公式ページよりもわかりやすいダイナースを持つ5つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ダイナースのメリットについて気になっていませんか。

ダイナースは世界的に有名なステータスカードで、メリットも把握しきれないほど非常にたくさんあり、カードを使いこなすのは非常に難しいと言われています。

そこでこの記事では大手カード会社に3社勤務した私がその経験を生かして、ダイナースのメリットについて以下の手順で紹介していきます。

  1. ダイナースはこんな方が使うべき
  2. ダイナースの5つのメリット
  3. ダイナースの2つのデメリット

この記事を読むことでダイナースのメリットに関して、すべてのことが分かるようになり、アメックスをより一層お得に利用することができます。

1. ダイナースはこんな方が使うべき

この記事ではダイナースのメリットやデメリットについて紹介していきます。

ダイナースは非常に年会費も高いカードとして有名ですが、以下のような方はそのメリットを最大限に教授することができます。

  • カードの限度額を気にせず使いたい
  • エグゼクティブダイニングなどカードの特典をよく使う
  • 海外に行く機会が多い

1つでも当てはまるならおすすめです。

ダイナースの詳細を説明する前にダイナースとはどういったカードなのかを紹介します。

『ダイナースクラブカード』

ダイナースクラブカード』は券面がゴールドではありませんが、最もステータスの高い上級ゴールドカードと見なされることが多いです。

そのため、全ゴールドカード中作るのが最も難しいですが、その分使い勝手や特典が非常に豪華です。

将来、圧倒的なステータスを持つ『ダイナースクラブ プレミアムカード』を持つためにも是非とも持っておきたい一枚です。

『ダイナースクラブカード』公式ページ:

https://www.diners.co.jp/

※ダイナースクラブカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

上記の『ダイナースクラブカード』を利用し続けていると、さらにステータスが高く、サービスの充実した『ダイナースクラブ プレミアムカード』の招待が来ます。

基本的なサービス内容はほとんど同じですが、『ダイナースクラブ プレミアムカード』特有のメリットもあるので気になる方は下記にてしっかりと確認しましょう。

『ダイナースプレミアムカード』

『ダイナースクラブ プレミアムカード』は2大ブラックカードのうちの1枚で、世界最高級のステータスカードです。

年会費は140,400円と割高ですが、限度額に制限がなく戦車も買えるクレジットカードと評されています。また、マイルの還元率が2%の高還元カードとも言われています。

また、マイルの還元率が2%の高還元カード非常にマイルが貯まりやすいです。

『ダイナースクラブ プレミアムカード』特有のサービス

以下に『ダイナースクラブ プレミアムカード』特有のサービスを紹介します。

コンシェルジュサービス

このカードには専任の秘書のようなサービスを24時間対応してくれるコンシェルジュサービスが必ず付帯しています。

ホテル、レストラン、新幹線、航空券、ライブチケットなどの予約や手配だけでなく、旅行の観光案内や調べ物、トラブルにも対応してくれます。

また、医療相談、介護相談、弁護士照会サービス等、全て把握するのが困難なくらい豊富なサービスがあるので何か困った際に電話で相談してみるのもおすすめです。

誕生日プレゼント

誕生日の日にプレゼントが送られます。

過去に、手帳やガラス製の写真立てが届いたという声を聞きました。

賠償責任危険担保特約

これは日常生活で発生する損害賠償リスクに備える特約です。

自転車屋自動車で他人に怪我をさせてしまったり、他人のものを壊してしまった際に、会員、家族など3親等以内に限りますが、最大1億円まで補償してくれます。

『ダイナースクラブ プレミアムカード』の作り方

一般的に言われている『ダイナースクラブ プレミアムカード』の招待条件は以下のように言われています。

社会的地位が高く、支払実績がある人のみ。

実際には年収は1,000万円以上で経営者、芸能人、政治家、医者、弁護士、有名企業の管理職など社会的地位がある方です。

また、以下のように『ダイナースクラブカード』を年間100万円以上利用し続ける必要があります。

このように『ダイナースクラブカード』で年間100万円以上の利用実績を1〜3年しっかりと積みましょう。

『ダイナースクラブカード』公式ページ:

https://www.diners.co.jp/

※ダイナースクラブカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2. ダイナースの5つのメリット

また、ダイナースには主に下記の5つのメリットがあります。

  • ステータスが高い
  • カードの利用枠に制限がなくポイントが無期限でたまる
  • 1人分の料金が無料になるなど食事に関する優待が充実している
  • 海外旅行が快適にできるサービスが多い
  • 旅行保険が充実している

メリット1. ステータスが高い

ダイナースは日本で最初に設立されたクレジットカード会社で、以前は富裕層(持ち家で、大企業の役職者や医師・弁護士といった高年収で社会的地位の高い人)しかカード会員になれませんでした。

現在は申し込み対象の基準がやや下がっていますが、ハイステータスカードとして認識されており、券面は白金色ですが上級ゴールドカードとして見なされます。

国内での評価は最もステータスの高いゴールドカードとして、海外での評価は『アメリカンエキスプレスゴールドカード』に次ぐステータスの高いゴールドカードと判断されることが多いです。

メリット2. カードの利用枠に一律の制限がなくポイントが無期限でたまる

ダイナースの最も大きなメリットとしてカードの利用金額に一律の制限を設けておらず、利用で貯まるダイナースクラブ リワードポイントには有効期限がないことが挙げられます。

また、カードの利用金額に一律の制限がないため、カードを使えば使うほどポイントがどんどん貯まります。貯めたポイントは様々な商品や航空会社のマイルなど多彩な特典に交換できます。

メリット3. 1人分の料金が無料になるなど食事に関する優待が充実している

ダイナースは、特に食に力を入れていてレストランや料亭での優遇が豪華です。

ダイナースにはエグゼクティブダイニングと呼ばれる次の2つの優待プランがあります。

プラン名 店舗 優待内容
通常プラン 全店舗対象 会員様を含む2名様以上で所定のコース料理をご利用いただくと、1名様のコース料金が無料
グループ特別プラン 対象レストランにてアイコンのある店舗対象 会員様を含む6名様以上で所定のコース料理をご利用いただくと、2名様のコース料金が無料 

通常プランの2名の利用で1名のコース料金が無料になる優待が雑誌などで紹介されてよく知られています。

さらに、対象店舗は限られていますが人数が多ければ2名のコース料金が無料になるので対象となるレストランを利用する機会があれば、年会費以上に得をするでしょう。

対象となるレストランの一覧はPDFでまとめられています。

メリット4. 海外旅行が快適にできるサービスが多い

ダイナースは、海外への出張や旅行回数が多い人は特に下記の2つの恩恵を受けられるます。

  • 国内/海外700カ所以上の空港ラウンジの無料利用
  • 豊富なトラベルサービスの利用

国内/海外700カ所以上の空港ラウンジの無料利用

ダイナースは国内28空港48カ所、海外空港650カ所以上のラウンジを無料で利用することができます。

海外の多数のラウンジを利用できるサービスではプライオリティパスが、世界130か国500都市1,000か所以上のラウンジを当日搭乗予定の航空会社や搭乗クラスに関係なく利用することができるとして有名です。

しかし、別途発行しなくてはならないため持ち忘れた場合利用することができません。クレジットカードを提出するだけでこれだけ多くの空港ラウンジを利用することができるのは『ダイナースクラブカード』の他にはありません。

ダイナースカード 空港ラウンジ 20170113

出典:Diners Club lounges

国際線の場合は搭乗ゲートまで余裕を持って移動していなければならないため、手続きが終わると飛行機に搭乗するまでの時間長く待っていなければなりませんが、ラウンジを利用することで待ち時間を有効に活用できます。

電源・Wi-Fi・ドリンク・軽食を無料で利用することができるだけなく、アルコールなどの一部の飲み物やシャワー・マッサージチェアなどを有料で利用できるところもあります。

海外の多数のラウンジにも対応しているので、帰国時にも心身を休めることができます。またラウンジを利用できる回数が多くなるので、年会費の元も取りやすくなります。

豊富なトラベルサービスの利用

他のゴールドカードでもトラベルサービスを行っていますが、ダイナースのサービスは群を抜いています。

ダイナースであなたの旅行をより快適なものにしてくれるトラベルサービスで代表的なものは下記の6つの項目です。

  • 空港・送迎
  • パッケージツアー
  • 航空券
  • レンタカー
  • 旅先でのサポート
  • おみやげ・贈り物
空港・送迎

大きく分けて3つのサービス・優待が受けられます。

この優待を利用することで空港までの行き来が非常に楽になります。

手荷物宅配サービス

海外から帰国の際に、スーツケース等の荷物1個を対象空港から指定の場所まで届けてくれます。また、2個目以降の手荷物も割引料金で配送できます。

トラベルデスク利用による4つの優遇・サービス

トラベルデスクにて1回のご購入金額が50万円以上の海外パッケージツアー、または日本発の海外航空券を予約した場合、下記の4つのサービスが無料になったり優遇されます。

  • タクシー1台の送迎サービスを片道分優遇
  • 対象空港までのJR、または私鉄特急列車を指定区間内で2区間分まで用意
  • 対象空港近隣の指定パーキングを、旅行期間中無料で利用
  • 出発の前日に指定ホテルのお部屋を1部屋ご用意
JALエービーシー優待

JALエービーシーの3つのサービスで優待を受けられます。

  • 空港宅配サービス|割引料金で利用
  • 携帯電話|10日間レンタル料金無料
  • 海外Wi-Fiデータ通信サービス|優待料金でレンタル

その他にサンパーキング対象店の通常駐車料金より30%OFFで利用できます。

パッケージツアー

こだわりの旅のツアーを予約・割引の優待を受けられます。

この優待のおかげでお得に旅行ができます。

  • パッケージツアー割引|国内/海外パッケージツアーを最大5%割引
  • オンラインツアー予約|国内/海外パッケージツアーをインターネットで検索・予約できる
航空券

航空券の予約や手配の手助けをしてくれます。

この優待のおかげで簡単に航空券を手配できます。

  • 海外航空券の手配|正規割引国際航空券から世界一周航空券まで多彩な海外航空券の手配
  • オンライン国内航空券予約|国内航空券をインターネットで検索・予約できる
レンタカー

下記の5つのレンタカーサービスを割引料金等で利用できます。

この優待のおかげで旅行先でもお得に車が借りられます。

サービス名 優待内容
Hertzレンタカー優待 基本料金から5~20%割引、または特別料金で利用
タイムズカーレンタル優待 基本料金から一律5%OFFで利用
タイムズカープラス(カーシェアリング)優待 カード発行手数料が無料
AVISレンタカー優待 基本料金から一律10%OFFで利用
Dollar(ダラー)レンタカー優待 基本料金から一律15%OFFで利用
旅先でのサポート

旅先でのトラブル時のサポートやラウンジが利用できます。

  • 海外トラベルデスク|観光案内から各種サービスの手配、トラブル対応まで海外現地でサポートしてくれる
  • 海外緊急アシスタンスサービス|海外旅行中に病気・ケガなどに遭った際、24時間・年中無休でバックアップしてくれる
  • 京都ホテル ウエルカムラウンジ|京都駅前に位置する、「京都ホテル ウエルカムラウンジ」を利用できる
おみやげ・贈り物

おみやげの購入や旅行の贈り物をサポートしてくれます。

  • おみやげ宅配サービス|日本にいながら海外のおみやげを、宅配便で指定先に届けてくれる
  • ダイナーストラベルギフト|会員様本人が同行されない旅行を手配し、贈り物として利用できる

メリット5. 旅行保険が充実している

『ダイナースクラブカード』の旅行保険は海外、国内共に非常に充実しています。

他のゴールドカードなどと比較しても、海外、国内旅行保険がさいこう1億円で付帯しているカードはなかなかありません。

海外旅行保険
補償内容 補償金額
傷害死亡・後遺障害 1億円
傷害・疾病治療費用 300万円
賠償責任 1億円
携行品損害 50万円
救援者費用 300万円
国内旅行保険
補償内容 補償金額
死亡・後遺障害 1億円
入院 日額5,000円
手術 5~20万円
通院 日額3,000円

『ダイナースクラブカード』は以上5つの充実したメリットを持ちます。

『ダイナースクラブカード』キャンペーンページ:

https://www.diners.co.jp/

※ダイナースクラブカードのキャンペーンページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3. ダイナースクラブカードの2つのデメリット

この章では逆にダイナースのデメリットを2つ挙げていきます。

  • ポイント還元率が低い
  • カードが使える場所やお店が限られている

デメリット1. ポイント還元率が低い

毎月の請求金額(利用金額の合計)100円ごとに1ポイントが貯まるので、ポイントは貯めやすいです。

しかし、他社ポイントや商品券などに交換する時の価値が1ポイント=0.4円相当になることが多いためポイント還元率が低くなります。

年会費が23,760円と高めであるため、特典を一切使わずにカードのポイントだけで年会費の元を取るのは現実的ではありません。

還元率の高いマイルに交換するには別の年会費が必要

ポイントを還元率の高い航空会社のマイルに交換することができる「ダイナースグローバルマイレージ」を利用すると1,000ポイントにつき1,000マイルに交換できますが、このサービスを使うためには年間参加料6,480円を別に払わなければなりません。

マイルを交換する時にだけ参加することで、負担を減らすことはできますがANAは8万マイル、それ以外の航空会社は10万マイルまでしか年間に交換することができません。

また、交換できる航空会社も数を減らしており現在では下記の5つの航空会社しか対象になっていません。

航空会社名 マイレージプログラム名
全日本空輸 ロゴ

全日本空輸

ANAマイレージクラブ
アリタリア-イタリア航空 ロゴ

アリタリア-イタリア航空

クラブ・ミッレミリア
大韓航空 ロゴ

大韓航空

スカイパス
デルタ航空 ロゴ

デルタ航空

デルタスカイマイル
ユナイテッド航空 ロゴ

ユナイテッド航空

マイレージ プラス

上記の航空会社の中で国内での飛行機利用が多い人にはANA以外の航空会社やマイレージプログラムは馴染みがないはずです。

ANAのマイルを効率良く貯めたいのであれば『ANA ダイナースカード』をおすすめします。

なぜなら下記のようなメリットがあるからです。

  • カードの年会費を1,000円安くすることができる(27,000円)
  • 100円で1マイル貯めることができる
  • ANAカードとして加盟店ボーナスやフライトボーナスがもらえる
  • 『ダイナースクラブカード』としての特典も利用できる

同様にJALの利用が多い方には『JALダイナースカード』がおすすめです。

また、国際線の利用が多く、対象航空会社の利用が多い方は『デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード』や『MileagePlus(マイレージプラス) ダイナースクラブカード』をそれぞれ利用した方がマイルを貯めやすいです。

デメリット2. カードが使える場所やお店が限られている

カードのステータス性もあり、利用できるお店が限られています。以前に比べるとかなり利用できるお店(コンビニ、スーパーなど)は増えてきていますが、日常の生活でVISA・MasterCardのように場所を選ばずどこでも利用するのには難しいカードになります。

『ダイナースクラブカード』は『アメリカン・エキスプレス・カード』と同様に日本国内では富裕者層が所有していることが多く、利用できるお店も高級ホテルや百貨店、ブランドショップが中心になっています。

別にVISA・MasterCardブランドのカードを1枚は持っておかないと国内外での利用で困ることがあるでしょう。

4. まとめ

ダイナースクラブカード』に関して、メリット・デメリット手まで解説してきましたがいかがでしたか。

ダイナースは、以下のようなメリットがある、ゴールドカードとしては最高に便利なクレジットカードです。

  • ステータスが高い
  • カードの利用枠に制限がなくポイントが無期限でたまる
  • 1人分の料金が無料になるなど食事に関する優待が充実している
  • 海外旅行が快適にできるサービスが多い
  • 優待やサービスが非常に多い

カードの利用に一律の制限がないためストレスなくカード決済ができ、「エグゼクティブダイニング」で1〜2名分のコース料金が無料になるなどの特典や海外ラウンジの利用が多い人は年会費以上にお得な1枚になるでしょう。

『ダイナースクラブカード』を利用することであなたの生活がより豊かで便利になることを祈っています。

『ダイナースクラブカード』公式ページ:

https://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/dinersclubcard.html

※ダイナースクラブカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket