300の口コミや評判でわかるカードローン『プロミス』完全ガイド

300の口コミ・評判でわかるキャッシング『プロミス』完全ガイド

「プロミスって消費者金融はどう?」「プロミスでキャッシングしても大丈夫?」と、プロミスについて気になっていませんか?

プロミス』は大手消費者金融の一つで、顧客満足度No.1と評判ですが、使い方を間違えると後悔する恐れがあるので注意が必要です。

このページでは、銀行や消費者金融でカードローン審査をしてきた経験がある私が、プロミスの口コミや評判をもとに、プロミスがどんな消費者金融かをまとめたものです。

  1. 口コミでわかるプロミスのメリット・デメリット
  2. 口コミでわかるプロミスを使うべき人・使うべきでない人
  3. プロミスでキャッシングするまでの4ステップ
  4. プロミスの審査に通るための3つのポイント
  5. その他のプロミスの口コミと評判
  6. プロミスに関するQ&A

このページを読めば、プロミスがどのような消費者金融か分かり、使うべきかどうか判断できるのでぜひご覧ください。

著者プロフィール
里中健吾(37歳)
新卒で、メガバンクに入社。個人向けの営業を経験した後、大手消費者金融に転職。消費者金融ではカードローンの審査に携わる。
その後、ネット銀行に転職し、銀行系のカードローンの審査業務に携わる。
個人でもSNS等でカードローンの相談を受け、1,000人以上に選び方や審査のコツを伝授してきた。

1. 口コミでわかるプロミスのメリット・デメリット

プロミス」はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社によって運営されるローンブランドです。

1962年に設立されましたが、2012年にSMFG(三井住友フィナンシャルグループ)に子会社化され、株式会社SMBCコンシューマーファイナンスとなり、ブランド名としてプロミスが残りました。

下の表が、プロミスの基本情報をまとめたものです。

金利(実質年率)4.5~17.8無利息期間30日
在籍確認手段相談で書類の提出のみ土日可能か
審査スピード最短即日家族にバレる可能性
(来店でのカード受取推奨)
上限額500万円収入証明書50万円以上
他社合計100万円以上
来店要否不要口座要否不要
申込対象者年齢20~69歳
(収入あれば学生・専業主婦・フリーター可)

※無利息期間の適用を受けるにはメールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要です。

現在では従業員2,000名以上、店舗数900以上で、全国的に展開しています。

消費者金融に悪印象を持っている方も多いでしょうが、プロミスは三井住友銀行グループのブランドであり、高い信頼性があります。

そんなプロミスについて、300人強の口コミから分かったメリット・デメリットを紹介していきます。

1-1. 口コミから分かったプロミスのメリット

ネットの評判からわかったプロミスの長所は以下の6点です。

  • 上限金利が安い
  • ポイントがたまる
  • とにかくスピーディに融資を受けられる
  • “初回利用日の翌日から”利息が30日間ゼロ
  • SMBCのATMでお得に使える
  • 柔軟な在籍確認の手段

それぞれ紹介します。

プロミスのメリット① 上限金利が安い

口コミ・評判

36歳・正社員・年収300万円台・借入額20万円
評価:★★★★★5
他社を使っていた時は18%の利率でした。しかし、プロミスに申し込んだら最高金利が17.8%なので、0.2%下がりました。
長く借りるならこの差は意外に大きいと思います。

口コミ・評判

31歳・フリーター・年収200万円台・借入額10万円
評価:★★★★☆4
私の状態だと、どこに通っても最高金利でしか借りれないことはわかっていましたから少しでも最高金利が安いキャッシングを探していました。
ちょっとだけですが消費者金融の中では金利が安めで助かりました。他社から30万円ほど借入もありましたが通りました!

プロミスは消費者金融系のキャッシング会社の中でも一番高い金利(上限金利)が安いことが強みです。

大手のキャッシングの金利は以下のようになっております。(ちなみに、実質年率とは事務手数料や保証料を入れた「1年間の実質の金利」のことです)

キャッシング名

実質年率

プロミス4.5%~17.8%
アイフル4.5%~18.o%
アコム4.7%~18.0%
SMBCモビット3.0%~18.0%
レイク4.5%~18.0%

金利で注目するべきなのは一番高い金利(上限金利)で、最初に申し込んだ時は上限金利が適用されることが多いためです。

プロミスは他のキャッシングと比較して0.2%低いです。そして最高年利がたった0.2%違うだけで、100万円借りると1年で2000円違います。

そのため、最高年利が0.2%低いことはプロミスの大きなメリットです。

プロミスのメリット② ポイントが貯まる

口コミ・評判

25歳・正社員・年収200万円台・借入額20万円
評価:★★★★☆4
プロミスは毎月少しずつポイントが貯まっていくのが嬉しいです。
貯めたポイントは無利息期間と交換できるため貯まっていくのを見るのは気持ちいですね。

口コミ・評判

36歳・派遣社員・年収300万円台・借入額10万円
評価:★★★★★5
過去に別のキャッシングやカードローンを使ってきましたが、ポイントがつくようなサービスがあるのはプロミスだけです。
毎月20ポイントくらい貯まって、250ポイントで7日間の無利息期間と交換できるため、1年ちょっとに1回のペースで無利息期間をいただけます。他のキャッシングを使うよりもお得ですよね。

プロミスは、新規顧客だけでなく既存顧客もとても大切にするキャッシングの一つです。

そんな特徴がよく現れているサービスが、『ポイントサービス』です。これにより、新規顧客だけでなく、長くプロミスを利用する方もお得に使うことができます。

以下の表のように利用中の様々なタイミングでポイントを得られます。

プロミスで得られるポイントのタイミング

出典:プロミス

そして貯めたポイントは以下のように無利息期間と交換できます。

プロミスのポイント交換

出典:プロミス

これから長いスパンで使えるキャッシングをお探しの方は、長く使えば使うだけお得になるプロミスも選択肢の一つにしてみてください。

さらに、『おとくらぶ』という会員向け優待サービスも用意されており、既存顧客を大切にする姿勢がみられます。

おとくらぶの公式ページ

プロミスのメリット③ とにかくスピーディに融資を受けられる

口コミ・評判

33歳・正社員・年収400万円台・借入額20万円
評価:★★★★★5
今まで3つのキャッシングを使ってきましたが、プロミスはダントツで早かったです。
すぐに借りたいと思っていてお昼休みに申し込み、その日のうちに振り込みをしてもらいました。ありがとうございました!

口コミ・評判

29歳・派遣社員・年収200万円台・借入額10万円
評価:★★★★☆4
18時を回ったタイミングで急にお金が必要という事態になりました。
プロミスだけでなく、知っているキャッシングの契約機がなくてその日に借りることは諦めていました。
でも三井住友銀行の中にあるローン契約機でプロミスを申し込め、その日のうちに10万円借りられました!!

プロミスでは21時までに審査を行っているということなので、遅くとも20時くらいまでには申し込む必要があります。

何時までに申し込むべきか(平日)何時までに申し込むべきか(土日祝日)
以下どちらか

  • Webで21時までに審査クリア
  • 無人機で9:00-21:00に契約完了※
  • 9:00~21:00に無人契約機で契約完了※

※一部店舗では無人機の営業時間に例外があります。SMBCのローン契約機の営業時間:9:00-21:00。

さらに、プロミスの最大のメリットの一つは、SMBCのローン契約機でも申し込みができることです。

三井住友銀行の多くの支店内に設置されているため、キャッシングの契約機がお近くにない方でも即日の融資を受けやすいキャッシングになっています。

ちなみに、SMBCのローン契約機はこちらから検索可能です。

プロミスのメリット④ “初回利用の翌日”から30日間利息がゼロ

口コミ・評判

31歳・派遣社員・年収200万円台・借入額10万円
評価:★★★★☆4
金利は少し高いかなと思いましたが、金利が30日間無料なのはありがたいです。来月になれば今月の給料が入るので金利を負担することなく返済ができると思います。

口コミ・評判

38歳・正社員・年収300万円台・借入額30万円
評価:★★★★★5
細かいところですけど、初回借入の次の日まで無利息期間が始まらないのが嬉しいです。
この前まで使っていたキャッシングは契約日の翌日から無利息期間が始まっていることを知らなくて損した気分になりましたからね。

プロミスは、初めてご利用する方限定で、初回利用の翌日から利息が30日間無料です。(無利息期間の適用を受けるにはメールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要です。

多くのキャッシングにもある金利無料の期間ですが、プロミスには他と比較して大きなメリットがあります。

それは、初回利用日の翌日まで利息の無料期間が始まらないことです。

「契約日の翌日」から利息の無料期間が始まるキャッシングと比較すると、以下のように無料期間が長くなり、利息を払う期間は短くなるケースが多いです。

プロミスの金利面でのメリット

つまり、プロミスであれば契約日の当日に融資を受けなけなくても、「30日」の無利息期間の恩恵を全て受けることができます。

30日無利息の適用を受けるためには、メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要です。詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

プロミスのメリット⑤ SMBCのATMでお得に使える

口コミ・評判

Y・K さん(44歳)年収400万円台・借入額40万円
評価:★★★★☆4
以前は他のキャッシングを使っていて、その会社のATMはなかなかないのに、銀行とかのATMを使うと手数料がかかることが不満でした。
でもプロミスはSMBCのATMなら手数料がかからないので嬉しいです。長く使うと意外に手数料での出費は多いですからね。

口コミ・評判

32歳・フリーター・年収100万円台・借入額10万円
評価:★★★★★5
使っている銀行の口座がSMBCなので、SMBCのATMが使えるプロミスは借りるときとかすごく便利です。利子と手数料両方払うのってすごく損した気分になりますし。

プロミスは、三井住友銀行のグループ会社の株式会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社によって経営されています。

それによるメリットが、大きく2つあります。

  • SMBCのローン契約機で契約ができる
  • 三井住友銀行のATMなら借入・返済の手数料がかからない

ますローン契約機が使えることで、お近くにプロミスの契約機がなくても即日借りたり、簡単に手続きをすることが可能になります。

また、多くのキャッシングで、他社のATMを使うと手数料を取られますが、プロミスに関しては三井住友銀行のATMが無料で使えます。

つまり、お近くに三井住友銀行の支店やATMがある方は、非常に便利に使うことができます。

プロミスのメリット⑥ 柔軟な在籍確認の手段

口コミ・評判

41歳・正社員・年収300万円台・借入額10万円
評価:★★★★☆4
申し込んだ後に電話があったので、在籍確認を避けたいと依頼してみました。
すると、保険証のコピーを送ればいいと言われ、それで在籍確認を終えていただきました。
以前の銀行のカードローンは会社への電話が必須だったのに、今回は回避できて非常に助かりました。

口コミ・評判

29歳・派遣社員・年収200万円台・借入額10万円
評価:★★★★★5
ちょっと職場への電話が不安でしたが、個人名で電話をしてくれたため、周りの人に怪しまれずに借りることができました。

ほぼ全てのキャッシングやカードローンで、あなたの申告した勤務先内容に誤りがないかを確認するために会社へ「在籍確認」の電話が入ります。

プロミスも例外ではありませんが、最大限配慮してくれます。

まずは、職場には個人名で電話が入るため、在籍確認の電話とは疑われません。

また、プロミスはWebで申し込み後、窓口(0120-24-0365)にて「在籍確認をしないでほしい」と伝えれば、職場への在籍確認をせずに保険証の写しの提出などで申し込みをすることが可能です。

プロミスは、Webで申し込みを完結可能
本人確認書類などの提出書類は、メールやWebで送ることができ、審査に通ればあなたの口座に振り込みをしてくれるため、外出せずに融資を受けられます。
特に、急いでいて無人契約機で契約しようと思っている方もネットで申し込みをした上で、無人契約機まで行くことが即日借りるためには大切です。

また、プロミスの公式ホームページは複数あるため、最もわかりやすい『https://cyber.promise.co.jp/』から申し込みを行うことをオススメします。

1-2. プロミスの2つのデメリット

一方、プロミスには次のような短所があります。

  • 銀行と比べると金利(実質年率)が高い
  • 年収の1/3までしか借りれない

これはプロミスだけのデメリットというわけではなく、消費者金融系カードローン全体に当てはまることですが、ここで紹介しておきます。

プロミスのデメリット① 銀行と比べると金利(実質年率)が高い

口コミ・評判

Yさん
評価:★★☆☆☆2
結局銀行ローンはダメだった
だからアコムとプロミスから利用することにしたけど金利高すぎる

プロミスは消費者金融の中では金利は低いですが、銀行系カードローンと比べると金利は高めになっています。

下の表は、プロミスと主な銀行系カードローンの金利(実質年率)をまとめたものです。

キャッシング名

実質年率

プロミス4.5%~17.8%
三菱UFJ銀行1.8%~14.6%
三井住友銀行4.0%~14.5%
新生銀行4.5%~14.8%
auじぶん銀行4.0%~14.5%

消費者金融系カードローンは金利(実質年率)が高めですが、無利息期間があります。

つまり、短期間の借り入れなら、銀行よりもお得に済ませることができるので、「次の給料日まで乗り切りたい」というような方におすすめです。

ちなみに、銀行系カードローンは審査が厳しいと言われており、消費者金融の方が利用しやすいというメリットもあります。

プロミスのデメリット② 年収の1/3までしか借りれない

口コミ・評判

Aさん
評価:★☆☆☆☆1
自分年収500万くらいですが プロミスから160万借りてるので、大手以外の小さい消費者金融さんにも断られています。 

消費者金融には総量規制というルールがあり、年収の1/3以上は借りることができません。

たとえば、年収300万円の人がすでに100万円借りている場合は、他のどの消費者金融でも断られてしまうということになります。

ちなみに、銀行系カードローンは総量規制がありませんが、これだけ借金が多いと借りるのは難しい場合がほとんどです。

2. 口コミでわかるプロミスを使うべき人・使うべきでない人

1章の口コミを元に、プロミスを使うべき人・使うべきでない人を紹介します。

2-1. 口コミから分かるプロミスをおすすめする5つのタイプ

プロミスは次のような方におすすめです。

  • 即日キャッシングをしたい方
  • 無利息でキャッシングしたい方
  • Web完結で済ませたい方
  • SMBCの店舗やATMがお近くにある方
  • 職場への在籍確認を避けてキャッシングをしたい方

それぞれ紹介していきます。

プロミスを使うべき人① 即日でキャッシングをしたい方

Webでも自動契約機でも申し込んでから即日キャッシングができるプロミスは、即日融資を受けやすいキャッシングの一つであり、急いでいる方にはおすすめです。

最短30分で審査から融資までいきます。

プロミスでは21時まで審査を行っているので、審査時間を考えると遅くまで30分前までに受けるようにしましょう。

プロミスを使うべき人②  無利息でキャッシングをしたい方

プロミスは初回利用日の翌日から30日間金利が無料です。

また、同様に無利息期間を設けているキャッシングの多くが、「契約日」の翌日から無利息期間がスタートしてしまい、最大限活かしきれない恐れがある中で、プロミスにはその心配がありません。

さらに、ポイントを貯めれば初回利用以外でも無利息でキャッシングをするチャンスがあるため、無利息でキャッシングをしたい方にはおすすめです。

30日無利息の適用を受けるためには、メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要です。詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

プロミスを使うべき人③  Web完結で済ませたい方

プロミスはカードレスでweb完結で借りることができます。

アプリを利用すれば、本人確認なども全てできます。

カードレスということは郵送物も無いので、家族バレせずにできるということです。

プロミスを使うべき人④  SMBCの店舗やATMがお近くにある方

プロミスはネットが苦手な人も利用しやすいです。プロミスは三井住友銀行のグループであり、それにより以下のようなメリットがあります。

  • SMBCのローン契約機で契約ができる
  • 三井住友銀行のATMなら借入・返済の手数料がかからない

ますローン契約機が使えることで、お近くにプロミスの契約機がなくても即日借りたり、簡単に手続きをすることが可能になります。

また、多くのキャッシングで、他社のATMを使うと手数料を取られますが、プロミスに関しては三井住友銀行のATMが無料で使えます。

プロミスを使うべき人⑤ 職場への在籍確認を避けてキャッシングをしたい方

プロミスは、在籍確認を職場への電話以外の方法でやってもらうことができます。

申込時に電話でお願いすると、社員証や収入証明書などの書類の提出で対応してもらえます。

会社の同僚にバレずにキャッシングをしたいという方は、Web申し込み後にプロミスのコールセンターに電話をし、在籍確認の電話をして欲しくないと伝えましょう。

2-2. 口コミでわかるプロミスを使うべきでない3つのタイプ

次のような方は、プロミスを使う前によく考えた方が良いです。

  • 長期的に借り入れしたい方
  • 借金が年収の1/3以上ある方
  • 専業主婦(夫)の方

それぞれ紹介します。

プロミスを使うべきではない人① 長期的に借り入れしたい方

プロミスは、銀行系カードローンよりも金利(実質年率)が高いので、「100万円を借りてコツコツ返済したい」というような長期的な借り入れを希望する人にはおすすめしません。

短期間で返済できるならば、無利息期間のある消費者金融を利用するのも悪くありませんが、長期間借入れを希望するなら他の金融機関を検討した方が良いでしょう。

金利にこだわりたい方は、銀行系カードローンがおすすめです。

金利の低いカードローンを借りたい方は、こちらのページ「カードローン52社の金利の徹底比較まとめ」をご覧ください。

プロミスを使うべきではない人② 借金が年収の1/3以上ある

プロミスに限りませんが、年収の1/3以上の借り入れがあるなら、消費者金融で融資を受けることが出来ません。

銀行系カードローンでも借り入れは厳しいので、カードローン以外の借り入れ方法を考える必要があります。

自分の持っている貴重品を売却するか、公共機関に借りることを検討しましょう。

プロミスを使うべきではない人③ 専業主婦(夫)の方

これは口コミには入っていませんが、重要なポイントなので紹介しておきます。

専業主婦の方は残念ながらプロミスで融資を受けることはできません。

プロミスなどの消費者金融系は、年収の1/3を超える額を貸すことができないためです。配偶者の同意があればOKな場合もありますが、消費者金融の多くが専業主婦の申し込みを認めていません。

そのため、どうしてもキャッシングをしたい専業主婦(夫)の方は総量規制の対象外である銀行のカードローンを選びましょう。

専業主婦でお金を借りたい方は、こちらのページ「収入なしの専業主婦がカードローンを利用するための全ポイント」をご覧ください。

3. プロミスでお金を借りるための4つのステップ

プロミスでお金を借りるには、以下の4つのステップを踏むことになります。

消費者金融でお金を借りるための4つのステップ

本章では、それぞれを具体的に解説していきます。

STEP① 申し込み

プロミスでは次の4つの申込方法があります。

  • Web
  • 電話
  • 郵送
  • 店に行く

免許証や、健康保険証、パスポートなどの本人確認書類が必要になります。

借入額が50万円を超える場合は、源泉徴収票や給与明細などの収入証明書の提出を求められることがあります。

STEP② 審査

申し込み情報を元に審査が行われ、これにクリアすると借入できます。

プロミスがどういう審査をしているかの詳細は分かりませんが、一般的な消費者金融は次のようなポイントを見ています。

  • 申し込み者の属性(年収や職業など)
  • 現在や過去の債務(信用情報)

安定的な収入があり、複数社から借金が無ければ普通に借りられるので、あまり心配する必要はありません。

公式ページで簡易診断が受けられるので心配な方はやってみてください。

プロミスの審査で見られるポイント① 申し込み者の属性

申し込み者のデータは、コンピューターが点数化することによって信用度が測られます。

ちなみに、プロミスはカードローン会社で初めてコンピュータによる数値化を始めた会社です。

これは属性スコアリングとよばれ、次のような項目がチェックされます。

属性スコアリングで見られる主な項目

  1. 年収
  2. 勤務先・雇用形態
  3. 勤続年数
  4. 居住形態・居住年数
  5. 家族構成
  6. 年齢
  7. 固定電話

特に、返済能力を大きく左右する「勤務先・雇用形態」や「年収」は重視される傾向にあり、ここで無職の方は審査にほぼ確実に落ちます。

プロミスの審査で見られるポイント② 現在や過去の債務

審査において、今や過去にどれだけの債務があるかも非常に重視されます。

いわゆる信用情報のチェックで、「個人信用情報機関」へ申込者の信用情報が照会されます。

主に、「何社から」「いくら」借りているか、「トラブルはなかったか」などがチェックされます。

年収の1/3以上は借りることができない」という総量規制があるので、年収の1/3以上の借金がある方は、別の方法を探しましょう。

信用情報にキズがある場合はどうする?

「随分長い間延滞してた」と心配なことがある方は、信用情報機関に開示請求をしてみましょう。

信用情報機関は全国銀行個人信用情報センター、CIC、JICCの主に3つがあり、各サイトから500円~1000円で開示してもらえます。

もし、信用情報にキズがあるなら、情報が消える期間を明けてから申し込む必要があります。(下図参照)

信用機関名全国銀行個人信用情報センターCICJICC
申し込み6か月6か月6か月
借り入れ5年5年5年
延滞5年5年1年
自己破産5年5年5年
任意整理5年

自己破産や延滞などをしてしまった場合は、5年間あけないと駄目なこともあるので、くれぐれもブラックにならないように注意してください。

STEP③ 契約

審査に通ると、申し込んだ希望条件と消費者金融側の審査結果を元に、借り入れ条件が設定されます。

ここで、カード発行を選択することができます。

最初は上限金利が適用されることが多い

消費者金融で最初から良い条件で借りられることはほとんどありません。

プロミスの金利(実質年率)は4.5%~17.8%と設定されていますが、最初は一番高い金利(17.8%)に設定されることが多いです。

いきなり一番良い金利から借りられると思わないでくださいね。

STEP④ 借入

契約が終わると借り入れが出来るようになります。

あなたが希望すれば、自分の口座に振り込んでもらうことができます。

ちなみに、自動契約機で発行すれば大丈夫ですが、ネットでローンカードを発行してもらうと郵送になるので、家族バレしたくない人は気をつけてください。

借入の返済方法

プロミスでは、次の返済方法があります。

  • インターネット返済
  • 口座振替
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • コンビニ(マルティメディア端末)

口座振替は5日、15日、25日、末日のいずれかから選択できます。

全て手数料0円で返済することができます。

4. プロミスの審査に通るための3つのポイント

プロミスの審査に通りやすくするために、以下の3つのポイントを解説していきます。

審査に通るために意識すべき3つのこと

審査の内容が気になる方は、「消費者金融の審査完全ガイド|きちんと理解し通過できる!」に詳しくまとめましたので参考にしてみてください。

4-1. 申し込みは低めの限度額で

プロミスの申し込みは、あなたが限度額を希望した上で申し込みを行います。

もし多額のお金がすぐに必要でないのであれば、最初は少額で申し込むことをおすすめします。

理由は以下の2点です。

  • 年収に対して借りすぎという印象を与えない(総量規制もクリアしやすい)から
  • 計画的に借りる人であることをアピールできるから

最初は低い限度額で申し込みをして、徐々に限度額を上げていくことが審査に通りやすくなるポイントです。

4-2. 申し込みは1社ずつ行う

プロミスに通りたいのであれば、複数同時に申し込むのではなく、プロミスのみにしておきましょう。

信用情報では、申し込み内容も共有されているため、1度に申し込みをしすぎると「いろんなところから借りて、自分のところの返済はきちんとしてくれるのか」「あちこち申し込まないとお金を借りられない人なのか」と考えます。

いわゆる「申し込みブラック」という状態でせっかく審査に通る方も落ちやすくなります。

4-3. 細かいミスに気をつける

否決理由で、意外に多いのが記入ミスによるものです。

誤字や脱字などをすると、わざとでなくとも虚偽の申し込みを行ったと判断され、審査に落とされるケースがあります。

そのため、申し込み内容をしっかりと確認をして記入ミスをなくすことも審査に通りやすくなる重要なポイントの一つです。

また、計算ミスしたことにして他社からの借入額を少なめに書くなどの行為も信用情報で一発でバレるため、正しい情報を正確に書きましょう。

5. その他のプロミスの口コミと評判

最後に本記事に掲載しきれなかったプロミスに関する評判を紹介していきます。

集まった口コミの中で、既出のものと重複しない口コミを6つピックアップしました。

口コミ・評判

28歳・契約社員・年収300万円台・借入額20万円
評価:★★★★☆4
Webで事前に借入可能か診断できるサービスが便利だと思いました。
初めてのキャッシングだったので審査が不安でしたが、安心して申し込めました。

口コミ・評判

25歳・フリーター・年収300万円台・借入額20万円
評価:★★★★★5
水商売をしています。今の職業でまともなところから借金をできるのか不安でしたが、ちゃんと借りることができました。
お店への在籍確認はありましたが、滞りなく申し込めたので良かったです。

口コミ・評判

33歳・フリーター・年収100万円台・借入額10万円
評価:★★★☆☆3
銀行で借りれなかったため、銀行傘下のプロミスでの申し込み。
銀行がダメだった私でも借りられたので、審査は厳しくないんじゃないかな。でも銀行と比べちゃうと利率が高いのがネックです。

口コミ・評判

39歳・契約社員・年収200万円台・借入額20万円
評価:★★★★☆4
限度額を上げる申し込みがインターネットで簡単に申し込めたのが良かったです。きちんと返していたので審査にも問題なく通りました。個人的にSMBCの ATMで手数料がかからないことが非常に嬉しいです。

口コミ・評判

42歳・正社員・年収300万円台・否決
評価:★☆☆☆☆1
即日融資してもらえると聞いて、申し込んで1時間くらい待たされて否決。
他のキャッシングに申し込む時間も残されておらず、非常に困りました。
ダメなら早くダメと言ってほしいと強く思います。

口コミ・評判

28歳・派遣社員・年収200万円台・借入額10万円
評価:★★★★☆4
申し込む前に融資してもらえるのか診断してくれるのがありがたい。他社に落ちたけど、ダメ元で申し込んでみたら通りました。

6. プロミスに関するQ&A

プロミスについてよくある疑問をQ&A形式にしてまとめました。

  1. プロミスの返済を遅延するとどうなりますか?
  2. プロミスの取り立ては厳しいですか?
  3. プロミスで落ちたら、どこがおすすめですか?

それぞれ紹介します。

6-1. プロミスの返済を遅延するとどうなりますか?

一般的にカードローンの返済が遅延すると次の流れになります。

  1. 電話や手紙(期日から2~3日)
  2. 内容証明(期日から1~2ヶ月)
  3. 訴訟や差し押さえ(期日から3ヶ月以上)

返済が遅れるのは仕方ないかもしれませんが、電話や手紙などが来たら真摯に対応するようにしましょう。

6-2. プロミスの取り立ては厳しいですか?

消費者金融というと厳しい取り立てを受ける印象がある人も多いでしょうが、短期間の延滞では取り立てはありません。

そもそも、貸金業法では夜中の訪問や張り紙、勤務先の訪問など、テレビでありがちな取り立ては禁止されています。

闇金が隆盛していた昔とは時代は変わっているのです。

6-3. プロミスで落ちたら、どこがおすすめですか?

プロミスが落ちたら、『フタバ』や『セントラル』など、中小の消費者金融を検討することをおすすめします。

大手消費者金融からこぼれた人たちを精査して、貸してくれる場合があります。

ここでも落ちるなら、カードローンを諦めて、別の方法を考えることをおすすめします。

7. さいごに

ユーザーの口コミと評判を元にプロミスの特徴をまとめてきましたが、参考になりましたか?

プロミスは、消費者金融では低めの金利(実質年率)で無利息期間もあり、消費者金融の中では最もおすすめの会社です。

ただし、長く借りると利息の支払いが大変になるので、できるだけ少ない額を借り、できるだけ早く返済するようにしましょう。

あなたが最高の形でキャッシングできることを心から祈っています。

30日無利息の適用を受けるためには、メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要です。詳しくはプロミス公式サイト(https://cyber.promise.co.jp/)をご確認ください。