中国東方航空のマイル全知識とクレジットカードおすすめ3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「中国東方航空のマイルについて知りたい」「中国東方航空のマイルの貯め方を知りたい」と考えていませんか。

中国東方航空は中国最大規模の航空会社で、日本へも羽田、成田、関西をはじめ、地方都市へも就航しています。しかし、日本ではJALやANAのマイルが主流となっていて中国東方航空のマイルについて詳しく知らない方も多いです。

そこでこの記事ではマイルを使って年間50回以上の旅行をする私が中国東方航空のマイルについて以下の流れで紹介していきます。

  1. 中国東方航空のマイル3つの基礎知識
  2. 中国東方航空のマイルの3つの貯め方
  3. 中国東方航空利用におすすめなクレジットカード3選

この記事を読むことで、中国東方航空のマイルとその上手な貯め方についての全てがわかります。

1. 中国東方航空のマイル3つの基礎知識

中国東方航空は世界最大規模の航空会社です。日本でいうJALやANAのマイレージのように中国東方航空にもマイレージプログラムがあり、「イースタンマイルズ」と呼ばれています。

この章では中国東方航空のマイルについて以下の流れで紹介していきたいと思います。

  1. イースタンマイルズとは
  2. 中国東方航空のメリット・デメリット
  3. イースタンマイルズをあまりおすすめしない理由

この章を読み、中国東方航空のマイル「イースタンマイルズ」が自分に合っているかどうかを確認しましょう。

1-1. イースタンマイルズとは

イースタンマイルズとは中国東方航空のフライトで貯まるマイルのことを指します。

また、以下のような「スカイチーム」加盟航空会社のフライトの利用でもマイルを獲得することができます

出典:SKYTEAM

上記のように「スカイチーム」加盟航空会社には、デルタ航空、エールフランス航空、チャイナエアライン、大韓航空、ベトナム航空、アエロフロート航空など、世界的に有名な航空会社が加盟しています。

「スカイチーム」加盟航空会社のフライトの利用でもマイルを獲得、利用することができるので海外によく行く方は非常にマイルを貯めやすいです。

航空券への交換を行う場合ですが、「スカイチーム」加盟航空会社と中国東方航空利用時で必要となるマイル数が異なります。

また、ANAやJALのマイルのように提携クレジットカードの利用などでもマイルを貯めることができます。

1-2. 中国東方航空のメリット・デメリット

イースタンマイルズを貯めるかどうか判断する前に、中国東方航空とはどのような航空会社なのか紹介します。

中国東方航空は中国の大手航空会社ですが、他の航空会社と比較した際に以下の3つのメリットがあります。

  • 航空券が安い
  • 預けられる手荷物が多い

また、中国東方航空の他の航空会社と比較した際のデメリットは以下の2つです。

  • 飛行機の遅延が多い
  • 日本からは上海行きが中心(他のエリアにはほとんど行かない)

価格が安いしコスパはいいですが、遅延が多かったり、上海行きに限られることが多いなど、デメリットもあります。

1-3. イースタンマイルズをあまりおすすめしない理由

上記のようなメリット・デメリットを持つ中国東方航空ですが、日本からの便は基本的に上海行きが多く、イースタンマイルを利用する機会が限られてしまいます。

そのため、基本的には中国東方航空を利用した際は、デルタ航空など他の「スカイチーム」の航空会社のマイルやJALのマイルなど、より使い勝手の良い航空会社のマイルを貯めることをおすすめします。

それでもイースタンマイルズを貯めたい方は、以下にさらに詳しい詳細が書いてあるので読み進めましょう。

2. 中国東方航空のマイルの3つの貯め方

イースタンマイルズ貯める方法としては、主に以下の3つがあります。

  • 中国東方航空の飛行機に搭乗する
  • 中国東方航空の提携会社を利用する
  • クレジットカードを利用する

この章ではイースタンマイルズのため方についてそれぞれ紹介していきます。

2-1. 中国東方航空の飛行機に搭乗する

中国東方航空の飛行機に搭乗した場合に得られるイースタンマイルズについて説明します。飛行機に搭乗した際に付与されるマイルは路線や予約クラスによって異なります。

他社のように自社便と提携航空会社の便とでの違いはあまりありません。

2-2. 中国東方航空の提携会社を利用する

先ほど、「スカイチーム」加盟航空会社のフライトの利用でもマイルを獲得、利用することができると紹介しましたが、それ以外にも中国東方航空の提携エアラインの利用でもマイルを獲得、利用することができます。

また、提携会社の中にはJALもあるのでJALの便の搭乗でもマイルをためたり、利用したりできます。

2-3. クレジットカードを利用する

中国東方航空もANAやJALのマイルのように提携クレジットカードの利用でマイルを貯めることができます。

しかし、中国東方航空自体に日本で発行できる提携カードはないので、次章では提携カードではないものの中国東方航空でマイルを貯めるのにおすすめのカードを紹介していきます。

3. 中国東方航空利用におすすめなクレジットカード3選

この章では中国東方航空を利用する方に、おすすめなクレジットカードを3枚紹介します。

中国東方航空に日本で発行できる提携カードはなく、カード利用で貯まったポイントをイースタンマイルズにできるのは『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』だけです。

また『デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』はデルタ航空との提携カードですが、所属している「スカイチーム」の上級会員資格がカードを持つだけで初年度付きます。

そして、JALは中国東方航空と提携しているので、お互いの便の利用でマイルを貯めることができる『JALカード TOKYU POINT ClubQ』のようなJALカードもお勧めです。

3-1. 『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』は年会費31,000円(税抜)のカードですが、還元率1%相当で貯まるポイントがイースタンマイルズに変えることができます。

ポイントは中国東方航空だけでなく、44社以上の提携航空会社マイレージに交換することができ、イースタンマイルズは通常マイル還元率1%です。さらに1回の手続きで60,000ポイントを交換すると15,000ポイントのボーナスポイントがもらえるので、マイル還元率を1.25%にできます。

また、高級ホテルがお得に利用できる特典や、次年度以降にシェラトンやウェウティンなどの有名高級ホテルでも使える2名用の宿泊無料特典がもらえたりなど、宿泊施設もお得に利用したいという方には非常におすすめのカードです。

年会費(税抜) 31,000円
入会年齢 20歳以上、定職がある方(パート・アルバイト不可)
マイル還元率 1%〜1.25%

『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/starwood-preferred-guest-card/

3-2. 『デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』は年会費26,000円(税抜)のカードですがそれを上回るサービスを持つカードです。

カードの支払いで貯まるのはデルタ航空のマイルですが、このカードを持つだけで初年度は中国東方航空の所属する「スカイチーム」の上級会員「エリートプラス」になることができます(デルタ航空の「ゴールドメダリオン」の資格が自動的に付いてきます)

「エリートプラス」になると以下のような特典があります。

  • チェックイン時の優先レーンの利用
  • 保安検査場でのセキュリティライン優先アクセス
  • 優先搭乗
  • 手荷物優先受取
  • 座席の優先指定

また、世界各国600か所以上ものスカイチームのラウンジを同伴者1名も無料で利用できるので、アルコール類や食事も無料で楽しめたり、豪華な設備と広い空間で休憩を取ることができます。

出典:スカイチームラウンジ

以上のように中国東方航空だけでなく、デルタ航空など「スカイチーム」の航空会社でも優遇されるようになるので、「スカイチーム」の航空会社を良く使う方におすすめです。

年会費(税抜) 26,000円
入会年齢 20歳以上、定職がある方(パート・アルバイト不可)
マイル還元率 1%

『デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/delta-gold-card/

3-3. 『JALカード TOKYU POINT ClubQ』

JALカード TOKYU POINT ClubQPASMOへのオートチャージができ、チャージでもポイントがたまります。中国東方航空がJALと提携しているのでJALのカードを持っていれば、中国東方航空のフライトでJALのマイルを貯められます。

また、『JMB WAONカード』と紐付けることができ、WAONのチャージ(還元率1.0%)とWAONの利用(0.5%)でもマイルが貯まるので最大還元率は1.5%になります。

さらにTOKYUポイント加盟店で利用すると、TOKYUポイントが貯まり、こちらも2,000ポイント=1,000マイルでJALマイレージに交換できるのでJALのカードの中でも非常にお得なカードです。

年会費(税抜) 2,000円(初年度無料)
入会年齢 18歳以上(除く高校生)で電話連絡可能な方

※未成年者が申込者の場合は、親権者の方の同意が必要となります。

マイル還元率 0.5〜1.0%

『JALカード TOKYU POINT ClubQ』公式ページ:

https://www.jal.co.jp/jalcard/card/

4. まとめ

以上が中国東方航空のマイルについての紹介でした。

中国東方航空は中国最大規模の航空会社で、日本へも羽田、成田、関西をはじめ、地方都市へも就航しています。JALやANAのマイレージのように中国東方航空にもマイレージプログラムがあり「イースタンマイルズ」と呼ばれています。

ただし、中国東方航空のマイルの使い道が限定されるので、メインで使っている方以外にはあまりおすすめしません。デルタやJALなど他のマイルを貯めるようにしましょう。

また、中国東方航空は日本で発行できる提携カードはなく、中国東方航空の飛行機に乗る方は、以下のクレジットカードを利用するとメリットがあります。

あなたがより快適に中国東方航空を利用できるようになることを願っています。

(※当サイトへの掲載情報は、できる限り正確であるように精査の上細心の注意を払って作成しておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に対して生じたあらゆる損害等について一切補償は致しません。極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket