図解でわかるクレジットカードの仕組み|使う前に知りたい5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

クレジットカードの仕組みがわからずに困ってはいませんか?

クレジットカードの仕組みが分からずクレジットカードを使えていなかったり単純にクレジットカードの仕組みが気になる場合、本ページでは図解でわかりやすく解説しているので簡単に理解していただけると思います。

今回は私の大手カード会社3社で勤務した経験を活かして、以下の流れでクレジットカードの仕組みについて説明していきたいと思います。

  1. 図解でわかるクレジットカードの仕組み
  2. 『あなた・お店・カード会社』3つの役割とそれぞれのメリット
  3. 7つの国際ブランド
  4. ショッピングとキャッシング2つの利用法
  5. 3分でわかる限度額と支払いの仕組み

本ページを読んで、あなたのクレジットカードの利用に少しでも貢献できれば幸いです。

1. 図解でわかるクレジットカードの仕組み

この章ではクレジットカードの仕組みの概要について以下のような図解で簡単に説明したいと思います。

スクリーンショット 2017-01-18 20.53.52

以上のように、あなたがお店でクレジットカードを利用するとカード会社が代金を立て替えてくれるので、お店はあなたに商品やサービスを提供してくれます。

その後、カード会社はあなたには立て替えた分の代金を請求をし、お店からは手数料を徴収します。このようにでクレジットカード決済の仕組みは成り立っています。

この章ではより詳しくこの仕組みについて説明したいと思います。

1-1. あなたがクレジットカードを使った時のお金の動き

あなたがお店でクレジットカードを利用した時のお金の動きは以下の通りです。
スクリーンショット 2017-01-13 16.38.10

あなたがお店でクレジットカードを利用した時、あなたはその場で現金を使うことなく、お店で会計を済ますことができます。

その後、お店はクレジットカード会社に代金の請求を行います、

1-2. お店が代金を回収するときのお金の動き

お店が代金を回収する時のお金の動きは以下の通りです。

スクリーンショット 2017-01-13 17.07.41

ほとんどの場合、クレジットカード会社があなたの利用した代金を立て替えるかたちでお店に先払いします。

この際、クレジットカード会社は手数料を徴収します。翌月、クレジットカード会社は今月あなたが利用した分の代金をまとめてあなたに請求します。それをあなたが支払うかたちとなっています。

2. 『あなた・お店・カード会社』3つの役割とメリット

『あなた、お店、カード会社』のそれぞれが役割を守り、それぞれにメリットがあるのでクレジット決済という仕組みは成り立っています。この章では『あなた、お店、カード会社』、それぞれの役割とメリットを表にまとめました。

役割 メリット
あなた スクリーンショット 2017-01-13 17.30.02 『利用したお金は絶対に返す』というクレジットカード会社との契約をきちんと守ること。 ・クレジットカードの利用でポイントが貯まる。

 

・持ち合わせがなくても買い物ができる。

 

・分割払いができる。

お店 スクリーンショット 2017-01-13 17.59.56 クレジットカード会社に手数料を支払う。 ・ポイント目当ての顧客が利用してくれる。

 

・クレジット払いの場合、顧客の利用金額が上がる傾向がある。

 

・顧客が現金を持ち合わせていなくても買い物をしてくれるので販売機会を逃さない。

 

・お金の管理が楽になる。

クレジットカード会社 スクリーンショット 2017-01-13 17.45.48 ・あなたが利用した代金の支払いを立て替えてお店に支払う。

 

・あなたにポイントを還元する

 

・お店から手数料がもらえる。

 

・あなたの払い方によっては手数料(金利)がもらえる。

上の表のように『あなた、お店、カード会社』のそれぞれが役割を果たすことで、それぞれにメリットがあるのでクレジットカードの仕組みは成り立っています。

3. 7つの国際ブランド

クレジットカードには以下のようなロゴの国際ブランドと呼ばれるものがあります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-18-55-59

国際ブランドはクレジットカード会社と提携することでカードを発行したり、自社でカードを発行(プロパーカードと言う)しています。それらのカードにはそれぞれの国際ブランドが記載してあります。あなたが持つクレジットカードにもこのようなロゴがあると思います

スクリーンショット 2017-01-13 19.35.54

また、国際ブランドのロゴはお店の入り口やレジで見かけると思います。これはその国際ブランドとお店が提携していることを示します。

あなたのクレジットカードの国際ブランドとお店の提携してる国際ブランドが合致していないとクレジットカードは利用することができません

4. ショッピングとキャッシング2つの機能

クレジットカードにはキャッシング機能とショッピング機能があります。この章ではそれぞれについて説明したいと思います。

ショッピング機能

ショッピング機能とは名前の通り、買い物をするための機能です。会計の時にカードを提示することで利用できます。

この際、支払い回数を聞かれると思います。支払い回数によって手数料(金利)がかかるか、かからないかが変わってくるので気をつけてください。

金利手数料がかからない
  • 一回払い(一括払い)
  • 二回払い
  • ボーナス払い
金利手数料がかかる
  • 分割払い
  • リボ払い

キャッシング機能

キャッシング機能とはお金を借りる機能です。提携ATMなどにカードを挿入することで利用することができます。

海外での利用は現地通貨を引き出したりなどもできるので非常に便利ですが、キャッシングとは単純に借金なので手数料(金利)が発生するので必要がないなら使わない方がいいです。

5. 3分でわかる限度額と支払いの仕組み

この章ではクレジットカードの限度額と支払いの仕組みについて話します。

5-1. 5つの支払い方法

先ほども述べた通り、クレジットカードの支払い方法はいくつかあります。

  • 一回払い(一括払い)
  • 二回払い
  • 分割払い
  • ボーナス払い
  • リボ払い

一回払い(一括払い)

今月した買い物の支払いを翌月の指定日に返済してしまう方法です。非常に簡単な決済方法なのでほとんどの方がこの支払い方法を使います。

また、大手コンビニ店などではこの支払い方法しか対応してないために何も聞かれず、自動的にこの支払い方法になっています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-17-19-38

二回払い

今月した買い物を翌月、翌々月の指定日に分けて返済する方法です。ただ、この支払い方法はすべてのお店で対応しているわけではないので注意が必要です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-17-14-32

分割払い

一般的に3回から24回までの支払い方法を分割払いと言います。3回以上の分割払いにはイェ数量(金利)が発生するので実際の購入金額よりも支払額は増えることになります。

分割の回数はカードによって異なりますが、一般的には3回、6回、10回、12回、24回です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-07-20-05-09

ボーナス払い

ボーナス払いとは今月した買い物の支払いを夏・冬のボーナスに合わせて行える決済方法です。金利手数料はかかりません。支払いをかなり先延ばしにできるので利用者にとっては非常に便利な支払い方法です。

しかし、お店側からしてみれば売り上げの回収がそれだけ遅れてしまうのでボーナス払いは受け付けていないお店も多いです。家電などの高額商品を買う際に使うといいです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-18-24-31

リボ払い

この支払い方法は買い付けた商品の分割分を払うのではなく、毎月支払う金額を決めて支払う方法のことです。例えば、1万円の買い物をしても10万円の買い物をしても支払いの設定金額が5000円であれば毎月の支払い金額は5000円でいいのです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-07-20-05-17

一見、非常に便利な支払い方法ですが、このリボ払いというものは注意が必要です。

一般的にリボ払いは毎月の返済金額が低くなってしまう傾向にあります。毎月きちんと返済しているにもかかわらず、返済金額から利息分が引かれてしまい、元金として充当される額が少なくなってしまい、なかなか返済がおわりません

そのため、本当にお金に困っている時以外はリボ払いを使うことは避け、リボ払いを使った場合は返済金額を多めにしましょう。

5-2. 限度額

カードを作るとき、あなたには限度額が設定されます。あなたは限度額の範囲内でクレジットカードを利用することができます。

例えば、以下のような状態になると残り1万円しか利用することができません。

スクリーンショット 2017-01-13 21.14.18

しかし、翌月の支払いで6万円払ったとします。そうすると、使える金額は7万円に増えます。

スクリーンショット 2017-01-13 21.19.19

限度額とは月ごとに使える金額ではなく、そのクレジットカードで使うことのできる金額なので注意してください。

6. まとめ

以上がクレジットカードの仕組みです。今まで仕組みがわからずに使うのをためらっていた方も本ページを読んでクレジットカードを使うことに抵抗がなくなっていただけたら幸いです。

最後にクレジットカード利用時のお金の流れをまとめた図を載せておきます。

スクリーンショット 2017-01-18 20.37.57

あなたのクレジットカードの利用に貢献できることを祈ってます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket