楽天銀行おまとめローンの全知識|おまとめした人の口コミも紹介!

楽天銀行スーパーローン辛口レビュー|おまとめローンを50社口コミ比較!

「楽天銀行でおまとめはできる?」「楽天銀行のスーパーローンでまとめられるの?」と、楽天銀行でおまとめを考えていませんか?

楽天銀行はおまとめ専用のローンはありませんが、『スーパーローン』で複数の借り入れを受け付けているので、おまとめ希望者はこちらを検討することをおすすめします。

本ページでは、銀行でカードローン審査をしたことがある私が、楽天銀行でおまとめするメリットやデメリット、利用者の口コミ、申し込む際の注意点や落ちた場合の対策についてまとめたものです。

  1. 楽天銀行のおまとめローンはどんな人におすすめ?
  2. 口コミで分かる楽天銀行スーパーローンの特徴
  3. 楽天銀行スーパーローンでまとめるまでの流れと注意点
  4. 楽天銀行でおまとめ失敗した場合の4つの対策法
  5. 楽天銀行スーパーローン以外でおすすめのおまとめローン4選
  6. 楽天銀行スーパーローンに関するQ&A

このページを読めば、楽天銀行でおまとめするべきか、また、実際に申し込む際にどうすれば良いのか分かるのでぜひご覧ください。

著者プロフィール
里中健吾(37歳)
新卒で、メガバンクに入社。個人向けの営業を経験した後、大手消費者金融に転職。消費者金融ではカードローンの審査に携わる。
その後、ネット銀行に転職し、銀行系のカードローンの審査業務に携わる。
個人でもSNS等でカードローンの相談を受け、1,000人以上に選び方や審査のコツを伝授してきた。

1. 楽天銀行のおまとめローンはどんな人におすすめ?

楽天銀行ではおまとめ専用のローンは用意されていませんが、『スーパーローン』でおまとめを受け付けています。

まずは、楽天のスーパーローンがどんなローンかを把握しておきましょう。下の表はスーパーローンの評価をまとめたものです。

楽天のスーパーローンを一言で評価すれば「銀行系の中では平均的なサービスで、楽天ユーザーにおすすめ」ということになります。

実質年率★★★☆☆1.9%~14.5%]銀行系おまとめローンでは平均的な金利。
限度額★★★★☆800万円]銀行系おまとめローンでは十分高い。
銀行なので総量規制が無く、年収の1/3以上借りられる。
スピード★★★★☆最短翌日。銀行系では最速の部類に入る。
審査 ★★☆☆☆おまとめの利用は金額が大きいので審査は厳しめ。
総合評価★★★★☆楽天会員におすすめ。

が多いほど、評価が高いということになります。

楽天のおまとめローンがどんな人に向いていて、どんな人に向いていないか、詳しく紹介するので、自分に向いているかチェックしてみてください。

1-1. 楽天銀行でのおまとめにおすすめな人

楽天銀行でおまとめしても良いのは、次のような方です。

  • ポイントを貯めたい楽天会員
  • おまとめしてからも借入れしたい人

おすすめな人① ポイントを貯めたい楽天会員

楽天銀行カードローンは、楽天会員が利用する際に次のようなメリットがあります。

  1. 入会で1000ポイント・・・必ずもらえる
  2. 借入額に応じて最大30000ポイントプレゼント・・・借入れ額に応じてもらえる
  3. 楽天会員ランクで審査優遇・・・楽天会員ランクが高いと審査が有利になる

入会ポイントに加え、借入れ額に応じて、以下のポイントが付与されます。

入会月の翌月末時点のご利用残高進呈内容
20万円以上30万円未満500 ポイント
30万円以上50万円未満1,000 ポイント
50万円以上80万円未満2,000 ポイント
80万円以上100万円未満3,000 ポイント
100万円以上200万円未満10,000 ポイント
200万円以上300万円未満12,000 ポイント
300万円以上400万円未満15,000 ポイント
400万円以上800万円以下30,000 ポイント

さらに、楽天会員にはダイヤモンド・プラチナ・ゴールド・シルバーというランクがありますが、上級ランクの場合は、審査を優遇してもらえます。

「優遇」の内容に付いては書かれていませんが、審査をクリアする確率が上がること、また、借入れ限度額が増えて金利が低くなること等のメリットが期待されます。

おすすめな人② おまとめしてからも借入れしたい人

スーパーローンはカードローンなので、限度額に余裕があれば借入れができます。

たとえば、借入限度額が200万円で、借入額が150万円の場合、50万円は追加で借入れができます。

おまとめローンやフリーローンの場合、一度借入れすると追加で借入れすることはできません。

楽天銀行のスーパーローンでおまとめをすると、新たな借入れが必要になった場合にも備えることができます。

1-2. 楽天銀行でのおまとめにおすすめでない人

楽天銀行のおまとめに向いていないのは、次のような方です。

  • 金利にこだわりたい人
  • 即日でおまとめしたい人

おすすめでない人① 金利にこだわりたい人

楽天銀行スーパーローンの金利は、消費者金融のおまとめローンよりも全然低いですが、銀行系ローンの中では平均的な水準です。

下の表は、おまとめに使えるカードローンやフリーローンの金利を比較したものです。

少しでも金利を減らしたいなら、「イオン銀行フリーローン」や「りそな銀行プレミアムフリーローン」がおすすめです。

会社名・サービス名金利
楽天銀行スーパーローン1.9%~14.5%
オリックス銀行VIPフリーローン3.0%~14.5%
auじぶん銀行カードローン2.2%~17.5%
東京スター銀行おまとめローン9.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%
イオン銀行フリーローン3.5%~13.5%
りそな銀行プレミアムフリーローン6.0%~14.0%
アイフル「おまとめMAX」12.0%~15.0%
アコム貸金業法に基づく借換え専用ローン7.7%~18.0%
プロミスおまとめローン6.3%~17.8%
アロー「貸金業法に基づく借換ローン」15.0%~19.94%

銀行でおまとめローンをする場合、大体14%台が平均になっていることが分かります。

楽天ユーザーなら選んでも全く問題ないですが、利息を少しでもおさえたいなら、金利が少しでも低いローンの銀行に申し込むと良いでしょう。

おすすめでない人② 即日でおまとめしたい人

おまとめローンは、借入額が大きいこともあり、審査が長くなる傾向があります。

楽天スーパーローンは最短翌日に審査結果が出るので、審査は早い部類に入りますが、即日での借り入れはできません。

即日での借り入れをしたい場合は銀行では不可能なので、以下のような消費者金融でする必要があります。

会社名金利限度額
アイフル3.0%~17.5%800万円
プロミス6.3%~17.8%300万円
アコム7.7%~18.0%300万円

消費者金融は金利が高めに設定されている分、審査が柔軟と言われています。

楽天銀行カードローンに落ちた場合、金利を下げることができるなら、こちらでおまとめを検討しても良いでしょう。

1章まとめ

楽天でのローンおまとめがおすすめな人・おすすめでない人は次の通りです。

おすすめな人おすすめでない人
・楽天ポイントをためたい楽天ユーザー
・おまとめ後も借り入れしたい人
・金利にこだわりたい人
・即日借りたい人

紹介した通り、楽天の金利は平均的な水準であり、少しでも金利を下げたいなら、『イオン銀行フリーローン』など銀行を検討すると良いでしょう。

また、どうしても即日におまとめしたいなら、『アイフル』や『プロミス』などの消費者金融が最速なのでおすすめです。

次の章から楽天のスーパーローンでおまとめした人の口コミを紹介し、落ちないための申込み方などを解説していくので参考にしてください。

「楽天銀行以外でおまとめしたい」と思った方は、5章「楽天銀行スーパーローン以外でおすすめのおまとめローン4選」を参考にしてください。

2. 口コミで分かる楽天銀行スーパーローンの特徴

本ページをまとめるに当たって、私は楽天銀行スーパーローンユーザー100人にアンケートをとり、さらにSNSを参考に、その中で見えた楽天銀行のおまとめのメリットとデメリットを紹介します。

2-1. 楽天銀行でおまとめする2つのメリット

実際のユーザーからの口コミから、楽天銀行をおまとめ先として選ぶメリットとして次の2つがありました。

  • 金利が安い
  • 最大31000円分の楽天ポイントがもらえる

メリット① 金利が安い

口コミ・評判

37歳・正社員・年収300万円台・120万円をおまとめ
評価:★★★★★5
楽天銀行にまとめたところ、3社バラバラに借りていた時と比較して利息が大きく減りました。
さらに、楽天銀行に口座と同時申し込みで、無利息で借りることができると聞き、その通りになりました!

消費者金融などで借りている場合、楽天銀行でまとめると大きく金利を下げることができます。

楽天銀行は、以下のように限度額に応じて金利が決まっています。

ご利用限度額借り入れ利率
800万円
1.9%~4.5%
600万円以上800万円未満
3.0%~7.8%
500万円以上600万円未満
4.5%~7.8%
350万円以上500万円未満
4.9%~8.9%
300万円以上350万円未満
4.9%~12.5%
200万円以上300万円未満
6.9%~14.5%
100万円以上200万円未満
9.6%~14.5%
10万円以上100万円未満
14.5%

銀行では「年収の1/3までしか借りられない」というルール(総量規制)がありません。

もちろん、借り入れが大きいと審査が厳しくなりますが、年収の1/3以上の借り入れがあっても相談する価値はあります。

メリット② 最大31000円分のポイントをもらえる

口コミ・評判

51歳・派遣社員・年収300万円台・110万円をおまとめ
評価:★★★★★5
楽天スーパーローンに乗り換えて、金利が3%くらい下がりました。
それだけではなく、楽天のポイントをもらえました。
1万円分くらいもらえたので、非常にありがたいサービスです。もっと早く知りたかった。。

楽天銀行スーパーローンは入会するだけで、「楽天ポイント」を1000ポイントもらえます。

さらに、入会月の翌月末時点の利用残高に応じて、以下のようにポイントをもらえるため、使えば使うだけポイントで還元されます。

溜まったポイントは1ポイント=1円で「楽天市場」「楽天トラベル」などの楽天のサービスで使えます。

2-2. 楽天銀行でおまとめする2つのデメリット

反対にユーザーからの口コミから、以下の面で楽天銀行をおまとめ先として選ぶデメリットとして次の2つがありました。

  • 返済期間が長くなりやすい
  • 審査が若干厳しい

デメリット① 返済期間が長くなりやすい

口コミ・評判

42歳・契約社員・年収300万円台・90万円をおまとめ
評価:★☆☆☆☆1
数年前に楽天銀行におまとめをして、少しずつ返済をしていました。
毎月の返済額が少なくて楽だし、金利が下がって満足していたのですが、知人の指摘で返済額を計算してみたところ返済総額がかなり増えていることに気づきました。

楽天銀行の特徴が「毎月の返済額が少ない」ことです。これをメリットと考える方は非常に多いのですが、筆者はデメリットだと考えています

楽天銀行スーパーローンでは以下のように、借入額に応じて返済額が変わります。

借り入れ残高が200万円以下のケース

借入残高毎回の返済額
10万円以下2000円
10万円超~30万円以下5000円
30万円超~50万円以下10000円
50万円超~100万円以下15000円
100万円超~150万円以下20000円
150万円超~200万円以下30000円

借り入れ残高が200万円以上の時の返済額は「楽天銀行のホームページ」を参考にしてみてください。

14.5%でおまとめをした方が借入残高10万円を切った時には1回の返済で2000円しか借金を減らせないことになります。

すると理論上、10万円を切ってからも完済するまでに6年以上かかりその間ずっと利息を払い続けることになります。その額は5万円以上にもなります。

つまり、せっかくおまとめをしても最低返済額が低いからといって、そこに甘えてしまうと借金は減りません。

口コミの男性のように「結局払う利息が増えた」という結末になりかねません。

余裕がある時には多めに返済をすることを意識しなければこの特徴は大きなデメリットになります。

デメリット② 審査が厳しい

口コミ・評判

S さん
現在の借金状況はプロミス、レイク、アコム、アイフルからそれぞれ50万円ずつです。
昨日いろいろ調べて、
おまとめローン的なものがあると知り、楽天スーパーローンでまとめられないかと申し込みしましたがダメでした。
今日は別のローンを前から組んでいた銀行へ問い合わせをしてみたいと思います。

出典:twitter

楽天銀行に限りませんが、おまとめする場合は、借入希望額が大きくなりがちで、審査に落ちる人も多いです。

銀行のローン審査はなんで厳しいの?

2017年まで楽天銀行だけでなく、銀行は消費者金融以上に簡単に高額なお金を借りられましたが、銀行からたくさん借りてお金を返せない人が続出するようになりました。

そして、金融庁や総理大臣からも改善を求められた結果、各銀行はおまとめローン(カードローン)の審査が厳しくなってしまったのです。

銀行が厳しくした理由

これらは以下のようにニュースにもなりました。

カードローン抑制のニュース

引用:日本経済新聞電子版

こんなことがあり、2017年春あたりから銀行のカードローン、特におまとめローンは審査が難しくなりました。

審査通過率は発表されていませんが、当サイトが調べた限り、おまとめローンで10人に7~8人が落ちています。

3. 楽天銀行スーパーローンでまとめるまでの流れと注意点

楽天銀行カードローン〈スーパーローン〉』でまとめたいと言う方のために、楽天銀行カードローンの申込みの流れを紹介します。

また、申し込む際に、審査落ちのリスクを減らすためのポイントを紹介します。

3-1. 楽天銀行カードローンの借入れまでの流れ

楽天銀行スーパーローンでの申し込みからおまとめまでのステップは以下のようになっています。

楽天銀行でおまとめの4ステップ

ステップ1. 申し込み

パソコンやスマホから申し込みを行えます。楽天銀行のホームページから行いましょう。

ちなみに、「無利息」や「楽天ポイント」などの優待を受けるためにも公式ページ「https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/」から申し込みを行いましょう。

また、おまとめの際は必ず利用目的を「借換」にしましょう。申し込みページの3ページ目で記入可能です。

楽天銀行カードローンの申し込みフォーム

画像:楽天銀行カードローン

ここで借入件数などをごまかしても後々バレる可能性が高いため、正直に、間違えずに入力しましょう。

在籍確認も!

申し込み後、勤務先に申込者が働いていることを確認するため、在籍確認の電話が職場に入ります。

職場への「在籍確認」の電話は、個人名での電話になるため、ローンだとバレる可能性は低いです。

もし同僚に感づかれることが心配なら「営業先からの電話」「クレジットカードの在籍確認」などとごまかしましょう。

ステップ2. 審査

審査を実施され、通らなければ次のステップに進めません。

審査結果はメールか電話で知らせてもらえます。

ステップ3. 契約手続き

契約に必要な書類をアプリなどで送ったら契約手続きは終了です。

ちなみに必要な書類は運転免許証などの身分証明書に加え、場合によっては「収入を証明する書類」が必要となるため、お手元に用意しておくとスムーズです。

ステップ4. 借入

審査が終わればお金を借りることができます。

申し込み時に以下のように「カード到着前」に振込で融資を希望する方向けの欄があるため、急いでいる方はここで入力をしておきましょう。

楽天銀行スーパーローンの融資金額入力画面

画像:楽天銀行カードローン

後日送られてくるローンカードを使うことでATMなどからいつでも借入を行うことも可能です。

また「口座振替依頼書」などの提出書類も忘れずに提出しましょう。

3-2. 楽天銀行カードローンの審査を通過するための4つのポイント

楽天銀行のカードローンをクリアするためには、次のポイントをおさえれば審査落ちのリスクを減らせます。

  • 借入れがあるなら減らす
  • 正確な情報を記入する
  • 申し込みは1社1社行うこと
  • 申し込みは低めの希望限度額にする

それぞれ紹介します。

ポイント① 借入れがあるなら減らす

借入れがあるなら、できるだけ返済しておきましょう。

おまとめローンでも、4社以上の借り入れがあったり、年収の1/3以上の借り入れがあると審査は厳しいので、できるだけ返済をすすめておくことが大切です。

特に、借入先は3社程度に絞っておくことをおすすめします。

自分の属性(年収や雇用状況)や信用情報(借入れ履歴など)に自信が無いなら、消費者金融を検討しましょう。

ポイント② 正確な情報を記入する

審査に落ちる理由として、意外に多いのが記入ミスによるものです。

誤字や脱字などをすると、わざとでなくとも虚偽の申し込みを行ったと消費者金融会社から判断され、審査に落とされるケースがあります。

そのため、申し込み内容をしっかりと確認をして記入ミスをなくすことも審査に通りやすくなる重要なポイントの一つです。

計算ミスしたことにして他社からの借入額を少なめに書くなどの行為も信用情報で一発でバレるため、正しい情報を正確に書きましょう。

ポイント③ 申し込みは1社1社行うこと

金利が低いカードローンを見つけると、同時に何社も申し込みたくなると思いますが、カードローンの申し込みは1社1社行っていきましょう。

全ての金融機関(消費者金融含む)でカードローンを申し込んだ記録は共有されています。

1度に申し込みをしすぎると「いろんなところから借りて、自分のところの返済はきちんとしてくれるのか」「あちこち申し込まないとお金を借りられない人なのか」と考えられてしまいます。

申し込みしすぎると「申し込みブラック」になり、落ちやすくなるので気をつけてください。

ポイント④ 申し込みは低めの希望限度額にする

カードローンの申し込みは、限度額を希望した上で申し込みをします。

希望限度額が大きいほど審査は難しくなるので、必要最小限の金額だけ申し込むようにしましょう。

理由は次の2つがあります。

  • 年収に対して借りすぎという印象を与えないから
  • 計画的に借りる人であることをアピールできるから

最初は低い限度額で申し込みをして、徐々に限度額を上げていくことが審査に通りやすくなるポイントです。

4. 楽天銀行でおまとめに失敗した場合の4つの対策法

楽天銀行のカードローンに落ちた場合は、次の4つの借入れ方法があります。

  • 消費者金融に申し込む
  • 他の銀行に申し込む
  • 債務整理を検討する
  • 半年後に再度申し込む

それぞれ紹介します。

落ちた場合の対処法① 消費者金融に申し込む

銀行に落ちた場合は、審査が柔軟な消費者金融に申し込むことになります。

アイフル』などのように、消費者金融でもおまとめを受け付けている所があります。

銀行よりも金利は高いですが、おまとめ額次第では、大分金利を低くすることもできます。

金利がどれくらい下がるかについては、一度相談することをおすすめします。

落ちた場合の対処法② 他の銀行に申し込む

楽天銀行に落ちたけど、消費者金融より銀行のカードローンを使いたいと思う方もいるはずです。

銀行系はどこも審査通過率を発表していないので、どこの審査が易しいと断定することは難しいですが、銀行が良いならおまとめ専用のローンを用意している銀行です。

東京スター銀行』ではおまとめ専用のローンがあり、楽天銀行と同じ金利水準になっています。

専用ローンがある金融機関の方が相談しやすいので、他のカードローンやフリーローンを検討する前に、専用ローンがある金融機関をチェックしましょう。

落ちた場合の対処法③ 債務整理を検討する

「借金が多すぎておまとめが断られる」「そもそもおまとめできても返済が厳しそう」と思うなら、債務整理を検討しましょう。

債務整理はクレヒスに傷が付き、クレジットカードの新規作成や借入れが難しくなるデメリットがありますが、それでも、借金の減額・免除という大きなメリットがあります。

債務整理には、借金の支払いが免除される自己破産だけでなく、弁護士に減額を交渉してもらう任意整理、借金を減額してもらう個人再生など、いくつかあるので、自分に合ったものが選べるように、公共機関や法律事務所に相談してみましょう。

金融庁のHPに、債務整理の相談先が載っているので参考にしてください。

落ちた場合の対処法④ 時間を空けて再度申し込みをする

もし、「普段から使っている楽天銀行でどうしても借りたい!」と思うなら、最低半年は空けて申し込むようにしましょう。

半年空ければ申し込み履歴が削除され、再度申し込みができます。

その間に、借金があるなら減らし、できるだけ年収を上げるなど、自分の属性を磨くようにしましょう。

5. 楽天銀行スーパーローン以外でおすすめのおまとめローン4選

「楽天銀行のスーパーローン以外で借りたい」「楽天銀行でおまとめに失敗したから別で借りたい」という方のために、楽天銀行以外でおすすめのおまとめローンを紹介します。

ここでは、楽天銀行とメガバンクやネット系銀行と大手消費者金融のカードローンを下記の条件で比較しました。

発行元会社・ローン名金利限度額スピード審査難易度
銀行楽天銀行スーパーローン1.9%~14.5%800万円
東京スター銀行おまとめローン9.8%~14.6%1,000万円
イオン銀行フリーローン3.8%~13.5%700万円
 みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%800万円
三菱UFJ銀行バンクイック1.8%~14.6%500万円
三井住友銀行カードローン1.5%~14.5%800万円
りそな銀行フリーローン6.0%~14.0%500万円
 ソニー銀行カードローン2.5%~13.8%800万円
 新生銀行カードローン10.5%~18.0%400万円
千葉銀行フリーローン1.7%~14.8%800万円
横浜銀行フリーローン1.9%~14.6%1,000万円
消費者金融アイフル3.0%~17.5%800万円
プロミス6.3%~17.8%300万円
アコム7.7%~18.0%300万円◎ ◎ 

この中でおまとめにおすすめのローンを4つ紹介します。

新規で申し込むならりそな銀行や銀行、審査に自信が無いならプロミスやアイフルをおすすめします。

5-1. 東京スター銀行おまとめローン|専用のおまとめローンがある銀行

東京スター銀行

東京スター銀行』には、おまとめローン(スターワン乗り換えローン)という複数の借入れを一括するための専用ローンが用意されています。

おまとめの専用ローンが用意されている銀行は、少ないので頼りがいがあります。

税込年収が200万円以上の方で、正社員・契約社員・派遣社員なら申し込むことができます。

1,000万円の限度額なので、限度額が希望額を下回ることはないはずです。

上限額1,000万円通常金利9.8~14.6
審査スピード仮審査最短3日土日可能か
審査あり
借入れ期間10年在籍確認 原則あり
来店要否不要口座要否必要
返済日
毎月10日
申込対象者年齢20~65歳未満
安定した収入がある方(正社員・契約社員・派遣社員)

東京スター銀行おまとめローン公式ページ:

https://www.tokyostarbank.co.jp/products/loan/unsecured_refinance/

最新情報はこちらをご覧ください。

5-2. イオン銀行フリーローン|金利がお手頃なカードローン

イオン銀行のロゴ

イオン銀行フリーローン』は金利がお手頃なフリーローンで、おまとめに利用できます。

金利にこだわりたい方におすすめのフリーローンです。

銀行の審査は消費者金融と比べると難しいですが、イオン銀行は他行ほど審査を厳しくしていないと言われ、「穴場」と言われることがあります。

ただし、融資までの期間が若干長く、口座を持っている方は1~2週間、口座を持っていない人は2~3週間かかるので注意が必要です。

上限額700万円通常金利3.8~13.5
審査スピード融資まで1~3週間土日可能か
審査あり
借入期間8年在籍確認手段原則あり
来店要否不要口座要否必要
返済日
27日毎月
申込対象者年齢20~60歳
原則、前年度税込年収が200万円以上の方
※年金受給者、学生、無職(専業主婦(夫))の方は不可

イオン銀行カードローン公式ページ:

https://www.aeonbank.co.jp/loan/lp/netfree_loan6.html

最新の情報は公式ページをご覧ください。

5-3. アイフル|融資まで最短25分で終わる消費者金融

アイフルのロゴ

アイフル』は、1967年に創業された老舗のカードローン会社です。

アイフルには、おまとめMAXとかりかえMAXという2つのおまとめ用の商品があり、借金をまとめたい方・借り換えたい方におすすめです。

商品名実質年率対象
おまとめMAX3.0~17.5%アイフルと他社それぞれに債務がある方
かりかえMAX3.0~17.5%他社のみに債務がある方

このプランを使うことで利率の削減・返済の負担減が期待できます。

アイフルでは在籍確認を原則しない方針なので、会社への連絡を避けたい方にもおすすめです。

上限額800万円通常金利3.0~17.5
審査スピード契約まで最短25分(※)土日可能か
借入期間最長10年在籍確認手段応相談
来店要否不要口座要否不要
返済日毎月1回or35日ごと
申込対象者年齢20~69歳
(収入あれば学生やフリーター可、専業主婦不可)

※WEB申込み限定で、申し込みの状況によっては希望にそえない場合があります。おまとめローンの利用では若干長くなることを想定しておきましょう。

アイフル公式ページ:

https://www.aiful.co.jp/

アイフルの口コミや評判が気になる方は、「350の口コミ・評判でわかるキャッシング『アイフル』の真実」に350人分の口コミをまとめましたので参考にしてみてください。

5-4. プロミス|消費者金融で一番顧客満足度が高いカードローン

プロミスのロゴ

プロミス』は、SMBCグループの株式会社SMBCコンシューマーファイナンスによって運営されるローンブランドです。

プロミスでは次のようなメリットがあります。

  • 利用でポイントがたまり無利息期間等と交換可能
  • アプリdeクーポン、おとくらぶなどの優待サービスあり

プロミスは消費者金融で顧客満足度1位の評価を獲得しています。

ただ、おまとめローンではアイフルより金利が若干高く、おまとめローンでは300万円という若干低めの上限額になっています。

上限額300万円実質年率6.3~17.8
審査スピード契約まで最短30分土日可能か
借入期間最長10年在籍確認手段相談で書類の提出のみ
来店要否不要口座要否不要
返済日毎月1回or35日ごと
申込対象者年齢20~69歳
(収入あれば学生・専業主婦・フリーター可)

プロミス公式ページ:

https://cyber.promise.co.jp/

プロミスの評判が気になる方は300人分の口コミをまとめましたので「300の口コミ・評判でわかるキャッシング『プロミス』完全ガイド」を参考にしてみてください。

6. 楽天銀行スーパーローンに関するQ&A

楽天銀行でのおまとめに関して、よくある疑問についてQ&A形式にしてまとめました。

  1. 専業主婦は楽天銀行でおまとめできますか?
  2. おまとめには楽天銀行の口座が必要ですか?
  3. そもそもおまとめにはどんなメリットがありますか?
  4. おまとめはカードローンとフリーローンのどちらが良いですか?
  5. ローン申し込みに失敗した原因は何でしょうか?

それぞれ紹介します。

6-1. 専業主婦は楽天銀行でおまとめできますか?

楽天銀行のスーパーローンは、専業主婦の申し込みが可能です。

したがって、専業主婦の方でもおまとめローンとして利用することができます。

ただし、借入れ額が大きくなると、審査に通るのが厳しくなるので注意してください。

6-2. おまとめには楽天銀行の口座が必要ですか?

楽天銀行スーパーローンは、口座なしで作ることができます。

ただし、口座を持っているとATMの利用手数料無料や、楽天ポイントが溜まりやすくなるというメリットがあるので、作ったほうが良いでしょう。

ATM利用手数料無料他行振込無料楽天スーパーポイント倍率アップ
スーパーVIP7回/月3回/月3倍
VIP5回/月3回/月3倍
プレミアム2回/月2回/月2倍
アドバンスド1回/月1回/月2倍
ベーシック1倍

ハッピープログラムのランクがVIPならスーパープレミアム、プレミアムならVIP、アドバンスドならプレミアム、というように1ランクアップします。

楽天銀行は口座開設キャンペーンをやっていて、1000ポイントもらえる時もあるので、作る価値は十分あります。

6-3. そもそもおまとめにはどんなメリットがありますか?

おまとめをすると以下のようなメリットやデメリットがあります。

メリットデメリット
  • 毎月の返済が1回になるので管理が簡単!
  • 毎月の返済の負担が減る
  • 利率が低くなる可能性大!
  • 支払い総額が高くなる可能性がある
  • 審査が厳しい

返済が月一度になり、利息も減るなど、多重債務者の方には相当なストレス削減になります。

借金が何箇所にもあるなら、はやめに検討することをおすすめします。

6-4. おまとめはカードローンとフリーローンのどちらが良いですか?

おまとめローンが無い銀行では、一般的にフリーローンが推奨されています。

ただし、銀行によってはフリーローンが無く、カードローンがおすすめされている場合があるので、銀行がおすすめする方に従いましょう。

ちなみに、フリーローンとカードローンには次のような違いがあります。

種類借り方どんな人に向いている?
フリーローン・一括で借入れする。・計画的に返済をしたい人
カードローン・カードで必要なだけ借入れできる。・おまとめした後も借入れしたい人

「もう借金はしない。コツコツ完済する!」と固い意志があるなら、フリーローンがおすすめです。

逆に、「また、借入れが必要になるかも」と、不安になるならカードローンがおすすめです。(ただし、借入れ希望額に届かない場合も多く、おまとめできない場合も多々あります)

6-5. ローン申し込みに失敗した原因は何でしょうか?

ローン申し込みに失敗する原因は様々です。下の表に主な原因と対策をまとめました。

原因解説&対策
①収入に対して借入希望額が大きすぎる・年収の1/3以上あると厳しい
・借金をできるだけ減らすor債務整理を検討する
②短い期間に何か所も借入の申込をしている・一度に何社も申し込むと怪しまれる
・6ヶ月で2社以内にする
③数社からの多額の借入がある・4~5社以上の借り入れは厳しい
・できるなら3社におさえる
④過去に支払いの遅れ(携帯電話・クレジットカードなど)がある・返済遅延などしていると新規借入が困難になる
・信用情報機関(CICJICCKSC)に確認する
⑤銀行からの連絡にすぐに返答しない・無視する・電話があったら無視しない。折り返す。
⑥申込情報が不正確だった・借金情報は信用情報機関で共有されているので嘘はバレるので、本当情報を正確に書く

借入希望額が大きいということは、それだけ審査も厳しくなります。

もし、返済がどうしても厳しいなら、債務整理を視野に入れていきましょう。

7. さいごに

楽天銀行のスーパーローンのおまとめについて紹介してきましたが、参考になりましたか?

楽天銀行はおまとめ専用のローンはありませんが、カードローンであるスーパーローンでおまとめを受け付けています。

金利は高くなく、楽天ポイントが貯まるので、楽天ユーザーは検討すると良いでしょう。

楽天銀行以外が良いと思った人や、おまとめできなかった人はこちらのローンをおすすめします。

このページが読者の皆様のおまとめローン選びにお役に立てることをお祈りします。

楽天銀行スーパーローン公式ページ

https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/

スーパーローンの申し込みはこちらからできます。

最後に、楽天銀行カードローンの基本情報をまとめておきます。

楽天銀行スーパーローン詳細情報

申込できる人以下の全ての条件を満たす方

①満年齢20歳以上62歳以下の方 (※1)

②日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)

③お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方

④楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる方 (※2)

※1 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下

※2 当行が認めた場合は不要です

申込方法
  • インターネット
申込受付時間24時間365日
必要書類・物品1.楽天銀行スーパーローン申込書兼保証依頼書
(インターネット申込の場合は不要です)
2.本人確認書類  以下(1)(2)のいずれか
(1)以下のうち1点
■住民票の写し(原本)
■印鑑登録証明書(原本)
(2)以下のうち2点
■運転免許証(裏面に変更情報がある場合、表面及び裏面)の写し
■健康保険証(お名前、生年月日、ご住所欄)の写し
■パスポート(日本国内で発行のもの。顔写真および所持人記入欄)の写し
■その他当行が指定する本人確認書類
※本人確認書類が1点の場合、当該本人確認書類に加え、申込登録住所が記載された納税証明書または税金の領収書、社会保険料や公共料金の領収書(発行日または領収日が3ヶ月以内)のうち、いずれか1点が必要となります。
※本人確認書類に記載の住所が申込登録住所と相違する場合、当該本人確認書類1点に加え、申込登録住所が記載 された納税証明書または税金の領収書、社会保険料や公共料金の領収書(発行日または領収日が3ヶ月以内)のうち、いずれか2点が必要となります。
3.収入証明書類
(1)お勤めのかた…源泉徴収票・課税証明書(所得証明書)※収入・所得額の記載があるもの・給与明細書のいずれかの写し(2)ご自営のかた…課税証明書(所得証明書)※収入・所得額の記載があるもの・確定申告書のいずれかの写し
※審査の結果、上記書類以外に当行指定の書類をご用意いただく場合があります。 ※お送りいただいた書類はご返却できません。あらかじめご了承ください。
利用限度額800万円(10万円単位で選択)
※審査の結果、ご希望の限度額を減額させていただく場合もあります。
※専業主婦の方については、ご利用限度額は50万円となります。
利率
ご利用限度額お借入利率
10万円以上100万円未満14.5%
100万円以上200万円未満9.6%〜14.5%
200万円以上300万円未満6.9%〜14.5%
300万円以上350万円未満4.9%〜12.5%
350万円以上500万円未満4.9%〜8.9%
500万円以上600万円未満4.5%〜7.8%
600万円以上800万円未満3.0%〜7.8%
800万円1.9%〜4.5%

※お借入利率は変動金利です。

借入方法■ 提携CD・ATMによるお借入れ
楽天銀行スーパーローンカードを利用して提携CD・ATMからご出金いただけます。
※ただし、MY ONEネット特約会員は提携CD・ATMによるお借入れはできません。
■ お振込によるお借入れ お客さまのご指定口座へお借入金をお振込いたします。
※お借入は1万円以上千円単位となります。提携会社/金融機関により、1回あたりのお借入可能額が異なります。
取引期間1年ごとの自動更新
返済方法■ ご指定口座からの自動振替
約定返済日にお客さまの引落登録口座から約定返済額を自動振替させていただきます。
約定返済日は、1日、12日、20日、27日の中からお選びいただけます。
※27日は楽天銀行口座をお引き落とし口座にご指定いただく場合のみお選びいただけます。
(当日が金融機関休業日(土・日・祝・年末年始)にあたる場合は翌営業日となります。)
約定返済日の前日までにご指定口座へご入金ください。
※当行が定めた期日までに口座振替依頼書をご返送いただけない場合は出金を停止させていただきます。
■ 提携CD・ATMによるご返済
楽天銀行スーパーローンカードを利用して提携CD・ATMからご返済いただけます。
※ただし、MY ONEネット特約会員は提携CD・ATMによるご返済はできません。
■ インターネットによるご返済
Pay-easy(ペイジー)を利用して、お客さまの金融機関口座からインターネットバンキングによりご返済いただけます。
※約定返済日の前14日間に約定返済額以上のご返済があった場合は、約定返済日のご返済があったものとみなします。
ただし、上記の場合でも手続上、約定返済日に口座振替がなされる場合があり、この場合は振替られた金額は後日当行 所定の方法により精算(振替日において貸付元金並びに貸付利息の返済に充当することを含みます。)いたします。
※以下の場合は、繰上げ返済扱いとなります。
①約定返済日の前14日間のご返済が約定返済額に満たない場合
②約定返済日の前14日間より以前にご返済された場合
※尚、上記の場合の約定返済日のご返済額は以下のとおりとなります。
①の場合:約定返済額から繰り上げ返済額を差し引いた額
②の場合:約定返済額全額 ※お借入残高がない状態でお借入をされた場合は、お借入日の翌日から約定返済日までの期間が14日以上の場合は お借入れ直後の約定返済日が1回目の約定返済日となり、この期間が14日未満の場合には次の約定返済日が1回目 の約定返済日となります。
ただし、入会から1ヶ月以内にお借入れをされた場合には、口座振替手続きの都合上、それぞれの翌月がご返済開始月となる 場合があります。
※約定返済を遅延された場合は、遅延分をご返済いただくまで追加のお借入はできません。
返済日毎月1日・12日・20日・27日から選択(当日が金融機関休業日にあたる場合は翌営業日)

※27日は楽天銀行口座で引き落としを指定する場合のみ

返済金額■ 毎月返済額
ご融資残高に応じて返済額が確定します。
残高スライドリボルビング返済方式D

ご利用残高毎月返済額
10万円以内2千円
10万円超30万円以内5千円
30万円超50万円以内1万円
50万円超100万円以内1万5千円
100万円超150万円以内2万円
150万円超200万円以内3万円
200万円超250万円以内3万5千円
250万円超350万円以内4万円
350万円超400万円以内4万5千円
400万円超500万円以内5万円
500万円超600万円以内6万円
600万円超700万円以内8万円
700万円超800万円以内10万円
遅延損害金ご返済を遅延された場合の損害金は、残元金債務全額に対し、年19.9%の割合により、 1年を365 日とする日割計算によって算出された金額とします。
(約定返済日の翌日から計算されます。)
利用明細パソコン用「メンバーズデスク」への表示

※一部の人には提携ATM利用を利用すると郵送される(送付先は自宅か勤務先を指定できる)