仮想通貨DASHの投資価値は?おすすめの取引所や特徴を徹底解析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「仮想通貨DASHってどんな通貨なの?」「仮想通貨DASHって今後上がるの?下がるの?」と考えていませんか。

まず、4月1日現在34,000円程度のDASHですがDASHの2018年末の予想価格は300,000円以上と言われているのでこの通貨は「買い」と言えます。これはDASHの性能や特徴、今後起こり得るイベントなどから推測されています。

この記事では以前に証券会社のトレーダーとして勤務しており、仮想通貨投資を始めて2年以上経つ私がDASHの特徴や性能、どうして価格ががるのかなどについて以下の流れで紹介したいと思います。

  1. 1分でわかる!DASHってどんな通貨?
  2. 2018年にDASHが上がる理由
  3. DASHで最もおすすめの取引所

この記事を読むことで仮想通貨DASHについての全てがわかります。また、仮想通貨の紹介サイトは専門用語が多く、わかりにくいことも多いですが、この記事では誰がみてもわかりやすいように解説をしています。

仮想通貨の投資状況は目まぐるしく変わります。この記事もなるべく最新の投資状況を紹介できるように更新していきます。

また、他サイトの内容を参考にする際もきちんと最新の内容のものか確認するようにしましょう。

1. 1分でわかる!DASHってどんな通貨?

まずは簡単にDASHとはどんな通貨なのかを紹介したいと思います。

以下は直近までのDASHのチャートになります。

出典:みんなの仮想通貨

昨年末から今年の年初にかけて仮想通貨全体の相場が盛り上がっていたのと同時に最高18万円以上まで上昇した銘柄で、4月1日現在は34,000円付近で推移しています。

また、4月1日現在34,000円程度の通貨ですが2018年末までには9倍の300,000円まで上昇するのではと言われています。

上記の価格はあくまで予想ですが、他の通貨と比較しても優れた性能を持っており、上昇が期待されているのでこの通貨は「買い」という判断が下せます。

今年、DASHがここまで上昇すると予想される理由に関しては「2章. 2018年にDASHが上がる2つの理由」にて紹介していきます。

DASHの通貨の内容に関しては以下で詳しく紹介していきます。

1-1. DASHってどんな通貨なの?

「DASH」は他の通貨と比較して主に以下のような優れた特徴を持つ通貨です。

  • Coinjoin(コインジョイン)による匿名性の取引
  • InstantXによる高速取引が可能
  • 「X11」による高いセキュリティ

以下ではそれぞれ解説していきます。

Coinjoin(コインジョイン)による匿名性の取引

上記の中でも特に注目されているのが匿名性の取引です。通常、ビットコインなどでは誰が誰に送金したかというのが公開されており、誰でも見ることができてしまいます。しかし、「DASH」ではそれがわからないようになっています。

この匿名性の取引を可能としているのが「Coinjoin(コインジョイン)」と呼ばれる資金プールのような存在のおかげです。

以下のようにDASHではコインを送金する際に、送金者から一旦「Coinjoin(コインジョイン)」に資金が送られ、そのあとに「Coinjoin(コインジョイン)」から相手に送金されるので誰が誰に送金したかがわからなくなっています。

しかし、匿名性が高いということはマネーロンダリングなどの犯罪に利用される可能性も高いということです。

匿名性の高い通貨の懸念点として、犯罪などのリスクがあるので国家が規制する可能性があるというのが挙げられますが、実際はきちんと通貨の動きを把握する方法もあると言われており、国家が「DASH」を規制すると言った可能性も低いと言えます。

いずれにせよ、匿名性の取引の需要がなくなることはないと言えます。

InstantSendによる高速取引が可能

「DASH」ではビットコインなどと比較して非常に速い送金が可能となっています。ビットコインの送金が10分以上かかるところ、DASHではそれが4秒で可能となっています。

さらに、絶対に資金を早く送りたい場合は、送金時にInstantSendとを選択することで1.3秒ほどでの送金も可能です。

InstantSendでは通常の取引承認方法と異なった方法で取引が承認されるのでさらに早い送金が可能となっています。

取引の承認って何?

仮想通貨とは国や銀行の管理に頼らない通貨です。そのため、国際送金などでも非常に安価で行うことができます。

しかし、ここで疑問に思うのが、国家や銀行が管理していないのであれば、簡単に不正が起きてしまうのでは?ということですが、仮想通貨ではそれが起きない仕組みが確立されています。

仮想通貨では、インターネットに接続可能な方ならば誰でも取引がきちんとされているかどうかの確認作業を行うことができ、その報酬として通貨をもらっています。

この確認作業を行うパソコンのことをノードというのですが、「DASH」ではこのノードを以下のように分けています。

  • 通常送金時…通常のノード:一般的な処理速度のパソコンを利用している
  • InstantSend時…マスターノード:スーパーコンピューターなど非常に高い性能のパソコンを利用しており、24時間稼働し続けている

通常のノードは家庭用のパソコンなどでも問題ありませんが、マスターノードでは以下のように非常に性能の高いスーパーコンピューターを利用しなければいけません。

このため、簡単な取引は通常のノードが処理を行い、取引の処理に時間がかかりそうなものについてはマスターノードが行うことによって、ビットコインなどでは不可能な取引速度が実現しています。

マスターノードを使って処理するためには1000DASH(3,400万円)以上を保有してなければいけない、など非常に条件が厳しいですが、「Instant X」の運用を支える対価として、手数料の45%が報酬としてもらえます。

InstantXの実用例

そしてこの取引速度の速さから、「DASH」を使った自販機なども登場しています。

実際に「DASH」のサービスは以下のように世界中で利用され始めています。

出展:Zee Maps

実際にアップルではApple storeから「DASH」のウォレットをダウンロードできるので、これは「DASH」がAppleに認められた通貨ということを指します。

さらに昨年、Amazonでは「DASH」による購入で20%オフなどのセールが行われていました。

このように実用化されているということは需要のある通貨として、今後多くの方に買われていく可能性が高いと言えます。

「X11」による高いセキュリティ

「DASH」では「X11」と呼ばれる仕組みを採用しており、暗号化方式で11種類のハッシュ関数を組み合わせており、セキュリティが非常に高くなっています。

上記のように取引時の暗号が非常に複雑なので不正などが起きにくいとされています。

1-2. DASHの時価総額はどれくらい?

DASHの時価総額は現在2,200億円(2018年4月現在)ほどで、この額は全仮想通貨の中で15位になっています。

参考までに仮想通貨の時価総額ランキング1位のビットコインの時価総額は13兆円です。

このことから考えると、DASHの時価総額はまだ大きくはなく、価格は上にも下にも大きく動く可能性があると言えます。

そのため、DASHはこれからの多少のリスクはあるもののこれから大きな上昇を狙いたいという方におすすめの通貨です。

通貨の時価総額って?

時価総額とは今現在その通貨全体の価値はいくらあるのかと言う指標です。

時価総額は基本的に以下の計算式で求めることが可能です。

「コインの発行枚数」×「コインの価格」=「コインの時価総額」

このため、単純計算をすると、例えば時価総額1兆円の銘柄の価格が2倍になるためには新たに1兆円の資金が投資される必要があります。

しかし、時価総額1億円の銘柄が2倍になるためには新たに必要な投資される資金は1億円で済みます。

つまり、時価総額の高い銘柄はすでに多くの資金が投資されている、多くの方が注目している銘柄とも言えます。

また、時価総額の大きい銘柄は多くの投資資金が流入しなければ通貨の価格を上げることができませんが、時価総額の低い銘柄は少ない投資金額でも通貨の価格が上がりやすいと言うことです。

そして、その逆も言えます。時価総額の大きい銘柄は多くの投資資金が流出しなければ通貨の価格が下がりませんが、時価総額の低い銘柄は少ない投資金額が流出するだけでも通貨の価格が下がると言うことです。

1-3. DASHはどこで買えるの?

ここまでの紹介で仮想通貨DASHに興味を持ち、通貨の購入を考えている方は以下の取引所「Binance」が最もおすすめです。

「Binance」はは他の海外の取引所と比較して取引手数料も0.1%と安く、扱っている通貨数も非常に多いので国外で最もおすすめの取引所です。

「DASH」でおすすめの取引所

「Binance」:https://launchpad.binance.com/login.html

DASHを取り扱っている取引所に関しては「3章. NEMで最もおすすめの取引所」にて詳しく紹介していますが、基本的には「Binance」が最もおすすめです。

DASHを取り扱っている国内の取引所はコインチェックしかなく、現在取引ができない状況なので国外の取引所を利用する必要があります。

国外の取引所を利用する場合はまず国内の取引所でビットコインを購入し、それを国外の取引所に送金する必要があります。国内の取引所では「bitFlyer」がセキュリティも高く、ビットコイン取引量が最も多いのでおすすめです。

国内でおすすめの取引所

「bitFlyer(ビットフライヤー)」:https://bitflyer.jp/ja/

2. 2018年にDASHが上がる理由

前章にて2018年にDASHは300,000円まで上昇すると予想価格を出しましたが、この章ではその理由を紹介していきたいと思います。

「DASH」がきちんと上がると考えられているのはビットコインなどに対して、「秘匿性」「送金速度」などできちんと優位性があるからです。

現在は仮想通貨市場が全体的に低調な動きをしていますが、仮想通貨市場に対してプラスなニュースなどが出て、相場全体に勢いが戻って来れば、他の通貨よりも優先して資金が流れ込むことが予想できます。

今年の仮想通貨市場は最終的には上がると予想しています。詳細が気になる方は「2018年の仮想通貨はどうなるの?30銘柄から選ぶおすすめ通貨14選」にて、今年の相場を詳しく紹介しているので参考にして下さい。

参考:人工知能ウェブボットの予想

「DASH」はウェブボットと呼ばれる人の「感情」をベースに分析し、仮想通貨の予想データを出している人工知能AIが今年度上がる通貨として選定しています。

その理由は以下の2つです。

  • 8月〜9月に政府の政策に関連して高騰
  • 2018年のアップデートが「DASH」を大きく上昇させる要因となる

これらはあくまで人工知能の予測なので絶対に当たるとは言えませんが、「DASH」は非常に性能の高い通貨として、一時期は時価総額3位まで上がっていました。

しかし、それが現在の仮想通貨相場が低調になっている煽りを受けて下がってしまっています。

ただ、今後仮想通貨市場に勢いが戻れば、2018年に300,000円まで上昇するのは十分可能です。

3. DASHで最もおすすめの取引所

DASHは先ほども紹介しましたが、DASHを取り扱っている国内の取引所はコインチェックしかなく、現在取引ができない状況なので国外の取引所を利用する必要があります。

国外の取引所を利用する際には「Binance」が最もおすすめです。「Binance」は他の海外の取引所と比較して取引手数料も0.1%と安く、扱っている通貨数も非常に多いので国外で最もおすすめの取引所です。

国外の取引所を利用する場合はまず国内の取引所でビットコインを購入し、それを国外の取引所に送金する必要があります。

国内の取引所では「bitFlyer」がセキュリティも高く、ビットコイン取引量が最も多いのでおすすめです。

「bitFlyer(ビットフライヤー)」:国内最大ユーザー数で最大手

bitFlyer(ビットフライヤー)」は全取引所の中で最もおすすめの取引所です。最大のポイントはセキュリティに優れており、盗難などにあっても最大500万円までの補償をしてくれる点です。

また、以下のように普段の買い物や旅行の予約、クレジットカードの発行などで、無料でビットコインを手にいれることができるサービスがあります。

  • じゃらん:宿泊価格の3%相当
  • ZOZO TOWN:商品価格の0.6%相当
  • ピザハット:商品価格の2%相当
  • etc…

また、ビットコイン以外に取り扱っている通貨もビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、モナコイン、リスクなどがあり、仮想通貨投資初級者から上級者までおすすめの取引所です。

「bitFlyer(ビットフライヤー)」

公式ページ:https://bitflyer.jp/ja/

4. まとめ

以上が仮想通貨DASHについて紹介してきましたがいかがでしたか。

DASHは4月1日現在34,000円程度の通貨ですが2018年には9倍の300,000円まで上昇するのではと言われています。

これはDASHの性能や特徴、年内に起こるイベントなどから推測されています。

DASHってどんな通貨なの?

DASHは他の通貨と比較しても非常に高い性能を持った通貨です。また、以下のように様々な機能を持った通貨です。

  • Coinjoin(コインジョイン)による匿名性の取引
  • InstantXによる高速取引が可能
  • 「X11」による高いセキュリティ

2018年にDASHが上がる2つの理由

DASHが2018年に上がると言われている理由は以下の2つです。

  • 8月〜9月に政府が絡んで高騰する可能性
  • 2018年のアップデートが「DASH」を大きく上昇させる要因となる

DASHはどこで買えるの?

DASHの購入で唯一おすすめできる取引所はBinanceです。

ただし、「Binance」は国外の取引所なので。国内の取引所からビットコインを送金する必要があります。国内の取引所では「bitFlyer(ビットフライヤー)」が最もおすすめです。

あなたがNEMの購入で資産が増やせるのを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket