ビジネスローンの審査は難しい?通るために知っておくべき全ポイント

ビジネスローンの審査

「ビジネスローンは何を審査されるの?」「審査に通りやすいビジネスローンはある?」と、ビジネスローンの審査について気になっていませんか?

ビジネスローンの審査基準を知っておかないと、審査に落ちて借入が難しくなる恐れがあるので注意が必要です。

このページは、銀行や消費者金融でカードローンの審査をしてきた私が、ビジネスローンの審査や通るためのポイントについて以下の流れで紹介します。

  1. ビジネスローンの審査難易度と3つの審査ポイント
  2. 落ちないためのビジネスローンの選び方
  3. おすすめのビジネスローン4選
  4. ビジネスローン審査に落ちないための4つの対策
  5. ビジネスローン審査に関するQ&A

これを読めば、ビジネスローンの審査が分かり、どこに申し込めば良いか分かるので是非ご覧ください。

著者プロフィール
里中健吾(37歳)
新卒で、メガバンクに入社。個人向けの営業を経験した後、大手消費者金融に転職。消費者金融ではカードローンの審査に携わる。
その後、ネット銀行に転職し、銀行カードローンの審査業務に携わる。
個人でもSNS等でカードローンの相談を受け、1,000人以上に選び方や審査のコツを伝授してきた。

1. ビジネスローンの審査難易度と3つの審査ポイント

ビジネスローンを始めて申し込むに当たって「審査が厳しくないか」「どんな審査がされるのか」など、不安に思っている人は多いでしょうから、まずはその点からご紹介していきます。

1-2. ビジネスローンの審査は難しい?

ビジネスローンは、日本政策金融公庫や銀行のプロパー融資(直接投資)と比較すると、審査は難しくありません。

下の表は、法人や個人事業主が利用できる借入方法についてまとめたものです。

日本政策金融公庫や銀行のプロパー融資は金利が圧倒的に低い(3%未満)ですが、審査はそれだけ難しくなっています。(1~2ヶ月審査にかかる場合もあります)

方法特徴おすすめ
日本政策金融公庫・目的別に様々な支援がある
・金利が低い(~3%程度)
・これから会社を始める方
・1,000万円以上借りたい方
銀行
(プロパー融資や信用保証協会保証貸付融資など)
・金利が低い(~3%程度)
・審査が厳しい
・長期借入を希望する方
・1,000万円以上借りたい方
ビジネスローン
・即日で借りられる
・金利が若干高め(14~18%)
・急いでいる方
・短期的な借入を希望する方
ファクタリング
(売掛債権の売却)
・即日で借りられる
・取引先にバレずに借りることも可
・ビジネスローンが利用できなかった方
クラウドファンディング・現金以外のリターンでもOK
・不確実な事業でも投資してもらえる
・話題性のある事業をする方

一方、ビジネスローンの金利は14~18%で、個人のカードローンとほぼ同じ水準に設定されています。

条件が良いほど審査は厳しくなる傾向がありますが、ビジネスローンはあまり金利は低くなく、審査は柔軟に対応していると言えます。

ビジネスローンは、審査に自信が無い方で、少額を急いで借りたいという方に向いています。

1-2. ビジネスローンの3つの審査ポイント

ビジネスローンで審査されるポイントは主に以下の3点です。

一言で言えば「お金を貸して返してくれる実績や信頼性はあるか」ということが問われます。

ポイントチェック内容一言解説
信用情報・過去に滞納や債務整理をしていないか・申込者の情報から信用情報機関に問い合わせされる
事業の状況・収支状況はどうなっているか
・ちゃんと事業をしているか
・法人なら登記書、個人事業者なら営業を証明する書類など
借入目的・何のための借入か
・目的に見合った金額か
・目的に見合った金額を申し込むべき

それぞれ紹介します。

ポイント① 信用情報

信用情報とは、過去の借り入れやクレジットカード作成や利用履歴などのことです。

法人がビジネスローンを利用する場合は、申込者(代表者)の信用情報がチェックされます。

特に延滞などの履歴がなければ問題ありません。

ちなみに、信用情報を扱っている機関は3つあり、以下の情報が保管されています。

信用機関名全国銀行個人信用情報センターCIC日本信用情報機構(JICC)
申し込み6か月6か月6か月
借り入れ5年5年5年
延滞5年5年1年
自己破産5年5年5年
任意整理5年

信用情報機関に不安があるなら、各サイトから500円~1000円で開示してもらえるので、チェックするのもおすすめです。

もし、信用情報にキズがあるなら、情報が消える期間を開けてから申し込む必要があります。

ポイント② 事業の状況

ビジネスローンは事業性資金のローンなので、本当に事業を営んでいるか確認されます。

個人事業者・法人で以下の書類を提出して審査されます。

個人・個人事業開業届出済証明書
・所得証明資料
・営業証明書、受注書など
法人・商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
・決算書

ビジネスローンは、提出書類が金融機関ごとに異なります。

中には、銀行の取引履歴だけを提出すればOKということもありますから、書類を用意するのが難しい方も申し込める場合があります。

ポイント③ 借入目的

ビジネスローンの申し込みの際には、借り入れ目的が聞かれることが多いです。

「運転資金に50万円」「臨時的な出費対応のために30万円」などのように、目的や会社の規模に合った金額かどうかチェックされます。

あまり収入が多くない個人事業者や法人が、大金を希望すると警戒されて審査落ちする可能性が高まってしまうので注意してください。

2. 落ちないためのビジネスローンの選び方

ビジネスローンの審査に落ちないために、ビジネスローンを選ぶ際は次の点に注意して選ぶことをおすすめします。

  1. 審査に自信があるなら銀行、無いならノンバンクを選ぶ
  2. 申込前に必要な書類を確認しておく

それぞれ紹介します。

注意点① 審査に自信があるなら銀行、無いならノンバンクを選ぶ

銀行の方が金利が低く、そのぶん審査が難しいので、「借入が特になく、返済額も大したことはない」というように、審査に自信がある方は銀行を選ぶと良いでしょう。

逆に、「すでに赤字になっている」「事業を始めて間もなくて収入が少ない」というような方は、ノンバンク系を選ぶと良いでしょう。

下の表は銀行のビジネスローンとノンバンクのビジネスローンを比較してまとめたものです。銀行の方が2~3%以上金利が低いことが分かります。


ビジネスローン名実質年率限度額スピード

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド0.9%~12.0%1,000万円最短2営業日
PayPay銀行ビジネスローン(法人向け)1.8%~13.8%500万円
りそな銀行りそなビジネスローン「活動力」4.0%~14.0%500万円
福岡銀行フィンディ2.0%~14.0%1,000万円
東京スター銀行スタービジネスカードローン4.5%~14.5%1,000万円最短5日で回答




アイフルビジネスファイナンス3.1%~18.0%1,000万円最短即日
株式会社オージェイ10.0%~15.0%2,000万円最短即日
オリックスクレジット6.7%~17.8%500万円最短即日
ビジネスパートナースモールビジネスローン9.98%~18.0%500万円最短5日
ニチデン4.8%~17.52%1億円

ノンバンクは金利は高めですが、最短即日で借りることができるなどの利点もあります。

そのため、「どうしても当日借りたい」というように急いでいる方にも向いています。

注意点② 申込前に必要な書類を確認しておく

金利や限度額、融資までのスピードをチェックし、良さそうな金融機関を見つけたら、申し込む前にどんな必要書類が必要かチェックしましょう。

2年分の決算書を必要としている金融機関では、2年以上の営業が必要であり、2年未満の場合は申込ない場合があります。

書類を準備できなければ、審査に通る以前に申し込めないわけです。

書類が用意できなそうなら、その金融機関を除外して別の金融機関を探しましょう。

3. おすすめのビジネスローン4選

おすすめのビジネスローンを銀行2社、ノンバンク2社で紹介します。

法人で一番のおすすめは、金利がお手頃で審査スピードも早い「GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド」です。

個人事業主の場合は「PayPay銀行ビジネスローン」が金利がお手頃でおすすめです。

銀行ローン名実質年率限度額スピード申込条件
GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド0.9%~12.0%1,000万円最短2営業日・1年未満でも申込可
・法人向け
PayPay銀行ビジネスローン1.8%~13.8%500万円・法人、個人どちらもあり
アイフルビジネスファイナンス3.1%~18.0%1,000万円最短即日・75歳までOK
・法人代表者
オリックスクレジット6.7%~17.8%500万円最短即日・20歳~69歳まで
・法人代表者

審査に自信がない方や、銀行のビジネスローンに落ちた方は、「アイフルビジネスファイナンス」や「オリックスクレジット」がおすすめです。

それぞれ紹介します。

3-1. GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド|一番おすすめのビジネスローン

GMOあおぞらネット銀行

GMOあおぞらネット銀行」は、「あんしんワイド」という法人向きビジネスローンを出しています。

0.9%〜12.0%というお手頃な金利で、限度額の範囲内で何度も借りられることができるので、運転資金やつなぎ資金の確保に重宝します。

担保・保証人が不要であるだけでなく、決算書や事業計画も不要なので、申し込みしやすいです。

さらに、24時間365日申し込み可能で、最短2営業日で融資までいけるので、急いでいる方にも向いています。

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド基本情報

実質年率0.9%〜12.0%
限度額10万円以上 1,000万円以内
申込条件・法人口座で、申込日の属する月の前月から遡って 7 カ月以上連続した入出金明細情報が必要になります。
・他の銀行を使っていた場合は、入出金明細管理サービス「freee 入出金管理 with GMO あおぞらネット銀行」で、入出金明細情報を同期する必要があります。
必要書類・本人確認書類
・事業確認書類
(口座明細や発注書など業務実態が分かる書類。法人口座の開設に必要)
その他法人口座がないなら、開設が必要(最短即日)
公式ページhttps://gmo-aozora.com/promotion/lp/anshinwide/

詳細は公式ページをご確認ください。

3-2. PayPay銀行ビジネスローン|金利が14%を切るビジネスローン

ペイペイ銀行カードローン

PayPay銀行ビジネスローン」は、法人向けと個人事業向けの2つがあります。

業歴2年以上、または決算を2期終了している法人ならば申し込むことができます。

申し込みの際は書類提出をしなくてOKということで、書類提出が難しいと思う方に向いています。(審査次第で、提出を求められる場合もあります)

金利条件も悪くないので、十分おすすめできるビジネスローンです。

PayPay銀行ビジネスローン基本情報

実質年率1.8%~13.8%
限度額500万円
申込条件・業歴2年以上、または決算を2期終了している。
・代表者が日本国籍、または、外国籍で日本での永住権を有している。
・申込時、代表者の年齢が満20歳以上満69歳以下である。
必要書類・申し込みの際の書類提出は原則不要。(決算書の提出を求められる場合あり)
その他契約前にビジネス口座の開設必要。
公式ページhttps://www.paypay-bank.co.jp/business/loan/corporation/index.html

3-3. アイフルビジネスファイナンス|柔軟な審査が期待できるローン会社

アイフルビジネスファイナンス

アイフルビジネスファイナンス」は中小企業や個人事業主向けに融資を行うアイフルビジネスファイナンス株式会社のローンサービスです。

大手消費者金融アイフルグループのノウハウによって運営されていて、「すぐに融資を受けたい」「まとまった資金が必要」などの要望に柔軟に対応してくれます。

カードを発行するカードローンと発行しないビジネスローンがあり、カードローンの場合、全国のセブン銀行やアイフルのATMなどで借り入れ返済ができるので、使い勝手も良いです。

最短即日で借り入れできるので、急いでいる方にも向いています。

アイフルビジネスファイナンス基本情報

実質年率・ビジネスローン3.1~18.0%
・カードローン5.0~18.0%
限度額最大1,000万円
申込条件法人または個人事業主

※法人:75歳まで
個人事業主:69歳まで

必要書類法人
・代表者本人を確認する書類
・決算書
個人事業主
・本人を確認する書類
・確定申告書
所定の事業内容確認書
※その他必要に応じた書類
その他
公式ページhttps://www.aiful-bf.co.jp/affiliate/businessLoanLP.html

詳細は公式ページをご確認ください。

3-4. オリックスクレジットVIPローンカードビジネス|即日融資OKで申込条件も厳しくない

オリックスvipカードローンのロゴ

オリックス・クレジットVIPローンカードビジネス」は、法人・個人事業主向けのビジネスローンです。

審査が最短60分、即日融資が可能なので、急いでいる方におすすめのローンです。

インターネットからの利用の場合は手数料なしで利用できます。

ビジネスローンを利用すると、ホテルやレンタカーが割引価格で利用できるなどのメリットもあります。

オリックスクレジットVIPローンカードBUSINESS基本情報

実質年率6.0%~17.8%
限度額50万円~500万円
申込条件・20歳~69歳までの方で、以下のいずれかに該当する方。

・業歴1年以上の個人事業主の方。
・法人格を有する事業の代表者の方。
必要書類・本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
・年収を確認できる書類(源泉徴収票、確定申告書、課税証明書など)
その他
公式ページhttps://www.orixcredit.co.jp/

詳細は公式ページをご確認ください。

4. ビジネスローン審査に落ちないための4つの対策

ビジネスローンに落ちないためのポイントと、落ちてしまった場合の対処法を紹介します。

4-1. ビジネスローンに落ちないための4つのポイント

ビジネスローンは、次のポイントをおさえれば審査落ちのリスクを減らせます。

  • 正確な情報を記入する
  • 提出する書類をそろえる
  • 申し込みは低めの希望限度額にする
  • 借入れがあるなら減らす

それぞれ紹介します。

ポイント① 正確な情報を記入する

審査に落ちる理由として、意外に多いのが記入ミスによるものです。

誤字や脱字などをすると、わざとでなくとも虚偽の申し込みを行ったと金融会社から判断され、審査に落とされるケースがあります。

そのため、申し込み内容をしっかりと確認をして記入ミスをなくすことも審査に通りやすくなる重要なポイントの一つです。

ポイント② 提出する書類を揃える

ビジネスローンは、申し込む際の書類が各社で異なる場合があるので確認しておきましょう。

法人は決算書の提出を求められることもあれば、入出金明細書を提出すればOKなところもあります。

また、個人事業主は基本的に本人確認書類と確定申告書類だけでOKですが、事業計画書を書かなければならない場合もあります。

申し込む前に、何の書類が必要かチェックしてみると良いでしょう。

ポイント③ 申し込みは低めの希望限度額にする

ビジネスローンの申し込みは、限度額を希望した上で申し込みをします。

もし多額のお金がすぐに必要でないのであれば、最初は少額で申し込むことをおすすめします。

大金を希望すると「こんなに借りて返せるのかな?」と疑問を持たれてしまいます。

最初は低い限度額で申し込みをして、徐々に限度額を上げていくことが審査に通りやすくなるポイントです。

ポイント④ 借入れがあるなら減らす

借入れがあるなら、できるだけ返済しておきましょう。

いくつも借入先があると審査的にはマイナスになるので、借入先を減らすことは非常に有効になります。

おまとめするために借りたいなら、借金の一本化に使いたい旨を伝えましょう。

4-2. ビジネスローンの審査に落ちた場合の対処法

ビジネスローンの審査に落ちた場合は、次の対処法があります。

  • 他社(ノンバンク)に申し込む
  • ファクタリングを利用する
  • 補助金や助成金を申し込む

それぞれ紹介します。

対処法① 他社(ノンバンク)に申込む

銀行のビジネスローンに落ちた場合は、ノンバンクのビジネスローンから借入先を選びましょう。

一般的に、ノンバンクのローンは金利が若干高いですが、柔軟な審査をしていると言われているためです。

もし、「アイフルビジネスファイナンス」などのノンバンクにも落ちた場合は、ビジネスローン以外の借入方法を検討するのがおすすめです。

対処法② ファクタリングを利用する

ファクタリングは売掛金の債権を売却して、お金を借入する仕組みです。

申し込んで契約が成立すると、手数料を除いた額を振り込んでもらえます。

そして、売掛金を無事回収委した場合は、それをファクタリング会社の口座に振り込んで完了です。

審査は個人事業主ビジネスローンよりも柔軟に対応していると言われています。

アイフルビジネスファイナンス」はファクタリングも対応しています。

対処法③ 補助金や助成金を申し込む

金融機関での借入やファクタリングが利用できない場合は、公共機関から補助金や助成金がもらえないか検討しましょう。

国や地方自治体には、起業や経営をサポートする制度がいくつもあります。

迅速な入金は無理ですが、補助金や助成金なら返済義務がないので、利用できないかチェックする価値があるはずです。

「どこに相談したら良いか分からない」というなら、国が設置した無料経営相談所「よろず支援拠点」を利用するのがおすすめです。

5. ビジネスローン審査に関するQ&A

ビジネスローン審査についてよくある疑問をQ&A形式にしてまとめました。

  1. 赤字でも借りることができますか?
  2. メガバンクのビジネスローンはどうですか?
  3. ビジネスローンで審査落ちした理由は分かりますか?
  4. 担保や保証人は不要ですか?
  5. ビジネスローンは何度でも借りられますか?

それぞれ紹介します。

5-1. 赤字でも借りることができますか?

審査は厳しくなるでしょうが、赤字でも通る可能性はあります。

ビジネスローンでは「年収の1/3までしか借りることができない」というルール(総量規制)が適用されないためです。

1年以上仕事をしていて、返す当てがしっかりあるなら申し込む価値ありです。

5-2. メガバンクのビジネスローンはどうですか?

みずほ銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行のビジネスローンは、利用者を選ぶので万人におすすめではありません。

下の図はメガバンクのビジネスローンをまとめたものです。

三井住友銀行は2年以上の営業実績が必要で、三菱UFJ銀行とみずほ銀行は紹介やインビテーションをもらう必要があるため、利用は難しいです。

ローン名実質年率限度額スピード申込条件
三井住友銀行ビジネスセレクトローン2.125%~1億円・2年以上の実績
・大都市限定
三菱UFJ銀行融活力2.1%~9.0%5,000万円・三菱UFJ銀行提携税理士会からの紹介必要
みずほスマートビジネスローン1%~14%1,000万円・銀行のインビテーション必要

※三井住友銀行のビジネスローンは、北海道、宮城県、埼玉県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、京都府、福岡県に限られます。

条件をクリアできるなら、申込んでも良いでしょうが、なかなか審査も厳しいので覚悟しておいてくださいね。

5-3. ビジネスローンで審査落ちした理由は分かりますか?

ビジネスローンで落ちる原因と対処法をまとめたのが下の表です。

原因対処法
申し込みの資格がない・申し込む前に条件をチェックする
財務状況(収支や内部留保)が悪い・改善できる部分があるならする
借り入れ希望額が高過ぎる・必要最小限度の希望額にする
過去に延滞や債務整理などのトラブルがあった・履歴が消えるのを待つ
他社からの借り入れが多すぎ・借入先を減らす
一度に申し込みすぎ・一社ずつ申し込む
申し込み内容に不備あり・申し込み内容を見直す

どれに当てはまったかは分かりませんが、再度申し込みたい場合は理由を考えてみて、できるなら対処しましょう。

ちなみに、同じ場所に申し込むなら半年は空けてからがおすすめです。

5-4. 担保や保証人は不要ですか?

基本的にビジネスローンは担保や保証人は不要です。

ただし、法人の場合は、法人代表者が連帯保証人になる必要はあります。

5-5. ビジネスローンは何度でも借りられますか?

ビジネスローンには証書型と極度型があり、極度型が何度も借りられるタイプになっています。

極度型の場合は、限度額の範囲内で好きな時に借りることができます。

「何度でも借りられる」と書いてあるビジネスローンは極度型のものです。

一方、証書型は最初に1回希望額を借入し、再度必要になった場合はもう一度審査を受ける必要があります。

6. さいごに

ビジネスローンの審査について紹介してきましたが、参考になりましたか?

ビジネスローンでは、「過去に延滞はないか」などの信用情報、「現在の収支はどうなっているか」などの事業状況がメインに審査されます。

ビジネスローンはあまり審査は厳しくありませんが、落ちないためには書類を揃えておくなど、しっかり準備して申し込むことをおすすめします。

このページが読者の皆様のお借り入れにお役に立てることをお祈りします。