キャッシングの金利完全ガイド|仕組みとコツが楽々わかる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
shutterstock_267560543

「キャッシングの金利ってどうやって計算するの?」「金利を少しでも安くしたい!」などキャッシングをされるすべての方が金利を気にされるのではないでしょうか。

実は多くの方がキャッシングに関する知識がないまま、高い金利を払っている可能性があります。

本記事では、過去にクレジットカード、消費者金融、カードローンなど多くの手段でキャッシングを経験してきた筆者がキャッシングの金利に関して、知っておいていただきたい全ての知識を以下の流れで紹介していきます。

  1. キャッシングの金利の仕組み|必ず抑えるべき5つのこと
  2. キャッシングの金利と利息を低くするための3つの手段
  3. 低金利で借り換えられる!オススメのキャッシング4選

本記事を読んでいただくことで、キャッシングの金利に関わる大切なポイントをご理解いただけます。

1. キャッシングの金利の仕組み|必ず抑えるべき5つのこと

本章では、キャッシングの金利(クレジットカードの場合は手数料とも言う)はそもそも何なのか、どうやって計算されるのかを紹介していきます。

1-1. 金利は利息を計算するための数字

お金を借りると利子がつきます。金融業の会社が他人に積極的にお金を貸す理由は利子で儲かるからです。

金利と利子・利息で混乱される方も多いかと思いますが、利子や利息はお金を借りていたことに対して支払うレンタル料のようなもので、金利は借りたお金に対してどれくらいの利子を払うかの割合を表します。

つまり、一般的には金利とは%(パーセンテージ)で表されます。

全てのキャッシングで「年利◯◯%」と表されているため、キャッシングをする前に、(既にしている方はすぐに)金利を確認しておきましょう。

ちなみにここでいう「年利」とは1年借りた時の利率を表し、年利18%で10万円を1年借りると、「18%×10万円=1万8千円」の利子がつきます。

1-2. 1ヶ月毎の利息は日割りで決まる

キャッシングの利率は年利(1年借りた時の利率)で表されていることが多いです。しかし、キャッシングは借りた翌月から返済していくものが多いかと思います。

そのため、キャッシングの利息は日割りであることを覚えておいてください。以下のような計算式で考えます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-18-47-41

例えば年利18%のキャッシングで10万円を一ヶ月(30日)借りた場合は以下のようになります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-18-55-51

1-3. 借りている金額には毎日利息が発生する

またキャッシングの金利に関して、ご注意いただきたいのが、金利は毎日発生しているということです。

1日長く借りると、1日分だけ多く利息がかかりますし、反対に1日早く返せればその分利息は減ります。

また、リボ払いなど分割で返す場合は、返済しきるまで現在借りている金額に対して毎月以下のように利子が付き続けます。

スクリーンショット 2016-06-23 21.48.54

そのため、リボ払いの場合の毎月の金利は少し面倒な計算になります。

1-4. 金利はシミュレーションできる!

分割(リボ払い)で返済する際の金利の計算は非常に複雑なので、シミュレーターを使うことをお勧めします。

例えば、UCカードのキャッシングを使えば、あなた使っているキャッシングの利息や毎月の支払い額を入力することで、以下のように返済回数や金利をシミュレーションしてくれます。

スクリーンショット 2016-06-22 20.47.21

出典:UC CARD

※キャッシングによって毎月の返済金額の考え方等に違いがあるため、より正確な金利を計算したい方は、ご利用のキャッシングのホームページでシミュレーションがないか確認しましょう。

1-5. キャッシングの種類によって金利は大きく違う!

キャッシングの金利は各社バラバラですが、最高金利が18%に設定されているものが多いです。

それは、2010年に貸金業法が改定され、「利息制限法」というルールが徹底されたことが背景にあります。

利息制限法とは、借入額によって利息に上限を設定するものです。

  • 借入額が10万円未満・・・20%
  • 借入額が10万円以上100万円未満・・・18%
  • 借入額100万円以上・・・15%

これ以上の利息を設定することは法律で禁じられています。

以上のように、上限金利は法律で決められていますが、ご利用のキャッシングによって金利は大きく違います。

そこで、以下の表に人気の「クレジットカード」と「消費者金融」のキャッシングの金利をそれぞれ比較してみました。

クレジットカードのキャッシングの金利(抜粋)

サービス名 金利
ライフカード 15%~18%
三井住友VISAカード 15%~18%
三菱UFJニコス VIASOカード 14.94%~17.94%
Yahoo! JAPANカード 18%
オリコカード 15%~18%
楽天カード 18%
エポスカード 18%
リーダーズカード 18%

消費者金融のキャッシングの金利(抜粋)

サービス名 金利
アイフル 4.5%~18%
アコム 4.7%~18%
プロミス 4.5%~17.8%
モビット 3%~18%
レイク 4.5%~18%

これらの表から以下の2点のことが言えます。

  • 使うキャッシングサービスによって金利が違う
  • クレジットカードでのキャッシングは総じて金利が高い

以上のポイントを押さえつつ、次章では少しでも金利を低くキャッシングをするためのポイントを紹介していきます。

2. キャッシングの金利・利息を低くするための3つの手段

本章ではキャッシングの金利を低く、利息を安くするための方法を紹介していきます。

同じ金額のキャッシングをしても、少しのことに気をつけるだけで、支払う利息を大幅に削減できます。

2-1. リボ払いは避ける

キャッシングは借金なので、長く借りたら借りた分だけ高い利息がつきます。

5万円を18%の金利で借りた時に、一括返済の場合と、月1万円のリボ払いで返済する場合の利息を以下のイラストで比較します。

スクリーンショット 2016-06-12 16.24.54

この例では、リボ払いによって半年返す時期が遅くなっただけで3倍もの利息を支払っています。

借入額が大きくなったり、毎月の返済額が減ってくるともっと差がついていきます。

そのため、一括返済よりも利息が高くなるため、返済できる余裕がある時はリボ払いではなく、一括返済を心がけましょう。

2-2. 初回金利無料のキャッシングに借り換える

キャッシングの中には、「初回1か月は利息ゼロ」などのキャンペーンを行っているものがあります。

例えば、大手のキャッシングは以下のような期間、金利がかかりません。

キャッシング名 無利息の期間
プロミス 初回契約後、初回利用の翌日から30日間
アコム 初回契約後、契約日の翌日から30日間
レイク 初回契約日の翌日からaかbのどちらかを選んで適用

  1. 5万円まで180日間金利無料(契約額が1~200万円の場合のみ)
  2. 30日間無料
アイフル 初回契約日の翌日から30日間

たかが1か月と思われるかもしれませんが、例えば年利18%で30万円借りていると1か月の金利は、4,438円になります。

それが無料になるんですから、無料のキャッシングへの借り換えは是非検討いただきたいです。

特にすぐに返そうと考えている方には低金利のキャッシングへ借り換えるより、初回金利無料のキャッシングへの借り換えの方がお勧めです。

2-3. 金利の低いキャッシングに借り換える

先ほどクレジットカードのキャシングは高いということを紹介しました。

中長期的にキャッシングをされる方は、少しでも金利の安いキャッシングに借り換えることで、将来支払う利息を大幅に削減できます。

そこで先ほどの表を再度確認してみましょう。

クレジットカードのキャッシングの金利(抜粋)

サービス名 金利
ライフカード 15%~18%
三井住友VISAカード 15%~18%
三菱UFJニコス VIASOカード 14.94%~17.94%
Yahoo! JAPANカード 18%
オリコカード 15%~18%
楽天カード 18%
エポスカード 18%
リーダーズカード 18%

消費者金融のキャッシングの金利(抜粋)

サービス名 金利
アイフル 4.5%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
モビット 3.0%~18.0%
レイク 4.5%~18.0%

以上のように、クレジットカードでキャッシングをするよりも消費者金融のキャッシングの方が金利が安いことは明確かと思います。

そして、さらに金利を安くしたい方は「銀行のカードローン」をお勧めします。

銀行系カードローン利率(抜粋)

カード名 キャッシング利率
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
横浜銀行カードローン 1.9%~14.6%
じぶん銀行カードローン 2.2%~17.5%

銀行系のカードローンに関しては、最高利率が15%以下のものが多く、最高の金利を提示されても消費者金融よりさらに安い金利で借りられることが分かるかと思います。

そのため、金利を下げたい方は銀行のカードローンへの借り換えをお勧めします。

また次章にて、特に金利の安いカードローン・キャッシングを紹介するので参考にしてみてください。

ただ、銀行系のカードローンは消費者金融系のキャッシングよりも少しだけ審査が厳しいです。そのため、審査に自信のない方は、「2-2. 初回金利無料のキャッシングに借り換える」を参考に消費者金融のキャッシングの中で初回利息が無料のものを選びましょう。

3. 低金利で借り換えられる!オススメのキャッシング4選

本章では、金利の安いカードローンとキャッシングを紹介していきます。しかし、金利の低いキャッシング1点気をつけていただきたいポイントがあります。

キャッシングでは以下のような宣伝が多いと思います。

スクリーンショット 2016-03-17 22.37.02

出典:オリックス銀行カードローン

実はこのキャッシングで3%の金利で借りられる人は、700万円以上借りられる人だけです。

多くのカードローン・キャッシングでは、信用度(返済能力)の高さに比例して、金利が低くなります。そして、年収が相当高い、もしくはそのキャッシングで長く返済の実績を作っていなければ信用があると評価してもらえません。

特に、初めてキャッシングをされる方は多くの場合で最高金利が適用されると考えておきましょう。(オリックス銀行カードローンの例では17.8%)

それを踏まえ、本記事では最高金利が安い(信用がなくても低金利で借りられる)キャッシング・カードローンを紹介していきます。

3-1. 三井住友カード「ゴールドローンカードレス」(9.2%)

スクリーンショット 2016-03-19 16.35.50

ゴールドローンカードレス』は、カード発行がないタイプのカードローンで、最高金利が10%を切っています。

スクリーンショット 2016-06-23 21.12.47

専業主婦や学生の方は申し込むことができないのがネックですが、安定した収入のある方であれば、最短で即時振り込みをしてもらえます。

また、金利は少し高いですがカードタイプの『ゴールドローン』もあります。

特にオススメしたい方

  • カードを持たなくてもいい方
  • 安定した収入のある方

3-2. りそな銀行カードローン(12.475%)

スクリーンショット 2016-03-17 23.35.46

りそな銀行カードローン』は、10種類のプランの中からあなたにあったものを選べるキャッシングサービスで、低額の限度額であっても利率が固定かつ低いです。

スクリーンショット 2016-06-23 20.53.14

また、100万円以下のプランであれば、審査に年収と勤続年数が不問であるためフリーターの方にもおすすめのキャッシングです。

ただ、りそな銀行の口座をお持ちでないと審査後に口座を開設する必要があり少々面倒ですが、インターネット口座であれば銀行に足を運ばずに口座を作れるため、ネットで手続きを完結できます。

特にオススメしたい方

  • りそな銀行に口座をお持ちの方
  • パート・アルバイトの方

3-3. イオン銀行「カードローンBIG」(13.8%)

スクリーンショット 2016-03-18 21.13.51

カードローンBIG』は、イオン銀行のカードローンで、専業主婦も申し込めるなど多くの方にお勧めしたいカードローンです。

スクリーンショット 2016-05-09 20.49.41

最高金利も13.8%と低めではありますが、イオン銀行の口座が必要で、持っていない場合は口座から作る必要があるため、すぐに借りれないことや手間がかかることがデメリットです。

特にオススメしたい方

  • イオン銀行に口座をお持ちの方
  • 専業主婦やパートの方
  • 口座開設の時間を待てる方

 4. さいごに

キャッシングの金利に関して解説してきましたがいかがでしたか。

同じ金額を借りるのであれば金利や利息は少しでも抑えたいものです。

そこで、本記事で紹介した以下の3つのポイントを意識していただければと思います。

  • リボ払いはできることなら避ける
  • 金利無料のキャッシングを使う
  • 金利の低いキャッシングに乗り換える

以上の3つの手段の中であなたにピッタリな方法を選んで実践していただければと思います。

あなたがより良い条件でキャッシングできることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket