誰でも使える!無利息でキャッシングをするための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
shutterstock_376212172

CMや広告で大きく宣伝される、無利息のキャッシングについて気になっていませんか?

実は、無利息のキャッシングにも条件があり、そういったところを守らないと無利息でのキャッシングが難しくなるだけでなく、最悪審査にも落ちてしまいます。

本ページでは、以下の流れで無利息のキャッシングに関する正しい情報をご理解していただくことができます。

  • 無利息のキャッシングってどれだけおトクなの?
  • 無利息キャッシングの上手な選び方と使い方
  • 無利息で借りられるキャッシング6選
  • 無利息でキャッシングをするための3つの注意事項

無利息のキャッシングに申し込む前に、本記事を読んでいただければ事前に知っておくべき全ての情報をご理解いただけ、最大限まで無利息の恩恵を受けられます。

1. 無利息のキャッシングってどれだけおトクなの?

本章ではキャッシング会社が行う、無利息のサービスに関してなぜ無料なのか、どれだけおトクなのかを解説していきます。

1-1. 無利息はあくまでもキャンペーン

キャッシング会社は、顧客の支払う利息で経営しているため、ずっと無利息というわけにはいきません。

各社「無利息の期間」や「金額」を区切ってあくまでも新規の顧客獲得を目的の施策として行われています。

無利息の期間が終わった翌日から日割りで利息が発生します。

そのため、永遠に利息が無料のキャッシングを探すのではなく、あなたの借り方によりフィットした利息無料施策を行っている会社を選びましょう。

1-2. 無利息でおトクになる金額

では、無利息でどれだけおトクになるのかご理解いただくために、ここでシミュレーションをしようと思います。

初回の利用から30日無料の「プロミス」をご利用の場合

プロミスの最大利率である17.8%で20万円を借りると、30日での利息は、

20万円×0.178×30÷365=2926円

つまり、約3000円の利息がかかりますが、初回利息0円のプロミスならこの3000円を浮かせることができます。

プロミスの利息無料の条件などは後ほどご説明します。

5万円まで180日間利子無料の「レイク」をご利用の場合

レイクの最大利率である、18.0%で5万円を借りると、180日目の利息は、

5万円×0.18×180÷365=4438円

約4500円の利息が通常はかかりますが、毎月きちんと返済をすれば、この部分を浮かせることができます。

無利息にすることでどれだけお金を浮かせられるか、ご理解いただけましたか。

各社、無利息のキャンペーンを積極的に行っていますが、無利息の恩恵を最大限受けるためにはあなたのご希望にあったキャッシングを選んでいただく必要があります。

2. 無利息キャッシングの上手な選び方と使い方

どのキャッシングを申し込むべきなのかわからない方のために、本章では無利息キャッシングの上手な選び方を紹介します。

2-1. 必ず無利息の条件を確認しておく

各社、無利息の条件はバラバラなので、事前にキッチリ確認をしておきましょう。

例えば、無利息のキャンペーンを行うキャッシングは現在6つありますが、条件として以下のようにバラバラです。

キャッシング名 無利息の条件
プロミス プロミスをはじめてご利用いただく方のうち、Eメールアドレスをご登録のうえ、Web明細をご利用いただく方
アコム アコムでのご契約がはじめて契約し、かつ返済期日「35日ごと」でご契約された方
レイク 新生銀行とはじめて契約される方
ノーローン ノーローンに債務がない状態の方
ネットキャッシング ジャパンネット銀行のローン系サービスを過去に1度もご利用がなく、2007年1月16日以降にはじめて利用された方
アイフル アイフルをはじめてご利用いただく方、かつ、無担保キャッシングローンをご利用いただく方。

そのため、まずは無利息の条件があなたに合ったキャッシングを選びましょう

2-2. 無利息の開始日や期間で選ぶ

無利息の期間もキャッシングによってバラバラです。

キャッシング名 無利息の期間
プロミス 契約後、初回利用の翌日から30日間
アコム 契約後、契約日の翌日から30日間
レイク 契約日の翌日からaかbのどちらかを選んで適用

  1. 5万円まで180日間金利無料(契約額が1~200万円の場合のみ)
  2. 30日間無料
ノーローン 借入日の翌日から7日間は無利息。完済すると翌日以降も1週間無料で借りられる。
ネットキャッシング 初回借入日当日から30日間
アイフル 契約日の翌日から30日間

あなたの借りたい額や期間で考えることも重要ですが実は、同じように「初回30日間無料」のものでも「契約日の翌日から30日」なのか、「初回利用の翌日から30日」なのかで大きく違うので注意してください。

以下の図に示した通り、「契約日」から「利用開始日」に開きがある場合はプロミスのように、「初回利用の翌日から30日」利息無料のものを選んだほうがお得です。

スクリーンショット 2016-05-01 16.02.18

3. 無利息で借りられるキャッシング6選

2016年夏時点で無利息のキャンペーンを行っているキャッシングサービスは以下の6つであり、本章ではその全てをご紹介していきます。

  • プロミス(初回30日間利息0円)
  • ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」(初回30日間利息0円)
  • 新生銀行「レイク」(初回、最大180日利息0円)
  • ノーローン(何度でも1週間無利息)
  • アイフル(初回30日間利息0円)
  • アコム(初回30日間利息0円)

各社の特徴を紹介するのであなたに合った1枚に申し込んでいただければと思います。

カードローンに申し込む際の注意事項
1度に審査を受けるのは必ず1社のみにしておきましょう。なぜなら、カードローン各社の間であなたの申し込み情報は共有されており、1度に複数社申し込むと「こんなに申し込んで、うちにはちゃんと返してくれるのか」と疑問を持たれ、審査に落ちやすくなります。そのため、必ずあなたにぴったりの1社のみに申し込みをしましょう

3-1. プロミス(初回30日間利息0円)

スクリーンショット 2016-03-19 21.34.48

プロミス』は三井住友銀行グループのローン会社で、初めての契約の場合30日間利息がかかりません。

運営会社 SMBCコンシューマーファイナンス
通常金利 4.5%~17.8%
限度額 500万円
学生・専業主婦・フリーターは? 学生(収入があれば)可、専業主婦不可、フリーター可
来店要否 不要
利息無料条件 【対象】プロミスをはじめてご利用いただく方のうち、Eメールアドレスをご登録のうえ、Web明細をご利用いただく方。

【期間】契約後、初回利用の翌日から30日間

プロミスは、初回の利用から30日間は利息がかかりません。

また、30日以内に追加の融資を受けても初回利用から30日目までは追加融資分の利息がかかりません。

さらに、平日の14時までに申し込めば即日で融資を受けられるため、急いでいる方にもオススメです。

今なら2000円もらえる!

2016年9月からプロミスは三井住友VISAのプリペイドカードによるキャッシングを開始しました。

そして、今ならプロミスの新規入会で2000円チャージされたプリペイドカードをプレゼントしてもらえます。30日の無利息期間と組み合わせると、他社よりも非常にお得に借りることができます。

プロミスのプリペイドに関して詳しく知りたい方は「図解でわかるプロミス×三井住友VISAのプリペイドの全知識」を参考にしてみてください。

特にオススメしたい方

  • 在籍確認を避けたい方
  • 即日の融資を受けたい方
  • プロミスを使ったことがない方

3-2. ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」(初回30日間利息0円)

スクリーンショット 2016-05-01 16.25.59

ネットキャッシング』はジャパンネット銀行のキャッシングサービスで、初回利用の翌日から30日間利息がかかりません。

運営会社 ジャパンネット銀行
金利 2.5%~18.0%
限度額 1000万円
学生・専業主婦・フリーターは? 学生(収入があれば)可、専業主婦可、フリーター可
来店要否 不要
利息無料条件 【対象】ジャパンネット銀行のローン系サービスを過去に1度もご利用がなく、2007年1月16日以降にはじめて利用された方

【期間】初回借入日当日から30日間

銀行系のカードローンで、最低利息2.5%と低く上限も1000万円です。

収入証明書も300万円まで不要のため、信用に自信のある方にとっては最も条件良く借りられるカードローンの一つです。

また、配偶者に安定した収入があれば専業主婦も申し込める(女性のみ)ため、専業主婦の方にもオススメです。

特にオススメしたい方

  • ジャパンネット銀行のローン系サービスを使ったことがない方
  • 信用に自信があり、高い上限を設定できる方
  • 専業主婦の方

3-3. 新生銀行「レイク」(初回、最大180日金利0円)

スクリーンショット 2016-03-26 13.58.57

レイク』は新生銀行のキャッシングブランドで、初回無料のキャンペーンも行っています。

運営会社 新生銀行
金利 4.5%~18.0%
限度額 500万円
学生・専業主婦・フリーターは? 学生(収入があれば)可、専業主婦不可、フリーター可
来店要否 不要
利息無料条件 【対象】新生銀行とはじめて契約される方

【期間】契約日の翌日から①か②のどちらかを選んで適用

①5万円まで180日間金利無料(契約額が1~200万円の場合のみ)

②30日間無料

特徴は、無料の期間を選べることです。

5万円までなら180日金利がかからないプランもあるため、少額を借りて少しずつ返していこうとお考えの方にはぴったりなキャッシングです。

また、プロミスなどのキャッシングでは50万円を超える申し込みには収入証明書が必要ですが、レイクの場合は100万円までは必要ありません。

特にオススメしたい方

  • 少ない額を長期間借りたい場合
  • 新生銀行とお取引したことがない方

3-4. ノーローン(何度でも1週間無利息)

スクリーンショット 2016-05-01 13.53.25

ノーローン』は新生銀行グループの株式会社シンキのキャッシングブランドで、繰り返し利息無料になるサービスを行っています。

運営会社 株式会社シンキ
金利 4.9%~18.0%
限度額 300万円
学生・専業主婦・フリーターは? 学生(収入があれば)可、専業主婦不可、フリーター可
来店要否 不要
利息無料条件 【対象】ノーローンに債務がない状態の方

【期間】借入日の翌日から7日間は無利息。完済すると翌日以降も1週間無料で借りられる。

特徴は、何度でも無利息のキャンペーンを繰り返して使えることです。

すぐ返せるけどちょっとだけ借りたい..ということで何度も困った経験のある方にはお勧めしたいです。

特にオススメしたい方

  • 給料日前はいつもお金が足りなくなる方
  • ちょっとだけ借りて、すぐ返すことを繰り返している方

3-5. アイフル

0yen_1200_628

アイフル』は、1967年に創業された、老舗のローン会社です。

運営会社 アイフル株式会社
金利 4.5%~18.0%
限度額 500万円
学生・専業主婦・フリーターは? 学生(収入があれば)可、専業主婦不可、フリーター可
来店要否 不要
利息無料条件 【対象】アイフルをはじめてご利用いただく方、かつ、無担保キャッシングローンをご利用いただくお客様。

【期間】契約日の翌日から30日間

アイフルは、申し込んだ後に内容確認の電話がオペレーターから申し込み者に入りますが、「在籍確認の電話をしないでほしい」と伝えれば、健康保険証や給与明細など会社に在籍していることを証明するものを撮影して送ることで、在籍確認を回避できます。

会社名と、あなたの名前(、給与明細なら発行月)がわかるものであれば認めてもらえます。

もちろん、あなたの状況や申し込み内容によって例外もありますが、オペレーターの方は比較的親身になって対応してくれます。

特にオススメしたい方

  • すぐ返そうと考えている方
  • 在籍確認を避けたい方

3-6. アコム(初回30日間利息0円)

スクリーンショット 2016-03-19 21.33.01

アコム』は、三菱UFJフィナンシャルグループのローン会社で、プロミスと同様30日間利息が0円です。

運営会社 アコム株式会社
通常金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
学生・専業主婦・フリーターは? 学生(収入があれば)可、専業主婦不可、フリーター可
来店要否 不要
利息無料条件 【対象】アコムでのご契約がはじめて契約し、かつ返済期日「35日ごと」でご契約されたお客さま

【期間】契約後、契約日の翌日から30日間

アコムはプロミスと同様、初回契約の方は30日間利息がかかりません。

しかし、プロミスと決定的に違う点が、プロミスは「初回利用」の翌日から30日無料なのに対して、アコムは「契約日」の翌日から30日間が利息無料であることです

そのため、契約当日に使うつもりのない方はプロミスのご利用をお勧めします。

特にオススメしたい方

  • すぐに返済を考えている方
  • アコムを使ったことがない方
  • 契約の当日に使おうとしている方

4. 無利息でキャッシングをするための3つの注意事項

無利息でキャッシングをする際、いくつか気をつけていただきたいポイントもあります。

本章では、無利息でキャッシングをする時にこそ気をつけるべき2つのポイントを紹介していきます。

4-1. 返済の延滞は絶対に避ける

無利息で借りている場合は特に、返済の延滞には注意してください。

遅延損害金が発生するだけでなく、キャッシング会社の中には延滞をすることで利息無料が解除されるものもあります。

きちんと返済日を確認の上、延滞をすることなく返済をしましょう。

4-2. 短期間で複数社に申し込まない

金利無料のキャッシングに複数申し込んで、たくさんの会社から金利無料のメリットを受けようとされている方もいるかと思いますが、筆者はそれをオススメしません。

実は、申し込み内容も信用情報として共有されているため、1度に申し込みをしすぎると「いろんなところから借りて、自分のところの返済はきちんとしてくれるのか」「あちこち申し込まないとお金を借りられない人なのか」と考えます。

いわゆる「申し込みブラック」という状態です。

つまり、一度に複数のキャッシングに申し込むと、全て落ちる可能性もあります

また、申し込みの履歴が残るのが3~6ヶ月で、その履歴が残る期間内に複数社の申し込みを行うと、同様の理由で通りにくくなります。

短期間で何社までなら大丈夫なのかも会社によってバラバラですが、1社1社申し込みを行うことを意識してください。

4-3. 利息無料はいつからなのかを確認しておく

先ほども申し上げましたが、キャッシングの利息無料には契約日の翌日からスタートするものと、初回利用の翌日からスタートするものに分けられます。

以下のように、契約の翌日から無料期間がスタートしてしまうものを選ぶと、無利子期間が短くなってしまう恐れがあるため注意が必要です。

スクリーンショット 2016-05-01 16.02.18

そういった事態を防ぐために、契約日にに使わない方は「プロミス」や「ネットキャッシング」などの、初回利用日から無利子期間が始まるサービスを選んでいただければと思います。

5. さいごに

無利息のキャッシングに関して解説してきましたが、いかがでしたか。

無利息の仕組みを使えば、非常にお得にお金を借りられるので積極的にご活用いただければと思います。

あなたが最高のカードローンに出会えることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket