ハワイアン航空のマイル全知識とHawaiianMilesが貯まるカード3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ハワイアン航空のマイルについて知りたい」「ハワイアン航空のマイルの貯め方を知りたい」と考えていませんか。

ハワイアン航空はハワイホノルルとの間に、成田・羽田・関西・新千歳空港への直行便が運行されています。しかし、日本ではハワイアン航空について詳しく知らない方も多いです。

そこでこの記事ではマイルを使って年間50回以上の旅行をする私がハワイアン航空とそのマイルについて以下の流れで紹介していきます。

  1. ハワイアン航空のマイルについて
  2. ハワイアン航空のマイルの3つの貯め方
  3. ハワイアン航空のマイルが貯められるおすすめカード3選

この記事を読むことで、ハワイアン航空のマイルとその上手な貯め方についての全てがわかります。

1. ハワイアン航空のマイル3つの基礎知識

日本から出ているハワイアン航空の便はハワイ(ホノルル・コナ)行きに限られるため、日本人が利用する場合、基本的に日本とハワイの行き来での利用に限られます。

また、日本でいうJALやANAのマイレージのようにハワイアン航空にもマイルがあり「HawaiianMiles(ハワイアンマイルズ)」と呼ばれています。

この章ではハワイアン航空のマイルについて以下の流れで紹介していきたいと思います。

  1. HawaiianMilesとは
  2. HawaiianMilesのメリット
  3. HawaiianMilesのデメリット

基本的にHawaiianMilesはハワイに行くことにしか利用できないので、ハワイによく行く方におすすめです。

また、以前まではANAと提携をしていましたが2018年に提携を解消し、JALと提携を開始したのでハワイアン航空搭乗時にもJALのマイルを貯められるようになります(2018年10月1日より)

JALマイルを使ったハワイアン航空特典航空券も2018年10月1日13:00(日本時間)より予約ができるようになります。

この章を読み、HawaiianMilesが自分に合っているかどうかを確認しましょう

1-1. HawaiianMilesとは

HawaiianMilesとはハワイアン航空の利用で貯まるマイルのことを指します。

また、JALなどの提携航空会社の利用でもマイルを貯めることができますが、日本に住んでいる方にとっては非常に不便な内容となっています。

1-2. HawaiianMilesのメリット

HawaiianMilesのメリットは実質マイルの有効期限がないことです。

HawaiianMilesの有効期限は18ヶ月間とされていますが、マイルの変動があった日から18ヶ月間なので飛行機に乗らなくてもマイルを購入したり提携クレジットカードの利用などでマイルに増減があれば、有効期限は実質無期限といえます。

1-3. HawaiianMilesのデメリット

HawaiianMilesのデメリットは先ほども述べた通り、基本的日本とハワイの行き来でしか日本に住んでいる方はマイルを貯める機会が少ないということです。

提携クレジットカードを使うなどして普段からマイルを貯めることもできますが、やはりフライトマイルを貯めにくいのは大きなデメリットといえます。

そのため、HawaiianMilesはハワイによく行く方でなければ、HawaiianMilesを貯めるメリットはあまりないです。

それでも「HawaiianMilesを貯めたい」という方は以下を読み進めましょう。

2. ハワイアン航空のマイルの3つの貯め方

HawaiianMilesを貯める方法としては、主に以下の3つがあります。

  • ハワイアン航空の飛行機に搭乗する
  • ハワイアン航空の提携会社を利用する
  • クレジットカードを利用する

この章ではHawaiianMilesのため方についてそれぞれ紹介していきます。

2-1. ハワイアン航空の飛行機に搭乗する

日本からハワイアン航空を利用してハワイに行く場合、マイルの貯まり方は以下のようになっています。

路線・搭乗区間 片道加算マイル
東京・羽田 - ホノルル 3,850
東京・成田- ホノルル 3,819
大阪・関西 - ホノルル 4,113
札幌・新千歳 - ホノルル 3,748

日本人の方は日本−ホノルル間でしか基本的に貯めることができないので注意しましょう。

2-2. ハワイアン航空の提携会社を利用する

以下のようなハワイアン航空の提携会社の利用でもマイルを貯めることができます。

  • JAL
  • チャイナエアライン
  • 大韓航空

しかし、JALを利用する際は、ハワイアン航空がコードシェアしている路線でしかHawaiianMilesを貯めることができません。

通常のJALのフライトでHawaiianMilesを貯めることはできないので注意しましょう。

2-3. クレジットカードを利用する

HawaiianMilesもANAやJALのマイルのようにクレジットカードによる普段の買い物や航空券の購入でマイルを貯めることができます。

HawaiianMilesの提携カードは全部で2枚あり、次の章で全てを紹介していきます。

また、提携カードだけでなくお得にHawaiianMilesを貯められるカードも1枚紹介します。

3. ハワイアン航空のマイルが貯められるおすすめカード3選

この章ではHawaiianMilesの提携カード2枚と、提携以外でもお得にHawaiianMilesを貯められるカード1枚紹介します。

  • 『ハワイアンエアラインズVISAカード』
  • 『ハワイアンエアラインズVISAゴールドカード』
  • 『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』

ハワイ以外の飛行機利用がないという方には『ハワイアンエアラインズVISAゴールドカード』が最もおすすめです。

しかし、そういった方は非常に少ないと思うので様々な航空会社で利用可能な『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』がHawaiianMilesも利用しようとしている方に最もおすすめです。

3-1. 『ハワイアンエアラインズVISAカード』

ハワイアンエアラインズVISAカード』は初年度無料、次年度以降年会費3,000円(税抜)のカードでマイル還元率は通常時1%、ハワイアン航空の航空券購入時などは2%の還元率になります。

入会時や毎年の初回フライト時のボーナスマイルは1,000マイルありますが、それ以外のボーナスマイルはありません。

一般カードなので、審査も難しくなく年会費も安いので「ゴールドカードはちょっと」という方におすすめです。

年会費(税抜) 3,000円(初年度無料)
入会年齢 年齢18歳以上(除く高校生)で電話連絡可能な方

※未成年者が申込者の場合は、親権者の方の同意が必要となります。

マイル還元率 1%:通常

2%:ハワイアン航空の航空券購入時

『ハワイアンエアラインズVISAカード』公式ページ:

https://www.smbc-card.com/nyukai/

3-2. 『ハワイアンエアラインズVISAゴールドカード』

ハワイアンエアラインズVISAゴールドカード』は年会費10,000円(税抜)のカードでマイル還元率は通常時1%、ハワイアン航空の航空券購入時などは5%の還元率になります。

入会時や毎年の初回フライト時のボーナスマイルは2,000マイルありますが、それ以外のボーナスマイルはありません。

年会費が少し高いですが、還元率がいいので、効率よくHawaiianMilesを貯めたい人におすすめです。

年会費(税抜) 10,000円
入会年齢 原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
マイル還元率 1%:通常

5%:ハワイアン航空の航空券購入時

『ハワイアンエアラインズVISAゴールドカード』公式ページ:

https://www.smbc-card.com/nyukai/

3-3. 『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』は年会費31,000円(税抜)のカードですが、還元率1%で貯まるポイントがHawaiianMilesだけでなく、高級ホテルの宿泊にも使えるカードです。

ポイントは44社の提携航空会社マイレージに交換することができ、HawaiianMilesは通常マイル還元率1%です。しかし、1回の手続きで60,000ポイントを交換すると15,000ポイントのボーナスポイントがもらえるので、マイル還元率を1.25%にできます。

また、高級ホテルがお得に利用できる特典や、次年度以降にシェラトンやウェウティンなどの有名高級ホテルでも使える2名用の宿泊無料特典がもらえたりなど、航空券だけでなく、宿泊施設もお得に利用したいという方には非常にオススメのカードです。

年会費(税抜) 31,000円
入会年齢 20歳以上、定職がある方(パート・アルバイト不可)
マイル還元率 1%〜1.25%

『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/starwood-preferred-guest-card/

参考情報:ハワイアン航空のエリート会員ステータスが付くクレジットカード

マイルの獲得に関しては大きなメリットはありませんが、ハワイアン航空の飛行機を利用する時に様々な優先や、無料アップグレードなどの特典を受けられるエリート会員ステータスが付くクレジットカードがあります。

それはラグジュアリーカードで発行されているカードで、種類によって次のエリート会員ステータスが付きます。

カード名 エリート会員ステータス
『Mastercard Gold Card』(招待制) Pualani Platinum(最上級)
Mastercard Black Card Pualani Gold

申し込み月から翌2年末の期間限定のエリートステータスですが、通常は年間数十万円の搭乗をしないと得られないのでハワイアン航空を利用する機会が多く、快適な空の旅をしたい方にはメリットの大きいカードです。

4. まとめ

ハワイアン航空のマイルであるHawaiianMilesについてご紹介してきましたが、いかがでしたか。

日本でいうJALやANAのマイレージのようにハワイアン航空にもマイレージプログラムがあり、「HawaiianMiles」と呼ばれています。

HawaiianMilesの主なメリットはマイルの有効期限が実質無制限ということです。

また、HawaiianMilesを効率よく貯める方法としては、主に以下の3つがあります。

  • ハワイアン航空の飛行機に搭乗する
  • ハワイアン航空の提携会社を利用する
  • 提携クレジットカードを利用する

HawaiianMilesを貯めるのにおすすめのカードは以下の3枚です。

あなたがマイレージプラスをうまく活用できることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket