在宅でもがっつり稼げる!英語が得意な方におすすめの副業5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「英語を使って稼ぐことのできる副業ってないの?」「月々の収入を少しでも増やしたくて、副業を始めたい」と考えていませんか。

結論から言うと、英語のできる方は在宅しながらでも条件良く稼ぐことのできる副業が5つあります。

そこでこの記事では今までに現在、学生時代に留学し、得意な英語を生かし、月に10万円以上の副業収入を得ている私が、英語を使って稼げる5つの副業について紹介していきます。

  1. 英語が活かせるおすすめの副業5選
  2. 英語なしでもがっつり稼げるおすすめの副業5選

この記事では英語が活かせる副業と、それらの副業が合わないと感じた方のために誰でも稼ぐことのできる副業を紹介しています。この記事を読むことであなたに合った副業が必ず見つかります。

 1. 英語が活かせるおすすめの副業5選

この章では英語が活かせる以下の5つの副業を紹介します。

私は英語を使った副業以外のものも合わせると、今までに30以上の副業をしてきましたが、英語を使ってきちんと稼ぐことのできた副業は上記の5つだけでした。

上記の5つの副業をわかりやすく紹介すると以下のようになりました。

以下ではそれぞれ詳細を紹介しています。

1-1. 翻訳:TOEIC600点以上〜

「翻訳」は書籍、映像、専門性の高い文章などを翻訳して稼ぐ副業で、今ではクラウドソーシングと呼ばれるサイトで企業などがオンライン上で不特定多数の方に業務を発しており、それを受注することができます。

翻訳の文字数や報酬、必要なレベルなどは以下の通りです。

文字数 必要レベル 報酬 平均月収
海外サイトブログ記事 500〜1,000文字程度 TOEIC600〜700点前後 500~1,000円程度 3万円ほど
海外のニュースやマニュマルの翻訳 2,000文字程度 TOEIC800点以上 2,000~4,000円程度 8万円ほど

また、上記の他にも文字数が長いものなどになれば1記事で数万円の報酬のものもあります。

翻訳の仕事を受けたい場合は、日本最大級のクラドソーシングサイト「クラウドワークス」が案件数が多く、翻訳の他にも英文事務、英文ライティングから、テープ起こしや海外コールセンター・カスタマーサポートや高額案件もあるのでおすすめです。

翻訳のおすすめサイト

「クラウドワークス」公式サイト:https://crowdworks.jp/

1-2. アルバイト:TOEIC700点以上

「アルバイト」にも以下のように英語を使って稼ぐことのできるものがあります。

  時給 内容
英会話講師 1,200円程度 スカイプなどでレッスン
コールセンター業務 1,200円程度 英語で電話(スカイプ)対応

基本的には他のアルバイトとすることは同じなのですが、英語能力がなければできないアルバイトなので時給が通常のアルバイトよりも高くなっています。

アルバイトを探す際は日本最大級の求人サイト「バイトル」が案件数も非常に多いのでおすすめです。

アルバイトのおすすめサイト

「バイトル」公式サイト:https://www.baitoru.com/kanto/

1-3. coconara:TOEIC800点以上〜

coconara」はあなたの特技やスキルを500円から販売できるサイトです。高額なものになると1時間で5,000円以上の収入が入るものもあります。

このサイトでは以下のようにあなたの英語スキルを使って稼ぐことができます。仕事内容に関しては自分で

報酬 内容
メールやSNS用の
英訳します
500円 300文字程度の添削
英語学習の最短・最速メソッドを
教えます
5,000円 英語の学習方伝授
ネイティブが日本語→自然な英語に
翻訳します
500円 300文字程度の添削
英語圏の女性ナレーターが英語を
読み上げます
3,000円 英単語「100個」の読み上げ

上記のように翻訳だけでなく、文章を読み上げたり、学習方法の伝授などで稼ぐことも可能です。

登録も無料で可能なので気軽に始めることができます。

coconaraの公式サイト

「coconara」公式サイト:https://coconala.com/

1-4. タイムチケット:TOEIC800点以上〜

タイムチケット」はあなたの時間を30分単位で提供して稼ぐシステムです。

30分に対する値段も30分500円~数万円と非常に様々で、30分間の内容もなんでも良いので以下のように英語を使ったサービス提供が可能です。

時間 報酬 内容
帰国子女のプロ翻訳者が
英語周りよろず引き受けます!
1時間 3,600円 英文履歴書、論文その他各種文書の添削、通訳など
なんでも翻訳(英語)、英会話 30分 1,500円 翻訳、英語の話し相手、英語のコピーライティング
【発音・文法・ライティング】
バイリンガルが教える英語学習
1時間 2,700円 英語のレッスン

登録無料なので簡単に始めることができます。

タイムチケットの公式サイト

「タイムチケット」公式サイト:https://www.timeticket.jp/

1-5. クラウド通訳:TOEIC800点以上〜

クラウド通訳」とはスマートフォンによるビデオチャットでインターネット上で働く「通訳さん」を呼び出せるサービスです。

その「通訳さん」になり、呼び寄せた方の会話に参加し通訳を行います。会議などで使われることもありますが、外国人観光客の利用もあるようです。

この副業を始めるためには面接があるので一定の英語能力が必要ですが、報酬は1回あたり15,000円〜25,000円と非常に高いです。

クラウド通訳の公式サイト

「クラウド通訳」公式サイト:http://www.k-opti.com/co-creation/crowdtsuyaku/

 2. 英語なしでもがっつり稼げるおすすめの副業5選

前章では英語を活かせる副業を紹介してきました。

英語が活かせる副業は高額案件のものも多く、非常におすすめです。しかし、その分求められる英語スキルも高いものが多く。英語でできる副業に興味があったけど難しそうと感じる方もいたかと思います。

この章では前章で自分に合った副業が見つけられなかったという方のために誰でもできるおすすめの副業を紹介します。

今までに30以上の副業をしてきましたが、誰でも稼ぐことのできるおすすめの副業はこの5つです。

以下ではそれぞれ詳細を紹介しています。

2-1. 仮想通貨:今最もアツい副業!億万長者が狙える!

「仮想通貨」の売買で稼ぐことも可能です。近年、仮想通貨の1種であるビットコインの値上がりなどで20代〜40代で1億円以上の資産を手にした方がTVやSNSでも取り上げられて知っている方も多いのじゃないでしょうか。

仮想通貨とはネット環境さえあれば国境関係なく利用可能なのがメリットです。また、これからの成長も見込めるのでさらなる値上がりが期待できます。その反面、利用している取引所のセキュリティが甘いとハッキングの恐れもあります。

仮想通貨の取引をするためには自分の取引所を開設する必要があります。おすすめの取引所はセキュリ的もしっかりとしていて、取引にかかるコストも少ない「bitFlyer(ビットフライヤー)」がおすすめです。

仮想通貨の評価

仮想通貨の評価は以下の通りです。

仮想通貨を実際にやってみた結果

私も実際に仮想通貨投資を行なっています。

私は早いうちから始めていたので、当初の投資金額の1万円が300万円以上まで増えました。

仮想通貨市場はまだまだ伸びると思うので今後もこういった方は後を絶たないのではないでしょうか。

仮想通貨のおすすめサイト

「bitFlyer(ビットフライヤー)」公式サイト:https://bitflyer.jp/ja/

2-2. クラウドワークス:稼げる仕事の種類や量がとにかく多い

クラウドワークス」は日本最大級のクラドソーシングサイトで仕事の種類も誰にでもできるようなものから専門的なものまで様々で、この記事で総合評価が最も高く、おすすめの副業です。

クラウドソーシングとは企業などがオンライン上で不特定多数の方に業務を発注することを指します。クラウドワークスへの登録は無料なので誰でも簡単に始めることができます。

具体的な依頼内容としてはホームページ作成やiPhoneアプリ開発、ロゴマークやチラシデザイン、ネーミングやテープ起こし・文字起こしなどの仕事がありますが、その他にも多数の仕事があり、ここでは挙げきることができません。

クラウドワークスの評価

クラウドワークスの評価は以下の通りです。

クラウドワークスを実際にやってみた結果

クラウドワークスでは副業を始めたばかりで、何のスキルもなかった私でも空いた時間を利用して月に10万円程度稼ぐことができました。

クラウドワークスの公式サイト

「クラウドワークス」公式サイト:https://crowdworks.jp/

2-3. アンケートモニター:誰でも簡単に空いた時間で出来る!

「アンケートモニター」は企業やメディアからの簡単な質問や受け答えに回答するだけで収入がもらえる副業です。

基本的に登録が無料のサイトが多く、空いた時間にスマホで簡単に行えるので非常に多くの方が取り組んでいます。

アンケートモニターでおすすめのサイトは「マクロミル」「リサーチパネル」などがあります。どちらも無料で登録可能で案件数も非常に多いのでおすすめです。

アンケートモニターの評価

アンケートモニターの評価は以下の通りです。

アンケートモニターを実際にやってみた結果

私がまだサラリーマンだった頃、空いた時間を利用してアンケートモニターを行なっていましたが、1ヶ月で3万円程度稼ぐことができました。

しかし、単純作業を何度も繰り返すことが逆に辛かったので私はやめてしまいました。

アンケートモニターのおすすめサイト

2-4. ポイントサイト:本当に簡単な作業でコツコツ稼ぐ

「ポイントサイト」は広告サイトのクリックやゲーム、アンケートなどをするだけでポイントを貯めて、そのポイントを電子マネーなどにして稼ぐ方法です。

空いている時間に簡単に稼ぐことができるので、働いている感覚なしにお金を稼ぐことができます。

おすすめのポイントサイトは、案件の多さやポイントの換金レートの良さから「moppy」がおすすめです。

 ポイントサイトの評価

ポイントサイトの評価は以下の通りです。

ポイントサイトを実際にやってみた結果

以前に私もポイントサイトを利用していましたが、空いた時間に簡単作業をこなすだけで月に5,000円程度こなすことができました。

しかし、単純作業を何度も繰り返すことが辛く、収入も増えにくかったので私はやめてしまいました。

 ポイントサイトのおすすめサイト

「moppy」公式サイト:http://pc.moppy.jp/

2-5. 治験:実は安全で1回10万円以上稼げる案件も

「治験」は新薬の臨床試験で副作用についてのテストを受ける副業です。事前に無料で健康診断をしてくれて、土日だけで数万円稼げるものから1ヶ月程度で数十万円稼げるものまで様々です。

新薬の臨床実験で副作用についてのテストと聞いて、怖がる方も多いかと思いますが動物実験などのテストをクリアしている新薬なので安心です。それでも不安な方は「ジェネリック」の治験にすれば安心です。

参考:ジェネリックとは

ジェネリックとは、新薬の特許が切れたあとに販売される、新薬と同じ有効成分、同じ効き目の価格の安い薬です。

新薬と同じ有効成分、同じ効き目ならば臨床試験は不要なのではと思うかもしれませんが、薬を販売するためには臨床試験が必要不可欠です。すでに売られているクスリと同成分のため、ジェネリックの治験は安全性も高くおすすめです。

非常にお得な治験の案件を探す場合は「VOB(ボランティアバンク)」が最も登録者も多く、提供される情報も信頼できるものなのでおすすめです。

治験の評価

治験の評価は以下の通りです。

治験を実際にやってみた結果

私も以前、お金に困った際に1週間泊まり込みの治験に参加しました。

副作用などのことも考えて、ジェネリックの治験でしたがが1回で10万円以上の報酬がありました。

泊まっているうちは3食食事も出て、ゲームなど好きなことで時間を潰せました。

治験のおすすめサイト

「VOB(ボランティアバンク)」公式サイト:https://www.vob.jp/

 3. まとめ

以上が英語を活かせる副業を探している方におすすめの副業で下がいかがでしたか。

私は英語を使った副業以外のものも合わせると、今までに30以上の副業をしてきましたが、英語を使って稼ぐことのできた副業は上記の5つだけでした。

英語を使えば、高収入な副業がたくさんありますが、英語を使わなくても同等、もしくはそれ以上に稼げる仕事があります。

あなたが自分に合った副業を見つけられることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket