あなたの状況別!低い金利でキャッシングをするための全知識

あなたの状況別!低い金利でキャッシングをするための全知識

「キャッシングはなるべく低い金利ものを選びたい!」は、キャッシングする時に誰もが思うことですよね。

しかし、あなたの状況によって、最も低い金利の借り入れ先は異なるため、そこを把握しておかないと低い金利と思っていてもたくさんの利息を払うことになる恐れがあります。

本記事では、低い金利でキャッシングをするために知っておくべき全ての知識を以下の流れで紹介します。

  1. キャッシングでクレジットカードの利用は損!
  2. 消費者金融系のキャッシングがおすすめ!
  3. 金利が低いキャッシングの落とし穴と対処法
  4. 限度額50万円で金利の低いキャッシング4選
  5. 限度額100万円で金利の低いキャッシング
  6. 限度額150万円で金利の低いキャッシング2選
  7. 限度額200万円で金利の低いキャッシング3選
  8. 限度額300万円超で金利の低いキャッシング3選

本記事を読んでいただくことで、低めの金利で借り入れをしたいときに知っておくべき全ての知識を身につけられます。

1. キャッシングでクレジットカードの利用は損!

本記事では、銀行のカードローンや大手消費者金融系のキャッシングサービスを中心にお話をしますが、それはカードローンに以下のようなデメリットがあるためです。

1-1. クレジットカードは金利が総じて高い

人気のクレジットカードのキャッシングは以下のようになっています。

人気のクレジットカード・キャッシング利率(抜粋)

カード名キャッシング利率
エポスカード18.0%
Reader’s Card18.0%
ライフカード15.0~18.0%

一方で、銀行のカードローンや大手消費者金融系のキャッシングサービスは以下のような利率です。

カードローンの利率(抜粋)

カード名実質年率
新生銀行レイク4.5%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%
三井住友銀行カードローン1.5%~14.5%

総じて言えることは、クレジットカードの金利は銀行のカードローンや大手消費者金融系のキャッシングサービスと比較しても非常に高いということです。

元々、クレジットカードのキャッシング機能は、クレジットカードのユーザーが「いざという時」のためにお金を引き出すための手段として考えられているケースが多く、最初から「お金を借りたい」人のためのサービスではありません。

反対に、銀行のカードローンや大手消費者金融系のキャッシングサービスは「お金を借りたい人」をターゲットに新規の顧客を探しており、金利を安くするなどして顧客を取り込もうとしています。

1-2. 急いでいる人もお持ちのクレジットカードを使うべきか考える

クレジットカードの方が金利は高いですが、急いでいる方であれば、クレジットカードのキャッシング枠を使っても仕方がないでしょう。

しかし、キャッシングサービスの中には申し込んだ当日中に融資をしてくれるものもあるため、急いでいる方であっても一歩立ち止まってクレジットカード以外の選択肢も探してみましょう。

2. 消費者金融系のキャッシングがおすすめ!

先ほど、クレジットカードのキャッシングは高金利という解説をしました。

そこで、銀行や消費者金融の「カードローン」と呼ばれるキャッシングサービスでお金を借りることが最も低い金利になりやすいです。

そして、なるべく銀行でなく、消費者金融のカードローンを使うようにしましょう。

2-1. 銀行はあまりおすすめでない理由

今まで低い金利のカードローンといえば「○○銀行カードローン」と呼ばれる銀行のカードローンでしたが、あまりおすすめできなくなりました。

なぜなら、カードローン業界が2017年5月に状況が大きく変わったためです。その結果、銀行のカードローンは借りることが困難になったので、金利が低くてもおすすめできなくなりました。

かつて銀行カードローンは消費者金融以上に簡単に高額なお金を借りられたので、銀行からたくさん借りてお金を返せない人も続出するようになりました。

銀行が厳しくした理由

そんな中で金融庁や総理大臣からも改善を求められた結果、各銀行はカードローンの審査を厳しくしたのです。(※キャッシングやカードローンには審査が必要です)

カードローン抑制のニュース

引用:日本経済新聞電子版

そして、銀行のカードローンは審査が非常に難しくなりました。(当サイトで2019年5月以降の統計を取った結果、42人のうち5人しか審査に通りませんでした

審査に落ちると大きなマイナス

審査が厳しいのなら片っ端から申し込めばいいのでは..という方もいるかと思いますが大きな間違いです。

なぜならカードローンは連続で申し込むと、以下のように「切羽詰まっているのでは」などと考えられて審査に通りにくくなるためです。

カードローンの申し込みは少ないほうがいい

低金利の消費者金融カードローンから申し込むのがおすすめ

以上のようなことから、基本的に確実にカードローンを使いたいのであれば次の章で紹介するような消費者金融のカードローンがおすすめです。

消費者金融は、銀行と比較して、ネットで申し込んで契約までサクサクできるというメリットもあり、銀行ほど審査も厳しくはありません。

そのため、審査の厳しい銀行カードローンに落ち続け、申し込み回数を重ねて「どこにも申し込めない」ということにならないように確実に借りたければ消費者金融がおすすめです。

消費者金融の中には、以下のような、「初回金利のかからないカードローン」も存在しているので、そういったところに申し込みましょう。

キャッシング名無利息の期間
プロミス契約後、初回利用の翌日から30日間
アコム契約後、契約日の翌日から30日間
レイク契約日の翌日からaかbのどちらかを選んで適用

  1. 5万円まで180日間金利無料(契約額が1~200万円の場合のみ)
  2. 30日間無料
アイフル契約日の翌日から30日間

各社の名前をクリックすると公式ページに行きます。詳細な貸付条件については公式ページをご覧ください。

2-2. おすすめの初回無利息の消費者金融2選

初回金利無料の消費者金融の中でも私がおすすめするのは以下の2社です。

銀行のカードローンほど審査は厳しくありませんが、どちらも条件良く借りられるので、おすすめです。

  • プロミス』・・・・どんな人にもおすすめ
  • アコム』・・・・・プロミスがダメなら検討したい1社

プロミス(初回30日間利息0円)

プロミスのロゴ

プロミス』はSMBCグループのローン会社で、初めての契約の場合30日間利息がかかりません。

プロミスは、審査の結果次第で限度額と金利が指定されますが、「初回無利息」「利用でたまるポイント」など、お得に使える仕組みが整っています

また、全国にある自動契約機やWebで完結できる方法など、色々な方法で契約できるので、急いでいる時や、外出が面倒な時にも嬉しいです。

ノンバンクの中でも最も金利面で優れているものの一つなので、低金利で確実に借りたい方にはおすすめの一枚です。

運営会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社実質年率4.5%~17.8%
在籍確認手段原則、書類土日可能か
審査スピード最短3分で融資家族に知られる可能性
(来店でのカード受取推奨)
上限額500万円収入証明書50万円以上
他社合計100万円以上
来店要否不要口座要否不要
申込対象者満18~74歳 ※
(収入あれば学生・専業主婦・フリーター可)

年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類の提出が必要です。 高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

プロミス公式ページ:

https://cyber.promise.co.jp/

プロミスの評判が気になる方は300人分の口コミをまとめましたので「300の口コミ・評判でわかるキャッシング『プロミス』完全ガイド」を参考にしてみてください。

アコム(初回30日間利息0円)

アコムのTOP2023年

アコム』は、三菱UFJフィナンシャル・グループのローン会社です。

プロミスと同様、契約の翌日から30日の無利息期間があるので、お得に使いたい方にぴったりです。

プロミスと比較すると条件はやや悪いものの、審査が厳しすぎないのでプロミスと合わせて検討したい1社です。

契約はWebで完結でき、非常にスムーズなので、急いでいる方にもおすすめです。

運営会社アコム株式会社(ACOM CO., LTD.)通常金利3.0%~18.0%
在籍確認手段原則、電話連絡なし土日可能か
審査スピード最短20分で融資(※)家族に知られる可能性
(WEB完結可)
上限額800万円収入証明書50万円以上
他社合計100万円以上
来店要否不要口座要否不要
申込対象者20歳以上
(収入あれば学生やフリーター可、専業主婦不可)

※申込時間や審査で希望に添えない場合があります。

アコム公式ページ:

https://www.acom.co.jp/

アコムの口コミが気になる方は「300の口コミ・評判でわかるキャッシング『アコム』の真実」に300人分の口コミをまとめたので参考にしてみてください。

3. 低金利キャッシングの注意事項

審査が難しいので銀行はあまりおすすめはしませんが、どうしても低めの金利で借りたいという方のためにこの章からは、銀行カードローンも含めて金利が低めの借り入れ先を紹介していきます。

ただ、「低金利」には落とし穴があるので紹介に入る前にこの章で解説しておきます。

この記事で後ほどキャッシングの金利を限度額別に紹介しますが、それは金利と限度額に密接な関係があり、それを知っておくことで金利を抑えることができるからです。

3-1. よくある低金利の落とし穴

銀行のカードローンでは以下のような宣伝が多いと思います。

銀行のカードローンで多い宣伝

出典:横浜銀行カードローン

このカードローンで1.9%の金利で借りられる人は、1000万円借りられる人だけです。

そして1,000万円の限度額で審査に通るためには多くの場合で2,000万円前後~それ以上の年収が必要と言われています。

そんな人はカードローンは使わないですよね。

つまり、多くのカードローンの広告などで上記のように紹介されていますが、最低金利で借りられることは期待してはいけません

3-2. 限度額が高ければ高いほど有利

多くの銀行カードローンが以下のように、「限度額」などによって金利を定めています。

例えばイオン銀行だと限度額400万円を超える人は「3.8~8.8%」になりますが、50万円だと「11.8~13.8%」となります。

イオン銀行カードローンのイメージ

出典:イオン銀行カードローン

限度額は返済能力や取引実績などに合わせて「ここまでなら返してくれそう」とカードローン側が判断したもので決まります。

そのため、いくらくらい借りられるのかの「限度額」に合わせて選ぶことが大切です。

そこでこのページでは限度額別に低金利のカードローンを紹介していきます。

※多くの方が最初は50万円未満しか限度額が出ない恐れがあります。このページでは50・100・150・200・300万円に分けて紹介していきますが、基本的に50万円の限度額でお得になるものから選びましょう。

4. 限度額50万円で金利の低いキャッシング4選

カードローン会社はたくさん借りてくれる人・借りられるだけの信用がある人に低い利率で借りてもらうたいと考えてきます。

そのため、50万円の限度額の場合は高めの金利が設定されやすいです。

(参考)限度額 50万円の時の主な利率

オリックス銀行カードローン12.0%~17.8%
横浜銀行カードローン14.6%

ちなみに、年収が高くても初めての取引の場合は、信用が少ないと判断されて、限度額が低めになる可能性が高いです。

最初から50万円を超える限度額をもらえる人は滅多にいないので、迷った場合は、この50万円の限度額が低い以下の4枚から選ぶようにしましょう。

※50万円以上必要な方や、長く使って限度額を増やしていきたい方は次の章以降を参考にしてみましょう。

4-1. JCB カードローン「FAITH」(12.50%)

JCBのカードローンFAITH

JCB カードローン「FAITH」』は、50万円以下の限度額でも12.50%と低金利のカードローンの一つです。

最大2.5ヶ月分の利息キャッシュバックキャンペーンをやっており、利息をおさえて借りることができます。(2024年4月1日(月)~2024年9月30日(月)に入会した方が対象)

アルバイトや学生の方は利用できないものの、企業で社員として働いている方であれば申し込みが可能です。

クレジットカードの審査のノウハウを生かして、きちんと、柔軟に審査をしてくれるので、銀行のカードローンがダメだった方にもチャンスはあります。

金利(実質年率)4.40%~12.50%無利息期間2.5ヶ月(※※)
在籍確認手段原則、電話連絡なし(書面や申告内容で確認)土日可能か無し
審査スピード最短即日融資(※)家族に知られる可能性あり
(カード発送あり)
上限額最大500万円収入証明書必要
申込対象者20歳以上69歳以下で、毎月安定した収入のある方
(学生、パート、アルバイト不可)
給与収入を示せない方、年収の1/3以上の借入ある方は不可

※キャッシング振り込みサービスを利用すれば、カード到着前に借り入れが可能です。平日AM9:00~PM2:30の間なら最短数十秒で借入できます。
※※2024年4月1日(月)~2024年9月30日(月)に入会した方が対象です。

特にオススメしたい方

  • 正社員の方
  • 利息ゼロ円でも方

JCB カードローン「FAITH」公式ページ:

https://www.jcb.co.jp/promotion/loancard/faith/index.html

4-2. イオン銀行「カードローン(11.8~13.8%)

イオン銀行のロゴ

イオン銀行カードローン』は、50万円以下の限度額でも11.8~13.8%と低金利のカードローンの一つです。専業主婦でも50万円までは借りられることが大きな特徴なので、専業主婦の方におすすめしたいです。

イオン銀行に口座がないと郵送してもらえるまでに時間がかかるので、急いでいる人にはあまり向きませんが、低金利です。

また、銀行の審査は難しいと言われる中で、イオン銀行は他行ほど審査を厳しくしておらず、「穴場」とも言われています。

上限額800万円通常金利3.8~13.8
毎月返済額1000円〜土日可能か
審査あり
在籍確認手段原則あり家族に知られる可能性
(郵送orテレビ窓口)
審査スピード2~3日収入証明書50万円以上
来店要否不要口座要否不要
返済日20日
申込対象者年齢20~64歳
(専業主婦は50万円まで)

特にオススメしたい方

  • イオン銀行に口座をお持ちの方
  • 専業主婦やパートの方

イオン銀行カードローン公式ページ:

https://www.aeonbank.co.jp/loan/

4-3. りそな銀行カードローン(12.475%)

りそな銀行のカードローン

りそな銀行カードローン』は、10種類のプランの中からあなたにあったものを選べるキャッシングサービスで、低額の限度額であっても利率が固定かつ低いです。

上限額10~800万円通常金利3.5%~13.5%
毎月返済額10,000円〜土日可能か
審査あり
在籍確認手段原則あり家族に知られる可能性
(郵送)
審査スピード1週間以内収入証明書50万円以上
来店要否基本は不要口座要否必要
返済日毎月5日
(休日の場合は翌営業日)
申込対象者年齢20~66歳未満
安定した収入がある方(学生・専業主婦は不可)

また、100万円以下のプランであれば、審査に年収と勤続年数が不問であるためフリーターの方にもおすすめのキャッシングです。

ただ、りそな銀行の口座をお持ちでないと審査後に口座を開設する必要があり少々面倒ですが、インターネット口座であれば銀行に足を運ばずに口座を作れるため、ネットで手続きを完結できます。

特にオススメしたい方

  • りそな銀行に口座をお持ちの方
  • パート・アルバイトの方

りそな銀行カードローン公式ページ:

http://www.resonabank.co.jp/

4-4. 三井住友銀行カードローン(年12.0%~14.5%)

三井住友銀行カードローンのロゴ

三井住友銀行カードローン』はメガバンクの一つである三井住友銀行のカードローンで、消費者金融と比べて上限金利が低めのカードローンです。

三井住友銀行の普通預金口座、キャッシュカードがあればWEB完結でき、持っていない方でもオンラインで本人確認ができればOKです。

契約極度額が100万円以下の金年12.0%~14.5%通常金利年1.5%~14.5%
毎月返済額2000円〜(※)土日可能か
申込可能
在籍確認手段原則あり家族に知られる可能性
(郵送orローン契約機)
審査スピード最短当日
(※※)
収入証明書50万円以上
来店要否不要上限額10万~800万円
返済日5日、15日、25日、月末のいずれか
申込対象者満20歳以上満69歳以下
(安定した収入がある方)

※毎月のご返済は、返済時点でのお借入残高によって約定返済金額が設定されます。
※※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合があります。

三井住友銀行普通預金口座を持っていなくても、審査通過後はカードローン口座が開設され、ローン契約機でカードを発行してくれるので、銀行に行かずに借入できます。

特にオススメしたい方

  • 三井住友銀行の普通預金口座をお持ちの方

三井住友銀行銀行カードローン公式ページ:

http://www7.smbc.co.jp/

5. 限度額100万円で金利の低いキャッシング

では続いて限度額100万円の場合の金利が低めのカードローンを紹介します。

100万円を超える額の限度額をもらえる人は滅多にいないので、100万円以上必要な方や、長く使って限度額を増やしていきたい方は見ていきましょう。

多くのカードローンでは以下のように12%以上の利率が多いです。

(参考)限度額100万円の時の主な利率

三井住友銀行カードローン年12.0%~14.5%
じぶん銀行カードローン12.5%~17.5%

その中でイオン銀行「カードローンBIG」は8.8%で借りられます。

5-1. イオン銀行「カードローンBIG」(8.8%)

イオン銀行のロゴ

イオン銀行カードローン』は、100万円の限度額の中では8.8%と最も低金利のカードローンの一つです。

特徴は、専業主婦やパートの方も審査が通りやすいことです。しかし、口座開設が必要なので、口座を持っていない方は申し込んでから融資までに時間が必要です。

上限額800万円通常金利3.8~13.8
毎月返済額1000円〜土日可能か
審査あり
在籍確認手段原則あり家族に知られる可能性
(郵送orテレビ窓口)
審査スピード2~3日収入証明書50万円以上
来店要否不要口座要否不要
返済日20日
申込対象者年齢20~64歳
(専業主婦は50万円まで)

特にオススメしたい方

  • イオン銀行に口座をお持ちの方
  • 口座開設の時間を待てる方

イオン銀行カードローン公式ページ:

https://www.aeonbank.co.jp/loan/

6. 限度額150万円で金利の低いキャッシング2選

本章では限度額150万円の場合の金利が低いカードローンを紹介します。しかし150万円の限度額をもらえる人は滅多にいないので、150万円以上必要な方や、長く使って限度額を増やしていきたい方は見ていきましょう。

多くのカードローンでは以下のように10%前後の利率が多いです。

(参考)限度額150万円の時の他社の利率

楽天銀行カードローン9.6%~14.5%
横浜銀行カードローン11.8%
新生銀行「レイク」12%~15%

その中で、限度額150万円の時に低金利である以下2つのカードローンを紹介します。

5-1. 住信SBIネット銀行 カードローン(11.99%)

NEOBANKのカードローントップ

住信SBIネット銀行 カードローン』は、150万円の借入で金利が11.99%になります。

SBI証券口座を持っていると金利0.5%の金利優遇があります。

さらに、現金プレゼントキャンペーンもやっているなど、魅力的なサービスを展開しています。

上限額1,000万円通常金利2.49%~14.79%
毎月返済額2000円〜土日可能か
在籍確認手段原則あり家族に知られる可能性
(キャッシュカードのみ郵送)
審査スピード数日収入証明書50万円以上
来店要否不要口座要否必要
返済日毎月5日(銀行休業日の場合は翌営業日)
申込対象者年齢20~65歳
(安定した収入がある方)

特にオススメしたい方

  • ご自身の信用に自信がある方
  • SBI 証券口座保有登録済の方や、住信SBIネット銀行に住宅ローン残高がある方

住信SBIネット銀行 カードローン公式ページ:

https://contents.netbk.co.jp/lp/cardloan/

5-2. ソニー銀行カードローン(9.0%)

ソニー銀行

ソニー銀行カードローン』はソニーや三井住友銀行の出資によって設立されたソニー銀行のサービスです。

金利は9.0%と低水準で固定されているので安心して申し込めます。

特徴は、ソニー銀行に口座がなくても「初回振込サービス」でカードの受け取り前に融資が受けられるため、カードの到着を待つ必要がないことです。

上限額800万円通常金利2.5%~13.8%
毎月返済額2000円〜土日可能か
審査なし
在籍確認手段原則あり家族に知られる可能性あり
(銀行名で郵送あり)
審査スピード最短翌日収入証明書50万円以上
来店要否不要口座要否必要
返済日2、7、12、17、22、27日から選択
申込対象者年齢20~65歳
(安定した収入が必要)

特にオススメしたい方

  • 住信SBIネット銀行を使っていない方
  • 返済日を自分で指定したい方

ソニー銀行カードローン公式ページ:

http://event.moneykit.net

7. 限度額200万円で金利の低いキャッシング3選

本章では限度額200万円の場合の金利が低いカードローンを紹介します。200万円の限度額をもらえる人は滅多にいないので、200万円以上必要な方や、長く使って限度額を増やしていきたい方は見ていきましょう。

多くのカードローンで限度額150万円の時よりは低いものの、以下のように10%前後の利率が多いです。

(参考)限度額 200万円の時の主な利率

三井住友銀行カードローン年10.0%~12.0%
じぶん銀行カードローン年8.5%~13.0%
横浜銀行カードローン年11.8%

その中で、限度額200万円の時に低金利である以下2つのカードローンを紹介します。

7-1. 住信SBIネット銀行 カードローン(11.99%)

NEOBANKのカードローントップ

住信SBIネット銀行 カードローン』は200万円の限度額の場合でも他と比較して金利が安くなります。

さらに、SBI証券口座を持っていると金利0.5%の金利優遇があります。

上限額1,000万円通常金利2.49%~14.79%
毎月返済額2000円〜土日可能か
在籍確認手段原則あり家族に知られる可能性
(キャッシュカードのみ郵送)
審査スピード数日収入証明書50万円以上
来店要否不要口座要否必要
返済日毎月5日(銀行休業日の場合は翌営業日)
申込対象者年齢20~65歳
(安定した収入がある方)

200万円以上の借入の場合は2万円をキャッシュバックするキャンペーンも行っています。

特にオススメしたい方

  • ご自身の信用に自信がある方
  • SBI 証券口座保有登録済の方や、住信SBIネット銀行に住宅ローン残高がある方

住信SBIネット銀行 カードローン公式ページ:

https://contents.netbk.co.jp/lp/cardloan/

詳細は公式ページをご覧ください。

7-2. オリックス銀行カードローン(5.0%~12.8%)

新生銀行のロゴ

オリックス銀行カードローン』は200万円の限度額の場合も、幅は広いですが信用が審査次第では他と比べて低い金利で借りられます。

住信SBIネット銀行カードローンの方が金利が低く審査の面でもおすすめですので、住信SBIネット銀行カードローンにピンと来なかったかただけ使うようにしましょう。

上限額800万円通常金利1.7~14.8%
毎月返済額3000円〜土日可能か
在籍確認手段原則あり家族に知られる可能性あり
(ローンカードの郵送)
審査スピード数日収入証明書50万円以上
来店要否不要口座要否不要
返済日毎月10日と月末日のどちらか選択
申込対象者満20歳以上69歳未満の方
安定した収入がある方(専業主婦(夫)や学生は除く)

特にオススメしたい方

  • 住信SBIネット銀行 カードローンにピンとこなかった方

オリックス銀行カードローン公式ページ:

https://www.orixbank.co.jp/personal/cardloan/

8. 限度額300万円超で金利の低いキャッシング3選

本章では限度額300万円を超える場合、消費者金融と比べて金利が低めのカードローンを紹介します。

300万円の限度額をもらえる人は滅多にいないので、300万円以上必要な方や、長く使って限度額を増やしていきたい方は見ていきましょう。

信用が高いと評価された方が当てはまりますが、以下のように他社では3%台後半~の利率が多いです。

(参考)限度額300万円以上の時の主な利率

三井住友銀行カードローン年7.0%~8.0%
楽天銀行カードローン年4.9%~12.5%
イオン銀行カードローン年3.8%~7.8%

その中で、限度額が300万円を超える時に低金利である以下2つのカードローンを紹介します。

8-1. 三菱UFJ銀行バンクイック(年1.8%~年7.6%)

ufjのトップ

バンクイック』はメガバンクである三菱UFJ銀行のカードローンです。

年1.8%~年7.6%と低めの金利ながら、スピードが銀行の中でもダントツで、三菱UFJ銀行の口座があってもなくても最短即日で審査結果を出してもらえます。

三菱UFJ銀行ATMと提携コンビニATMの手数料がかからないので、使いやすいのも特徴です。

上限額500万円通常金利年1.8%~年14.6%
毎月返済額1000円〜土日可能か
審査あり
在籍確認手段原則あり家族に知られる可能性あり
(郵送にてカード発送)
審査スピード最短即日収入証明書50万円超
来店要否不要口座要否不要
返済日自由
申込対象者年齢満20歳~65歳未満
(安定した収入が必要・学生や専業主婦は不可)

特にオススメしたい方

  • 急いで契約をしたい方
  • お近くに三菱UFJ銀行の店舗がある方

バンクイック公式ページ:

https://www.bk.mufg.jp/banquic/

8-2. 住信SBIネット銀行 カードローン(2.49%~8.99%)

NEOBANKのカードローントップ

住信SBIネット銀行 カードローン』は300万円の限度額の場合でも他と比較して金利が安くなります。

さらに、SBI証券口座を持っていると金利0.5%の金利優遇があります。

上限額1,000万円通常金利2.49%~14.79%
毎月返済額2000円〜土日可能か
在籍確認手段原則あり家族に知られる可能性
(キャッシュカードのみ郵送)
審査スピード数日収入証明書50万円以上
来店要否不要口座要否必要
返済日毎月5日(銀行休業日の場合は翌営業日)
申込対象者年齢20~65歳
(安定した収入がある方)

300万円以上の借入の場合は3万円のキャッシュバックをするキャンペーンも行っています。

特にオススメしたい方

  • 信用に自身があり、とにかく低利率で借りたい方
  • SBI 証券口座保有登録済の方や、住信SBIネット銀行に住宅ローン残高がある方

住信SBIネット銀行 カードローン公式ページ:

https://contents.netbk.co.jp/lp/cardloan/

詳細は公式ページをご覧ください。

9. さいごに

低めの金利で借りられるキャッシングについて紹介してきましたが、参考になりましたか?

低めの金利で借り入れするためには、以下のポイントを守りましょう。

  1. クレジットカードは使わない
  2. 消費者金融系キャッシングの利息無料を上手く活用する
  3. 宣伝の利率に惑わされず、あなたの信用に合ったカードを選ぶ

ちなみに、希望の限度額別に低金利で借りられるカードローンは以下の通りです。

限度額おすすめカードローン
50万円
100万円
150万円
200万円
300万円超

あなたが最高のキャッシングサービスに出会えることを心からお祈りしています。

お金の法則では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社などから委託を受け広告収益を得て運営しております。