FXで勝てない!負け組の特徴と勝ち組になれる3つの秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
marketing

FXが儲かるという話がネットなどでよく出ているので、気になって始めてみたけど“負けてばかりで全然勝てない!”“どうすれば勝てるようになるの”と、疑問を抱いていませんか?

事実、儲かっている人もたくさんいるのがFXの世界ですが、なんとなくで適当にFXを始めてしまって「一気に資本の50万円がなくなってしまった」などという人も同時に多く見てきました。

このページでは、私自身の5年以上のFXトレードの経験と、これまでに出会ってきた数十人のFXで大損してしまった人の証言をもとに、「FXで勝てない理由と勝ち組になるためのポイント」について、以下の流れに沿ってご紹介します。

  1. FXで勝てない人の5つの特徴
  2. 勝ち組に共通する3つの秘訣
  3. FXで勝ち組になる為の勉強方法
  4. FXで勝ち組になる為に大切な業者選びの4つのポイント

すべて読めば、FXで勝つために必要なことが全てわかり、今日から負けないFXトレーダーになることができるでしょう。

1. FXで勝てない人の5つの特徴

私自身の勝てなかった時の経験や、「FXで勝てない」と相談を受けた数十人の人の話をもとに分析すると、FXで勝てない人には多くの共通点があり、特に以下の5つの特徴があります。

  • 毎日稼ごうとする
  • 損切りしない(できない)
  • レバレッジが高い
  • 自分のトレードを検証しない
  • 負けを取り返そうとしてより大きなトレードをする

それぞれの特徴を具体的にご紹介します。

1-1. 毎日稼ごうとする

FXを始めると、大体の人が夜の空き時間等を使って毎日稼ごうとする傾向があります。

それは、「デイトレーダー」という言葉の意味を間違って解釈しており、「有名デイトレーダーは毎日トレードして稼いでいるから自分も上手くやれば稼げるはず」という勘違いをしているからです。

その結果、トレードチャンスでもないタイミングに闇雲にトレードを行ってしまい、小さな損失を繰り返したり、一回の大きな損失で元金の大半を失ってしまうのです。

「デイトレーダー」とは「一日の中でトレードチャンスを探すトレーダー」のことで、チャンスがない場合には何もせずに終わる日も多々あるのが普通です。

“FXで安定的に勝つためには、「いかにリスクを取らず安全なタイミングでトレードするか」が大切であり、そういった安全なタイミング(=トレードチャンス)はそんなに頻繁にあるものではない”という正しい認識を持つことが大切です。

1-2. 損切りしない(できない)

勝ち続けている人は必ずできているのに、勝てない人が必ずと言っていいほどできないのが「損切り」です。FXで勝つためには「強制ロスカットを作動させてしまうような事態」を避けることが肝心です。

そのためには、含み損が出てしまった場合(自分の読みが間違った場合)には強制ロスカットが作動してしまう前に自分で小さく損切りすることが必要です。

しかしながら、大損する人の特徴として、「含み損が出ても“レートは一方向に進むことはなく、必ずある程度のところで反転して戻って来るはずだ”といったような希望的観測から損切りせず、損が膨らむと今度はその損を確定させてお金を失ってしまうことが怖くて損切りできなくなり、ついには強制ロスカットが作動して大損してしまう」のです。

「損切り」は自らお金を失うことを確定させる作業であり、人間の心理的に簡単にはできないのが自然ですが、FXで勝ち続けるためには必ず必要なリスクヘッジ策であることを認識し、「機械的に損切りができるように、自分なりの絶対的なトレードルールを持つこと」が大切です。

1-3. レバレッジが高い

FXの魅力は、少ない元金でも高いレバレッジを掛けることで大きなリターンが狙えるという一攫千金的な仕組みがあることですが、レバレッジが高いと少しレートがマイナスに動いただけで大きな損失を被ってしまいます。

最初はこの事実を意識してトレードをするのですが、何度か勝っているうちに気持ちが大きくなり“思ったよりもリスクは大きくないのでは”と、どんどんと高いレバレッジをかけていってしまうというのもFXで大損する人に多い特徴です。

その結果、勝率は高いのに一回の大損でこれまでの利益と元金の大半を失ってしまうのです。

トレードスタイルや損切り幅によりますが、安定的に勝ち続けている人のレバレッジは通常2〜3倍程度で、チャンスの時でも最大10倍程度です。

初心者のうちは必ずレバレッジは低め(2〜3倍程度)でトレードするようにしましょう。

1-4. 自分のトレードを検証しない

勝てない人は大抵自分のトレードルールを持たず、毎回感覚的にトレードを行うという特徴があり、トレードルールを持っていないため、自分のトレードを検証することはほとんどありません。

そのため、トレード経験を重ねても「自分はどういう場合に勝ちやすく、どういう場合に負けやすいか」といった自分のトレード情報が蓄積されず、当然にルールが磨かれることもトレードスキルが上達することもありません。

その結果、勝率も安定せず、相場の状態次第で、小さな損失を繰り返したり、一回の大きな損失で元金の大半を失ってしまうのです。

FXで安定して勝ち続けるためには、どんな相場でも的確な判断ができるようになるために、感覚的にやっているトレードをルール化(言語化)して検証できるようにし、トレード毎にそのルールの有効性について検証・修正していくことが大切です。

1-5.負けを取り返そうとしてより大きなトレードをする

こちらはFXをやっている人であれば、ほぼすべての人が一度や二度は経験があることだと思いますが、FXで勝てない人の典型的なパターンであり、何度も繰り返してしまうという常習性のある特徴です。

FXで負けると、その精神的ショックや焦り・苛立ち等から感情的になり、全く合理的ではないにも関わらず負けを取り返そうとより大きなトレードを行い、どんどんと大きな損失を繰り返してしまうのです。

普段は冷静な人でも、自分の大切なお金が掛かっていると大体の人がこのような感情的なトレードを行ってしまう傾向があり、人間の心理的に避けられないすべての人が注意すべき特徴です。

こちらも、自分の性格に合わせて「負けた直後の30分間は絶対にトレードしない」等の自戒のためのルールを決め、厳格に守るようにするべきです。

それでも繰り返してしまうような人は、今後も同じ負けを繰り返す可能性が非常に高いため、自分はFXや投資には向いていないと自覚し、やめてしまう方が安全です。

2. 勝ち組に共通する3つの秘訣

勝ち組トレーダーに共通する秘訣は大きく以下の3つです。

スクリーンショット 2016-08-15 16.43.47

2-1.自分なりのトレードルールを持っている

勝ち組みトレーダーの中で、トレードルールを持たず適当にトレードしている人はまずいません。

確固とした自分なりのトレードルールを確立するために、為替や経済・金融投資等の様々な分野の勉強をしていて、幅広く深い知識を持っている人がほとんどです。

また、勝っているトレーダーが安定して勝てるのは、「自分のトレードをしっかりと検証して、良い点・悪い点を理解し常に改善しているから」でもあり、その検証を可能にしているのはトレードルールということになります。

「自分なりのトレードルールを持っていないうちは、どうしても感覚的にトレードしているので、いつまで経っても上達せず、運任せのギャンブルのようなトレードになってしまう」というのが大きな差でしょう。

勝ち組トレーダーの行動習慣として、「勉強する」「ルールを確立する」「忠実に実行する」「検証する」というサイクルをひたすら回すことで、自分のトレードスキルを向上させているのです。

スクリーンショット 2016-08-14 14.13.36

2-2. ルールに忠実である(損切りも利確も感情に左右されずにシステマチックに行う)

自分なりのトレードルールを持っていても、それに従わずに毎回違う判断をしていては、トレードルールを持つメリットが全く活かされません。

しかしながら、勝ち組トレーダーは例外なく皆ルールに忠実であるという特徴があります。

それは、「そもそもルールに忠実でなければメリットがないこと」をしっかりと理解した上で、「自分が忠実になれるぐらい自信が持てるルールを考え抜いて確立している」からといえます。

2-3. 極力リスクをとらない

そして、もう一つ勝ち組トレーダーに共通する絶対的な特徴として、「極力リスクをとらない」ということが挙げられます。

普通は、「リスクをとることで大きなリターンが狙える」というのが投資におけるセオリーだと考えてしまいますが、勝ち組トレーダーがトレードをするかどうかは「リスクが低いかどうか」ということを最も重要視しており、リスクが低い時にしかトレードをしません。

そのため、大きなトレンドが発生していない時などはトレードをせず、全く何もせずに終わる日も多々あります。

さらに、一回のトレードでとってもよいリスクの大きさをあらかじめ決めており、自分の軍資金から計算して、「ドル円のトレードなら一回のトレードでとっても良いポジションは10ロットまで」のように、リスクの大きさから逆算した資金管理を徹底しています。

このように、勝ち組トレーダーは極力リスクをとらないようにトレードを行い、負けた場合でも大きな損をしないようにしているのです。

3. FXで勝ち組になる為の勉強方法

結論から言うと、FXで勝ち組になりたければ、以下の2つを徹底することをおすすめします。

  • まずは基本的なFXの仕組みを理解する(市場参加者は誰で、なぜレートは上下するのか)
  • 勝ち組トレーダーの真似をする(リスクを最小限に抑える術を勉強する)

絶対にFX で勝ち組になれる方法などありませんが、勝ち組になるために最も効果的な方法は「仕組みを理解した上で、実際に勝っている人の真似をする」ことでしょう。

3-1. まずは基本的なFXの仕組みを理解する(市場参加者は誰で、なぜレートは上下するのか)

当然のことながら、FXの基本的な仕組みを理解せずにトレードを行うことはできません。FXで使われる用語や売買方法、通貨の種類等の基本情報を知るところから始めます。

その際に最も重要なことは、スポーツでいうところのルールに値する、「市場参加者は誰で、なぜレートは上下するのか」というFXの仕組みそのものをしっかりと理解することです。

為替取引には、「投資を目的としている投機筋」や「貿易や海外旅行等を目的としてた実需筋」・「経済の安定等の政策的な操作を目的とした各国の政府筋」といった様々な参加者が存在しており、「それぞれがどいうタイミングでどういう取引を行うのか」「その結果レートはどう動くのか」といった値動きの仕組みについて理解するようにしましょう。

以下にFXの基本的な仕組みを理解する上で役に立つ本をご紹介します。

<初心者向けのおすすめ入門書>

スクリーンショット 2016-05-08 15.17.44 『一番売れてる投資の雑誌ザイが作った「FX」入門
−2009/3/27, ザイFX!編集部 羊飼い (著)

※有名FX雑誌の編集部が監修し、FXの仕組みからトレード方法まで、基本的な必須知識を全体的に網羅してある本。初めてのFXで全体像を手っ取り早く掴むのにもってこいの本です。

スクリーンショット 2016-05-08 15.38.45

東大院生が考えたスマートフォンFX
– 2015/2/17, 田畑 昇人 (著)

※著者の田畑 昇人さんが東大院生時代にスマートフォン一台で大金を掴むまでの軌跡を基に、FXで勝つための重要な知識やトレードの考え方・手法を公開し、初心者にもわかりやすく解説されている本。実践的な内容を知りたい場合にもってこいの本です。

スクリーンショット 2016-05-08 15.59.17

岡安盛男の稼ぐFX 実戦の極意 
– 2013/10/10, 岡安 盛男 (著)

※元外資系銀行の凄腕ディーラーの著者が、各通貨の特徴や重要経済指標の読み方、チャート分析の仕方まで、FXで勝つ為の実践的なスキルやノウハウを惜しみなく網羅的にわかりうやすく解説してくれている本。プロの実践的知識を身につけることができるおすすめの本です。

3-2. 勝ち組トレーダーの真似をする(リスクを最小限に抑える術を勉強する)

基本的な仕組みを理解した後は、前章でご紹介したような勝ち組トレーダーの真似をすることが、最も勝ち組みになれる可能性の高い方法といえます。

具体的には、「リスクを最小限に抑える術」について勉強することが大切です。

<大半の人>

  • チャートの「テクニカル分析」や経済の「ファンダメンタル分析」ばかり勉強する

<勝っている人>

  • (リスクの低い)タイミング・ポジションサイズ・損切りポイント・利確ポイント等について勉強している

「リスクを最小限に抑える術」について勉強するには、『2. FXで儲けている人に共通する3つの特徴』の章でご紹介した『マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣』『新版 魔術師たちの心理学―トレードで生計を立てる秘訣と心構え』の他、以下の本もおすすめです。

スクリーンショット 2016-05-12 22.47.27

伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術
−2007/10/17, カーティス・フェイス  (著), 飯尾博信+常盤洋二 (監修, 監修), 楡井浩一 (翻訳)

※素人をわずか2週間でトップトレーダーに育成したカリスマ・トレーダーのリチャード・デニスが、自らが率いる常勝トレーダー集団の「タートルズ」の中で用いていたトレード手法を、タートルズで最も高い収益を残した教え子であるカーティス・フェイス が公開した本。

※いずれも基本事項を理解していないと内容を理解するのが難しいため、基本事項を学んだ上で読むようにしましょう。

4. FXで勝ち組になる為に大切な業者選びの4つのポイント

いざFXをする上で、一番大切なのが「FX業者選び」になりますが、FXにおける業者選びはトレード成績にも影響する非常に大切な項目です。

どんなことにも共通することですが「道具が悪いと上達しにくい」と言われるように、FXにおいてもトレード環境やトレードツールにはよいものを選ぶべきです。

現在、日本には多くのFX業者が存在しており、FX業者を比較するポイントも多岐にわたるため、様々な比較サイトを見ても結局どれがよいのかがわからないという声が非常に多いのが現状です。

実際、どのポイントで比較するか次第で良い業者は変わってきますが、ここではFXで勝つために最も重要なポイントにフォーカスしてご紹介します。

FXで勝つための業者選びで重視すべきポイントは以下の4つです。

  • スプレッド(取引の際に必ず発生する売買価格差)が狭い
  • 約定力(指定通りの価格で成約する精度)が高い
  • ニュース配信等の情報量が多い
  • 取引ツールが使いやすい

口座を開設する際には必ず上記の4点を満たす業者を選ぶようにしましょう。

業者のサービス内容は随時変更されていくため、あくまで現時点(2016年8月時点)での情報ですが、上記4点を満たす業者としては以下の4社がおすすめです。

4-1. DMM FX|国内口座数No.1の信頼できる大手業者

スクリーンショット 2016-05-08 19.22.36

DMM FX』は国内口座数では現在No.1の業者であり、取引高でも世界第1位をGMOクリック証券と争っている大手業者です。

その実績通り、上記4点すべてにおいて高次元で満たしており、総合的に非常にバランスの良い業者です。

初めて口座開設する業者としておすすめです。

4-2. GMOクリック証券|総合的にバランスが良い業者

スクリーンショット 2016-05-08 19.40.26

GMOクリック証券』は世界で最も取引されている業者としてDMM FXと取引高世界第1位を争っている大手業者です。

DMM FX同様、上記4点すべてにおいて高次元で満たしており、総合的に非常にバランスの良い業者です。

こちらも初めて口座開設する業者としてもおすすめです。

4-3. YJFX|取引ツールの使いやすさNo.1の業者

スクリーンショット 2016-05-08 20.22.52

YJFX』の外貨exでつかう取引ツールである「Cymo(サイモ)」は非常に使いやすいと評判で、利用者が非常に多い業者です。

スプレッドの面では他の3社に若干劣りますが、操作性の高さでは一歩抜けており、初心者にはおすすめの業者です。

4-4. マネーパートナーズ|約定力No.1の業者

スクリーンショット 2016-05-08 20.30.51

マネーパートナーズ』は約定力の高さで定評があり、積極的に取引をする専業トレーダーの中でも利用者の多い業者です。

標準スプレッドは多少広めではありますが、スリページ等を考慮した実質取引コストで考えればその他の項目も高水準なため初心者にも上級者にもおすすめの業者です。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。

FXはしっかりと勉強し努力できる人にとっては、時間の融通も利き比較的大きなリターンも狙える魅力的な投資ではないでしょうか。

今回ご紹介した業者の中にあなたの目的に適した業者が見つかれば光栄です。

本サイトでは勝ち組トレーダーになる上で重要なポイントは出来る限りリアルにご紹介してきましたので、あなたの決断の一助となれれば幸いです。

上記の内容をしっかりと理解した上で後悔しないFX人生を送っていただけることを願っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket