あなたの状況別!低い金利でキャッシングをするための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
shutterstock_165214964

「キャッシングはなるべく低い金利ものを選びたい!」キャッシングをするときに誰もが思うことですよね。

しかし、あなたの状況によって、最も低い金利のキャッシングは異なるため、そこを把握しておかないと低金利と思っていてもたくさんの利息を払うことになる恐れがあります。

本記事では、低金利でキャッシングをするために知っておくべき全ての知識を以下の流れで紹介します。

  1. キャッシングでクレジットカードの利用は損!
  2. 消費者金融系のキャッシングをお得に使える人
  3. 低金利キャッシングの落とし穴と対処法
  4. 上限額50万円で金利の安いキャッシング4選
  5. 上限額100万円で金利の安いキャッシング2選
  6. 上限額150万円で金利の安いキャッシング2選
  7. 上限額200万円で金利の安いキャッシング3選
  8. 上限額300万円超で金利の安いキャッシング3選

本記事を読んでいただくことで、低金利でキャッシングをしたいときに知っておくべき全ての知識を身につけられます。

1. キャッシングでクレジットカードの利用は損!

本記事では、銀行系のカードローンや大手消費者金融系のキャッシングサービスを中心にお話をしますが、それはカードローンに以下のようなデメリットがあるためです。

1-1. クレジットカードは金利が総じて高い

人気のクレジットカードのキャッシングは以下のようになっています。

人気のクレジットカード・キャッシング利率(抜粋)

カード名 キャッシング利率
エポスカード 18.0%
Reader’s Card 18.0%
ライフカード 15.0~18.0%

一方で、銀行系のカードローンや大手消費者金融系のキャッシングサービスは以下のような利率です。

カードローン系キャッシング利率(抜粋)

カード名 キャッシング利率
新生銀行レイク 4.5%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%

総じて言えることは、クレジットカードの金利は銀行系のカードローンや大手消費者金融系のキャッシングサービスと比較しても非常に高いということです。

元々、クレジットカードのキャッシング機能は、クレジットカードのユーザーが「いざという時」のためにお金を引き出すための手段として考えられているケースが多く、最初から「お金を借りたい」人のためのサービスではありません。

反対に、銀行系のカードローンや大手消費者金融系のキャッシングサービスは「お金を借りたい人」をターゲットに新規の顧客を探しており、金利を安くするなどして顧客を取り込もうとしています。

1-2. 急いでいる人もお持ちのクレジットカードを使うべきか考える

クレジットカードの方が金利は高いですが、急いでいる方であれば、クレジットカードのキャッシング枠を使っても仕方がないでしょう。

しかし、キャッシングサービスの中には申し込んだ当日中に融資をしてくれるものもあるため、急いでいる方であっても一歩立ち止まってクレジットカード以外の選択肢も探してみましょう。

2. 消費者金融系のキャッシングをお得に使える人

先ほど、クレジットカードのキャッシングは高金利という解説をしました。

しかし低金利のカードローンをお求めの方に関して、実は消費者金融系キャッシングサービスも一部の方以外にはオススメできません

2-1. 金利は銀行系の方が安い

大手消費者金融のキャッシングサービスは以下のようになっています。

消費者金融系キャッシング利率(抜粋)

カード名 キャッシング利率
アコム 4.7%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アイフル 4.5%~18.0%

どの業者に関しても、取引実績を積むまでは最高の金利を提示されることが多く、キャッシング率は18%に近いです。

そして、初回契約ですと高めの金利を設定されやすいです。

それに対して銀行系のカードローンは以下のようになっております。

銀行系カードローン利率(抜粋)

カード名 キャッシング利率
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
横浜銀行カードローン 1.9%~14.6%
自分銀行カードローン 1.9%~13.0%

銀行系のカードローンに関しては、最高利率が15%以下のものが多く、最高の金利を提示されても消費者金融より安い金利で借りられることが分かるかと思います。

そのため、低金利でのキャッシングを探している方にはぜひ銀行系のカードローンを選んでいただきたいと筆者は考えます。

しかし、一部の方にとっては消費者金融系を選ぶ方がお得な場合もあります。

そんな消費者金金融系のキャッシングを選ぶべき2つのケースを紹介します。

2-2. ケース①すぐに返したいと考えている方

実は消費者金融系のキャッシングの中には、新規顧客獲得を目的に期間などを決めて金利無料のキャンペーンを行っています。

ちなみに、現在以下の6社が利息無料のキャンペーンを行っています。

キャッシング名 無利息の期間
プロミス 契約後、初回利用の翌日から30日間
アコム 契約後、契約日の翌日から30日間
レイク 契約日の翌日からaかbのどちらかを選んで適用

  1. 5万円まで180日間金利無料(契約額が1~200万円の場合のみ)
  2. 30日間無料
ノーローン 借入日の翌日から7日間は無利息。完済すると翌日以降も1週間無料で借りられる。
ネットキャッシング 初回借入日当日から30日間
アイフル 契約日の翌日から30日間

期限を決めてすぐに返せる計画のある方は、無利息で借りられる消費者金融系のキャッシングを選びましょう。

また、契約の翌日から無利息期間がスタートするキャッシングもあるため、選び方は非常に大切です。

そういった無利息で借りるためのポイントは、『誰でも使える!無利息でキャッシングをするための全知識』を参考にしてください。

無利息のキャッシングをより上手に使うためのポイントをご理解いただけます。

2-3. ケース②審査に自信がないと考えている方

低金利な銀行系のカードローンを使いたいとお考えの方でも、銀行系のカードローンは審査が厳しいことでも有名です。

そして、どんなに審査が不安でも1度に審査を受けるのは必ず1社のみにしておきましょう。

なぜなら、カードローン各社の間であなたの申し込み情報は共有されており、1度に複数社申し込むと「こんなに申し込んで、うちにはちゃんと返してくれるのか」と疑問を持たれ、ますます審査に落ちやすくなるためです。

つまり、複数申し込んで審査に通ったところを利用するなどの手段が取れないので、審査が不安なら多少金利が高くても消費者金融系のキャッシングサービスのご利用をお勧めします。

3. 低金利キャッシングの落とし穴と対処法

ここまでで、銀行系のキャッシングが最も低金利だということはご理解いただけましたでしょうか。

しかし、低金利だからといって飛びつくと思わぬ落とし穴に落ちてしまいます。

本記事で後ほどキャッシングの金利を上限額別に紹介しますが、それは金利と上限額に密接な関係があり、それを知っておくことで金利を抑えることができるからです。

3-1. よくある低金利の落とし穴

キャッシングでは以下のような宣伝が多いと思います。

スクリーンショット 2016-03-17 22.37.02

出典:オリックス銀行カードローン

実はこのキャッシングで3%の金利で借りられる人は、700万円以上借りられる人だけです。

そして700万円の限度額で審査に通るためには個人によっても変わりますが、多くの場合で上場企業の社員で2,000万円以上の年収が必要です。

そんな人はキャッシングは使わないですよね。

つまり、多くのキャッシングの広告などで上記のように紹介されていますが、最低金利で借りられることは期待してはいけません

3-2. 貸し手は信用度が高い人に金利を低くたくさん借したい

ローン会社は、きっちり返済されないリスクも考慮して金利を決めます。

あなたが、借りたお金をきっちり返す人であれば、カード会社は返ってこないことを心配しなくていいため、金利を低く、たくさんのお金を貸すことができます

そのため、返せる人という信用度が高ければ、低金利で高い上限でお金を借りられます。

また、その信用度は主に以下のような要素でります。

  • 年収
  • 職業・勤続年数
  • 家族構成
  • 持ち家の有無 など

また、最初は条件が悪くても取引実績を積み重ねていくと条件が良くなっていきます

3-3. 限度額は年収の1/3が目安

多くの場合で、限度額は年収の1/3未満となることが多いです。特に、消費者金融では「総量規制」という法律によって徹底されています。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

引用:日本貸金業協会ホームページ

銀行系のカードローンに総量規制は適用されないため、あなたの資産や職業、取引状況で1/3を上回った上限で審査に通ることもありますが、返済能力等を考慮されて1/3程度かそれ未満になることが多いです。

もっとも銀行系でも消費者金融系でも他の金融機関からの借入などがあったり、取引実績が乏しいと年収の1/3を大きく割ってしまうこともあります。

年収600万円ほどあっても初めての借入だと50万円程度になることもザラにあります。

多くのキャッシングで申し込んだあなたの状況に応じて、ローン会社側から上限額・金利を提示してくることが多いため、広告での金利の高低ではなく、あなたの状況に合わせたキャッシングを選ぶことが非常に大切です

3-4. 金利が違うと返済額は大きく変わる

低金利で借りることの難しさをご理解いただけましたか。

しかし、状況に合わせて少しでも低金利のキャッシングを選ぶことは非常に大切です。

なぜなら、金利の少しの違いは大きな差を生むからです。

例えば1年間100万円借りるとして、1%金利の高い会社を選んでしまうと1年間で約1万円損してしまいます

そのため、あなたの年収に合わせて限度額を予測し、それに合わせて低金利のキャッシングを選ぶことを意識してください。

3-5. 基本的に限度額は提示されたままで

上限が高いとより金利が安いですが、さらに審査で年収などによって算出された上限額に対して低い上限額で申し込んでしまうと以下のように高金利になってしまう可能性もあるため気をつけましょう。

仮審査の結果、ご利用限度額が300万円・基準金利年5.99%で承認されたお客さまでも、本審査時に100万円へ変更を希望して、ご契約される場合は、「ご利用限度額10万円以上100万円以下」の基準金利年7.99%が適用されます。

引用:住信SIBネット銀行

以上のように使う使わないに関係なく、提示された上限でそのまま申し込むことを意識しましょう。

4. 上限額50万円で金利の安いキャッシング4選

上限額50万円でしか審査に通らなそうな方は、信用が低いため最高金利となってしまうことが多いです。そして銀行系のカードローンであれば13~15%の利率のキャッシングが一般的です。

ちなみに、年収が高くても初めての取引の場合は、信用が少ないと判断されて、上限が最低になる可能性もあります。

(参考)上限 50万円の時の主な利率

みずほ銀行カードローン 14%
楽天銀行カードローン 14.5%
住信SBIネット銀行MR.カードローン 14.29%~14.79%
横浜銀行カードローン 14.6%

こういったカードローンが多い中で、低金利のカードローンを紹介します。

4-1. りそな銀行カードローン(12.475%)

スクリーンショット 2016-03-17 23.35.46

りそな銀行カードローン』は、10種類のプランの中からあなたにあったものを選べるキャッシングサービスで、低額の限度額であっても利率が固定かつ低いです。

スクリーンショット 2016-05-09 21.13.19

また、100万円以下のプランであれば、審査に年収と勤続年数が不問であるためフリーターの方にもおすすめのキャッシングです。

ただ、りそな銀行の口座をお持ちでないと審査後に口座を開設する必要があり少々面倒ですが、インターネット口座であれば銀行に足を運ばずに口座を作れるため、ネットで手続きを完結できます。

特にオススメしたい方

  • りそな銀行に口座をお持ちの方
  • パート・アルバイトの方

4-2. 三井住友銀行カードローン(12.0%~14.5%)

.47

三井住友銀行カードローン』はメガバンク系のカードローンで、限度額が低い場合は比較的低金利です。

スクリーンショット 2016-05-09 20.49.27

三井住友銀行に口座をお持ちなら、ネットのみで手続きを完結できて審査も通りやすいためオススメです。

口座を持っていなくても、ローン契約機でカードを即発行してくれるので銀行に行かずにキャッシングを受けることもできます。

特にオススメしたい方

  • 三井住友銀行に口座をお持ちの方
  • 複数のローンをまとめたい方

4-3. イオン銀行「カードローンBIG」(13.8%)

スクリーンショット 2016-03-18 21.13.51

カードローンBIG』は、50万円以下の上限でも13.8%と低金利のキャッシングサービスの一つです。専業主婦でも50万円までは借りられることが大きな特徴なので、専業主婦の方におすすめしたいです。

スクリーンショット 2016-05-09 20.49.41

ただし、口座を開設する必要があるため、口座がなく、急いでいる方にはあまり向かないカードローンです。

特にオススメしたい方

  • イオン銀行に口座をお持ちの方
  • 専業主婦やパートの方

4-4. オリックス銀行カードローン(12.0%~17.8%)

スクリーンショット 2016-03-17 23.17.32

オリックス銀行カードローン』も、上限額が50万円でも金利が12%台~と他と比べて低い金利で借りられます。

スクリーンショット 2016-05-09 20.49.33

特徴は、口座の開設が不要であること、おまとめを歓迎していることです。

特にオススメしたい方

  • 本章で紹介してきた銀行に口座をお持ちでない方
  • 複数のローンをまとめたい方

5. 上限額100万円で金利の安いキャッシング2選

では続いて上限100万円の場合の金利が安いキャッシングを紹介します。

多くのキャッシングでは以下のように12%以上の利率が多いです。

(参考)上限 100万円の時の主な利率

三井住友銀行カードローン 12.0%~14.5%
住信SBIネット銀行MR.カードローン 14.29%~14.79%
じぶん銀行カードローン 12.5%~17.5%

5-1. イオン銀行「カードローンBIG」(8.8%)

スクリーンショット 2016-03-18 21.13.51

カードローンBIG』は、100万円の上限の中では8.8%と最も低金利のキャッシングサービスの一つです。

スクリーンショット 2016-05-09 20.49.41

口座が必要なので、口座を持っているか、すぐに借りなくても大丈夫な方に向いています。

特にオススメしたい方

  • イオン銀行に口座をお持ちの方
  • 口座開設の時間を待てる方

5-2. 三井住友カード「ゴールドローンカードレス」(9.2%)

スクリーンショット 2016-03-19 16.35.50

ゴールドローンカードレス』は、カード発行がないタイプのカードローンです。

スクリーンショット 2016-05-09 20.49.49

特徴は、専業主婦や学生の方は審査に通りにくいですが、最短で即時振り込みをしてもらえます。

特にオススメしたい方

  • カードを持たなくてもいい方
  • とにかくすぐに低金利で借りたい方

6. 上限額150万円で金利の安いキャッシング2選

本章では上限150万円(想定年収450万円)の場合の金利が安いカードを紹介します。

多くのキャッシングでは以下のように10%前後の利率が多いです。

(参考)上限 150万円の時の他社の利率

楽天銀行カードローン 9.6%~14.5%
横浜銀行カードローン 11.8%
新生銀行「レイク」 12%~15%

その中で、上限150万円の時に低金利である3つのカードローンを紹介します。

6-1. 住信SBIネット銀行「MR.カードローン」(5.89%~11.99%)

スクリーンショット 2016-03-19 17.47.44

MR.カードローン』は住信SBI銀行のサービスです。多くの比較サイトで金利が低いと評判ですが、実は150万円以上の上限がないと他社と比較して若干高めの金利になります

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-20-44-01

審査の結果次第で、プレミアムコースとスタンダードコースのどちらかに振り分けられ、プレミアムコースであれば、上限が150万円での申し込みでも5.89~6.99%の金利で借りることができます。

さらにSBI 証券口座保有登録済の方や、住信SBI銀行に住宅ローン残高がある方は金利が優遇されます。

特にオススメしたい方

  • ご自身の信用に自信がある方
  • SBI 証券口座保有登録済の方や、住信SBI銀行に住宅ローン残高がある方

6-2. ソニー銀行カードローン(9.0%)

スクリーンショット 2016-03-19 17.24.31

ソニー銀行カードローン』はソニーや三井住友銀行の出資によって設立されたソニー銀行のキャッシングサービスです。

スクリーンショット 2016-05-12 23.00.35

特徴は、ソニー銀行に口座がなくても「初回振込サービス」でカードの受け取り前に融資が受けられるため、カードの到着を待つ必要がないことです。

特にオススメしたい方

  • auユーザーでなく、SBI住信銀行に適さなそうな方
  • 返済日を自分で指定したい方

7. 上限額200万円で金利の安いキャッシング3選

本章では上限200万円の場合の金利が安いカードローンを紹介します。

多くのキャッシングで上限150万円の時よりは低いものの、以下のように10%前後の利率が多いです。

(参考)上限 200万円の時の主な利率

三井住友銀行カードローン 10.0%~12.0%
じぶん銀行カードローン 8.5%~13.0%
横浜銀行カードローン 11.8%

その中で、上限200万円の時に低金利である3つのカードローンを紹介します。

7-1. みずほ銀行カードローン(6.5%~9.5%)

スクリーンショット 2016-03-10 20.34.24

みずほ銀行カードローン』は、安心のメガバンク系のカードローンで、200万円借りられる方にとっては安定して低金利のサービスです。

スクリーンショット 2016-05-09 20.50.16

審査の結果次第で、「エグゼクティブコース」と「コンフォートコース」のどちらかに振り分けられ、エグゼクティブコースであれば、上限が200万円での申し込みで7%の金利で借りることができます。

さらに、みずほ銀行の住宅ローンのご利用をしていれば金利が年0.5%下がります。

特にオススメしたい方

  • みずほ銀行に口座をお持ちの方
  • ご自身の信用に自身のある方

7-2. 住信SBIネット銀行「MR.カードローン」(5.89%~11.99%)

スクリーンショット 2016-03-19 17.47.44

MR.カードローン』は200万円の上限の場合でも他と比較して金利が安くなります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-20-43-46

審査の結果次第で、プレミアムコースとスタンダードコースのどちらかに振り分けられ、プレミアムコースであれば、上限が200万円での申し込みでも5.89~6.99%の金利で借りることができます。

さらにSBI 証券口座保有登録済の方や、住信SBI銀行に住宅ローン残高がある方は金利が優遇されます。

特にオススメしたい方

  • ご自身の信用に自信がある方
  • SBI 証券口座保有登録済の方や、住信SBI銀行に住宅ローン残高がある方

7-3. オリックス銀行カードローン(6.0%~12.8%)

スクリーンショット 2016-03-17 23.17.32

オリックス銀行カードローン』は200万円の上限の場合も、幅は広いですが信用が審査次第では他と比べて低い金利で借りられます。

スクリーンショット 2016-05-08 20.21.05

特徴は、口座の開設が不要であること、おまとめを歓迎していることです。

特にオススメしたい方

  • みずほ銀行や住信SBI銀行に口座をお持ちでない方
  • 複数のローンをまとめたい方

8. 上限額300万円超で金利の安いキャッシング3選

本章では上限300万円を超える場合の低金利のキャッシングサービスを紹介します。

信用が高いと評価された方が当てはまりますが、以下のように他社では3%台後半~の利率が多いです。

(参考)上限 300万円以上の時の主な利率

三井住友銀行カードローン 4.0%~10.0%
楽天銀行カードローン 4.9%~12.5%
イオン銀行カードローン 3.8%~7.8%

その中で、上限が300万円を超える時に低金利である3つのカードローンを紹介します。

8-1. 横浜銀行カードローン(1.9~8.8%)

スクリーンショット 2016-03-19 18.46.27

横浜銀行カードローン』は最大1,000万円の上限額を設定でき、その場合の金利は1.9%なので、高い上限を設定できるような信用のある方には最も低金利なキャッシングです。

スクリーンショット 2016-05-09 20.50.39

神奈川の地方銀行のため、東京、神奈川、群馬の一部にお住い・お勤めの方しか申し込むことはできませんが、横浜銀行の口座がなくても申し込み可能なので、当該地域の方にはオススメです。

特にオススメしたい方

  • 東京、神奈川、群馬(前橋市、高崎市、桐生市)にお住い・お勤めの方
  • 横浜銀行に口座をお持ちの方

8-2. 住信SBIネット銀行「MR.カードローン」(1.99%~4.99%)

スクリーンショット 2016-03-19 17.47.44

MR.カードローン』は300万円の上限の場合でも他と比較して金利が安くなります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-20-44-13

審査の結果次第で、プレミアムコースとスタンダードコースのどちらかに振り分けられますが、上限300万円超の方は全てプレミアムコースでの申し込みとなります。

そのため、300万円超の上限で申し込めればほぼ確実に5%を切る利率で借りられます。

さらにSBI 証券口座保有登録済の方や、住信SBI銀行に住宅ローン残高がある方は金利が優遇されます。

特にオススメしたい方

  • 信用に自身があり、とにかく低利率で借りたい方
  • SBI 証券口座保有登録済の方や、住信SBI銀行に住宅ローン残高がある方

8-3. ソニー銀行カードローン(2.5%~6.0%)

スクリーンショット 2016-03-19 17.24.31

ソニー銀行カードローン』はソニーや三井住友銀行の出資によって設立されたソニー銀行のサービスで、最大1000万円の上限が設定できます。

スクリーンショット 2016-05-12 23.00.45

特徴は、ソニー銀行に口座がなくても「初回振込サービス」でカードの受け取り前に融資が受けられるため、カードの到着を待つ必要がないことです。

特にオススメしたい方

  • 横浜銀行や、SBI住信銀行に適さなそうな方
  • 返済日を自分で指定したい方

9. さいごに

低金利のキャッシングに関して解説してきましたがいかがでしたか。

低金利でキャッシングをするためには、以下のポイントを守っていただければと思います。

  1. クレジットカードは使わない
  2. 消費者金融系キャッシングの利息無料を上手く活用する
  3. 宣伝の利率に惑わされず、あなたの信用に合ったカードを選ぶ

ちなみに、希望の限度額別に低金利で借りられるカードローンは以下の通りです。

上限額 おすすめカードローン
50万円
100万円
150万円
200万円
300万円

あなたが最高のキャッシングサービスに出会えることを心からお祈りしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket