カードローンシミュレーションで返済計画を立てる際の全注意点

カードローンのシミュレーション

「カードローンのシミュレーションってどう使うの?」「カードローンのシミュレーションはどこの会社でもあるの?」と、カードローンのシミュレーションについて気になっていませんか?

カードローンのシミュレーションを使っても返済で苦しむ人が多いです。返済計画を立てないと後悔する恐れがあるので注意が必要です。

このページは、カードローンの審査をした経歴のある私が、カードローンを利用する際の注意点についてまとめたものです。

  1. カードローンシミュレーションする前に大切な3つのこと
  2. カードローンシミュレーションでチェックするべき2つのこと
  3. カードローン返済で利息をおさえるコツまとめ
  4. おすすめのカードローン3選
  5. カードローンの返済に関するQ&A

このページを読めば、返済のコツが分かり、利息で大きな損をすることがなくなるので、ぜひご覧ください。

著者プロフィール
里中健吾(37歳)
新卒で、メガバンクに入社。個人向けの営業を経験した後、大手消費者金融に転職。消費者金融ではカードローンの審査に携わる。
その後、ネット銀行に転職し、銀行系のカードローンの審査業務に携わる。
個人でもSNS等でカードローンの相談を受け、1,000人以上に選び方や審査のコツを伝授してきた。

1. カードローンシミュレーションする前に大切な3つのこと

カードローンを利用する人は、シミュレーションを使う人は多いですが、次のことをおさえないと、結局返済に苦労して後悔することになりやすいです。

  1. 自分の返済可能額を把握する
  2. 借り入れは最小限にする
  3. 借入期間を最短にする

この3点をおさえれば、返済計画として十分役に立ちます。

これができないで、利息が多大になってしまう人が多いので注意が必要です。

ポイント① 自分の返済可能額を把握する

カードローンを利用するなら、自分のお金の出入りを見直し、毎月どれくらい返済できるか確認しておきましょう。

簡単で良いですから、下の図のように自分の収入と支出を書き出してみるのがおすすめです。

収入支出
月15万円・家賃5万円
・食費3.5万円
・光熱費1万円
・通信費5千円
・生活消耗品5千円
・趣味娯楽費1.5万円
・交際費1万円
返済可能額
 2万円

「2万円なら、ストレスなく返せそう」というように、余裕を持って返せそうな額を見極めましょう。

利息を減らすために返済額を上げすぎると、生活が苦しくなってストレスがたまることがあるので注意してください。

ポイント② 借り入れは最小限にする

カードローン金利は高いので、できる限り、借入額を低くおさえましょう。

カードローンの金利は下のように書かれていますが、最初は上限金利の17.8%が課されることがほとんどです。安く借りられると思わないでください。

プロミスの金利

また、消費者金融では「年収の1/3まで借りられる」という総量規制がありますが、「年収150万円あるから50万円借りよう」なんて考えると、返済が大変になってしまうので止めてくださいね。

必要な金額を計算し、最低限の借り入れだけにしましょう。

ポイント③ 借入期間を最短にする

「次の給料で完済する」「3ヶ月だけ借りる」というように、いつまでに返済できるかメドをつけておきましょう。

カードローンの利息は次のように計算されます。

カードローン金利の計算

例えば、10万円を18%で1か月(30日)借りた時は1479円の利息になりますし、1ヶ月30万円を借りると利息は4437円もかかるわけです。

短期間だけ借りるにしても大きな利息を払うことになるわけで、これでは貯金もできません。

「カードローンを使うのは危険な状態」ということを理解し、最短で脱出できるように心がけましょう。

2. カードローンシミュレーションでチェックするべき2つのこと

カードローンのシミュレーションする際は、次の点を確認しておきましょう。

  1. 返済期間
  2. 返済総額

シミュレーションは、実際に借りたい金融機関のサイトを利用するべきですが、使い勝手の悪いサイトも多く、イマイチ知りたいことが分からないこともあります。

三井住友銀行のシミュレーションサイトは、返済額や返済期間、返済総額の3つの数字を調べることができるのでチェックする価値ありです。

三井住友銀行カードローンのシミュレーション

出典:三井住友銀行

ノンバンク系のカードローン会社では、『プロミス』のシミュレーションが優れています。

もし、自分が借りたい金融機関のシミュレーションがイマイチわからないなら、こちらを利用してみましょう。

シミュレーションでチェックするポイント① 返済期間

自分が希望する借入額と、自分の返済可能額をもとに、返済期間がどれくらいかかるか計算しておきましょう。

例えば、プロミスで20万円借りた場合、月2万円ずつ返すとなると、11ヶ月かかることが分かります。

カードローンの返済期間シミュレーション

出典:プロミス

返済額が大きいと返済期間は短いですが、返済額を小さくすると長大な月日がかかってしまいます。

借入期間が長いほど利息がかかってくるので、できるだけ短い借り入れになるように心がけましょう。

シミュレーションでチェックするポイント② 返済総額

カードローンを利用する際は、返済総額がどれくらいになるのか、キッチリ把握しておきましょう。

借入総額は、金利や期間によって大きく変わります。

下の表は、20万円を12ヶ月、24ヶ月かけて返済した場合のシミュレーション結果です。

会社金利12ヶ月24ヶ月
プロミス17.8%219,796円239,159円
三井住友銀行14.5% 214,784円231,588円

たった20万円借りるだけで、大体2~4万円も利息を払うことになってしまいます。

もったいないですよね。

カードローンを長く利用していると、それだけ損することになるので、早め早めに返済をしていきましょう。

3. カードローン返済で利息をおさえるコツまとめ

カードローンの利息をおさえるためには、返済期間を短くするか、金利を低くするしかありません。

それには、主に3つの方法があります。

  1. 無利息期間のあるカードローンを利用する
  2. 繰り上げ返済をする
  3. 金利の低いカードローンに切り替える

それぞれ紹介します。

利息をおさえるコツ① 利息期間のあるカードローンを利用する

カードローンの中には、金利のかからない無利息期間を設けている会社があります。

たとえば、「プロミス」なら初回借り入れなら30日間無利息ですし、「レイクALSA」なら60日間無利息で借りることができます。

「次の給料までの間だけ借りたい」というような時は、金利で選ぶのではなく、無利息期間のあるカードローンを選ぶようにしましょう。

利息をおさえるコツ② 繰り上げ返済をする

カードローンには毎月決まった日に引き落とされる「約定返済」と、お金に余裕がある時に随時返済していく「繰り上げ返済」(臨時返済、任意返済ともいう)があります。

お金に余裕がある時に、振込やネットバンキングで返済していくと、元金と利息を減らしていけます。

ただし、返済に力を入れすぎて生活が圧迫されない範囲で行うことをおすすめします。

利息をおさえるコツ③ 金利の低いカードローンに切り替える

カードローンの金利は各社さまざまで、大体13~18%くらいの幅があります。

最初は18%の所に借りていたとしても、コツコツ返済実績を積んでいけば、別の低金利のカードローンに借り換えすることもできます。

また、支払い実績を積んで「借り入れ上限額をあげてもらえませんか?」と交渉をして金利を下げてもらうこともできます。(借り入れ上限額が大きいほど、金利は下がります)

もし、断られるなら別のカードローン会社に借り換えすればOKです。

4. おすすめのカードローン3選

ここでは、金利や無利息期間、ポイント還元などのサービス面の観点から、おすすめのカードローンを紹介しておきます。

正社員の方におすすめなのがJCB、短期間だけ借りたいならプロミス、楽天利用者におすすめなのが楽天銀行カードローンです。

会社金利無利息期間その他
JCB4.4~12.52.5ヶ月・5万円のキャッシングは金利5%
プロミス4.5~17.830日・三井住友VISAプリベイド発行で最大2000円分プレゼント
楽天銀行1.9~14.5・入会で1000楽天ポイント
・金利半額キャンペーンあり

※最新情報は公式ページをご確認ください。

それぞれ紹介します。

4-1. JCB カードローン「FAITH」|正社員の方におすすめのカードローン

JCBのカードローンFAITH

JCB カードローン「FAITH」』は、50万円以下の限度額で12.5%と最も低金利のカードローンの一つです。

2.5ヶ月分の利息キャッシュバックキャンペーンをやっており、カードローンの中では最長のサービスです。

アルバイトや学生の方は利用できないものの、企業で社員として働いている方であれば申し込みが可能です。

クレジットカードの審査のノウハウを生かして、きちんと柔軟に審査をしてくれるので、銀行のカードローンがダメだった方にもチャンスはあります。

運営会社JCB通常金利4.4~12.5
在籍確認手段原則あり土日可能か
審査スピード最短即日家族にバレる可能性
(カードは郵送)
上限額500万円収入証明書原則必要
来店要否不要口座要否必要
申込対象者年齢20~58歳
(学生・専業主婦・フリーター不可)

JCB カードローン「FAITH」公式ページ:

https://www.jcbloan.jp/cardloan

最新情報はこちらをご覧ください。

4-2. プロミス|無利息期間がある顧客満足度1位のカードローン

プロミスのロゴ

プロミス』は、SMBCグループの株式会社SMBCコンシューマーファイナンスによって運営されるローンブランドです。

プロミスのカードローンには次のようなメリットがあります。

  • ノンバンクカードローンの顧客満足度第一位
  • 多くの方が適用される上限金利が18%を切る
  • 利用でポイントがたまり無利息期間等と交換可能
  • プリペイドへの申し込みで「2000円分」のチャージカードがもらえる

ノンバンクのカードローンでは充実した条件になっているので、確実に借りたいという方におすすめです。

運営会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社通常金利4.5~17.8
在籍確認手段相談で書類の提出のみ土日可能か
審査スピード最短即日家族にバレる可能性
(来店でのカード受取推奨)
上限額500万円収入証明書50万円以上
他社合計100万円以上
来店要否不要口座要否不要
申込対象者年齢20~69歳
(収入あれば学生・専業主婦・フリーター可)

プロミス公式ページ:

http://cyber.promise.co.jp/

プロミスの評判が気になる方は300人分の口コミをまとめましたので「300の口コミ・評判でわかるキャッシング『プロミス』完全ガイド」を参考にしてみてください。

4-3. 楽天銀行スーパーローン|キャンペーンが充実した銀行系カードローン

楽天銀行のロゴ

楽天銀行スーパーローン』は最もおすすめの銀行系カードローンの一つで、次のメリットがあります。

  • 入会で1000ポイント
  • 借入額に応じて最大30000ポイントプレゼント
  • 楽天会員ランクで審査優遇
  • コンビニATM利用手数料無料

借入額に応じたポイントをもらうことができ、20万円以上なら500ポイントがもらえます。

ダイヤ、プラチナ、ゴールド、シルバーなど、楽天の会員ランクによって審査で優遇されることがあるので、楽天ユーザーにおすすめです。

上限額800万円通常金利1.9~14.5
毎月返済額2000円〜土日可能か
審査なし
在籍確認手段原則あり家族にバレる可能性あり
(銀行名で郵送あり)
審査スピード最短翌日収入証明書100万円以上
来店要否不要口座要否不要
返済日1日、12日、20日、27日のいずれか
申込対象者年齢20~62歳
(収入あれば学生やフリーター可、専業主婦は60歳まで)

楽天銀行スーパーローン公式ページ:

https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/

最新の情報は公式ページをご覧ください。

5. カードローンの返済に関するQ&A

カードローンの返済についてよくある疑問をQ&A形式にしてまとめました。

  1. 借り入れ可能かどうかのシミュレーションはできますか?
  2. カードローンで返済方法は違いますか?
  3. カードローンに返済期限はありますか?

それぞれ紹介します。

5-1. 借り入れ可能かどうかのシミュレーションはできますか?

できます。プロミスでは、生年月日、年収、現在の借入額だけ入力すれば、1秒で借り入れできそうか判断してもらえます。

ただし、これは簡易診断であり、実際に申し込むと落ちる場合もあるので、確実に借りれることを保証するものではありません。

ただ、他の金融会社で延滞しまくったり、無職でなければ基本的に借りられるので、あまり心配しないでください。

5-2. カードローンで返済方法は違いますか?

現在のカードローンは、毎月の支払額を一定の金額に固定して支払うリボ払い(リボルビング払い)が一般的です。(クレジットカードと同じです)

リボ払いには次の3つがあります。

  • 元利定額払い・・・最初から最後まで同じ額を支払っていく。
  • 元金定額払い・・・元金を同じ額ずつ払う。元金が減ると支払う額が減る。
  • 残高スライド方式・・・借り入れ残高ごとに段階的に減っていく。

現在では、残高によって支払金額が変わる「残高スライド式」のカードローンが多いです。

支払い方法によって若干支払い総額が変わってきますが、この辺はシミュレーションして確認することをおすすめします。

5-3. カードローンに返済期限はありますか?

カードローンには、「この期日までに完済してください」というような返済期限はありません。

ちなみに、返済期間というのは、借り入れから完済までの期間をいいます。

返済期間を短くしたければ、繰り上げ返済をしていけばOKです。

6. さいごに

カードローンシミュレーションについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

カードローンのシミュレーションをするよりも、余裕を持って返せる金額を確認し、最小限の金額を可能な限り短い期間で借りるのようにすることが大切です。

最後におすすめのカードローンをまとめておきます。

  1. JCB カードローンFAITH・・・正社員の方におすすめ
  2. プロミス・・・アルバイトやフリーター、それに30日以内で返せる方におすすめ
  3. 楽天銀行スーパーローン・・・楽天ユーザーにおすすめ

このページが、読者の皆様のお借入にお役に立てることをお祈りします。