4つの限度額別にわかる!低金利のカードローン9選

5つの限度額別にすぐわかる!低金利のカードローン12選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「低金利のカードローンはどこ?」と、金利の低いカードローンを探していませんか?

金利にこだわってカードローンを選ぶのは良いですが、金利だけに注目して選ぶと逆に損する恐れがあるので注意が必要です。

本ページは、4年前まで銀行でカードローン審査を担当していた筆者が、無利息期間のあるカードローンや、限度額別に低金利のカードローンをまとめたものです。

  1. 低金利カードローンを選ぶ際の3つのポイント
  2. 初回は金利のかからないカードローン3選
  3. 限度額50万円で金利の安いカードローン4選
  4. 限度額100万円で金利の安いカードローン3選
  5. 限度額150万円で金利の安いカードローン3選
  6. 限度額200万円超で金利の安いカードローン3選
  7. カードローンに関するQ&A

本ページを読んでいただければ、あなたの借入限度額に応じて最も低金利なカードローンを選べるのでぜひご覧ください。

著者プロフィール
里中健吾(37歳)
新卒で、メガバンクに入社。個人向けの営業を経験した後、大手消費者金融に転職。消費者金融ではカードローンの審査に携わる。
その後、ネット銀行に転職し、銀行系のカードローンの審査業務に携わる。
個人でもSNS等でカードローンの相談を受け、1,000人以上に選び方や審査のコツを伝授してきた。

1. 低金利カードローンを選ぶ際の3つのポイント

カードローンを利用する時に金利に注目するのは良いことですが、次の3点をおさえないと意味がありません。

  1. 短期間なら無利息間のあるカードローンを選ぶ
  2. 下限金利よりも上限金利に注目して選ぶ
  3. 借入希望額に合わせて低金利のカードローンを選ぶ

それぞれ紹介します。

1-1. 短期間なら無利息間のあるカードローンを選ぶ

金利だけに注目して選んでも、短期間の借入なら無利息期間で選んだ方がお得です。

例えば、「プロミス」なら初回は30日間金利手数料が無料なので、30日以内で返済するなら金利0%で借りられるわけです。

「今月の給料日までお金借りたい」という方は、無利息期間のあるカードローンを選びましょう。

1-2. 下限金利よりも上限金利に注目して選ぶ

カードローンでは以下のような宣伝が多いと思いますが、初めての利用者は基本的に1.9%ではなく、14.6%が適用されるので、上限金利に注目して選びましょう。

銀行のカードローンで多い宣伝

出典:横浜銀行カードローン

このカードローンで1.9%の金利で借りられる人は、1,000万円借りられる人だけです。

借入限度額は年収の1/3までなので、1,000万円の限度額になるためには、3,000万円以上の年収が必要です。

それに、年収が高くても返済してくれるか分からないので、カードローン会社は最初は限度額を低く設定することが多いです。

そういうわけで、最低金利で借りられることは期待してはいけません。

1-3. 借入希望額に合わせて低金利のカードローンを選ぶ

多くの銀行カードローンが以下のように、「限度額」などによって金利を定めています。

例えばイオン銀行だと限度額400万円を超える人は「3.8~8.8%」になりますが、50万円だと「11.8~13.8%」となります。

イオン銀行カードローンのイメージ

出典:イオン銀行カードローン

限度額は返済能力や取引実績などに合わせて「ここまでなら返してくれそう」とカードローン会社が判断したもので決まります。

最初は50万円程度の限度額になる場合がほとんどですが、長く借りていると限度額がアップし、金利を低くしてもらうことも可能です。

借入希望額が大きいなら、それに合わせて金利のお手頃なカードローンを選びましょう。

限度額別カードローン一覧

カードローンは限度額別に金利が変わります。下の表は、主なカードローン16社を借入限度額別に上限金利をまとめたもので、金利が低い所をマーキングしています。

例えば50万円が限度額の場合、「JCB」のカードローンが12.5%で最安になります。

会社 50 100 150 200 300
JCB 12.5 12.5 10.5 10.5 8.0
ソニー銀行 13.8 12.8 9.0 8.0 6.0
イオン銀行 13.8 13.8 13.8 11.8 8.8
みずほ銀行 14.0 12.0 12.0 9.0 7.0
新生銀行 14.8 12.0 12.0 9.0 7.0
りそな銀行 13.5 13.5 10.0 10.0 10.0
楽天銀行 14.5 14.5 14.5 14.5 12.5
三井住友銀行 14.5 14.5 12.0 12.0 10.0
三菱UFJ銀行 14.6 14.6 13.6 13.6 10.6
住信SBIネット銀行 14.79 14.79 11.99 11.99 8.99
オリックス銀行 17.8 14.8 14.8 12.8 12.8
プロミス 17.8 15.0 15.0 15.0 15.0
アイフル 18.0 15.0 15.0 15.0 15.0
SMBCモビット 18.0 15.0 15.0 15.0 15.0
アコム 18.0 15.0 15.0 15.0 15.0
レイクALSA 18.0 15.0 15.0 15.0 15.0

このページでは50・100・150・200万円に分けて紹介しますが、最初は50万円になる場合がほとんどなので、50万円の限度額に注目して選ぶのがおすすめです。

2. 初回は金利のかからないカードローン3選

30日以内で返済できる場合は、金利よりも無利息で借りられるカードローンを選ぶのがおすすめです。

下の表は無利息期間のあるおすすめのカードローン会社の情報をまとめたものです。

一番のおすすめは、無利息期間があって金利もお手頃な「プロミス」です。

会社 金利(%) 無利息期間 特徴
プロミス 4.5~17.8 30日 ・顧客満足度No.1
・最高金利が低い
レイクALSA 4.5~18.0 60日 ・無利息期間が長い
・5万円なら180日無利息
アイフル 3.0~18.0 30日 ・独自の審査基準
・書類で在籍確認可

無利息間期間の長さにだけこだわりたいなら、「レイクALSA」が良いでしょう。

ここで紹介するカードローンは銀行系のカードローンよりも借りやすく、即日で借りることも可能です。

2-1. プロミス|金利が18%を切り、無利息期間もあるおすすめのカードローン

プロミスのロゴ

プロミス』は、SMBCグループの株式会社SMBCコンシューマーファイナンスによって運営されるローンブランドです。

無利息期間のあるカードローンの中で、一番プロミスがおすすめな理由はいろいろあります。

  • ノンバンクカードローンの顧客満足度第一位
  • 多くの方が適用される「最高金利」が低い
  • 利用でポイントがたまり無利息期間等と交換可能
  • プリペイドへの申し込みで「2000円分」のチャージカードがもらえる

ノンバンクのカードローンでは充実した条件になっているので、確実に借りたいという方に最もおすすめです。

運営会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 通常金利 4.5~17.8
在籍確認手段 相談で書類の提出のみ 土日可能か
審査スピード 最短即日 家族にバレる可能性
(来店でのカード受取推奨)
上限額 500万円 収入証明書 50万円以上
他社合計100万円以上
来店要否 不要 口座要否 不要
申込対象者 年齢20~69歳
(収入あれば学生・専業主婦・フリーター可)

プロミス公式ページ:

http://cyber.promise.co.jp/

プロミスの評判が気になる方は300人分の口コミをまとめましたので「300の口コミ・評判でわかるキャッシング『プロミス』完全ガイド」を参考にしてみてください。

2-2. レイクALSA|無利息期間が最長60日のカードローン

レイクアルサ

レイクALSA』は、新生銀行グループの新生フィナンシャル株式会社が運営するカードローンです。

初めてでweb申込みの場合は、無利息期間が60日、5万円以下の借り入れなら180日の無利息期間が付くので、短期間だけ借りたいという方におすすめです。

また、審査の時間も早く、カードレスで申込みから融資、返済までweb完結することができます。

申し込み前に仮審査を受けられるので、気になる方は確かめてみると良いでしょう。

運営会社 新生フィナンシャル株式会社 通常金利 4.5~18.0
在籍確認手段 原則あり 土日可能か
審査スピード 最短15秒 家族にバレる可能性
(WEB完結可)
上限額 500万円 収入証明書 50万円以上
他社合計100万円以上
来店要否 不要 口座要否 不要
申込対象者 年齢20~70歳
(収入あれば学生やフリーター可、専業主婦不可)

レイクALSA公式ページ:

http://lakealsa.com/

最新の情報は公式ページをご覧ください。

2-3. アイフル|独自の審査基準があるカードローン会社

アイフルのロゴ

アイフル』は、1967年に創業された老舗のカードローン会社です。

歴史が長いだけあって独自のノウハウがあるので、他のカードローン会社での申込みが失敗したという方にもおすすめです。

会社の在籍確認についても、相談すれば給与明細のコピーで対応してくれるなど、柔軟な対応をしてくれます。

アイフルでは、web申込みをして電話をすると優先して審査を開始してくれるサービスがあるので、急ぎの方は合わせて利用しましょう。

運営会社 アイフル株式会社 通常金利 3.0~18.0
在籍確認手段 応相談 土日可能か
審査スピード 最短即日 家族にバレる可能性
(WEB完結可)
上限額 800万円 収入証明書 50万円以上
他社合計100万円以上
来店要否 不要 口座要否 不要
申込対象者 年齢20~69歳
(収入あれば学生やフリーター可、専業主婦不可)

アイフル公式ページ:

https://www.aiful.co.jp/

アイフルの口コミや評判が気になる方は、「350の口コミ・評判でわかるキャッシング『アイフル』の真実」に350人分の口コミをまとめましたので参考にしてみてください。

3. 限度額50万円で金利の安いカードローン4選

無利息期間よりも長く借りたいという方は、低金利のカードローンに注目しましょう。

最初から50万円を超える限度額をもらえる人は少ないので、50万円の限度額の金利が低いカードローンから選ぶのがおすすめです。

50万円の限度額では大体14~18%の金利が一般的で、13%程度だとお手頃と言えます。

(参考)限度額 50万円の時の主な利率

オリックス銀行カードローン 12.0%~17.8%
楽天銀行 14.5%

ちなみに、年収が高くても初めての取引の場合は、信用が少ないと判断されて、限度額が低めになる可能性が高いです。

※50万円以上必要な方や、長く使って限度額を増やしていきたい方は次の章以降を参考にしてみましょう。

3-1. JCB カードローンFAITH|低金利でキャンペーンも充実したカードローン

JCBのカードローンFAITH

JCB カードローン「FAITH」』は、50万円以下の限度額で12.5%と最も低金利のカードローンの一つです。

2.5ヶ月分の利息キャッシュバックキャンペーンをやっており、このキャンペーンを入れると最もおすすめのカードローンと言えます。

アルバイトや学生の方は利用できないものの、企業で社員として働いている方であれば申し込みが可能です。

クレジットカードの審査のノウハウを生かして、きちんと柔軟に審査をしてくれるので、銀行のカードローンがダメだった方にもチャンスはあります。

運営会社 JCB 通常金利 4.4~12.5
在籍確認手段 原則あり 土日可能か
審査スピード 最短即日 家族にバレる可能性
(カードは郵送)
上限額 500万円 収入証明書 原則必要
来店要否 不要 口座要否 不要
申込対象者 年齢20~58歳
(学生・専業主婦・フリーター不可)

JCB カードローン「FAITH」公式ページ:

https://www.jcbloan.jp/cardloan

最新情報はこちらをご覧ください。

3-2. りそな銀行カードローン|フリーターやパートの方におすすめのカードローン

りそな銀行のカードローン

りそな銀行カードローン』は、銀行の中で最も上限金利の低いカードローンの一つです。

こちらのカードローンは、主婦や学生など継続的な収入が無い方は利用できませんが、フリーターやパート、派遣社員や契約写真の方は利用できます。

住宅ローンや給与振込に利用すると、0.5%の金利を下げてくれる金利優遇サービスを実施しています。

カードローンを利用するにあたって、口座契約が必要になるので注意してください。

上限額 800万円 通常金利 3.5~13.5
毎月返済額 1000円〜 土日可能か
審査あり
在籍確認手段 原則あり 家族にバレる可能性
(郵送)
審査スピード 1週間以内 収入証明書 50万円以上
来店要否 基本は不要 口座要否 必要
返済日 毎月5日(休日の場合は翌営業日)
申込対象者 年齢20~66歳未満
安定した収入がある方(学生・専業主婦は不可)

りそな銀行カードローン公式ページ:

http://www.resonabank.co.jp/

最新情報はこちらをご覧ください。

3-3. ソニー銀行カードローン|急いでいる方におすすめのカードローン

ソニー銀行

ソニー銀行カードローン』は、上限金利が14%を切る低金利カードローンの一つです。

初回振込みは指定口座に振り込んでくれるサービスをしているので、カードを受け取る前に振り込んでもらえるので、急いでいる方に向いています。

月々2,000円からの返済で、毎月の返済日は2、7、12、17、22、27日のうちから選択できます。

セブン銀行、イオン銀行、Enet、ローソン銀行ATM、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行や三井住友銀行などのATMが無料で使えます。

上限額 800万円 通常金利 2.5~13.8
毎月返済額 2000円〜 土日可能か
審査あり
在籍確認手段 原則あり 家族にバレる可能性 あり
(銀行名で郵送あり)
審査スピード 最短翌日 収入証明書 50万円以上
来店要否 不要 口座要否 必要
返済日 2、7、12、17、22、27日から選択
申込対象者 年齢20~65歳
(安定した収入が必要)

ソニー銀行カードローン公式ページ:

https://moneykit.net/visitor/loan/

最新の情報は公式ページをご覧ください。

3-4. イオン銀行カードローン|主婦におすすめのカードローン

イオン銀行のロゴ

イオン銀行カードローン』は、50万円以下の限度額でも11.8~13.8%と低金利のカードローンの一つです。

専業主婦でも50万円までは借りられることが大きな特徴なので、専業主婦の方におすすめです。

イオン銀行に口座がないと郵送してもらえるまでに時間がかかるので、急いでいる人にはあまり向きませんが、低金利です。

また、銀行の審査は難しいと言われる中で、イオン銀行は他行ほど審査を厳しくしていないと言われており、「穴場」とも言われています。

上限額 800万円 通常金利 3.8~13.8
毎月返済額 1000円〜 土日可能か
審査あり
在籍確認手段 原則あり 家族にバレる可能性
(郵送orテレビ窓口)
審査スピード 2~3日 収入証明書 50万円以上
来店要否 不要 口座要否 不要
返済日 20日
申込対象者 年齢20~64歳
(専業主婦は50万円まで)

イオン銀行カードローン公式ページ:

https://www.aeonbank.co.jp/loan/card_loan/

最新の情報は公式ページをご覧ください。

4. 限度額100万円で金利の安いカードローン3選

では続いて限度額100万円の場合の金利が安いカードを紹介します。

100万円を超える額の限度額をもらえる人は滅多にいないので、100万円以上必要な方や、長く使って限度額を増やしていきたい方は見ていきましょう。

多くのカードローンでは以下のように13~14%以上の利率が多いです。

(参考)限度額100万円の時の主な利率

三井住友銀行カードローン 14.5%
イオン銀行 13.8%

100万円の限度額において、上限金利が低いカードローンは次の3つです。

それぞれ紹介します。

4-1. みずほ銀行カードローン|メガバンクの中で一番低金利のカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン』はメガバンクの中で最も金利の低いカードローンになっています。

こちらのカードローンを利用すると、みずほマイレージクラブの「うれしい特典」が適用され、ATMやみずほダイレクトなどの振込手数料が無料になります。

口座が必要なので、カードローンに合わせて申し込む必要がありますが、すでに口座を持っている方は、使っているキャッシュカードをそのまま利用できます。

みずほ銀行の住宅ローンを利用している方は、金利が優遇されます。みずほ銀行ユーザーにおすすめのカードローンです。

上限額 800万円 通常金利 2.0~14.0
毎月返済額 2000円〜 土日可能か
審査なし
在籍確認手段 原則あり 家族にバレる可能性
(郵送)
審査スピード 2~3日 収入証明書 50万円以上
来店要否 不要 口座要否 必要
返済日 毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)
申込対象者 年齢20~66歳未満
(安定した収入がある方)

みずほ銀行カードローン公式ページ:

https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/card/index.html

最新の情報は公式ページをご覧ください。

4-2. 新生銀行スマートローンカードプラス|キャンペーンが充実している会社

新生銀行のロゴ

新生銀行スマートカードローンプラス』は、利用者サービスが充実したカードローンで、次のようなメリットがあります。

  • 初めての利用者はTポイント1000
  • 収入証明書の提出でTポイント1000
  • 新生ステップアッププログラムが「新生ゴールドランク」になる

新生ゴールドランクになると、セブンイレブンなどの提携ATMの利用手数料が無料になったり、5回まで振込手数料が無料になるなどの特典があります。

新生銀行の口座を持っているなら、新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)で、深夜の借入や返済ができます。

新生銀行を普段使っている方は利用を検討しても良いでしょう。

上限額 500万円 通常金利 4.5~14.8
毎月返済額 2000円〜 土日可能か
審査あり
在籍確認手段 原則あり(電話相談で回避できる場合あり) 家族にバレる可能性 あり
(新生ダイレクト利用者は無し)
審査スピード 口座あれば最短即日
なければ最短翌日
収入証明書 50万円以上
来店要否 不要 口座要否 不要
返済日 自由
申込対象者 年齢20~70歳
(本人・配偶者に安定した収入必要)

新生銀行スマートカードローンプラス公式ページ:

https://www.shinseibank.com/powerflex/splus/

最新の情報は公式ページをご覧ください。

4-3. JCB カードローンFAITH|低金利でキャンペーンも充実したカードローン

JCBのカードローンFAITH

JCB カードローン「FAITH」』は、50万円以下の限度額で12.5%と最も低金利のカードローンの一つです。

2.5ヶ月分の利息キャッシュバックキャンペーンをやっており、このキャンペーンを入れると最もおすすめのカードローンと言えます。

アルバイトや学生の方は利用できないものの、企業で社員として働いている方であれば申し込みが可能です。

クレジットカードの審査のノウハウを生かして、きちんと柔軟に審査をしてくれるので、銀行のカードローンがダメだった方にもチャンスはあります。

運営会社 JCB 通常金利 4.4~12.5
在籍確認手段 原則あり 土日可能か
審査スピード 最短即日 家族にバレる可能性
(カードは郵送)
上限額 500万円 収入証明書 原則必要
来店要否 不要 口座要否 不要
申込対象者 年齢20~58歳
(学生・専業主婦・フリーター不可)

JCB カードローン「FAITH」公式ページ:

https://www.jcbloan.jp/cardloan

最新情報はこちらをご覧ください。

5. 限度額150万円で金利の安いカードローン3選

本章では限度額150万円の場合の金利が安いカードを紹介します。

しかし150万円の限度額をもらえる人は滅多にいないので、150万円以上必要な方や、長く使って限度額を増やしていきたい方のみチェックするのがおすすめです。

多くのカードローンでは以下のように12~14%の利率が多いです。

(参考)限度額150万円の時の他社の利率

楽天銀行カードローン 14.5%
三菱UFJ銀行 13.6%
三井住友銀行 12%

その中で、限度額150万円の時に低金利である3つのカードローンを紹介します。

それぞれ紹介します。

5-1. ソニー銀行カードローン|急いでいる方におすすめのカードローン

ソニー銀行

ソニー銀行カードローン』は、上限金利が14%を切る低金利カードローンの一つです。

初回振込みは指定口座に振り込んでくれるサービスをしているので、カードを受け取る前に振り込んでもらえるので、急いでいる方に向いています。

月々2,000円からの返済で、毎月の返済日は2、7、12、17、22、27日のうちから選択できます。

セブン銀行、イオン銀行、Enet、ローソン銀行ATM、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行や三井住友銀行などのATMが無料で使えます。

上限額 800万円 通常金利 2.5~13.8
毎月返済額 2000円〜 土日可能か
審査あり
在籍確認手段 原則あり 家族にバレる可能性 あり
(銀行名で郵送あり)
審査スピード 最短翌日 収入証明書 50万円以上
来店要否 不要 口座要否 必要
返済日 2、7、12、17、22、27日から選択
申込対象者 年齢20~65歳
(安定した収入が必要)

ソニー銀行カードローン公式ページ:

https://moneykit.net/visitor/loan/

最新の情報は公式ページをご覧ください。

5-2. りそな銀行カードローン|フリーターやパートの方におすすめのカードローン

りそな銀行のカードローン

りそな銀行カードローン』は、銀行の中で最も上限金利の低いカードローンの一つです。

こちらのカードローンは、主婦や学生など継続的な収入が無い方は利用できませんが、フリーターやパート、派遣社員や契約写真の方は利用できます。

住宅ローンや給与振込に利用すると、0.5%の金利を下げてくれる金利優遇サービスを実施しています。

カードローンを利用するにあたって、口座契約が必要になるので注意してください。

上限額 800万円 通常金利 3.5~13.5
毎月返済額 1000円〜 土日可能か
審査あり
在籍確認手段 原則あり 家族にバレる可能性
(郵送)
審査スピード 1週間以内 収入証明書 50万円以上
来店要否 基本は不要 口座要否 必要
返済日 毎月5日(休日の場合は翌営業日)
申込対象者 年齢20~66歳未満
安定した収入がある方(学生・専業主婦は不可)

りそな銀行カードローン公式ページ:

http://www.resonabank.co.jp/

最新情報はこちらをご覧ください。

5-3. JCB カードローンFAITH|低金利でキャンペーンも充実したカードローン

JCBのカードローンFAITH

JCB カードローン「FAITH」』は、50万円以下の限度額で12.5%と最も低金利のカードローンの一つです。

2.5ヶ月分の利息キャッシュバックキャンペーンをやっており、このキャンペーンを入れると最もおすすめのカードローンと言えます。

アルバイトや学生の方は利用できないものの、企業で社員として働いている方であれば申し込みが可能です。

クレジットカードの審査のノウハウを生かして、きちんと柔軟に審査をしてくれるので、銀行のカードローンがダメだった方にもチャンスはあります。

運営会社 JCB 通常金利 4.4~12.5
在籍確認手段 原則あり 土日可能か
審査スピード 最短即日 家族にバレる可能性
(カードは郵送)
上限額 500万円 収入証明書 原則必要
来店要否 不要 口座要否 不要
申込対象者 年齢20~58歳
(学生・専業主婦・フリーター不可)

JCB カードローン「FAITH」公式ページ:

https://www.jcbloan.jp/cardloan

最新情報はこちらをご覧ください。

6. 限度額200万円超で金利の安いカードローン3選

本章では限度額200万円の場合の金利が安いカードローンを紹介します。

200万円の限度額をもらえる人は滅多にいないので、200万円以上必要な方や、長く使って限度額を増やしていきたい方は見ていきましょう。

多くのカードローンは以下のように10%前後の利率が多いです。

(参考)限度額 200万円の時の主な利率

りそな銀行 10.0%
JCB 10.5%

その中で、限度額200万円の時に低金利である3つのカードローンを紹介します。

ちなみに、300万円超でもこの3社がお手頃なので、200万円以上借りたい人もこちらの2社をチェックすることをおすすめします。

6-1. ソニー銀行カードローン|急いでいる方におすすめのカードローン

ソニー銀行

ソニー銀行カードローン』は、借入限度額が200万円で金利が8%になる低金利のカードです。

初回振込みは指定口座に振り込んでくれるサービスをしているので、カードを受け取る前に振り込んでもらえるので、急いでいる方に向いています。

月々2,000円からの返済で、毎月の返済日は2、7、12、17、22、27日のうちから選択できます。

セブン銀行、イオン銀行、Enet、ローソン銀行ATM、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行や三井住友銀行などのATMが無料で使えます。

上限額 800万円 通常金利 2.5~13.8
毎月返済額 2000円〜 土日可能か
審査あり
在籍確認手段 原則あり 家族にバレる可能性 あり
(銀行名で郵送あり)
審査スピード 最短翌日 収入証明書 50万円以上
来店要否 不要 口座要否 必要
返済日 2、7、12、17、22、27日から選択
申込対象者 年齢20~65歳
(安定した収入が必要)

ソニー銀行カードローン公式ページ:

https://moneykit.net/visitor/loan/

最新の情報は公式ページをご覧ください。

6-2. みずほ銀行カードローン|メガバンクの中で一番低金利のカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン』はメガバンクの中で最も金利の低いカードローンになっており、借入限度額が200万円の時は9.0%になります。

こちらのカードローンを利用すると、みずほマイレージクラブの「うれしい特典」が適用され、ATMやみずほダイレクトなどの振込手数料が無料になります。

口座が必要なので、カードローンに合わせて申し込む必要がありますが、すでに口座を持っている方は、使っているキャッシュカードをそのまま利用できます。

みずほ銀行の住宅ローンを利用している方は、金利が優遇されます。みずほ銀行ユーザーにおすすめのカードローンです。

上限額 800万円 通常金利 2.0~14.0
毎月返済額 2000円〜 土日可能か
審査なし
在籍確認手段 原則あり 家族にバレる可能性
(郵送)
審査スピード 2~3日 収入証明書 50万円以上
来店要否 不要 口座要否 必要
返済日 毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)
申込対象者 年齢20~66歳未満
(安定した収入がある方)

みずほ銀行カードローン公式ページ:

https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/card/index.html

最新の情報は公式ページをご覧ください。

6-3. 新生銀行スマートローンカードプラス|キャンペーンが充実している会社

新生銀行のロゴ

新生銀行スマートカードローンプラス』は、利用者サービスが充実したカードローンで、次のようなメリットがあります。

  • 初めての利用者はTポイント1000
  • 収入証明書の提出でTポイント1000
  • 新生ステップアッププログラムが「新生ゴールドランク」になる

新生ゴールドランクになると、セブンイレブンなどの提携ATMの利用手数料が無料になったり、5回まで振込手数料が無料になるなどの特典があります。

新生銀行の口座を持っているなら、新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)で、深夜の借入や返済ができます。

新生銀行を普段使っている方は利用を検討しても良いでしょう。

上限額 500万円 通常金利 4.5~14.8
毎月返済額 2000円〜 土日可能か
審査あり
在籍確認手段 原則あり(電話相談で回避できる場合あり) 家族にバレる可能性 あり
(新生ダイレクト利用者は無し)
審査スピード 口座あれば最短即日
なければ最短翌日
収入証明書 50万円以上
来店要否 不要 口座要否 不要
返済日 自由
申込対象者 年齢20~70歳
(本人・配偶者に安定した収入必要)

新生銀行スマートカードローンプラス公式ページ:

https://www.shinseibank.com/powerflex/splus/

最新の情報は公式ページをご覧ください。

7. カードローンに関するQ&A

カードローンについてよくある疑問を、Q&A形式にしてまとめて解説します。

  1. カードローンにはどのような種類がありますか?
  2. 銀行系のカードローンが一番良いのでしょうか?
  3. カードローンの審査に落ちるとどうなりますか?
  4. カードローン審査で調べられるのはどういうことですか?
  5. カードローンはどうやって返済しますか?

それぞれ紹介します。

7-1. カードローンにはどのような種類がありますか?

カードローンには、銀行系、消費者金融系、信販会社(クレジットカード会社)系の3つに分かれます。

それぞれの特徴をまとめたのが下の表です。

種類 特徴 主な会社
銀行系 金利がお手頃
・審査に時間がかかりやすい
みずほ銀行
新生銀行
ソニー銀行
消費者金融系 ・金利が高め
・審査が早く、即日融資も可能
無利息期間があるローンが多い
プロミス
アコム
アイフル
信販会社系 ・金利は多様で、銀行よりも安い所がある
・がん保険付きなどサービスが多彩
JCB
オリックス クレジット
クレジット セゾン

自分の希望に合ったカードローンを選びましょう。

7-2. 銀行系のカードローンを選べば良いですか?

銀行系のカードローンは信頼できそうですが、次のようなデメリットには注意が必要です。

  • 融資までに時間がかかる
  • 審査が厳しいと言われる

今まで低金利のカードローンといえば「○○銀行カードローン」と呼ばれる銀行のカードローンでしたが、あまりおすすめできなくなりました。

なぜなら、カードローン業界が2017年5月に状況が大きく変わったためです。その結果、銀行のカードローンは借りることが困難になったので、金利が低くてもおすすめできなくなりました。

かつて銀行カードローンは消費者金融以上に簡単に高額なお金を借りられたので、銀行からたくさん借りてお金を返せない人も続出するようになりました。

銀行が厳しくした理由

そんな中で金融庁や総理大臣からも改善を求められた結果、各銀行はカードローンの審査を厳しくしたのです。

カードローン抑制のニュース

引用:日本経済新聞電子版

そして、銀行のカードローンは審査が非常に難しくなりました。(当サイトで2019年5月以降の統計を取った結果、42人のうち5人しか審査に通りませんでした

7-3. カードローンの審査に落ちるとどうなりますか?

審査が厳しいのなら片っ端から申し込めばいいのでは..という方もいるかと思いますが大きな間違いです。

なぜならカードローンは連続で申し込むと、以下のように「切羽詰まっているのでは」などと考えられて審査に通りにくくなるためです。

カードローンの申し込みは少ないほうがいい

以上のようなことから、基本的に確実にカードローンを使いたいのであれば次の章で紹介するようなノンバンク(銀行以外)のカードローンがおすすめです。

ノンバンクは、銀行と比較して、ネットで申し込んで契約までサクサクできるというメリットもあり、銀行ほど審査も厳しくはありません。

そのため、審査の厳しい銀行カードローンに落ち続け、申し込み回数を重ねて「どこにも申し込めない」ということにならないように確実に借りたければノンバンクがおすすめです。

ノンバンクの中には、次章で紹介するような、「初回金利のかからないカードローン」も存在しているので、そういったところに申し込みましょう。

7-4. カードローン審査で調べられるのはどういうことですか?

カードローンの審査では、主に次の3つのポイントが調査されます。

信用情報 過去の借入と返済の記録(延滞や滞納の有無など)
返済能力 年収や他社の借入状況など
本人の属性  年齢、職業や勤務先、勤続年数、雇用形態、家族構成など

ちなみに、カードローンを申し込む際は、免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要になります。

また、借入額が50万円を超える場合は、源泉徴収票や給与明細などの収入証明書の提出が必要になります。

7-5. カードローンはどうやって返済しますか?

カードローンには、次の返済方法があります。

  • ATM
  • 振込
  • 口座振替
  • 店頭窓口

返済は、毎月◯日に引き落とされる「約定返済」と、お金に余裕がある時にネットバンキング等で振込返済する「臨時返済」(随時返済や繰上返済とも言う)があります。

ATMでの支払いしたいなら、利用しやすい立地にあるかあらかじめ確認しておきましょう。

余裕のある時に返していくと、それだけ利息も減るので、早め早めに返すのがおすすめです。

8. さいごに

低金利のカードローンを紹介してきましたが、参考になりましたか?

低金利のカードローンを選ぶ前に、まずは金利がかからない無利息期間のあるカードローンをチェックして、その期間内で返すことを考えましょう。

それでも低金利のカードローンがいいという方は、広告に出ている金利に惑わされず、「あなたが現実的にいくら借りられるのか」を元にどのカードローンを使うか考えましょう。

ちなみに限度額別に金利が低いカードローンは以下の通りです。

限度額 おすすめカードローン(該当の限度額の年利)
50万円
100万円
150万円
200万円

あなたのカードローン選びに本記事がお役に立てることを心から願っています。