デビットカードの分割払いについての全知識とおすすめカード3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

デビットカードで分割払いができるのかどうか気になっていますね。

結論から言うと、デビットカードでは基本的に分割払いはできません。しかし、格安スマホの購入時などある一定の場合は分割払いが可能です。

この記事では大手金融会社3社で勤務した経験がある私がデビットカードの分割払いについて以下の流れで紹介していきます。

  1. デビットカードは分割できる?その仕組みの解説
  2. デビットカードで唯一分割払いができる格安スマホ
  3. 分割払いにおすすめのデビットカード3選
  4. 審査が柔軟なクレジットカード3選

この記事ではまずデビットカードの仕組みについて紹介し、その後デビットカードで唯一分割払いに対応している格安スマホについて紹介します。

また、基本的に分割払いをしたいのであればクレジットカードは必要不可欠です。この記事の最後で他のクレジットカードの審査に落ちてしまったような方でも審査に通ったとよく聞くカードを紹介していきます。

1. デビットカードは分割できる?その仕組みの解説

デビットカードとはクレジットカードと同様にVISA、JCBなどの支払い機能を兼ね備えたカードでネット決済やお店での決済が可能です。

しかし、クレジットカードとは違い、利用するとすぐに銀行口座から利用金額が引き落とされます。

クレジットカードのように立て替えてくれるサービスではないため、デビットカードでは基本的に分割払いは不可能です。

上記のようにクレジットカードとの大きな違いは決済のタイミングですが、そのほかにも以下のような違いがあります。

デビットカード クレジットカード
支払 即時決済 事後決済
発行会社 銀行 クレジットカード会社
回数 1回のみ 1回、分割、リボ
限度額 銀行口座残高 カードの種類や利用者によって変わる
年齢 15歳以上(中学生は除く) 18歳以上
審査 なし あり

デビットカードの特徴

デビットカードは利用するとその場で預金口座から引き落とされる即時決済なので審査なしでも作れるカードが多いです。

信用情報に関する審査がないので、もし口座内に現金がなければ決済することができません。

そのため、分割払いで決済した際は口座内に現金があったとしても、翌月以降に残りの分割の支払いの現金が口座内にない可能性もあるのでデビットカードでは分割払いができません。

クレジットカードの特徴

クレジットカードは事後決済なので、利用してすぐではなく翌月にまとめて口座から引き落とされます。そのため、一時的にお金を借りる状態になるので審査を要します。

しかし、こういった審査がきちんとあるので支払いを分割し、先延ばしにできる分割払いをすることができます。

上記のように基本的にデビットカードでは分割払いが不可能ですが、次章で説明する格安スマホの購入に関しては一部、分割払いができるカードもあります。

そのため、デビットカードによる格安スマホの分割払いが気になる方は次章を参考にしてください。

それ以外の方は「4. 審査が柔軟なクレジットカード3選にて、他社の審査で落ちてしまった方でも、作れたという声を聞くクレジットカードを紹介しているのでそちらを参考にしてください。

2. デビットカードで唯一分割払いができる格安スマホ

前章で述べた通り、デビットカードによる分割払いは基本的にはできないので大手携帯会社のスマホを分割購入するのは不可能ですが、一部のカードでのみ格安スマホを分割払いで購入できます。

ただし、本体価格を月々の支払いに組み込める分割払いに対応している格安スマホも限られており、その数は年々減っていっています。

格安スマホとは、docomo回線やau回線の一部の通信回線を借りてより安い料金で提供している通信回線を利用するスマホです。

この章では最近でもデビットカードで分割払いができたという格安スマホについて紹介していきます。

2-1. 分割払いのできる格安スマホ

UQ mobile(UQ モバイル)」はUQコミュニケーションズが提供する、「ネットも通話もコミコミ1,980円」というのがウリの格安スマホです。

出典:UQコミュニケーションズ

この格安スマホは直近、デビットカードでも分割払いでの契約ができたという報告を多数受けている格安スマホで、筆者もデビットカードによる契約に成功した格安スマホです。

他の多くの格安スマホも契約した報告などは聞きますが、この格安スマホが圧倒的に契約成功の声は多いので最もおすすめです。

格安スマホをデビットカードで分割購入することで携帯料金が銀行口座から引き落とされるようになります。

2-2. 分割払いのできるデビットカード

多くのデビットカードがありますが、携帯料金の支払いやネットサービスの月々の支払いなどの毎月料金が発生するコンテンツの支払いに利用できるデビットカードは限られています。

なぜなら、デビットカードは決済の際に預金口座から金額が引かれるので、うっかり口座にお金を入れ忘れていたりして発生したトラブルが多かったからです。

しかし、すべてのVISAデビットカードで月額支払ができないわけではなく、下記のようなVISAデビットカードで一部の携帯電話料金、公共料金、プロバイダー料金などの月額利用料金の支払いに使えます。

上記のデビットカードの中のおすすめやその詳細については次の章で紹介します。

2-3. デビットカードで分割払いをする際の注意事項

デビットカードで分割払いを行う際に気をつけておかなければいけないことが2つあります。

  • 店頭ではなくネットで購入しなければいけない
  • 常に口座の残高に引き落とし金額以上のお金を入れておかなければいけない

この2つを守らなければ、デビットカードが使えなくなったり、できるはずの分割購入ができなくなります。

店頭ではなくネットで購入しなければいけない

デビットカードで格安スマホを分割購入する際に、店舗ではなく公式ページから申し込むようにしましょう。

店舗で格安スマホをデビットカードで分割購入しようとした際にカードリーダーが認識しなくて利用できなかったという事例があります。

しかし、公式ページから申し込めば上記のようにデビットカードが利用できないということはないので

常に口座の残高に引き落とし金額以上のお金を入れておかなければいけない

基本的に即時決済がデビットカードの基本なので引き落とし時に口座にお金が不足しているとカードの利用が止まってしまいます。

止まってしまた場合、カードに必要金額を入金し、引き落とし手続きが完了し次第、カードが使えるようになります。

3. 分割払いにおすすめのデビットカード3選

この章では前章で紹介したデビットカードの中からおすすめのデビットカードを3枚紹介します。

デビットカードを選ぶ際に重視するポイントとして以下の2つが挙げられます。

  • ポイント還元率
  • 付帯保険

ポイント還元率

デビットカードのポイント還元率は0.2パーセント程度であることが多いです。ですが中には1.0%の高還元なデビットカードもあります。

付帯保険

デビットカードに主に付帯している保険は、第三者に不正利用された時に保証してもらえる保険商品の破損・盗難を補償してくれるショッピング保険の2通りがあります。

以上の点を踏まえておすすめできるデビットカードは以下の3枚です。

  • 『三菱東京UFJ-VISAデビットカード』
  • 『JNB VISAデビットカード』
  • 『楽天銀行デビットカード』

3-1. 『三菱東京UFJ-VISAデビットカード』

ポイント還元率 付帯保険
0.2%〜0.4% 不正利用補償・ショッピング利用保険付帯

三菱東京UFJ-VISAデビットカード』は三菱東京UFJ銀行が発行するVISAのデビットカードで中学生を除く15歳以上なら作れます。年会費は初年度無料です。次年度以降も23歳以下であれば無料(23歳以上でも年間10万円以上の利用で翌年度も無料)です。

また、基本ポイント還元率は0.2%〜0.4%で誕生日月にお得に使えたり、前年度の利用金額が多いほどお得に使えるようになります。そして、貯まったポイントは自動的にキャッシュバックされます。

格安スマホを分割購入できる数すくないデビットカードの中でも保険も不正利用補償・ショッピング利用保険付帯なので海外でも安心して使え、平均的に条件が良い最もおすすめのカードです。

『三菱東京UFJ-VISAデビットカード』公式ホームページ

http://www.bk.mufg.jp/

※『三菱東京UFJ-VISAデビットカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3-2. 『JNB VISAデビットカード』

ポイント還元率 付帯保険
0.2% 不正利用補償

JNB VISAデビットカード』はジャパンネット銀行が発行するVISAのデビットカードで日本在住で中学生を除く15歳以上の方なら作れます。年会費は無料です。

また、第三者に不正で利用された場合でも1口座あたり年間最高500万円まで補償してくれる第三者不正使用保険が無料でついています。

スマホの文勝ち払い以外にも月々払いにも対応しているので、月々払いをする予定の方はこのカードを申し込みましょう。

『JNB VISAデビットカード』公式ホームページ

https://login.japannetbank.co.jp/

※JNB VISAデビットカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3-3. 『楽天銀行デビットカード』

ポイント還元率 付帯保険
1.0% なし

楽天銀行デビットカード』は楽天銀行が発行するJCBの年会費無料のデビットカードです。発行条件が日本在住で中学生を除く16歳以上の方となっており、15歳以上でない点に注意しましょう。

国際ブランドがJCBなので利用可能な店舗が日本と東南アジアに限られてしまう点や、付帯保険がない点はデメリットですが、ポイント還元率が1.0%というのは他のデビットカードのポイント還元率が0.2%程度だと考えれば超高還元です。

格安スマホを分割購入できる数すくないデビットカードの中でもかなり高還元なカードなのでポイントをどんどん貯めたいと考えてる方におすすめです。

楽天銀行デビットカード』公式ホームページ

https://www.rakuten-bank.co.jp/card/debit/

※『楽天銀行デビットカード』の公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

4. 審査が柔軟なクレジットカード3選

この章では、きちんと分割払いに対応しているクレジットカードが欲しいという方のためにクレジットカードを3枚紹介します。

  • 『セディナカードJIYU!DA!』
  • 『楽天カード』
  • 『ACマスターカード』

また、上記のカードは様々なクレジットカードの審査に落ちてしまってデビットカードという選択肢しかないという方のために審査の柔軟なクレジットカードを紹介しています。

4-1. 『セディナカードJIYU!DA!』

セディナカードJiyu!da!』はセディナの発行する信販系カードで他社のの審査に落ちてしまった方でも審査に通ったという声をよく聞くカードです。

このカードの審査に通りやすい要因としてはIBISという審査システムを利用しており、「お金を返してもらえない可能性があっても利益が出ると判断できればカードを発行する」という審査基準を設けているからです。

また、リボ払い専用のカードなので、セディナも金利収入を得やすいです。そのため、数種類あるセディナカードの中でも最も審査に通りやすいです。さらに、現在、利用者を増やすためキャンペーンを行っています。この期間中は特に狙い目といえます。

※リボ払いとは月々の返済金額を自分で決めて、返済する支払い方法です。最低限支払わなければいけない金額はありますが、一回払いでも分割払いでも可能です。

年会費 無料
発行条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

未成年の方は親権者の同意が必要です。

基本還元率 0.5%

『セディナカードJIYU!DA!』公式ページ:

http://www.cedyna.co.jp/card/

※セディナカードJIYU!DA!の公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

4-2. 『楽天カード』

楽天カード』は日本で8秒に1枚作られているクレジットカードと言われるほどで他のカードの審査に落ちた方でも作れたという声をよく聞く、非常に作りやすい流通系のカードです

楽天カードが作りやすい理由としては、流通系のカードなので楽天で発行したカードを楽天で利用してもらい、楽天のサービスを利用してもらいつつ、金利収入も得ることができるからです。

そのため、楽天グループでで利用したくなるようなお得なサービスが多いです。例えば、普段はポイント還元率1%のところ、楽天市場では4%のポイント還元を受けられます。

年会費 無料
発行条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

未成年の方は親権者の同意が必要です。

基本還元率 1.0%

『楽天カード』公式ページ:

http://card.rakuten.co.jp/rakuten_card

※楽天カードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

4-3. 『ACマスターカード』

ACマスターカード』はアコムが発行する日本で唯一の消費者金融系のクレジットカードで、他の作りやすいと言われているカードの審査を一通り断られてしまった方でも審査に通ったという声をよく聞く、いわば最後の砦とも言えるカードです。

消費者金融系のカードなので安定した収入があり、カードを発行することで利益が生まれると判断されれば利用実績に多少の難があっても十分に審査に通る可能性があります。逆に無職の学生、専業主婦(主夫)など収入のない方は申し込むことすらできません。

即日発行に対応していて、審査にも通りやすいので本当にお金に困った時などに便利ですが、以下のようなデメリットがあるので申し込む際は注意しましょう。

  • ETC カードがない
  • ポイントが貯まらない
  • カードローンの延長線上としての見方が強い

『ACマスターカード』が気になる方は3秒診断で審査に通るかどうかの簡単な診断ができるので、こちらの『ACマスターカード3秒診断』をしてみましょう。

年会費 無料
発行条件 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
基本還元率 なし

ACマスターカード』公式ホームページ:

http://www.acom.co.jp/

※ACマスターカードカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

5. まとめ

以上がデビットカードの仕組みについて紹介し、その後デビットカードで唯一分割払いに対応している格安スマホについてでしたがいかがでしたか。

基本的にデビットカードは分割払いに対応していません。

しかし、「UQ mobile(UQ モバイル)」など一部の格安スマホの購入時のみ、一部のデビットカードで分割購入が可能です。分割購入に対応しているデビットカードは以下のカードです。

また、やはりきちんと分割払いに対応しているクレジットカードが欲しいという方のためにクレジットカードを3枚紹介します。

あなたがきちんと分割払いできることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket