世界一わかりやすい『ヤングゴールドカード』比較|あなたにベストな一枚が選べる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ヤング ゴールドカード アイキャッチ

ヤングゴールドカードを作りたいと考えているけど、どれが一番良いのか分からなくて困っていませんか。

現在ヤングゴールドカードと呼ばれる20代の人限定でしか作れないゴールドカードは3種類あります。

しかし、次の項目がそれぞれ違っています。

  • 申し込み資格、審査難易度、年会費
  • ポイントの付き方
  • 保険
  • 空港ラウンジ
  • 特典・優待内容

そのため、よく考えずにカードを作ってしまうと「お試しのつもりで作ったカードだったので解約しようと思ったらカードの発行手数料を請求されて損をしてしまった…」など後悔してしまうこともあります。

このページでは、有名大手カード会社を3社勤務した元社員でありクレジットカードマニアの私が、ヤングゴールドカードをどのように選ぶべきなのか判断するために必要な情報を、以下の流れで全てご紹介します。

  1. 全ヤングゴールドカード紹介
  2. ヤングゴールドカードの5つの違いの比較
  3. 20代限定航空カードはヤングゴールド級に使える?
  4. 使い方別おすすめヤングゴールドカード

本当はヤングゴールドカードではありませんが、JALとANAで出している20代限定のしか作れない航空カードもとても便利でお得なサービスがあるので、マイルを貯めたい人にも参考になるでしょう。

最後まで読んでいただければ契約後に後悔することなく、あなたが本当に選ぶべきヤングゴールドカードがわかるでしょう。

1. 全ヤングゴールドカード紹介

この章では、現在発行されている全ヤングゴールドカードをご紹介していきます。

ですが、既にご存知の人も多いでしょうが改めて「ヤングゴールドカード」とは何かを先にご説明します。

なぜなら、他のサイトで「ヤングゴールドカード」と「格安ゴールドカード」を混ぜて紹介しているところが非常に多く、ヤングゴールドカードを作りたい人が間違った知識を持ってしまったり混乱しないようにするためです。

1-1. ヤングゴールドカードとは

ヤングゴールドカードとは、20歳〜29歳の若い人限定でしか作れないゴールドカードを意味します。

最近は格安ゴールドカードの数が増えてきているため、他のサイトではこれらを混ぜて紹介しているところも多く見かけますが、正確には上で述べた20代の人しか作れないゴールドカードのことです。

ヤングゴールドカードと格安ゴールドカードの違い

「年齢が若くても持てて、年会費が安いのなら一緒じゃないの」と思う人もいるでしょう。

しかし、次のような違いがあります。

ヤングゴールドカード 格安ゴールドカード
申し込み年齢 20歳〜29歳以下(30歳未満) 指定年齢以上なら誰でも
カードの更新 30歳を過ぎるまで使える

または最初の1回しか持てない

ずっと同じカードを使い続けられる
ゴールドカードの発行 原則自動的に必ず行われる 招待があればできる(格上のゴールドカードが存在しないことも)
空港ラウンジ 国内のほぼ全て空港が無料。海外空港が無料で使えるものも 無料で使えないカードが多い
保険金額・条件 金額が高く家族も対象になるなど良い ほとんど付かなかったり金額が低いことが多い

1番の違いは申し込み年齢が20代に限定されていることです。

後ほど詳しくご説明しますが、あなたのような今は若くても未来の優良顧客を獲得するためにカード会社がヤングゴールドカードを発行しているため、基本的に格安ゴールド以上に特典や優待の内容が良くなっています。

具体的には上記でご紹介したように、空港ラウンジが普通のゴールドカードと同じように無料で使えたり、保険の条件が格安ゴールドカードよりも良いことがほとんどです。

そのため、ヤングゴールドカードは最初の1回か30歳を過ぎた更新時には必ずそのカード会社の出しているゴールドカードが発行されることがほとんどです。

原則ゴールドカードが発行されますが、全く無審査で発行される訳ではありません。利用履歴や支払い履歴(遅れや滞納がないか)などカード会社が確認して発行しています。稀に一般カードが発行されたり、新しいカードをもらえないこともあります。

格安ゴールドカードは20代限定ではなく年齢が高くなっても使い続けることができます。

ただ、格安ゴールドカードの中には『楽天ゴールドカード』や『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』のような良いカードもあります。

なぜカード会社はヤングゴールドカードの条件を良くできるのか

ヤングゴールドカードの申し込み対象は安定収入のある20代となっているため、事実上新社会人や勤務年数が少ない若い人を対象にしています。

今はカードの利用金額も少ないですが、クレジットカード会社は将来優良な顧客になってくれそうな若者に良い条件でクレジットカードを使ってもらうことで自社の印象を良くして長く使ってもらいたいと考えています。

良い条件で使えることを知っていると若い利用者はカード会社に愛着や親しみを感じてその後長くカードを使い続けてくれ、それがカード会社の収益につながります。

そのための先行投資や広告戦略の一環としての側面もあるため、安い年会費でヤングゴールドカードは良いサービスや優待を利用することができるのです。

1-2. 全ヤングゴールドカード3枚

現在発行されているヤングゴールドカードは3枚しかありません。

『三井住友VISAプライムゴールドカード』

ヤングゴールドカード 三井住友VISAプライムゴールドカード

TVCM、雑誌・街中での広告など抜群の知名度がある「三井住友カード」が発行するヤングゴールドカードです。

三井住友銀行系グループ会社であるため社会的信用度はとても高く、カード会社としての歴史の長さも安心感につながっています。

そのため、ヤングゴールドカードであってもそのステータスの高さはほとんど失われることはありません。これまで三井住友カードを利用していた方がより簡単に発行されますが、新社会人であれば審査は比較的易しいです。

30歳を過ぎる有効期限まで持ち続けることができ、ヤングゴールドカードの中で最安値の年会費負担と1番良い条件の保険が付くのが特長です。

年会費(税抜) 下記のリンクからの申し込みで初年度無料。2年目以降5,000〜1,500円(ヤングゴールドカード最安値) ポイント還元率 0.5%
入会年齢

満20歳以上30歳未満

保険条件 原則持っているだけで適用され、ヤングゴールドの中で最高の条件(一部カードでの支払いが必要)
審査日数 平均9営業日、最短当日 空港ラウンジ 国内28空港・39ラウンジ
到着日数 平均11日、最短約1週間 特典・優待
  • 電子マネーなど追加カードが豊富
  • relux(リラックス)3,000円割引

(ゴールドカードに更新時特典)

  • 「継続サンクスポイント」プレゼント
  • 「プレミアムグルメクーポン」プレゼント

JCB GOLD EXTAGE

jcb-gold-extage

jcb-gold-extage-disney

5つあるクレジットカードの国際ブランドでただ1つ日本ブランドが直接発行しているヤングゴールドカードです。

JCBのブランドが付いている提携カードと異なるのでヤングゴールドカードでも高いステータスがあります。ただヤングゴールドカードなので新社会人に対しては比較的審査が易しいのは同じです。

優待や特典はポイントボーナスに特化しており、ヤングゴールドカードの中では最もポイントが良くたまりやすいです。

ただ、5年間しか持てず初回更新時に審査のうえ自動的に『JCBゴールド』へ切り替えとなってしまうことや、途中で解約をすると2,000円(税抜)の手数料が発生するので注意が必要です。

年会費(税抜) 下記のリンクからの申し込みで初年度無料。2年目以降3,000円) ポイント還元率 0.5%

JCB海外加盟店でカードを利用する:1%

入会後3ヵ月間:1.5%

入会後4ヵ月目以降:0.75%

次年度以降は前年ショッピングご利用合計金額20万円(税込)以上の場合:0.75%

入会年齢

20歳以上29歳以下

保険条件 カードで旅費を支払わないと適用されない
審査日数 平均3営業日 空港ラウンジ

国内28空港・43ラウンジ

ハワイ・ホノルル空港、中国28空港のラウンジ(2017年3月31日までの期間限定)

到着日数 平均9日 特典・優待

・JCB ORIGINAL SERIESパートナーポイント優待店でポイントが多く貯まったり割引を受けられる

・Oki Dokiランド参加店でポイント3倍以上

『UCカード ヤングゴールド』

UCカード ヤングゴールド

「UCカード」は1969年に当時の銀行(現:みずほ銀行を含む)がいくつか設立に関わっていて、共同体を意味する「ユニオン」のカードとして歴史のあるカードです。

クレジットカードを発行している会社の中では社会的信用が最も高い銀行系であるため、ヤングゴールドカードであってもそのステータスの高さは『三井住友VISAプライムゴールドカード』とほぼ同じです。

新社会人であれば審査は比較的易しく、人気のホテル・レストランなどでご利用いただける、UCゴールドカード会員様限定の「特別ご優待プラン」やUCゴールド会員優先チケット予約など豊富なゴールドカードサービスを利用できます。

30歳を過ぎる有効期限まで持ち続けることができ、保険や空港ラウンジ、特典・優待サービスのバランスがヤングゴールドカードの中で最も良いです。

年会費(税抜) 3,000円 ポイント還元率 0.5%
入会年齢 満20歳以上30歳未満 保険条件 持っているだけで適用されオンライン・プロテクションが付く
審査日数 平均5営業日 空港ラウンジ 国内27空港・38ラウンジ

海外2空港(ハワイ・韓国)・3ラウンジ

到着日数 平均12日 特典・優待
  • 人気のホテル・レストランなどでご利用いただける、UCゴールドカード会員様限定の「特別ご優待プラン」
  • ゴールドライン東京
  • UCゴールド会員優先チケット予約
  • 国内・海外のパッケージツアーが最大8%OFFで利用

2. ヤングゴールドカードの5つの違いの比較

1章でご紹介したように、現在発行されているヤングゴールドカードは次の3枚しかありません。

  • 『三井住友VISAプライムゴールドカード
  • 『JCB GOLD EXTAGE
  • 『UCカード ヤングゴールド

この章では下記の5つの項目で違いを比較します。

  • 申し込み資格・審査難易度・年会費
  • ポイント
  • 保険
  • 空港ラウンジ
  • 特典内容

2-1. 申し込み資格・審査難易度・年会費

まずは申し込み資格と審査の難易度、年会費を比べます。

カード名

『三井住友VISAプライムゴールドカード』

『JCB GOLD EXTAGE』

『UCカード ヤングゴールド』

申し込み資格 本会員 満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方

満30歳になった後、最初のカード更新時よりゴールドカードにランクアップします。

※ゴールドカードへ更新時に特典あり

20歳以上29歳以下(学生除く)

ご本人に安定継続収入のある方

※ゴールドカード独自の審査基準により発行します。

初回更新時(5年後)、審査のうえ自動的にJCBゴールド(ORIGINAL SERIES)へ切り替えとなります。

原則として満20歳以上、30歳未満のお勤めの方

会員の年齢が満30歳となる誕生月以降最初に到来するカード更新月にUCゴールドカード会員に切り替わる

家族会員 生計を共にする配偶者、満18歳以上のお子さま(高校生を除く)、ご両親 本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方 本人会員と生計を同一にする配偶者
審査難易度

新社会人で正社員であれば比較的易しい

年会費(税抜) 本会員 初年度

無料

無料

3,000円

翌年度以降

5,000円

最大1,500円まで割引可

3,000円

家族会員 初年度

1枚様無料、2人目より1名様につき1,000円

1枚様無料、2人目より1名様につき1,000円

無料

翌年度以降

家族カードでの前年(※2)のお買物利用回数が3回以上の場合無料

2人目は1,000円

申し込み資格について

どのカードも安定継続収入のある20代です。

審査難易度

正社員であれば年収の高さはさほど求められないでしょう(300万円前後)

新社会人で内定先を記入して発行されている例もあります。

より発行されやすくするためのコツ

作りたいと考えているカード会社の学生カードや一般カードを作って、利用額が少なくても良いので毎月延滞することなくきちんと支払いをしましょう。

利用履歴(クレジットヒストリー)ができるので、審査に+の評価が加わりヤングゴールドカードを発行してもらいやすくなります。

年会費

とにかく安い年会費でヤングゴールドカードを持ちたい人は三井住友VISAプライムゴールドカード』を選びましょう。

初年度無料で、翌年度以降は「マイ・ペイすリボ」を指定および「カードご利用代金WEB明細書サービス」を申し込み、それぞれの条件を満たすことで1,500円(税抜)まで割引することができます。

「マイ・ペイすリボ」は怖くない

「マイ・ペイすリボ」とは三井住友カードでのリボ払い方法の名前の1つです。リボ払いは手数料をたくさん取られるのではと心配される人もいるでしょう。

しかし、自分で支払いの金額を設定できるためカードのショッピング枠とリボ払いにする金額を同じに設定しておくだけで、リボ払い手数料を払うことなく年会費の割引サービスだけを受けられます。

「マイ・ペイすリボ」での支払い金額はインターネットや電話で変更することができるので、カードが届いたら「マイ・ペイすリボ」を申し込んでその後すぐに支払い金額を変更しておきましょう。

2-2. ポイント

ここではポイントについて比べていきます。

カード名

『三井住友VISAプライムゴールドカード』

『JCB GOLD EXTAGE』

『UCカード ヤングゴールド』

還元率

0.5%(1,000円で1ポイント)

ポイント有効期限

ポイント獲得月から2年間

ポイント獲得月から3年間

無期限

ボーナスポイント

前年カード利用額により50万円で100〜300ポイント

以降10万円ごとに20〜60ポイント

JCB海外加盟店でカードを利用:1%

入会後3ヵ月間:1.5%

入会後4ヵ月目以降:0.75%

次年度以降は前年ショッピングご利用合計金額20万円(税込)以上の場合:0.75%

なし

還元率

どのカードも月末の合計請求金額1,000円(税込)につき1ポイントが貯まります。どのポイントも1ポイント=5円分の価値であるため、変わりがありません。

ポイント有効期限

「永久不滅ポイント」で有名なセゾンカードを発行しているクレディセゾンが出している『UCカード ヤングゴールド』ならポイントの期限がないのでじっくり貯めたい人にはおすすめです。

ボーナスポイント

基本ポイント還元率はどのヤングゴールドカードでも同じですが、ボーナスポイントの豊富さは『JCB GOLD EXTAGE』が他を圧倒しています。

入会1年目は0.75〜1.5%で使うことができ、2年目以降も前年に20万円(税抜)以上カードを利用していると0.75%の還元率です。

加えてJCB STAR MEMBERSという前年利用金額によってランクが決まり、ランクに応じたボーナスポイントが付きます。

その他に優待店での利用でボーナスポイントがもらえたり、ネットショッピングでも通常2倍しかつかないボーナスポイントが3倍になるなどポイントの貯まりやすさに特化した内容になっています。

2-3. 保険

旅行保険やショッピング保険などカードに付いているカードの保険の条件は次の通りです。

カード名

『三井住友VISAプライムゴールドカード』

『JCB GOLD EXTAGE』

『UCカード ヤングゴールド』

国内旅行保険 適用条件 自動付帯 利用付帯 自動付帯
傷害死亡・傷害後遺傷害 合計:5,000万円

自動付帯:1,000万円

利用付帯:4,000万円

最高 5,000万円 3,000万円
傷害入院 日額 5,000円 日額 5,000円

傷害手術 最高 20万円 入院日額×倍率

(10倍、20倍または40倍)

傷害通院 日額 2,000円 日額 2,000円

家族特約対象

海外旅行保険 適用条件 自動付帯 利用付帯 自動付帯
傷害死亡・傷害後遺傷害 合計:5,000万円

自動付帯:1,000万円

利用付帯:4,000万円

家族 1,000万円

最高 5,000万円 3,000万円

家族 1,000万円

傷害・疾病治療 300万円

家族 200万円

200万円 150万円

家族 100万円

賠償責任 5,000万円

家族 2,000万円

3,000万円 2,000万円

家族 1,000万円

携行品損害 1旅行につき50万円限度(免責3,000円)

家族 同様

1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円) 1旅行につき20万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)

家族 同様

救援者費用 500万円

家族 200万円

200万円 100万円

家族 同様

家族特約対象 本会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族

本会員と生計を共にする19歳未満の別居の未婚の子

※親族とは6親等以内の血族または3親等以内の姻族となります。

本人会員様の「お子様」でUCカードをお持ちでない19才未満の生計をともにする同居または別居の未婚のお子様
ショッピング保険 補償限度額 年間300万円限度 年間200万円 年間200万円
自己負担額 1事故あたり自己負担額3,000円 1事故あたり自己負担額3,000円 1事故あたり自己負担額10,000円
オンライン・プロテクション

カードに付いている保険の内容が最も充実しているのは三井住友VISAプライムゴールドカード』です。

国内・海外旅行保険はカードを持っているだけで適用される自動付帯の条件になっています(死亡・傷害後遺障害はカードで支払いをすることで金額が多くなります)

補償金額がヤングゴールドカードの中で最も高くで家族特約の対象が広く、買い物保険の条件も良いです。普通のゴールドカードとほとんど変わらないほどで旅行の機会が多く安心・安全を求める人にピッタリの1枚です。

国内旅行に家族特約が付かない、ネットでのショッピングに保険が付かないという弱点が気にならないほどの充実ぶりです。

2-4. 空港ラウンジ

無料で使える空港ラウンジの場所と数は下表のとおりです。

カード名

『三井住友VISAプライムゴールドカード』

『JCB GOLD EXTAGE』

『UCカード ヤングゴールド』

空港ラウンジ 国内 28空港・39ラウンジ

新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港 新潟空港 羽田空港 成田国際空港 富山空港 小松空港 中部国際空港 伊丹空港 神戸空港 関西国際空港 岡山空港 米子空港 広島空港 山口宇部空港 松山空港 徳島空港 高松空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港

28空港・43ラウンジ

新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港 新潟空港 羽田空港 成田国際空港 富山空港 小松空港 中部国際空港 伊丹空港 神戸空港 関西国際空港 岡山空港 米子空港 広島空港 山口宇部空港 松山空港 徳島空港 高松空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港

27空港・38ラウンジ

新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港 新潟空港 羽田空港 成田国際空港 富山空港 小松空港 中部国際空港 伊丹空港 神戸空港 関西国際空港 岡山空港 米子空港 広島空港 山口宇部空港 松山空港 徳島空港 高松空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港

海外

ハワイ・ホノルル空港、中国28空港のラウンジ(2017年3月31日までの期間限定) 2空港・3ラウンジ

ハワイ・ホノルル空港、韓国・仁川国際空港「MATINA」ラウンジWEST/「MATINA」ラウンジEAST

飛行機の使い方によっておすすめできるカードは下記の2枚となります。

  • 『JCB GOLD EXTAGE』|国内と中国の空港をよく利用する
  • 『UCカード ヤングゴールド』|国内と韓国の空港をよく利用する

どのヤングゴールドカードを選んでも国内での利用にはほとんど違いはありませんが、『UCカード ヤングゴールド』だけが北九州空港を利用できないのでご注意ください。

2-5. 特典内容

最後にカードに付いている特典の内容を比べてみます。

カード名

『三井住友VISAプライムゴールドカード』

『JCB GOLD EXTAGE』

『UCカード ヤングゴールド』

特典・優待 ・relux(リラックス)3,000円割引

(ゴールドカード更新特典)

・「継続サンクスポイント」プレゼント

・「プレミアムグルメクーポン」プレゼント

・JCB ORIGINAL SERIESパートナーポイント優待店でポイントが多く貯まったり割引を受けられる

・Oki Dokiランド参加店でポイント3倍以上

・人気のホテル・レストランなどでご利用いただける、UCゴールドカード会員様限定の「特別ご優待プラン」

・ゴールドライン東京

・UCゴールド会員優先チケット予約

・国内・海外のパッケージツアーが最大8%OFFで利用

特典や優待の多さと便利さは『UCカード ヤングゴールド』が頭一つ分抜けています。

海外現地の様々な情報をはじめ、格安航空券、優待料金でのホテル予約など親切なスタッフが電話一本で(フリーダイヤル)で対応してくれるゴールドライン東京や「特別ご優待プラン」、UCゴールド会員優先チケット予約などゴールドカードならではの特別な扱いを感じさせる特典・優待が多いです。

3. 20代限定航空カードはヤングゴールドカード級に使える?

ヤングゴールドカードではありませんが、JALカードやANAカードにも20代限定でしか使えないカードがあることをご存知でしょうか。

カードの利用でマイルを貯めたい人にはヤングゴールドカードと同等以上の価値があると思うのでご紹介します。

20代以外のJALカードユーザーが嫉妬するほど特典てんこ盛りの「JAL CLUB EST」

1章でカード会社が未来の優良顧客獲得のために20代の人向けに優遇サービスを提供して、カード会員を獲得するために頑張っているとご説明しました。

その中でもこの「JAL CLUB EST」は採算度外視の大盤振る舞いをし過ぎていて、申し込みのできない20代以外のJALカードユーザーが羨ましく思うほど凄い特典が付きます。

  • 年間5回国内線サクララウンジを同行者1名と一緒に利用
  • マイルの有効期限が36か月→60ヶ月へ延長
  • 毎年初回搭乗ボーナス3,000マイル+フライトマイルの5%プラス積算
  • JALカードショッピングマイル・プレミアム(年会費3,240円)自動入会
  • 国際線利用時ビジネスクラス・チェックインカウンターの利用
  • e JALポイント5,000円分を毎年もらえる
  • 毎年最初の搭乗時に2,000FLY ONポイント積算される
  • 100マイルを100e JALポイントに交換可能

JALの飛行機によく乗っている人には垂涎のサービスがこれでもかというくらい揃っています。

この8つのサービスはJAL CLUB EST年会費をわずか5,000円(税抜)払うだけで利用できます。

1年に1回飛行機に乗るだけでもe JALポイント5,000円分を航空券購入時に使い、初回搭乗ボーナス3,000マイル(6,000円の価値)もらえ、有料だと3,000円(税抜)かかるサクララウンジを無料で使うことができます。

JALカードは普通カードで十分

JAL CLUB ESTはJALカードに追加して利用できるサービスです。

JALにも『CLUB-A ゴールドカード』というゴールドカードがありますが、年会費がそれだけで2万円前後します。

ヤングゴールドカードを作ろうと考えている人だと審査に通る確率も下がってしまい、カードの機能もオーバースペック気味になります。

会社経営者や役員、商社に勤めていて世界を飛び回っているなどヤングエグゼクティブでない限りはお得過ぎる特典は使い切るほど飛行機に乗るのが大変なので、『JAL 普通カード』と組み合わせて使うだけで十分です。

実質20代限定の『ANA JCBカード ZERO』は年会費無料で持てる入門ANAカード

『ANA JCBカード ZERO』は18歳以上(学生不可)、29歳以下でご本人または配偶者に安定継続収入のある方を対象にした実質20代限定のANAカードです。

特徴は下記のようになります

  • 年会費無料
  • マイル移行手数料無料でマイルを貯められる(1ポイント=5マイル)
  • ANAカードのフライトボーナスマイル+10%
  • 空港内店舗「ANA FESTA」で10%引き、ANAグループ空港内免税店での5%引きなどANAカードの割引を利用できる

最大の特長は年会費無料でANAカードを持てるということです。ANAカードなどの航空系カードを持ってマイルを貯めてみたいけど、年会費がかかってしまうのでとためらっている人にお試しで作ってみたい人におすすめです。

本当にマイルを貯めたいなら学生カードか一般カード

お試しでANAカードを持つのには良いですが、年会費無料であるため特典や優待は非常に限られています。

入会時や毎年継続ボーナスなどはなく、ANAカードのメリットであるカードのポイントの有効期限とマイルの有効期限を合わせる技もポイントが自動的にマイルに変えられてしまいます。

海外ショッピング保険以外に一切保険が付かず、5年間利用した後初回更新時にANA一般カードへ自動切替になってします。

そのため、しっかりANAカードのサービスとマイルを貯めたい人はANAカード(学生用)かANA一般カードを選んだ方が良いでしょう。

ANAカード(学生用)

通常年会費1,150円(税抜)かかりますが、2017年3月31日までに申し込むと在学期間中年会費無料で持つことができます。

入会時・継続時に1,000マイルがもらえて、海外旅行保険が付きポイントを好きなタイミングでマイルに交換することができます。

ANA一般カード

通常年会費2,160円(税抜)かかりますが、2017年3月31日までに申し込むと初年度年会費無料で持つことができます。

入会時・継続時に1,000マイルがもらえるので、年会費がかかっても実質無料で使えます。また、VISA・マスターカードの場合、年会費の割引特典があり最大1,025円(税抜)で利用することができます。

結論:JALはヤングゴールドカード級に使える

上記でご紹介したようにJALは年1回以上飛行機乗る人ならヤングゴールドカード級に使えるサービスであることがわかります。

ANAは年会費無料で持てるのが最大のメリットなので、とにかくお試しでカードを持ちたい人に向いています。

4. 使い方別おすすめヤングゴールドカード

1章で5つの項目別に優れたヤングゴールドカードをご紹介しました。

この章ではカードの使い方でどのヤングゴールドカードを選んだら良いかおすすめを紹介します。

効率よくポイントを貯めたい

ボーナスポイントが豊富な『JCB GOLD EXTAGE』をおすすめします。

初年度は0.75〜1.5%で使うことができ、2年目以降も前年に20万円(税抜)以上カードを利用していると0.75%の還元率です。

さらに、年間のカード利用金額によってメンバーランクが決まり、そのランクによってポイントのボーナスが付くようになります。

<JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)2016>

集計期間中のご利用合計金額(税込) メンバーランク Oki Dokiボーナスポイント付与優遇率
300万円以上の方 ロイヤルαPLUS 60%UP
100万円以上の方 スターαPLUS 50%UP
50万円以上の方 スターβPLUS 20%UP
30万円以上の方 スターePLUS 10%UP

このようにとにかくポイントを貯めることを目的にしている人には最適の1枚です。

安全を重視したい

カードに付いている保険の内容が充実している三井住友VISAプライムゴールドカード』をおすすめします。

他のヤングゴールドカードに比べて補償金額が非常に高いのが特長です。旅行保険はカードを持っているだけで適用され、海外旅行保険の家族特約の対象も広いので新婚家族で海外旅行に安心して出かけられます。

年会費の負担を軽減できる唯一のヤングゴールドカードなので、安全に対してのコストパフォーマンスが最高のカードです。

便利な特典を使いたい

カードの特典を使って普段の生活を便利に過ごしたいなら『UCカード ヤングゴールド』をおすすめします。

他のヤングゴールドカードがポイントや保険を重視している結果、特典内容が限られているのに対して、『UCカード ヤングゴールド』はゴールドカードならではの割引や優待を利用できます。

また、有効期限のないポイント制度で、30歳を過ぎて最初の更新までカードを利用することができるので、長くカードと付き合っていきたいと考えている人には合う1枚です。

5. まとめ

ヤングゴールドカードをどのように選ぶべきなのか判断するために必要な情報をご紹介してきましたがいかがでしたか。

5つの項目の違いをきちんと知った上で、下記のあなたの使い方にあったおすすめしたゴールドカードを選び、使って頂くことで充実した素晴らしい生活が送れることを祈っております。

ヤング ゴールドカード情報簡単比較

この章では、現在できる限り情報を収集した上で、ヤングゴールドカード3枚について情報を簡単に比較できるよう表にまとめました。ご自分に合うカードを見つける際の参考にしてください。

カード名

『三井住友VISAプライムゴールドカード』

『JCB GOLD EXTAGE』

『UCカード ヤングゴールド』

申し込み資格 本会員 満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方

満30歳になった後、最初のカード更新時よりゴールドカードにランクアップします。

※ゴールドカードへ更新時に特典あり

20歳以上29歳以下(学生除く)

ご本人に安定継続収入のある方

※ゴールドカード独自の審査基準により発行します。

初回更新時(5年後)、審査のうえ自動的にJCBゴールド(ORIGINAL SERIES)へ切り替えとなります。

原則として満20歳以上、30歳未満のお勤めの方

会員の年齢が満30歳となる誕生月以降最初に到来するカード更新月にUCゴールドカード会員に切り替わる

家族会員 生計を共にする配偶者、満18歳以上のお子さま(高校生を除く)、ご両親 本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方 本人会員と生計を同一にする配偶者
審査難易度

新社会人で正社員であれば比較的易しい

還元率

0.5%(1,000円で1ポイント)

ポイント有効期限

ポイント獲得月から2年間

ポイント獲得月から3年間

無期限

ボーナスポイント

前年カード利用額により50万円で100〜300ポイント

以降10万円ごとに20〜60ポイント

<新規入会ボーナス>

入会後3ヵ月間は、通常獲得ポイント×3倍!

<EXTAGEボーナス>

入会後4ヵ月目以降は、通常獲得ポイント×1.5倍!

<海外ダブルポイント>

JCB海外加盟店でカードを利用されると自動的にポイントが2倍

次年度以降は前年ショッピングご利用合計金額20万円(税込)以上の場合1.5倍

なし

ブランド

VISA・MasterCard

JCB

VISA・MasterCard

年会費(税抜) 本会員 初年度

無料

無料

3,000円

翌年度以降

5,000円

最大1,500円まで割引可

3,000円

家族会員 初年度

1枚様無料、2人目より1名様につき1,000円

1枚様無料、2人目より1名様につき1,000円

無料

翌年度以降

家族カードでの前年(※2)のお買物利用回数が3回以上の場合無料

2人目は1,000円

ショッピング 利用可能枠 50〜200万円

(三井住友カードの審査基準により決定)

JCBが決定した額(カード送付時に記載) 「ショッピングご利用可能枠」は割賦販売法に基づき算出した「支払可能見込額」の90%以内かつ当社の基準によりお客様毎に設定
電子マネー

○ポイントが付く

△チャージのみ

×チャージできない

Edy

nanaco

モバイルSuica

SMART ICOCA

WAON

×

×

iD

×

PiTaPa

×

QUICPay

×

国内旅行保険 適用条件 自動付帯 利用付帯 自動付帯
傷害死亡・傷害後遺傷害 合計:5,000万円

自動付帯:1,000万円

利用付帯:4,000万円

最高 5,000万円 3,000万円
傷害入院 日額 5,000円 日額 5,000円

傷害手術 最高 20万円 入院日額×倍率

(10倍、20倍または40倍)

傷害通院 日額 2,000円 日額 2,000円

家族特約対象

海外旅行保険 適用条件 自動付帯 利用付帯 自動付帯
傷害死亡・傷害後遺傷害 合計:5,000万円

自動付帯:1,000万円

利用付帯:4,000万円

家族 1,000万円

最高 5,000万円 3,000万円

家族 1,000万円

傷害・疾病治療 300万円

家族 200万円

200万円 150万円

家族 100万円

賠償責任 5,000万円

家族 2,000万円

3,000万円 2,000万円

家族 1,000万円

携行品損害 1旅行につき50万円限度(免責3,000円)

家族 同様

1旅行につき50万円限度/年間100万円限度(免責3,000円) 1旅行につき20万円限度/年間100万円限度(免責3,000円)

家族 同様

救援者費用 500万円

家族 200万円

200万円 100万円

家族 同様

家族特約対象 本会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族

本会員と生計を共にする19歳未満の別居の未婚の子

※親族とは6親等以内の血族または3親等以内の姻族となります。

本人会員様の「お子様」でUCカードをお持ちでない19才未満の生計をともにする同居または別居の未婚のお子様
ショッピング保険 補償限度額 年間300万円限度 年間200万円 年間200万円
自己負担額 1事故あたり自己負担額3,000円 1事故あたり自己負担額3,000円 1事故あたり自己負担額10,000円
オンライン・プロテクション

空港ラウンジ 国内 28空港・39ラウンジ

新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港 新潟空港 羽田空港 成田国際空港 富山空港 小松空港 中部国際空港 伊丹空港 神戸空港 関西国際空港 岡山空港 米子空港 広島空港 山口宇部空港 松山空港 徳島空港 高松空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港

28空港・43ラウンジ

新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港 新潟空港 羽田空港 成田国際空港 富山空港 小松空港 中部国際空港 伊丹空港 神戸空港 関西国際空港 岡山空港 米子空港 広島空港 山口宇部空港 松山空港 徳島空港 高松空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港

27空港・38ラウンジ

新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港 新潟空港 羽田空港 成田国際空港 富山空港 小松空港 中部国際空港 伊丹空港 神戸空港 関西国際空港 岡山空港 米子空港 広島空港 山口宇部空港 松山空港 徳島空港 高松空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港

海外

ハワイ・ホノルル空港、中国28空港のラウンジ(2017年3月31日までの期間限定) 2空港・3ラウンジ

ハワイ・ホノルル空港、韓国・仁川国際空港「MATINA」ラウンジWEST/「MATINA」ラウンジEAST

追加カード ETCカード

iD

PiTaPa

バーチャルカード

WAON

Visa payWave

ETCカード

QUICPay

プラスEX

ETCカード
特典・優待 ・relux(リラックス)3,000円割引

(ゴールドカード更新特典)

・「継続サンクスポイント」プレゼント

・「プレミアムグルメクーポン」プレゼント

・JCB ORIGINAL SERIESパートナーポイント優待店でポイントが多く貯まったり割引を受けられる

・Oki Dokiランド参加店でポイント3倍以上

・人気のホテル・レストランなどでご利用いただける、UCゴールドカード会員様限定の「特別ご優待プラン」

・ゴールドライン東京

・UCゴールド会員優先チケット予約

・国内・海外のパッケージツアーが最大8%OFFで利用

(※当サイトへの掲載情報は、できる限り正確であるように精査の上細心の注意を払って作成しておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に対して生じたあらゆる損害等について一切補償は致しません。極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket