一目でわかる!FX業者34社スワップポイント比較ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スワップ投資に興味を持ち、「スワップポイントが高い業者はどこなのか」「スワップポイントが高いだけでなく他の点でもベストなFX業者が知りたい」などと気になっていませんか?

長期トレーダーにとってたとえ微々たる差であっても、スワップポイントは気になりますよね。

もちろんスワップポイントは高いに越したことはないのですが、他の機能を見落としてしまうと、システムが不安定でなかなか約定しないなどといった問題も有り得るため、他の重要ポイントと共に総合的に判断すべきです。

このページでは、専業トレーダーとしてFXだけで平均月利30%以上の安定した収益を上げて生計を立てている筆者が、ほとんどの国内FX業者の口座を開設してきた経験から「FX業者34社スワップポイント比較とおすすめFX業者」について以下の流れに沿ってわかりやすく解説します。

  1. FX業者34社スワップポイント比較ランキング
  2. メイン口座にするならスワップポイント以外にも重要な3つのポイント
  3. スワップポイントが高く総合的にもおすすめな業者5選

すべて読めば、FX業者各社のスプレッドを比較でき、取引コストも含めた良いFX口座を賢く選択できるようになるでしょう。

1. FX業者34社スワップポイント比較ランキング

スワップポイントとは、簡単に言うと金利の異なる国の通貨で取引した際の金利差の事です。

2017年時点では、金融政策の方向性から日本円の金利は世界的に見て低いとされており、日本円のような金利の低い通貨を含む通貨ペアの中で、金利の高い通貨を買い保有することで金利差額が利益となります。逆に、金利の低い通貨を買い、金利の高い通貨を売った際は差額分の支払いが発生するので注意が必要です。

下表では、FX業者34社の「買いスワップ」情報を元に、高スワップかつ高金利通貨のトレードが可能である業者をランキング形式でまとめてあります。FX業者選びの参考にしていただければ幸いです。

FX業者34社スワップポイント比較ランキン

(2017年3月25日時点「買いスワップ」情報)

※スマホの方は横画面にすると全体表示されます

おすすめ順位 会社名 ユーロ/ドル ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 南アフリカランド/円 トルコリラ/円
1位 -69 1 -7 0 50 60 15 88
2位 -48 23 -12 5 36 44 13 75
3位 -38 23 -16 4 32 35 14 87
4位 -5.33ドル 24 -13 0 30 35 13 85
5位 -72 28 -16 9 38 20 13 77
6位 -48 27 -14 3 32 31 12 75
7位 -40 23 -22 1 32 36 16 79
8位 -27 24 -21 4 32 32 9 81
9位 非公開 22 -26 -1 29 33 16 86 
10位 -0.49ドル 16 -12 2 24 34 7 84
11位 -0.6ドル -21 -16 -6 27 31 15 79
12位 15 -11 5 35 38 10 55
13位 -0.49ドル 16 -12 2 29 33 7 70
14位 -0.39ドル 17 -25 -5 27 30 12 87
15位 非公開 15 -27 0 21 35 15 78
16位 -68 1 -7 0 50 60 15
17位 -28 15 5 3 38 34 19
18位 -28 15 5 3 38 34 19
19位 -40 20 -15 1 24 20 9 36
20位 11 -23 1 18 20 6 57
21位 -0.49ドル 19 -8 2 29 33 11
22位 -45 18 -23 8 30 40 13
23位 -50 20 -10 5 30 30 10
24位 -37 23 -16 1 29 30 14
25位 -40 15 -20 -25 15 15 5 79
26位 -45 20 -24 4 30 40 13
27位 -46 21 -10 0 28 32 12
28位 -0.42ドル 9 0 0 24 23 12
29位 -0.34ドル 18 -15 -7 26 31 12
30位 非公開 17 -25 -5 27 30 12
31位 -79 6 -41 -35 11 17 10 88
32位 -42 13 -20 1 18 30 4
33位 -69 20 -41 -8 14 20 15
34位 -50 15 -20 -25 15 15 5

※本ランキングは、「ドル/円」「ユーロ/円」「ポンド/円」「豪ドル/円」「NZドル/円」「南アフリカランド/円」「トルコリラ/円」の「買いスワップポイントの合計」で算定しています。

※FX口座を開設する際には、特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック内容や条件、口座開設までのスピード等が変わってしまう場合があるようですので、必ず公式ページから行うことお勧めします。

2. メイン口座にするならスワップポイント以外にも重要な3つのポイント

長期トレーダーにとってスワップポイントは当然高いに越した事はないのですが、スワップポイントが高いという理由だけでFX業者を比較してしまうのは危険です。

スワップ以外にも見るべき重要ポイントは以下の3つです。

  • スプレッドが狭い通貨ペアが多い
  • 約定力が高くスリッページが起きにくい
  • ツールの使いやすさ

2-1. 重要ポイント①|スプレッドが狭い通貨ペアが多い

FXでは、手数料に変わるコストとして、取引の度に必ず発生する「スプレッド」というものがあります。

同じタイミングでも同一通貨ペアを「買う場合のレート」と「売る場合のレート」には「スプレッド」と呼ばれる価格差が設けられており、実質この「スプレッド」がFXにおける取引コストといえます。

スクリーンショット 2016-06-20 15.52.37

業者比較する際、主要通貨ペアであるドル/円やユーロ/ドルに注目してしまいがちですが、通貨ペアによってスプレッド幅も大きく異なります。

特にドル/円のスプレッドは比較的狭いことが多く、FX業者もドル/円のスプレッドで差をつけようとしているようですが、それだけに注目して業者を比較してしまうと、ドル/円やユーロ/ドル以外の通貨ペアでトレードする際にそれらの何倍ものスプレッドが発生してしまうということになりかねません。

とはいえ、ドル/円のスプレッドのみを比較してみても各社でかなり差があるのも事実ですので、主要通貨ペアのスプレッドが狭いことを前提とした上で、他の通貨ペアのスプレッドも比較検討し、自分のトレードスタイルに合った通貨ペアが他者よりも狭いスプレッドで提供しているFX業者を選ぶと良いでしょう。

2-2. 重要ポイント②|約定力が高くスリッページが起きにくい

注文時に指定したレートと実際に約定したレートが異なる場合があり、そのことをスリッページと言います。為替相場は常に変動しているため、変動が大きかったり、サーバーが混雑している、などの場合や業者のシステム性能が悪い場合などにスリッページが起きやすくなります。

スリッページが発生すると、スプレッドに加えスリッページ分の値幅も加算されるため、実質の取引コストはかさむことになります。

スワップポイントが高いFX業者を選んでもスペリッページが起きやすく、約定力が低い場合は、かえって他のFX業者よりも不利と言えます。このようにスワップポイントが高いだけで優れているFX業者というわけではないので、約定力という点も考慮して取引しやすいFX業者を選ぶことも大切です。

2-3. 重要ポイント③|ツールの使いやすさ

注文方法の種類や豊富さ、設定画面の見やすさ、チャートに表示できるテクニカル指標の数や操作性など、思い通りの取引ができるかどうかも重要です。

スワップポイントが高くても取引操作に手間取っていては絶好のタイミングを逃してしまう事にもなりかねません。ツールの使いやすさも意識したFX業者選びも大きなポイントです。

3. スワップポイントが高く総合的にもおすすめな業者5選

スワップポイントが高く、前章でご紹介した重要ポイント等も含めて総合的に見た際にも高評価なおすすめ業者は以下の5社です。

3-1. 『ヒロセ通商』|スワップポイントだけでなくあらゆる点で業界最高水準

ヒロセ通商』は、取引スタイルを選ばず、初心者から上級者まで幅広く対応可能なおすすめ業者です。長期トレーダーにとっては、最高水準の「スワップ」が魅力です。

更に「約定力」に定評があり、「取引可能通貨ペア数が50通貨ペア」と業界大手平均の20通貨ペア程度と比較して非常に多い(国内主要FX業者では最多)という魅力のある業者です。

「情報量」の点でも、Klugクルークニュースが閲覧可能で、ニュースの情報量が多いだけでなく、毎日その日の相場見通しをまとめた戦略レポートを配信してくれるため、初心者で経済ニュースの読み解きができなくても、戦略レポートを読むだけでプロと同じ様な相場観をもつことができます。

3-2. 『SBI FXトレード』|高スワップポイントかつ総合的に高評価な業者

スクリーンショット 2016-06-25 12.06.53

SBI FXトレード』は、スワップポイントが業界最高水準なため、スワップ狙いの長期投資を行うトレーダーからの人気が高いです。

「チャートを見ながら注文することも可能」「約定力にも定評あり」「スプレッドも業界最狭水準」といったメリットから、テクニカル分析を重視して短期投資で稼ぎたいという志向の人にもおすすめです。テクニカル指標の多さと最大4画面のチャート多重表示機能からテクニカル分析のやりやすさが非常に高いのもポイントです。

3-3. 『GMOクリック証券』|高スワップポイントかつ総合的に非常にバランスの良い業者

スクリーンショット 2016-07-23 11.58.42

GMOクリック証券』は世界で最も取引されている業者としてDMM FXと取引高世界第1位を争っている大手業者です。

スワップポイントに限らず、あらゆる点で評価が高く、総合的に非常にバランスの良い業者です。

初めて口座開設する初心者向けの業者としてもおすすめです。

3-4. 『外為どっとコム』|比較的高スワップポイントかつ情報量No.1の業者

スクリーンショット 2016-06-15 23.06.28

外為どっとコム』は情報源として「FX WAVE」「GI24」「ロイター」「フィスコ」の業界最多の4媒体を活用している上に、セミナー等も非常に充実しており、情報収集用口座として非常に多くのトレーダーから支持されている業者です。

スプレッドも業界最狭水準であり、健全財務状態や平日24時間の手厚いサポート体制等、その他の項目も高水準なため全ての人におすすめの業者です。

3-5. 『インヴァスト証券(トライオート)』|比較的高スワップかつ多くの通貨ペアで業界最狭水準の低スプレッド

『インヴァスト証券(トライオート)』は、通常の裁量トレードだけでなく、「オートパイロット注文」機能を利用した自動売買トレードもできる万能口座です。

さらに、スワップポイントも最高水準と比較した際にはやや劣りますが、十分に高水準であり、取引コストについては多くの通貨ペアで業界最狭水準の低スプレッド等、様々なトレードスタイルに対応できる魅力的なおすすめ業者です。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。

FX業者各社のスワップポイントに対する理解が深まったのではないでしょうか。

現在日本には数多くの様々なFX業者が存在しておりますが、FX業者を選別する際にスワップポイントを重視した比較検討をするのもひとつの方法かと思います。

きちんと自分に合うFX業者を選び、後悔しないFX人生を送りましょう!

〈スワップポイントが高く総合的にもおすすめな業者5選〉

FXをやってみたいけど、いきなり自分のお金を投資するのは怖い…という方は、少額ですが口座開設するだけでトレード資金が貰える以下の口座でお試しトレードから始めてみましょう!

口座開設するだけでトレード資金が貰えるお得な口座(2017年3月時点情報)
業者名 貰えるトレード資金額 必要最低初回入金額 取引可能最小単位
公式HPへ 1,000円 0円 1,000通貨〜
公式HPへ 500円 0円 1通貨〜
公式HPへ 500円 10万円 1,000通貨〜
公式HPへ 2,000円 20万円 1,000通貨〜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket