消費者金融おすすめランキングBest5【5つの軸から比較】

消費者金融おすすめランキング|4つの軸から徹底比較!

「消費者金融はドコが良い?」「ランキングからおすすめを選びたい」と、消費者金融ランキングをチェックしていませんか?

消費者金融のランキングは沢山ありますが、どういう基準で選ばれたか分からないランキングが多く、適当に参考にしてしまうと「騙された」と後悔する恐れがあるので注意が必要です。

このページでは、消費者金融で審査を担当した経験のある私が、5つの軸で比較した消費者金融のランキングを紹介してます。

  1. 消費者金融おすすめ総合ランキングBest5
  2. 5つの軸別|おすすめ消費者金融ランキング
  3. おすすめの消費者金融を選ぶ5つのポイント
  4. 審査が不安な方におすすめの消費者金融
  5. 審査に確実に通過するために意識したい4つのこと
  6. 消費者金融に関するQ&A

本記事を読んでいただければ、「金利」「スピード」「限度額」「柔軟性」「サービス」と消費者金融別に差が出ている要素を考慮した上で、最も良い消費者金融が分かります。

著者プロフィール
里中健吾(37歳)
新卒で、メガバンクに入社。個人向けの営業を経験した後、大手消費者金融に転職。消費者金融ではカードローンの審査に携わる。
その後、ネット銀行に転職し、銀行系のカードローンの審査業務に携わる。
個人でもSNS等でカードローンの相談を受け、1,000人以上に選び方や審査のコツを伝授してきた。

1. 消費者金融おすすめ総合ランキングBest5

次のポイントを基準にして、消費者金融をおすすめ順にまとめて紹介します。

金利・金利の高低(当然、低い方が良い)
・無利息期間(金利のない期間が長いほど良い)
スピード・審査期間の短さ
・融資までの時間の短さ
限度額・借りられるお金の上限
(500万円以上を希望するような方以外は重要視する必要なし)
柔軟性・会社への在籍確認の電話などを書類提出にかえてもらえる
・まとめ借りで複数社からの借入を一本化するサービスをしている
サービス・ポイント付与やキャッシングなどあり
・女性専用のサービスをしている

※3章「おすすめの消費者金融を選ぶ5つのポイント」で、消費者金融を選ぶ際にチェックするポイントを詳しく紹介します。

20社以上の消費者金融を、表にある5つのポイントを5pt(最高25点満点)で評価した結果、以下のようなランキングになりました。

消費者金融で一番のおすすめは、金利がお手頃でサービスも優れている「プロミス」です。

社名金利スピード限度額柔軟性サービス
プロミス55345
アイフル35552
アコム33522
SMBCモビッ23522
レイクALSA44311

はじめて消費者金融を利用する際は、この5社以外から選ぶ必要はありません。まずは、ここからチェックしましょう。

「大手5社がだめだった」という方は、4章「審査が不安な方におすすめの消費者金融でランキング外の中小消費者金融を紹介するので参考にしてください。

総合1位:プロミス(22/25pt)

プロミスのロゴ

プロミス』はSMBCグループの株式会社SMBCコンシューマーファイナンスによって運営されるローンブランドです。

金利が低く、借入にかかる時間が少なく、利用者満足度No.1を誇っています。

プロミスの評価

金利

5

4.5%~17.8%で、上限金利が低いため、他よりも低い金利で借りられる。初回利用日から30日間金利無料。

スピード

5

最短15秒審査、最短30分で融資可能。三井住友銀行のローン契約機でも契約手続きができるため、即日で借りやすい。

限度額

3

最高500万円。

柔軟性

4

在籍確認を会社への電話以外で実施してくれる。また、おまとめローンも実施。

サービス

5

プリベイド申し込みで最大2000円分のチャージプレゼント。また、返済でポイントが貯まり、無利息期間と交換できる。女性向き「レディースキャッシング」あり。

総評

1位(22/25)

バランスに優れたサービスで、はじめての消費者金融の利用に最もおすすめです!

プロミスの口コミや評判が気になる方は、「300の口コミ・評判でわかるキャッシング『プロミス』完全ガイド」に300人分の口コミをまとめましたので参考にしてみてください。

今なら2000円もらえる!

2016年9月からプロミスは三井住友VISAのプリペイドカードによるキャッシングを開始しました。

そして、今ならプロミスの新規入会で2000円チャージされたプリペイドカードをプレゼントしてもらえます。

30日の無利息期間と組み合わせると、他社よりも非常にお得に借りることができます。

プロミスのプリペイドに関して詳しく知りたい方は「図解でわかるプロミス×三井住友VISAのプリペイドの全知識」を参考にしてみてください。

プロミス基本データ

運営会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社通常金利4.5~17.8
在籍確認手段相談で書類の提出のみ土日可能か
審査スピード契約まで最短30分家族にバレる可能性
(Web完結可)
上限額500万円収入証明書50万円以上
他社合計100万円以上
来店要否不要カード不要
申込対象者年齢20~69歳
(収入あれば学生・専業主婦・フリーター可)

総合2位:アイフル(20/25pt)

アイフルのロゴ

アイフル』は1967年に創業された老舗のキャッシング会社です。

在籍確認を会社への電話以外で行ってくれることや、「おまとめローン」の存在など「柔軟性」の面で非常に好評価です。

アイフルの評価

金利

3

3.0%~18.0%で、他のキャッシングの中でも平均的。ただし初回契約日の翌日から30日間金利が無料。

スピード

3

最短25分で融資を受けられる。急ぎの方向けの電話窓口を使うと優先して審査をしてもらえる。(※WEB申込み限定で、申し込みの状況によっては希望にそえない場合があります)

限度額

5

最高800万円。

柔軟性

5

在籍確認を会社への電話以外で実施してくれる。2種類のおまとめローンを行っているので複数社からお金を借りている方にもチャンスがある。

サービス

2

女性向きサービス「SuLaLi」あり。

総評

2位(20/25)

独自の審査ノウハウがあり、他の消費者金融に落ちてもチャンスあり。

アイフルの口コミや評判が気になる方は、「350の口コミ・評判でわかるキャッシング『アイフル』の真実」に350人分の口コミをまとめましたので参考にしてみてください。

アイフル基本データ

運営会社アイフル株式会社通常金利3.0~18.0
在籍確認手段応相談土日可能か
審査スピード契約まで最短25分(※)家族にバレる可能性
(WEB完結可)
上限額800万円収入証明書50万円以上
他社合計100万円以上
来店要否不要カード不要
申込対象者年齢20~69歳
(収入あれば学生やフリーター可、専業主婦不可)

※WEB申込み限定で、申し込みの状況によっては希望にそえない場合があります。

総合3位:アコム(15/25pt)

アコムのロゴ

アコム』は、三菱UFJフィナンシャルグループのキャッシングサービスです。

金利や限度額などが非常にバランスの良いカードです。

特徴は、ユーザーから審査に関してネガティブな声がなかったことです。

アコムの評価

金利

3

3.0%~18.0%で平均~やや低め。初回契約日の翌日から30日間金利が無料。

スピード

3

最短即日で融資を受けられるが、カード発行が必要で、自動契約機か郵送で受け取る必要あり。

限度額

5

最高800万円。

柔軟性

2

在籍確認は原則会社への電話が必要。おまとめローンを行っているので複数社からお金を借りている方にもチャンスがある。

サービス

2

ポイント還元などは無いが、女性専用ダイアルあり。

総評

3位(15/25)

店頭や自動契約機だと最短30分でカードを発行してくれるので近所にある方におすすめ。

アコムの口コミや評判が気になる方は、「300の口コミ・評判でわかるキャッシング『アコム』の真実」に300人分の口コミをまとめましたので参考にしてみてください。

アコム基本データ

運営会社アコム株式会社(ACOM CO., LTD.)通常金利3.0~18.0
在籍確認手段原則あり土日可能か
審査スピード最短即日融資家族にバレる可能性
(店舗でカード受取推奨)
上限額800万円収入証明書50万円以上
他社合計100万円以上
来店要否不要カード必要
申込対象者年齢20~69歳
(収入あれば学生やフリーター可、専業主婦不可)

総合4位:SMBCモビット(14/25pt)

SMBCモビットのロゴ

SMBCモビット』は、SMBCグループの株式会社SMBCモビットによって運営されるカードローンです。

大手の消費者金融の中で唯一無利息期間がないなどのデメリットはありますが、10秒簡易審査が可能なため、早く審査結果を知りたい方にはおすすめです。

SMBCモビットの評価

金利

2

3.0%~18.0%で平均~やや低め。しかし大手の中で唯一無利息期間がない。

スピード

3

10秒簡易審査が可能。三菱UFJ銀行か三井住友銀行に口座がなければ即日融資には来店が必要。

限度額

5

最高800万円。

柔軟性

2

三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行の口座があればWeb完結で会社への電話連絡なしで借りられる。口座がないと来店が必要。おまとめローンなし。

サービス

2

200円の返済ごとに1Tポイントが貯まる。

総評

4位(14/25)

Tポイントを貯めたい方におすすめ。

SMBCモビットの口コミや評判が気になる方は、「100人の口コミと評判でわかる『SMBCモビット』の真実」に100人分の口コミをまとめましたので参考にしてみてください。

SMBCモビット基本データ

運営会社株式会社SMBCモビット通常金利3.0~18.0
在籍確認手段web完結での申込みの場合、書類の提出のみ土日可能か
審査スピード最短即日融資(※)家族にバレる可能性
(WEB完結可)
上限額800万円収入証明書提出する場合あり
来店要否不要口座要否web完結での申込みの場合、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかが必要
申込対象者年齢20~69歳
(収入あれば学生やフリーター可、専業主婦不可)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

総合5位:レイクALSA(13/25pt)

レイクアルサ

レイクALSA』は、新生銀行グループの新生フィナンシャル株式会社が運営するカードローンです。

無利息期間が60日、5万円以下の借り入れなら180日の無利息期間が付くので、少額を短期間だけ借りたいという方におすすめです。

レイクALSAの評価

金利

4

4.5%~18.0%で平均~やや低め。無利息期間が60日で一番長い。

スピード

4

21時までなら最短15秒で審査、最短60分で融資可能。

限度額

3

最高500万円。

柔軟性

1

原則、在籍確認あり。おまとめローンや借り換えの対応なし。

サービス

1

ポイント付与や女性専用ダイアルはなし。

総評

5位(13/25)

無利息期間の長い消費者金融を使いたい方におすすめ!

SMBCモビットの口コミや評判が気になる方は、「100人の口コミと評判でわかる『SMBCモビット』の真実」に100人分の口コミをまとめましたので参考にしてみてください。

レイクALSA基本データ

運営会社新生フィナンシャル株式会社通常金利4.5~18.0
在籍確認手段原則あり土日可能か
審査スピード最短60分融資家族にバレる可能性
(WEB完結可)
上限額500万円収入証明書50万円以上
他社合計100万円以上
来店要否不要カード不要
申込対象者年齢20~70歳
(収入あれば学生やフリーター可、専業主婦不可)

2. 5つの軸別|おすすめ消費者金融ランキング

2章では、以下の5つのポイントそれぞれの中でどの消費者金融が優れているかをランキング形式で紹介していきます。

  • 金利
  • スピード
  • 限度額
  • 柔軟性
  • サービス

2-1. 金利ランキング

金利面では、以下のような順位になりました。

金利1位:プロミス

プロミスの金利は、4.5%~17.8%です。多くの方が適用される最高金利が低いため、他のキャッシングよりも低い金利で借りられる可能性が高いです。

また「初回利用日の翌日」から30日間金利が無料なのも大きなメリットです。多くのキャッシングで行われている無利息期間は、「契約日翌日」から無利息期間が始まります。

契約から初回利用時までにスパンがあると、以下のように無利息期間の恩恵を全て受けることができない恐れがあります。その点、プロミスは非常に優れているキャッシングといえます。

プロミスの金利面でのメリット

金利2位:レイクALSA

レイクALSAの金利は4.5%~18.0%です。

最高金利は平均的な18.0%ですが、無利息期間が60日と一番長く、5万円以下なら180日の無利息で借りられます。

金利3位:アコム、アイフル(同率)

アコムの金利は3.0%~18.0%です。最高金利は他社と比較して、平均的な18.0%ですが、最低金利が低めなところがポイントです。

また、初回契約日の翌日から30日間金利が無料になります。

金利4位:SMBCモビット

SMBCモビットの金利は3.0%~18.0%で、他のキャッシングよりも平均~やや低めです。

しかし大手の中で唯一無利息期間がないため、大手の中では金利面では劣ってしまいます。

10万円を利息18.0%で借りると、無利息期間の有無で利息は1500円近く変わってくるため、大きな差になります。

2-2. スピード

融資までの時間を参照すると、以下のような順位になりました。

※ここでは公式ページに記載されている最短時間を参考にしています。申込みの曜日・時間によってかかる時間は変わるのでご注意ください。

スピード1位:アイフル(最短5分審査・融資)

アイフルは最短25で融資を受けられるようになり、最短になりました!

急ぎの方向けの電話窓口も用意されており、お急ぎの方はWebなどで申し込みをした後、電話することで優先して審査をしてもらえます。

スピード2位:プロミス(最短15秒・最短30分融資)

公式ページによれば、プロミスでは最短30分で融資を受けられるということで、アイフルと同率1位になりました。

即日の融資の条件はWebか無人契約機などになりますが、プロミスの契約機に加え、三井住友銀行のローン契約機も使えるため、多くの方が即日の融資を目指すことができます。

スピード3位:レイクALSA(最短15秒・最短60分融資)

公式ページによれば、最短1時間程度で融資を受けられます。

21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みがしてもらえます。

スピード3位:アコム(最短30分審査・即日融資)

アコムも最短即日で融資を受けられます。

しかし、電話での在籍確認が必須なので、会社が休業日の日は即日の融資が難しいです。

また、急ぎの方用の窓口がないなど、すぐに借りたい方にとって少しハードルは高めです。

スピード3位:SMBCモビット(最短30分審査・即日融資※)

SMBCモビットは、10秒で簡易審査結果表示してくれるため、審査の結果を早く知りたい方にはぴったりな消費者金融です。

本審査も、専用の窓口に電話をすることで優先して審査を受けれれるのでスピーディです。

しかし、三菱UFJ銀行・三井住友銀行に口座がなければ即日融資には来店が必要なので、即日融資のハードルはやや高いです。

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

2-3. 限度額

限度額では、以下のような順位になりました。

SMBCモビットとアコム、アイフルは800万円、プロミスとレイクALSAは500万円の限度額です。

しかし、限度額に関しては、以下の2点を注意してください。

  • 最初は数十万円の限度額を設定されて、徐々に上がっていく
  • 年収の1/3を超える限度額にはならない

上限額まで借りられる人は極少数のはずです。上限額まで借りる必要がないなら、消費者金融選びに参考にする必要はありません。

2-4. 柔軟性

「在籍確認の方法」や「おまとめローン」などの柔軟性を比較すると以下のような順位になります。

柔軟性1位:アイフル

アイフルは、以下の2つのポイントで非常に柔軟性があるキャッシングと言えます。

  • 在籍確認を会社への電話以外で実施してくれる
  • 2種類のおまとめローンを行っている

まず、1点目ですが、アイフルに申し込み後あなたに入る確認の電話で、「在籍確認を電話以外の方法で実施してほしい」と相談してみましょう。

電話の代わりに会社に在籍していることが証明できる給与明細などの書類などの提出で在籍確認を取ってくれます。

また、アイフルには「おまとめMAX」「かりかえMAX」2種類のおまとめローンがあり、他社の借り入れが多くなってしまった方にも柔軟に対応してもらえます。

柔軟性2位:プロミス

アイフルと同様、在籍確認を会社への電話以外で実施してくれます。

申し込み時にあなたに入る確認の電話で在籍確認を避けたいと伝えれば考慮してもらえます。

また、「おまとめローン」も実施しているので、他社の借り入れをまとめることも可能です。

柔軟性3位:アコム

アコムの在籍確認は原則会社への電話が必要です。

しかしながら「おまとめローン」を行っているので複数社からお金を借りている方にもチャンスがある消費者金融です。

柔軟性4位:SMBCモビット

SMBCモビットは、おまとめローンを実施していません。

電話による在籍確認は原則必要ですが、三菱UFJ銀行・三井住友銀行の口座あればWeb完結で、書類提出で済ますことができます。

柔軟性5位:レイクALSA

レイクALSAは、おまとめローンを実施していません。

また、在籍確認は原則必須です。

2-5. サービス

「ポイントバック」や「女性専用サービス」など、サービスを比較すると以下のような順位になりました。

それぞれ紹介します。

サービス1位:プロミス

プロミスは、次の点からサービス1位になりました。

  • 三井住友VISAプリベイド申し込みで最大2000円分のチャージプレゼント。
  • 返済でポイントが貯まり、無利息期間と交換できる。
  • 女性向き「レディースキャッシング」あり。

金利や無利息期間30日以外にも、サービスが充実しています。

この点からも、消費者金融を選ぶならまずはプロミスを検討すると良いでしょう。

サービス2位:アイフル

アイフルでは、女性向きサービス「SuLaLi」があります。

可愛らしいカードで、女性オペレーターが対応してくれる窓口も用意しています。

上位5社の中では、最も女性を大事にしたサービスと言えるでしょう。

サービス2位:アコム

アコムは女性専用のダイヤルが用意されているので、女性が利用しやすくなっています。

キャッシュバック等はありませんが、専用の相談先を用意しており、顧客に寄り添ったサービスを展開しています。

サービス2位:SMBCモビット

SMBCモビットでは、200円の返済ごとに1ポイントのTポイントが付与されます。

200円に1ポイントということは、0.5%の還元率ということになり、これを考慮するとかなりお得な消費者金融と言えるでしょう。

サービス5位:レイクALSA

レイクALSAは、女性専用窓口は無く、また、ポイント付与などのサービスはありません。

今回は「女性専用サービスの有無」「ポイント付与やキャッシュバックの有無」を参照して評価しましたので低い評価になりましたが、決してサービスが悪いわけではありません。

60日の無利息期間や5万円以下の借入なら180日無利息というサービスは、消費者金融でも特に優れており、これを理由に選ぶのも十分アリです。

3. おすすめの消費者金融を選ぶ5つのポイント

今回ランキングを作成する上でチェックした5つのポイントについて詳しく紹介します。

以下の5ポイントを意識すると、選ぶ時に失敗しません。

金利・金利の高低(当然、低い方が良い)
・無利息期間(金利のない期間が長いほど良い)
スピード・審査期間の短さ
・融資までの時間の短さ
限度額・借りられるお金の上限
柔軟性・会社への在籍確認の電話などを書類提出にかえてもらえる
・まとめ借りで複数社からの借入を一本化するサービスをしている
サービス・ポイント付与やキャッシングなどあり
・女性専用のサービスをしている

それぞれのポイントがなぜ大切かを解説していきます。

3-1. 金利が低いか

お金を借りる上でまず意識するべきなのが「金利」です。

100万円を借りて金利が1%違うと、年間で1万円の差が発生するので、金利が低いものを選びましょう。

また、各社○%〜○%と幅がありますが、注目するべきなのが最高金利です。なぜなら、多くの方が初回申込み時は最高金利が設定されるためです。

消費者金融は「一定期間金利ゼロ」のキャンペーンを行っているため、そういった施策にも注目しながら選びましょう。

3-2. 申込み〜融資までがスピーディか

消費者金融は、「最短即日」での融資をアピールしていますが、本当に即日借りられるのか、その条件は厳しくないかをきちんと見極めましょう。

特に、急いでいる方は意識するべきポイントです。

3-3. 限度額は高いか

消費者金融によって限度額はバラバラです。多くの場合で初回契約時は数万円〜数十万円での契約となりますが、徐々に上がっていきます。

そのため、将来的に多くのお金を借りたい方は、限度額の高さを意識して消費者金融を選びましょう。

ただ、「総量規制」という法律によって、年収の1/3を超える限度額には設定できないため、年収が1500万円以上あるような方以外は、限度額を気にする必要はありません。

3-4. 審査や借入方法に柔軟性があるか

消費者金融は以下の観点で柔軟性に高低があります。

  • 在籍確認を電話以外で実施してくれる
  • おまとめローンで複数社からの借入をまとめられる

例えば、在籍確認を電話以外で実施してもらえることで、職場の人にあなたが消費者金融に申し込んだことがバレにくくなります。

また、おまとめローンがあることで、既に複数社から多額の借金をしている方も申し込むことができます。

以上のポイントを踏まえ、柔軟性が高いキャッシングを選べばのあなたの状況に合わせた申込みが可能です。

3-5. サービスは充実しているか

大手消費者金融は金利や無利息期間が横並びになっており、選ぶ際に迷ってしまうことがありますが、そんな時はそれ以外のサービスに注目しましょう。

具体的には次のようなことです。

  • Tポイントなどの付与
  • キャッシュバック
  • 女性専用ダイアルの有無など

特に、ポイント付与やキャッシュバックキャンペーンをチェックすると、一番お得な消費者金融が見つかりやすくなります。

キャンペーンは時々で変わるので、最新情報は公式ページをご確認ください。

4. 審査が不安な方におすすめの消費者金融

本章では、審査が不安な方に向けておすすめしたい消費者金融を紹介していきます。

実は、申し込み情報は各社で共有されるため、審査に自信のない方は審査への通過率が高いものに絞って申し込みをすることをおすすめします。

4-1. 大手ならアコムがおすすめ

大手の消費者金融系は中小と比較すると審査はシビアですが、どうしても大手がいい方は『アコム』がおすすめです。

アコムに関しては、他のユーザーからも審査が厳しいという声をあまり聞きませんでした。

そのため、審査に自信があまりないけど大手がいいという方はとりあえずアコムにチャレンジしてみましょう!

ただし、アコムも落ちる人は落ちるため、きちんと返済能力を持っていることが必須です。

4-2. 大手に落ちた方は中小を受けるべし

大手の審査に落ちた方は中小の消費者金融を選びましょう。なぜなら以下の図のように大手よりも客層を選びにくいため大手に落ちた方でも通る可能性が高いためです。

大手消費者金融・中小消費者金融

中小の消費者金融の選び方は「実は危険も!中小の消費者金融への申込み前で知るべき全知識」を参考にしてみてください。

4-3. 中小でおすすめの消費者金融はどこ?

中小規模の消費者金融を次の観点から選び、一覧にしてまとめました。

  • ネットで楽々申し込みが可能
  • 日本貸金業協会の「悪徳業者データベース」上に存在しない
  • 保証人不要で、最短即日借りられる

中小で一番のおすすめは、18%未満の金利になっている「フタバ」、借り換えローンがある「アロー」です。

 名称実質年率限度額備考
フタバ14.959~17.95%50万円初回30日間利息無料
アロー15.0~19.94%200万円おまとめローンあり
セントラル4.8~18.0%100万円初回30日間利息無料
フクホー7.30~18.0%200万円即日融資はセブンイレブンでマルチコピー機操作が必要
ダイレクトワン4.9~20.0%300万円スルガ銀行のグループ会社
ライフティ8.0~18.0%500万円0.3秒診断ができる
ベルーナノーティス4.5~18.0%300万円 3秒診断ができる
キャレント7.8~18.0%500万円ネット借入診断ができる
フリーローン16.98%99万円フリーローンなら利率固定
ニチデン7.3~17.52%50万円
アスカ18.0~20.0%50万円本社は福岡
アルコシステム15.0~20.0%50万円
スペース8.0-20.0%500万円
ビアイジ15.0~18.0%100万円北海道・青森などで地域密着
いつも7.0~18.0%50万円
プログレス15.0~20.0%50万円
キャンレント7.8~18.0%500万円
ユニーファイナンス12.0~17.95%300万円愛知・岐阜・三重などで地域密着
エニー15.0~20.0%100万円1dayダイレクトなら即日可能

ここで紹介した以外の消費者金融を選ぶ方は、ホームページに貸金業の登録番号があるかチェックし、違法な金融業者ではないか確認するようにしましょう。

フタバ|金利を重視したい方におすすめ!

フタバの公式ページ

フタバ』は東京都千代田区に本社を置く老舗の消費者金融です。

最高金利は17.950%と、他と比較しても低水準です。

中小の消費者金融でありながら、最高金利が安いことや、30日の無利息の期間があることなど、金利面では優れた消費者金融と言えます。

大手よりも審査には通りやすい傾向があるため、大手に断られた方にもおすすめです。

運営会社フタバ株式会社通常金利14.959~17.95
在籍確認手段原則あり土日可能か
審査スピード最短即日家族にバレる可能性あり
(電話と郵送あり)
上限額最初は10~50万円
200万円
収入証明書申込の内容次第
来店要否不要口座要否不要
申込対象者満20歳~満70歳
(収入あれば学生・フリーター可・専業主婦OK)

フタバ公式ページ:

https://www.822828.jp/

フタバの口コミや評判を知りたい方は、こちらのページ「100の口コミでわかる消費者金融『フタバ』の全て」をご覧ください。

アロー|まとめ借りに対応している消費者金融会社

消費者金融のアロー

アロー』は、おまとめローンを実施している消費者金融会社です。

そのため、複数社から借り入れがありどうしようもなくなっている方にも、借金をまとめてもらい、毎月の負担を軽くするチャンスがあります。

年収の1/3 以上の借り入れがあって、総量規制に引っかかる状態の方でも申し込むことができるので、多くの方にチャンスがある消費者金融です。

運営会社株式会社アロー通常金利15.0~19.94
在籍確認手段必要土日可能か
審査スピード最短45分家族にバレる可能性あり
(電話と郵送あり)
上限額200万円収入証明書50万円以上
来店要否不要口座要否不要
申込対象者20歳~65歳
(安定した収入があること)

アロー公式ページ:

https://www.my-arrow.co.jp/index.html

フタバの口コミや評判を知りたい方は、こちらのページ「100の口コミでわかる消費者金融『アロー』の全知識」をご覧ください。

5. 審査に確実に通過するために意識したい4つのこと

実際に消費者金融に申し込みをする際に、どうすれば審査に通りやすくなるかを4つのポイントで解説していきます。

5-1. 申し込みは低めの限度額で

消費者金融の申し込みは、あなたが限度額を希望した上で申し込みをするものが多いです。

もし多額のお金がすぐに必要でないのであれば、最初は少額で申し込むことをお勧めします。

理由は以下の2点です。

  • 年収に対して借りすぎという印象を与えない(総量規制もクリアしやすい)から
  • 計画的に借りる人であることをアピールできるから

最初は低い限度額で申し込みをして、徐々に限度額を上げていくことが審査に通りやすくなるポイントです。

5-2. 申し込みは1社ずつ行う

信用情報では、申し込み内容も共有されているため、1度に何社も申し込むと「いろんなところから借りて返済はきちんとしてくれるのか」「あちこち申し込まないと借りられない人なのか」と考られてしまうので注意が必要です。

いわゆる「申し込みブラック」という状態です。

きちんと審査に通るためには一度に複数の消費者金融に申し込みをするのではなく、1社1社審査を受けていくことが重要です。

また、申し込みの履歴が残るのが多くの場合6ヶ月で、その履歴が残る期間内に複数社の申し込みを行うと、同様の理由で通りにくくなるので、再チャレンジは半年空けるがおすすめです。

5-3. 細かいミスに気をつける

カードローンで、意外に多いのが記入ミスによるものです。

誤字や脱字などをすると、わざとでなくとも虚偽の申し込みを行ったと判断され、審査に落とされるケースがあります。

申し込み内容をしっかりと確認をして記入ミスをなくすことも審査に通りやすくなる重要なポイントの一つです。

また、計算ミスしたことにして他社からの借入額を少なめに書くなどの行為も信用情報で一発でバレるため、正しい情報を正確に書きましょう

5-4. 事前診断を実施する

消費者金融の中には、あなたの基本情報を入力することで事前に借入可能かをチェックしてもらえるものもあります。

これを利用して、事前に判定してもらい、通りそうなところだけに効率よく申し込んで行くことが理想的です。

ちなみに本日のランキング上位のキャッシングの中で事前診断を行っているのは、以下の3社です。

  • プロミス・・・ホームページ中央の「3秒診断」をクリックで診断可能
  • アイフル・・・ホームページ中央の「1秒診断」をクリックで診断可能
  • アコム・・・・ホームページ上の「3秒診断」をクリックで診断可能

これを利用して無理そうなら、別の消費者金融を検討するのがおすすめです。

6. 消費者金融に関するQ&A

消費者金融についてよくある疑問をQ&A形式にしてまとめました。

  1. そもそも消費者金融とは何ですか?
  2. 消費者金融のメリット・デメリットは何ですか?
  3. 消費者金融はどうやって利用するのですか?
  4. 消費者金融の審査とはどのようなものですか?
  5. 消費者金融はどのように返済していくのですか?
  6. 返済が遅れるとどうなるのですか?
  7. 他におすすめのカードローンはありますか?

それぞれ紹介します。

6-1. そもそも消費者金融とは何ですか?

消費者金融とは、一般人(消費者)に対してお金を貸し出す業者のことです。

かつてはサラリーマンにお金を貸し出すことが多かったことから、サラ金と呼ばれることもありました。

現在、消費者金融は「貸金業法」という法律に則って営業しており、違法な金利で貸し出したり、暴力的な取り立てをする「闇金」とは異なります。

6-2. 消費者金融のメリット・デメリットは何ですか?

消費者金融の長所・短所は次の通りです。

メリットデメリット
  • 審査スピードが速い
  • 無利息のキャンペーンが行なわれている
  • 柔軟な審査をしてくれる
  • 銀行よりも金利が高め

審査が迅速で最短即日で借りられるので、急いでいる方におすすめです。

また、銀行系カードローンより金利が高いですが、無利息期間があるので、短期間だけ借りたいという方に向いています。

ただし、大きな金額を長期間借りたい時は、「楽天銀行カードローン」など、消費者金融以外のカードローンをおすすめします。

6-3. 消費者金融はどうやって利用するのですか?

消費者金融の利用は、特に難しいことはありません。次の4ステップだけです。

①申し込み→②審査→③借り入れ→④返済

審査の時に、会社への在籍確認の電話がされることが多いというのは注意が必要です。

在籍確認を避けたいなら、『プロミス』など相談して書類提出のみの所を選ぶと良いでしょう。

6-4. 消費者金融の審査とはどのようなものですか?

消費者金融の審査では、主に次の3つのポイントが調査されます。

信用情報過去の借入と返済の記録(延滞や滞納の有無など)
返済能力年収や他社の借入状況など
本人の属性 年齢、職業や勤務先、勤続年数、雇用形態、家族構成など

ちなみに、消費者金融を申し込む際は、免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要になります。

また、借入額が50万円を超える場合は、源泉徴収票や給与明細などの収入証明書の提出が必要になります。

6-5. 消費者金融はどのように返済していくのですか?

消費者金融の返済方法は次の方法があります。

  • ネットバンキングによる振込
  • 提携ATNでの振込
  • 店頭窓口で返済
  • 自動引落による返済

振込方法は、消費者金融によって異なるので前もって確認しておく必要があります。

できることなら、早め早めにお金を振り込んで、利息を減らしていきましょう。

6-6. 返済が遅れるとどうなるのですか?

返済が遅れると、遅延損害金が発生し、最大20%の金利が課されることになります。

また、滞納から2ヶ月以上経つとブラックリストに載り、お金の借り入れが難しくなります。

それに、電話や郵便で催促されることになり、最悪の場合、自己破産をする必要がでてきますから、くれぐれも遅れることが無いように借り入れましょう。

6-7. 他におすすめのカードローンはありますか?

消費者金融以外でおすすめのカードローンは、クレジットカード会社が出しているカードローンがおすすめです。

JCBカードローンの「FAITH」は金利が12.5%、2.5ヶ月の利息キャッシュバックを行っていて、消費者金融よりもお手頃な金利で借りられます。

正社員で安定的な収入があるなら、まずはそちらを検討すると良いでしょう。

7. さいごに

消費者金融のランキングを紹介してきましたが、参考になりましたか?

「金利」「スピード」「限度額」「柔軟性」「サービス」の5つの面から比較した結果、消費者金融のおすすめランキングは以下の通りです。

  1. プロミス 
  2. アイフル
  3. アコム
  4. SMBCモビット
  5. レイクALSA

特段の希望がなければ、まずは「プロミス」を選ぶのがおすすめです。

このページが、あなたのお金のやりくりにお役に立てることをお祈りします。