クレジットカード限度額の全知識|適切な額から引き上げ方まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「自分の持ってるクレジットカードの限度額は適切なのか」「今自分の持ってるクレジットカードの限度額をあげたい」と考えていませんか。

クレジットカードの限度額は持っているカードの種類や保有者によって変わります。また、今持ってるクレジットカードの限度額に不満がある場合はそれを引き上げたり、引き下げたりすることもできます

この記事では大手カード会社に3社勤務した私がその経験を生かして、クレジットカードの限度額について以下の流れで紹介していきます。

  1. クレジットカードの適切な限度額について
  2. クレジットカードの限度額の変更方法
  3. 限度額が足らない方におすすめのカード3選
  4. 限度額が上がった後に注意しなければならない唯一のこと

この記事を読むことでクレジットカードの限度額についてと、その変更方法がきちんと分かり、限度額が足らずに困っている方におすすめのカードを3枚紹介します。

1. クレジットカードの適切な限度額について

クレジットカードの限度額とは、そのクレジットカードを利用できる上限の金額のことを言います。

例えば、利用限度額が50万円のカードの場合、合計50万円までしかそのカードを使って買い物をすることができないということになります。

ここで注意しなければいけないのはクレジットカードの限度額というのは毎月利用できる金額ではなく、あくまでそのカードの限度額を指します。

そのため、分割払いなどをして、返済していない金額があればその分は利用することができません。

あなたの持っているクレジットカードの限度額は以下の2つが非常に強く関係しています。

  • クレジットカードの種類
  • 保有者の年収

この章ではクレジットカードの限度額を決める上記の条件について説明していきます。

1-1. クレジットカードの種類と限度額の関係

クレジットカードの限度額は基本的にカードの種類によって、クレジットカードを作った初期の限度額や限度額の上限が変わります。

例えば一般カードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードなどカードのランクが上がるにつれて、利用限度額が引き上げられていきます。

ここからは、クレジットカードの種類と利用限度額について紹介していきます。

クレジットカードの種類と初期限度額

クレジットカードを作った初期の限度額は人によって変わりますが、一般的に以下のようにカードの種類ごとによって以下のように定められています。

クレジットカードの種類 利用限度額(初期設定)
年会費無料カード 10~50万円
年会費有料一般カード 10~50万円
低年会費ゴールドカード 10~100万円
ゴールドカード 30~100万円
プラチナカード 100~300万円
ブラックカード 300万円以上

クレジットカードの限度額の上限

上記のようにクレジットカードの限度額は最初そこまで大きく設定されることはありません。

なぜならば、クレジットカード会社もカードを発行して最初の頃は利用者がきちんと利用したお金を返済してくれる方かどうかわからないからです。

しかし、クレジットカードをきちんと利用し続けることでカードの限度額もきちんと上がります。ただ、その場合でも以下のようにカードによって異なるものの限度額の上限はあります。

  • 一般カード:100万円程度が限度額の上限になることが多いです。それ以上の増額は難しいです。
  • ゴールドカード:一般的に300万円までということが多く、それ以上の限度額が欲しい場合はプラチナカードにしましょう。
  • プラチナカード:基本的には500万円が上限のカードが多いですが、アメックスなどのステータスカードの場合1,000万円になることもあります。

以上がクレジットカードごとの限度額の初期設定額や上限額でした。

しかし、クレジットカードの適切な限度額は人によって変わるので、同じクレジットカードを使ってる方同士でもカードの限度額は変わります。

1-2. カード保有者の年収と適切な限度額

この記事を読んでいる方は自身のカードの適切な限度額が知りたいという方や、限度額をあげたいと考えている方が多いと思います。

限度額の見直し方については次章で紹介しますが、非常に簡単です。

クレジットカードの限度額についてはクレジットカード会社が様々な尺度からみて、算出しているのですが、おおよその目安はあなたの年収でも測ることができます。

年収から見た限度額

年収から見た限度額は以下の通りです。

  • 年収100万円台:10〜50万円
  • 年収200万円台:20〜100万円
  • 年収300万円台:30〜150万円
  • 年収500万円代:50〜300万円
  • 年収1,000万円代:100万円以上

クレジットカードの限度額は年収以外にも様々なことを考慮されているので上記の表が絶対というわけではありませんが、上記の表を見て現在の限度額から大きく外れているようならば限度額の見直しをするのも良いと思います。

1-3. 限度額を決めるその他の要因

上記のようにクレジットカードは「クレジットカードの種類」「保有者の年収」の2つで主に決まります。

しかし、それ以外にも以下のような要因もあるのでクレジットカードの限度額は様々な要因が関わっています。

  • 口座の預貯金額
  • 勤め先の勤続年数、役職等
  • その他の金融機関からの借入れ状況
  • 住まいが持ち家か賃貸かの区分
  • 住居年数
  • 配偶者や家族など生計をともにする人数

上記のように様々な要因でクレジットカードの限度額は決まっています。

カードの限度額の見直し方は次章にて紹介していきます。

2. クレジットカードの限度額の変更方法

クレジットカードの限度額は引き上げることも引き下げることもできます。

この章ではそれぞれについて紹介していきます。

2-1. クレジットカードの限度額を引き上げるために知っておきたい4つのポイント

まずはクレジットカードの限度額の引き上げる際に知っておきたい4つのポイントについて以下の流れで紹介していきたいと思います。

  • クレジットカードの限度額の引き上げ方
  • 利用限度額の引き上げの審査
  • 2種類の限度額引き上げ
  • 限度額の引き上げに関する注意事項

限度額をあげたいと思っている方はこの章を読んできちんと限度額を上げられるようになりましょう。

ポイント1. クレジットカードの限度額の引き上げ方

クレジットカードの利用限度額引き上げの方法は非常に簡単です。カードの裏面に記載されている電話番号に連絡し、電話オペレーターに利用限度額の引き上げしたいことを伝えるだけです。

電話の際に以下のような質問が来ることが多いので注意しましょう。

  • どのくらいの金額を引き上げたいのか?
  • 限度額を増やしたい理由はなにか?

質問の答えで限度額が引きあがらないということは珍しいので、思っていることをそのまま答えましょう。

ポイント2. 利用限度額の引き上げの審査

利用限度額の引き上げをするには、クレジットカード会社の審査に通る必要があります。

利用限度額が引きあがるということは、より多くのお金を一時的に借りているような状態ができる可能性があるのでクレジットカード会社も慎重に判断します。

そのため、クレジットカードをつくってから半年経っていない方や普段から返済が遅れている方、年収面から見てすでに限度額の上限に達している方は審査に通らない可能性もあります。

ポイント3. 2種類あるクレジットカードの限度額の引き上げ

利用限度額の引き上げには、以下の2つがあります。

  • 一時的な引き上げ
  • 限度額自体の引き上げ

それぞれ以下のようになっています。

一時的な引き上げ

結婚式、海外旅行、高額な買い物がしたい場合など限度額を一時的に上げてもらうこともできます。

この場合、審査はそこまで厳しくないです。

普段からきちんとしたカードの利用を行なっていればカード会社も柔軟に対処してくれる場合が多いので気軽に電話してみましょう。

限度額自体の引き上げ

毎月のように限度額が足りなくなる方は限度額自体の引き上げをするのも良いかもしれません。

ただ、この場合時間はそこまでかからないもののしっかりとした審査が行われるので、限度額の引き上げを考えている方は普段からきちんとしたカード利用をしましょう。

ポイント4. 限度額の引き上げに関する注意事項

限度額の引き上げができなかった場合、以下の可能性が考えられます。

  • カードをつくってから半年未満
  • 普段のカードの利用実績が悪い
  • 年収などから判断した限度額がすでに上限
  • クレジットカード自体の上限限度額

上記の理由のうち、年収などから判断した限度額がすでに上限という方は注意が必要です。

クレジットカードは一時的にお金を借りている状態になっています。年収などから判断した限度額がすでに上限になっているにもかかわらず、それでも限度額が足りないという方は今の利用金額が本当に返済できるのかを1度考えましょう。

クレジットカード会社には限度額の引き上げでなく、引き下げをお願いすることもできます。

クレジットカードの使いすぎが怖いという方におすすめです。

また、クレジットカード自体の上限限度額を迎えているという方は新しいカードを作る必要があります。

限度額をあげたいという方は「3. 限度額が足らない方におすすめのカード3選にて限度額の高いおすすめカードを紹介していくので参考にしてください。

2-2. クレジットカードの限度額を引き下げたい

上記のようにクレジットカードの限度額を上げるためには審査なども必要ですが、カードの限度額を下げたい場合には審査などは必要ありません。

限度額が高いと、ついついカードを使いすぎてしまうという方はカードの裏面にあるカスタマーセンターに電話することで簡単に減額してもらうことができます。

ただし、一度減額してしまうと再度増額することは難しくなってしまうので注意しましょう。

3. 限度額が足らない方におすすめのカード3選

この章では限度額がどうしても足らないという方におすすめのカードを紹介していきます。

  • 『Orico Card THE POINT』:最大限度額300万円の一般カードです
  • 『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』:デポジット次第で高額決済も可能なアメックスです
  • 『ACマスターカード』:消費者金融系のカードなので他のカード会社とは審査基準が違います

上記の3枚は限度額やその審査に置いて他のカードとは違った考えを持つカードです。

『Orico Card THE POINT』

Orico Card THE POINT』はきちんと利用し続けることで、利用者の年収などにもよりますが一般カードにもかかわらず限度額が最大300万円まで上がるカードです。

年会費永年無料でポイント還元率が1.0%で入会後6ヶ月間はポイント加算率が2倍にアップし、ポイント還元率が2.0%たまります。

さらにオリコモールを経由することでネットショッピングで非常にお得でAmazonや楽天、Yahoo!などの大手通販サイトでは1.5%のポイント還元率になるお得なカードです。

『Orico Card THE POINT』公式ページ:

http://www.orico.co.jp/creditcard/thepoint/

※Orico Card THE POINTの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

『アメリカン・エキスプレス・カード』

アメリカン・エキスプレス・カード』は一般カードですが、利用者の年収次第では限度額の上限はないと言っても過言ではないカードです。

ただし、かなり高額の決済をする場合はあらかじめデポジットが必要になるので注意しましょう。

このカードは区分としては一般カードですが、世界的な大富豪ビル=ゲイツなども利用しているカードです。

『アメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/

※アメリカン・エキスプレス・カードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

『ACマスターカード』

ACマスターカード』はアコムが発行する日本で唯一の消費者金融系のクレジットカードで、他の作りやすいと言われているカードの審査を一通り断られてしまった方でも審査に通ったという声をよく聞く、いわば最後の砦とも言えるカードです。

限度額に対しても同じで、他のカード会社とは違った基準で審査をしてくれます。

そのため、安定した収入があり、カードを発行することで利益が生まれると判断されれば利用実績に多少の難があっても十分に限度額引き上げの審査に通る可能性があります。

『ACマスターカード』公式ホームページ

http://www.acom.co.jp/

※ACマスターカードカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

4. 限度額が上がった後に注意しなければならない唯一のこと

ここまで紹介してきたように限度額はカード会社に限度額の引き上げ申請をするか、新しいカードを作ることで引き上げることができますが、利用した金額を返済するにはより一層注意する必要があります。

限度額が上がるということはカードを利用できる金額も増えるということで、それを利用すると、返済する金額も増えます。

今後も限度額を上げていきたい場合、返済の遅滞をすることなくきちんと返済をして行く必要があります。もし、利用しすぎてしまって返済に困ってしまった場合は以下のような方法もあります。

  • 分割払いを利用する
  • リボ払いを利用する

上記の2つの方法を利用しても、実際に返済する額が減るわけではないのであまりおすすめはできませんが、返済を遅らせてしまって自身の利用履歴に傷をつけるよりは良いと言えます。

以下ではそれぞれの詳細を紹介していきます。

方法1. 分割払いを利用する

基本的に多くの方は支払いを返済を翌月にまとめて行う一括払いと呼ばれる方法で行っていると思います。

しかし、会計時に「分割払い」を選ぶことで一般的に3回から24回まで支払いを分割することができます。

ただし、3回以上の支払い方法には金利手数料がかかってきます。そのため、実際の購入金額よりも支払額は増えることになります。分割の回数はカードによって異なりますが、一般的には3回、6回、10回、12回、24回です。

また、先ほども紹介した通り、クレジットカードの限度額というのは毎月利用できる金額ではなく、あくまでそのカード自体の限度額を指します。

そのため、分割払いなどをして、返済していない金額があればその分は利用することができないので注意しましょう。

方法2. リボ払いを利用する

この支払い方法は買い付けた商品の分割分を払うのではなく、毎月支払う金額を決めて支払う方法のことです。例えば、1万円の買い物をしても10万円の買い物をしても支払いの設定金額が5000円であれば毎月の支払い金額は5000円でいいのです。金利手数料はかかります。

リボ払いも毎月の返済額を減らすことができますが、ショッピング枠は返済分しか戻らないので注意が必要です。

また、リボ払いでは高い金利手数料が毎月の支払いから引かれているので、身の丈に合わないリボ払いなかなか完済できず、ショッピンング枠が完全に戻るのもかなり先になります。

リボ払いや分割払いは使いすぎて、返済ができなくなるということも多々あるため、ご利用は計画的に行いましょう。

参考. キャッシング枠を利用する

クレジットカードにはショッピング枠の他にキャッシング枠というものがついています。

キャッシング枠とは、クレジットカードでお金を借りることが出来る限度額のことです。簡単に言ってしまうと借金なので、その場しのぎにしかなりませんが、自身の利用実績に傷をつけるよりは良いでしょう。

また、よくキャッシング枠を限度額とは別だと勘違いをされる方が多くいますが、限度額の中で設定されており、限度額とは別に利用することが出来る訳では無いので注意しましょう。

クレジットカードを使った簡単な「借金」

クレジットカードのキャッシングは、以下のようにクレジットカード会社から一時的にお金を借りて、後日ショッピングの支払いなどと同時に返済することが一般的です。

スクリーンショット 2016-05-25 20.14.38

また、一括での返済の他に月に数千円〜数万円を返済し残りは翌月以降返済するというリボ払いを選ぶことができるのであなたのお財布状況に合わせてお金を借りることができます。

しかし、キャッシングはいわば「借金」なので利子がつき、リボ払い(分割)などで返すまでに時間がかかるとそれだけ利子の額も多くなります。

クレジットカードのキャッシングへの申し込み方

クレジットカードのキャッシングへの申し込み方大きく分けて2つあります。

①クレジットカード申し込み時に初期実装できる

クレジットカードを申し込む際、多くのクレジットカードで「キャッシング枠をつけますか?」という問いがあります。

クレジットカード会社はキャッシングをしてもらうと利息で儲かるため、中にはポイントをつけるなどして、キャッシング機能を強く推してくる会社もあります。

キャッシング枠を選択できるものが多く、選んだ額をきちんと返せるのかという審査が行われた上で、キャッシングのできるクレジットカードがあなたに届きます。

②後から追加で実装する

キャッシング機能を付けずにクレジットカードを作った方も後から追加でキャッシング枠をつけられます。

Webや電話などで受け付けていますのでもし、キャッシングを後から付けたい方はあなたのご利用のクレジットカード会社に確認してみましょう。

反対にカード会社から「キャッシングどうですか?」という案内が届く場合もあります。この場合に関しては、利用状況等からきちんと返済できる方のみに送っているものなので、審査はほぼ通ります。

クレジットカードでキャッシングをする時の4つの注意事項

クレジットカードでキャッシングをする際には以下の4つのポイントに注意していただければと思います。

これらを守らないと、最悪お持ちのクレジットカードが失効してしまうため注意してください。

注意事項1. 「クレジットカードの現金化」に注意

クレジットカードのショッピング枠を現金化することもできますが注意が必要です。

よく繁華街で看板を持って立っている人を見たことがあるかと思いますが、今はネットで、家にいながら現金化を行うことができます。

ちなみにショッピング枠の現金化の仕組みは以下の通りです。

6

これはあなたがネットで商品をクレジットカードで購入し、売却するという形で購入額の70~90%以上を現金で振り込んでもらえるサービスです。

しかしショッピング枠の現金化は、多くのカード会社で禁止されており、筆者はオススメしません。

カード会社に見つかった場合、利用停止になったり、振り込まれるはずのお金が振り込まれないなどの被害があるため甘い言葉をかけられても使わないことを意識しましょう。

注意事項2. 限度額に注意

多くのクレジットカードでキャッシングをする限度額が削られることも注意すべき点です。

例えば、あなたが「ショッピング50万円、キャッシング20万円」でクレジットカードの限度額を設定しているとします。その中で、キャッシングを10万円してしまうと、限度額から10万円減り、利用可能額が40万円になってしまいます。

以下の図にわかりやすくまとめました。

スクリーンショット 2016-05-27 21.23.12

多くのクレジットカードで「ショッピング枠」と「キャッシング枠」が別々に定められていますが、実際はショッピング枠内でキャッシングもショッピングもする必要があります。

事前に理解しておかないと、いざクレジットカードを使いたい時に使えないというような事態になってしまいます。

注意事項3. リボ払いに注意

キャッシングでリボ払いをすると、借金が雪だるま式に増えていきます。

先ほどの例では以下のように3倍もの金利を支払うことになります。

スクリーンショット 2016-05-25 21.57.41

クレジットカードのキャッシングでは、リボ払いを容易に選択できますが、返済する余裕があるのであればリボ払いを使わずに一括で返済することを心がけましょう。

また、ATMなどで随時返済もできるため、まとまったお金が入った時はその時に返済することをお勧めします。なるべく早く返したほうが利子は少ないためです。

注意事項4. 総量規制に注意

総量規制という法律があり、キャッシングなどであなたの年収の1/3を超える額の借金はできないことになっています。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

引用:日本貸金業協会ホームページ

これは、消費者金融などで多重債務者が増えた社会問題を解消するために制定されました。

クレジットカードのキャッシングはこの総量規制が適用されるため、1/3以上の借金ができないこと、またクレジットカードで多額のキャッシングをすると、他社からは借りられなくなることに注意してください。

5. まとめ

以上がクレジットカードの限度額についてでしたがいかがでしたか。

クレジットカードには以下のようにカードごとに上限が定められています。

  • 一般カード:100万円程度が限度額の上限になることが多いです。それ以上の増額は難しいです。
  • ゴールドカード:一般的に300万円までということが多く、それ以上の限度額が欲しい場合はプラチナカードにしましょう。
  • プラチナカード:基本的には500万円が上限のカードが多いですが、アメックスなどのステータスカードの場合1,000万円になることもあります。

また、利用者の年収などによってもカードの利用限度額は異なります。

  • 年収100万円台:10〜50万円
  • 年収200万円台:20〜100万円
  • 年収300万円台:30〜150万円
  • 年収500万円代:50〜300万円
  • 年収1,000万円代:100万円以上

クレジットカードの限度額の引き上げには以下の2通りがあります。

  • 一時的な引き上げ
  • 限度額自体の引き上げ

そしていずれも審査があり、以下のような方は限度額の引き上げができない可能性が高いです。

限度額の引き上げができなかった場合、以下の可能性が考えられます。

  • カードをつくってから半年未満
  • 普段のカードの利用実績が悪い
  • 年収などから判断した限度額がすでに上限
  • クレジットカード自体の上限限度額

上記の中でクレジットカード自体の上限限度額を迎えているという方は、新しいカードを作る必要があり、以下のカードがおすすめなので参考にしてください。

あなたが自分の望む限度額でカード利用できることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket