世界一わかりやすい『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』解説|あなたにベストな1枚かわかる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
JTB旅カードJCB/VISA GOLD アイキャッチ

JTB旅カードのゴールドカードである『JTB旅カード JCB GOLD』または『JTB旅カード VISA ゴールド』(以下『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』)を申し込むべきか検討していますね。

9千枚のクレジットカードと比較した結果、下記のいずれかに1つ以上当てはまる人は間違いなくおすすめです。

  • JTBを使って年に3回以上国内や海外へ旅行に行く
  • 充実した旅行に関するカード保険を求める
  • 安心して旅行をしたい

しかし、「ポイントの使い方が限定されている」などのデメリットも多いため、契約前にしっかりとチェックしておかないと後悔するので注意しましょう。

このページでは、大手カード会社に3社勤務した経験を活かして『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』について以下の流れで全てご紹介します。

  1. JTB旅カードJCB/VISAゴールド総評
  2. JTB旅カードJCB/VISAゴールドの3つのメリット
  3. JTB旅カードJCB/VISAゴールドの2つのデメリット
  4. JTB旅カードJCB/VISAゴールドはこんな人が使うべき
  5. 申し込みの際の2つの注意点

メリットにピンとこなかった場合のためのおすすめカードもご紹介しています。

全て読んでいただければ、契約後に後悔することなく、あなたが本当に選ぶべきクレジットカードかどうかがわかるでしょう。

1. JTB旅カードJCB/VISAゴールド総評

『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』の特徴をまとめると以下のようになり、JTBをお得に利用でき、旅行を快適にできるゴールドカードと言えます。

メリット デメリット
  • JTBトラベルポイントが貯まりやすい
  • 旅行に関する保険の内容が充実している
  • JTB関連の豊富なトラベルサービス特典を利用できる
  • 年会費が高い
  • ポイントの使い方が限定されている

1-1. クレジットカード全体としての評価

クレジットカードの良し悪しを判断する評価として「ポイント還元率」「年会費」「ポイントの交換先」「電子マネーチャージ」「保険金額」の5つを挙げています。

当サイトの基準で5つの項目を数値化しました。数字が大きいほと、利用者にとって使いやすいカードで、『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』は下図のようになりました。

JTB旅カード JCB VISA ゴールド レーダーチャート

評価項目 点数 コメント
年会費 2 やや高めの15,000円(税別)である
ポイント還元率 5 1.5%

JTB関連の利用で0.5〜1%の加算あり

ポイント交換先 1 JTBホームページやJTBグループのお店で、旅行代金や旅行用品の支払にしか利用できない
電子マネーチャージ 1 JCBはQUICPayの利用、VISAはiDの利用でポイントが付く
保険金額 5 旅行保険は海外はカードを持っているだけで、国内は旅費をカードで支払うことで適用される

海外旅行の補償金額が良く、1部の内容はプラチナカード級の条件であり、家族特約も付き、家族の対象も多い

国内航空機欠航補償制度や旅行取消料補償制度も付き、安心して旅行ができる

1-2. ゴールドカードとしての評価

続いて、ゴールドカードとして『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』はどうなのかを、「ステータス」「サポートサービス」「優待」で分析しました。

『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』は旅行サービスに特化したゴールドカードです。

評価項目 評価 コメント
総合評価 B JTBでの利用はもちろん、旅行を良くする人は旅行を快適にできるサービスが多いため旅行好きな人は持っておきたい1枚です
ステータス B JTBとの提携カードですが、カード発行会社がJCBと三井住友VISAカードであるため
ステータスと社会的信用度はそこそこ高いです。
サポート・サービス C PLUS JTBサービスセンターがナビダイヤルだが、年末年始以外は土日祝日でも受付している
JTBの他のサービスとの問い合わせ先が混じっており、Web上でサポート先を探しにくい作りになっている
優待 B+

旅のインフォメーションダイヤル

・Jiデスク(JTB旅カードデスク)

・海外24時間日本語緊急電話サポート

・レジャー施設会員割引サービス「えらべる倶楽部」

・ゴールド会員誌「トラベル&ライフ」

※最も良い評価をS、最も悪い評価をDとする5段階で評価しています

1-3. その他のカードの評価

その他のカードの評価は以下のようになります。

評価項目 評価 コメント
ポイント交換最低条件 A 100ポイントから利用することができる
ポイント有効期限 B

確定ポイント積算日の翌年末(12/31)までの最長2年間

加盟店数 S 数百店以上
審査の難易度 A

20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方(※学生の方はお申し込みになれません、※ゴールドカード独自の審査基準により発行します)となっている

提携カードであるため、『JCBゴールド』や『三井住友VISAカード』に比べるとやや易しい

家族カード S 1枚目年会費無料でポイント合算ができ、本カードとほぼ同じサービスを受けられる
追加カード C ETCカード無料、Apple Pay対応(JCBは旅プリカのみ)

※最も良い評価をS、最も悪い評価をDとする5段階で評価しています

2. JTB旅カードJCB/VISAゴールドの3つのメリット

『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』は下記の3つのメリットがあります。

  • JTBトラベルポイント貯まりやすい
  • 旅行に関する保険の内容が充実している
  • JTB関連の豊富なトラベルサービス特典を利用できる

2-1. JTBトラベルポイント貯まりやすい

『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』は日常の買い物や公共料金など全ての支払いで100円ごとに1.5ポイント貯まります。

JTB旅カード ゴールド ポイント還元率

出典:JTB(一部改変)

もちろん、JTBトラベルメンバーで付く下記のポイントも貯まります。

JTBグループのお店 10,000円ごとに50ポイント(0.5%)
JTBホームページの事前決済 国内宿泊事前決済(1%)
その他(0.5%)
JTBトラベルポイント加盟店 100円ごとに1~5ポイント(1〜5%)

旅プリカ特約店での利用でもポイントが貯まる

旅プリカとはJTBトラベルポイントカードにプリペイド型JCBカード機能が一体化されたカードです。

JTB 旅プリカ

出典:JTB

予めチャージされた金額の範囲で支払に利用できるJCBカードなので、使いすぎない安心とチャージ時に1,000円につき5ポイント、「旅プリカ特約店」では利用金額に対して更にポイントが貯まります。

『JTB旅カードJCBゴールド』での支払いでもこの「旅プリカ特約店」でのポイントが貯まるのでお得です(一般カードの『JTB旅カードVISA/Master』では貯まりません)

『JTB旅カード VISA ゴールド』ではクレジットカードでのチャージができません

2-2. 旅行に関する保険の内容が充実している

JTBは日本最大手の旅行会社で、提携して発行している『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』は旅行に関する保険の内容がとても充実しています。

特に下表の5つはプラチナカード級の補償です。

国内旅行保険(利用付帯) 傷害入院保険:10,000円/日
傷害通院保険:5,000円/日
海外旅行保険 賠償責任:1億円
救援者費用:400万円
ショッピング保険 500万円/年(JCB)

利用付帯とは

そのカードで支払いをすることで保険が適用される条件のことです。上記で言うと、国内旅行に関する移動費・交通費・ホテル代などを支払いをすることが条件となります。

家族も安心!海外旅行時に家族特約が両親や子供にも付く

海外旅行時はカードを持っているだけで家族特約が付きます。

傷害による死亡・後遺障害」「賠償責任」「救援車費用」の補償金額がカード会員に比べて下がりますが、1番使う機会の多い海外での怪我や病気の時の補償である「傷害・疾病による治療費用」が同じ条件である300万円あるのは心強いです。

また、家族特約の対象者も次のように多いです。

  • 本会員の配偶者
  • 本会員または本会員の配偶者と生計を共にする同居の親族
  • 本会員または本会員の配偶者と生計を共にする別居の未婚の子

国内航空機欠航補償制度

『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』で飛行機代を支払っていることが条件ですが、台風、雪、濃霧、ストライキ等の偶然な事由により、利用予定便が欠航または着陸地変更および到着遅延となった場合に下記の費用を1万5千円を上限に補償してくれます。

  • 追加宿泊費用
  • 追加交通費用
  • 追加食事費用

他のゴールドカードなどに付いていることがある航空便遅延保険に似ていますが、手荷物に対しての補償はありません。

旅行取消料補償制度で旅行のキャンセルも安心

『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』で支払いをしたJTBの海外募集型企画旅行について、次の事情により旅行をキャンセルし費用が発生した場合、キャンセル費用の80%をカード会員1名あたり10万円を上限に補償してくれます。

カード会員またはカード会員の配偶者もしくは2親等内のご親族がケガや病気によって一定期間以上入院するなど一定の事情

キャンセルに対して何かしらの補償があるクレジットカードはほとんどなく、『アメリカンエキスプレスゴールドカード 』のキャンセルプロテクションなど限られています。

アメックスと提携しているゴールドカードでも付いていますが、どれも年会費が20,000円(税抜)を超えるハイステータスゴールドカードになってしまいます。

2-3. JTB関連の豊富なトラベルサービス特典を利用できる

一般的にゴールドカードには様々な優待や特典が付いていますが、旅行会社のゴールドカードらしく特典の内容はJTB関連の旅行に関するサービスばかりです。

  • 旅のインフォメーションダイヤル
  • Jiデスク(JTB旅カードデスク)
  • 海外24時間日本語緊急電話サポート
  • レジャー施設会員割引サービス「えらべる倶楽部」
  • ゴールド会員誌「トラベル&ライフ」

旅のインフォメーションダイヤル

旅行出発前に、海外旅行に役立つ情報提供と予約・手配等のトラベルサービスを、無料で提供してくれます。

JTB旅カード ゴールド 旅のインフォメーションサービス

出典:JTB

出発の1週間前までの受付であったり、直接海外手配を必要とする場合の手数料(通信費)及び手配先より請求される海外通信費・手数料は負担が必要です。

しかし、旅行会社の豊富な経験が蓄積された情報を活用できるのは、旅慣れていない人や初めての土地に行く時の不安を軽減してくれるでしょう。

Jiデスク(JTB旅カードデスク)

海外55都市に設置されている「Jiデスク(JTB旅カードデスク)」では、旅行中の病気やケガ、盗難などの様々なトラブルに対し、スタッフが日本語で相談に応じてくれます。

また、万が一の時だけでなく、オプショナルツアーやレストラン等の情報提供と予約・手配のトラベルサービスも提供してくれます。

JTB旅カード ゴールド Jiデスク(JTB旅カードデスク)

出典:JTB

国によっては英語が通じないところもあり、体調の悪さなど大切な情報を正しく伝えられないことできちんとした治療を受けられない可能性もありますが、日本語で相談に乗ってもらえるのは非常に心強いでしょう。

トラブル時以外でも、事前にどれだけ調べて予定を組んでいても現地に行ってから突然別のツアーに参加したり違う場所に行きたくなることもありますが、そうした対応もしてくれるので旅を楽しむことができます。

海外24時間日本語緊急電話サポート

Jiデスク(JTB旅カード専用デスク)営業時間外の緊急時のお問い合わせを 、世界34カ国から24時間、年中無休のコールセンターがフリーダイヤル(またはコレクトコール)で受けてくれます。

JTB旅カード ゴールド 海外24時間日本語緊急電話サポート

出典:JTB

家族や親しい友人と一緒にいても、急病や盗難など頼ることのできないこともあります。

現地では自らが日本大使館や現地の警察などに問い合わせや対応を求めなければならなくなりますが、事前に日本語で相談に乗ってもらえたり、解決してもらえる安心感は決してお金では買えない貴重なものでしょう。

レジャー施設会員割引サービス「えらべる倶楽部」

『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』カード裏面の「えらべる倶楽部レジャー」のマークを提示すると、JTBベネフィットが運営する「えらべる倶楽部」提携している全国約3,000カ所のレジャー施設や、かんぽの宿・ホテルチェーンのホテルなどで割引特典が受けられます。

JTB旅カード ゴールド 「えらべる倶楽部」

出典:JTB

利用する場合、予約の際に「えらべる倶楽部会員であること」「えらべる倶楽部の会員番号(えらべる倶楽部レジャーサービスのホームページに掲載)」を伝えるのと、宿泊当日に宿泊施設のフロントへ「えらべる倶楽部レジャー」マークの提示が必要です。

「えらべる倶楽部」はJTBベネフィットが提供している福利厚生サービスで、月会費または年会費が必要ですが、『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』なら無料でサービスを利用できて割引を受けられます。

飛行機や電車での移動・ホテルなどの宿泊だけでなく、レジャー施設でも割引を受けられるので旅行に関しては隙がなく、お得に楽しめます。

ゴールド会員誌「トラベル&ライフ」

隔月で発行されるゴールド会員誌「トラベル&ライフ」は会員からの写真や情報の投稿で構成される読者参加型の旅行情報誌です。

JTB旅カード ゴールド ゴールド会員誌「トラベル&ライフ」

出典:JTB

それだけでなく、読み応えのある国内・海外の特集はもちろん、トラベルポイントの上手な貯め方、お得な使い方、トラベルポイントが当たるキャンペーンなども紹介されています。

そして毎号、巻末にトラベル&ライフクーポンが付きます。JTBで旅行商品を購入の際に使用でき、最大で総額約7,500ポイント(7,500円相当分)を活用できます。

旅行の際にJTBでこのクーポンを使うだけで、年会費の元を簡単に取れてしまうほど大変お得な会員誌です。

3. JTB旅カードJCB/VISAゴールドの2つのデメリット

この章では逆に『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』のデメリットを2つ挙げていきます。

  • 年会費が高い
  • ポイントの使い方が限定されている

3-1. 年会費が高い

年会費が15,000円(税別)とやや高めです。一般カードの『JTB旅カードVISA/Master』との違いは下記の3点しかありません。

  • ポイント還元率
  • 保険の条件
  • 空港ラウンジ無料利用・ゴールド会員誌などゴールドの特典

ポイント還元率

一般カードの『JTB旅カードVISA/Master』との違いは日常の利用でたまるポイントの差が0.5%しか違わないことです。

JTB旅カード ゴールド クレジットカードご利用でたま~る

出典:JTB

上記例だと、60万+40万+24万+36万=160万使っていても8,000ポイントしか変わりません。

年会費の差分のポイントをカードの利用だけで上回ろうとすると、年間300万円以上カードを使わなければならず、現実的ではありません。

上図から分かるように、一般カードでもその他JTBグループでの利用で付くボーナスポイントは変わらないため、年2回未満などあまり旅行に行かない人は一般カードの『JTB旅カードVISA/Master』でも十分です。

保険の条件

一般カードだと保険の金額や条件が変わります。

『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』 『JTB旅カードVISA/Master』
国内旅行保険 傷害死亡 5,000万円

入院1万円、通院5千円など

1,000万円のみ
国内航空機欠航補償制度 JCBのみあり なし
海外旅行保険 傷害死亡/後遺障害 5,000万円 1,000万円
傷害・疾病治療費用 300万円 150万円
個人賠償責任(自己負担額1千円 1億円 2,000万円
救援者費用 400万円 200万円
携行品損害(自己負担額3千円) 50万円 なし
家族特約 あり なし
旅行取消料補償制度 あり なし
ショッピング保険 500万円(JCB)300万円(VISA) 150万円

上記の通り確かに『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』の保険内容はとても充実しています。

しかし、年2回未満などあまり旅行に行かない人ならば旅行の時に旅行保険に入った方が補償内容がより充実して年会費よりも安く済ませられます。

空港ラウンジ無料利用・ゴールド会員誌などゴールドの特典

空港ラウンジ無料利用

『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』は国内28空港、JCBブランドのみハワイと中国の空港のラウンジを無料で利用することができます。

国際線の場合は搭乗ゲートまで余裕を持って移動していなければならないため、手続きが終わると飛行機に搭乗するまでの時間長く待っていなければなりませんが、ラウンジを利用することで待ち時間を有効に活用できます。

羽田空港 ラウンジ

出典:羽田空港

電源・Wi-Fi・ドリンク・軽食を無料で利用することができるだけなく、アルコールなどの一部の飲み物やシャワー・マッサージチェアなどを有料で利用できるところもあります。

利用料金は1,000円前後ですが、カードと当日の搭乗券を提示することで無料にすることができます。

飛行機に乗る機会が多い人はこのラウンジの利用料金で年会費の元を取りやすくなりますが、あまり飛行機に乗らない場合は、そんなに得ではなくなります。

ゴールド会員誌のクーポン

2章のメリットでご説明したゴールド会員誌に付くクーポンは、全国のJTBのお店で使えるもので総額約7,500ポイント(7,500円相当分)を活用できます。

内訳は下記の通りです。

  • 海外旅行ツアー(ルック)用が2,000円
  • 国内旅行ツアー(エース)用が1,500円
  • 国内宿泊用が1,000円
  • 旅行グッズ用3,000円

隔月発行とはいえクーポンの内容から毎回全ては利用できないため、3回以上クーポンを使わないと年会費の元を取るのは難しいです。

3-2. ポイントの使い方が限定されている

『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』はゴールドカードとしては最高に近い1.5%という高還元率ですが、ポイントの使い方が下記のたった2つに限定されています。

JTBホームページ 100ポイント単位(100円相当)
JTBグループのお店 1,000ポイント単位(1,000円相当)

どちらも旅行代金や旅行用品の支払にしか利用できず、他のクレジットカードのポイントのように他社のポイントや電子マネー、ギフト券・商品などに換えることができません。

あくまでもJTBでの利用に特化したクレジットカードなので、JTBを使った旅行の回数が少ないとポイントの使い方に困るでしょう。

ポイントの有効期限に注意!

JTBトラベルポイントは確定ポイント積算日の翌年末(12/31)までの最長2年間と有効期限が短いポイントです。特に年末近くに獲得したポイントは1年強しか有効期限がありません。使い方が限定されており沢山ためていても特にメリットはないため、ドンドン使いましょう。

JALユーザーなら『JTB旅カード JMB』がおすすめ

飛行機でよくJALを使っている人でそんなに旅行には行かないけど、JTBのポイントも効率よく貯めて使いたい人には『JTB旅カード JMB』をおすすめします。

JTBの一般カードとしてJTBの利用でお得にポイントが貯まりやすいだけでなく、車のサポート「ロードアシスタンス」、住まいのサポート「ホームアシスタンス」の機能も備えた使える便利なカードです。

JALグループ国際線利用の「ルックJTB」「JTBグランドツアー」への参加で、JALツアーマイルが往復で500マイルたまります。

そして、使い道が限定されていたJTBトラベルポイントをJALマイルに同じ価値で交換できるので非常に便利です。

JTB旅カード JMB マイル交換

出典:JTB

同一年度(4月~翌3月)に交換できるマイルは、20,000マイル(2回まで)が上限という制限はありますが、制限を気にするほど沢山ポイントがたまる人は『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』を選んだ方がお得です。

年に1〜2回くらいしか旅行に行かないけど、お得にJTBを利用したい人にはぴったりの1枚です。

4. JTB旅カードJCB/VISAゴールドはこんな人が使うべき

これまでご紹介してきた特徴を元に、『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』を使うべき人は以下のような人です。

  • JTBを使って年に3回以上国内や海外へ旅行に行く
  • 充実した旅行に関するカード保険を求める
  • 安心して旅行をしたい

1つでも当てはまるならおすすめで、2つ以上なら絶対に申し込みましょう。

下記で実際に利用している人の口コミを紹介します。

4-1. JTBを使って年に3回以上国内や海外へ旅行に行く

口コミ・評判

R・K さん(36歳)
評価:★★★★☆4
新婚旅行を機にJTBを利用して旅行をする機会が増えました。最初は年に1,2回行く程度でしたが、子供が生まれ大きくなるにつれて国内・海外問わずに旅行の回数が増えました。
旅行の回数が増え始めた時にJTBの受付の人に勧められて作りました。
入会時に年会費の高さが気になりましたが、キャンペーンで半額以上のポイントがもらえたのと普段の利用でも驚くほどよくポイントが貯まり、毎月5~10万円程度の利用で1年で2万ポイント近く貯まりました。
会員誌についてくるクーポンも活用して、年1回はポイントだけで家族旅行を楽しめているので私には満足のカードです。

2章のメリットでご紹介したように、『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』は普段の生活はもちろんJTBの利用でポイントが非常に多くたまる高還元率のゴールドカードです。

ゴールドカード会員限定の会員誌では総額7,500円分のクーポンが付くため、このクーポンを3回以上使いJTBで国内・海外へ旅行に行くだけで簡単に年会費の元を取れるでしょう。

また、旅行に限らず飛行機を使う機会が多ければ国内の空港ラウンジを無料で使えるため、カードの年会費以上にお得になるでしょう。

4-2. 旅行に関する充実したカード保険を求める

口コミ・評判

Y・M さん(31歳)
評価:★★★★☆4
独身の頃は気にしていませんでしたが、数年前に結婚をして子供も生まれ一緒に旅行に行くようになると家族の安全を最優先で考えるようになりました。
自分も仕事の関係で国内外へ行く機会が増え、その都度旅行保険を掛け捨てでかけるのも勿体無いなと思っていました。
JTBで予約をした時に旅行保険の相談をしたら、このカードを勧められました。短期旅行なら十分な補償内容で、国内飛行機の欠航補償や海外旅行時のキャンセル補償など今の自分にとても合う内容でした。
以外と国内でも飛行機が予定どおり飛ばないことがあり、そのための予定変更でもう一泊追加になっても保険金が出るので本当に助かっています。

ゴールドカードでありながら、1部プラチナカード級の補償金額であるなど旅行保険の内容が非常に充実しています。

それだけでなく国内航空機欠航補償制度や旅行取消料補償制度があります。

国内航空機欠航補償制度は他のゴールドカードにも付いていることがあり珍しくありませんが、海外旅行のキャンセル料を補償してくれる旅行取消料補償制度はほとんどありません。

小さい子供がいる場合、急に熱を出したり体調が悪くなってしまうことは珍しくなく、子供の病気が原因で旅行がキャンセルになってしまうことも少なくありません。

『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』なら、旅行時はもちろん旅行に行く前の補償も充実しているので気兼ねなく旅行を楽しめるでしょう。

4-3. 安心して旅行をしたい

口コミ・評判

Y・A さん(27歳)
評価:★★★★★5
大学時代に友達になった子が凄い旅行好きで、東南アジアの国はほとんど彼女の引率で連れて行かれました。
その影響があって、社会人になってからその友達以外の人とも旅行に行くようになりました。自分は旅慣れていると思っていたのですが、スペインに行った時に急に具合が悪くなってしまって身動きができなくなってしまいました。
近くに英語が通じる人もいなく、うまく自分の具合の悪さを伝えられず軽くパニックになりましたが、カードについているサポートデスクのことを思い出し、友人に連絡を取ってもらい現地の病院の予約と医療通訳を付けてもらいました。
幸い重い病気ではなく、点滴と薬をもらってその日の内に退院できました。
イザという時に日本語で対応してくれるデスクが数多くあるのは旅行会社のサービスの強みで安心しました。

国内・海外に限らず旅行で行く場所は初めてであったり、自分にあまり馴染みのない国や地域であることが多いでしょう。

事前に行き先の詳しい情報を調べて旅程を組むのも旅の楽しみの1つです。

ただ、どれだけ入念に準備をしていても病気や怪我を始めとするトラブルに全く巻き込まれる可能性は0ではありません。

そうした緊急時に日本語で相談できるのは大きな安心に繋がるでしょう。日本最大の旅行会社の実績と経験を利用できるのは『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』カード会員ならではの特権です。

5. 申し込みの際の2つの注意点

申し込みをする際には以下の注意点を確認してから申し込みましょう。

  • キャッシング枠
  • ブランドの選択

この2つの注意点をあまり考えずにカードの申し込みをしてしまい、カードが発行されなかったり発行した後に後悔する例があります。

申し込みをする際には以下の点を注意してください。

5-1. キャッシング枠は年収の1/3未満の希望額で申し込む

原則としてキャッシング枠は年収の1/3未満の希望額にして申し込みましょう。

なぜなら、総量規制という法律で個人がお金を借りられる枠の基準が定められていて、その枠の中にクレジットカードのキャッシング枠も含まれるからです。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

引用:日本賃金業協会・総量規制とは

キャッシング枠を不必要に多くして申し込むと、カードの発行会社は「この人はお金に困っている人なのかな」と判断して、カードが発行されない恐れがあります。

もしカードの発行を否決されると、あなたが否決されたという記録は半年間残ってしまい、各クレジットカード会社や金融機関などにも共有されるため、他のカードを発行する時に不利になります。

自分の持っているカードに合計で年収の1/3以下の金額にしてキャッシング枠を申し込むと、総量規制の基準に引っかからずカードが発行されやすいです。

5-2. ブランドの選択

『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』はJCB・VISAの2つのブランドから選べます。「どれを選んでもそんなに変わらない」と適当に決めようとしていませんか。

実はブランドによって使えるサービスや保険の条件が異なりますので、知らずに選択をすると後悔するでしょう。

ブランドによって異なるサービスや優待

国際ブランド JCB VISA
年会費

15,000円(税別)

次年度WEB明細書コースによる1,000円(税抜)の割引あり
ショッピング保険

500万円

300万円
旅プリカチャージ

クレジットカードチャージ可能

クレジットカードチャージ不可
電子マネー

QUICPay

iD

ETC

年会費無料

初年度年会費無料、2年目以降は前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば翌年度無料。年会費500円(税別)

国内空港ラウンジ

28空港・43ラウンジ

28空港・41ラウンジ

海外空港ラウンジ

ハワイ・ホノルル空港 中国28空港のラウンジ(2017年3月31日までの期間限定)

海外優待 JCB会員向け優待サービス Visa会員向け優待サービス

VISAは年会費を1,000円(税抜)安くできることがメリットですが、その他の条件がJCBに比べると良くないことが多いです。

特にこだわりがない場合、『JTB旅カードJCB ゴールド』を選んだ方が便利でしょう。

6. まとめ

JTB旅カードのゴールドカードである『JTB旅カード JCB GOLD』または『JTB旅カード VISA ゴールド』に関して、メリット・デメリット、口コミを交えた実際の使い勝手まで解説してきましたがいかがでしたか。

『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』は以下のようなメリットがある、とても使い勝手の良いクレジットカードです。

  • JTBトラベルポイント貯まりやすい
  • 旅行に関する保険の内容が充実している
  • JTB関連の豊富なトラベルサービス特典を利用できる

ゴールドカードしては最高に近いポイント還元率の高さがありJTBトラベルポイントを貯めやすいため、JTBを使った旅行の回数が多い人には保険やトラベルサービスを利用し安心して旅行が楽しめる1枚です。

『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』を利用することであなたの生活がより豊かで便利になることを祈っています。

JTB旅カード JCB GOLD』または『JTB旅カード VISA ゴールド』は、他の紹介サイト経由だとキャンペーン条件が変わってしまうことがあるため、申し込みは必ず公式ページから行い、もれなく8,000ポイントを受け取りましょう。

『JTB旅カード JCB GOLD』公式ページ(https://www.jtb.co.jp/myjtb/card/jcbgold/

『JTB旅カード VISA ゴールド』 公式ページ(http://www.jtb.co.jp/myjtb/card/smccgold/

キャンペーン期間は、2017年3月31日までと長いですが時々キャンペーン内容が変わることがあるかもしれないので、確認して申し込みましょう。

カード詳細情報

この章では、現在できる限り情報を収集した上で、『JTB旅カードJCB/VISAゴールド』についての詳細情報を表にまとめました。上記でご紹介した他にカードについて細かい情報を知りたい人だけお読みください。

詳細情報

申し込み対象 本会員 20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

※学生の方はお申し込みになれません

※ゴールドカード独自の審査基準により発行します

家族会員 本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
審査基準 JCBゴールドに比べるとやや易しい
還元率 1.5%
ブランド JCB/VISA
年会費 本会員 初年度 JCB/VISA 15,000円(税別)請求月日:有効期限月の3ヵ月後の10日に請求
次年度以降 JCB 15,000円(税別)請求月日:有効期限月の3ヵ月後の10日に請求
VISA 15,000円(税別)請求月日:クレジットカード送付時に通知する
「WEB明細書」コース 14,000円(税抜)カードご利用代金WEB明細書サービスのご利用で過去1年間に6回以上の請求がある方
家族会員 1名様無料、2人目より1名様につき2,000円(税別)有効期限月の3ヵ月後の10日に請求
支払い方法 口座振替
支払い日 毎月15日締め翌月10日(土・日・祝日の場合は翌営業日)
ショッピング 利用可能枠 JCB:入会時の案内を確認してください

VISA:50~300万円

支払い方法 一括払い・均等分割払い・リボルビング払い(残高スライド方式)
分割払い

実質年率

ホームページを確認してください
キャッシング 国内利用可能枠 入会時の案内を確認してください
支払い方法 ホームページを確認してください
ポイント ポイント名 JTBトラベルポイント
基本ポイント付与 カード利用100円につき1.5P(=1円相当)
JTBグループ各販売店 10,000円ごとに50ポイント(0.5%)たまる
JTBホームページ 国内宿泊事前決済(1%)、その他(0.5%)
旅プリカ チャージ 1,000円ごとに5ポイント(0.5%)たまる
旅プリカ特約店 利用金額に対してさらにポイントがたまる
キャンペーン 会員限定キャンペーンでたまる。
アンケート メルマガアンケートに回答してたまる
ゲーム 1日1回ゲームに参加するとポイントがたまる
写真投稿 「とっておき旅情報」へのクチコミ投稿でポイントがたまります。
有効期限 確定ポイント積算日の翌年末(12/31)までの最長2年間
オンラインモール ポイントたま~るモール 総合通販から生活雑貨や食料品など様々な人気ショップを掲載しています。「ポイントたま~るモール」を経由してショップのサイトでお買い物をするだけで、購入金額の1%~10%のボーナスポイントが加算されます
交換先 100P以上100P単位、1P→1円:JTBホームページで旅行代金や旅行商品の購入

1,000P以上1,000P単位、1P→1円:JTBグループのお店で旅行代金や旅行商品の購入

加盟店数 数百店以上

100円ごとに1〜5ポイント(1〜5%)たまる

電子マネー 名称 チャージの可否 カードに付属 オートチャージ対応 ポイント付与
nanaco

モバイルSuica

SMART ICOCA

iD

◯(VISAのみ)

1.5%(100円につき1.5P)

QUICPay

◯(JCBのみ)

1.5%(100円につき1.5P)

国内旅行保険

(利用付帯)

補償条件 JTB旅カードで公共交通乗用具の料金、宿泊施設の料金、宿泊を伴う募集型企画旅行の料金をお支払いいただいた方のみが対象
傷害死亡・傷害後遺傷害 5,000万円
傷害入院 日額 10,000円
傷害手術 入院中に受けた手術の場合は入院保険金日額の10倍を、それ以外の手術の場合は入院保険金日額の5倍
傷害通院 日額 5,000円
家族特約
海外旅行保険

(自動付帯)

補償条件 JTB旅カードの資格取得日の翌日以降にご出発される旅行の旅行期間中※が補償期間となります。ただし1回の旅行につき、日本を出発してから90日間が限度
傷害死亡・傷害後遺傷害 5,000万円
傷害・疾病治療 300万円
賠償責任 1億円(自己負担額1千円)
携行品損害 1旅行中50万円

※自己負担額1回の事故につき3,000円

救援者費用 400万円
家族特約 傷害死亡:最高1,000万円、治療:300万円、疾病:300万円、賠償:5,000万、携行品:50万、救援者:200万
対象者 本会員の配偶者

本会員または本会員の配偶者と生計を共にする同居の親族

本会員または本会員の配偶者と生計を共にする別居の未婚の子

国内航空機欠航補償制度(利用付帯) JTB旅カード JCB/VISA GOLD会員ご本人(本会員・家族会員)が、旅行代金をJTB旅カード JCB/VISA GOLDで支払った航空機を利用する国内募集型企画旅行または国内受注型企画旅行において、台風、雪、濃霧、ストライキ等の偶然な事由により、利用予定便が欠航または着陸地変更および到着遅延によりカード会員ご本人が負担を余儀なくされた追加宿泊費用・追加交通費用・追加食事費用をカード会員1名あたり1フライトごとに1万5千円を上限に補償
ショッピングガード保険 補償内容 JTB旅カード JCB/VISA GOLDで購入された品物を、購入日から90日間補償
補償限度額 (年間)500万円まで(JCB)/ 300万円(VISA)
自己負担額 (1回の事故につき)3,000円
カード盗難保険 万が一カードが第三者に不正使用されても、お届けいただいた日から60日前にさかのぼり、それ以降の損害額を当社が補償
旅行取消料補償制度 JTB旅カード JCB/VISA GOLD会員ご本人(本会員・家族会員)が、旅行代金をJTB旅カード JCB/VISA GOLDで支払ったJTBグループ会社が企画・実施する海外募集型企画旅行について、 カード会員またはカード会員の配偶者もしくは2親等内のご親族がケガや病気によって一定期間以上入院するなど一定の事由により、旅行をキャンセルし、旅行キャンセル費用が発生した場合に、 発生した海外旅行キャンセル費用の80%をカード会員1名あたり10万円を上限に当会社が補償
国内空港ラウンジ JCB 28空港・43ラウンジ 新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港 新潟空港 羽田空港 成田国際空港 富山空港 小松空港 中部国際空港 伊丹空港 神戸空港 関西国際空港 岡山空港 米子空港 広島空港 山口宇部空港 松山空港 徳島空港 高松空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港
VISA 28空港・41ラウンジ中国 新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港 新潟空港 羽田空港 成田国際空港 富山空港 小松空港 中部国際空港 伊丹空港 神戸空港 関西国際空港 岡山空港 米子空港 広島空港 山口宇部空港 松山空港 徳島空港 高松空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港
海外空港ラウンジ JCB ハワイ・ホノルル空港 中国28空港のラウンジ(2017年3月31日までの期間限定)
その他特典 ・旅のインフォメーションダイヤル

旅行出発前に、海外旅行に役立つ情報提供と予約・手配等のトラベルサービスを、無料で提供

・Jiデスク(JTB旅カードデスク)

海外55都市に設置されている「Jiデスク(JTB旅カードデスク)」では、旅行中の病気やケガ、盗難などの様々なトラブルに対し、スタッフが日本語で相談に応じてくれる

・海外24時間日本語緊急電話サポート

Jiデスク(JTB旅カード専用デスク)営業時間外の緊急時のお問い合わせを 、世界34カ国から24時間、年中無休のコールセンターがフリーダイヤル(またはコレクトコール)で対応してくれる

・レジャー施設会員割引サービス「えらべる倶楽部」

全国約3,000カ所のレジャー施設や、かんぽの宿・ホテルチェーンのホテルなどを、割引価格でご利用いただけるおトクなサービス

・JTB旅行積立たびたびバンク

積立の支払いでもポイントがたまる

・ゴールド会員誌「トラベル&ライフ」

隔月発行の会員誌の巻末にトラベル&ライフクーポンが付きます。JTBで旅行商品をご購入の際に使用でき、最大で総額約7,500ポイント(7,500円相当分)をご活用いただけます。

・会員様専用のゴールドデスク(通話料無料)

・海外で役立つパンフレット「JCB優待ガイド」

・VISAゴールド優待

追加カード ETCカード 利用料金100円(税込)につき1.5ポイント

JCB:年会費無料

VISA:初年度年会費無料、2年目以降は前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば翌年度無料。年会費500円(税別)

Apple Pay 対応(JCBは旅プリカのみ)

(※当サイトへの掲載情報は、できる限り正確であるように精査の上細心の注意を払って作成しておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に対して生じたあらゆる損害等について一切補償は致しません。極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket