FXをするなら知っておくべき『pips』の全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
FX pips

FXに興味を持ち、始めてみようと思っているけど、よく聞く“pipsってどういうこと?”“いくらぐらいをpipsというの?”と、疑問に思っていませんか?

「pips」とは、為替における最小単位を示す言葉で、異なる通貨でも単位がわかりやすいように円やドルでなくpipsが使われています。

このページでは、現在はFX専業トレーダーとして安定して平均月利30%以上の利益を上げている筆者が、長年のトレード経験を基に「FXpipsルールの全てと注意点」について、以下の流れに沿ってわかりやすく詳細に解説します。

  1. pipsとは
  2. pipsが使われる理由
  3. pipsの計算方法

すべて読めば、pipsのことが全てわかり、今日からFXトレーダーとしての最初の一歩を踏み出すことができるでしょう。

1. pipsとは

スクリーンショット 2016-08-28 13.26.25

「pips」とは、為替における最小単位を示す言葉で、異なる通貨でも単位がわかりやすいように円やドルでなくpipsを使うようにしています。

為替は1円の1/100単位で上下しており、pipsはその最小単位、日本円で言えば0.01円つまり1銭を表します。(最近では下3桁まで表示していることが多く、その場合は下3桁目は0.1pipsと表現します。)

読み方は、「ピップス」や「ピプス」などで、中には省略して「ピプ」と呼ぶ方もいます。

pipsはたとえ詳しい意味を知らなかったとしても特にトレードに支障をきたすものではありませんが、FXを行う上で、必ず見かける言葉となりますので、知識として知っておくと便利です。

1-1. 主要通貨の1pips

スクリーンショット 2016-08-12 11.06.49

1pipsは日本円では1銭を表しますが、他国の通貨では1pipsあたりの単位は上図のようになります。

1-2. 獲得pipsの表現方法

スクリーンショット 2016-08-11 17.38.18

例えば、1ドル=100.21円のドル/円でエントリーし、レートが100.34円になった時に決済すると13pipsの利益です。そのようにして得た利益を「+13pips」「13pipsの利益」などど表現します。

しかし、実際にはトレード毎に「スプレッド」と呼ばれる取引手数料が発生しますので、常に手数料分は利益から差し引かれています。スプレッドの金額は、通貨ペアやFX業者によっても異なりますが最低0.3pipsは支払うことになります。

2. pipsが使われる理由

なぜわざわざ「pips」を使うのかというと、取引の収益結果をわかりやすく把握するためです。取引するたびにそれぞれの通貨で「0.0023ユーロ上がった」「0.02円下がった」と使い分けていては大変分かりにくく、計算が難しくなってしまうことでしょう。

また、取引数量によっても収益は変わってきますので、たとえpipsでトレード成績を公開しても、収益までは他の方にはわからないということもメリットになります。

更にpipsを使わず「FXで100万円儲けた」と言う人がいた場合、運用資金によって獲得したpipsは10pipsかもしれませんし、100pisかもしれません。pipsを使えばトレードで獲得した値幅が分かり、その人の実力も知ることができます。

スクリーンショット 2016-08-12 16.40.08

3. pipsの計算方法

pipsは全ての通貨に共通して使う単位ですが、通貨とその時のレートによって金額が変動します。ドル/円の場合の簡単な計算式は以下です。

(0.0001)×(ドル/円のレート)=(1pips)円

仮にレートが「$1=¥100」の場合は 0.0001 × 100 = 0.01円(1銭)で1pipsは0.01円つまり、1銭です。それに自分の取引通貨単位を掛ければ実際の利益金額となります。

(獲得pips) × (1pipsあたりの換算利益) × (取引通貨単位) = (利益)

上記のように「$1=¥100」で「1,000通貨単位」の取引をした場合の1pipsあたりの利益は 1 × 0.01 × 1,000 =10円で10円の利益となります。

参考までに「$1=¥100」でドル/円の通貨ペアをトレードした場合の「獲得pips」と「取引通貨単位」別の利益は下図のようになります。

スクリーンショット 2016-08-12 16.31.04

取引する通貨ペアが「ユーロ/ドル」のようにクロス円以外の場合は、1pipsあたりの単位を換算して考えると良いでしょう。しかし、実際にトレードをしている時には利益・損益はそのまま円で示してくれますので、トレーダーがその都度計算する必要はありません。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。

これまで抱いていた「pips」に対する疑問や不安が解消されたのではないでしょうか。

このページを読んでpipsに関する知識や理解が深まったと感じて頂けましたら幸いです。 FXはしっかりと勉強し努力できる人にとっては時間の融通も利き比較的大きなリターンも狙える魅力的な投資だと思います。

本ページでご紹介したpipsの全知識をしっかりと押さえれば、あなたのトレード成績の向上にとって大きな一助となるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket