プロが教える『キャッシュフローファイナンス』の評判と評価|22社を比較してわかった真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ソーシャルレンディング(貸付型・融資型クラウドファンティング)に興味を持ち、業者比較をしていく中でキャッシュフローファイナンスが気になったけど、“実際のところキャッシュフローファイナンスは信頼できるの?”と疑問に思っていませんか?

結論としては、「キャッシュフローファイナンスは、コインランドリー等の不動産に特化した利回りの高い商品を扱う点などから、一定の支持がある業者と言えますが、他の業者と比較して物足りなさを感じる項目も多く、検討している方はニーズに合っているかどうかの見極めが肝心と言えます。

このページでは、元大手金融投資顧問会社のアセットマネジャーとして、様々なファンドを運営してきた筆者が、今最も注目されているソーシャルレンディングにおける「キャッシュフローファイナンスの総評」について、ソーシャルレンディング業者22社の比較評価をもとに、以下の流れに沿ってわかりやすく解説します。

  1. キャッシュフローファイナンスの総評|全22社の比較評価
  2. キャッシュフローファイナンスの特徴とメリット・デメリット
  3. キャッシュフローファイナンスをおすすめする人とおすすめしない人
  4. キャッシュフローファイナンスの口座開設で注意すべき9のポイント

すべて読めば、キャッシュフローファイナンスが自分に向いているかどうかがわかり、口座開設から運用までの一連の流れを理解した上で最良の決断ができるようになるでしょう。

0. キャッシュフローファイナンスとは|不動産商品に特化した業者

まずは、ソーシャルレンディング(貸付型・融資型クラウドファンディング)業界における、全22社を「最大利回り」と「企業の信頼性」で比較した場合の『キャッシュフローファイナンス』のポジションを押さえておきましょう。

上記のとおり、キャッシュフローファイナンスは最大利回りは優れていますが、信頼性に関して言えば、1年未満の安定運用実績以外に企業信頼性を証明する術がないベンチャー企業です。

その為、多少リスクを取っても高利回りな投資がしたい人にはおすすめの業者と言えます。

以下、具体的にご紹介していきます。

ソーシャルレンディングサービス運営には、金融庁への第二種金融商品取引業者登録及び、各都道府県への貸金業者登録を行う必要がありますが、ファンド募集に必要な第二種金融商品取引業者登録を受けていないキャッシュフローファイナンスでは、「maneoマーケット」と業務提携し「maneoマーケット」がファンドの募集取扱(取得勧誘)等を実施する事で、適法な運営形態を取っています。

1. キャッシュフローファイナンスの総評|全22社の比較評価

項目 評価 理由
※2017年8月時点情報
信頼性 ★★★3  2016年10月創立。1年未満の安定運用実績のみ。maneoマーケット株式会社と業務提携。
人気度 ★★★3 成立ローン総額5億8255万円。(口座開設数は849人)
年利回り ★★★★★5 5~9% と高利回り商品。
担保保証 ★★★★4 保証付き商品あり。
デフォルト件数 ★★★★★5 なし。
最低投資額 ★★★★4 2万円から可能。
投資期間 ★★★★★5 2ヶ月~36ヶ月。短期から長期投資まで幅広くカバー。
手数料 ★★★★4 口座管理手数料:無し
入金手数料:全業者有り
出金手数料:有り
その他手数料:無し
特徴 コインランドリー等の不動産商品を扱う業者。

<総評>

キャッシュフローファイナンス』は不動産特化した商品を扱うことで、「年利回り」「デフォルト件数」「投資期間」の3項目が優れています。

一方で、「信頼性」「人気度」「担保保証」「最低投資額」「手数料」の項目については業界最高水準と比べて今ひとつ物足りなさがあり、「信頼性」に関しては、社歴が浅く、公開情報も少ない事から現時点では未知数と言えます。

※投資のプロが教えるソーシャルレンディング業者を選ぶ際のリスクと注意点

ソーシャルレンディング業者を比較する際には上記の様に様々なポイントがありますが、その中で最も重要視すべきは下記の3点です。

1. 必ず担保保証付き(保証会社付き)の案件を選ぶ
ソーシャルレンディングの商品は全てリスク商品である為、最悪、貸し倒れの可能性があり、その場合は投資家が損失を被ることになります。必ず担保保証付き(保証会社付き)の商品の中から投資先を選定しましょう。

2. 「信頼性」の高い業者を選ぶ
国内業者の多くは、公開情報が少ないベンチャー企業です。倒産などの企業リスクも比較的大きい業界である事を理解して「信頼性」の高い業者を選びましょう。

3. 商品の内容比較の前に業者の信頼度から投資判断をする
上記の理由から、商品の内容だけで投資判断をするのは絶対にやめましょう!個別案件(商品)は数日間の短期募集が多い事から口座開設後では既に入れ替わっている可能性も高く、また、投資先の詳細を確認することはできない為、業者の審査能力が大変重要です。まずは運営業者の概要や特徴についてきちんと理解した上で、自分なりに信用できると判断した業者の運営する個別案件の中でニーズに合ったものを厳選して投資するようにしましょう。

募集期間が非常に短い案件が多いため、気になる業者の口座は予め開設しておいた方が良い。

ソーシャルレンディングの個別案件の投資募集期限は数日間と非常に短いものが多いです。 また、募集期限前でも募集額満額に達した時点で締め切られるため人気案件はすぐに募集終了してしまいます。 良い条件の案件を見つけてから口座開設していては間に合わないケースもあるため、 気になる業者の口座は予め開設しておくのがおすすめです。− 『キャッシュフローファイナンス』の口座開設用公式ページはこちら −

2. キャッシュフローファイナンスの特徴とメリット・デメリット

キャッシュフローファイナンスの特徴とメリッットデメリットについて解説していきます。

2-1.キャッシュフローファイナンスの特徴

キャッシュフローファイナンスには他のソーシャルレンディング業者と比較して以下のような2つの特徴があります。

  • 不動産商品に特化している
  • 高利回りな商品が多い

特徴①|不動産商品に特化している

キャッシュフローファイナンスは、コインランドリー事業への融資等、不動産商品に特化して、北海道から沖縄まで日本全国の案件をカバー出来る様に取り組んでいます。

一定以上の自社基準をクリアした案件の中から、少額からのコインランドリーを含む不動産投資ができます。

特徴②|高利回りな商品が多い

上図の通り、キャッシュフローファイナンスでは5〜9%と高利回りの商品を扱っております。

また、そのほとんどが、担保保証(保証会社)付きの商品である為、投資家にとって嬉しい特徴と言えます。

2-2. キャッシュフローファイナンスのメリット

キャッシュフローファイナンスのメリットは大きく以下の3つです。

  • 高利回りな商品が多い
  • デフォルト件数0件
  • 短期から長期までの投資期間をカバー

投資家にとって非常に大切な「年利回り」が高く、そのほとんどが担保付き商品である点がキャッシュフローファイナンスの最大のメリットと言えます。

2-3. キャッシュフローファイナンスのデメリット

反対に、キャッシュフローファイナンスのデメリットは大きく以下の5つが挙げられます。

  • 企業信頼性が絶対的とはいえない
  • 業界最良の業者と比較した際に実績が見劣りする
  • 全件に担保保証がついているわけではない
  • 最低投資額が2万円から(業界最安は1万円から)
  • 出入金時の振込手数料が投資家負担

キャッシュフローファイナンスは高利回りな商品を扱う業者ではありますが、現段階では、未上場な上に大手企業からの後ろ盾もない為、1年未満の安定運用実績以外に企業信頼性を証明する術がないという点はデメリットです。

また、実績においては、業界最大手の業者が成立ローン総額800億円を突破している中で、キャッシュフローファイナンスでは成立ローン総額5億円を突破した段階ですので、当然ながら比較した際には見劣りする点ではあります。

しかしながら、創立からまだ1年程度であるため、今後の成長には期待できます。

 3.キャッシュフローファイナンスをおすすめする人とおすすめしない人

前述のとおり、すべての項目が満点のソーシャルレンディング業者は存在しませんので、自身のニーズやレベルに合わせた使い分けが肝心です。

これまでの評価を踏まえて、「キャッシュフローファイナンスをおすすめする人としない人」について以下にまとめております。

3-1. キャッシュフローファイナンスをおすすめする人

特に以下の2つのタイプの人にはキャッシュフローファイナンスをおすすめします。

  • 多少リスク取っても高利回りな投資がしたい人
  • 短期から長期まで様々な投資期間の中から選んで投資したい人

キャッシュフローファイナンスは、高利回りな商品を扱う業者として、今後ますますの成長を期待される注目の業者といえます。

「多少リスクを取っても高利回り運用がしたい人」にとってはニーズに合った一社と言えるでしょう。

3-2. キャッシュフローファイナンスをおすすめしない人

逆に以下の5つのタイプの人にはキャッシュフローファイナンスはおすすめしません。

  • 企業信頼性を最も重視する人
  • 実績や人気のある業者で運用がしたい人
  • 全件担保付き商品の中から選んで投資したい人
  • 1万円の少額から投資を始めたい人
  • 口座手数料及び出金手数料、その他手数料が無料の業者を探している人

これらのようなニーズを持って業者を探している人にとってはキャッシュフローファイナンスは多少物足りないと感じる点がある為、おすすめしません。

私の知るところでは、上記のようなニーズを一社で全て満たす業者はほぼありませんので、ニーズ毎に複数の業者を使い分ける必要があります。その際にキャッシュフローファイナンスを使うのであれば、「利回り重視のセカンド口座」として使うとよいでしょう。

4. キャッシュフローファイナンスの口座開設で注意すべき9のポイント

キャッシュフローファイナンスに於ける「口座開設〜投資〜解約」までの流れは以下のとおりです。

上図のような一連の流れの中では大きく分けて以下のような注意点があります。

  • 「申込み」に関する5つの注意点
  • 「投資開始」に関する2つの注意点
  • 「解約」に関する2つの注意点

4-1. 「申込み」に関する5つの注意点

キャッシュフローファイナンスの口座開設申込みの際に注意すべき点は以下の5つです。

  • マイナンバー登録が必要
  • Eメールアドレスが必要(携帯メールOK)
  • 複数口座開設不可
  • 開設可能なのは本人名義のみ
  • 申し込み可能な人の条件がある

ほとんどの人にとっては、大きな問題となるような項目はありませんが、申込み可能な人の条件の中に「申請段階で20歳以上、75歳未満の方」「日本在住で在留資格を有している方」「maneoマーケット株式会社の審査に通った方」という条件がありますので、注意が必要です。※75歳以上は個別に対応。

「申込可能な人の条件」の詳細については下記URLを御確認下さい。

「キャッシュフローファイナンス 公式ページ」(https://www.cf-finance.jp/help/

4-2. 「投資開始」に関する2つの注意点

キャッシュフローファイナンスの口座で投資する際に注意すべき点は以下の2つです。

  • 投資口座への振込・払い戻しには手数料が掛かる
  • 年間の収益が20万円を超えると確定申告が必要

投資開始には、デポジット口座へ資金の入金が必要です。また、キャッシュフローファイナンスの手数料については下記の通り、出入金時の振込手数料についてのみ、投資家負担となります。

(https://www.cf-finance.jp/help/)

また、投資家が受け取る分配金は雑所得に該当し20万円以上の場合は、確定申告をする必要があります。(雑所得は他の所得と損益通算はできません。)

キャッシュフローファイナンスが投資家に支払う金額は、分配金から源泉徴収税を控除した金額(投資家の支払うべき所得税の前払い)となります。キャッシュフローファイナンスが納付した源泉徴収税額は、確定申告により計算した所得税から控除することができます。確定申告義務が無い方でも、確定申告をすることで還付を受けられる場合もあります。

4-3. 「解約」に関する2つの注意点

キャッシュフローファイナンス口座の「解約」に関する注意点は以下の2つです。

  • 海外へ移住する場合もしくは75歳になると口座解約が必要
  • 満期になるまで投資の途中解約は不可

前述の通り、キャッシュフローファイナンスの口座開設できる人の条件の中には「日本在住で在留資格を有している満20歳以上75歳未満の方」という条件があり、条件を満たさなくなった時点で原則解約対象となります。

ほとんどの業者に共通して言える事ですが、一旦投資を開始すると、満期まで途中解約が出来ません。口座解約は「口座残高が0円になっている状態で電話(03-3580-2191)かメール(support_cffinance@maneo-market.jp)にて問い合わせ」で行う事ができます。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。

キャッシュフローファイナンスに対する疑問が解消できたのではないでしょうか。

現在日本には数多くのソーシャルレンディング業者が存在しており、ニーズ次第で自分に合う合わないの判断は変わりますが、キャッシュフローファイナンスは、特に多少リスクを取っても高利回りな投資がしたい人にとってメリットの多い業者であることは間違いありません。

きちんと自分に合う業者を選び、ソーシャルレンディングで後悔しない最先端の投資を行いましょう!

募集期間が非常に短い案件が多いため、気になる業者の口座は予め開設しておいた方が良い。

ソーシャルレンディングの個別案件の投資募集期限は数日間と非常に短いものが多いです。 また、募集期限前でも募集額満額に達した時点で締め切られるため人気案件はすぐに募集終了してしまいます。 良い条件の案件を見つけてから口座開設していては間に合わないケースもあるため、 気になる業者の口座は予め開設しておくのがおすすめです。− 『キャッシュフローファイナンス』の口座開設用公式ページはこちら −

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket