デビットカードの3つの種類|種類別にわかるベストな1枚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

デビットカードの種類について知りたいと考えていますね。

デビットカードは大きく分けて3種類あります。基本的にクレジットカードと同じように使えると言われているデビットカードですが、デビットカードは種類によっては利用が制限されてしまうので注意しましょう。

そこでこの記事では大手金融会社3社で勤務した経験がある私がデビットカードを種類ごとに以下の流れで紹介していきます。

  1. 3種類のデビットカード徹底解説
  2. おすすめVISAデビットカード3選
  3. おすすめJCBデビットカード3選

この章を読むことでそれぞれどのような違いがあり、どのカードを選べば良いのかがきちんとわかります。

1. 3種類のデビットカード徹底解説

デビットカードとはクレジットカードと同様にVISA、Master Card、JCBなどの支払い機能を兼ね備えたカードで、ネット決済やお店での決済が可能です。

デビットカードは日本のいろんな銀行で作ることができます。しかし、ゆうちょや日本の銀行の多くで作れるデビットカードは「VISAデビットカード」や「JCBデビットカード」ではなく、「ジェイデビットカード」なのです。

「VISAデビットカード」、「JCBデビットカード」と「ジェイデビットカード」の違いは以下の通りです。

「VISAデビットカード」 クレジットカードと同様に海外(ほぼどこでも)やネットショッピングコンビニでも世界中のVISAのマークがあるお店で利用可能
「JCBデビットカード」 クレジットカードと同様に海外(東南アジアがほとんど)やネットショッピングコンビニでも世界中のJCBのマークがあるお店で利用可能
「ジェイデビットカード」 ジェイデビットのマークがある場所が少ないので海外やAmazonなどのネットショッピング、コンビニで利用することができない。

このようにせっかくデビットカードを作っても、「VISAデビットカード」や「JCBデビットカード」でなければ利用できる場所が限られてしまうのです。

この章ではデビットカードの種類ごとにそれぞれ特徴を紹介していきたいと思います。

1-1. 「ジェイデビットカード」

「ジェイデビットカード」と言うのは、特に申し込みなどをしないでも元から銀行のキャッシュカードにデビットカードの機能がついているものになります。

ゆうちょや三井住友銀行など多くの銀行で発行しているカードがこれにあたり、中には「VISAデビットカード」や「JCBデビットカード」を他に発行している銀行もあります。

以下のマークのあるお店でしか「ジェイデビットカード」は利用できません。

日本でも「ジェイデビットカード」が利用可能な店舗は非常に少なく、コンビニでも基本的に利用できないほか、海外やネット決済にも利用できません。

1-2. 「VISAデビットカード」

「VISAデビットカード」は海外(ほぼどこでも)やネットショッピングコンビニでも世界中の以下のVISAのマークがあるお店で利用可能です。

「JCBデビットカード」は日本国内でなければ利用できる場所が少なく、、「ジェイデビットカード」はそもそも日本でも利用が制限されてしまいます。

そのため、「VISAデビットカード」は海外でも自由に利用したい方におすすめです。

1-3. 「JCBデビットカード」

「JCBデビットカード」は以下のようなJCBマークのある約2,900万店舗(加盟店)で利用することができます。

JCB加盟店であれば、レジャー、エンターテインメント、病院、公共機関でも利用可能です。

また、海外に行った際などに「JCBプラザ」と呼ばれる世界60ヵ所に設置された海外サービス窓口を利用することができ、現地スタッフに予約や観光の問合せをすることもできます。

参考. デビットカード利用時の注意事項

VISA、JCBのデビット機能については利用する際に以下の点に注意しましょう。

支払方法を聞かれた場合は「デビット」と言うのではなく、「(クレジット)カード」で「1回払い」で支払うことをお伝えください。 

なぜなら、 VISA、JCBのカード利用時に「デビットで」と伝えて決済を指定した場合、「J-Debit」サービスと間違って認識され、利用できるはずの場所で利用できなくなってしまう可能性があります。

また、即時決済のためデビットカードには、分割払い方法はありません。「1回払い」以外の支払方法を選択した場合も「1回払い」扱いになります。

次章からは様々な場所で利用可能な「VISAデビットカード」「JCBデビットカード」のおすすめカードを紹介していきます。

2. おすすめVISAデビットカード3選

VISAのデビットカードは以下の23枚しかなく、ここではVISAデビットカードを以下の観点で比較し、最もお得なVISAデビットカードを紹介したいと思います。

  • 年会費
  • ポイント還元率
  • 付帯保険
  • 円換算手数料

デビットカードは海外で現地通貨を引き出すことができます。この手数料が安ければ安いほうが海外ではお得です。

円換算手数料ですが、VISAのデビットカードの場合必ず1.6%の手数料と普段のATM手数料がかかってしまい、そこからさらに表に記載してあるカードごとの円換算手数料が加算されます。

以下は全23枚のVISAの比較表になります。

-スマホの方はスクロールできます-

カード名 発行銀行 年会費 ポイント還元率 付帯保険

三菱東京UFJ-Visaデビット

三菱東京UFJ銀行 1,080円 0.2%~最高0.6%
  • ショッピング保険
  • 不正利用補償

SMBCデビット(Visa)

三井住友銀行 無料 0.25%
  • 海外ショッピング補償
  • 偽造や盗難補償

りそなVisaデビットカード

りそな銀行 540円 0.05%
  • 不正利用補償
  • 【JMBのみ】ショッピング保険

りそなVisaデビットカード(JMB)

りそな銀行 1,080円 マイル還元率0.5%
  • 不正利用補償
  • 【JMBのみ】ショッピング保険

Sony Bank Wallet(Visa)

ソニー銀行 無料  0.5%~最大2%
  • ショッピング保険
  • 不正利用補償

イオンデビットカード(Visa)

イオン銀行 無料  0.5%
  •  カード盗難保障無料付帯
  • 不正利用補償
  • イオン系列での優待多数
  • WAON機能

楽天銀行デビットカード(Visa)

楽天銀行  1,029円  0.2%
  •  不正利用補償
  • 盗難補償

楽天銀行デビットカードゴールド(Visa)

楽天銀行  3,086円  0.5%
  •  不正利用補償
  • 盗難補償

Visaデビット付きキャッシュカード

住信SBIネット銀行 無料  0.6%
  •  不正利用補償
  • 盗難補償

Visaデビット

ジャパンネット銀行 無料 0.25%
  •  不正利用補償
  • 第三者不正使用保険付帯

Visaデビット(ファミリーマート提携)

ジャパンネット銀行 無料 0.25%〜0.5%
  •  不正利用補償
  • 第三者不正使用保険付帯

リクルートポイント付きVisaデビットカード

スルガ銀行 リクルート支店  無料  0.8%
  •  不正利用補償
  • 盗難補償
  • お買い物安心サービス

Financial Pass Visaデビットカード(Visa)

スルガ銀行 ANA支店 無料  前年の利用額に応じて年1回

  • 100万円以上200万円以内:3000マイル
  • 200万円以上:8000マイル
  •  不正利用補償
  • 盗難補償
  • お買い物安心サービス
  • 旅行傷害保険

NCBデビット-Visa

西日本シティ銀行 1,080円 0.1%
  • 旅行傷害保険
  • ショッピングガード保険
  • 不正利用保障

りゅうぎんVisaデビットカード

琉球銀行 540円 0.2%
  • 旅行傷害保険
  • ショッピングガード保険
  • 不正利用保障

近畿大阪Visaデビットカード

近畿大阪銀行 540円 0.2% 不正利用補償

近畿大阪VisaデビットカードJMB

近畿大阪銀行 1,080円 マイル還元率0.5%
  • ショッピングガード保険
  • 不正利用保障

北國Visaデビットカード

北國銀行 無料 0.5% 不正利用補償

北國Visaデビットゴールドカード

北國銀行 5,400円 1.0%
  • 不正利用補償
  • お買い物安心保険
  • 海外旅行傷害保険

あおぞらキャッシュカード・プラス(Visa)

あおぞら銀行 無料 0.25%~
  • 旅行傷害保険
  • 不正利用補償

スルガのVisaデビット

スルガ銀行 無料
  • キャッシュバック0.2%
  • マイル還元率0.5%
  • 不正利用補償
  • お買い物安心保険

ほくぎんデビット-Visa

北陸銀行 1,080円 0.25%
  • 旅行傷害保険
  • 不正利用補償

JOYO CARD Debit(Visaデビット)

常陽銀行 1,080円 0.2%
  • ショッピングガード保険
  • 不正利用保障

以上がVISAの全デビットカード23枚の比較になります。基本的にはソニー銀行などのネットバンクが発行しているカードの条件が良いです。

しかし、デビットカードは口座に資金が入っていなければ利用できないので必然的に自分がよく使う銀行の口座になりがちです。

そのため、元々メガバンクや地方銀行の口座をメインバンクにしている場合はそちらのデビットカードを持つ方が便利かもしれません。

おすすめVISAデビットカード3選

比較の結果、以下の3枚のカードをお得なカードとして紹介します。

  • 『Sony Bank Wallet(Visa)』
  • 『Financial Pass Visaデビットカード(Visa)』
  • 『リクルートポイント付きVisaデビットカード』

この3枚はいずれも年会費無料で、ポイント還元率や付帯保険などが優れているカードです。

『Sony Bank Wallet(Visa)』

Sony Bank Wallet(Visa)』はソニー銀行が発行する以下のような特長を持つカードで、全23枚のVISAデビットカードの中で最もおすすめの1枚です。

  • 年会費:永年無料
  • ポイント還元率:預金残高や ソニー銀行との証券取引残高に応じて0.5〜2.0%がキャッシュバック
  • 付帯保険:ネットバンク発行のカードでは珍しくショッピング保険、不正利用補償がしっかりと付帯

さらに海外で現地通貨を引き出したい際など、他のデビットカードと比べて円換算手数料が非常に安くなっています。

そのため、全VISAデビットカードの中で最もおすすめのカードとなっています。

『Sony Bank Wallet(Visa)』公式ホームページ

http://moneykit.net/visitor/sbw/

※Sony Bank Wallet(Visa)の公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

『Financial Pass Visaデビットカード(Visa)』

Financial Pass Visaデビットカード(Visa)』はスルガ銀行 ANA支店が発行する年会費無料のVISAデビットカードです。

また、ANAのマイルが貯まる唯一のカードで、年間利用額に応じて年間最大8,000マイルがもらえます。

さらに以下のように充実した海外旅行保険も付帯しており、海外によくいく方におすすめです。

利用条件 自動付帯 持っているだけで補償が受けられます。
死亡・後遺障害 1,000万円
傷害治療 100万円
疾病治療 100万円
携行品損害 10万円 ※1旅行中限度額20万円、年間限度額20万円、免責(1事故)3,000円
賠償責任 1,000万円
救援者費用 150万円 1年間の限度額

上記のように年会費無料できちんとした海外旅行保険が付帯しているカードはクレジットカードでも数えるほどしかないので非常にお得です。

『Financial Pass Visaデビットカード(Visa)』公式ホームページ

https://www.ana.co.jp/amc/reference

※Financial Pass Visaデビットカード(Visa)の公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

『リクルートポイント付きVisaデビットカード』

リクルートポイント付きVisaデビットカード』は年会費無料のカードで、いつ使ってもポイント還元率が0.8%となっており、非常にお得です。

また、貯まるポイントはリクルートポイントですがこのカードはHOT PEPPERやじゃらんなどのリクルートサービスで利用することができます。

また、リクルートポイントはローソンなどで利用可能なPontaにも交換できるので非常に使いやすくてお得です。

『リクルートポイント付きVisaデビットカード』公式ホームページ

http://www.surugabank.co.jp/recruit/

※リクルートポイント付きVisaデビットカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3. おすすめJCBデビットカード3選

ここではJCBデビットカードを以下の観点で比較し、最もお得なカードを紹介したいと思います。

  • 年会費
  • ポイント還元率
  • 付帯保険

この章を読むことでどのJCBデビットカードが最もお得なのかがわかります。

ここでは全JCBデビットカード20枚を比較していきたいと思います。
-スマホの方はスクロールできます-

カード名 発行銀行 年会費 ポイント還元率 付帯保険

みずほJCBデビット

みずほ銀行 1,080円 0.2%
  • 旅行傷害保険(国内・海外
  • ショッピングガード保険
  • 不正利用補償

イオン銀行CASH+DEBIT(JCB)

イオン銀行  無料  0.5%
  • カード盗難保障無料付帯
  • 不正利用補償
  • イオン系列での優待多数

楽天銀行デビットカード(JCB)

楽天銀行  無料  1.0%
  •  不正利用補償
  • 盗難補償

セブン銀行デビット付きキャッシュカード(JCB)

セブン銀行  無料 0.5%~1.5%
  •  不正利用補償
  • 盗難補償
  • nanaco機能

ひめぎんJCBデビットカード

愛媛銀行 1,250円 0.1%
  • 旅行傷害保険
  • 不正利用補償

Debit +(JCB)

福岡銀行 1,350円 0.25%〜0.5%
  • 旅行傷害保険(国内・海外
  • ショッピングガード保険
  • 不正利用補償
  • 交通系ICカード付帯

Debit +ゴールド(JCB)

福岡銀行 10,800円 0.5%〜1.0%
  • 旅行傷害保険
  • ショッピングガード保険
  • 不正利用補償
  • 交通系ICカード付帯

NCBデビット-JCB

西日本シティ銀行 1,080円 0.25%
  • お買物安心保険
  • 不正利用補償

OKBデビット(JCB)

大垣共立銀行 1,080円 0.1%
  • 旅行傷害保険
  • 不正利用補償

ワイエムデビットJCB

山口銀行

北九州銀行

もみじ銀行

1,080円 0.1% 不正利用補償

ワイエムデビットJCB

山口銀行

北九州銀行

もみじ銀行

10,800円 0.1% 不正利用補償

東邦Alwaysデビットカード(JCB)

東邦銀行 1,350円 0.1%
  • 旅行傷害保険
  • 不正利用補償

東邦Alwaysデビットカード(JCB)

東邦銀行 10,800円 0.1%
  • 旅行傷害保険
  • 不正利用補償

ちばぎんスーパーカード(JCB)

千葉銀行 1,350円 0.1%
  • 旅行傷害保険
  • ショッピングガード保険
  • 不正利用保障

ちばぎんスーパーカード(JCB)

千葉銀行 10,800円 0.1%
  • 旅行傷害保険
  • ショッピングガード保険
  • 不正利用保障

北洋JCBデビット

北洋銀行 540円 0.1%
  • 旅行傷害保険
  • 不正利用補償

紀陽JCBデビットカード

紀陽銀行 1,080円 0.1% 不正利用補償

ほくぎんデビット-JCB

北陸銀行 1,080円 0.1% 不正利用補償

77JCBデビット

七十七銀行 1,352円 0.1% 不正利用補償

77JCBデビット

七十七銀行 10,800円 0.1% 不正利用補償

以上が全JCBデビットカード20枚の比較になります。基本的にJCBのデビットカードは地方銀行が発行しているものが多く、メガバンクやネット銀行が発行しているカードが少ないです。

しかし、デビットカードは口座に資金が入っていなければ利用できないので近くに銀行の店舗がある方は良いですが、それ以外の方は基本的にネット銀行のデビットカードをお勧めします。

また、ネット銀行のデビットカードの方がサービスなどの条件が良いものが多いです。

おすすめJCBデビットカード3選

上記のように比較をした結果、ネット銀行から発行されている以下の3枚がJCBのカードの中で最もお得に使えるカードと言えます。

  • 『楽天銀行デビットカード』
  • 『セブン銀行デビットカード』
  • 『イオン銀行CASH+DEBIT(JCB)』

ここで紹介しているカードは誰でも作ることができ、年会費も無料でポイント還元も優れたカードです。

『楽天銀行デビットカード』

楽天銀行デビットカード』は楽天銀行が発行する年会費無料のデビットカードです。発行条件が日本在住で中学生を除く16歳以上の方となっており、15歳以上でない点に注意しましょう。

このカードはポイント還元率が1.0%となっており他のデビットカードのポイント還元率が0.2%程度だと考えればかなりの高還元です。

そのため、JCBのデビットカードの中で最もおすすめの1枚です。

楽天銀行デビットカード』公式ホームページ

https://www.rakuten-bank.co.jp/card/debit/

※『楽天銀行デビットカード』の公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

『セブン銀行デビットカード』

セブン銀行デビットカード』はセブン銀行が発行する年会費、発行手数料が無料でポイント還元率が0.5%のカードです。

また、セブン&アイ・ホールディングスのお店での利用でポイント還元率が1.5%にもなるるカードです。

セブン-イレブンが至る所にあるのでカードを利用する機会が多く、ATMも多くあるのでお金の出し入れもし易いのでメインバンクとしても非常に優れています。

『セブン銀行デビットカード』公式ホームページ

https://www.netbk.co.jp

※セブン銀行デビットカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

『イオン銀行CASH+DEBIT(JCB)』

イオン銀行CASH+DEBIT(JCB)』はイオン銀行が発行する年会費と発行手数料が無料のポイント還元率0.5%のカードです。

このカードを持っているとイオン銀行の普通預金の金利が0.12%になったりイオンでの利用ではポイントが2倍もらえたり、イオンで割引サービスを受けられるなど非常にお得です。

また、ショッピング保険も付帯しているので、買った商品が破損しても、年間50万円(税込)まで補償してもらえます。

『イオン銀行CASH+DEBIT(JCB)』公式ホームページ

http://www.aeonbank.co.jp/debit/index.html

※イオン銀行CASH+DEBIT(JCB)の公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

4. まとめ

以上がデビットカードの種類ごとのまとめになります。

デビットカードには「VISAデビットカード」、「JCBデビットカード」と「ジェイデビットカード」の3種類があり、違いはそれぞれ以下の通りです。

「VISAデビットカード」 クレジットカードと同様に海外(ほぼどこでも)やネットショッピングコンビニでも世界中のVISAのマークがあるお店で利用可能
「JCBデビットカード」 クレジットカードと同様に海外(東南アジアがほとんど)やネットショッピングコンビニでも世界中のJCBのマークがあるお店で利用可能
「ジェイデビットカード」 ジェイデビットのマークがある場所が少ないので海外やAmazonなどのネットショッピング、コンビニで利用することができない。

このようにせっかくデビットカードを作っても、「VISAデビットカード」や「JCBデビットカード」でなければ利用できる場所が限られてしまうのです。

おすすめの「VISAデビットカード」「JCBデビットカード」はそれぞれ以下の通りです。

「VISAデビットカード」

「JCBデビットカード」

あなたがデビットカードの種類を理解し、自分に合ったデビットカードを作れることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket