FX専業トレーダーが教える『スキャルピング』の全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
equity investment

「FXのスキャルピングってなんなの?」「スキャルピングはどうしたら上達するの?」など疑問に思っていませんか?

『スキャルピング』とは、数秒から数分の短い時間で細かく注文と決済を繰り返すトレードのことで、少ない利幅を狙う短期売買手法です。

長くとも数分という短期間でのトレードであるため、そうそう大損にはなりにくいのではと思われますが、きちんとコツや有効な方法を押さえた上で賢くトレードしていかなければ「小さな損が膨らんで、結果的に思わぬ大損をしてしまう」なんてことにもなりかねません。

このページでは、現在はFX専業トレーダーとして安定して平均月利30%以上の利益を上げている筆者が、長年のトレード経験を基に、スキャルピングについて以下の流れに沿ってわかりやすく詳細にご紹介します。

  1. 『スキャルピング』とは
  2. 『スキャルピング』で勝つための3つのコツ
  3. 『スキャルピング』参考ブログ2選
  4. 『スキャルピング』で勝つためのおすすめ本2選
  5. 『スキャルピング』メインの方におすすめなFX業者3選

すべて読めば、「スキャルピングの魅力と有効活用方法」がわかり、スキャルピングの活用で失敗しない賢いトレードができるようになるでしょう。

1. 『スキャルピング』とは

スクリーンショット 2016-08-12 19.49.48

『スキャルピング』とは、前述の通り、数秒から数分の短い時間で細かく注文と決済を繰り返すトレードのことをいい、少ない利幅を狙う短期売買手法です。

長くとも数分という短期間でのトレードであるため、長期的な動向を読み取るよりも、瞬間的な昇降を予測する瞬発力や集中力が重要な手法と言えます。

明確な定義はありませんが、1分足や5分足でトレードすることが一般的で、僅かな利幅を狙うトレードのため、トレード中はチャートから目を離さないことと、必ず損切りを入れることが大切になります。

プロのトレーダーの中にもスキャルピングメインで勝ち続けている方は多く存在しており、FXの代表的な手法の一つと言えます。

1-1. 『スキャルピング』のメリット

『スキャルピング』の主なメリットは以下の3つが挙げられます。

  • 損失が小さく済む
  • 時間がない人でもトレードが可能
  • トレードチャンスが多い

『スキャルピング』の最大のメリットは、一度のトレードの「損失が小さく済む」点と言えます。短期間で回転させていくためには、ポジションをすぐに決済する必要があるため、損切りの場合も小額で済みます。さらに、保有時間が短ければ短いほど為替の変動リスクが回避できるので、その点も魅力と言えます。

短期集中型のトレードなため、副業トレーダーや主婦トレーダーのような忙しい方でも無理なくトレードできます。また、相場がもみ合っているレンジ相場でもエントリーチャンスを狙えるので慣れれば非常に使い勝手の良い手法となるでしょう。

具体的な有効活用方法については、次章の「『スキャルピング』で勝つための3つのコツ」にてご紹介しております。

1-2. 『スキャルピング』のデメリット

反対に、『スキャルピング』の主なデメリットは以下の3つといえます。

  • 利幅が狭い
  • スプレッドがかさむ
  • 損切りができなければ大損になり得る

一度のトレードで狙う利幅は1pipsから多くても10pips程度で、損益合算するとトレード数の割に思ったほどの利益が取れなかったということもあり得ます。

また、トレードごとにスプレッド分の手数料を支払っているので、利幅が狭いスキャルピングでは意外にもスプレッドの割合が高く、かさんでしまうこともデメリットです。

そして何よりもきちんと損切りができなければズルズルと損失が膨らみ大損となってしまう可能性があるため、十分に注意しましょう。

2. 『スキャルピング』で勝つための3つのコツ

『スキャルピング』はうまく活用すれば短時間で大きな利益が望める有効なトレード手法ですが、明確なルールを設けず闇雲なエントリーを繰り返すだけでは途端にギャンブルと変わらない泥沼ゲームへ変貌してしまいます。

そうならないために『スキャルピング』で勝つための3つのコツを紹介します。

2-1. 損切り幅を決めておく

『スキャルピング』では、小さな利幅を狙って細かくエントリーしていくために、思惑と反対方向に動いた場合は潔く損切りをしていく必要があります。

損切りとは自ら損失を確定する行為であるため、人間の心理としては大変難しいものですが、それでも仮に「5pipsで損切り」と決めた場合、ルールを遵守して損切りする癖をつけましょう。

『スキャルピング』に限定した話ではありませんが、たった一度の損切りを怠ったために、ロスカットとなり資金の大半を失ってしまうということがFXでは起こりえます。明確なルール作りと必ずルールを守るという強い意志でFXに挑んでいただきたいです。

2-2. 無謀な波には乗らない

相場がもみ合っているレンジ相場でも、指標発表前後の荒い相場でも『スキャルピング』ならいつでもエントリーチャンスと捉えられます。

思惑通りにいかない場合は損切りをすることを大前提として、あらゆる相場を試し、自分にとって一番トレードしやすい環境を見つけましょう。そして適した環境にない場合は無理せずにトレードしないことをおすすめします。

2-3. 視野を広げて挑む

数分後の相場動向を読み解く力が重要な『スキャルピング』ですが、だからと言ってテクニカル分析やファンダメンタル分析を怠ってしまっては危険です。

相場は人の心理が生み出しているので、ドルが買われるのも円の価値が下がるも経済的理由が十分に影響しています。1分足や5分足ばかり見ていると視野が狭くなりがちですが、全体の大きな流れや経済の知識も常に頭に入れて視野を広く持って挑むのが良いと思います。

3. 『スキャルピング』参考ブログ2選

スキャルピングの参考となるブログを以下に紹介します。直感的な感性と瞬発力が大切なスキャルビングで成功しているトレーダーから実践術を学べます。

3-1. 小林芳彦のマーケットショット

スクリーンショット 2016-06-27 21.32.40

「小林芳彦のマーケットショット」は、JFX株式会社の代表取締役である小林芳彦さんの日々のつぶやきをブログ形式でまとめたものです。ご自身でスキャルピングトレードをして感覚を実況してくれる為、プロのエントリータイミングを学ぶ勉強にもなります。惜しげなく情報を提供してくれる点もありがたいですね。

3-2. amkeiのFXブログ

スクリーンショット 2016-06-27 23.27.23

amkeiのFXブログ」では2010年4月からスキャルピング手法(5万円開始)で日々コツコツと積み立てていった筆者のFX初心者だった頃からFXで生活できるまでの過程をブログで紹介しています。

4. 『スキャルピング』で勝つためのおすすめ本2選

スキャルピングの基本から実践まで学べる入門書

世界一わかりやすい! FXチャート実践帳 スキャルピング編

スクリーンショット 2016-05-22 23.55.18

– 2011/6/24 二階堂 重人 (著)

「スキャルピングトレードとは」から始まり、スキャルピングのメリットやチャートを使った実践的なスキャルピングの手法まで解説されていて初心者にもわかりやすい本です。スキャルピングが自分に向いているのかを確かめる上でも役に立つ入門書です。

本格的なプロの実践テクニックを学べる良書

FXスキャルピング ―ティックチャートを駆使したプライスアクショントレード入門 

スクリーンショット 2016-05-22 23.23.32

2012/11/17 ボブ・ボルマン (著)

ティックチャートというマイナーなチャート表示を用いた手法で事前知識が必要なため中級〜上級者向けとなりますが、スキャルピングで勝ちたいという方にとっては、スキャルビングの実践的な手法が学べるおすすめな一冊です。

プライスアクション(値動き)についてここまで詳しく説明してる本は他にはありませんので、プライスアクションを本格的に学び、原理を知りたい方にも良いと思います。

5. 『スキャルピング』メインの方におすすめなFX業者3選

『スキャルピング』メイン人におすすめな約定力が高くスプレッドが低い業者TOP3を紹介します。

5-1. ヒロセ通商

スクリーンショット 2016-05-19 17.48.23

ヒロセ通商』は、「スプレッド」の点では上位2社と比較してほんの僅かながら劣りますが、「約定力」に定評があり、「取引可能通貨ペア数が50通貨ペア」と業界大手平均の20通貨ペア程度と比較して非常に多い(国内主要FX業者では最多)という魅力のある業者です。

5-2. 外為どっとコム

スクリーンショット 2016-06-15 23.06.28

外為どっとコム』は「スプレッド」「約定力」の点で1位のGMOクリック証券とほぼ同レベルの高水準であり、甲乙つけ難いほどのおすすめ業者です。

健全財務状態や平日24時間の手厚いサポート体制等、その他の項目も高水準なため全ての人にとって間違いのない業者の一つといえるでしょう。

 5-3. GMOクリック証券

スクリーンショット 2016-05-08 19.40.26

GMOクリック証券』はほとんどのメジャー通貨ペアのスプレッドが業界最狭水準であり、約定力にも定評があるため、非常におすすめです。

「スプレッド」「約定力」以外の点においても、あらゆる点で高次元なサービスを提供しており、総合的に非常にバランスの良い業者として、初めて口座開設する初心者から専業トレーダーとして積極的にトレードを行う上級者まで幅広い層から人気の業者です。

6. まとめ

いかがでしたでしょうか。

『スキャルピング』についてのイメージが大きく変わり、正しい活用方法がわかったのではないでしょうか?

今回ご紹介した業者の中にあなたの目的に適した業者が見つかれば光栄です。

どんな道具でも使い方次第では便利なメリットにもなれば、逆に害のあるデメリットにもなるように、『スキャルピング』も賢く活用すれば窮地を凌げたり、大きな利益を狙うことができる魅力的な手法です。

本ページでは『スキャルピング』を正しく理解して魅力的に活用していただけるように、『スキャルピング』についての重要なポイントを出来る限り詳細にご紹介してきましたので、あなたのFXトレードの一助となれれば幸いです。

上記の内容をしっかりと理解した上で後悔しないトレード人生を送りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket