世界一わかりやすい『ディズニーJCBゴールドカード』解説|あなたにベストな1枚かわかる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ディズニーJCBゴールドカード アイキャッチ

ディズニーJCBゴールドカード』を申し込むべきか検討していますね。

申し込みを考えている理由は特に下記の3つに当てはまる方が多いのではないでしょうか。

  • インビテーションが来たりアップグレードができるけど迷っている
  • ディズニーストアやイベント会場で勧誘されて申込を考えている
  • カード会員限定のディズニー特典に興味がある

上記のような方でも、実は使うべきでない人もいるので、契約前にしっかりとカードの機能や条件を比較してから申し込まないと後悔するので注意しましょう。

このページでは、大手カード会社に3社勤務した経験を活かして『ディズニーJCBゴールドカード』について以下の流れで全てご紹介します。

  1. ディズニーJCBゴールドカードはこんな人におすすめ!
  2. ディズニーJCBゴールドカードの3つのメリット
  3. ディズニーJCBゴールドカードの2つの注意点

状況によって『ディズニーJCBゴールドカード』よりももっと便利でお得に使えるカードもご紹介しています。

全て読んでいただければ、契約後に後悔することなく、あなたが本当に選ぶべきクレジットカードかどうかがわかるでしょう。

4月15日から東京ディズニーリゾート(R)35周年記念で初の期間限定デザインのゴールドカードが発行されました。

券面のデザインを見て、気に入ったらすぐに申し込みましょう。

1. ディズニーJCBゴールドカードはこんな人におすすめ!

ディズニーJCBゴールドカード』はウォルト・ディズニー社がJCBと提携して発行しているゴールドカードで、年会費は税抜き13,000円です。

大手カード会社に3社勤務し、9千枚のカードを見てきた私の評価は以下のようになります。

プロの一言!
ディズニーJCBゴールドカード』はカード会員限定のイベントに参加できたりカード利用のポイントでしか交換できない限定グッズに交換できるなどディズニーファンが楽しめる特典が豊富なだけでなく、JCBのゴールドカード特典も1枚で利用できるのでおすすめです。
ただ、ディズニーに関する特典が一般カードでもほぼ同じなので、空港ラウンジ無料利用などゴールドカードの特典を利用しない人は『ディズニーJCBカード(一般カード)』の方がおすすめです。

以上のように、ディズニーファンでも、JCBゴールドカードの特典に魅力を感じるかどうかによっておすすめできる人、できない人が分かれているカードです。

そこで『ディズニーJCBゴールドカード』に興味を持っている方向けに、下記の4つの目的別のおすすめ度を示しました。

あなたの目的 おすすめ度
①インビテーションが来たりアップグレードができるけど迷っている △ディズニーに関してはポイント還元率とギフトの内容しか違わないので一般カードのままでも良い
②ディズニーストアやイベント会場で勧誘されて申込を考えている ◯カード会員限定のディズニーの特典が多くJCBゴールドの優待も利用できるのでおすすめ!
③カード会員限定のディズニー特典に興味がある △ゴールドでなくてもカード会員限定のディズニーの特典は一般カードでも利用できる内容にほとんど差がない

あなたに当てはまる目的をクリックすると、その内容をすぐに見れます。

1-1. インビテーションが来たりアップグレードができるけど迷っている

あなたが下記のいずれかに当てはまる場合、または特典やサービスなどのメリットにピンと来たら『ディズニーJCBゴールドカード』に変更した方が良いでしょう。

  • 気に入ったデザインの券面でゴールドカードを使いたい
  • Thanksギフトでペーパーウェイトが欲しい
  • 旅行や出張に行く機会が多く、飛行機を年13回以上使う

ワンデーパスポート2枚プレゼントされるというインビテーションが届いている方もいるようですが、『ディズニーJCBカード(一般カード)』とディズニー関連の特典は下記の2つしか違いがありません。

『ディズニーJCBゴールドカード』 『ディズニーJCBカード(一般カード)』
ポイント還元率 1% 0.5%
Thanksギフトの内容

ペーパーウェイト

ピンバッジ

出典:ディズニーJCBゴールドカードディズニーJCBカード

ポイント還元率は1%に上がりますが、年会費が13,000円と高いため0.5%差のポイントも元を取るのは年220万円以上利用しなければ一般カードよりもお得になりません。

Thanksギフトはゴールドカードだとペーパーウェイトで、一般カードだとピンバッジで内容がそんなに豪華になる訳ではありません。

JCBのゴールドカード特典である空港ラウンジ無料利用や手厚い保険、外食の割引サービスなどを利用をしなければ、そのまま今使っている一般カードを使い続けた方が良いでしょう。

1-2. ディズニーストアやイベント会場で勧誘されて申込を考えている

『ディズニーJCBゴールドカード』はカードを持っていない人は利用できない下記の4つの特典・サービスが利用できます。

  • キャラクターグリーティング(ディズニーキャラとの記念撮影)
  • ディズニーホテルでキャンペーン割引を受けられる
  • ディズニー・カードクラブ限定のパーティに参加できる
  • カード利用でたまるポイントでしか交換できない限定グッズを手に入れられる

しかしながら、ディズニーに関する特典は『ディズニーJCBカード(一般カード)』でも同様に利用できます。

ディズニー特典以外の空港ラウンジ無料利用や手厚い保険、外食の割引サービスなどを利用をしなければ、年会費の負担が少ない『ディズニーJCBカード(一般カード)』の方がお得に使えるでしょう。

1-3. カード会員限定のディズニー特典に興味がある

『ディズニーJCBゴールドカード』はカード会員限定の下記の4つの特典・サービスが利用できます。

  • キャラクターグリーティング(ディズニーキャラとの記念撮影)
  • ディズニーホテルでキャンペーン割引を受けられる
  • ディズニー・カードクラブ限定のパーティに参加できる
  • カード利用でたまるポイントでしか交換できない限定グッズを手に入れられる

しかしながら、ディズニーに関する特典は『ディズニーJCBカード(一般カード)』でも同様に利用でき、違いはポイント還元率と年1回もらえるギフトの内容だけです。

ディズニー特典だけが目当てなら年会費の負担が少ない『ディズニーJCBカード(一般カード)』の方がおすすめです。

非公開の限定施設を使いたいなら他のカードも必要!

ただ、ディズニーカードでは「クラブ33」の特典が使えません。

ディズニーランドには「クラブ33」という非公開の限定施設(レストラン)がありますが、一般の人は『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』というクレジットカードの特典でしか利用できません。

ただし、『JCB THE CLASS』は招待制のカードなので、『JCBゴールド』などJCBが直接発行しているクレジットカード(プロパーカード)をたくさん使って招待を待たなくてはなりません。

ディズニーカードと2枚持ちができるので、次のような組み合わせで使うとディズニー特典を効率よく利用できるようになるでしょう。

  • JCBゴールド』:「クラブ33」の利用(『JCB THE CLASS』の招待)を目指しつつ空港ラウンジ無料利用や手厚い保険などゴールドカードの機能を利用したい
  • ディズニーJCBカード(一般カード)』:すぐに使えるカード会員限定のディズニー特典を利用したい

1章まとめ

ここまでをまとめると、『ディズニーJCBゴールドカード』は会員限定のディズニー特典をたくさん利用できてディズニー関連施設で楽しみが増えます。

また、空港ラウンジ無料利用や手厚い保険などJCBの長く続いているゴールドカードの機能も使えます。

そのため、下記のいずれかに当てはまる人は間違いなくおすすめです。

  • 気に入ったデザインの券面でゴールドカードを使いたい
  • Thanksギフトでペーパーウェイトが欲しい
  • 旅行や出張に行く機会が多く、飛行機を年13回以上使う
  • 1枚でディズニーの特典とゴールドカードの機能を使いたい

『ディズニーJCBゴールドカード』公式ページ:

https://secured.disney.co.jp/dcc.html

2章以降は、『ディズニーJCBゴールドカード』についてより詳しくメリットや注意点などを説明するので、読みたい方だけ読んでください。

2. ディズニーJCBゴールドカードの3つのメリット

『ディズニーJCBゴールドカード』は下記の3つのメリットがあります。

  • ディズニーポイントが貯まりやすい
  • ディズニー関係の特典がある
  • 『JCBゴールド』の特典も利用できる

2-1. ディズニーポイントが貯まりやすい

『ディズニーJCBゴールドカード』はカードの利用額100円につき1ディズニーポイント(還元率1%)貯まります。

『ディズニーJCBカード(一般カード)』はカードの利用額200円につき1ディズニーポイントなので、2倍貯まりやすいです。

電子マネーQUICPayの利用でもポイントがたまる!

電子マネーQUICPay(クイックペイ)サービスの大元であるJCBの提携カードなのでQUICPayが利用できて、ポイントもたまります。

QUICPayとは

サインや事前のチャージがいらない後払い(ポストペイ)式の電子マネーで、ポイントもたまる簡単・おトクな支払い方法です。

QUICPay独自のキャンペーンが行われていて、お店によって割引やポイントが多くもらえるなどの特典があるので、状況に合わせてカードと使い分けるとおトクです。

『ディズニーJCBゴールドカード』は下記の4つの方法でQUICPayを使えます。

  • QUICPay for ディズニー★JCBカード
  • Apple Pay
  • QUICPayカード(専用カード)
  • QUICPayモバイル(おサイフケータイ機能必要)

ここではQUICPay for ディズニー★JCBカードとApple Payについてもう少し詳しくご紹介します。

QUICPay for ディズニー★JCBカード

QUICPay for ディズニー★JCBカードはゴールドカードを含む『ディズニーJCBカード』会員専用のミッキーマウスをイメージしたキーチェーン型のクイックペイです。

出典:ディズニーJCBカード

ミッキーマウスをイメージしたキーチェーンをQUICPay端末にかざすことで、便利にお買い物ができ「ディズニーポイント」もたまります。

とても可愛いキーチェーン型のクイックペイですが、1枚当たり発行手数料として700円(税別)かかります。

ただ、常時キャンペーンを行っていて、発行手数料分のポイントを簡単な条件でもらえるので、実質無料で作ることができます。

Apple Payに対応

『ディズニーJCBゴールドカード』はApple Payに対応しています。

出典:ディズニーJCBカード

カードでの支払いと同様に、利用額100円につき1ディズニーポイント貯まります。

なお、あなたの使っているデザインに関係なく「ミッキーマウス&フレンズ」のデザインがモバイルの画面に表示されます。

ディズニーポイントの使い道

ディズニーポイントは主に2つの使い道があります。

(1)東京ディズニーリゾートや全国のディズニーストアでのショッピングで使える

1度500ポイントまで貯める必要がありますが、それ以降は東京ディズニーリゾートや全国のディズニーストアでのショッピング、ディズニーストアオンライン販売で1ポイント1円として利用できます。

引用:ディズニーリゾート

上図のようにディズニーランドやディズニーシーはもちろん、ホテルなど関連施設でも利用できるのでディズニーファンは利用先に困ることはないでしょう。

(2)パークチケットやオリジナルのディズニーグッズに交換

東京ディズニーリゾートパークチケットやディズニー・カードクラブオリジナルのパスケースなどオリジナルのディズニーグッズに交換できます。

ディズニーポイント 交換先

出典:JCBカード

特にオリジナル商品は『ディズニーJCBカード』を持っていないと、手に入れることができないため、ファンには嬉しいでしょう。

小さい子供がいる方はディズニー・キッズポイントカードへの振り分けにも

「ディズニー・キッズポイントカード」は、お子さまがディズニー・ポイントを使える専用カードです。

家族でためたポイントをキッズポイントカードに振り分けると、パークやディズニーストアで利用できるのでお子さまといっしょに買い物を楽しめます。

ディズニー・キッズポイントカード

出典:ディズニーJCBカード

発行は次の条件があり、手数料が1枚1,000円(税別)とかなり高めです。

  • 対象:満6歳以上13歳未満のお子さま
  • 有効期限:本会員さまの有効期限と同様
  • 発行枚数:最大8枚まで

原則いらっしゃるお子さんの分しか発行しないでしょうが、請求時に手数料の高さに驚かないように注意してください。

2-2. ディズニー関係の特典がある

『ディズニーJCBゴールドカード』を持っていると、次の3つの特典を利用できます(※ディズニー・カードクラブを利用するには、「ディズニー・カードクラブ」サイトでのご登録(無料)が必要です)

  • キャラクターグリーティング
  • ディズニーホテルキャンペーン割引
  • ディズニー・カードクラブ限定のパーティに参加

キャラクターグリーティング

毎週水曜日と日曜日に1日50組限定で、ディズニーの仲間たちと一緒に写真撮影が楽しめるキャラクターグリーティングに抽選で招待されます。

キャラクターグリーティング

出典:ディズニー・カードクラブ

一緒の写真に写るキャラクターを選ぶことはできないのは残念ですが、素敵なフォトフレームに入った台紙付きの写真を1枚無料でプレゼントされるので、ファンにはとても嬉しい特典でしょう。

場所は東京ディズニーシー ロストリバーデルタ「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」で、当選会員様+同伴者4名の5名まで参加することができます。

撮影終了後、キャストより写真の引き換え券を受け取り、メディテレーニアンハーバー「フォトグラフィカ」にて受け取れます。

ディズニーホテルキャンペーン割引

『ディズニーJCBカード』会員宿泊特典として、下記の3つのホテルで対象客室の宿泊料金を10〜20%割引されます。

  • ディズニーアンバサダーホテル
  • 東京ディズニーランドホテル
  • 東京ディズニーセレブレーションホテル

東京ディズニーセレブレーションホテル

出典:ディズニー・カードクラブ

時期によって割引額や客室が変わり、時々とてもお得な条件になるので、その時はすぐに部屋がなくなります。

ディズニー・カードクラブ限定のパーティーに参加

『ディズニーJCBカード』会員だけが参加できるパーティーに参加することができます。

過去にあったパーティは以下の通りです。

  • ディズニー・カードクラブ・ファンパーティー 2017
  • ディズニー・カードクラブ・ファンタジックパーティー 2016
  • ディズニー・カードクラブ・ファンパーティー 2015
  • ディズニー『アナと雪の女王』スペシャルパーティー 2015

ディズニー・カードクラブ・ファンタジックパーティー 2016

出典:ディズニー・カードクラブ

また、「D23 Expo Japan 2015」のようなイベントにおいてもカード会員限定で優先チケットや限定フィギュアの購入、VIPラウンジの利用などの優待や特典があります。

2-3. 『JCBゴールド』の特典も利用できる

『ディズニーJCBゴールドカード』はJCBとウォルト・ディズニー社の提携カードであるため、JCBゴールド』の特典も利用することができます。

ここでは使う機会の多いと思われる主な3つの便利なサービスをご紹介します。

  • 空港ラウンジの無料利用
  • 保険の補償金額や条件がゴールドカード最高クラス
  • 全国の対象店舗で20%引きなどで飲食ができる

空港ラウンジの無料利用

『ディズニーJCBゴールドカード』は国内28空港/海外1空港、2018年9月30日までの期間限定で中国22空港のラウンジを無料で利用することができます。

国際線の場合は搭乗ゲートまで余裕を持って移動していなければならないため、手続きが終わると飛行機に搭乗するまでの時間長く待っていなければなりませんが、ラウンジを利用することで待ち時間を有効に活用できます。

羽田空港 ラウンジ

出典:羽田空港

電源・Wi-Fi・ドリンク・軽食を無料で利用できるだけなく、アルコールなどの一部の飲み物やシャワー・マッサージチェアなどを有料で利用できるところもあります。

ラウンジの利用料金は1,000円前後ですが、『ディズニーJCBゴールドカード』と当日の搭乗券を提示することで無料で利用できます。

年13回以上ラウンジを利用する人は、それだけで年会費の元が取れる計算になります。

『ディズニーJCBゴールドカード』で使える詳しい空港名を知りたい方は空港ラウンジを参照してください。

保険の補償金額や条件がゴールドカード最高クラス

ゴールドカードなので、一般カードに付く保険に比べて条件が良くなります。

そして、ゴールドカードの中でも『ディズニーJCBゴールドカード』は特に保険が非常に手厚く、補償金額や条件が最高クラスに良いです。

年会費1万円(税込)のゴールドカードの海外旅行保険の条件を下表で比較してみました。

カード名 ディズニーJCBゴールドカード 三井住友VISAゴールドカード 楽天プレミアムカード みずほマイレージクラブカード ゴールド
補償条件 自動付帯(一部利用付帯) 自動付帯
傷害死亡・傷害後遺傷害 合計:1億円

自動付帯:5,000万円

利用付帯:5,000万円

合計:5,000万円

自動付帯:1,000万円

利用付帯:4,000万円

合計:5,000万円

自動付帯:4,000万円

利用付帯:1,000万円

5,000万円
傷害・疾病治療 300万円 300万円 300万円 200万円
賠償責任 1億円 5,000万円 3,000万円 2,000万円
携行品損害

(免責3,000円)

1旅行中50万円 1旅行中50万円 合計:最高50万円

自動付帯:30万円

利用付帯:20万円

1旅行中50万円
救援者費用 400万円 500万円 200万円 200万円
航空機遅延保険 2〜4万円
  • 自動付帯:カードを持っているだけで適用
  • 利用付帯:カードで旅費の支払いが必要

上記のように、他のゴールドカードに比べて条件や補償金額が良く、特に航空機遅延保険は付いているゴールドカードの数が少ないので、海外へ出張や旅行によく行く方は遅れや荷物の紛失などのストレスを軽減できます。

また海外では日本と医療の制度が違うため、ちょっとした怪我や病気で病院を受診すると数万円、入院や手術を受けると数百万円もかかってしまうことが珍しくありません。

ゴールドカードは持っているだけで保険が付くので、多額の医療費などを払う危険性を減らすことができて安心です。

国内でも航空機遅延保険が付く

多くのプラチナカードには付きますが、ゴールドカードとしては数枚しかない国内航空機遅延保険が『ディズニーJCBゴールドカード』には付きます。

国内の飛行機利用でもLCC(格安航空会社)の場合、会社によっては25%近く遅延しており、JALなど大手の航空会社に比べて約3倍遅れや欠航のリスクがあるのでよくLCCを利用する人にはメリットとなります(出典:国土交通省

『ディズニーJCBゴールドカード』に付く保険の詳しい内容を知りたい方は保険情報を参照してください。

また、ゴールドカードに付く海外旅行保険についてさらに詳しい情報を知りたい人は「最高の海外旅行保険が付くゴールドカード5選」も参考になります。

全国の対象店舗で20%引きなどで飲食ができる

全国の対象店舗で事前に予約をして、専用クーポンを提示のうえ『ディズニーJCBゴールドカード』で支払いをすると、利用合計金額またはコース代金より20%引きになるグルメ優待サービスを利用できます。

出典:GOLD Basic Service

和洋中など幅広いジャンルの有名なお店で飲食代金の割引が受けられるので、外食の機会が多い人は数回利用するだけで年会費の元が取れるでしょう。

京都では厳選された約70店の優待が受けられる

京都の趣あるお店を厳選した、JCBオリジナルの京都ガイドブック「京爛漫」を利用できます。

旅館、飲食店、名品店など約70店で優待が受けられます。

『ディズニーJCBゴールドカード』で使えるその他のゴールドカードの特典の詳しい内容を知りたい方はサービス・特典情報を参照してください。

3. ディズニーJCBゴールドカードの2つの注意点

この章では『ディズニーJCBゴールドカード』の注意点を2つ挙げていきます。

  • 「クラブ33」を使えるJCBの上級カードの招待を受けられない
  • 『ディズニーJCBカード(一般カード)』との差が少ない

3-1.「クラブ33」を使えるJCBの上級カードの招待を受けられない

ディズニーランドには「クラブ33」という会員制で非公開のレストランがあり、何のコネもない一般の人が利用するチャンスを手に入れるためには『JCB THE CLASS(ザ・クラス)』というJCBの最上級カードが必要です。

しかし、この『JCB THE CLASS』は招待制のカードなので、下記のJCBが直接発行しているカード(プロパーカードと言います)を利用していないと招待(インビテーション)を受けられません。

残念ながら『ディズニーJCBゴールドカード』は提携カードであるため、いくらカードをたくさん使っても『JCB THE CLASS』の招待(インビテーション)が届きません

2017年秋頃までは「m3.com」という日本最大級の医療従事者専用サイトで不定期に『JCB THE CLASS』を直接申し込むことができました。

しかし、冬以降は『JCBプラチナ』の案内しか表示されなくなったという口コミがあり、今後は直接申し込みできない可能性があります。

『JCB THE CLASS』のディズニー特典

口コミなどから分かっている範囲で簡単にご紹介します。

特典 詳細
JCBラウンジ(「スター・ツアーズ」)を年1回利用できる
  • ソフトドリンク飲み放題
  • ラウンジ内での休憩
  • アトラクションへの優先搭乗(待ち時間5〜10分)
ザ・クラス メンバーズセレクション
  • ネクタイ&ネクタイピンと東京ディズニーリゾートパークチケット(2枚組)
  • セットミッキー&ミニーのぬいぐるみと東京ディズニーリゾートパークチケット(2枚組)
  • セットダッフィー&シェリーメイのぬいぐるみと東京ディズニーリゾートパークチケット(2枚組)セット

などカタログギフトの中から一つ選べる

東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ ディズニーホテル宿泊と、2つのパークで遊べる特別なパークチケットやファストパス・チケットなどをセットにした宿泊プラン

JCBラウンジの利用によるアトラクションの優先搭乗や、ファストパス・チケットやショー鑑賞券付きの限定の宿泊プランも良いです。

2018年3月21日追記

2017年までは「ザ・クラス メンバーズセレクション」で「クラブ33」のペアランチお食事券セットがありましたが、2018年ではメンバーズセレクションでの記載がなくなってしまいました。

ただ、「クラブ33」を利用できる可能性は残されていますが、詳細については公表できない規約があるのでこちらでは書きません。

一つだけ言えるのは「クラブ33」を目的に『JCB THE CLASS』を目指すのはまだ意味があります。

『JCB THE CLASS』の入手のためにまずはJCBプロパーカードを持つ

最初にご説明したように、JCBから招待(インビテーション)を受けて『JCB THE CLASS』を手に入れるためには、まずはJCBが直接発行しているプロパーカードを持たなければなりません。

あなたの状況に合わせて、まずは下記のいずれかのカードを持ちましょう。

カード名 状況 年齢
JCBプラチナ 年収(推定500万円以上)や職業など社会的信用に自信がある 25歳以上
JCBゴールド 正社員で勤続年数が数年あるなどそこそこ社会的信用に自信がある 20歳以上
JCB GOLD EXTAGE 正社員などそこそこ社会的信用に自信があり、ゴールドカードを持ちたい 20代
JCB一般カード 正社員などそこそこ社会的信用に自信がある 18歳以上
JCB CARD EXTAGE 社会人として勤めていて安定した継続収入がある若い人 18歳〜29歳
JCB CARD W 勤めていて安定した継続収入があり、年会費無料でカードを持ちたい男性 39歳以下
JCB CARD W plus L 勤めていて安定した継続収入があり、年会費無料でカードを持ちたい女性 39歳以下

カードのランクやアップグレードの流れは下図のようになります。

『JCB THE CLASS』の招待条件は公表されていませんが、入手できた人の口コミから次のような条件を全て満たすと招待(インビテーション)が届きやすいようです。

  • 『JCBゴールド』以上のカードを持っている
  • JCBプロパーカードでの累計利用額が1,000万円〜1,500万円

2017年秋以前までは、『JCBゴールド』を2年連続100万円以上すると招待される『JCBゴールド ザ・プレミア』を作り、それからさらにカードをたくさん利用するのが口コミ数の多い招待条件でした。

ただ、『JCBゴールド』でも短期間に多額の利用(年500万円以上を2年続けて使った)をしたら、いきなり『JCB THE CLASS』の招待が届いたという口コミもあり利用額重視のようです。

信用に自信のある方はいきなり『JCBプラチナ』を作ってたくさん利用し、そうでない方は『JCB一般カード』などからコツコツ利用してランクアップをして利用額を増やして行くと良いでしょう。

『JCB THE CLASS』の招待や機能などについてさらに詳しい情報を知りたい人は下記の記事も参考になります。

参考情報

『ディズニーJCBゴールドカード』は提携カードなので、『JCBゴールド』などのプロパーカードとの2枚持ちができます。

下図のようにディズニーカードとプロパーカードで使えるディズニー特典が違います。

すぐに使えるディズニーカード限定のディズニーの特典を楽しみつつ、プロパーカードを持って『JCB THE CLASS』を目指している人も多くいます。

3-2. 『ディズニーJCBカード(一般カード)』との差が少ない

2章のメリットでご説明してきたようにディズニー関連の特典が非常に多い『ディズニーJCBゴールドカード』ですが、実は『ディズニーJCBカード(一般カード)』との主な違いは下記の2つしかありません。

  • ポイント還元率
  • Thanksギフトの内容

ポイント還元率

『ディズニーJCBゴールドカード』はカードの利用額100円につき1ディズニーポイント(還元率1%)貯まり、『ディズニーJCBカード(一般カード)』はカードの利用額200円につき1ディズニーポイント(還元率0.5%)貯まります。

カードの利用額に応じてボーナスポイントなどもありません。交換できる商品に違いもありません。

Thanksギフトの内容

カードを年に1回以上利用し、継続して持っていると毎年かわる非売品のオリジナルグッズをプレゼントされるThanksギフトがあります。

カードの種類によるオリジナルグッズの違いは次の通りです。

ペーパーウェイト(ゴールドカード)

 出典:ディズニーJCBカード

ピンバッジ(一般カード)

出典:ディズニーJCBカード

高額な保険や空港ラウンジなどゴールドカードの特典を利用しなければ、年会費の高さから0.5%差のポイントも元を取るのは大変です(年220万円以上の利用で一般カードより得)

Thanksギフトにこだわりがなければ、『ディズニーJCBカード(一般カード)』でも良いでしょう。

4. まとめ

ディズニーJCBゴールドカード』に関して、おすすめできる人や状況、メリット・注意点を解説してきましたがいかがでしたか。

『ディズニーJCBゴールドカード』は以下のようなメリットがある、とても使い勝手の良いクレジットカードです。

  • ディズニーポイントが貯まりやすい
  • ディズニー関係の特典がある
  • 『JCBゴールド』の特典も利用できる

ディズニーが大好きな人にとって、カード会員限定でしか手に入らないグッズを手に入れられたりパーティやイベントでの優遇があるだけでなく、『JCBゴールド』の特典も利用できる便利でお得な1枚です。

『ディズニーJCBゴールドカード』を利用することであなたの生活がより豊かで便利になることを祈っています。

『ディズニーJCBゴールドカード』公式ページ:

https://secured.disney.co.jp/dcc.html

また、「ゴールドカードの年会費を払うほどの魅力を感じなかったけど、ディズニーをお得に利用したいな」と思った人は年会費初年度無料の『ディズニーJCBカード』を選びましょう。

『ディズニーJCBカード』公式ページ:

https://secured.disney.co.jp/dcc.html

カード詳細情報

この章では、『ディズニーJCBゴールドカード』についての詳細情報を表にまとめました。

上記でご紹介した他にカードについて細かい情報を知りたい人だけお読みください。

また、参考情報としてJCBカードのグレード別情報簡単比較表や、クラブ33を使える『JCB ザ・クラス』の招待を受けられるJCBオリジナルシリーズカード(JCBが直接発行しているカード)を一覧表にしています。

基本情報

年会費(税抜) 本会員 13,000円
家族会員 1名様無料、2人目より1名様につき1,000円
国際ブランド JCB
申し込み対象 本会員 20歳以上でご本人に安定継続収入のある方。

※学生の方はお申し込みになれません。

※ゴールドカード独自の審査基準により発行します。

家族会員 生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
締め日・支払日 15日締め翌月10日払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
ショッピング 利用可能枠 JCBカードの審査基準により決定
支払い方法 JCBのホームページを確認してください
キャッシング 利用可能枠 JCBカードの審査基準により決定
支払い方法 JCBのホームページを確認してください

ポイント情報

ポイント名 ディズニーポイント
基本ポイント付与 カード利用100円につき1P(=1円相当)
還元率 1%
有効期限 獲得月から3年間
ボーナスポイント 3%:ディズニーストアオンラインでの利用

5%:ファンダフル・ディズニー年会費の支払分

交換先 1P〜:全国のディズニーストアやディズニーストアオンライン販売で利用(1度500ポイントに到達する必要あり)

500P:ベルメゾンお買い物券500円(オンライン版)

3,000P:ベルメゾンお買い物券3,000円(オンライン版)

3,000P:劇団四季ギフトカード3,000円(ディズニー作品限定)

3,300P〜:ディズニーグッズ

4,800P:東京ディズニーリゾートパークチケット小人(幼児・小学生4~11歳)

5,000P:ディズニーホテル宿泊・レストラン優待券、東京ディズニーリゾートギフトカード

6,000P:劇団四季ギフトカード6,000円(ディズニー作品限定)

6,400P:東京ディズニーリゾートパークチケット中人(中学生・高校生12~17歳)

7,400P:東京ディズニーリゾートパークチケット大人(18歳以上)

10,000P:ディズニー・パーク&リゾート・トラベルクーポン

39,000P:東京ディズニーランド年間パスポート(引換券)/東京ディズニーシー年間パスポート(引換券)小人(幼児・小学生4~11歳)

51,000P:東京ディズニーランド年間パスポート(引換券)/東京ディズニーシー年間パスポート(引換券)シニア(65歳以上)

56,000P:2パーク年間パスポート(引換券)小人(幼児・小学生4~11歳)

61,000P:東京ディズニーランド年間パスポート(引換券)/東京ディズニーシー年間パスポート(引換券)大人(18歳以上)/中人(中学生・高校生12~17歳)

75,000P:2パーク年間パスポート(引換券)シニア(65歳以上)

89,000P:2パーク年間パスポート(引換券)大人(18歳以上)/中人(中学生・高校生12~17歳)

追加カード(電子マネー)情報

カード名 年会費・発行手数料(税別) ポイント付与 備考
ETCカード 無料 100円(税込)利用で1ポイント
QUICPay 無料 100円(税込)利用で1ポイント 専用カードを追加で発行したり、モバイルタイプも利用できます
QUICPay for ディズニー★JCBカード 発:700円 100円(税込)利用で1ポイント 専用のキーチェーン型電子マネー。発行後の利用でポイントがもらえるキャンペーンをずっと行っている
ディズニー・キッズポイントカード 発:1,000円 カードの利用でためたディズニーポイントを振り分けてパークやディズニーストアで利用できる

発行枚数最大8枚まで

Apple Pay 無料 QUICPay:100円(税込)利用で1ポイント Suicaチャージできるが、ディズニーポイントは付かない
プラスEXカード【エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)】 年:1,000円 100円(税込)利用で1ポイント
プライオリティパス

保険情報

海外旅行保険(自動付帯)※一部利用付帯 補償条件 旅行期間中の事故によるケガが原因で事故の日から180日以内に死亡または後遺障害を生じたとき

ゴールドカードで事前に、「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金をお支払いいただいた場合、最高補償額は1億円、支払がない場合には、最高補償額5,000万円となります

傷害死亡・傷害後遺傷害 合計:最高1億円

自動付帯:5,000万円

利用付帯:5,000万円

傷害・疾病治療 300万円
賠償責任 1億円
携行品損害 1旅行中50万円(保険期間中100万円)

旅行期間中に携行する身の回りの品(被保険者の所有するもの)が盗まれたり、事故により壊れたりしたとき

自己負担:1事故につき3,000円、※携行品1つあたり10万円限度

救援者費用 400万円
家族特約 傷害死亡:最高1,000万円、治療:200万円、疾病:200万円、賠償:2,000万円、携行品:50万円(100万円)、救援者:200万円
対象者 生計を共にするご家族で、カードをお持ちでない19歳未満のお子様
国内旅行保険(自動付帯) 補償条件 被保険者が公共交通乗用具に乗客として搭乗中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因

被保険者が宿泊施設に宿泊中に火災・破裂・爆発によって被ったケガが原因

被保険者が宿泊を伴う募集型企画旅行参加中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因

傷害死亡・傷害後遺傷害 5,000万円
傷害入院 日額 5,000円
傷害手術 最高 20万円
傷害通院 日額 2,000円
家族特約
国内・海外航空機遅延保険(自動付帯) 乗継遅延費用

(食事代・客室料)

2万円限度(遅延した航空便の実際の到着時刻から4時間以内に代替便を利用できなかった場合)
出航遅延費用等保険金

(食事代)

2万円限度(出航予定時刻から4時間以内に代替便を利用できなかった場合)
寄託手荷物遅延費用保険金

(衣料購入費等)

2万円限度(到着後6時間以内に手荷物が届かなかった場合で、到着後48時間以内に購入した場合)
寄託手荷物紛失費用保険金

(衣料購入費等)

4万円限度(到着後48時間以内に手荷物が届かなかった場合を紛失とみなし、到着後96時間以内に購入した場合)
ショッピング補償(動産総合保険) 補償内容 補償期間内にJCB会員がJCBカードを利用して購入した物品(補償の対象とならない物品については下記をご確認ください)で購入日(配送等による場合には物品の到着日)から90日以内に偶然な事故によって損害を被った場合
年間補償限度額 500万円限度
自己負担額 (1回の事故につき)3,000円
カード盗難保険 カードが不正利用された場合も、特別なケース以外は届出日の60日前からその損害を補償
インターネットショッピング保険 JCBでe安心 インターネットショッピングでご利用になった覚えのない請求があっても、状況調査のうえ適用条件に基づき、請求を取り消します

空港ラウンジ

国内空港ラウンジ 28空港41ラウンジ [北海道・東北]

新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港

[関東]

羽田空港 成田国際空港

[中部・北陸]

新潟空港 富山空港 小松空港 中部国際空港

[近畿]

伊丹空港 神戸空港 関西国際空港

[中国・四国]

岡山空港 米子空港 広島空港 山口宇部空港 松山空港 徳島空港 高松空港

[九州・沖縄]

北九州空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港

海外空港ラウンジ [ハワイ] 

ダニエル・K・イノウエ空港

[中国]

中国22空港のラウンジ(2018年9月30日までの期間限定)

サービス・特典情報

特典内容 ・キャラクターグリーティング

毎週水・日曜日の週2回開催されるキャラクターグリーティングに1日50組を抽選でご招待(お申し込み必要)

 

・Thanksギフト

カードを継続、利用された本会員様に、毎年かわる非売品のオリジナルグッズ(ペーパーウェイト)をプレゼント

 

・ディズニーホテルキャンペーン

宿泊料金を10〜20%割引

 

・ディズニー・カードクラブ限定のパーティに参加できる

 

・ファンダフル・ディズニー年会費を支払うと年会費分のディズニーポイントが5倍!さらに抽選で100名様に、東京ディズニーリゾート・ギフトカードをプレゼント

 

GOLD Basic Service

ベーシック

会員専用デスク:カードに関する全般的な問い合わせなどをJCBゴールド会員の方専用の通話料無料のゴールドデスクで受けてくれる

会員情報誌「JCB THE PREMIUM」:本物を知る大人にふさわしい、上質感の演出をコンセプトとし、JCBプレミアムカード会員の皆様に「本誌」と「別冊」の2冊を毎月届けてくれる

 

・トラベル

ハーツレンタカーサービス:世界有数のネットワークを誇る「ハーツレンタカー」をおトクに利用できる割引サービス

 

・グルメ

JCBゴールド グルメ優待サービス:全国250店舗で、事前予約、専用クーポンの提示、JCBゴールドの支払いをすると飲食代金またはコース代金より20%OFFとなるサービス

京爛漫:京情緒が味わえる情報が満載のJCBオリジナルガイドブックです。京都ならではの趣あるお店が紹介されている。JCBが自信を持っておすすめする旅館、飲食店、名品店にて優待が受けられます。

 

・エンターテイメント

JCBゴールド ゴルフサービス

  • ゴルフエントリーサービスの利用:通常はゴルフ場メンバー以外の方は予約困難な憧れの名門コースをはじめ、全国約1,200ヵ所のゴルフ場のプレー予約を、電話で受けてくれる
  • JCBゴールド ゴルフイベントへの参加:有名コースを舞台としたコンペ形式のゴルフイベントを随時開催
  • JCBゴルファーズ倶楽部への入会:憧れの名門コースでのプレーを楽しめる倶楽部。豊富なラウンド枠が用意されている

 

JCBゴールド チケットサービス:演劇、コンサート、歌舞伎などの良席保証・先行販売・特典付チケットを毎月JCBプレミアムカード会員に案内してくれる

 

・ライフ

健康サービス

  • 人間ドックサービス:地域に提携医療機関があり、優待料金で利用できる
  • ドクターダイレクト24(国内):24時間・年中無休で、健康や介護、育児などに関する相談に無料でこたえてくれる
  • 健康チェックサービス:痰などの検体を郵送するだけで、自宅にいながら専門家のアドバイスが受けられる

 

JCB暮らしのお金相談ダイヤル:暮らしにまつわる税務・年金・資産運用についての相談を、電話で受けてくれる。相談料は無料です。

 

ゴールドフラワーサービス:通常価格より5%引きで指定先に花を届けてくれる

 

・JCBオリジナルカレンダープレゼント

毎年1部無料でプレゼントされる(年末の応募期間に申し込みが必要)

ディズニーJCBカードグレード別情報簡単比較表

ディズニーJCBカードを、グレード別に情報を簡単に比較できるよう表にまとめました。

カード名

『ディズニー★JCBカード一般カード』

ディズニーJCBゴールドカード』

申し込み対象 本会員 18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。 20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。

※学生の方はお申し込みになれません。

家族会員 生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方。
ポイント還元率 0.5%(200円で1ポイント) 1%(100円で1ポイント)
ポイント有効期限 獲得月から3年間
ブランド

JCB

年会費(税抜) 本会員

初年度

無料

13,000円

2年目以降

2,000円

13,000円

家族会員

初年度

無料

1名無料

2人目より1名様につき1,000円

2年目以降

400円

1名無料

2人目より1名様につき1,000円

ショッピング 利用可能枠 審査により決定
電子マネー

○ポイントも付く

△チャージのみ

Edy

nanaco

モバイルSuica

QUICPay

SMART ICOCA

国内旅行保険 適用条件

自動付帯
傷害死亡・傷害後遺傷害

5,000万円
傷害入院

日額 5,000円

傷害手術

手術の種類に応じて5万円・10万円・20万円

傷害通院

日額 2,000円

家族特約対象

海外旅行保険 適用条件 自動付帯(一部利用付帯)
傷害死亡・傷害後遺傷害

合計:1億円

自動付帯:5,000万円

利用付帯:5,000万円 

家族 1,000万円

傷害・疾病治療

300万円

家族 200万円

賠償責任

1億円

家族 2,000万円

携行品損害(免責3,000円)

1旅行につき50万円限度(保険期間中100万円)

家族 同上

救援者費用

400万円

家族 200万円

家族特約対象 本会員と生計を共にするご家族で、19歳未満のお子様
国内・海外航空機遅延保険

○(自動付帯)

ショッピング保険 年間補償限度額 100万円(海外のみ) 500万円
自己負担額 (1回の事故につき)10,000円 (1回の事故につき)3,000円
空港ラウンジ 国内 新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港 新潟空港 羽田空港 成田国際空港 富山空港 小松空港 中部国際空港 伊丹空港 神戸空港 関西国際空港 岡山空港 米子空港 広島空港 山口宇部空港 松山空港 徳島空港 高松空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港
海外

[ハワイ] 

ダニエル・K・イノウエ空港

[中国]

中国22空港のラウンジ(2018年9月30日までの期間限定)

Thanksギフト

ピンバッジ

ペーパーウェイト

キャラクターグリーティング

ディズニーホテルキャンペーン
ディズニー・カードクラブ限定のパーティに参加
GOLD Basic Service

JCBオリジナルシリーズカード一覧表

JCBが直接発行しているクレジットカード(JCBオリジナルシリーズ)を一覧表にしました。

カード名 年会費(税抜) ポイント還元率 申し込み条件(年齢)
JCB CARD W 無料 1.0% 18歳以上39歳以下(高校生は除く)
JCB CARD W plus L
JCB CARD EXTAGE 無料 0.5%〜1.5% 18歳〜29歳の社会人
JCB一般カード 無料(初年度、2年目以降条件を満たした場合)

2年目以降

1,250円(条件を満たさない場合)

0.5% 18歳以上(高校生は除く)
JCB GOLD EXTAGE 初年度無料

2年目以降3,000円

0.5%〜1.5% 20歳以上(学生除く)29歳以下
JCBゴールド 初年度無料

2年目以降10,000円

0.5% 20歳以上(学生除く)
JCBゴールド ザ・プレミア』(招待制) 10,000円(初年度、前年100万円以上利用)

15,000円(前年100万円未満利用)

20歳以上(学生除く) で『JCBゴールド』を2年連続100万円以上利用など招待条件を満たした場合
JCBプラチナ 25,000円 25歳以上
JCB ザ・クラス』(招待制) 50,000円 0.5% JCB OS(オリジナルシリーズ)ゴールドカード会員(一部の提携)の中から独自審査の上、選ばれた方

※口コミ情報を元に作成。

(※当サイトへの掲載情報は、できる限り正確であるように精査の上細心の注意を払って作成しておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に対して生じたあらゆる損害等について一切補償は致しません。極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket