消費者金融のビジネスローンおすすめ5選|申し込む前の全注意点

消費者金融のビジネスローン

「消費者金融にビジネスローンはあるの?」「ビジネスに使うお金を消費者金融で借りたい」と、消費者金融でビジネスローンを探していませんか?

消費者金融でもビジネス目的でお金を借りることができますが、金利が高めに設定されていたり、法人が利用できない場合があるなど注意が必要です。

このページは、銀行や消費者金融でカードローンの審査をしてきた私が、消費者金融のビジネスローンのおすすめや、利用する際に知らないと後悔する全ポイントを解説したものです。

  1. 消費者金融のビジネスローンを申し込む前に知っておくべき3つの注意点
  2. 消費者金融のビジネスローンおすすめ5選
  3. 消費者金融のビジネスローンの申し込み方と落ちないための4つのポイント
  4. 消費者金融のビジネスローンに関するQ&A

このページを読めば、消費者金融で利用できるビジネスローンが全て分かり、後悔なく利用できるようになるので是非ご覧ください。

著者プロフィール
里中健吾(37歳)
新卒で、メガバンクに入社。個人向けの営業を経験した後、大手消費者金融に転職。消費者金融ではカードローンの審査に携わる。
その後、ネット銀行に転職し、銀行カードローンの審査業務に携わる。
個人でもSNS等でカードローンの相談を受け、1,000人以上に選び方や審査のコツを伝授してきた。

1. 消費者金融のビジネスローンを申し込む前に知っておくべき3つの注意点

消費者金融ではビジネスに使うお金を借りることができますが、次の点は注意が必要です。

  1. 金利が高い
  2. 法人は使えない所が多い
  3. 無利息期間が無い

それぞれ紹介します。

注意点① 金利が高い

消費者金融でビジネスローンを借りる一番のデメリットは、金利が高いことです。

下の表は、銀行のビジネスローンと消費者金融のビジネスローンを比較したものです。

消費者金融は銀行より3~5%以上高いことが分かります。


ローン名実質年率限度額スピード

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド0.9%~12.0%1,000万円最短2営業日
PayPay銀行ビジネスローン(法人向け)1.8%~13.8%500万円
りそな銀行りそなビジネスローン「活動力」4.0%~14.0%500万円
東京スター銀行スタービジネスカードローン4.5%~14.5%1,000万円最短5日で回答




アイフルビジネスファイナンス3.1%~18.0%1,000万円最短即日
プロミス自営者ローン6.3%~17.8%300万円最短即日
アコムビジネスサポートローン12.0%~18.0%300万円最短即日
レイクALSAアルサdeビジネス4.5%~18.0%500万円最短即日
ニチデン4.8%~17.52%1億円

最初は一番高い金利(上限金利)が適用されることが多いので、一番高い金利を比較しましょう。

銀行のビジネスローンを検討したことが無い方は、まずは金利がお手頃で審査も迅速な「GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド」をチェックすることをおすすめします。

注意点② 法人は使えない所が多い

消費者金融は、個人事業主向きのサービスが多く、法人が使えるところは少ないです。

下の表は、ビジネスに使える消費者金融のローンについて、法人が使えるかどうかをまとめたものです。

法人が使えるのはアイフルビジネスファイナンスとニチデンだけになっています。

ビジネスローン名法人可否実質年率限度額スピード
アイフルビジネスファイナンス3.1%~18.0%1,000万円最短即日
プロミス自営者ローン×6.3%~17.8%300万円最短即日
アコムビジネスサポートローン×12.0%~18.0%300万円最短即日
レイクALSAアルサdeビジネス×4.5%~18.0%500万円最短即日
ニチデン4.8%~17.52%1億円

消費者金融は消費者向きのサービスで、法人はターゲットになっていない所が多いということです。

個人事業主ならどこでもOKですが、法人の方は選択肢が少ないので、別の金融機関を検討する必要があります。

注意点③ 無利息期間が無い

消費者金融の利用を考えている方は、「消費者金融には1ヶ月利息0円などのサービスがあるから」検討している方もいるでしょうが、ビジネスローンにはサービスはどこもありません。

無利息期間があると金利が高くても短期間で返済するなら問題ないのですが、ビジネスローンは無利息期間がないので、金利が高ければそれだけ利息が高くなってしまいます。

そういうわけで、利息で損をしたくないなら、金利の低い所を選ぶ必要があるのです。

1章まとめ 〜どんな人に消費者金融のビジネスローンはおすすめ?〜

消費者金融のビジネスローンは金利が高く、法人が使えない所が多く、無利息期間が無いというデメリットがありますが、次のような方にはおすすめです。

  • すぐに借入したい人
  • 銀行のビジネスローンに落ちた人
  • 短期的に借入したい人

消費者金融の最大のメリットは融資まで早いところで、最短で即日で借りることができるので、急いでいる方におすすめです。

また、銀行のビジネスローンに落ちた方は、審査が柔軟な傾向がある消費者金融を試す価値はあります。

それに、やはり金利が高いことを考えると、短期的な借入をしたい方に向いていると言えます。

2. 消費者金融のビジネスローンおすすめ5選

ビジネスに使えるローンが用意されているおすすめの消費者金融をまとめたのが下の表です。

選ぶ時にチェックするべき金利、借入限度額、融資までのスピードをまとめまとめました。

この中で一番おすすめなのは個人事業主・法人の両方が使える「アイフルビジネスファイナンス」です。個人事業主で金利にこだわりたい方は「プロミス自営者ローン」がおすすめです。

ビジネスローン名実質年率限度額スピード特徴
アイフルビジネスファイナンス3.1%~18.0%1,000万円最短即日法人OK
プロミス自営者ローン6.3%~17.8%300万円最短即日・金利が若干低い
レイクALSAアルサdeビジネス4.5%~18.0%500万円最短即日・業歴1年未満は電話で相談可
アコムビジネスサポートローン12.0%~18.0%300万円最短即日・業歴1年以上
ニチデン4.8%~17.52%1億円関西のみ
・法人OK

これら以外の所はほとんどありませんので、この中から選びましょう。

それぞれ紹介します。

2-1. アイフルビジネスファイナンス|法人でも個人事業主でも使える!

アイフルビジネスファイナンス

アイフルビジネスファイナンス」は中小企業や個人事業主向けに融資を行っている会社で、ビジネスローン以外にもさまざまな融資サービスを行なっています。

大手消費者金融アイフルグループのノウハウによって運営されていて、「すぐに融資を受けたい」「まとまった資金が必要」などの要望に柔軟に対応してくれます。

カードを発行するカードローンと発行しないビジネスローンがあり、カードローンの場合、全国のセブン銀行やアイフルのATMなどで借り入れ返済ができるので、使い勝手も良いです。

15万口座以上の利用実績があり、他の消費者金融と比較して最もビジネス支援に力を入れていると言えます。

アイフルビジネスファイナンス基本情報

実質年率・ビジネスローン3.1~18.0%
・カードローン5.0~18.0%
限度額最大1,000万円
申込条件法人または個人事業主

※法人:75歳まで
個人事業主:69歳まで

その他
公式ページhttps://www.aiful-bf.co.jp/affiliate/businessLoanLP.html

詳細は公式ページをご確認ください。

2-2. プロミス自営業者カードローン|金利にこだわりたい自営業者におすすめ!

プロミス自営者カードローン」は、自営業者が使える事業資金用カードローンです。

個人向きに最短25分の融資をしているので、事業者向きにも迅速な対応が期待できます。

他の消費者金融と比べて少し金利が低いのも魅力です。

申し込みは、自動契約機・プロミスコール(電話)・お客様サービスプラザ(店頭窓口)で行うことになります。ネットからの申し込みはできないようなので注意してください。

プロミス自営者カードローン基本情報

実質年率6.3%~17.8%
限度額300万円まで
申込条件年齢20歳以上、65歳以下の自営者の方
その他ネットから申し込みは受け付けていない
公式ページhttps://www.orixcredit.co.jp/

詳細は公式ページをご確認ください。

2-3. レイクALSAアルサdeビジネス|個人事業者向きでは限度額が高い

レイクアルサ

レイクALSAアルサdeビジネス」は、個人事業者向きのローンサービスです。

限度額が500万円までで自営業者向きのローンとしては高めの限度額になっています。

また、1年未満の方でも相談可能です。

申し込みは電話のみからになっているので、公式ページをご覧ください。

レイクALSAアルサdeビジネス基本情報

実質年率4.5%~18.0%
限度額1万円~500万円
申込条件個人事業主(満20歳~70歳)
その他
公式ページhttps://lakealsa.com/cashing/other/business/

詳細は公式ページをご確認ください。

2-4. アコムビジネスサポートローン|1年以上の自営業者が使える

アコム

アコムビジネスサポートローン」は、個人事業主向きのカードローンです。

業歴1年以上が必要で、直近1期分の確定申告の写しを提出することになります。

アコムもプロミスと同様に、30分で振込してくれる消費者金融のサービスなので、こちらも素早い対応が期待できます。

アコムビジネスサポートローン基本情報

実質年率12.0%~18.0%
限度額1万円~300万円
申込条件業歴1年以上の個人事業主の方で当社基準を満たす方
その他
公式ページhttps://www.acom.co.jp/lineup/business/

詳細は公式ページをご確認ください。

2-5. ニチデン|近畿地方で利用できるビジネスローン

ニチデン

ニチデン」は、大阪・奈良 ・和歌山・滋賀・三重・京都・兵庫でできる事業者ローンをやっています。

融資限度額が1億円となっていますが、小口から大口の融資を受け付けています。

原則無担保ですが、保証人又は、不動産担保を願いされる場合があるそうです。

「専門のスタッフが責任を持ってお客様の事業計画書を精査させていただき無理のない計画案でご融資額を算出」するということなので、相談しても良いでしょう。

ニチデン基本情報

実質年率4.8%~17.52%
限度額1億円迄
申込条件・保証人または不動産担保が必要な場合あり。
・法人の場合は、代表者様に原則連帯保証人がお願いされる。
その他
公式ページhttps://www.nichidensya.co.jp/

詳細は公式ページをご確認ください。

3. 消費者金融のビジネスローンの申し込み方と落ちないための4つのポイント

消費者金融のビジネスローンを利用する際の流れを紹介していきます。

合わせて、落ちないためのポイントも紹介するので参考にしてください。

3-1. 消費者金融のビジネスローンを利用する際の流れ

消費者金融のビジネスローンは次の3つのステップを踏むことになります。

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 借入&返済

会社によって異なりますが、大体このような流れで進むと考えておいて間違いありません。

それぞれ紹介していきます。

STEP① 申し込み

申し込みには、主に次の方法があります。

  • インターネット
  • 電話
  • 店頭
  • 郵送

インターネットが基本ですが、プロミスやレイクALSAなどでは電話受付のみのところもあります。

対面で申し込める場合もありますが、書類が足りないなどの場合はわざわざ会社に戻る必要が出てくるので注意が必要です。

ビジネスローンの申し込み条件

金融会社によって異なりますが、主に次のような条件があります。

  • 法人or個人事業主
  • 代表者が20歳~69歳までの方
  • 代表者が日本国籍or日本永住権を持っている
  • 業歴◯年以上

法人と個人事業主のどちらが対象になっているか特に注意が必要です。

また、金利が低いなど、条件が良い金融機関ほど条件が厳しくなる傾向がある点もおさえておきましょう。

ビジネスローンに必要な書類

申込には、主に次のような書類が必要です。

  • 本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード等)
  • 確定申告書や決算書など

消費者金融によって若干異なるので、申し込む前に一度チェックしてみてください。

STEP② 審査

申し込み情報をもとに、審査が始まります。

審査で見られることは次のようなことです。

  • 信用情報(過去に延滞履歴は無いかなど)
  • 利用目的
  • 収支状況と返済の見通し

どのような現状か確認され、利用目的と返済は大丈夫かかどを尋ねられます。

STEP③ 借入&返済

審査をクリアした場合は、契約を結んで借入ができるようになります。

契約は郵送かオンラインのいずれかで行われます。

ビジネスローンの借入方法

借入方法は主に次のような方法があります。

  • インターネットバンキング
  • ATMでの引き落とし

銀行の場合、その銀行の法人口座に振り込んでもらうことになります。

また、ローンカードを使ってATMから引き落とすこともできます。

ビジネスローンの返済方法

借入した後の返済は、次の方法があります。

  • 口座引き落とし
  • ネットバンキング
  • ATMからの振込

毎月の返済は口座引き落としが一般的です。

繰上げ返済をしたい場合は、インターネットバンキングやATMから振込することになります。

3-2. ビジネスローンの審査に落ちないための4つのポイント

ビジネスローンをクリアするためには、次のポイントをおさえれば審査落ちのリスクを減らせます。

  • 正確な情報を記入する
  • 提出する書類をそろえる
  • 申し込みは低めの希望限度額にする
  • 借入れがあるなら減らす

それぞれ紹介します。

ポイント① 正確な情報を記入する

審査に落ちる理由として、意外に多いのが記入ミスによるものです。

誤字や脱字などをすると、わざとでなくとも虚偽の申し込みを行ったと消費者金融会社から判断され、審査に落とされるケースがあります。

そのため、申し込み内容をしっかりと確認をして記入ミスをなくすことも審査に通りやすくなる重要なポイントの一つです。

ポイント② 提出する書類を揃える

ビジネスローンは、申し込む際の書類が各社で異なるので、前もってよく確認しておきましょう。

免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類の他に、個人事業主なら確定申告書類、会社なら決算書が求められます。

申し込んだ後に書類を用意していなくて慌てるようなことがないようにしてくださいね。

ポイント③ 申し込みは低めの希望限度額にする

ビジネスローンの申し込みは、限度額を希望した上で申し込みをします。

もし多額のお金がすぐに必要でないのであれば、最初は少額で申し込むことをおすすめします。

大金を所望すると、「こんなに借りて返せるのかな?」と疑問を持たれてしまいます。

最初は低い限度額で申し込みをして、徐々に限度額を上げていくことが審査に通りやすくなるポイントです。

ポイント④ 借入れがあるなら減らす

借入れがあるなら、できるだけ返済しておきましょう。

いくつも借入先があると審査的にはマイナスになるので、借入先を減らすことは非常に有効になります。

おまとめするために借りたいなら、借金の一本化に使いたい旨を伝えましょう。

4. 消費者金融のビジネスローンに関するQ&A

消費者金融のビジネスローンについてよくある疑問をQ&A形式にしてまとめました。

  1. ビジネスローンは赤字でも借りられますか?
  2. 担保や保証人は不要ですか?
  3. 即日に借りるにはどうすれば良いですか?
  4. ビジネスローン以外で資金調達する方法はありますか?

それぞれ紹介します。

4-1. ビジネスローンは赤字でも借りられますか?

審査は厳しくなるでしょうが、赤字でも通る可能性はあります。

ビジネスローンでは「年収の1/3までしか借りることができない」というルール(総量規制)が適用されないためです。

1年以上仕事をしていて、返す当てがしっかりあるなら申し込む価値ありです。

4-2. 担保や保証人は不要ですか?

ここで紹介した消費者金融は、基本的に不要です。

ただ、法人の場合、アイフルビジネスファイナンスとニチデンでは、代表者様に連帯保証人になることを求められます。

個人事業主の場合はありません。

4-3. 即日に借りるにはどうすれば良いですか?

即日に借りたい場合は、とにかく早めに申し込むようにしましょう。

消費者金融は「審査が30分」というような所が多く、迅速な審査が期待できますが、それでもビジネスローンでは「最短30分」というような記載はありません。

そのため、個人で申し込むより長い時間がかかることが想定されます。

また、必要書類をきっちり揃えておくようにしましょう。

4-4. ビジネスローン以外で資金調達する方法はありますか?

ビジネスローンに落ちて利用できない場合は、次のような方法があります。

  • ファクタリング
  • クレジットカード
  • 公的融資の利用

ファクタリングは売掛債権の売却で、お金を借りる仕組みでアイフルビジネスファイナンスが対応しています。

借入ができないなら、クレジットカードを使ってキャッシングするのも一つの方法です。

また、返済不要な融資を受けられる可能性もあるので、国が設置した無料経営相談所「よろず支援拠点」で相談してみると良いでしょう。

5. さいごに

消費者金融のビジネスローンについて紹介をしてきましたが、参考になりましたか?

消費者金融のビジネスローンは金利が高めに設定されていますが、即日で借入することができるので、急いでいる方や短期的な借り入れをしたい方におすすめです。

最後におすすめの消費者金融をまとめておきます。

  1. アイフルビジネスファイナンス・・・法人も個人事業主も利用できる
  2. プロミス自営者カードローン・・・金利が若干低い
  3. レイクALSAアルサdeビジネス・・・起業1年未満でも相談可能

このページが読者の皆様の借り入れにお役に立てることをお祈りします。