プロが監修!最新ソーシャルレンディング業者全23社比較ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ソーシャルレンディングに興味があるけど、“そもそもどんな会社があるの?”“どこが人気なの?”と気になっていませんか?

ソーシャルレンディングは「高利回り」な点が非常に魅力的な投資ではありますが、比較的新しい投資分野であるがゆえ、業界のおよそ全23社のぼほ全てが創業間もないベンチャー企業でもあります。

そのため、業者選択にあたっては、企業信頼性を第一にその他の重要項目も比較しながら慎重に行わないと、返済遅延や最悪の場合は貸し倒れが発生してしまうなんて事にもなりかねません

このページでは、元大手金融投資顧問会社のアセットマネジャーとして、様々なファンドを運営してきた筆者が、今最も注目されている最先端投資のソーシャルレンディングにおける「ソーシャルレンディング業者全23社総合ランキングTOP5と目的別ランキングTOP3」について、以下の流れに沿ってわかりやすく解説します。

  1. ソーシャルレンディング業者全23社の業界マップ
  2. ソーシャルレンディング業者全23社比較ランキング
  3. 総合ランキングTOP5業者解説
  4. セカンド口座として価値あり|目的別ランキングTOP3
  5. 投資する前に必ず押さえておくべきソーシャルレンディングの2つの注意点

すべて読めば、本当に大切なポイントで比較した際のソーシャルレンディング業者のランキングがわかり、自分が選ぶべき業者が明確になるでしょう。

1.ソーシャルレンディング業者全23社の業界マップ

まずは、ソーシャルレンディング(貸付型・融資型クラウドファンディング)業界における、全23社を「最大利回り」と「企業の信頼性」で比較した場合の各社のポジションを押さえておきましょう。

上記の通り、ソーシャルレンディング各社を信頼性・最大利回りで比較した場合、「最大利回り」は8%を超える業者がほとんどであるのに対して、「企業信頼性」については、バラツキが生まれている事がわかります。

これだけを見て頂いても、業界全体を把握する参考になると思いますが、具体的にどの業者を選べばいいかの判断基準として、次の全23社一覧徹底比較ランキングをご覧ください。

2. ソーシャルレンディング業者全23社比較ランキング

下表は、ソーシャルレンディングにおける項目の中でも特に重要な「信頼性」「人気度」「年利回り」「担保保証」を評価項目としランキング形式でまとめてあります。業者選びの参考にしていただければ幸いです。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

ソーシャルレンディング全23社徹底比較ランキング
(2017年10月時点情報)
順位 社名 信頼性
(大手企業の資本)
人気度
(成立ローン総額)
年利回り 担保保証 取り扱い商品
1位

公式HP 詳細

★5

資本有

★5

800億円以上

★5

5〜8%

★4

一部有

多種多様
2位

公式HP 詳細

★5

資本有

★4

20億以上

★5

4.8〜14.5%

★5

担保有

不動産
3位

公式HP 詳細

★5

資本有

★5

110億以上 

★5

2〜10% 

★4

一部有 

 不動産他
4位

公式HP 詳細

★5

資本有

★5

100億以上

★5

4〜10%

★4

一部有

不動産
5位

公式HP 詳細

★4

資本無

★5

110億以上

★5

6〜10%

★5

不動産
6位

公式HP 詳細

★5

資本有

★3

4億以上

★5

3〜8%

★5

 店舗事業
7位

公式HP 詳細

★5

資本有

★4

35億以上

★5

5〜14%

★3

海外向け
8位

公式HP 詳細

★4

資本無

★4

20億以上

★5

6〜10%

★4

一部有

不動産他
9位

公式HP 詳細

★4

資本無

★3

1億以上

★5

10%

★5

不動産
10位

公式HP 詳細

★3

資本無

★4

39億以上

★5

5〜8%

★5

店舗
11位

公式HP 詳細

★3

資本無

★4

40億以上

★5

4〜11%

★5

 米国不動産
12位

公式HP 詳細

★4

資本無

★3

39億以上

★5

6.5〜10%

★4

一部有

 不動産
13位

公式HP 詳細

★3

資本無

★4

67億以上

★5

11〜14%

★4

一部有

再生可能

エネルギー

14位

公式HP 詳細

★3

資本無

★4

7,830万円 

★5

5〜8%

★4

一部有

不動産
15位

公式HP 詳細

★3

資本無

★3

7億以上

★5

6.5〜10%

★5

 不動産他
16位

公式HP 詳細

★3

資本無

★3

5億以上

★5

5〜10%

★5

米国不動産
17位

公式HP 詳細

★3

資本無

★3

5億以上

★5

5〜9%

★4

一部有

 不動産
18位

公式HP 詳細

★3

資本無

★4

24億以上

★4

3〜6.5%

★4

一部有

 金融
19位

公式HP 詳細

★3

資本無

★3

3億以上

★5

5〜11%

★4

一部有

 地域創生
20位

公式HP 詳細

★4

資本無

★2

非公開

★5

5〜8%

★3

 多種多様
21位

公式HP 詳細

★1

行政処分

★5

180億以上

★4

5〜7%

★4

一部有

 多種多様
22位

公式HP 詳細

★1

貸し倒れ

★2

非公開

★5

4〜15%

★4

一部有

不動産他
23位

公式HP 詳細

★1

行政処分

★1

不明

★1

不明

★2

不明

 不明

※募集期間が非常に短い案件が多いため、気になる業者の口座は予め開設しておいた方が良い。
ソーシャルレンディングの個別案件の投資募集期限は数日間と非常に短いものが多いです。 また、募集期限前でも募集額満額に達した時点で締め切られるため人気案件はすぐに募集終了してしまいます。 良い条件の案件を見つけてから口座開設していては間に合わないケースもあるため、 気になる業者の口座は予め開設しておくのがおすすめです。

3. 総合ランキングTOP5業社解説

ソーシャルレンディングにおける全23社の中から、上記の重要ポイント「信頼性」「人気度」「年利回り」「担保保証」の4点から客観的に比較した場合の総合ランキングTOP5をご紹介します。

業者のサービス内容は随時変更されていくため、あくまで2017年9月時点での情報です。

募集期間が非常に短い案件が多いため、気になる業者の口座は予め開設しておいた方が良い。

ソーシャルレンディングの個別案件の投資募集期限は数日間と非常に短いものが多いです。 また、募集期限前でも募集額満額に達した時点で締め切られるため人気案件はすぐに募集終了してしまいます。 良い条件の案件を見つけてから口座開設していては間に合わないケースもあるため、 気になる業者の口座は予め開設しておくのがおすすめです。

3-1. 総合1位|maneo(マネオ)

maneo(マネオ)』は2007年に日本で初めてソーシャルレンディングサービスを始めた業界のパイオニア的存在で、GMOクリックホールディングスやSMBCベンチャーキャピタル等、大手企業からの資本を集める事実から信頼性が高く、国内シェア率NO1.の人気業者です。

初めて開設する口座やメイン口座として最もおすすめです。

3-2. 総合2位|オーナーズブック

オーナーズブック』はカカクコム株式会社等大手企業から出資を集める信頼性の高い業者で、不動産のプロによる厳選された全件不動産担保付きの商品を扱う人気業者です。

「maneo」同様、投資家から多くの人気を集めるオーナーズブックは、「商品安全性」「年利回り」共に一歩抜けており、初心者から中上級者まで幅広くおすすめできます。

3-3. 総合3位|LCレンディング

LCレンディング』はジャスダックに上場するLCホールディングス株式会社の100%子会社である事から信頼性が高く、不動産に特化した商品を扱う人気業者です。

LCホールディングスの保証が付いた非常におすすめな手堅い商品も扱っており、初心者にも上級者にもおすすめの業者です。

3-4. 総合4位|SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング』は大手金融会社SBIグループで信頼性が高く、全件担保付きの安全性が高い商品を扱う人気業者です。

不定期でキャッシュバック等の嬉しいキャンペーンを開催する事もある為、開催中のキャンペーンは可能な限り活用する事をおすすめします。

3-5. 総合5位|ラッキーバンク

ラッキーバンク』は利回りが高く、全件不動産担保付きの商品を扱う人気業者です。

ラッキーバンクの扱う商品は全件不動産担保付きの高い保全性を保ったまま、6〜10%の高利回り運用を可能にしています。

高利回りと聞くと、リスクに関しての不安が浮上しますが、創業以来貸し倒れた事例はなく、成立ローン総額110億円以上・運用先件数550件の業界トップレベルの実績があります。

4. セカンド口座として価値あり|目的別ランキングTOP3

この章では、分散投資用のセカンド口座におすすめな業者を目的別にランキングでご紹介します。

分散投資は資産運用を行う上でリスクを低減させるための有効な方法です。信頼できる複数業者の中から、様々な商品に少額分散投資し、リスク分散させた安定的な投資を行いましょう。

4-1. 信頼性で選んだTOP3信頼性重視のセカンド口座におすすめ

セカンド口座に「信頼性」を最も重視する方へは、経営情報が公開されている上場企業グループや大手企業からの資本出資が入っている以下の業者がおすすめです。

「信頼性」おすすめランキング1位|SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング』はソーシャルレンディング業界で唯一の東証一部上場企業の「SBIグループ」である為、信頼性を重視される方には間違いなく最もニーズにあった一社と言えます。

商品に関しても、全件担保付きの安全性が高い商品を扱う人気業者です。

「信頼性」おすすめランキング2位|maneo(マネオ)

maneo(マネオ)』はGMOクリックホールディングスやSMBCベンチャーキャピタル等、複数の大手企業からの資本を集める事実から企業信頼性は高いと判断できます。

初めて開設する口座やメイン口座として最もおすすめです。

「信頼性」おすすめランキング3位|オーナーズブック

オーナーズブック』はロードスターキャピタル株式会社の100%子会社で、カカクコム株式会社等大手企業からも出資を集める信頼性の高い業者です。

さらに、不動産のプロによる厳選された全件不動産担保付きの商品を扱う人気業者です。

4-2. 年利回りで選んだTOP3|利回り重視のセカンド口座におすすめ

メイン口座とは別にセカンド口座を設ける場合には、多少リスクを負っても利回り重視の投資をするという手段も有効です。年利回り10%程度の商品を多く扱う業者は以下です。

「年利回り」おすすめランキング1位|グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディング』は再生可能エネルギーに特化した利回りの高い商品を扱う人気業者です。

ほとんどの商品が年利回り10%以上の業界最高水準であり、時には年利回り14%といった驚きの商品もあります。

「年利回り」おすすめランキング2位|クラウドクレジット

クラウドクレジット』は年利回り5%〜14%の高利回り商品を数多く扱っています。

残念ながら担保保証はありませんが、グループ会社や世界レベルの大手金融機関の出資を受けている提携会社に限定して融資を行うことでリスクを低減しています。

投資経験が豊富で、資金的に余裕がある人におすすめの業者です。

「年利回り」おすすめランキング3位|ラッキーバンク

ラッキーバンク』は利回りが高く、全件不動産担保付きの商品を扱う人気業者です。

ラッキーバンクの扱う商品は全件不動産担保付きの高い保全性を保ったまま、7〜10%の高利回り運用を可能にしています。

4-3. 担保保証で選んだTOP3|安全性重視のセカンド口座におすすめ

貸し倒れなどの商品リスクも考慮した安全性の高い商品に投資したい方には、全件担保付きで、担保保証の内容も詳細に説明された以下の業者がおすすめです。

「担保保証」おすすめランキング1位|オーナーズブック

オーナーズブック』は不動産のプロによる厳選された全件不動産担保付きの商品を扱う人気業者です。

「商品安全性」だけでなく、「信頼性」「年利回り」共に一歩抜けており、初心者から中上級者まで幅広くおすすめできます。

「担保保証」おすすめランキング2位|ラッキーバンク

ラッキーバンク』は全件不動産担保付きの高い保全性を保ったまま、6〜10%の高利回り運用を可能にしています。

高利回りと聞くと、リスクに関しての不安が浮上しますが、創業以来貸し倒れた事例はなく、成立ローン総額110億円以上・運用先件数550件の業界トップレベルの実績があります。

「担保保証」おすすめランキング3位|レンデックス

レンデックス』は大手不動産会社の東急リバブルと業務提携し、全件不動産担保付き商品を扱う人気業者です。

担保となる不動産は、独自の査定価格のほかに、東急リバブルの査定価格の80%を上限にファンドを組成しており、万が一貸し倒れが発生がした場合でも債権回収出来る可能性が高い為、安心感があります。

5. 投資する前に必ず押さえておくべきソーシャルレンディングの2つの注意点

最後に、ソーシャルレンディングで投資を行うにあたり、失敗して後悔しないよう事前に押さえておくべき絶対的な注意点を2つご紹介しておきます。

ソーシャルレンディングで後悔しないためにリスクヘッジ策として事前に押さえておくべき注意点は以下の2つです。

  • 必ず複数業者に分けて分散投資する
  • 商品についてもジャンルを分けて分散投資する

5-1. 必ず複数業者に分けて分散投資する

ソーシャルレンディングに限らず全ての投資について言えることであり、プロが必ず行なっているリスクヘッジ策が「分散投資」です。

特に未成熟なソーシャルレンディング業界では、過去に貸付先の精査が甘くデフォルト(貸し倒れ)を起こした業者(AQUSH)や、投資家から集めたファンド資金を社長自らの借金の返済に充当するといった悪徳業者(みんなのクレジット)のような最悪な事例も現に発生しているため、業者の信用リスクは他業界より高いと言わざるを得ません

当然、しっかりとした健全経営でソーシャルレンディングの最大の魅力である高利回りな商品を問題なく償還し続けている優良業者も多いため、ソーシャルレンディングが魅力的な投資であることは間違いありませんが、万が一のリスクを避けるためにも、一社の案件に集中投資することは避けて、必ず複数の業者に分けて分散投資するようにしましょう!

【参考記事】ソーシャルレンディング業界で起こった過去の不祥事について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

プロが教える『みんなのクレジット』の評判と選んではいけない全理由|23社を比較してわかった真実


プロが教える『クラウドバンク』の評判と選んではいけない全理由|23社を比較してわかった真実

5-2. 商品についてもジャンルを分けて分散投資する

前項の理由から、業者については分散投資してリスクヘッジするのは絶対と言えますが、個別の商品についても本来の投資リスクヘッジの観点から、ジャンルを分けて分散投資することをおすすめします。

それは、世間一般的な事情として、同業態の事業者は経済変動等により同じような経済的影響を受けるため、一社の経営が傾くと同業態の業者も同じように経営が厳しくなるという特徴があるためです。

特に、ソーシャルレンディングでは、デフォルトにより投資元本が返ってこないという最悪のリスクに対するヘッジ策を考えるべきであり、「事業者に対する貸付け」という仕組み上、同じようなジャンルの商品ばかりに投資するのはリスクの上積みでしかありませんので、できるだけ他ジャンルに分けて分散投資するよう心掛けましょう。

6. まとめ

いかがでしたでしょうか。

ソーシャルレンディングに対する疑問が解消できたのではないでしょうか。

現在日本には数多くのソーシャルレンディング業者が存在しており、ニーズ次第で自分に合う合わないの判断は変わりますが、

本サイトでは「総合ランキングTOP5」を始め、目的別にランキング付けしたおすすめできるセカンド口座をご紹介してきましたので、あなたの決断の一助となれれば幸いです。

きちんと自分に合う業者を選び、ソーシャルレンディングで後悔しない最先端の投資を行いましょう!

<総合ランキングTOP5>

<信頼性で選んだTOP3>

  1. SBIソーシャルレンディング
  2. maneo(マネオ)
  3. オーナーズブック

年利回りで選んだTOP

  1. グリーンインフラレンディング
  2. クラウドクレジット
  3. ラッキーバンク

<担保保証で選んだTOP3

  1. オーナーズブック
  2. ラッキーバンク
  3. レンデックス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket