世界一わかりやすいデビットカードの作り方とおすすめ3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

デビットカードの作り方を知りたいと考えていませんか。

デビットカードの作り方は非常に簡単で、さらに審査なしで作ることができます。しかし、デビットカードを作る際に知っておかなければ、また作り直さなければいけなくなるような注意点もあるので注意しましょう。

そこでこの記事では大手金融会社3社で勤務した経験がある私がデビットカードの作り方と注意事項、おすすめのデビットカードについて以下の流れで紹介していきます。

  1. デビットカードの作り方3つのポイント
  2. おすすめのデビットカード3選

この記事ではデビットカードの作り方から、おすすめのデビットカードまで全てを紹介しているので、デビットカードについて全てを知ることができます。

1. デビットカードの作り方3つのポイント

デビットカードは審査もなく、作り方も非常に簡単なのでカードの定める年齢制限(多くの場合15歳以上)の方であれば、誰でも作ることができます。

この章ではデビットカードの作り方について以下の流れで紹介していきます。

  1. デビットカードを作るのに用意するもの
  2. デビットカードの作り方
  3. デビットカードを作る際の注意事項

この章を読むことでどのデビットカードも基本的に作ることができます。

1-1. デビットカードを作るのに用意するもの

デビットカードを発行しているのはクレジットカード会社ではなく、銀行です。

そのため、デビットカードを作るためにはまず、その銀行の口座を開設する必要があります。(多くの場合、銀行口座とデビットカードは同時に作れます)

デビットカードを作るために必要なものは以下の2つです。

  • 身分証明書
  • 印鑑

詳細は以下の通りです。

身分証明書

身分証は以下のいずれかのものが利用可能です。

  • 免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(写真付き)
  • 住民票の写し
  • 保険証と公共料金の領収証

免許証などであれば、それだけで大丈夫なのですが保険証の場合は公共料金(電気代や水道料金)の領収証の原本も必要です。

実家暮らしの方で公共料金の領収証が親名義の場合などであっても、名字が同じであれば問題ありません。

また、上記にないように学生証は身分証明書として利用できない場合が多いです。

印鑑

一般的に金融機関ではシャチハタ印は利用できない場合が多いです。

朱肉印ならば確実なので朱肉印の利用をおすすめします。また、一部ネット銀行では不要なケースもあります。

1-2. デビットカードの作り方

デビットカードを発行するにはその銀行の口座を作る必要があります。

  • 三菱東京UFJ-VISAデビットカードを作る→三菱東京UFJ銀行の口座が必要
  • ソニー銀行VISAデビットカードを作る→ソニー銀行の口座が必要

基本的に銀行口座は公式ホームページからも開設可能です。

例えば、ソニー銀行は以下のように公式ホームページから口座開設が可能となっており、口座開設とデビットカードが同時に申し込むことができます。

出典:ソニー銀行

上記のようにして、申し込みが完了すると、カードによりますが最短3営業日程度から1週間程度で受取る事ができます。

申込み時に身分証明書を提出していなかった場合、受け取る際に身分証明書の提示が必要になることが多いです。

1-3. デビットカードを作る際の注意事項

デビットカードを作る際に以下の2つについて気をつけましょう。

  • 来店が必要な銀行もある
  • 「ジェイデビットカード」に注意

デビットカードを作る際にこの2つに気をつけなければまた1から申し込みし直すことになったりもするので注意しましょう。

来店が必要な銀行もある

ソニー銀行や楽天銀行などのようなネット銀行ならば問題ないのですが、メガバンクや地方銀行の場合、デビットカードの発行に来店を要する場合もあります。

そのため、ネット銀行以外のデビットカードを作る場合はなるべく近くに店舗の歩い銀行を選びましょう。

「ジェイデビットカード」に注意

デビットカードは日本のいろんな銀行で作ることができます。しかし、ゆうちょや日本の銀行の多くで作れるデビットカードは「VISAデビットカード」や「JCBデビットカード」ではなく、「ジェイデビットカード」なのです。

「VISAデビットカード」、「JCBデビットカード」と「ジェイデビットカード」の違いは以下の通りです。

「VISAデビットカード」 クレジットカードと同様に海外(ほぼどこでも)やネットショッピングコンビニでも世界中のVISAのマークがあるお店で利用可能
「JCBデビットカード」 クレジットカードと同様に海外(東南アジアがほとんど)やネットショッピングコンビニでも世界中のJCBのマークがあるお店で利用可能
「ジェイデビットカード」 ジェイデビットのマークがある場所が少ないので海外やAmazonなどのネットショッピング、コンビニで利用することができない。

このようにせっかくデビットカードを作っても、「VISAデビットカード」や「JCBデビットカード」でなければ利用できる場所が限られてしまうのです。

日本で「VISAデビットカード」や「JCBデビットカード」が作れるのは以下のような銀行です。

次章からはおすすめのデビットカードについて紹介します。

この章で作り方を覚えたら、どのカードに申し込むかを決めましょう。

2. おすすめのデビットカード3選

この章では現在発行されている全てのデビットカードを以下の観点で比較し、最もお得なカードを以下の流れで紹介したいと思います。

  • デビットカード比較表
  • おすすめデビットカード3選
  • 地方銀行デビットカード比較表

また、この記事では「ジェイデビットカード」は利用可能地域が少ないので紹介していません。

2-1. デビットカード比較表

以下の観点で全てのをデビットカードを紹介していきたいと思います。

  • 年会費
  • ポイント還元率
  • 付帯保険

また、この比較表では全国どこにいてもお得にできるカードを紹介していくので、地方銀行が発行しているカードについては省略してあります。

以下の表はメガバンクとネットバンクの全デビットカード17枚の比較になります。

-スマホの方はスクロールできます-

カード名 発行銀行 年会費 ポイント還元率 付帯保険

三菱東京UFJ-Visaデビット

三菱東京UFJ銀行 1,080円 0.2%~最高0.6%
  • ショッピング保険
  • 不正利用補償

SMBCデビット(Visa)

三井住友銀行 無料 0.25%
  • 海外ショッピング補償
  • 偽造や盗難補償

みずほJCBデビット

みずほ銀行 1,080円 0.2%
  • 旅行傷害保険(国内・海外
  • ショッピングガード保険
  • 不正利用補償

りそなVisaデビットカード

りそな銀行 540円 0.05%
  • 不正利用補償
  • 【JMBのみ】ショッピング保険

りそなVisaデビットカード(JMB)

りそな銀行 1,080円 マイル還元率0.5%
  • 不正利用補償
  • 【JMBのみ】ショッピング保険

Sony Bank Wallet(Visa)

ソニー銀行 無料  0.5%~最大2%
  • ショッピング保険
  • 不正利用補償

イオン銀行CASH+DEBIT(JCB)

イオン銀行  無料  0.5%
  • カード盗難保障無料付帯
  • 不正利用補償
  • イオン系列での優待多数

イオンデビットカード(Visa)

イオン銀行 無料  0.5%
  •  カード盗難保障無料付帯
  • 不正利用補償
  • イオン系列での優待多数
  • WAON機能

楽天銀行デビットカード(JCB)

楽天銀行  無料  1.0%
  •  不正利用補償
  • 盗難補償

楽天銀行デビットカード(Visa)

楽天銀行  1,029円  0.2%
  •  不正利用補償
  • 盗難補償

楽天銀行デビットカードゴールド(Visa)

楽天銀行  3,086円  0.5%
  •  不正利用補償
  • 盗難補償

Visaデビット付きキャッシュカード

住信SBIネット銀行 無料  0.6%
  •  不正利用補償
  • 盗難補償

Visaデビット

ジャパンネット銀行 無料 0.25%
  •  不正利用補償
  • 第三者不正使用保険付帯

Visaデビット(ファミリーマート提携)

ジャパンネット銀行 無料 0.25%〜0.5%
  •  不正利用補償
  • 第三者不正使用保険付帯

セブン銀行デビット付きキャッシュカード(JCB)

セブン銀行  無料 0.5%~1.5%
  •  不正利用補償
  • 盗難補償
  • nanaco機能

リクルートポイント付きVisaデビットカード

スルガ銀行 リクルート支店  無料  0.8%
  •  不正利用補償
  • 盗難補償
  • お買い物安心サービス

Financial Pass Visaデビットカード(Visa)

スルガ銀行 ANA支店 無料  前年の利用額に応じて年1回

  • 100万円以上200万円以内:3000マイル
  • 200万円以上:8000マイル
  •  不正利用補償
  • 盗難補償
  • お買い物安心サービス
  • 旅行傷害保険

以上が地方銀行を除く、メガバンクとネットバンクの全デビットカード17枚の比較になります。

2-2. おすすめデビットカード3選

比較の結果、以下の3枚のカードをお得なカードとして紹介します。

  • 『Sony Bank Wallet(Visa)』
  • 『セブン銀行デビットカード』
  • 『リクルートポイント付きVisaデビットカード』

この3枚のカードは11枚しかない年会費無料のデビットカードの中でもポイント還元率や付帯保険が特に優れたカードです。

『Sony Bank Wallet(Visa)』

Sony Bank Wallet(Visa)』はすべてのデビットカードの中で最もお得に利用できる年会費無料カードです。

また、年会費無料カードの中で唯一ショッピング保険が付帯しており、購入商品が破損したり盗難にあった場合も補償してもらうことができます。

さらに、ポイント還元率も最大2.0%まで高くなり、しかもそれが毎月キャッシュバックされる形で返ってきます。このカードは以下の公式ホームページから口座と一緒にすぐに作ることができます。

『Sony Bank Wallet(Visa)』公式ホームページ

http://moneykit.net/visitor/sbw/

※Sony Bank Wallet(Visa)の公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

『セブン銀行デビットカード』

セブン銀行デビットカード』はセブン銀行が発行する年会費、発行手数料が無料でポイント還元率が0.5%のカードです。また、セブン&アイ・ホールディングスのお店での利用でポイント還元率が1.5%にもなるるカードです。

セブンイレブンが至る所にあるのでカードを利用する機会が多く、ATMも多くあるのでお金の出し入れもし易いのでメインバンクとしても非常に優れています。

このカードは以下の公式ホームページから口座と一緒にすぐに作ることができます。

『セブン銀行デビットカード』公式ホームページ

https://www.netbk.co.jp

※セブン銀行デビットカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

『リクルートポイント付きVisaデビットカード』

リクルートポイント付きVisaデビットカード』は年会費無料のカードで、いつ使ってもポイント還元率が0.8%となっており、非常にお得です。また、リクルートポイントはローソンなどで利用可能なPontaにも交換できるので非常に使いやいです。

さらに、貯まるポイントはリクルートポイントですがこのカードはHOT PEPPERやじゃらんなどのリクルートサービスで利用することができます。

このカードは以下の公式ホームページから口座と一緒にすぐに作ることができます。

『リクルートポイント付きVisaデビットカード』公式ホームページ

http://www.surugabank.co.jp/recruit/

※リクルートポイント付きVisaデビットカードの公式ページは複数ありますが、上記URLが一番わかりやすいページでした。

2-3. 地方銀行デビットカード比較表

地方銀行は地域密着型の銀行で近くに地方銀行の支店がある方は利用している方も多いんじゃないでしょうか。

地方銀行のデビットカードはそれぞれに大きな違いはないので基本的に自分の住んでいる地域のカードを作ることをお勧めします。

以下のカードが地方銀行のデビットカード26枚になります。

-スマホの方はスクロールできます-

カード名 発行銀行 年会費 ポイント還元率 付帯保険

ひめぎんJCBデビットカード

愛媛銀行 1,250円 0.1%
  • 旅行傷害保険
  • 不正利用補償

Debit +(JCB)

福岡銀行 1,350円 0.25%〜0.5%
  • 旅行傷害保険(国内・海外
  • ショッピングガード保険
  • 不正利用補償
  • 交通系ICカード付帯

Debit +ゴールド(JCB)

福岡銀行 10,800円 0.5%〜1.0%
  • 旅行傷害保険
  • ショッピングガード保険
  • 不正利用補償
  • 交通系ICカード付帯

NCBデビット-JCB

西日本シティ銀行 1,080円 0.25%
  • お買物安心保険
  • 不正利用補償

NCBデビット-Visa

西日本シティ銀行 1,080円 0.1%
  • 旅行傷害保険
  • ショッピングガード保険
  • 不正利用保障

OKBデビット(JCB)

大垣共立銀行 1,080円 0.1%
  • 旅行傷害保険
  • 不正利用補償

ワイエムデビットJCB

山口銀行

北九州銀行

もみじ銀行

1,080円 0.1% 不正利用補償

ワイエムデビットJCB

山口銀行

北九州銀行

もみじ銀行

10,800円 0.1% 不正利用補償

東邦Alwaysデビットカード(JCB)

東邦銀行 1,350円 0.1%
  • 旅行傷害保険
  • 不正利用補償

東邦Alwaysデビットカード(JCB)

東邦銀行 10,800円 0.1%
  • 旅行傷害保険
  • 不正利用補償

ちばぎんスーパーカード(JCB)

千葉銀行 1,350円 0.1%
  • 旅行傷害保険
  • ショッピングガード保険
  • 不正利用保障

ちばぎんスーパーカード(JCB)

千葉銀行 10,800円 0.1%
  • 旅行傷害保険
  • ショッピングガード保険
  • 不正利用保障

北洋JCBデビット

北洋銀行 540円 0.1%
  • 旅行傷害保険
  • 不正利用補償

りゅうぎんVisaデビットカード

琉球銀行 540円 0.2%
  • 旅行傷害保険
  • ショッピングガード保険
  • 不正利用保障

近畿大阪Visaデビットカード

近畿大阪銀行 540円 0.2% 不正利用補償

近畿大阪VisaデビットカードJMB

近畿大阪銀行 1,080円 マイル還元率0.5%
  • ショッピングガード保険
  • 不正利用保障

北國Visaデビットカード

北國銀行 無料 0.5% 不正利用補償

北國Visaデビットゴールドカード

北國銀行 5,400円 1.0%
  • 不正利用補償
  • お買い物安心保険
  • 海外旅行傷害保険

あおぞらキャッシュカード・プラス(Visa)

あおぞら銀行 無料 0.25%~
  • 旅行傷害保険
  • 不正利用補償

スルガのVisaデビット

スルガ銀行 無料
  • キャッシュバック0.2%
  • マイル還元率0.5%
  • 不正利用補償
  • お買い物安心保険

紀陽JCBデビットカード

紀陽銀行 1,080円 0.1% 不正利用補償

ほくぎんデビット-JCB

北陸銀行 1,080円 0.1% 不正利用補償

ほくぎんデビット-Visa

北陸銀行 1,080円 0.25%
  • 旅行傷害保険
  • 不正利用補償

77JCBデビット

七十七銀行 1,352円 0.1% 不正利用補償

77JCBデビット

七十七銀行 10,800円 0.1% 不正利用補償

JOYO CARD Debit(Visaデビット)

常陽銀行 1,080円 0.2%
  • ショッピングガード保険
  • 不正利用保障

以上が地方銀行のデビットカードのまとめになります。

地方銀行のカードはもともと利用している地方銀行がある方におすすめです。

 3. まとめ

以上がデビットカードの作り方になります。

デビットカードを発行するにはその銀行の口座を作る必要があります。(多くの場合、銀行口座とデビットカードは同時に作れます)

基本的に銀行口座は公式ホームページからも開設可能です。また、デビットカードを作るために必要なものは以下の2つです。

  • 身分証明書
  • 印鑑

また、デビットカードを作る際に以下の2つについて気をつけましょう。

  • 来店が必要な銀行もある
  • 「ジェイデビットカード」に注意

これから新しく口座を開設してデビットカードを作る方におすすめのカードは以下の3枚です

あなたがきちんとデビットカードを作れることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket