公務員でも副業って出来るの?公務員でも稼げるおすすめ副業3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「月々の収入を少しでも増やしたくて、副業を始めたい」「公務員だけど副業がしたい」と考えていませんか。

基本的には公務員の副業は法律で禁止されているので、許可なしではすることができません。ただし、中には許可を得ることなくできる副業もあります。

そこでこの記事では公務員をしながら10年間以上副業を行なっている私が、公務員の副業規則や公務員でもできる副業について以下の流れで紹介していきます。

  1. 公務員の副業禁止の規定ってどうなってるの?
  2. 公務員でも許可なしでできるおすすめの副業3選

この記事を読むことで公務員がやってはいけない副業から許可なしでもできるおすすめの副業まで公務員が副業する上で知っておくべきことが全てわかります。

1. 公務員の副業禁止の規定ってどうなってるの?

基本的には公務員の副業は法律で禁止されているので、許可なしではすることができません

ただし、許可をきちんと得た場合や、禁止されていない副業であれば公務員でも副業をすることは可能です。

ここ最近、神戸市や奈良市などが地方公務員の副業を解禁した例がありますが、これもあくまで独自の許可基準を設けただけであって完全な解禁ではありません。

この章では公務員の副業について以下の流れで紹介していきます。

  • 公務員はなぜ基本的に副業できないの?
  • 公務員が副業の許可を得るためにはどうしたらいいの?
  • 公務員でも許可なしでできる副業ってどれ?

この章を読むことで公務員が副業をする上で知っておくべきことが全てわかります。

1-1. 公務員はなぜ基本的に副業できないの?

公務員が副業できない理由としては以下のように法律で禁止されているからです。

国家公務員の場合

国家公務員の方は以下のように法律で禁止されています。

私企業からの隔離(国家公務員法第 103 条第1項)

職員は、営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的と する会社その他の団体の役員等の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではなら ない。

引用:http://www.jinji.go.jp/fukumu_choukai/kengyou.pdf

上記の内容をわかりやすく言うと、企業の役員になってはいけないし、自身で経営をするのもできないということです。

また、そのほかにも以下のように規定もされています。

私企業からの隔離(国家公務員法第 103 条第1項)

職員は、営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的と する会社その他の団体の役員等の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではなら ない。

引用元:http://www.jinji.go.jp/fukumu_choukai/kengyou.pdf

上記の内容をわかりやすく言うと、兼業、つまりアルバイトもしてはいけないと言うことです。

ただし、これは許可があれば可能とも書かれています。

地方公務員の場合

地方公務員は以下のように規定されています。

営利企業等の従事制限(地方公務員法 第38条)

1. 職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。

2. 人事委員会は、人事委員会規則により前項の場合における任命権者の許可の基準を定めることができる。

引用元:地方公務員法

上記の内容をわかりやすく言うと、企業の役員になってはいけないし、自身で経営をするのもできない、またお金をもらって仕事をするのも禁止、となっています。

ただし、国家公務員と同様に許可があれば可能とも書かれています。

基本的に国家公務員も地方公務員も副業は禁止されていますが、許可があれば可能と言うことです。

参考:どうして公務員は副業をしてはいけないの?

上記のように公務員は副業を法律で禁止されていますが、禁止されている理由は以下の3つの法律が理由となっています。

  • 信用失墜行為の禁止(国家公務員法第99条)
  • 守秘義務(国家公務員法第100条)
  • 職務専念の義務(国家公務員法第101条)

上記の内容を簡単に紹介すると、公務員はその信用を落とすようなことはしてはならない、職務上の秘密を漏らしてはいけない、職務時間中は仕事のことだけを考えていなければならないとされています。

上記の3つの法律を冒す可能性があるので、公務員の副業は禁止されています。

また、上記の内容は公務員が副業の許可を得るための条件にも深く関わっています。

1-2. 公務員が副業の許可を得るためにはどうしたらいいの?

公務員が副業の許可を得るためには以下の3つの条件を満たす必要があります。

  • 公務員の社会的信頼を損ねることがないこと
  • 秘密を漏らす可能性がないこと
  • 本業に支障が出ないこと

上記の条件は全て先ほど紹介した、公務員はその信用を落とすようなことはしてはならない、職務上の秘密を漏らしてはいけない、職務時間中は仕事のことだけを考えていなければならない、といったことが関係しています。

上記の条件を満たせば、許可が下りる可能性は高くなりますが、今までに様々な公務員の方が許可をお願いしているのを見たところ「お金が欲しい」「貯金したい」などの理由ではまず許可が下りたのを見たことがありません。

つまり、許可が下りれば副業は可能だけれども、許可を得るのは非常に難しいと言うことです。

参考:許可を得ずに副業したらどうなるの?

許可が下りないのであれば、隠れてやろうと考える方もいると思いますが、もしばれた場合は懲戒処分や停職になる可能性があることを覚えておいてください。

水商売や夜間の清掃のバイトなどなかなかばれにくいような副業でも過去にバレている事例があるので、リスクのことを考えると許可なしでの副業はおすすめできません。

1-3. 公務員でも許可なしでできる副業ってどれ?

上記のように公務員の副業は基本的に禁止されており、許可がなければできないとされているにもかかわらず、その許可も得づらいとされているので公務員の副業は難しいと思うかもしれませんが、公務員でも許可なしで可能な副業はあります。

それは以下のような副業です。

  • 株式投資、FX、仮想通貨などの投資
  • 不動産経営(条件付き)
  • 太陽光発電(条件付き)
  • 農業(条件付き)

上記の副業は公務員はその信用を落とすようなことはしてはならない、職務上の秘密を漏らしてはいけない、職務時間中は仕事のことだけを考えていなければならない、に該当しないため許可なしでも可能とされています。

ただし、株式投資、FX、仮想通貨などの投資以外で可能な副業には全て以下のように条件がついています。

不動産経営(条件付き)

不動産経営の場合、以下のような副業は禁止されています。

  • 「戸建てなら5棟以上、マンションなら10室以上の部屋の賃貸」
  • 「10件以上の土地の賃貸」
  • 「劇場、映画館、ゴルフ練習場等の不動産賃貸」
  • 「旅館、ホテル等の建物の賃貸」
  • 「駐車台数が10台以上の建築物である駐車場又は機械設備を設けた駐車場の賃貸」
  • 「年額500万円以上の賃貸料収入がある不動産又は駐車場の賃貸」

太陽光発電(条件付き)

10キロワット以上の太陽光電気の販売は禁止されています。

農業(条件付き)

大規模のものは禁止されています。

大規模かどうかについてですが、簡単に言えば、これは営利目的と判断されれば大規模農業に該当してしまいます。

上記のように条件も複雑で、判断基準が曖昧なところもあるため、公務員が行う副業としては株式投資、FX、仮想通貨などの投資がおすすめです。

2. 公務員でも許可なしでできるおすすめの副業3選

前章にて公務員の副業規則について紹介してきました。

その結果、公務員におすすめできるのは以下の3つの副業だけと言えます。

  • 仮想通貨
  • 株式投資
  • FX

ただし、上記の副業を行なっていた私の同僚でも、熱中してしまうあまり、普段の業務に支障が出て注意されている者もいました。

そういったことから考えると、主に平日にしかできない株式投資やFXよりも土日にも可能で今最も人気が上昇している「仮想通貨」が最もおすすめです。

以下ではそれぞれ詳細を紹介していきます。

2-1. 仮想通貨:今最もアツい副業!億万長者が狙える!

「仮想通貨」の売買で稼ぐことも可能です。近年、仮想通貨の1種であるビットコインの値上がりなどで20代〜40代で1億円以上の資産を手にした方がTVやSNSでも取り上げられて知っている方も多いのじゃないでしょうか。

仮想通貨とはネット環境さえあれば国境関係なく利用可能なのがメリットです。また、これからの成長も見込めるのでさらなる値上がりが期待できます。その反面、利用している取引所のセキュリティが甘いとハッキングの恐れもあります。

仮想通貨の取引をするためには自分の取引所を開設する必要があります。おすすめの取引所はセキュリ的もしっかりとしていて、取引にかかるコストも少ない「bitFlyer(ビットフライヤー)」がおすすめです。

仮想通貨の評価

仮想通貨の評価は以下の通りです。

仮想通貨を実際にやってみた結果

私も実際に仮想通貨投資を行なっています。

私は早いうちから始めていたので、当初の投資金額の1万円が300万円以上まで増えました。

仮想通貨市場はまだまだ伸びると思うので今後もこういった方は後を絶たないのではないでしょうか。

仮想通貨のおすすめサイト

「bitFlyer(ビットフライヤー)」公式サイト:https://bitflyer.jp/ja/

2-2. 株式投資:2020年まではチャンス!すごく稼ぎやすい!

「株式投資」を副業にすることも可能です。基本的に日本株は朝9時から夕方15時まで売買可能で、その間に少し携帯を開いて売買することができます。

NISA口座も始まり、年間120万円の購入分までであれば利益を非課税にすることも可能です。株式で利益を確定する際の目安は10%程の値上がりなので稼ぐならば、ある程度まとまった資金が必要です。

おすすめの証券会社は取扱商品・取引ツール・サービスとも高品質で年代・性別を問わず人気な「SBI証券」、1,000円から売買可能な「One Tap BUY」がおすすめです。

株式投資の評価

株式投資の評価は以下の通りです。

株式投資を実際にやってみた結果

株式投資は現在、私も行なっています。相場が一時的に下がった時に株式を買って、上がった時に売却をしているだけですが月に投資金額の10%以上は稼げています。

どの銘柄を買えば良いかわからない方は指数連動型のETFと呼ばれる商品で日経平均と連動して動く銘柄などであれば、株式投資を始めやすいと思います。

2020年に東京オリンピックがありますが、それまでは株式にとって良い相場環境が続く可能性が高いです。

株式投資のおすすめサイト

「SBI証券」公式サイト:https://www.sbisec.co.jp/ETGate

「One Tap BUY」公式サイト:https://www.onetapbuy.co.jp/

2-3. FX:少ない金額で10万円以上の利益も

「FX」は ドルやユーロなどの外国通貨(為替)を交換・売買し、その差益で稼ぐことを言います。

FXではレバレッジと呼ばれるシステムがあり、所有金額の10倍までの金額で取引が可能です。その場合、利益も出やすくなりますが損失も出やすくなるので注意しましょう。

FXで最もおすすめのサイトは「DMM FX」で取り扱っている通貨の数も多く、スプレッド(為替を買い付ける際上乗せされている手数料のようなもの)が業界最安値水準なのでおすすめです。

FXの評価

FXの評価は以下の通りです。

FXを実際にやってみた結果

FXは私も行なっています。

株式と違ってレバレッジと呼ばれるシステムのおかげで所有金額の10倍まで投資可能なので、損失も大きくなる可能性はあるものの少ない金額からでも稼ぐことができます。

私はFX投資で最初に1万円も1,000万円以上の資産を手に入れました。

FXのおすすめサイト

「DMM FX」公式サイト:http://fx.dmm.com/fx/

3. まとめ

以上が公務員の副業についてで下がいかがでしたか。

基本的に公務員が副業を許可なしで行うことは法律で禁止されています。

また、許可を得るためには以下の条件を満たす必要がありますが、許可はほとんどの場合おりません。

  • 公務員の社会的信頼を損ねることがないこと
  • アルバイトの会社と公務員の業務との間に利害が出る可能性がないこと
  • 本業に支障が出ないこと

そのため、公務員が副業を行うのであれば許可なしでも可能とされている副業がおすすめです。

公務員が許可なしでも可能な副業でおすすめは以下の3つです。

あなたが公務員でもきちんと副業ができることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket