アイフルビジネスファイナンスを辛口レビュー|口コミで分かる全注意点

アイフルビジネスファイナンス

「アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンってどう?」「アイフルビジネスファイナンスのカードローンはおすすめ?」と、アイフルビジネスファイナンスのサービスについて気になっていませんか?

アイフルビジネスファイナンス」は金利が高めに設定されていますが、多様なサービスをしているので、銀行の借入が難しい方は一度チェックする価値があります。

このページでは、銀行や消費者金融でカードローンの審査をしてきた私が、アイフルビジネスファイナンスの特徴や、他の法人ローンと比較しておすすめかどうか紹介します。

  1. アイフルビジネスファイナンスの特徴
  2. アイフルビジネスファイナンスがおすすめな人・おすすめでない人
  3. アイフルビジネスファイナンスを利用する際の流れと注意点
  4. アイフルビジネスファイナンスに落ちた場合の3つの対策法
  5. アイフルビジネスファイナンス以外でおすすめのビジネスローン4選
  6. アイフルビジネスファイナンスに関するQ&A

このページを読めば、アイフルビジネスファイナンスを利用するべきか、また、使う際はどうやって申し込めば良いか分かるので、ぜひご覧ください。

著者プロフィール
里中健吾(37歳)
新卒で、メガバンクに入社。個人向けの営業を経験した後、大手消費者金融に転職。消費者金融ではカードローンの審査に携わる。
その後、ネット銀行に転職し、銀行カードローンの審査業務に携わる。
個人でもSNS等でカードローンの相談を受け、1,000人以上に選び方や審査のコツを伝授してきた。

1. アイフルビジネスファイナンスの特徴

このページでは、アイフルビジネスファイナンスのサービスを詳しく紹介しますが、結論としては「どうしても即日に借りたい方や、他の金融機関に落ちてダメだった方」に向いています。

下の表は、アイフルビジネスファイナンスと他のビジネスローンについて比較してまとめたものです。

アイフルビジネスファイナンスは即日借入できるというメリットがありますが、金利が高めに設定されているので、まずは銀行カードローンを検討した方が良いです。

ビジネスローン名実質年率限度額スピード
アイフルビジネスファイナンス3.1%~18.0%1,000万円最短即日
GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド0.9%~12.0%1,000万円最短2営業日
PayPay銀行ビジネスローン(法人向け)1.8%~13.8%500万円
りそな銀行りそなビジネスローン「活動力」4.0%~14.0%500万円
東京スター銀行スタービジネスカードローン4.5%~14.5%1,000万円最短5日で回答
株式会社オージェイ10.0%~15.0%2,000万円最短即日
オリックスクレジット6.7%~17.8%500万円最短即日
ビジネスパートナースモールビジネスローン9.98%~18.0%500万円最短5日
ニチデン4.8%~17.52%1億円

最初は金利が一番高い金利(上限金利)が適用されることが多いので、上限金利に注意して選びましょう。

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド」は上限金利が12%で審査も迅速なので、一番最初におすすめします。

では、アイフルビジネスファイナンスをメリット・デメリットに分け、詳しく紹介していきます。

1-1. アイフルビジネスファイナンスの3つのメリット

アイフルビジネスファイナンスは次のような長所があります。

  • サービス内容が多彩
  • 審査が迅速
  • 柔軟な審査が期待できる

それぞれ紹介します。

メリット① サービス内容が多彩

アイフルビジネスファイナンスは、以下のような多彩なサービスを行なっています。

  • ビジネスローン
  • カードローン
  • 不動産担保ローン
  • 不動産担保開業支援ローン
  • 売掛債権ファクタリング
  • 法人クレジット
  • 介護報酬担保ローンなど

特に不動産担保などを付けない方は、ビジネスローンかカードローンのどちらかを利用することになります。

下の表は、ビジネスローンとカードローンの違いをまとめたものです。

項目ビジネスローンカードローン
金利3.1%~18.0%5.0%~18.0%
限度額

50~1,000万円

1~1000万円
(新規は上限500万円)

必要期間最短即日
来店不要
融資対象者法人 or 個人事業者
法人75歳、個人事業者69歳まで
保証人
担保
不要
(法人の場合は代表者が連帯保証)
特徴借入は1回
(都度審査が必要)
限度額の範囲内で何度も借入可

ビジネスローンは1回の借入で大丈夫な方、カードローンは何度も借入する可能性がある方におすすめです。

このページでは、カードローンを中心に紹介していきますが、他のサービスも知りたい方は、公式ページをチェックしてみてください。

メリット② 審査が迅速

アイフルビジネスファイナンスは、審査が最短即日で完了します。

下の表は主なビジネスローンをまとめたものですが、ビジネスローンでは最速の部類に入ることが分かります。

ビジネスローン名スピード
アイフルビジネスファイナンス最短即日
GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド最短2営業日
PayPay銀行ビジネスローン(法人向け)
りそな銀行りそなビジネスローン「活動力」
東京スター銀行スタービジネスカードローン最短5日で回答
株式会社オージェイ最短即日
オリックスクレジット最短即日
ビジネスパートナースモールビジネスローン最短5日
ニチデン

銀行では即日で借りることはできません。

ノンバンク系では最短即日のところはありますが、消費者金融大手アイフルのグループ会社であり、ノウハウや実績を考えると、一番迅速な対応が期待できます。

メリット③ 柔軟な審査が期待できる

アイフルビジネスファイナンスは、銀行などのビジネスローンと比べて柔軟な審査が期待できます。

一般的に、条件が良いほど審査が厳しくなる傾向があるので、銀行は厳しめと言われています。

一方、ノンバンク系は金利が高めに設定されているかわりに、銀行に通らないような方々に門戸を広げているわけです。

アイフルビジネスファイナンスは15万件口座以上の取引実績があり、ノンバンク系の中で最も頼りになる会社と言えるでしょう。

1-2. アイフルビジネスファイナンスの2つのデメリット

一方で、アイフルビジネスファイナンスは次のような短所が考えられます。

  • 金利が高め
  • 新たに銀行融資を受けるのが難しくなる場合がある

それぞれ紹介します。

デメリット① 金利が高め

アイフルビジネスファイナンスは銀行と比べると高めの設定になっています。

下の表は、ビジネスローンの金利を比較してまとめたものです。

ビジネスローン名実質年率
アイフルビジネスファイナンス3.1%~18.0%
GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド0.9%~12.0%
PayPay銀行ビジネスローン(法人向け)1.8%~13.8%
りそな銀行りそなビジネスローン「活動力」4.0%~14.0%
東京スター銀行スタービジネスカードローン4.5%~14.5%
株式会社オージェイ10.0%~15.0%
オリックスクレジット6.7%~17.8%
ビジネスパートナースモールビジネスローン9.98%~18.0%
ニチデン4.8%~17.52%

ノンバンク系ビジネスローンは17%~18%になっており、それを考慮すると高いということはありません。

しかし、それでも銀行と比べると高さは際立ってしまいます。

デメリット② 新たに銀行融資を受けるのが難しくなる場合がある

ノンバンクからの借入があると、銀行などより良い条件で借りられる金融機関からの借入が難しくなる場合があります。

もちろん、一時的に借入があったとしても、順調に業績を伸ばしていけば借入はできるようになるでしょう。

ですが、業績がイマイチでノンバンクローンを利用している場合は、審査にマイナスになり、通りにくくなることが想定されるので、注意してください。

2. アイフルビジネスファイナンスがおすすめな人・おすすめでない人

アイフルビジネスファイナンスのサービスが向いている人・向いていない人について紹介していきます。

合わせて、SNSで見かけた口コミも紹介するので参考にしてください。

2-1. アイフルビジネスファイナンスがおすすめな人

アイフルビジネスファイナンスが向いているのは次のような方です。

  • 銀行での借入がむずかしい人
  • 借入を急いでいる人

それぞれ紹介します。

おすすめな人① 銀行での借入がむずかしい人

ノンバンクの借入がある状態で、銀行から新たに借入するのは審査的にマイナスになる場合があるので、まずは銀行で借りられないか検討するのがおすすめです。

「書類の提出とか大変そう」とか思われるかもしれませんが、「GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド」などのように、決算書や事業計画書の提出も不要なところもあります。

そういうところに申し込んで落ちてしまった場合に、アイフルビジネスファイナンスを検討すると良いでしょう。

アイフルビジネスファイナンスの口コミ① 審査が通った

口コミ・評判

A さん
最初は銀行のビジネスローンを申し込みましたが、1週間くらいして不合格の通知がきました。
審査に時間がかかって失敗だったので、すごいげんなりました。
ですが、アイフルビジネスファイナンスは、申し込んで翌日に借入ができました。
すぐに返済しましたが、とても助かりました。

おすすめな人② 借入を急いでいる人

アイフルビジネスファイナンスは即日で審査から融資まで完了するので、「本日中に借りたい」というような方におすすめです。

銀行は金利がお手頃ですが、即日での融資を受けることはできません。

ちなみに、日本政策金融公庫や銀行のプロパー融資は審査が1ヶ月以上かかる場合があるなど、良い条件での借入はそれだけ時間がかかるのです。

アイフルビジネスファイナンスは金利が高めなので、長期の借入は厳しいですが、急いでいる方には向いているのです。

アイフルビジネスファイナンスの口コミ② 審査が通った

口コミ・評判

S さん
Webで申し込み、当日に返事をもらえました。
免許証と健康保険証、あと確定申告書を提出すればOKでした。
借入希望額には届きませんでしたが、早くて有り難かったです。

1-2. アイフルビジネスファイナンスカードローンがおすすめでない人

アイフルビジネスファイナンスカードローンがおすすめでない人は次のような人です。

  • 金利にこだわって選びたい人
  • 借入審査に自信がある人

それぞれ紹介します。

おすすめでない人① 金利にこだわって選びたい人

アイフルビジネスファイナンスは金利を高いので、長期的な借入は向いていません。

下の表は、金利を比較したのをまとめたものです。

金利で比較すると、ビジネスローンでおすすめなのは「GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド」であることが分かります。

ビジネスローン名実質年率
アイフルビジネスファイナンス3.1%~18.0%
GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド0.9%~12.0%
PayPay銀行ビジネスローン(法人向け)1.8%~13.8%
りそな銀行りそなビジネスローン「活動力」4.0%~14.0%
東京スター銀行スタービジネスカードローン4.5%~14.5%
株式会社オージェイ10.0%~15.0%
オリックスクレジット6.7%~17.8%
ビジネスパートナースモールビジネスローン9.98%~18.0%
ニチデン4.8%~17.52%

銀行が付いていない金融会社は高めに設定されていることが分かります。

アイフルビジネスファイナンスの口コミ③ すぐに返した

口コミ・評判

T さん
アイフルビジネスファイナンスで100万円の融資枠をもらいました。
とても丁寧に対応してくれて気持ちよく使わせてもらいました。
繰上げ返済したので、あまり金利が高いとは思わなかったです。

金利が高いということで、この方のように短期的な借入がおすすめです。

おすすめでない人② 借入審査に自信がある人

「すぐに返せるだけの売上がある」「担保になる不動産もある」というような場合は、まずは銀行を検討することがおすすめです。

具体的には、次のようなケースなら、銀行や日本政策金融公庫などを検討するべきです。

  • あまり借入を急いでいない
  • 売掛金が入ればすぐに返せる
  • 決算書や事業計画書を出せる
  • 担保にできる資産がある

普段から会計事務所に決算をお願いしているなら、そちらの方に相談しても良いでしょう。

ノンバンク系ビジネスローンはそれから検討するのでも遅くはありません。

アイフルビジネスファイナンスの口コミ④ 赤字だったけど借りれた

口コミ・評判

K さん
赤字決算で銀行では断られたのですが、アイフルビジネスファイナンスは快く対応してくれました。
いつでも借入できるので、作っておいて損はないなと思います。

ビジネスローンは、「年収の1/3までしか借りられない」というような総量規制がないので、赤字でも借りることはできます。

ただし、長く借りるとそれだけ利息はかさむので、利用は計画的に行いましょう。

3. アイフルビジネスファイナンスカードローンを実際に利用する際の流れ

アイフルビジネスファイナンス」を申し込みたいと言う方のために、アイフルビジネスファイナンスカードローンの申し込みの流れを紹介します。

また、申し込む際に、審査落ちのリスクを減らすためのポイントを紹介します。

3-1. アイフルビジネスファイナンスカードローンの借入れまでの流れ

アイフルビジネスファイナンスでお金を借りるには、以下の3つのステップを踏むことになります。

  1. 申し込み
  2. 必要書類提出
  3. 契約&融資

それぞれ具体的に解説していきます。

申し込み条件

アイフルビジネスファイナンスのビジネスローン・カードローンを利用するには、下記の申込条件を満たしている必要があります。

  1. 法人又は個人事業主
  2. 法人: 75歳まで(個人事業主: 69歳まで)

担保や保証人は原則不要ですが、法人の場合は代表者に連帯保証がお願いされます。

STEP① 申し込み

アイフルビジネスファイナンスのビジネスローン・カードローンは、以下の申し込み方法があります。

  • Web
  • 電話

現在は、インターネットからの申し込みが基本になっています。

記入内容は、希望借入額、申込者本人と法人の情報(住所・職種)などで、特に迷うこともないはずです。

ビジネスローンとカードローンはどうやって選ぶ?

公式ページから申し込むと、ビジネスローン・カードローンを選べないので、不安になるかもしれませんが、後から選べるようになっています。

申し込み後の仮審査をクリアできた場合、連絡が来るので、その時にビジネスローンとカードローンのどちらを希望するかを伝えることになります。

ちなみに、電話申し込みの場合は、最初に伝えることができます。

STEP② 必要書類提出

申込情報をもとに仮審査が行われます。仮審査通過した場合、必要書類を提出することになります。

必要書類は法人と個人事業主によって異なります。

法人
  • 代表者本人を確認する書類
  • 決算書など
個人事業主
  • 本人を確認する書類
  • 確定申告書
  • 事業内容確定書(公式ページよりダウンロード)

本人確認書類は、免許証やマイナンバーカード、保険証などです。

提出後に本審査が行われます。

審査で見られるポイント

ビジネスローンで見られる審査ポイントは次の2つです。

  • 事業状況(事業歴や資産・負債の状況など)
  • 信用情報(過去に金融事故は無いかなど)

金融機関は以上の2点から、ちゃんと返済してくれそうか見極めようとしているということです。

STEP③ 契約&融資

審査をクリアした場合は、以下の方法で契約をすることになります。

  • インターネット
  • 郵送
  • 来店
  • 訪問

借入方法と返済方法は、次の通りです。

項目ビジネスローンカードローン
借入方法・振込・銀行振込
・ATM引き落とし
・電話による振込申込
返済方法・口座振替
・銀行振込
・口座振替
・銀行振込
・ATM入金

※口座振替は日にちを選択できます。

これを見ると、カードローンの方が使い勝手が良いことが分かります。

長く借りていると利息が増えるので、できるだけ繰上げ返済していきましょう。

3-2. アイフルビジネスファイナンスの審査を通過するための4つのポイント

審査をクリアするために、次のポイントをおさえれば審査落ちのリスクを減らせます。

  • 正確な情報を記入する
  • 申し込みは低めの希望限度額にする
  • 借入れがあるなら減らす
  • 一社ずつ申し込む

それぞれ紹介します。

ポイント① 正確な情報を記入する

審査に落ちる理由として、意外に多いのが記入ミスによるものです。

誤字や脱字などをすると、わざとでなくとも虚偽の申し込みを行ったと消費者金融会社から判断され、審査に落とされるケースがあります。

そのため、申し込み内容をしっかりと確認をして記入ミスをなくすことも審査に通りやすくなる重要なポイントの一つです。

ポイント② 申し込みは低めの希望限度額にする

カードローンの申し込みは、限度額を希望した上で申し込みをします。

もし多額のお金がすぐに必要でないのであれば、最初は少額で申し込むことをおすすめします。

大金を所望すると、「こんなに借りて返せるのかな?」と疑問を持たれてしまいます。

最初は低い限度額で申し込みをして、徐々に限度額を上げていくことが審査に通りやすくなるポイントです。

ポイント③ 借入れがあるなら減らす

借入れがあるなら、できるだけ返済しておきましょう。

いくつも借入先があると審査的にはマイナスになるので、借入先を減らすことは非常に有効になります。

おまとめするために借りたいなら、借金の一本化に使いたい旨を伝えましょう。

ポイント④ 一社ずつ申し込む

急いでいるからといって、何社も申し込むのは止しましょう。

申込情報は共有されており、一度に何社も申し込むと怪しまれてしまいます。

「銀行の審査結果を待つのが時間がかかるから、アイフルビジネスファイナンスを申し込んでおこう」と考えるのではなく、一社ずつ結果が出てから申し込むようにしましょう。

4. アイフルビジネスファイナンスカードローンに落ちた場合の3つの対策法

アイフルビジネスファイナンスのカードローンに落ちた場合は、次の3つの借入れ方法があります。

  • 他社に申し込む
  • ファクタリングを利用する
  • 補助金や助成金を申し込む

それぞれ紹介します。

対処法① 他社(ノンバンク)に申込む

アイフルビジネスファイナンスに落ちて、まだ借入をしたいと考えている場合は、「オリックスクレジット」や「ビジネスパートナースモールビジネスローン」など別のノンバンク系ビジネスローンがおすすめです。

銀行は無理でしょうから、アイフルビジネスファイナンスよりも柔軟な審査が期待できそうな場所を探すしかありません。

大手より中小の金融会社がおすすめです。

対処法② ファクタリングを利用する

ファクタリングは売掛金の債権を売却して、お金を借入する仕組みで、申し込んで契約が成立すると、手数料を除いた額を振り込んでもらえます。

そして、売掛金を無事回収委した場合は、それをファクタリング会社の口座に振り込んで完了です。

審査は法人カードローンよりも柔軟に対応していると言われています。

アイフルビジネスファイナンスでも行なっているので、気になる方は相談してみることをおすすめします。

対処法③ 補助金や助成金を申し込む

金融機関での借入やファクタリングが利用できない場合は、公共機関から補助金や助成金がもらえないか検討しましょう。

国や地方自治体には、起業や経営をサポートする制度がいくつもあります。

迅速な入金は無理ですが、補助金や助成金なら返済義務がないので、利用できないかチェックする価値があるはずです。

「どこに相談したら良いか分からない」というなら、国が設置した無料経営相談所「よろず支援拠点」を利用するのがおすすめです。

5. アイフルビジネスファイナンス以外でおすすめのビジネスローン4選

「アイフルビジネスローンよりも金利が低いところを選びたい」「アイフルビジネスファイナンスに落ちたから別のところに申し込みたい」という方のために、おすすめのビジネスローンを紹介します。

一番のおすすめでは、金利が他と比べて低く、融資スピードも十分早い「GMOあおぞらネット銀行」です。

カードローン名実質年率限度額スピード申込対象
GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド0.9%~12.0%1,000万円最短2営業日・営利法人
・法人口座あり
PayPay銀行ビジネスローン(法人向け)1.8%~13.8%500万円・法人代表者
・20歳以上69歳以下
オリックスクレジット6.7%~17.8%500万円最短即日・20歳~69歳まで
・業歴1年以上の個人事業主
・法人代表者
ビジネスパートナースモールビジネスローン9.98%~18.0%500万円最短5日・法人
・個人事業主

※最新情報は公式ページをご確認ください。「-」は記載がない所です。

アイフルビジネスファイナンスに落ちた場合は、「オリックスクレジット」「ビジネスパートナースモールビジネスローン」などを検討すると良いでしょう。

5-1. GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド|一番おすすめのビジネスローン

GMOあおぞらネット銀行

GMOあおぞらネット銀行」は、「あんしんワイド」という融資枠型のカードローンを出している銀行です。

0.9%〜12.0%というお手頃な金利で、限度額の範囲内で何度も借りられることができるので、運転資金やつなぎ資金の確保に重宝します。

担保・保証人が不要であるだけでなく、決算書や事業計画も不要なので、申し込みしやすいです。

さらに、24時間365日申し込み可能で、最短2営業日で融資までいけるので、急いでいる方にも向いています。

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド基本情報

実質年率0.9%〜12.0%
限度額10万円以上 1,000万円以内
申込条件・法人口座で、申込日の属する月の前月から遡って 7 カ月以上連続した入出金明細情報が必要になります。
・他の銀行を使っていた場合は、入出金明細管理サービス「freee 入出金管理 with GMO あおぞらネット銀行」で、入出金明細情報を同期する必要があります。
その他法人口座開設が必要
公式ページhttps://gmo-aozora.com/promotion/lp/anshinwide/

詳細は公式ページをご確認ください。

5-2. PayPay銀行ビジネスローン|金利が14%を切るビジネスローン

ペイペイ銀行カードローン

PayPay銀行ビジネスローン」は、法人向けと個人事業向けの2つがあります。

業歴2年以上、または決算を2期終了している法人ならば申し込むことができます。

300万円超の借入ならば、基本的に書類提出をすることがないので、書類提出が難しいと思う方に向いています。(提出を求められる場合もあります)

金利条件も悪くないので、十分おすすめできるビジネスローンです。

PayPay銀行ビジネスローン基本情報

実質年率1.8%~13.8%
限度額500万円
申込条件・業歴2年以上、または決算を2期終了している。
・代表者が日本国籍、または、外国籍で日本での永住権を有している。
・申込時、代表者の年齢が満20歳以上満69歳以下である。
その他契約前にビジネス口座の開設必要。
公式ページhttps://www.paypay-bank.co.jp/business/loan/corporation/index.html

詳細は公式ページをご確認ください。

5-3. オリックスクレジットVIPローンカードビジネス

オリックスvipカードローンのロゴ

オリックス・クレジットVIPローンカードビジネス」は、法人・個人事業主向けのビジネスローンです。

審査が最短60分、即日融資が可能なので、急いでいる方におすすめのローンです。

インターネットからの利用の場合は手数料なしで利用できます。

ビジネスローンを利用すると、ホテルやレンタカーが割引価格で利用できるなどのメリットもあります。

オリックスクレジット基本情報

実質年率6.0%~17.8%
限度額50万円~500万円
申込条件20歳~69歳で、以下のいずれかに該当する方。

・業歴1年以上の個人事業主の方。
・法人格を有する事業の代表者の方。
その他
公式ページhttps://www.orixcredit.co.jp/

詳細は公式ページをご確認ください。

5-4. ビジネスパートナースモールビジネスローン

ビジネスパートナーTOP

ビジネスパートナースモールビジネスローン」は、法人・個人事業主向きのビジネスローンです。

申込から融資まで最短5日間で対応してもらえます。

セブン銀行ATMから返済ができるので、利便性も悪くありません。

アイフルビジネスファイナンスと同様に、柔軟な審査が期待できます。

ビジネスパートナースモールビジネスローン基本情報

実質年率9.98% 〜 18.0%
限度額50万円 〜 500万円
申込条件法人又は個人事業主
満20歳 〜 満69歳まで
その他
公式ページhttps://www.b-partner.co.jp/small-business-loan/

詳細は公式ページをご確認ください。

6. アイフルビジネスファイナンスに関するQ&A

ここでは、アイフルビジネスファイナンスに関してよくある質問に対してお答えしていきます。

  1. ビジネスローンとカードローンはどちらが良いですか?
  2. 金利以外に手数料はありますか?
  3. 借りられる額が増やしたいんだけど、どうしたら良いですか?
  4. 赤字だけど借りられますか?
  5. 事業を始めたばかりだけど借りられますか?

クリックすると該当部分にリンクします。

6-1. ビジネスローンとカードローンはどちらが良いですか?

ビジネスローンは1回だけの借入で大丈夫な場合、何度も借りることがありそうならカードローンがおすすめです。

また、ビジネスローンは50万円以上からの借入なので、50万円未満の借入で十分ならカードローン一択になります。

ビジネスローンは3.1%~18.0%、カードローンは5.0%~18.0%という金利になっていますが、500万円以上借入するようなケースでも無い限り、一番低い金利(下限金利)を気にする必要はありません。

6-2. 金利以外に手数料がありますか?

金利以外に印紙代(実費)がかかります。

また、ATMを利用すると手数料がかかるのでその点だけは注意してください。

6-3. 借りられる額を増やしたいんだけど、どうしたら良いですか?

増額については特に記載されていませんが、カードローンで「増額できない」なんてサービスはありません。

ただし、審査が必要になるはずなので、申込時よりも財務状況が良くなっていなければ無理です。

財務状況が悪くなっている状況で、増額を申請すると、逆に減らされてしまうケースも想定されるので注意してください。

6-4. 赤字だけど借りられますか?

赤字でも借りることはできます。

「年収の1/3までしか借りることができない」という総量規制のようなルールが適用されないためです。

過去の財務内容だけでなく、現状の商売に鑑み融資実行の可能性を検討してもらうことができます。

6-5. 事業を始めたばかりだけど借りられますか?

借りることは可能です。

アイフルビジネスファイナンスでは、開業支援ローンで受け付けていますので、そちらを利用しましょう。

どのサービスに申し込めば良いか分からない場合は、電話で相談してみることをおすすめします。

7. まとめ

アイフルビジネスファイナンスについて紹介してきましたが、参考になりましたか?

アイフルビジネスファイナンスは金利は高いですが、即日で借りることができるので、緊急的に短期的に借りたい方におすすめです。

金利が低いのを選びたい方や審査に落ちた方は、次の金融機関をチェックしてみると良いでしょう。

  1. GMOあおぞらネット銀行
  2. PayPay銀行ビジネスローン
  3. オリックス・クレジットVIPローンカードビジネス
  4. ビジネスパートナースモールビジネスローン

このページが、読者の皆様のお金の借り入れにお役に立てることをお祈りします。

アイフルビジネスファイナンスカードローン公式ページ:

https://www.aiful-bf.co.jp/

最新情報は公式ページをご確認ください。

最後に、アイフルビジネスファイナンスカードローンの基本情報をまとめておきます。

『アイフルビジネスファイナンスビジネスローン・カードローン』詳細情報

商品名ビジネスローンカードローン
申込できる人法人または個人事業主

法人:75歳まで
個人事業主:69歳まで

法人または個人事業主

法人:75歳まで
個人事業主:69歳まで

申込方法
  • インターネット
  • 電話
  • インターネット
  • 電話
必要書類・物品
法人
  • 代表者を確認する書類
  • 決算書

その他必要に応じた書類

個人事業主
  • 本人確認書類
  • 確定申告書
  • 当社所定の事業内容確認書

その他必要に応じた書類

法人
  • 代表者を確認する書類
  • 決算書

その他必要に応じた書類

個人事業主
  • 本人確認書類
  • 確定申告書
  • 当社所定の事業内容確認書

その他必要に応じた書類

借入限度額50万円〜1,000万円1万円〜1,000万円
借入利率3.1%〜18.0%5.0%〜18.0%
借入方法
  • 振込
  • 銀行振込
  • ATM引き落とし
  • 電話による振込申込
取引期間
  • 元利均等返済:最長5年(60回以内)
  • 元金一括返済:最長1年(12回以内)
  • 最長8年4か月(100回以内)
返済方法
  • 口座振替
  • 銀行振込
  • 口座振替
  • 銀行振込
  • ATM入金
返済日自由に選択可自由に選択可
返済金額
  • 元金定率リボルビング返済
  • 借入後残高の1.0%または2.0%
  • 元金定率リボルビング返済
  • 借入後残高の1.0%または2.0%
遅延損害金20%20%
契約締結時費用印紙代(実費)印紙代(実費)