOP3

  1. 1位:『学生専用ライフカード』:海外旅行をする大学生におすすめ
  2. 2位:『リクルートカード』:飲み会の幹事などをする大学生におすすめ77
  3. 3位:『三井住友VISAカード デビュープラス』:将来ゴールドカードが欲しい方におすす

このページを参考にあなたが最高のクレジットカードに出会えることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket