元審査担当が教える!おまとめローン審査を一発突破するポイント集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「おまとめローンの審査内容が知りたい」「どうしたら審査に通るのか」など、おまとめローンにお申し込むに当たって、その審査内容や通るためのコツが気になりますよね。

おまとめローンは他のローンと比較して審査が厳しい傾向にあるため、きちんと審査内容を理解し対策を講じることが必要です。

また、2017年の5月頃から各カードローンの審査がますます厳しくなったのでより慎重に申し込みをする必要が出てきました。

本記事では、過去に銀行のカードローンの審査担当を務めていた筆者がおまとめローンの審査に関して知っておいていただきたい全てのポイントを以下の流れで紹介します。

  1. おまとめローンの審査が厳しい2つの理由
  2. おまとめローンの審査で見られる2つのこと
  3. おまとめローンの審査に通るための4つのポイント
  4. 自身がない人に使って欲しいおまとめローン3選
  5. 審査に落ちた!よくある5つの原因と対処法

本記事を読んでいただければ、おまとめローンの審査の対策から、自信がない人が申し込むべきおまとめローンまで、おまとめローンの審査に通るための全ての知識を身につけていただけます。

1. おまとめローンの審査が厳しい2つの理由

おまとめローンもカードローンやキャッシングと同様申し込み後に審査があり、審査に通らなければ契約や借り入れに至ることはできません。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-17-17-27

実は、おまとめローンの審査はカードローンやキャッシングと比較して、非常に厳しいと言われています。その理由は以下の2つです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-18-17-52

1-1. あちこちから借金している人だから

おまとめローンを使う人の大半が3社以上から借り入れをしている人です。

そして3社以上から借り入れをしていると、あまり返済計画を立てていなかったり、返済能力に疑問を持たれてしまう可能性が高いです。

おまとめローンが厳しいと言われているのは、「あちこちから借り入れをしている人が申し込む」というのが大きな理由と考えられます。

ちなみに、おまとめローンに限らず一般的に借り入れ件数が多いことはマイナスになります。

1社から100万円借りている人の方が4社から50万円借りている人より信用されると言われるくらいです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-22-39-09

1-2. 借り入れ金額が大きくなりやすいから

おまとめローンの額は100万円を超えることも多々あります。

貸し手が「この人には10万円なら貸してもいいかな」と思っても、おまとめだと100万円を超える額になってしまうので、普通のカードローンやキャッシングに申し込めば通るような方も落ちてしまう可能性が高いです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-22-57-14

要注意!最近ますます厳しくなりました

カードローン業界は2017年5月に状況が大きく変わりました。その結果、銀行のカードローンでまとめることが難しくなったので、慎重に選ばなくてはいけなくなりました。

銀行カードローンの多くが審査を厳しくしたので、おまとめをしたいぐらい借り入れがある場合ほとんど通りません。

おまとめに良いカードローンもたくさんあったのですが、大半はおすすめできなくなりました。

銀行が厳しくした理由:国が動いた

銀行は消費者金融のようにきつく規制で縛られていなかったため、たくさんの人が返せる額以上のお金を借りていました。

ある意味、消費者金融以上に簡単に高額なお金を借りられたので、銀行からたくさん借りてお金を返せない人も続出するようになりました。

そして金融庁や総理大臣からも改善を求められた結果、各銀行はおまとめローン(カードローン)の審査を厳しくしたのです。

以下のように連日ニュースでも取り上げられました。

引用:日本経済新聞電子版

そして、銀行のカードローン、特におまとめローンは審査が非常に難しくなりました。

確実に借りたければ穴場のおまとめローンを!

昔は「オリックス銀行カードローン」「楽天銀行カードローン」などが積極的におまとめローンの新規顧客獲得をしていましたが、これらの背景のせいで審査が非常に厳しくなりました。

オリックス銀行に関しては前までホームページに「おまとめ歓迎」と記載されていたのに2017年5月にそれが消えました。

当サイトでもアンケートをとりましたが、これらの銀行には厳しくなった時期の後、31人のうち2人しか通らなくなっていました。

そのため、確実に審査に通りたいのであれば、「イオン銀行」など積極的に顧客を増やしてこなかった”穴場”の銀行でまとめることが最も確実です。

1章まとめ. きちんとした対策が必要

以上のことからおまとめローンは、通常の審査よりも厳しくなることを覚悟しなければなりません。

そのため、次章以降の「審査の内容」「審査に通過するためのポイント」をしっかり抑えた上で「審査にが厳しすぎないところ」に申し込みをすることが必要です。

また、無理にまとめても返せる見込みがないのであれば、債務整理などを考慮するのも一つの手段です。

2. おまとめローンの審査でみられる2つのこと

おまとめローンの審査でみられることは普通の審査と大きな違いはありません。ただし、重視されるポイントは少しだけ異なるため、本章で解説をしていきます。

見られるポイントは、大きく分けて以下の2点です。

  • あなたの属性(年収や職業など)
  • 現在や過去の債務(信用情報)

以上の2点からあなたの返済能力を考慮します。それぞれに関して解説をしていきます。

2-1. あなたの属性

これは属性スコアリングと呼ばれるもので、あなたの申し込み内容をコンピューターが点数化してスコア化してあなたの信用度を測る仕組みです。具体的に見られる項目は主に以下7つです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-13-0-22-08

それでは、それぞれを詳しく解説していきます。

①年収

年収が高くなればなるほどスコアも高くなります。年収に対して高い借り入れになっていくと通過率がどんどん落ちてしまいます。

また、安定した収入があるかどうかも判断材料の一つになります。

②勤務先・雇用形態

公務員でしたり、大手企業の社員はここのスコアが高くなります。反対に、無職の方など安定した収入のない方は一発アウトになるケースが多いです。

③勤続年数

その職業をどれくらい続けているかも判断材料になります。勤続年数が1年未満だとマイナスになるケースが多いです。

特におまとめローンで大きい額を取引されようとする方は3~4年あった方が審査に与える影響が減ります。

また、会社経営者の方、自営業の方は勤続年数で事業の安定性や信頼度を測られます。

④居住形態・居住年数

持ち家か賃貸かによってもポイントは変わり、持ち家の方がポイントは高いです。

なぜなら、持ち家という経済資産があるため、お金が返ってこないリスクが少なく、また夜逃げなどもできないからです。

また、公営住宅はマイナスになります。

⑤家族構成

あなたに何かあった時に返済できる家族がいるかも大きなポイントです。一人暮らしですと評価が低く、反対に両親と同居していれば評価が高くなります。

⑥年齢

20代〜60代が最も評価が高くなります。金銭感覚がしっかりしていることや、長期的な顧客になりやすいからだとされています。

また、ローンごとに申し込みができる年齢は限定されるため、事前によくチェックした上で申し込みを行いましょう。

⑦固定電話

今のご時世携帯電話でも十分審査には通りますが、やはり固定電話を持っていると少しだけスコアも上がります。

そのため、固定電話を持っているならきちんと固定電話の番号を書くことが大切です。

2-2. 現在や過去の債務

いわゆる信用情報のチェックで、「個人信用情報機関」へ以下のようなあなたの信用情報を照会し主に以下のポイントをチェックされます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-18-05-12

  • 何社からいくら借り入れしているか
  • 現在や過去に延滞等のトラブルがなかったか
  • 他社に同時に申し込んでいないか

何社からいくら借り入れしているか

おまとめローンの場合は、特に注目されやすいポイントです。他社からの借り入れは信用情報で共有されるため、嘘をついても無駄です。

また、借り入れが4社からもしくは年収の1/2を超えると通過率が著しく落ちる傾向にあります。

逆に、多少借金していてもきちんと返済をしているとプラスになりやすいです。

現在や過去に延滞等のトラブルがなかったか

現在、他社の借り入れを延滞していたり、過去に債務整理や踏み倒しをしていると大きなマイナスになります。

そういったところがないか、きちんとチェックされます。

他社に同時に申し込んでいないか

実は、申し込んだタイミングで、その申し込み情報は各貸金会社などに共有されてしまいます。

申し込みの情報は半年間保存されますが、あまりに短期間のうちに複数社に申し込みを行なっていると「この人はよほど切羽詰まっているんだな」と審査に大きなマイナスを与えてしまいます。

3. おまとめローンの審査に通るための4つのポイント

おまとめローンの審査に通るためには以下の4つのポイントを意識しましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-18-23-31

3-1. 申し込みは1社ずつ

あなたがおまとめローンに申し込んだという情報はほぼ全ての貸金業社で共有されます。

そして、短期間のうちにあまりに多くの申し込みをしていると、「この人はよほど切羽詰まっているのか」「他社も落ちたこの人は本当に大丈夫?」という疑問を持たれ通るはずだった審査も落ちやすくなります。

そのため、申し込みは一気に複数社に行うのではなく、通りそうなところから1社1社申し込みを行なっていくことをおすすめします。

3-2. 申し込み時にミスをしないように

申し込み時申告した内容に誤りがあるとそれが原因で落ちる可能性があります。

嘘の申告をしてしまうことはもちろん、うっかりミスで誤った情報を使って申し込んでしまうと「虚偽の申告」と捉えられて一発アウトになる可能性があります。

特に、おまとめローンの時に注意すべきなのが、他社からの借り入れ状況です。

複数社から借り入れを行っていて、どこからいくら借りているかわからなくなってしまっている方もいらっしゃるかと思いますが、きちんと整理をした上で申し込みをすることが重要です。

3-3. きちんとおまとめローンと申告をする

中には「おまとめローン専用」の商品を出している会社もあるかと思いますが、多くの会社はおまとめローン向けの商品がなく、一般のキャッシングと同様の申し込みをする流れになります。

普通のローンだと「この人こんなにたくさんの会社から借金してるけど大丈夫か…?」と思われてしまいますが、おまとめローンであれば「まとめたいんだな」と事情を理解してもらえます。

ポイントはどこかのタイミングで「おまとめローンです」と伝えることで、以下のような手段が考えられます。

  • 申し込み時に利用目的を選択できる場合「借り換え」などおまとめローンに当てはまるものを選ぶ
  • 申し込み時にあなたに入る確認の電話で「おまとめです」と伝える

以上のどちらかの方法を使えばあなたが今のローンをまとめたいということを前提で審査をしてくれます。

3-4. 年度末に申し込みを行う

実は、年度末(2月後半~3月)に申し込みを行うと若干審査に通りやすくなると言われています。

各貸金業社にも1年単位の営業目標があり、年度末に目標値に達していないと実績を作るために多少審査の基準を下げる可能性があるからです。

つまり、もし年度末までおまとめを待てるのであれば、年度末まで待った上で申し込みを行うことで審査への通過率を若干上げられます。

4. 自身がない人に使って欲しいおまとめローン3選

正直、銀行のカードローンは審査が非常に厳しくなったので多くのカードローンでおすすめできなくなりました。

また、審査が銀行ほど厳しくない、「プロミス」などの消費者金融は条件が今ひとつなので、選び方に気をつけなければ、逆に金利が上がってしまうということになりかねません。

そこで、審査に自信がない方は、以下の観点でおまとめローンを選ぶことをおすすめします。

  • 審査が厳しすぎない「穴場」の銀行カードローン
  • 条件が悪くない消費者金融のおまとめローン

おまとめローンを比較した結果、上記に当てはまるおすすめのおまとめローンは以下のようになりました。

審査が厳しすぎない「穴場」の銀行カードローン

条件が悪くない消費者金融のおまとめローン

まずはこれらの解説をした上で、次の章でこれ以外のおまとめローンをあまりおすすめしない理由を解説していきたいと思います。

おすすめできない理由を簡単に言うと、「おまとめ条件が悪い」「審査があまりに厳しく通らない」の2つのどちらかです。後ほど細かく解説をしていきます。

4-1. イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン』は、イオングループの銀行「イオン銀行」のカードローンです。

飛び抜けた部分はないものの、全体的にスペックがよく、欠点がないためどんな人にもおすすめと言えます。

昨今、銀行のカードローンはまとめるのが難しくなったと言われていますが、イオン銀行はあまり姿勢を変えなかったと多くの方が支持していました。

当サイトでのアンケートでも、「他はダメだったけど、イオン銀行ならまとめられた」という声が多数ありました。

また、多くの方が適用されるであろう、最高金利が「13.8%」とかなり低く、多くの方が金利を下げてまとめることが可能です。

イオン銀行には別に「おまとめローン」というサービスもありますが、基本的に書類の提出が全てWEB場で簡単にできてしまう「カードローン」の利用がおすすめです。

カードローンでもおまとめには十分対応していますし、金利もほぼ変わりません。

運営会社 イオン銀行
金利 3.8~13.8%
審査スピード 口座があれば最短即日(なければ5日程度)
限度額 800万円
申し込みページ http://www.aeonbank.co.jp/

4-2. 住信SBIネット銀行「MRカードローン」

住信SBIネット銀行「MRカードローン」』は、住信SBIネット銀行のカードローンです。

金利面、限度額で圧倒的に優れていますが、他の銀行ほど、審査は絞られない傾向にあるので、積極的にチャレンジしてみましょう。

こちらのカードローンは高い額になればなるほど金利も下がり、最低金利が1%を切ります。その金利で借りられる人は極一握りの方ですが、信用に自信がある方にとってはイオン銀行よりも良いかもしれません。

運営会社 住信SBIネット銀行
金利 0.99~14.79%
審査スピード 口座があれば最短即日(なければ5日程度)
限度額 1,200万円
申し込みページ https://contents.netbk.co.jp/

4-3. アイフル「おまとめMAX」、「かりかえMAX」

かりかえMAX』『おまとめMAX』は大手消費者金融のアイフルのおまとめ商品です。消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいと言われており、大手の消費者金融の中でも最も熱心におまとめをアピールしているのがこのアイフルです。

かりかえMAX」と「おまとめMAX」は以下のように住み分けられています。

  • かりかえMAX」・・・アイフルを使ったことがない方
  • おまとめMAX」・・・アイフルを使ったことがある方、使っている方

金利も12.0%~17.5%(おまとめMAXの場合は12.0%~15.0%)と一般のアイフルよりも安く借りられる可能性が高いサービスですが、審査は銀行よりも通りやすいので「まとめたいけど審査がちょっと…」という方にもおすすめです。

アイフルのおまとめ商品基本データ

運営会社 アイフル
金利
審査スピード 最短即日
限度額 1~500万円
申し込みページ

5. 審査に落ちた!よくある5つの原因と対処法

もし、審査に落ちてしまった場合は、きちんと落ちた理由を考えて対策を講じる必要があります。良くある審査に落ちる理由は以下の5つで本章で解説をしていきます。

  • 複数社申し込んでしまった
  • 申し込み時ミスをしてしまった
  • 過去に金融事故があった、今延滞している
  • 借り入れが5社以上あった
  • 入社してすぐ、年収が低いなど属性に難あり

落ちてしまった方はもちろん、これから申し込む方も参考にしていただくことで申し込む際に気をつけるべきポイントが見えてくるはずです。

5-1. 複数社申し込んでしまった

申し込みを1度に何回もしてしまった方はそれが審査に落ちた原因になっている可能性があります。

申し込み情報は半年間共有されるため、できるのであればおまとめは半年間待った上で再チャレンジするのがベストです。

そこまでどうしても待てない方は債務整理などを考えるのも一つの手です。

5-2. 申し込み時ミスをしてしまった

申し込み時、あなたの情報にミスがあるとそれが落ちた原因になっている可能性があります。

1度であれば、審査にもマイナスの影響を与えくいので、「4.自身がない人に使って欲しいおまとめローン3選」を参考に別の1社に申し込みをしてみましょう。

5-3. 過去に金融事故があった、今延滞している

過去に金融事故があった場合は、それが審査に落ちた原因になっている可能性があります。また、現在他社からの借り入れを延滞している方はどの業者でもおまとめの契約を結ぶことは厳しいでしょう。

そこで、以下の2つのポイントを意識してみましょう。

現在延滞しているものは解消する

まず、現在延滞しているものは解消しなければどこも新たに契約してはくれません。もし、不可能であれば、おまとめを諦めるか債務整理などを考えることをおすすめします。

できれば事故履歴が残ってしまう期間が終わるまで待つ

また、事故履歴は以下のように解消されてから1~5年保存されます。

信用機関名 全国銀行個人信用情報センター(JBA) CIC 日本信用情報機構(JICC)
ブラックのきっかけ 銀行系 クレジットカード系 クレジットカード系
延滞 5年 5年 1年
自己破産 5年 5年 5年
任意整理 5年

もしこれが消えるまで待てないようであれば「アロー」など、過去の事故に対して比較的寛容な消費者金融でおまとめをすることをおすすめします。

5-4. 借り入れが5社以上あった

どの業者も借り入れ4社以上になると通過率がガクッと落ち、5社を超えるとほぼ通らなくなる傾向にあります。

そのため、5社以上借り入れをしている方は、おまとめローンの申し込みをしても難しいと考えられます。

そこで、1社でも借り入れ先を減らすことをまずは考えてみましょう。例えば、きちんと取引実績を積んできた業者に限度額を上げてもらい、他社を返済するなどです。

5-5. 就業してすぐ、年収が低いなど属性に難あり

就業してすぐであったり、年収が申し込み金額に見合わないなど属性が原因で落ちる可能性も高いです。今のままでは難しいと考えられるので、

  • 就業してすぐの方・・きちんと今の職業で勤務実績を半年~1年積んだ上で申し込みを行うこと
  • 申し込み金額に対して年収が低い方・・・・「アロー」など審査の基準が他より低いとされるものを選ぶ

などの手段を取ることをおすすめします。

6. さいごに

おまとめローンの審査に関して内容やポイントを紹介してきましたが、いかがでしたか。おまとめローンは通常のカードローンなどよりも審査が厳しいことが多いため、きちんと内容を理解した上で申し込みを行なうことが大切です。

また、最近ますます審査が厳しくなってきたことを受けて、審査に自身のない方におすすめしたいおまとめローンは以下の3つです。

審査が厳しすぎない「穴場」の銀行カードローン

条件が悪くない消費者金融のおまとめローン

ぜひあなたの状況に合わせて選んでいただければと思います。あなたが最高の条件でお金を借りられることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket