光熱費をクレジットカードで世界一お得に払う方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

光熱費をクレジットカード払いにして節約したいと考えていますね。

私は光熱費だけでなく、他の公共料金もクレジットカードでまとめて支払うべきだと考えています。

なぜなら、それ以外の払い方を続けていると年5,000円以上損する可能性があるからです。

このページでは、有名大手カード会社を3社勤務した元社員でありクレジットカードマニアの私が、光熱費をクレジットカードで払う前に知っておくべき以下のポイントを紹介していきます。

  1. 光熱費をクレジットカード払いにすべき4つの理由
  2. 光熱費をお得に節約できるクレジットカードの選び方とおすすめ4枚

このページを読んで頂くことで、光熱費をクレジットカードで払うメリットだけでなく、お得に節約できるクレジットカードもわかります。

1. 光熱費をクレジットカード払いにすべき4つの理由

引っ越しなどで光熱費を含む公共料金の支払い方法を見直すときに、全部の支払いをまとめてクレジットカードで払いましょう。

他の支払い方法と比較すると、以下のように圧倒的にクレジットカードは優れています。

支払い方法 ポイント 支払いの手間 支払い日 将来のため
クレジットカード
口座振替 × ×
振込用紙 × × ×

以上の表からもお分かりいただけるように、次のような4つのメリットがあります。

  • 光熱費の支払いでポイントが貯まる
  • 一度支払いの手続きをするだけで毎月支払いに行かなくて済む
  • 他の光熱費と支払い日を同じにできる
  • クレジットカードの利用履歴を作れることで将来カード作成やローンに有利になる

1-1. ポイントが貯まる

光熱費を含む公共料金もほとんどのクレジットカードの支払いでポイントやマイルを貯めることができるため、還元率2%のカードで支払いをすると年間で約5,000円分以上お得になります。

人数 月の公共料金(目安) 還元率2%の時の1年あたりのポイント
1人暮らし 2万円 4,800円
2人暮らし 3万円 7,200円
3人暮らし 4万円 9,600円
4人暮らし 5万円 12,000円

「毎月光熱費を含む公共料金をそんなに払っていないよ」と思う方もいるかもしれません。

ですが、光熱費・携帯電話などの通信費・NHKの受信料などを計算してみると毎月意外と多くの公共料金を支払っていることに気づくのではないでしょうか。

下の表のようにクレジットカード払いをした方が毎年数千円お得になります。

支払い方法 ポイント
クレジットカード 数千円/年
口座振替 つかない
振込用紙 つかない

口座振替だと一部の公共料金は毎月数十円割引になりますが、ポイントや手間を考えると全てクレジットカードで支払ってしまう方がおすすめです。

1-2. 毎月支払いの手続きをしなくて済む

クレジットカード払いにすると原則1回電力会社・ガス会社・水道局などへ支払いの手続き設定をするだけで、毎月コンビニや郵便局などでの面倒な支払いに行かなくて済むのでラクになります。

今、あなたが毎月振り込み用紙で光熱費の支払いをしていると次のような危険性があります。

  • 振り込み用紙を無くしてしまう
  • 期日までに支払いをするのを忘れて延滞料金を払う

カード払いでは確実に光熱費が支払えるので安心できます。

カード払いでもこんな時は再登録の手続きが必要!

クレジットカードの更新・紛失・盗難・再発行時にカード情報の再登録が必要になり、その分の手間がかかります。

新しい番号などカード情報を更新しないと、未払いや延滞になってしまう可能性が高くなるので注意が必要です。

1-3. 他の光熱費と支払い日を同じにできる

電気料金・ガス代・水道代といった複数の光熱費をクレジットカードの引き落とし日にまとめて支払いができるので、支払い口座のお金の管理がラクにできるので便利です。

振り込み用紙や口座振替の場合、電力会社・ガス会社・水道局などの指定する日までに振り込みの手続きや引き落とし口座にお金を入れておかないといけません。

電気料金・ガス代・水道代などの光熱費の支払いもバラバラの日に請求が来ると手続きが面倒ですが、クレジットカードは月1回の確認で済みます。

1-4. クレジットカードの利用履歴を作れて個人の信用能力が上がる

クレジットカードを毎月一定金額利用して、きちんと返済を繰り返しているとクレジットヒストリー(支払い履歴)を作れて、個人の信用能力が上がります。

この信用能力が上がると、クレジットカード会社からゴールドカードやプラチナカードのような上級カードの招待(インビテーション)が届きやすくなり、さらにお得な条件でクレジットカードが使えるようになります。

クレジットヒストリーを良くするために、月十数円の口座振替割引の差を無視して光熱費をカード払いにした方が上級カードを作りやすくなるのでおすすめです。

また、銀行などで車や住宅ローンなどお金を借りる時にも信用度が高いと低い金利でお金を借りることができるなどメリットがあります。

電力会社のカード払い変更手続き

電気料金をクレジットカード払いへ変更するための手続きは下記のページからできます。

電力会社名 クレジットカード払い手続きページ

北海道電力

クレジットカード支払い
東北電力 クレジットカードによるお支払い
東京電力 クレジットカード支払い(新規・変更)のお申し込み手続き
中部電力 クレジットカードへのご変更
北陸電力 クレジットカードでのお支払い
関西電力 クレジットカードによるお支払い
中国電力 クレジットカードによるお支払い
四国電力 クレジットカードによるお支払い
九州電力

クレジットカードによるお支払い

沖縄電力 クレジットカードによるお支払

ガス会社のカード払い変更手続き

ガス代をクレジットカード払いへ変更するための手続きは下記のページからできます。

ガス会社名 クレジットカード払い手続きページ
北海道ガス クレジット決済申し込み書のご請求
仙台市ガス局 クレジットカードによるお支払い
北陸ガス 「クレジットカード払い申込書」のお取り寄せ
京葉ガス クレジットカード払い
東京ガス クレジットカード払いのお申し込み
東邦ガス クレジットカードによるお支払い
中部ガス クレジットカード払い
大阪ガス クレジットカードによるお支払い
広島ガス

クレジットカード払いによる方法

四国ガス クレジットカードによる方法
西部ガス

クレジットカードによるお支払い

その他に、対象地域が少ないですが「Yahoo!公金支払い」でもVISA/Mastercardのクレジットカードで支払いができます。

水道局のカード払い変更手続き

水道代をクレジットカード払いへ変更するための手続きは下記のページからできます。

水道局名 クレジットカード払い手続きページ

札幌市水道局

水道料金のお支払い
さいたま市水道局 Yahoo!公金支払い
東京都水道局 クレジットカードによるお支払い
川崎市水道局 Yahoo!公金支払い
横浜市水道局 クレジットカード払い
京都市水道局 クレジットカード継続払いのお申込について
大阪市水道局 「クレジットカード決済(継続払い)」
神戸市水道局 クレジットカード継続払い
福岡市水道局

クレジットカード継続払い

その他の地域でも「Yahoo!公金支払い」でクレジットカードで支払いができるので、あなたの使っている水道局が対象になっているかどうか確認してください。

上記のようなメリットがあるので、何か支払い方法を変更するときは、光熱費をまとめてクレジットカード払いにするとお得です。

そして、その時にクレジットカードも見直して高い還元率のカードで支払いをすると、もっとお得になります。

2. 光熱費をお得に節約できるクレジットカードの選び方とおすすめ4枚

クレジットカードは約9,000枚ありますが、光熱費をお得に節約できるクレジットカードを選ぶにあたって、以下のポイントを必ずチェックすることをおすすめします。

選ぶポイント なぜそのポイントが大事なのか
年会費無料、または年会費を無料にする条件が易しいか 還元率が高くても年会費がかかるとその分お得になりにくいから
還元率が高いか 0.5%還元率が違うだけでもらえるポイントや割引が年1,000円分以上変わるから
学生や専業主婦の人でも作れるか どんなに条件が良くてもカードが作れないと使えないから

筆者が特におすすめのクレジットカードで以上の3つのポイントを満たしているのは以下の4枚です。

  • 『エポスゴールドカード』:還元率が最も高く、全ての人におすすめ
  • 『リクルートカード』:作りやすく初心者におすすめ
  • 『P-oneカード Standard』:ポイントの仕組みが面倒な人におすすめ
  • 『楽天カード』:他社カードが作れない・自信のない人におすすめ

年会費がかかっても良く、光熱費以外の利用額も多いなら『JALカード』『ANAカード』など、マイルが貯まるカードだと還元率が2%を超えてさらにお得です。

TEPCOカード(旧東京電力Switch!カード)は条件改悪のためおすすめできない

東京電力を利用している人なら電気料金を始めとする公共料金の支払いがお得になる『東京電力Switch!カード』という良カードは4月より『TEPCOカード』へリニューアルされます。

しかし、一般カードは年会費無料制度がなくなり、その他公共料金のポイント優遇(一律2倍)がなくなるなど全体的に条件が悪化し、お得になりにくいためおすすめしません。

中部電力利用者はdカードでの支払いで還元率2%とお得!

中部電力はdポイントがさらにたまるdカード特約店の1つであるため、中部電力の電気料金を『dカード』で支払うと、100円につきdポイントが2ポイントたまるので大変お得です。

『エポスゴールドカード』

エポスゴールドカード

年会費

5

招待からの作成なら永年無料

還元率

5

光熱費なら1.5%にできる

作りやすさ

4.8

『エポスカード』なら学生や専業主婦でも発行されている

『エポスゴールドカード』は『エポスカード』を持って、1年間にカードを50万円以上利用すると年会費永年無料で発行されるゴールドカードです。

1回のカード利用金額200円(税込)ごとに1ポイントたまるので還元率は0.5%と平凡な数字ですが、300以上あるいろいろなショップから3つまで選べる「選べるポイントアップショップ」を登録すると還元率を1.5%に上げられます。

光熱費などの公共料金で対象となるショップは以下の通りで、各電力会社や多くのガス会社、一部の水道局やYahoo!公金支払いも含まれています。

出典:選べるポイントアップショップ登録

100万円まで利用するとボーナスポイント10,000ポイントが付くので、さらに還元率が+1%されるのもお得です。

年会費(税抜) 永年無料:『エポスカード』を利用していて招待が届いて作った場合

5,000円:自分で申し込みをした場合。年間50万円以上の利用で次の年から永年無料

申し込み資格 エポスゴールドカード:原則として20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方(学生をのぞく)、未成年の方はお申し込みいただけません。

エポスカード:満18歳以上の方(高校生の方を除く)

審査日数 平均5営業日
到着日数 平均8日
ポイント還元率 0.5%:通常利用

1.5%:電力会社・ガス会社・水道局を含む選べるポイントアップショップの利用(3つまで。変更可)

『エポスカード』公式ページ:

https://www.eposcard.co.jp/index.html

※エポスカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

『エポスゴールドカード』について、より詳しいメリット(特典詳細など)を知りたい人は「世界一わかりやすい『エポスゴールドカード』解説」を参照してください。

『リクルートカード』

年会費

5

永年無料

還元率

4.4

1.2%と高め

作りやすさ

4.2

学生や専業主婦でも発行されている

リクルートカード』は人材紹介サービス最大手のリクルートがJCBや三菱UFJニコスと提携して発行しているクレジットカードです。

年会費が永年無料で使えて、じゃらんやホットペッパーといったリクルートのグループ企業の利用で最大4.2%の還元率となり、通常利用でも毎月の利用金額合計の1.2%に対して少数点第1位以下を切り捨てたポイントが付きます。

支払った金額に対してポイントの取りこぼしが少ないだけでなく、最初から高い還元率でポイントが付き、使い道もリクルートサービスの他にPontaポイントに交換できるので普段の生活でもお得になる1枚です。

年会費 無料
申し込み資格 18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方
審査日数 平均3営業日
到着日数 平均9日
ポイント還元率 1.2%:通常利用時

3.2%:じゃらんでの宿泊予約

4.2%:ポンパレモールでの買い物

『リクルートカード』公式ページ:

http://recruit-card.jp

※リクルートカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

『リクルートカード』について、より詳しいメリット(特典詳細など)を知りたい人は「公式サイトが教えてくれない『リクルートカード』情報」を参照してください。

『P-oneカード Standard』

年会費

5

初年度から一切不要

還元率

4

請求時1%割引

作りやすさ

4.3

学生、自営業にも発行されている

P-oneカード Standard』はコンビニのファミリーマートでの利用がお得になる『ファミマTカード』やレンタルショップTSUTAYA最強カードの『Tカード プラス』を発行しているポケットカードから出ているクレジットカードです。

無条件で年会費がずっと無料で使えるだけでなく、他のクレジットカードと異なりカード請求時に自動で1%OFFとなる特長があります。

ポイントの有効期限や交換先を気にせずに、光熱費などの公共料金でも、なんでも1%OFFになるので、クレジットカードのポイントの仕組みが面倒な人におすすめです。

年会費 無料
申し込み資格 18歳以上の方(高校生の方は除く)で、ご自宅に電話連絡可能で、なおかつ安定した収入のある方、またはその配偶者
審査日数 平均10営業日
到着日数 平均13日
還元率 1%:請求時に割引

『P-oneカード Standard』公式ページ:

http://www.pocketcard.co.jp/card/card_pone_s.html

※P-oneカード Standardの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

『楽天カード』

年会費

5

永年無料

還元率

4

1%と高い

作りやすさ

5

学生や専業主婦でも発行されている

楽天カード』は日本を代表するインターネットショッピングサイト楽天のグループ企業が出しているクレジットカードです。

年会費が永年無料で使えて、楽天グループの利用で最大4%の高還元率になり、街中のショッピングでも楽天ポイントカード加盟店で最大3%の還元率になります。

また、他社でクレジットカードの発行が断られた人でも『楽天カード』なら作れたという口コミを多く見かける審査の易しい作りやすい1枚です。

年会費 無料
申し込み資格 18歳以上の方
審査日数 平均2営業日
到着日数 平均8日
ポイント還元率 1%:通常利用時

2~3%:楽天ポイントカード加盟店での利用

4%:楽天市場/楽天ブックスでの利用

『楽天カード』公式ページ:

http://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-card/

※楽天カードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

3. まとめ

光熱費を含む公共料金をクレジットカードで支払いした方がお得な理由をご紹介してきましたがいかがでしたか。

還元率の高いクレジットカードでまとめて支払うだけで、ずっと毎年数千円のポイントや割引があるため、かなりお得になることがご理解いただけたかと思います。

光熱費を含む公共料金を支払うのにおすすめなのは上記4枚のクレジットカードです。

この記事でご紹介してきた内容を参考にして、光熱費の負担を1円でも減らせることを祈ってます。

(※当サイトへの掲載情報は、できる限り正確であるように精査の上細心の注意を払って作成しておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に対して生じたあらゆる損害等について一切補償は致しません。極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket