世界一わかりやすい『みずほマイレージクラブカードゴールド』解説|あなたにベストな1枚かわかる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
みずほ ゴールドカード アイキャッチ

みずほマイレージクラブカード ゴールド』を申し込むべきか検討していますね。

9千枚のクレジットカードと比較した結果、「ポイントの貯まるルールが分かりにくい」などデメリットが多いため、おすすめではありません。

みずほ銀行をたくさん利用していてキャッシュカードとゴールドカードの機能を一緒にしたい人以外は、他にもっとおすすめのカードがあるのでそちらをおすすめします。

このページでは、大手カード会社に3社勤務した経験を活かして『みずほマイレージクラブカード ゴールド』について以下の流れで全てご紹介します。

  1. みずほマイレージクラブカード ゴールド総評
  2. みずほマイレージクラブカード ゴールドの2つのメリット
  3. みずほマイレージクラブカード ゴールドの3つのデメリット
  4. みずほマイレージクラブカード ゴールドはこんな人が使うべき
  5. 申し込みの際のたった一つの注意点

『みずほマイレージクラブカード ゴールド』の特徴だけを単に解説するだけでなく、他カードとの比較の上でご紹介します。

全て読んでいただければ『みずほマイレージクラブカード ゴールド』に関するメリット・デメリットだけでなく、おすすめカードもご紹介もしていますので、あなたが本当に選ぶべきクレジットカードかどうかがわかるでしょう。

1. みずほマイレージクラブカード ゴールド総評

『みずほマイレージクラブカード ゴールド』の特徴をまとめると以下のようになり、基本的にはあまりおすすめしませんが、みずほ銀行をたくさん利用していてキャッシュカードとゴールドカードの機能を一緒にしたい人にだけ良いゴールドカードと言えます。

メリット デメリット
  • 条件を満たせばみずほ銀行・イオン銀行のATM時間外手数料、コンビニATMの利用手数料・時間外手数料が月4回無料になる
  • 条件を満たせばみずほ銀行本支店宛の振込手数料・他行宛の振込手数料も最大月4回まで無料になる
  • みずほ銀行のキャッシュカードとクレジットカードを1枚にしたい
  • ポイント還元率が低い
  • カードに付く保険の条件が良くない
  • ゴールドカードとしての特典がそんなに良くない

1-1. クレジットカード全体としての評価

クレジットカードの良し悪しを判断する評価として「ポイント還元率」「年会費」「ポイントの交換先」「電子マネーチャージ」「保険金額」の5つを挙げています。

当サイトの基準で5つの項目を数値化しました。数字が大きいほと、利用者にとって使いやすいカードで、『みずほマイレージクラブカード ゴールド』は下図のようになりました。

みずほ ゴールドカード レーダーチャート

評価項目 点数 コメント
年会費 3 平均的と言える金額(10,000円)である
ポイント還元率 2 0.5%とやや低い数値である
ポイント交換先 5 人気の家電やギフト券など交換アイテムは300種類以上あり期間限定のアイテムもあり、マイルや電子マネーにも交換できる
電子マネーチャージ 2 モバイルSuica、SMART ICOCAにポイントが付く
保険金額・条件 4 ゴールドカードの中では平均的な金額や補償内容である

1-2. ゴールドカードとしての評価

続いて、ゴールドカードとして『みずほマイレージクラブカード ゴールド』はどうなのかを、「ステータス」「サポートサービス」「優待」で分析しました。

『みずほマイレージクラブカード ゴールド』はゴールドカードとしては以下のように使う人を選ぶ平均的な性能のカードです。

評価項目 評価 コメント
総合評価 B みずほ銀行を良く利用していて、キャッシュカードとゴールドカードの機能を一緒にしたい人にはおすすめの1枚です
ステータス B 同じ銀行系クレジットカードの『三井住友VISAゴールドカード』ほどのステータスはなく、平均的なゴールドカードになる
サポート・サービス B UCゴールドカードデスクがフリーダイヤルだが、受付時間も9:00~17:00とまでしか対応していないのはやや残念

1/1の休み以外は無休であるのはありがたいが、それ以外に特筆すべき特徴はなく平均的なサポート体制である

優待 B 条件を満たせばみずほ銀行・イオン銀行のATM時間外手数料・コンビニATM(イーネット・ローソン・セブン銀行)利用手数料・時間外手数料(108円または216円)が月4回・みずほ銀行本支店宛の振込手数料・他行宛の振込手数料も最大月4回まで無料になる

他にゴールドライン東京、UCゴールド会員優先チケット予約、会員誌「てんとう虫」を無料でお届けなどの特典があるが他のゴールドカードの優待に比べるとお得ではない

※最も良い評価をS、最も悪い評価をDとする5段階で評価しています

1-3. その他のカードの評価

その他のカードの評価は以下のようになります。

評価項目 評価 コメント
ポイント交換最低条件 A 100ポイントから利用することができる
ポイント有効期限 S なし
加盟店数 D 20店舗と数は少ないがANA、ヤマダ電機、ENEOS、東武百貨店など有名な大企業が多い
審査の難易度 B 満25歳以上で年収500万円以上かつ、みずほ銀行に普通預金口座をお持ちの方が対象となっているため、申し込むことができる人を事前にかなり絞りこんでいる

また、銀行系のクレジットカードであるため審査は厳しめ

家族カード S 1枚目年会費無料でポイント合算が出来、本カードとほぼ同じサービスを受けられる
追加カード C ETCカード無料のみ、Apple Pay対応

※最も良い評価をS、最も悪い評価をDとする5段階で評価しています

2. みずほマイレージクラブカード ゴールドの2つのメリット

『みずほマイレージクラブカード ゴールド』は下記の2つのメリットがあります。

  • みずほ銀行の手数料を無料にできる
  • キャッシュカードとゴールドカードを1枚にできる

2-1. みずほ銀行の手数料を無料にできる

みずほ銀行を使う時にかかる下記の4つの手数料を取引条件を取引条件を満たすことで無料にできます。

  • みずほ銀行・イオン銀行のATM時間外手数料無料
  • コンビニATMの利用手数料・時間外手数料が無料
  • みずほ銀行本支店宛の振込手数料が無料
  • 他行宛の振込手数料無料

そのため、みずほ銀行をメインバンクかそれに近い頻度でよく利用しているにとってはおすすめのカードとなります。

みずほ銀行・イオン銀行のATM時間外手数料無料

取引状況に応じてみずほ銀行ATM・イオン銀行ATMの時間外手数料が全て無料になるため、24時間無料でATMを利用することができます。

コンビニATM(イーネット・ローソン・セブン銀行)利用手数料・時間外手数料が月4回まで無料

取引状況に応じてコンビニATM(イーネット・ローソン・セブン銀行)利用手数料・時間外手数料(108円または216円)が月4回まで無料になるため、24時間無料でATMを利用することができます。

みずほ銀行本支店宛の振込手数料無料

取引状況に応じてみずほダイレクトご利用時のみずほ銀行本支店宛の振込手数料が無料になります。

ATM手数料・みずほ銀行本支店宛の振込手数料を無料にするための「取引条件」

「取引条件」は下記の「いずれかひとつ」を満たす必要があります。

  1. みずほ銀行・みずほ信託銀行の各種預金(円預金〔無利息型を除く〕・貯蓄・定期・財形]など)の月末合計残高および、みずほ銀行・みずほ証券のMMF・MRFなどの月末合計残高が10万円以上
  2. みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)のご利用
  3. みずほ銀行・みずほ信託銀行・みずほ証券の資産運用商品(投資信託[MMF・MRFなどを除く]・金銭信託・外貨預金[特約付き定期預金を含む]・公共債・株式など)の月末残高があるお客様
  4. みずほ銀行のお借り入れ(住宅ローン・カードローンなど)の月末残高があるお客さま
  5. みずほ銀行・みずほ証券のNISA口座をお持ちのお客さま

複雑そうに見えますが、2のクレジットカードの利用が月1回以上か、過去1年間のクレジットカードご利用金額が10万円以上あれば手数料が無料になるので簡単です。

他行宛の振込手数料無料

みずほ銀行ATM・イオン銀行ATM・みずほダイレクト利用時の他行宛の振込手数料が最大月4回まで無料にできます(イオン銀行は振込後翌営業日付けで手数料が返金される)

月1回まで無料の条件は下の図のようになります。

みずほマイレージクラブカード ゴールド 他行宛振込手数料月1回無料

出典:みずほ銀行

月4回まで無料条件は下の図のようになります。

みずほマイレージクラブカード ゴールド 他行宛振込手数料月4回無料v2

出典:みずほ銀行

ATMや他行宛の振込を利用する機会が多ければ、1回は小額の負担であっても1年間でゴールドカードの年会費に近い額がお得になるかもしれません。

2-2. キャッシュカードとゴールドカードを1枚にできる

キャッシュカードとクレジットカードを1枚にできるので、財布の中がスッキリし、スマートに入出金や支払いができて便利です。

ゴールドカードとしての機能

ゴールドカードとしては平均的な機能で、下記の5つの特典を利用できます。

  • 国内28空港、海外2空港のラウンジを無料利用
  • 家族も対象になる海外旅行保険
  • ゴールドライン東京(海外旅行デスク)
  • UCゴールド会員優先チケット予約
  • 会員誌「てんとう虫」の無料購読

3. みずほマイレージクラブカード ゴールドの3つのデメリット

この章では逆に『みずほマイレージクラブカード ゴールド』のデメリットを3つ挙げていきます。

  • ポイント還元率が低い
  • 保険の条件が良くない
  • ゴールドカードとしてのサービス内容が良くない

3-1. ポイント還元率が低い

銀行系のクレジットカードは発行元の信用やステータスは高いので良いですが、代わりにポイント還元率(0.5%)は他のクレジットカードに比べて低めになってしまいます。

年会費が1万円(税抜)もかかる割にはいくらカードを利用してもボーナスがなく、ポイントの還元率だけでは200万円以上使わないといけないので年会費の元は取りにくいです。

ポイントが最大30倍貯まるポイントサイト「永久不滅.com(ドットコム)」を利用するとお得ですが、年会費永年無料の『みずほマイレージクラブカード』でも利用できるのでゴールドカードの特別感はありません。

ゴールドカードで還元率を重視するならこのカードがおすすめ

クレジットカードのポイント還元率を期待し、ほぼ同じステータスや年会費の条件では『SuMi TRUST CLUB ゴールドカード』をおすすめします。

年会費は12,000円とやや上がってしまいますが、カードで通常の支払いで100円につき3ポイント(1.2%)、リボルビング払いだと100円につき4ポイント(1.6%)になりSuicaへのチャージにもポイントが付くなどお得です。

3-2. 保険の条件が良くない

ゴールドカードとしては付帯される保険の条件が良くありません。

賠償責任がわずか2000万円

賠償責任保険が2000万円という数字はゴールドカードの中では下から数えた方が早いほど低く、同価格帯の年会費のゴールドカードでは最低クラスで格安ゴールドカード並の補償額です。

クレジットカード会社公式ホームページの旅行保険の金額で良く見かける大きな数字は傷害死亡・傷害後遺傷害ですが、利用する機会はほとんどありません。

通常の旅行保険において重視しなければならないのは急な病気や怪我などで通院・入院で利用する傷害・疾病治療、賠償責任、携行品損害など使う機会の多い他の保険の条件と金額です。

クレジットカードに付く保険を重視するならこの2枚がおすすめ

クレジットカードに付く保険も重視するなら下記の2枚のゴールドカードがおすすめです。

カード名 年会費(税抜) 賠償責任
三井住友VISAゴールドカード 初年度無料

次年度4,000円

(※各種割引適用後)

5000万円
JCBゴールド 10,000円 1億円

ショッピング保険の条件が厳しい

補償金額は300万円とゴールドカードの平均値ですが、自己負担額が1万円であるのは実用的とは言えない厳しい条件です。

高い商品を購入する場合は、下記のクレジットカードを利用した方が安心できるでしょう。

カード名 年会費(税抜) ショッピング保険金額 自己免責
JCBゴールド 10,000円 500万円/年間 3,000円(1回の事故につき)
セディナゴールドカード 6,000円 300万円/年間 なし
三井住友VISAゴールドカード 初年度無料

次年度4,000円

(※各種割引適用後)

300万円/年間 3,000円(1回の事故につき)

3-3. ゴールドカードとしてのサービス内容が良くない

年会費1万円のゴールドカードとしてはあまりサービスの内容が良いとは言えません。

優待が少ない

『みずほマイレージクラブカード ゴールド』として、みずほ銀行手数料優遇の他に受けられる特典は下記の3つくらいしかありません。

  • ゴールドライン東京で海外旅行の手配の手助け
  • UCゴールド会員優先チケット予約で話題のチケットを優先的に受付してもらえる
  • 会員誌「てんとう虫」を無料で読める(年11回発行)

追加で発行できるカードも無料のETCカードだけです。セキュリティを重視したバーチャルカードや最近流行りのプリペイドカード、他の電子マネーなどはありません。

年会費無料の『みずほマイレージクラブカード』とのサービス内容の差別化が年会費分あるとは判断できないカードです。

4. みずほマイレージクラブカード ゴールドはこんな人が使うべき

これまでご紹介してきた特徴を元に、『みずほマイレージクラブカード ゴールド』を使うべき人は以下のような人です。

  • みずほ銀行の利用が多く、キャッシュカードとゴールドカードを1枚にしたい

下記で実際に利用している人の口コミを紹介します。

口コミ・評判

H・A さん(27歳)
評価:★★★★☆4

みずほ銀行をメインバンクとして使っています。

仕事が夜遅くまでのため、ATM時間外でないとお金を出し入れできないので、とても助かっています。

振込手数料まで無料にできるので、とても便利です。

ポイントカードとかカード類で財布がパンパンになりやすいのでキャッシュカードとクレジットカードを1枚にまとめられて財布を薄くできます。

飛行機をつかった旅行にもちょくちょく行くのでこのカードは便利で手放せないです。

上記の人のようにみずほ銀行をよく利用していて、キャッシュカードとクレジットカードを1枚にしたいならおすすめです。

クレジットカードを利用することで手数料を無料にできる条件を簡単に満たすことができるので、一石二鳥です。

ゴールドカードの特典を使わない人は一般カードの『みずほマイレージクラブカード』がおすすめ

『みずほマイレージクラブカード ゴールド』はゴールドカードとしての特典が少ないのに年会費が10,000円もかかります。

ゴールドカードとしての機能がいらない人は一般カードの『みずほマイレージクラブカード』がおすすめです。

なぜならクレジットカードの年会費が無料で、同じようにみずほ銀行の手数料を無料にできるからです。

5. 申し込みの際のたった一つの注意点

申し込みをする際には必ず「キャッシング枠」に注意しましょう。

実は、「キャッシング枠」に関してあまり考えずにカードの申し込みをしてしまうと、カードが発行されなかったり発行した後に後悔する例があります。

必要が無ければキャッシング枠は申し込まない

普段利用する予定がない場合は原則としてキャッシング枠は0にして申し込みましょう。

なぜなら、総量規制という法律で個人がお金を借りられる枠の基準が定められていて、その枠の中にクレジットカードのキャッシング枠も含まれるからです。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

引用:日本賃金業協会・総量規制とは

キャッシング枠を不必要に多くして申し込むと、カードの発行会社は「この人はお金に困っている人なのかな」と判断して、カードが発行されない恐れがあります。

もしカードの発行を否決されると、あなたが否決されたという記録は半年間残ってしまい、各クレジットカード会社や金融機関などにも共有されるため、他のカードを発行する時に不利になります。

必要時は1〜2枚のカードに年収の1/3以下の金額で申し込む

ただ、海外の旅行先やメインのカードとして日常生活の中でキャッシングを使いたいこともあるでしょう。

その場合は、自分の持っている1〜2枚のカードに合計で年収の1/3以下の金額にして申し込むと、総量規制の基準に引っかからずカードが発行されやすいです。

6. まとめ

みずほマイレージクラブカード ゴールド』に関して、メリット・デメリット、口コミを交えた実際の使い勝手まで解説してきましたがいかがでしたか。

『みずほマイレージクラブカード ゴールド』はみずほ銀行をたくさん利用していてキャッシュカードとゴールドカードの機能を一緒にしたい人にはおすすめです。

ただ、ゴールドカードの特典が少なく年会費が10,000円もかかるので、ゴールドカードの特典に魅力を感じなかった人は、みずほ銀行の利用であればスタンダードクラスの『みずほマイレージクラブカード』を利用した方がお得でしょう。

ゴールドカードは『三井住友VISAゴールドカード』や『JCBゴールド』などを使った方が年会費が安かったり特典が豊富でお得です。

お得なクレジットカードを使うことで、あなたの生活がより豊かで便利になることを祈っています。

カード詳細情報

この章では、現在できる限り情報を収集した上で、『みずほマイレージクラブカード ゴールド』についての詳細情報を表にまとめました。上記でご紹介した他にカードについて細かい情報を知りたい人だけお読みください。

詳細情報

申し込み対象 本会員 満25歳以上で年収500万円以上かつ、みずほ銀行に普通預金口座をお持ちの方が対象となります。

※みずほ銀行の普通預金口座をお持ちでないお客様も普通預金口座、みずほマイレージクラブ、みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)を同時にお申し込みいただけます。

家族会員 本会員と生計を同一にする配偶者・親子で同姓かつ18歳以上(高校生を除く)の方に限ります。

本会員がパート・アルバイト・学生・ご本人に収入がなく配偶者に収入がある方は、家族会員の指定ができません。

審査基準 上記の通り、条件を明記しているため比較的厳しいです。
還元率 0.5%
ブランド MasterCard
年会費 本会員 10,000円(税抜)年会費の支払期日はカード送付時に通知する
家族会員 1名様無料、2人目より1名様につき1,000円 年会費の支払期日はカード送付時に通知する
支払い方法 口座振替
支払い日 翌月5日(土・日・祝日の場合は翌営業日)
ショッピング 利用可能枠 最高300万円

カード発行時に設定されたショッピングご利用可能枠となります。

支払い方法 1回払い・2回払い・ボーナス1回払い(手数料不要)
分割払い

実質年率

10.25%:3回

11.25%:5回

11.75%:6回

12.25%:10回

12.50%:12回・15回・18回・20回

12.75%:24回

リボ払い

実質年率

15.00%

毎月の支払い元金は、締切日におけるリボルビング利用残高(以下「利用残高」と称します。)に応じて、会員が申し込み時に予め選択した支払いコースにより定める金額とし、当社所定の手数料をこれに加算した金額(以下「弁済金」と称します。)をお支払いいただきます。
遅延損害金 年14.60%
キャッシング 国内利用可能枠 1万円~300万円までの1万円単位
ATM利用手数料 国内・海外の提携ATM・CDでのキャッシングによる「お借り入れ」の都度 借り入れ金額

1万円以下 100円(税抜)

1万円超  200円(税抜)

手数料 実質年率15.00〜18.00%
遅延損害金 年20.00%
ポイント ポイント名 永久不滅ポイント
基本ポイント付与 1000円(税込)→1P(1P=5円相当)
有効期限 なし
オンラインモール 永久不滅.com(ドットコム)  提携サイトは500店舗以上。ポイント最大30倍。
  交換先 <期間限定商品除く>

100P〜:寄付

100P、1P→4.5円:スターバックス カード450円分、Tポイント450POINT、 永久不滅ウォレット 450円分

200P、1P→5円:楽天スーパーポイント1,000ポイント、ビックポイント1,000ポイント、 Amazonギフト券 1,000円分、WebMoney 1,000円分、dポイント1,000ポイント、au WALLET ポイントプログラム1,000ポイント、

200P、1P→4.5円:クラブツーリズムご旅行代金900円分、tabiデスク旅行代金900円分、ポイントdeお買物900円分、

400P〜:商品交換

400P、1P→5円:プリンスチケット2,000円分400P

500P、1P→4円:SEIYUショッピングカード2,000円分、UCギフトカード2,000円分

600P:TOHOシネマズ 映画鑑賞引換券2枚

1,000P、1P→5円:UCギフトカード5,000円分(1,000円券x5枚)、あなたが共感できる夢やアイディアを応援5,000SEED、ナイストリップ(JTB旅行券)5,000円分

(1,000円券×5枚)、出光キャッシュプリカ(5,000円分)

300000P〜旅行

パートナーサービス 20企業(パートナー企業でのショッピングのお支払いにみずほマイレージクラブカード(クレジットカード)をご利用いただくと、永久不滅ポイントがおトクにたまります。)
電子マネー 名称 チャージの可否 カードに付属 オートチャージ対応 ポイント付与
Edy

nanaco

モバイルSuica

0.5%(1000円につき1P)

SMART ICOCA

0.5%(1000円につき1P)

マイル 名称 利用で貯まる カードに付属 ポイント交換
JAL・ANA

200P→500マイル:JAL

200P→600マイル:ANA

国内旅行保険

(自動付帯)

補償条件 傷害による死亡・後遺障害および入院・通院

①公共交通乗用具搭乗中の傷害事故

②旅館ホテル宿泊中の火災・爆発による傷害事故

③募集型企画旅行参加中の傷害事故

傷害死亡・傷害後遺傷害 最高 5,000万円
傷害入院 日額 5,000円
傷害手術 入院保険金日額×倍率 1事故につき1回限度
傷害通院 日額 2,000円
家族特約
海外旅行保険

(自動付帯)

傷害死亡・傷害後遺傷害 最高 5,000万円
傷害・疾病治療 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 50万円(1旅行)(免責3,000円)年間100万円限度

1個または1対につき10万円を限度。パスポートおよび乗車券等はそれぞれ5万円限度とし再取得費用をお支払いします。※査証(ビザ)は対象外となります。また、日本においてのパスポート再取得費用も、対象外となります。

救援者費用 200万円
家族特約 傷害死亡:最高1,000万円、治療:200万円、疾病:200万円、賠償:2,000万、携行品:50万、救援者:200万
ショッピング保険 補償内容 UCカードによる購入品を購入日から90日間偶然な事故の際に補償
補償限度額 年間300万円限度
自己負担額 1事故あたり自己負担額1万円
カード盗難保険 カードの盗難や紛失にあわれた場合は、すみやかに専用デスクへご連絡ください。万一、クレジットカードを他人に不正利用されても、株式会社クレディセゾンが損害を負担します
国内空港ラウンジ 新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港 新潟空港 羽田空港 成田国際空港 富山空港 小松空港 中部国際空港 伊丹空港 神戸空港 関西国際空港 岡山空港 米子空港 広島空港 山口宇部空港 松山空港 徳島空港 高松空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港
海外空港ラウンジ ハワイ・ホノルル空港 韓国・仁川空港
その他特典 みずほ銀行のATM時間外手数料が無料

  • コンビニATM(イーネット・ローソン・セブン銀行)ご利用手数料・時間外手数料(105円または210円)が月4回まで無料
  • みずほ銀行ATM・みずほダイレクトご利用時のみずほ銀行本支店宛の振込手数料が無料
  • (上記はクレジットカードの利用か、判定月から遡って1年間のクレジットカードご利用金額が10万円以上の条件を満たす場合に適応)
  • 他行宛の振込手数料も最大月4回まで無料(みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)年間100万円以上ご利用(*)*判定月から遡って1年間のクレジットカードご利用額が100万円以上の場合)

ゴールドライン東京:海外現地の様々な情報をはじめ、格安航空券、優待料金でのホテル予約など親切なスタッフが電話一本で(フリーダイヤル)で承ります

UCゴールド会員優先チケット予約:話題のチケットをゴールド会員様に優先受付いたします。チケットのお申し込みには、e+(イープラス)への会員登録(無料)が必要です

会員誌「てんとう虫」を無料でお届け(年11回発行):キャンペーンやおトクな加盟店舗情報のほか、旅行、グルメ、エッセイなど充実の内容を掲載した、会報誌「てんとう虫」を通常2,810円(税抜)のところ、無料にてお届けいたします

追加カード ETCカード 年会費無料:利用料金1000円(税込)につき1ポイント
Apple Pay 対応

(※当サイトへの掲載情報は、できる限り正確であるように精査の上細心の注意を払って作成しておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に対して生じたあらゆる損害等について一切補償は致しません。極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket