世界一わかりやすいデビットカードの作り方とおすすめ3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

デビットカードの作り方を知りたいけど、何が必要でどんな条件があるのかと不安を感じていませんか。

デビットカードは原則発行する銀行の口座開設の条件を満たしていれば審査なしで簡単に作れることがほとんどですただし、一般的に知られている身分証が本人確認書類として使えないなど知っておいて欲しいいくつかの注意点があります。

そこでこの記事では大手金融会社3社で勤務した経験がある私がデビットカードの作り方と注意事項、おすすめのデビットカードについて以下の流れで紹介していきます。

  1. デビットカードの作り方3つのポイント
  2. おすすめのデビットカード3選

デビットカードを作るために必要な条件が昔と変わりつつありますが古い情報が多いので、この記事では最新のデビットカードの作り方をご紹介します。

この記事を読むことで、あなたの希望するデビットカードをスムーズに作れるようになるでしょう。

1. デビットカードの作り方3つのポイント

デビットカードとは銀行の預金口座とつながっていて、クレジットカードのように支払いができるカードです。

そのため、デビットカードを作る=銀行の口座開設とほぼ同じ条件と考えても良く、原則審査もなくて、作り方も簡単な手続きで済むことが多いです。

この章では、デビットカードの作り方について以下の流れで紹介します。

  1. デビットカードを作るのに主に必要な2つのもの
  2. デビットカードの主な3つの作り方
  3. デビットカードを作る時の2つの注意

1-1. デビットカードを作るのに主に必要な2つのもの

デビットカードを発行しているのはクレジットカード会社ではなく、銀行です。

そのため、既に述べた通りデビットカードを作るためにはまず、その銀行の口座を開設する必要があります(多くの場合、銀行口座とデビットカードは同時に作れます)

デビットカードを作るために必要なものは以下の2つです。

  • 本人確認書類
  • 印鑑(不要な事も多い)

詳細は以下の通りです。

本人確認書類

本人確認書類として銀行から求められる事が多いのは以下の通りです。

  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード(顔写真入り)
  • 各種保険証

1番信用性が高いと見なされるのは運転免許証なので、持ってる方は基本的にこちらを選んでください。

顔写真付きの公的機関が発行している本人確認書類がない場合、保険証などでも大丈夫ですが住民票の写しなど複数の書類の提出が必要となる事がほとんどです。

未成年の方の学生証(特に私立の学校の場合)は、原則本人確認書類と見なされないので注意してください(一部の銀行では補助的に求められる事があります)

印鑑(不要な事も多い)

デビットカード作成を目的に銀行口座を開設する場合、ネット銀行を中心に最近は印鑑が不要な事が多くなりました。

メガバンクなどでもスマートフォンのアプリやWebからの申し込みで不要となるケースがほとんどです。

印鑑が必要な場合はシャチハタ以外の印鑑を選んでください(100円ショップで売られている物でも登録はできますが、安全性からおすすめはしません)

1-2. デビットカードの主な3つの作り方

デビットカードは主に次の3つの作り方があります。

  • ネット:銀行の公式ページやアプリから申し込む
  • 郵送:銀行の公式ページなどから必要書類を取り寄せる
  • 店舗で直接:原則居住地の最寄りにある店舗で手続きを行う

手間や時間を考えると、ネットから申し込むのが最も簡単な作り方です。

例えば、ソニー銀行は以下のように公式ページから口座開設とデビットカードの申し込みを同時にできます。

出典:ソニー銀行

銀行や本人確認書類の種類、申し込む時期によりますが最短5日から1週間程度でカードが届きます。

指定の本人確認書類を持っていて支店に行ける場合、りそな銀行スルガ銀行は最短即日の発行も可能です。

1-3. デビットカードを作る時の2つの注意

デビットカードを作る時は、以下の2つに注意しましょう。

  • 来店が必要な銀行もある
  • 「ジェイデビットカード」に注意

これらに注意をしないとスムーズにデビットカードを使い始められなかったり、使えるお店などが少なくて困ることもあります。

来店が必要な銀行もある

ネット銀行はないですが、メガバンクや地方銀行の場合、デビットカードの受け取りに来店しなければならない場合があります。

申し込みの段階で、どのような方法でデビットカードを受け取れるか確認した方が良いでしょう。

「ジェイデビットカード」に注意

デビットカードは日本のいろんな銀行で作ることができます。

しかし、日本の銀行の多くで作れるデビットカードはVISAなどの「ブランドデビットカード」」ではなく、「ジェイデビットカード(J-Debit)」なのです。

VISAなどのブランドデビットカードとジェイデビットカードの違いは以下の通りです。

ブランドデビットカード クレジットカードと同様に海外(ほぼどこでも)やネットショッピングコンビニでも世界中のVISA・Mastercard・JCBのマークがあるお店で利用可能
ジェイデビットカード ジェイデビット(J-Debit)のマークがある場所が少ないので海外やAmazonなどのネットショッピングなどで利用することができない

このようにせっかくデビットカードを作っても、ジェイデビットカードは国内でも使えるサービスや場所が限られています。

ただ、最近はVISAなどのブランドデビットカードを公式ページや広告で案内して発行しているので、よほどの事がない限りジェイデビットカードを間違って作ることはないでしょう(そもそもキャッシュカードに自動で付いている事がほとんどです)

次章はおすすめのデビットカードをご紹介します。

2. おすすめのデビットカード3選

この章では現在発行されているメガバンクなど全国に店舗がある銀行やネット銀行のデビットカードを以下の観点で比較した結果、最もおすすな3枚をご紹介します。

  • 年会費
  • ポイント還元率
  • 付帯保険

地方銀行の中にも還元率や付帯保険が優れているデビットカードもありますが、その銀行の支店がある地域に在住していないと原則作れないため、この記事では比較していません。

地方銀行のデビットカードについて詳しく知りたい方は「全93枚のデビットカードを徹底比較!ベストな1枚が必ずわかる」の記事を参照してください。

それでも枚数が多いため、「店舗のある大手銀行」と「ネット銀行」に分けてご紹介します。

2-1. 店舗のある大手銀行デビットカード全15枚比較表

まず、メガバンクなど実店舗を持つ全国規模で展開している大手銀行から発行されているデビットカード全15枚を紹介します。

カード名 発行銀行 年会費(税抜) ポイント還元率 付帯保険・特典など
mijica(ミヂカ)Visaデビットカード(プリペイド機能付き)の券面

mijica(ミヂカ)Visaデビットカード(プリペイド機能付き)

ゆうちょ銀行 無料 0.25%〜0.75%
  • 本人認証サービス
三菱UFJ-VISAデビット 券面 201903

三菱UFJ-VISAデビット

三菱UFJ銀行 無料〜1,000円 0.2%〜0.6%
  • ショッピング保険
  • 不正利用補償
三菱UFJ-JCBデビットの券面

三菱UFJ-JCBデビット

0.5%〜1.5%
  • 旅行保険(海外・国内)
  • ショッピング保険(海外)
  • 不正利用補償
SMBCデビット(Visaデビット一体型キャッシュカード)ベーシックの券面(2019年3月版)

SMBCデビット』(VISA)

三井住友銀行 無料 0.25%〜0.5%
  • お買物安心保険(海外)
  • 第三者不正利用補償
みずほJCBデビットの券面

みずほJCBデビット

みずほ銀行 無料〜1,000円 0.2%
  • 旅行傷害保険(国内・海外)
  • ショッピングガード保険
  • 不正利用補償
りそなデビットカード(Visaデビット)の券面(2019年3月版)

りそなデビットカード(Visaデビット)

りそな銀行 無料 0.5%
  • 不正利用補償
  • ショッピング保険(海外のみ)
りそなデビットカード〈JMB〉の券面(2019年3月版)

りそなデビットカード〈JMB〉

無料〜1,000円 0.5%(マイル)
  • 不正利用補償
  • ショッピング保険(海外のみ)
  • 有料オプションサービスあり
カード名 発行銀行 年会費(税抜) ポイント還元率 付帯保険・特典など
Visaデビット ライフ:ブルーの券面

Visaデビット

スルガ銀行 無料 0.2%
  • 盗難補償
  • お買い物安心サービス
VisaデビットTカード デビットTカード スルガバンクの券面

VisaデビットTカード

無料 0.5%
  • お買い物安心サービス
リクルートポイント付きVisaデビットカードの券面

リクルートポイント付きVisaデビットカード

無料 0.8%
  • 盗難補償
  • お買い物安心サービス
ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカードの券面

Financial Pass Visaデビットカード(Visa)

スルガ銀行 無料 銀行の取引による
  • お買い物安心サービス
  • 旅行傷害保険
World Cabitの券面

World Cabit

無料 0.2%
  • 盗難補償
  • お買い物安心サービス
Travel Cashの券面

Travel Cash

イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)の券面

イオン銀行キャッシュ+デビット』(JCB)

イオン銀行 無料 0.5%〜1%
  • カード盗難保障
  • 不正利用補償
  • イオン系列での優待多数
  • WAON機能
イオンデビットカード(VISA)の券面

イオンデビットカード』(VISA)

還元率はデビットカードの中でも低い傾向にありますが、実店舗があるためトラブル時や分からない事があった時に直接聞きに行けるサポートの良さがメリットとなります。

また、多くの銀行で自行のATM手数料無料などの特典があるため、メインバンクで使っている方は利便性が増し使い勝手が良くなります。

基本的に自宅や職場などあなたの生活圏内にあり、なじみ深い銀行を選ぶと良いでしょう。

2-2. ネット銀行デビットカード全14枚比較表

次に、全国どこに住んでいても作れるネット銀行から発行されているデビットカード14枚を紹介します。

カード名 発行銀行 年会費(税抜) ポイント還元率 付帯保険・特典など
Sony Bank WALLET 券面3種(2019年3月版)

Sony Bank WALLET(Visaデビット付キャッシュカード)

ソニー銀行 無料 0.5%〜2%
  • ショッピング保険
  • 不正利用補償
タカシマヤプラチナデビットカードの券面

タカシマヤプラチナデビットカード

30,000円 2%〜10%
  • 海外・国内旅行傷害保険
  • ショッピング保険
  • 不正利用補償
  • Visaプラチナサービスなど
楽天銀行デビットカード(JCB)の券面(2019年2月版)

楽天銀行デビットカード(JCB)

楽天銀行 無料 1%
  • 不正利用補償
  • 盗難補償
楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)の券面(2019年3月版)

楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)

  • 盗難補償
楽天銀行シルバー デビットカード(Visa)の券面(2019年3月版)

楽天銀行シルバー デビットカード(Visa)

楽天銀行 2,000円 1%
  • 盗難補償
  • ショッピング保険
  • Visaゴールド優待特典
楽天銀行ゴールド デビットカード(Visa)の券面(2019年3月版)

楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)

5,000円 1%
  • 盗難補償
  • ショッピング保険
  • Visaゴールド優待特典
  • 国内/国外旅行傷害保険
カード名 発行銀行 年会費(税抜) ポイント還元率 付帯保険・特典など
Visaデビット付きキャッシュカードの券面

ミライノ デビット(Visa)

住信SBIネット銀行 無料 0.6%
  • 不正利用補償
  • 盗難補償
ミライノ デビット(Mastercard)の券面

ミライノ デビット(Mastercard)

0.8%
  • デビット盗難補償
  • 米ドルでの支払い可能
ミライノ デビット PLATINUM(Mastercard)の券面

ミライノ デビット PLATINUM(Mastercard)

10,000円 1%
  • デビット盗難補償
  • 国内・海外旅行保険
  • ショッピングガード保険
  • 空港ラウンジサービス「LoungeKey」
  • 「ダイニング by 招待日和」
  • Boingo Wi-Fi
  • 米ドルでの支払い可能
Visaデビット付キャッシュカード ベーシックカード ブルーの新券面(2019年3月版)

JNB Visaデビットカード

ジャパンネット銀行 無料 0.2%
  • 第三者不正使用保険付帯
Visaデビット付キャッシュカード ファミマTカード 券面 201903

JNB Visaデビットカード(ファミマTカード)』※5月20日で新規受付終了

0.2%〜2.5%
Visaデビット付キャッシュカード GMOあおぞらネット銀行の券面

Visaデビット付キャッシュカード

GMOあおぞらネット銀行 無料 0.6%~1.5%
  • 不正利用補償
セブン銀行のデビット付きキャッシュカード(JCB)の券面

デビット付きキャッシュカード』(JCB)

セブン銀行※ 無料 0.5%~1.5%
  • 不正利用被害の補償
  • nanaco機能
じぶん銀行スマホデビットの券面画面

じぶん銀行スマホデビット』(JCB)

じぶん銀行 無料 抽選で現金還元
  • カードレス(スマホとアプリ必須)
  • 毎月第2土曜日21:00~翌7:00は利用不可
  • 不正利用補償
  • 海外ショッピング保険

※セブン銀行はネット銀行ではありませんが、特殊な運営形態であるため分類上この項目でご紹介しています。

店舗を持つ銀行に比べて人件費や地代などの経費を抑えられる分、デビットカードの中でも還元率が高めの傾向にあります。

さらに、一部はゴールド・プラチナ級クレジットカードの特典や優待を利用できるカードも発行されていて、非常にコストパフォーマンスに優れています。

2-3. おすすめデビットカード3選

比較の結果、以下の3枚のデビットカードがおすすめです。

  • 『イオン銀行キャッシュ+デビット』(JCB)
  • 『ミライノ デビット(Mastercard)』
  • 『Visaデビット付キャッシュカード』

『イオン銀行キャッシュ+デビット』(JCB)

イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)の券面

イオン銀行キャッシュ+デビット』(JCB)は通常の還元率は0.5%ですが、全国にあるイオングループでの買い物では1%と高めの還元率となる年会費無料のデビットカードです。

47都道府県の主要都市に店舗が1つ以上ある事に加えて、ATMも提携を含めて4万台以上で入出金手数料無料で利用できるのは大きなメリットです。

  • イオン銀行ATM:全国6,000台以上(イオンモール・イオン・ミニストップなど)
  • みずほ銀行ATM:全国1,923台(平日日中は無料)
  • ゆうちょ銀行ATM:全国28,800台(平日日中は無料)
  • 三菱UFJ銀行ATM:全国約8,000台(平日日中は無料)

※各ATM台数は2019年4月調査時点の数字

その他の提携金融機関やコンビニATMなどでも条件を満たすと最大月5回まで無料で利用できます。

イオン銀行との取引によるスコアの数字でステージが上がりますが、メインで使わなくても他行ATM2回/月、他行振込1回/月を無料にできるシルバーにしやすいです。

また、VISAなどに比べると若干数は少ないですが、海外のJCB、CirrusマークのあるATM・CD機で現地通貨を1.6%+200円(税抜)の低い手数料で引き出す事もできます。

『イオン銀行キャッシュ+デビット』(JCB)公式ページ:

https://www.aeon.co.jp/creditcard/lineup/cashdebit.html

『ミライノ デビット(Mastercard)』

ミライノ デビット(Mastercard)の券面

ミライノ デビット(Mastercard)』は4月1日より発行開始された日本初のMastercardブランドのデビットカードで、ポイント還元率が0.8%と高いです。

他のネット銀行に比べてステージを上げる条件が易しく、多くの人が達成しやすいランク2では下記のように手数料無料の回数が多いです。

  • ATM利用手数料:月5回(コンビニやゆうちょなど提携ATM80,000台以上)
  • 振込手数料:月3回

※ATM台数は2019年4月調査時点の数字

また、米ドルの支払いが可能(外貨普通預金の米ドルが利用できる)で年30回は海外事務手数料2.5%がポイントバックされるため、海外で利用する方はその分の手数料を安くできるのも魅力的です。

『ミライノ デビット(Mastercard)』公式ページ:

https://www.next.netbk.co.jp/contents/lineup/debitcard/mastercard/

『Visaデビット付キャッシュカード』

Visaデビット付キャッシュカード GMOあおぞらネット銀行の券面

Visaデビット付キャッシュカード』はインターネットに関する様々なサービスを展開しているGMOとあおぞら銀行が提携して発行する年会費、発行手数料が無料のカードです。

基本のポイント還元率が0.6%とデビットカードの平均より高いだけでなく、最大1.5%の還元率にする条件が『Sony Bank WALLET(Visaデビット付キャッシュカード)』よりも易しく還元率を高くしやすいです。

ソニーは1番低いシルバーステージの1%でも残高300万円以上や外貨や投資信託の積立が3万円以上/月とステージ獲得条件が難しめです。

未成年や親権者には一定のステージ優遇を受けられるため、ATM出金手数料や他行への振込手数料の無料回数が多めになり、普段使いしやすいというメリットもあります。

『Visaデビット付キャッシュカード』公式ホームページ:

https://gmo-aozora.com/service/card.html

 3. まとめ

デビットカードの作り方についてご紹介しました。

まずは作りたいデビットカードを発行している銀行口座の開設が必要です。公式ページやアプリなどのネットからの申し込みが1番簡単で必要なものは以下の2つです。

  • 本人確認書類
  • 印鑑(不要な事も多い)

本人確認書類は運転免許証が最も望ましく、印鑑はネット銀行を中心に最近はいらない事も多いです。

デビットカードの使いやすさや還元率・付帯保険などの機能を重視してこれから新しく作る方には以下の3枚のデビットカードがおすすめです

この記事の内容がデビットカードの作り方を理解するのに役立ち、あなたに合ったデビットカードを作れることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket