クレジットカードで家賃を払うポイントとおすすめカード3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「家賃をクレジットカードで支払えれば良いのに」そんなことを思っていませんか?

結論から言うと、今では家賃をクレジットカード払い対応にしている物件は急速に増えつつあります。しかし、それでも家賃のクレジットカード払いを対応可能にしている物件はまだまだ限られています。

この記事では大手カード会社3社で勤務した経験のある私がクレジットカードの家賃払いについて以下の流れで紹介していきます。

  1. 家賃をクレジットカードで支払う3つのメリット
  2. 家賃のクレジットカード払い対応の不動産会社
  3. 家賃払いにおすすめのカード3選
  4. 家賃のクレジットカード払いにおける2つの注意事項

この記事を読むことで今では家賃のクレジットカード決済ができる物件が増えている理由やそのメリット、どの不動産がクレジットカード払いできるのかまでがわかります。

1. 家賃をクレジットカードで支払う3つのメリット

今までは家賃をクレジットカードで支払うことはほとんど出来ませんでした。また、クレジットカード払いに対応している物件でも家賃が割高になっていたり、クレジットカードを指定されたりと不便な点が多かったです。

しかし、今ではそういったデメリットもなく家賃をクレジットカードで支払える物件が増えつつあります。

この章では家賃のクレジットカード決済ができる物件が増えている理由とそのメリットについて以下の流れで説明していきます。

  • 家賃クレジットカード決済の3つのメリット
  • 家賃クレジットカード決済ができるようになった理由

この章で詳しく説明しますが、家賃をクレジットカード払いできると言うのは、非常にお得だと言うことがわかります。

1-1. 家賃クレジットカード決済の3つのメリット

今では家賃をクレジットカード決済できる物件が増えましたが家賃をカード決済できるようになって、物件を借りる方は以下のようなメリットが出来ました。

  • 家賃の支払いでクレジットカードのポイントが貯められる
  • 毎月、銀行への振込の手間がなくなる
  • 急な転勤、転居の際に資金繰りが楽になる

家賃の支払いでクレジットカードのポイントが貯められる

賃貸で暮らす方にとって家賃というのは毎月の出費の中でもかなりの大部分を占めています。これをクレジットカードで支払えるのは非常にお得です。

なぜなら、クレジットカードにはポイント還元率と言われるものがあり、使った金額に対してそのカードの還元率分のポイントがもらえます。

クレジットカードの平均的なポイント還元率は0.5%から1.0%です。例えば、還元率1.0%のクレジットカードで家賃8万円を1年間払い続けると以下のようになります。

家賃8万円×1.0%=1ヶ月あたり800ポイント

800ポイント×12ヶ月=9,600ポイント

家賃をクレジットカード払いにしておくだけで年間1万円分近いポイントがもらうことができます。

ちなみにクレジットカード決済ができる物件が増える前にも、一部ではクレジットカード決済ができる物件もあります。しかし、クレジットカードのポイントがつかないなどの制約がありました。

毎月、銀行への振込の手間がなくなる

家賃を毎月、銀行振込で支払っている方は非常に多いと思います。銀行で自動的に引き落としができれば、いちいち振り込まなくて良いのですが不可能なケースも多いです。

例えば、物件によっては家賃を銀行振り込みでしか対応していない物件もあります。

しかし、カードで支払うことができる物件を選べば、こういった面倒もなく、支払い忘れなどのリスクもなくなります。

急な転勤、転居の際に資金繰りが楽になる

急な転勤、転居の際は大きな資金が必要になります。これをクレジットカードで支払うことができれば、資金繰りがかなり楽になります。

また、家賃はクレジットカードでの支払いに対応していなくても、初期費用のみはクレジットカード払いに対応している物件も最近では増えてきました。

1-2. 家賃クレジットカード決済ができるようになった理由

上記のように家賃のクレジットカード決済は物件を借りる側にとっては非常に大きいメリットがあるにも関わらず、今まで家賃のクレジットカード決済ができなかった理由として大家さんの負担があまりにも大きかったからです。

家賃のクレジットカード払いを可能にするためにはその物件の持ち主が以下のようにクレジットカード導入手数料をクレジットカード会社に支払わなければいけません。

しかし、不動産事業は非常に薄利なのでこの手数料を払っていると利益がほとんどなくなってしまいます。

このため、不動産業界では家賃のクレジットカード決済を導入しないと言うのが常識となっていました。

不動産業界大手の「大東建託のクレジットカード決済導入

上記のように不動産業界では家賃のクレジットカード決済はできないと言うのが定説だったのですが、2013年から「いい部屋ネット」で知られる不動産大手の「大東建託」が自社物件での入居時費用の支払いのみクレジットカードでの決済を可能にしました。

さらに、2014年11月からは毎月の家賃の支払いもクレジットカードでの決済が可能になりました。しかも今までのように家賃が割高であったり、クレジットカードのポイントが貯まらなかったりなどのデメリット無しに決済が可能です。

これはそれまで高かったクレジットカードの導入手数料が技術の進歩によって安く抑えられるようになったからです。

普及する家賃のクレジットカード決済

不動産大手の「大東建託」が、賃貸を借りる側にとって非常にお得な家賃のクレジットカード決済を導入したことによって、他の不動産会社も家賃のクレジットカード決済を導入せざるを得なくなりました。

ただ、一部の大手の不動産会社を経由した時しかクレジットカードを使うことはできません。

そこで次章では家賃のクレジットカード決済を導入している不動産会社を紹介します。

2. 家賃のクレジットカード払い対応の不動産会社

この章では家賃のクレジットカード決済を導入している会社を紹介していきます。基本的には前章で紹介した「いい部屋ネット」で知られる不動産大手の「大東建託」がおすすめです。

なぜなら、「大東建託」といえば、全国で80万戸以上の賃貸住宅を管理運営する業界ナンバーワンの会社なので好みの物件も見つけやすく、クレジとカード決済に対応している物件も多いからです。

「大東建託」のクレジットカード決済のできる物件が気になる方はこちらのページで物件を探すことができます。

2-1. 大東建託以外の家賃クレジットカード払い対応の不動産会社

先ほども述べたように現在では以下のように「大東建託以」外にも多くの大手不動産会社で家賃のクレジットカード決済ができるようになっています。

2-2. 初期費用のみクレジットカード払い対応の不動産会社

さらに家賃のクレジットカード決済はできなくとも、「エイブル・CHINTAI」では初期費用のみはクレジットカードで決済可能です。

2-3. 特定のクレジットカードならば決済可能な不動産会社

他にも以下のように特定のクレジットカードでならば決済可能な不動産会社もあります。

3. 家賃払いにおすすめのカード2 選

この章では家賃の支払いにおすすめのカードを紹介します。

家賃を支払うために新たにクレジットカードを作る必要はありませんが、もし家賃の支払い用にクレジットカードを作るのであれば『REXカードLite』をおすすめします。

9000枚のカードを調査しましたが、このカードは年会費無料にも関わらず、ポイント還元率が非常に高いカードなので家賃の支払いで最も効果的にポイントがもらえるカードです。

また、年間の家賃が50万円を超えるようであれば『REX CARD』が最もおすすめです。

3-1. 『REXカードLite』

REXカードLite』はポイント還元率1.25%、年会費永年無料のクレジットカードの中だと最も還元率の高いカードです。

リボ払い専用カードではないですが、リボ払い時にはポイント還元率1.75%になります。

年会費(税抜) 年会費無料
入会年齢 年齢18歳以上(除く高校生)で電話連絡可能な方

※未成年者が申込者の場合は、親権者の方の同意が必要となります。

ポイント還元率 1.25%

『REXカードLite』公式ページ:

http://www.jaccs.co.jp/service/card

※REXカードLiteの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3-2. 『REX CARD』

REX CARD』はポイント還元率1.5%、初年度年会費無料、次年度以降年会費2,700円かかりますが、年間50万円以上の利用で無料になるカードです。

カードの特徴は基本的に『REXカードLite』と同じですが、次年度以降年会費がかかり代わりにポイント還元率が高くなります。

しかし、この次年度以降の年会費も年間50万円以上のカード利用で年会費無料になります。家賃の支払いであれば年間50万円以上かかることが多いので、年間50万円以上利用する方は『REX CARD』が最もおすすめです。

年会費(税抜)
  • 初年度年会費無料
  • 次年度以降年会費2,700円(年間50万円以上の利用で無料)
入会年齢 年齢18歳以上(除く高校生)で電話連絡可能な方

※未成年者が申込者の場合は、親権者の方の同意が必要となります。

ポイント還元率 1.5%

『REX CARD』公式ページ:

http://www.jaccs.co.jp/service/card

※REX CARDの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

4. 家賃のクレジットカード払いにおける2つの注意事項

家賃のカード決済は非常にお得ですが、知っておかなければ注意事項が2つあります。

  • 支払い日と引き落とし日が違う
  • 入居時にしか支払い方法を選択できない

以上のことを知らなければ、余計に手数料を取られたり、クレジットカードによる家賃の支払いができなかったりする可能性があるので注意しましょう。

4-1. 支払い日と引き落とし日が違う

クレジットカードで家賃を支払うと、口座からの引き落とし日が翌月か翌々月になります。

そのため、分割払いやリボ払いにするといくら払ったかがわかりにくくなるので基本的には一括払いをおすすめします。

また、家賃は金額も大きいので分割払いやリボ払いにすることで手数料がかなりかかる可能性もあるので支払い方法は一括払いにしましょう。

4-2. 入居時にしか支払い方法を選択できない

家賃をクレジットカードで支払うためには入居時に選択しないとできません。

そのため、家賃のクレジットカード払いを考えている方は入居時に申し込むようにしましょう。

5. まとめ

以上がクレジットカードによる家賃の支払いについてです。

今では以下のように家賃の支払いをクレジットカードでできる不動産会社が増えてきました。

基本的には「いい部屋ネット」で知られる不動産大手の「大東建託」がおすすめです。

なぜなら、「大東建託」といえば、全国で80万戸以上の賃貸住宅を管理運営する業界ナンバーワンの会社なので好みの物件も見つけやすく、クレジとカード決済に対応している物件も多いからです。

また、家賃の支払いにおすすめのカードは以下の2枚です。

あなたが家賃のクレジットカード払いでスムーズかつお得に家賃の支払いができることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket