世界一わかりやすい『楽天ゴールドカード』解説|あなたにベストな1枚かわかる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

楽天の格安ゴールドカードである『楽天ゴールドカード』を申し込むべきか検討していますね。

申し込みを考えている理由は特に下記の3つに当てはまる方が多いのではないでしょうか。

  • ゴールドカードで楽天の買い物をお得にしたい
  • ゴールドカードへの切り替えの案内が来たけど迷っている
  • 『楽天カード』よりもお得になるのか知りたい

上記のような方でも、実は使うべきでない人もいるので、契約前にしっかりとカードの機能や条件を比較してから申し込まないと後悔するので注意しましょう。

このページでは、大手カード会社に3社勤務した経験を活かして『楽天ゴールドカード』について以下の流れで全てご紹介します。

  1. 楽天ゴールドカードはこんな人におすすめ!
  2. 楽天ゴールドカードのたった1つのメリット
  3. 楽天ゴールドカードの4つの注意点

状況によって『楽天ゴールドカード』よりももっと便利でお得に使えるカードもご紹介しています。

全て読んでいただければ、契約後に後悔することなく、あなたが本当に選ぶべきクレジットカードかどうかがわかるでしょう。

1. 楽天ゴールドカードはこんな人におすすめ!

楽天ゴールドカード』は楽天のグループ会社である楽天カードが発行する格安ゴールドカードで、年会費は税抜き2,000円です。

大手カード会社に3社勤務し、9千枚のカードを見てきた私の評価は以下のようになります。

プロの一言!
楽天ゴールドカード』は、楽天市場で買い物をすると最大5%のポイントがもらえて、年会費2,000円(税抜)なのに国内28空港・海外2空港のラウンジを無料で使えるので、楽天のヘビーユーザーだけでなく空港をよく利用する人は年会費以上にお得になるのでおすすめです。
ただ、海外旅行保険の条件が一般カードと同じで補償金額が少ないなど他のゴールドカードに劣る面もあるため、年10.8万円未満しか楽天市場で買い物をしない、または空港ラウンジを全く利用しないなら『楽天カード』などがお得に使えます。

以上のように、クレジットカードに求めるものによっておすすめできる人、できない人が分かれているカードです。

そこで『楽天ゴールドカード』に興味を持っている方向けに、下記の3つの目的別のおすすめ度を示しました。

あなたの目的 おすすめ度
①ゴールドカードで楽天の買い物をお得にしたい ◯楽天市場で年10.8万円以上買い物をするならおすすめ!
②ゴールドカードへの切り替えの案内が来たけど迷っている ◯空港ラウンジの無料利用や、楽天市場での+2%利用特典ボーナスに魅力を感じるならおすすめ!
③『楽天カード』よりもお得になるのか知りたい ◯楽天市場で年10.8万円以上買い物をする、または空港ラウンジを年2回以上使うならおすすめ!

あなたに当てはまる目的をクリックすると、その内容をすぐに見れます。

1-1. ゴールドカードで楽天の買い物をお得にしたい

あなたが年10.8万円以上楽天市場で買い物をする場合、『楽天ゴールドカード』はお得に買い物ができるゴールドカードと言えます。

なぜなら『楽天ゴールドカード』は楽天市場で買い物をする場合、『楽天カード』に比べてポイントが+2%され、還元率最大5%になるからです。

しかし、年会費が必ずかかるので、買い物金額によっては年会費無料で持てるカードの方がお得になります。

カード名 年会費(税込) 楽天市場での還元率 通常利用ポイント還元率 申込資格

楽天ゴールドカード

2,160円 5% 1% 20歳以上

楽天カード

無料 3% 1% 18歳以上

Orico Card THE POINT

無料 2%

 

3%(入会後6ヶ月間)

1% 18歳以上

JCB CARD W/JCB CARD W plusL

無料 2%

 

2.5%(入会後3ヶ月間)

1% 18歳以上39歳以下

下図のように年会費以上に得をするためには楽天市場での金額が年10.8万円以上必要です。

楽天市場で年10.8万円未満しか使わない人は年会費無料の『楽天カード』を使った方が良いでしょう。

1-2. ゴールドカードへの切り替えの案内が来たけど迷っている

『楽天ゴールドカード』と『楽天カード』の違いを表で比較してみました。

『楽天カード』 『楽天ゴールドカード』
年会費(税込) 無料 2,160円
家族カード年会費(税込) 無料 540円
ETCカード年会費(税込) 540円 無料
利用可能枠 最高100万円 最高200万円
通常利用ポイント還元率 1%
楽天市場ポイント還元率 3% 5%
空港ラウンジ 有料 年2回無料:国内28空港(2018年9月1日から)

無料:海外2空港

紙の明細書発行費用(税込) 82円/月 無料
コールセンター 有料 無料

『楽天カード』に比べて下記のようなメリットがあるゴールドカードです。

  • 楽天市場利用で特典ポイント+2%
  • 空港ラウンジを無料で利用できる(2018年9月1日から国内は年2回まで)
  • ETCカード年会費無料
  • 紙の明細料金が無料

特に通常1,000円前後の利用料金が必要な空港ラウンジを、ゴールドカードの年会費だけで無料利用できるので、年2回利用する人はそれだけで簡単に年会費の元が取れるほど大きなメリットです。

また、楽天市場での買い物でポイントがよりたまりやすくなるだけでなく、ETCカードや紙の明細が無料で使えるので、こうしたサービスを利用したい人にもおすすめです。

ただし年会費が必ずかかるので、楽天市場での利用金額が年10.8万円未満だったり、空港ラウンジやETCカードを全く使わないのであれば、年会費無料の『楽天カード』の方がお得になります。

1-3. 『楽天カード』よりもお得になるのか知りたい

『楽天ゴールドカード』は『楽天カード』に比べて下記のようなメリットがあるゴールドカードです。

  • 楽天市場利用で特典ポイント+2%
  • 空港ラウンジを無料で利用できる(2018年9月1日から国内は年2回まで)
  • ETCカード年会費無料
  • 紙の明細料金が無料

楽天市場の買い物金額だけに限れば年10.8万円以上利用する人なら、『楽天カード』よりも多くポイントをもらえます。

1,000円前後の利用料金が必要な国内空港ラウンジを無料利用できる(2018年9月1日から年2回まで)ので、年1回以上利用する人は楽天の利用金額が少なくても年会費以上に得をしやすくなります。

楽天のゴールド会員以下だと年会費が540円(税込)発生するETCカードが会員ランクがどれでも無料になったり、年984円(税込)必要な紙の明細料金も無料になるので、こうした特典に魅力を感じる人は『楽天カード』よりもお得に使えます。

1章まとめ

ここまでをまとめると、『楽天ゴールドカード』は『楽天カード』よりも楽天市場での買い物でポイントがより貯まりやく、空港ラウンジを無料で使えるお得な格安ゴールドカードです。

そのため、下記のいずれかに当てはまる人は間違いなくおすすめです。

  • 楽天市場で年10.8万円以上買い物をする
  • 空港ラウンジを年2回以上利用する(2018年9月1日から国内は年2回まで)
  • ETCカードや紙の明細を無料で使いつつ、楽天でお得に買い物をしたい

『楽天ゴールドカード』公式ページ:

http://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-gold-card/

2章以降は、『楽天ゴールドカード』についてより詳しくメリットや注意点などを説明するので、読みたい方だけ読んでください。

2. 楽天ゴールドカードのたった1つのメリット

『楽天ゴールドカード』は「楽天市場の利用でポイントが最大5倍たまる」というメリットがあります。

2-1. 楽天市場の利用でポイントが最大5倍たまる

『楽天ゴールドカード』はカードの利用で楽天市場でポイントが最大5倍たまります。

年会費無料で持てる『楽天カード』は最大3倍しかたまらないので、楽天のヘビーユーザーやヘビーユーザーになる予定の人は『楽天ゴールドカード』の方がよりたくさんポイントが貯められお得です。

また、『楽天ゴールドカード』を含む楽天カードを持っていると、楽天カード会員限定で下記のようなキャンペーンの対象になり、楽天市場でさらにポイントを貯められます。

例えば、5の倍数の日は楽天ゴールドカードの利用でポイント+5倍

2017年9月20日から毎月5日,10日,15日,20日,25日,30日は『楽天ゴールドカード』を含む楽天カード利用でポイント+5倍のキャンペーンが始まりました。

出典:楽天市場

SPU(スーパーポイントアッププログラム)で実施している通常特典の 「楽天カードご利用でポイント+3倍」 が、5,10,15,20,25,30日は+5倍といつもより+2倍されます。

楽天ゴールドカードご利用特典で、+1倍になるので合計で7倍のポイントがもらえます。

ポン!カン!!キャンペーンは2018年2月28日でサービスが終了しました。

参考情報:電子マネー楽天Edyが最高1.5%の高還元率で利用できる

電子マネーの楽天Edy(以下:Edy)がカードに付いていて、次のような使い方をすると最高1.5%の高還元率で利用できます。

使い方 支払い金額200円(税込)ごと 楽天カードでチャージ金額200円ごと 還元率
ポイントプラス加盟店で支払う 2ポイント 1ポイント 1.5%
Edy加盟店 1ポイント 1ポイント 1%

また、Edyにオートチャージができるのは楽天カードだけであり、チャージや利用で楽天ポイントやEdyギフトがもらえるキャンペーンの対象になることが多いなどEdyとの相性が非常に良いです。

EdyはANAマイルもたまりやすいので、EdyのヘビーユーザーだけでなくANAの飛行機によく乗る人にもおすすめです。

Apple Payに対応!

『楽天ゴールドカード』はApple Payに対応しています。

出典:楽天カード

Apple Payでの支払いはQUICPayになり、カードでの支払いと同様に100円につき1ポイント(1%)が付きます。

ブランドはMastercard・VISA・JCBから選べますが、Apple Payが制限なく使えるのはMastercardとJCBブランドだけなので、使いたい人は注意してください。

3. 楽天ゴールドカードの4つの注意点

この章では『楽天ゴールドカード』の注意点を4つ挙げていきます。

  • 有効期限の短い期間限定ポイントが多い
  • 国内の空港ラウンジは年2回までしか無料で利用できない(2018年9月1日から)
  • 他のゴールドカードに比べて特典や優待が少ない
  • 楽天市場で年10.8万円未満しか買い物をしないなら損をしやすい

3-1. 有効期限の短い期間限定ポイントが多い

『楽天ゴールドカード』は楽天市場の利用で最大5%のポイントがもらえますが、その内3%分は有効期限の短い期間限定ポイントです。

期間限定ポイントは最長45日間の有効期限しかなく、下記のような制限があります。

  • Edy・ANAマイルに交換できない
  • 楽天証券の投資信託の購入には利用できない

ただ、多くの楽天グループの支払いやサービスで利用できることに加えて、楽天ポイントカードとしてコンビニやファーストフード、ドラッグストアなど実際のお店でも1ポイント=1円として使えます。

主要な楽天ポイントが使えるお店は下表の通りです。

カテゴリ 店名
グルメ・飲食 マクドナルド、ミスタードーナツ、くら寿司、PRONTO、ペッパーランチなど
百貨店・コンビニ・スーパー 大丸、松坂屋、ポプラ、生活
ドラッグストア ツルハドラッグ、薬の福太郎、ウォンツ、ドラッグストアウェルネス、ダイコクドラッグなど
ショッピング関連 つるやゴルフ、好日山荘、ジョーシン、ジョーシンアウトレット、玉光堂、バンダレコードなど
暮らし関連 ホワイト急便、パレットストア・55ステーションなど
サービス関連 出光、ビューホテルズなど

また、「楽天ペイ」という支払いサービスのアプリを入れると、ローソンなどでも期間限定ポイントを使って支払いができるので、効率よく消化できます。

以前と比べて、楽天ポイントは期間限定ポイントでも使える場所やサービスがかなり増えているので楽天グループ内で使えずに期限切れになる可能性は低いです。

しかしキャンペーンなどで大量の期間限定ポイントがあり使い道に困る場合、上記のような実店舗でも使うと上手く使いこなせるでしょう。

3-2. 国内の空港ラウンジは年2回までしか無料で利用できない(2018年9月1日から)

『楽天ゴールドカード』はこれまで年会費がわずか2,160円(税込)で国内28空港・海外2空港のラウンジを無料で利用することができましたが、国内空港ラウンジは2018年9月1日から年2回までしか無料で利用できなくなります。

空港ラウンジを複数回無料で利用したい人は、利用目的によって次のどちらかのカードがおすすめです。

  • SuMi TRUST CLUB エリートカード』:年会費3,000円(税抜)。国内28空港ラウンジを無料で利用できる
  • 楽天プレミアムカード』:年会費10,000円(税抜)。世界1,200か所以上の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」を無料で発行できる

3-3. 他のゴールドカードに比べて特典や優待が少ない

『楽天ゴールドカード』は他社のゴールドカードに比べて特典や優待が少ないです。

ゴールドカードとしての特典は下記の4つしかありません。

  • 楽天ゴールドカード利用特典ポイント(+2%)
  • 空港ラウンジを無料で利用できる(2018年9月1日から国内は年2回まで)
  • ETCカード年会費無料
  • 紙の明細料金が無料

また、ゴールドカードは通常一般カードに付く保険よりも条件が良くなることがほとんどですが、一般カードの『楽天カード』と全く同じ条件です。

保険の条件もゴールドカードの平均以下

上記したように、保険の条件があまり良くありません。

保険の条件を重視するのであれば、下記の3枚のゴールドカードが年会費の負担が少ないのに条件が良いのでおすすめです(利用する機会の多い保険項目のみをご紹介しています)

カード名 楽天ゴールドカード MUFGカード ゴールド 三井住友VISAプライムゴールドカード』(20代限定) 三井住友VISAゴールドカード』(30歳以上)

年会費(税込)

2,160円 2,057円

 

初年度無料

5,400円

 

最大割引で1,620円

 

初年度無料

10,800円

 

最大割引で4,320円

 

初年度無料

海外旅行保険

補償条件 自動付帯 自動付帯 自動付帯(一部利用付帯)
傷害・疾病治療 200万円 200万円 300万円
賠償責任 2,000万円 2,000万円 5,000万円
携行品損害

(免責3,000円)

20万円 20万円 50万円
救援者費用 200万円 200万円 500万円
家族特約

国内旅行保険

補償条件

利用付帯 自動付帯(一部利用付帯)

入院

日額 3,000円 日額 5,000円
手術

最高12万円

最高20万円
通院 日額 2,000円 日額 2,000円
国内航空便遅延保険(利用付帯) 1〜2万円
買い物保険(利用付帯) 補償限度額 100万円 300万円
自己負担(1回の事故につき) 3,000円 3,000円
  • 自動付帯:カードを持っているだけで適用
  • 利用付帯:カードで支払いが必要

あなたが優先する項目や状況によって、次のいずれかを選んでください。

『楽天ゴールドカード』に付く保険の詳しい内容を知りたい方は保険情報を参照してください。

また、ゴールドカードに付く海外旅行保険についてさらに詳しい情報を知りたい人は「最高の海外旅行保険が付くゴールドカード5選」も参考になります。

特典・優待重視の方におすすめのゴールドカード3選

上記した4つ以外は目ぼしい特典がありません。

年会費が上がっても、ゴールドカードならではの豊富な特典や優待を使いたい人は下記のようなカードを選ぶと良いでしょう。

3-4. 楽天市場で年10.8万円未満しか買い物をしないなら損をしやすい

初年度から年会費2,160円(税込)が請求され、割引や無料になる条件はありません。

そのため、楽天ゴールドカードご利用特典ポイントが付く楽天市場の利用金額が少ないなど下記のサービスを全く利用しないなら損をしやすいです。

  • 楽天市場で年10.8万円未満の買い物
  • 空港ラウンジを年1回以下しか使わない
  • ETCカードを全く使わない

楽天カードとのポイント還元率の差

年会費無料の『楽天カード』とのポイント還元率の差は下表の通り1つしかありません。

『楽天ゴールドカード』 『楽天カード』
楽天市場買い物通常ポイント 1% 1%
楽天カード利用基本ポイント +1% +1%
楽天カード利用特典ポイント +1% +1%
楽天ゴールドカードご利用特典ポイント +2%
楽天市場合計ポイント還元率 5% 3%

そのため、楽天市場での利用額が年10.8万円未満だと年会費とポイント還元率の差から『楽天カード』の方がお得になります。

年10.8万円(月平均9,000円)以上楽天市場で利用しているか確認してください。

食べ物や日用品など生活必需品の購入だけでなく、家電や家具など大きな金額の買い物もできるので、楽天のヘビーユーザーの方ならそんなに困ることなく年10.8万円を超えるでしょう。

しかし、年10.8万円を超えなかったり、空港ラウンジやETCカードを全く利用しないなら『楽天カード』の方がお得でしょう。

4. まとめ

楽天ゴールドカード』に関しておすすめできる人や状況、メリット・注意点を解説してきましたがいかがでしたか。

『楽天ゴールドカード』は、以下のようなメリットがあるとても便利なクレジットカードです。

  • 楽天市場の利用でポイントが最大5倍たまる
  • 空港ラウンジを無料で使える(2018年9月1日から国内は年2回まで)

楽天市場で年10.8万円以上利用するなら『楽天カード』以上にポイントが貯まりやすく、わずかな年会費の負担で海外空港ラウンジを何度でも無料で利用できる非常にコスパの良いゴールドカードです。

『楽天ゴールドカード』を利用することであなたの生活がより豊かで便利になることを祈っています。

『楽天ゴールドカード』公式ページ:

http://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-gold-card/

カード詳細情報

この章では、『楽天ゴールドカード』についての詳細情報を表にまとめました。

上記でご紹介した他にカードについて細かい情報を知りたい人だけお読みください。

また、参考情報として楽天カードのグレード別情報比較表や年会費1万円以下で持てる主要ゴールドカードを一覧表にしています。

基本情報

年会費(税込) 本会員 2,160円
家族会員 540円/枚
国際ブランド Mastercard・VISA・JCB
申し込み対象 本会員 原則として20歳以上の安定収入のある方

(楽天ゴールドカード独自の審査基準により発行させていただきます。)

家族会員 原則として18歳以上(高校生除く)の生計を同一にする配偶者・両親・子供の方
締め日・支払日 毎月末日締め切り翌月27日(土・日・祝の場合は翌営業日)
ショッピング 利用可能枠 最高200万円
支払い方法 1回払い・分割払い・リボ払い・ボーナス1回払い・ボーナス2回払い
キャッシング 利用可能枠 5万円~50万円
支払い方法 [国内]

1回払い・リボ払い(楽天プレミアムカードデスクへ連絡し口座振込などで全額繰り上げ返済可能)

[海外]

1回払い ※後からリボ払いに変更可能楽天プレミアムカードデスクへ連絡し口座振込などで全額繰り上げ返済可能)

ポイント情報

ポイント名 楽天スーパーポイント
基本ポイント付与 1%:100円につき1P(1P=1円相当)通常ポイント
楽天カード利用特典ポイント +1%:100円につき1P (期間限定ポイント、会員ランクにより月間獲得ポイント上限あり)
楽天ゴールドカードご利用特典ポイント +2%:100円につき2P (期間限定ポイント、会員ランクにより月間獲得ポイント上限あり)
毎月5、10、15、20、25、30日の楽天市場での利用 +2%:100円につき2P (上限3,000ポイント、期間限定ポイント
楽天市場以外でのボーナスポイント ・街の楽天ポイント加盟店での利用:+1〜2%

・街の楽天ダイニング加盟店での利用:+1%

・楽天トラベルの利用:+1%

有効期限 実質無期限最終利用日から翌年同月の前月末日まで。期限までに新たにポイントを獲得すれば有効期間が切れることはありません。

(期間限定ポイントはそれぞれ固有の有効期限がある。最長45日間)

交換先 10P以上1P単位、1P→1円:Edy

50P以上2P単位、2P→1マイル:ANA(1回に交換可能なポイント数は1,000ポイント/回、交換可能なポイント数の上限は20,000ポイント/月)

利用先 ※楽天証券以外全て期間限定ポイント利用可能です。

1P以上1P単位、1P→1円:楽天市場、楽天ブックス、楽天ポイントカード加盟店での買い物時、楽天モバイルの支払い、楽天ペイ(実店舗)、楽天ミュージック、楽天ダウンロード、楽天写真館、楽天マート、楽天ビューティ(即時予約)、楽天海外販売、楽天車・バイク

50P以上1P単位、1P→1円:楽天デリバリー、楽天ペイ(オンライン決済)、楽天TV、楽天RAXY、ラクマ

50P以上1P単位、1P→1円:楽天エナジー

100P以上1P単位、1P→1円:楽天トラベル(国内宿泊予約など)、楽天GORA

100P以上1P単位、1P→1円(期間限定ポイント利用不可):楽天証券の投資信託の通常買付

100P以上100P単位、1P→1円:楽天トラベル(高速バス予約など)

165P、1P→1円:楽天銀行の振込手数料(3万円未満)

追加カード(電子マネー)情報

カード名 年会費・発行手数料 ポイント付与(税込) 備考
ETCカード 無料 通行料金100円につき1ポイント
楽天バーチャルプリペイドカード 無料 購入金額100円につき1ポイント

※利用では付かない

購入金額:30,000円 1回あたりのチャージ

1枚当たり上限金額:50,000円

有効期限:購入月の1年後の末日

Edy 無料 支払金額200円につき1ポイント

支払金額200円につき2ポイント(ポイントプラス加盟店で支払った場合)

カード一体型。オートチャージ可能。

別にポイントカード型・モバイル型も利用可能(おサイフケータイ対応機種が必要)モバイル型は楽天スーパーポイント以外のポイント・マイルを貯められる

Apple Pay 無料 QUICPay:利用金額100円につき1ポイント Suicaチャージ・利用分はポイント対象外。VISAブランドは一部機能に制限あり
プライオリティパス

保険情報

海外旅行保険(利用付帯) 補償条件 日本を出国する以前に、公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金を楽天カードで支払った場合(補償期間/日本を出発してから3ヵ月後の午後12時までの旅行期間)
傷害死亡・傷害後遺傷害 2,000万円
傷害・疾病治療 200万円
賠償責任 2,000万円(1事故の限度額)
携行品損害 20万円(自己負担:1事故につき3,000円)
救援者費用 200万円
家族特約
国内旅行保険
動産総合保険(ショッピング保険)
その他保険 商品未着あんしん制度 楽天市場内のご利用において、商品未着にも関わらず店舗との連絡が困難な状態となった場合には、所定の調査を行った上で請求をお取り消しいたします
ネット不正あんしん制度 インターネットショッピングなどによる不正利用による損害を全額補償
カード盗難保険 万一、カードが不正使用された場合は、紛失・盗難をお届けいただいた60日前にさかのぼり、それ以降の損害額を弊社が負担いたします

空港ラウンジ

国内空港ラウンジ 28空港42ラウンジ [北海道]

新千歳空港 函館空港

[東北]

青森空港 秋田空港 仙台空港

[中部]

新潟空港 富山空港 小松空港 中部国際空港

[関東]

羽田空港 成田国際空港

[近畿]

伊丹空港 関西国際空港 神戸空港

[中国]

岡山空港 広島空港 米子空港 山口宇部空港

[四国]

徳島空港 高松空港 松山空港

[九州]

北九州空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港

[沖縄]

那覇空港

海外空港ラウンジ 2空港3ラウンジ [ハワイ]

ホノルル国際空港

[韓国]

仁川国際空港

サービス・特典情報(楽天カード共通)

特典内容 ・楽天カフェでコーヒー・紅茶半額

楽天カードで決済すると、 コーヒー・紅茶がいつでも半額。

 

・楽天カード会員限定!ポイント優待キャンペーン

キャンペーン期間中にエントリーし、対象店舗にて楽天カードでお買い物いただくと、ダイヤモンド・プラチナ・ゴールド会員様は通常の10倍、シルバー会員様は5倍、楽天会員様(レギュラー会員様含む)の方は3倍の楽天スーパーポイント(通常ポイント)をプレゼント

 

楽天カードラッキーくじ

毎日楽天e-NAVIトップページから参加でき、最高2,000ポイントが当たる

 

・楽天銀行特典

楽天銀行から毎月27日(土・日・祝日の場合は翌営業日)に楽天カードご利用分の引き落としがあった場合、翌月の楽天銀行普通預金金利2倍+毎月最大9ポイント獲得

 

・海外お土産宅配サービス:世界中のお土産を事前に購入できる(ポイント10倍&送料無料)

 

・空港パーキング優待:提携パーキングの予約・利用・支払いでポイント3倍

 

・Hertzレンタカーサービス:世界145ヵ国以上、10,300もの拠点で、通常価格より10%OFF

 

・手荷物宅配優待:海外旅行時、往復300円/個、出発200円/個、入国200円/個通常価格より割引

 

・Wi-Fiレンタル:1日あたり300円(税抜)〜+総額より15%OFFの優待価格で利用できる

 

・防寒具一時預かりサービス:1着10%OFFの優待価格で利用できる

 

・グアム・サイパンラウンジ:現地に日本語OKのコンシェルジュが常駐しお得な特典を案内してくれる

 

<Visaの海外優待ガイド>

 

<Mastercardの海外優待ガイド> 

 

<JCBの海外優待ガイド> 

 

楽天カードHawaiiナビ

ハワイで受けられる優待や、旅行に役立つ情報を掲載したアプリ

 

・ハワイ・ワイキキ 楽天カードラウンジ

ハワイ・ワイキキ T ギャラリア ハワイ by DFS内にある会員様専用ラウンジで、楽天トラベルデスクでハワイの旅のサポートや、ショップ、レストランで広く使える特典クーポン冊子がもらえる

サービス・特典情報(楽天ゴールドカード独自)

特典内容 ・楽天プレミアムカードデスクカード

裏面に記載されているフリーダイヤルで無料で問い合わせができる

 

・紙の明細書発行費用無料

カードご利用請求明細発行費用が無料

楽天カードグレード別情報簡単比較表

楽天カードが発行しているクレジットカードを、グレード別に情報を簡単に比較できるよう表にまとめました。

カード名

楽天カード

楽天ゴールドカード

楽天プレミアムカード

申し込み対象 本会員 18歳以上(高校生除く) 20歳以上の安定した収入のある方
家族会員 原則として18歳以上(高校生除く)で生計を同一にする配偶者・両親・子供
ポイント 通常利用還元率 1%
楽天市場利用ポイント還元率 +2% +4%
選べるサービス +1%
誕生月サービス +1%
ブランド

Mastercard・VISA・JCB

年会費(税込) 本会員

永年無料

2,160円

10,800円
家族会員 永年無料 540円
ショッピング 利用可能枠 最高100万円 最高200万円 最高300万円
電子マネー

○ポイントも付く

△チャージのみ

Edy

nanaco

モバイルSuica

QUICPay

SMART ICOCA

国内旅行保険 適用条件

 自動付帯
傷害死亡・傷害後遺傷害

5,000万円
傷害入院

日額 5,000円
傷害手術

最高5万円
傷害通院

 日額 3,000円
家族特約

海外旅行保険 適用条件 利用付帯 自動付帯(一部利用付帯)
傷害死亡・傷害後遺傷害 2,000万円 合計:5,000万円自動付帯:4,000万円

利用付帯:1,000万円

傷害・疾病治療 200万円 300万円
賠償責任 2,000万円 3,000万円
携行品損害(自己負担:1事故につき3,000円)(1旅行中かつ1年間の限度額) 20万円

合計:50万円

自動付帯:30万円

利用付帯:20万円

救援者費用 200万円 200万円
家族特約

動産総合保険(ショッピング保険) 補償限度額 最高300万円
自己負担額(1回の事故につき) 3,000円
空港ラウンジ 国内 新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港 新潟空港 羽田空港 成田国際空港 富山空港 小松空港 中部国際空港 伊丹空港 神戸空港 関西国際空港 岡山空港 米子空港 広島空港 山口宇部空港 松山空港 徳島空港 高松空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港
海外

[ハワイ]

ダニエル・K・イノウエ空港

[韓国]

仁川国際空港

1,200か所以上(プライオリティ・パス利用)
コールセンター

有料(ナビダイヤル)

無料(フリーダイヤル)

紙の明細書発行費用(税込) 82円/月 無料
ETCカード(税込)

540円

無料:会員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」の方

無料

楽天プレミアム(税込)

有料(3,900円)

1年間無料
楽天プレミアムカードトラベルデスク
楽天カード Freebird
楽天ビジネスカードの発行

年会費1万円以下の主要ゴールドカード一覧表

格安ゴールドカードやヤングゴールドカードを含む、年会費1万円以下で持てる主要なゴールドカードを一覧表にしました。

カード名 年会費(税抜) ポイント還元率 申し込み条件(年齢)

+安定継続した収入がある

イオンゴールドカード 無料:招待制 0.5%〜1% 18歳以上(高校生は除く)
エポスゴールドカード

無料:招待時

5,000円:通常

0.5%〜1.5%

20歳以上(学生を除く)

セブンカード・プラス(ゴールド) 無料:招待制 18歳以上(高校生は除く)
三井住友VISAプライムゴールドカード

1,500円:割引時

5,000円:通常 

0.5%~8.5%

満20歳以上30歳未満

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

1,806円

1%~2%

20歳以上

Premium Gold

0.5%~1.1%

京急プレミア ポイント ゴールド HANEDA AIRPORT PLUS

1,905円

0.5%~6%

18歳以上(高校生は除く)
セディナカードゴールド

0.5%~1.5%

MUFGカード ゴールド

0.5%~0.85%

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

0.5%~1.0%

楽天ゴールドカード 2,000円

1%~5%

20歳以上
ミライノ カード GOLD 3,000円

0.5%~1.0%

20歳以上(学生不可)

i Gold

0.5%~1.1%

20歳以上
JCB GOLD EXTAGE

0.5%~1.5%

20歳以上29歳以下

P-oneカード<G>

0.3%+1%OFF

18歳以上(高校生を除く)

SuMi TRUST CLUB エリートカード 0.6%

22歳以上、年収200万円以上

SuMi TRUST CLUB リワードカード
UCカード ヤングゴールド 0.5%

20歳以上、30歳未満のお勤めの方

UCSゴールドカード

0.5%~1.0%

勤続5年以上、本人年収500万円以上で30歳以上の方

三井住友VISAゴールドカード

4,000円:割引時

10,000円:通常

0.5%~8.5%

30歳以上
Amazon Mastercardゴールド

1%~2.5%

20歳以上
ジャックスカードゴールド 5,000円

0.5%~1.5%

新生アプラスゴールドカード

0.5%~1%

20歳以上(学生を除く)

NTTグループカードゴールド

0%~1.5%

18歳以上

セディナゴールドカード 6,000円

0.5%~2.5%

18歳以上(高校生を除く)

OMC GOLDカード

0.5%~1.5%

20歳以上

SMBC JCB CARD ゴールドカード

0.5%~1.5%

18歳以上(高校生を除く)

TOKYU CARD ClubQ JMB ゴールド

1%~10%

20歳以上

ザ・ゴールド” 出光 セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード 7,000円

0.8%~1%

18歳以上(高校生を除く)

大丸松坂屋カード 〈ゴールド〉

1%~10%

25歳以上

Orico Card THE WORLD

9,074円

1%~2%

20歳以上

出光ゴールドカード

10,000円  

0~8.9%

18歳以上(高校生は除く)

ゴールドカードセゾン

0.5%~1.0%

学生・未成年を除く連絡が可能な方

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

0.75%~1.0%

18歳以上(高校生は除く)

セントレアゴールドカード

0.5%~8.0%

20歳以上(学生を除く)

タカシマヤカード≪ゴールド≫

1%~10%

27歳以上

ハワイラブカード〈ゴールド〉 10,000円

0.5%

20歳以上(学生を除く)

ビューゴールドプラスカード

0.5%~1.03%

20歳以上

マツダm’z PLUSカードセゾンゴールド

1%~2%

18歳以上(高校生は除く)

三井住友トラストVISAゴールドカード

0.5%~0.8%

30歳以上

みずほマイレージクラブカード ゴールド

0.5%

25歳以上で年収500万円以上かつみずほ銀行に普通預金口座をお持ちのの方

三菱地所グループCARDゴールド 10,000円

1%~3% 

25歳以上

三菱UFJ-VISA ゴールド

0.5%~0.6%

20歳以上(学生を除く)

ヤマダLABI ゴールドカード

1%~1.5%

18歳以上(高校生は除く)

ミライノ カード Travelers Gold 0.6%~1.2% 18歳以上(高校生は除く)学生可能
ライフカード ゴールド

0.5%~1.5%

23歳以上

楽天プレミアムカード

1%~7%

20歳以上

りそなゴールド《セゾン》 10,000円

0.5%

au WALLET ゴールドカード

1%~1.5%

DCゴールドカード

0.29%~0.5%

30才以上で、一定以上の安定した収入があり、勤続年数または営業年数(自営の場合)が5年以上の方

dカード GOLD

1%~10%

20歳以上(学生は除く)

ETC/JCBゴールドカード(ドライバーズプラスコース)

0%~1.5%

20歳以上

JAゴールドカード クレジットカード単機能型 10,000円

0.29%~1.65%

25歳以上

JCBゴールド

0.5%~2.5%

20歳以上

JMB KIPSカード(ゴールド)

1%~5%

30才以上で、一定以上の安定した収入があり、勤続年数または営業年数(自営の場合)が5年以上の方

MICARD+ GOLD

1%~10%

18歳以上(高校生は除く)

MUFGカード ゴールドプレステージ 10,000円

0.5%~1.0%

20歳以上(学生を除く)

MUFGカード・ゴールドプレステージ・アメリカン・エキスプレス・カード
OPクレジット ゴールド 0.5%~10%

20歳以上

P-oneカード<Premium Gold>

0.3%~0.9%+1%OFF

20歳以上(学生を除く)

 『TEPCOカード(ゴールド)

1%~2.5%

30才以上で、一定以上の安定した収入があり、勤続年数または営業年数(自営の場合)が5年以上の方

 『TOYOTA TS CUBIC CARD ゴールド 10,000円

1%~1.5%

30歳以上

 『Tokyo Metro To Me CARD ゴールド

0.6%~+メトロポイント(乗車回数による) 

25歳以上

 『Tokyo Metro To Me CARD PASMO ゴールド
 『Tokyo Metro To Me CARD UCゴールドカード

0.5%~+メトロポイント(乗車回数による)

25歳以上で年収500万円以上の方

 『UCカードゴールド

0.5%

25歳以上で年収500万円以上の方

※カードの利用ポイントの他に東京メトロの乗車時などでたまるメトロポイントの量によって還元率が上がる

(※当サイトへの掲載情報は、できる限り正確であるように精査の上細心の注意を払って作成しておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に対して生じたあらゆる損害等について一切補償は致しません。極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket