9千枚から10通りにプロが厳選|おすすめクレジットカード29選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「おすすめのクレジットカードがとにかく知りたい」と考えていませんか。

しかし、おすすめのクレジットカードといっても万人に共通しておすすすめできるクレジットカードはありません。あなたの性別、職業、生活環境などに応じておすすめできるクレジットカードは変わります。

そこで、この記事では大手カード会社に3社勤務した私がその経験を生かして、約9,000枚のクレジットカードの中からあなたにおすすめできるカード10パターンを以下の流れで紹介していきたいと思います。

  1. おすすめの年会費無料カード
  2. おすすめのポイント高還元カード3選
  3. おすすめの海外旅行保険付帯カード4選
  4. おすすめの作りやすいカード2選
  5. おすすめの初心者向けクレジットカード3選
  6. おすすめのゴールドカード3選
  7. おすすめのショッピング用カード4選
  8. おすすめの女性向けカード3選
  9. おすすめの主婦向けカード4選
  10. おすすめの学生カード2選

約9,000枚のカードの中からプロである私が厳選したカードを紹介しています。この記事を読むことであなたに合ったおすすめのクレジットカードが必ず見つかります。

1. おすすめの年会費無料カード

現在発行されているクレジットカードは約9,000枚ありますがその中でも年会費無料のカードは3,700枚近くあります。

この章では私が年会費無料のカード約3,700枚の中からクレジットカードの良し悪しがはっきりする以下の4つの観点に着目し、プロとして本当におすすめできる7枚のカードを厳選しました。

  • ポイント還元率
  • 海外旅行保険のお得度
  • 作りやすさ

厳選した7枚を一目でわかるように一覧表にまとめておきました。

また、ネット上でよく公開されている年会費無料カードの一覧表は「2年目以降条件付き年会費無料」のカードも混ざっていいることが多いですが、当サイトではそういったカードは対象から外しております。

次章以降もこの図を使って紹介しています。

2章:おすすめのポイント高還元カード
3章:おすすめの海外旅行保険付帯カード
4章:おすすめの作りやすいカード

-スマホの方はスクロールできます-

カード名 ポイント還元率 海外旅行保険 ETCカード(税抜) 補足
死亡・障害 傷害・疾病 付帯条件
REX CARD 1.25% 2,000万円 200万円 自動 無料 ポイント高還元カード2位海外旅行保険お得度2位
DCカード Jizile(ジザイル) 1.5% 1,000万円 30万円 自動 無料 ポイント高還元カード1位
リクルートカード 1.2% 2,000万円 100万 利用 JCBのみ無料 ポイント高還元カード3位
楽天カード 1% 2,000万円 200万円 利用 500円 海外旅行保険お得度3位
ライフカード 0.5% 無料 作りやすいカード
Yahoo! JAPANカード 1% 500円 作りやすいカード
エポスカード 0.5% 500万
  • 疾病270万
  • 傷害200万
自動 無料 海外旅行保険お得度1位

また、以上のように比較すると、総合的に見て、バランスが良く最もおすすめな年会費無料カードは『REX CARD』です。

『REX CARD』

REX CARD』は全年会費無料カードの中で2番目にポイント還元率が高いカードで、ポイント還元率は1.25%です。

また、海外旅行保険のお得度も全カード中2番目にお得となっており、内容は以下のようになっています。

利用条件 自動付帯 持っているだけで補償が受けられます。
死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療 200万円
疾病治療 200万円
携行品損害 20万円 ※免責(1事故)3,000円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円 1年間の限度額

ポイント還元率の高さと海外旅行保険のお得度から全年会費無料カードの中でプロの私が最もおすすめするカードでもあります。

『REX CARD』公式ページ:

http://www.jaccs.co.jp/service/card_lineup/teikei/kakaku

2. おすすめのポイント高還元カード3選

この章ではおすすめのポイントが高還元カードを先ほどの年会費無料カード比較表から3枚紹介します。

通常、多くの一般カードの還元率は0.5%程度ですが中には1%を超える還元率のものもあります。

例えば、年間100万円の買い物をした際に以下のようになります。

  • 0.5%の還元率:5,000ポイント
  • 1%の還元率:10,000ポイント

0.5%の還元率の違いで5,000ポイントもお得にたまっています。

ポイントが高還元であればあるほど、カードを使うお得感を実感できるはずです。

ポイント還元率上位のカードは以下の3枚です。

  • 『DCカード Jizile(ジザイル)』
  • 『REX CARD』
  • 『リクルートカード』

2-1. 『DCカード Jizile(ジザイル)』

DCカード Jizile(ジザイル)』は全年会費無料カードの中で1番目にポイント還元率が高いカードで、ポイント還元率は1.5%です。

さらに海外旅行保険も傷害や疾病の補償は物足りませんが自動付帯でついており、ショッピング保険も50万円まで補償してもらえます。

ただ、このカードはリボ払い専用カードなので、申し込む際は注意しましょう。5万円未満の利用なら手数料はかかりませんが、リボ払いを避けたい方は2位の『REX CARD』か3位の『リクルートカード』をおすすめします。

『DCカード Jizile(ジザイル)』公式ページ:

http://www.cr.mufg.jp/

※リボ払いに注意

リボ払いとは買い付けた商品の分割分を払うのではなく、毎月支払う金額を決めて支払う方法のことです。

例えば、1万円の買い物をしても10万円の買い物をしても支払いの設定金額が5000円であれば毎月の支払い金額は5000円となります。

この時、返済してない分のお金は借金をしている状態なので、当然金利がかかります。そして、リボ払いはカード会社の設定上毎月の返済金額が低くなってしまう傾向にあります。

そのため、毎月の返済金額から利息分が引かれると元金として充当される額が少なくなってしまうのでなかなか返済が終わりません。

そのため、リボ払い専用カードはどんなに還元率が高くても利用には注意が必要です(当ページではカード上級者以外には原則おすすめしません)

2-2. 『REX CARD』

REX CARD』は全年会費無料カードの中で2番目にポイント還元率が高いカードで、ポイント還元率は1.25%です。

また、海外旅行保険のお得度も全カード中2番目にお得となっており、内容は以下のようになっています。

利用条件 自動付帯 持っているだけで補償が受けられます。
死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療 200万円
疾病治療 200万円
携行品損害 20万円 ※免責(1事故)3,000円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円 1年間の限度額

ポイント還元率の高さと海外旅行保険のお得度から全年会費無料カードの中でプロの私が最もおすすめするカードでもあります。

『REX CARD』公式ページ:

http://www.jaccs.co.jp/service/card_lineup/teikei/kakaku

2-3.『リクルートカード』

リクルートカード』は全ての年会費無料カードの中で1.2%という最高クラスのポイント還元率です。

さらに、下記のようなリクルートグループではより多くのポイントをもらえます。

  • 4.2%:ポンパレモール
  • 3.2%:じゃらんnet・Hot Pepper Beauty・ホットペッパーグルメ(ホットペッパーお食事券)

たまったポイントはリクルートグループのサービス利用時に1ポイント=1円から使うこともできますし、Pontaポイントに交換することでローソンなどPonta提携店舗での利用やJALマイルに交換できるので、使い勝手が良いです。

『リクルートカード』公式ページ

http://recruit-card.jp/

3. おすすめの海外旅行保険付帯カード4選

この章では海外旅行での保険がお得なカードを先ほどの年会費無料カード比較表から3枚紹介します。年会費無料のカードで海外旅行保険がついているカードは数えるほどしかないので、海外保険がついているだけでもお得です。

そして、この章ではその中でも特にお得なカードを3枚選出しました。選定基準としては持っているだけで補償が受けられる「自動付帯」のカードや、利用する可能性の高い「傷害」や「疾病」の補償額が大きいカードを優先しています。

年会費無料のカードで海外旅行での保険がお得なカードは以下の3枚です。

  • 『エポスカード』
  • 『REX CARD』
  • 『楽天カード』

また、年会費のかかるカードでおすすめの海外旅行保険付帯カードとして『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』も紹介します。

3-1. 『エポスカード』

エポスカード』は年会費無料クレジットカードの中で最高額の疾病治療費が自動付帯で付く最もおすすめする1枚です。

利用条件 自動付帯 持っているだけで補償が受けられます。
死亡・後遺障害 500万円
傷害治療 200万円
疾病治療 270万円
携行品損害 20万円 ※免責(1事故)3,000円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 100万円 1年間の限度額

海外で実際に利用することの多い項目が手厚い金額になっていて、キャッシュレス診療サービスにも対応しています。

また保険の他にも非常に便利な優待が豊富にあります。

  • 年に4回、マルイで10%の優待期間があります。
  • 笑笑や魚民などのモンテローザ系列のお店や、ロイヤルホストでお得になります。
  • AshやEARTHなどの有名サロンでの利用で会計が10%OFFになります。
  • 全国の映画館で映画料金が500円お得になります。

『エポスカード』公式ページ

https://www.eposcard.co.jp/

3-2. 『REX CARD』

REX CARD』は全年会費無料カードの中で2番目に海外旅行での保険がお得なカードです。海外旅行保険の内容は以下のようになっています。

利用条件 自動付帯 持っているだけで補償が受けられます。
死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療 200万円
疾病治療 200万円
携行品損害 20万円 ※免責(1事故)3,000円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円 1年間の限度額

また、全年会費無料カードの中で2番目にポイント還元率が高いカードで、ポイント還元率は1.25%となっています。

ポイント還元率の高さと海外旅行保険のお得度から全年会費無料カードの中でプロの私が最もおすすめするカードでもあります。

『REX CARD』公式ページ:

http://www.jaccs.co.jp/service/card_lineup/teikei/kakaku

3-3. 『楽天カード』

楽天カード』は全年会費無料カードの中で3番目に海外旅行での保険がお得なカードです。海外旅行保険の内容は以下のようになっています。

利用条件 利用付帯 海外旅行代金の一部を支払うことで補償が受けられます。
死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療 200万円
疾病治療 200万円
携行品損害 20万円 ※免責(1事故)3,000円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円 1年間の限度額

さらに、どこで使ってもポイント還元率1%で楽天市場ではよりお得に最大3%のポイント還元を受けることができ、マクドナルドやPRONTOなどの街中の加盟店で利用することで2%のポイントが還元されるので非常にお得です。

また、通常ポイントは2018年9月12日(9月27日お支払い分)より1ポイント1円として月に最大50万ポイントまでカードの利用代金の支払いに利用できるようになるので、もっと使い勝手が良くなります。

『楽天カード』公式ページ

http://card.rakuten.co.jp/rakuten_card

3-4. (参考)年会費有料でおすすめの海外旅行保険の付帯カード

「年会費がかかってもいいから保険が充実したカードが欲しい」という方は『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』をおすすめします。

『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』はセゾンカードとアメリカンエキスプレスの提携ゴールドカードで、トータルのバランスで考えると海外旅行保険では最高の1枚と言えるほど優れています。

なぜなら、他のカード会社の遅延保険ではカバーしきれないような長時間の遅延に対しても『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』は対応してくれて全額補償してくれたなど、保険の良さと安心感で手放せないという話をよく聞き、評判も非常に良いからです。

欠点としては、キャンセル保険が付かず補償金額がやや低い項目があることですが、どれか1枚だけゴールドカードを持つならこれがベストでしょう。

『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ:

http://www.saisoncard.co.jp/amextop/gold-cs/

『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』について、より詳しいメリット(特典詳細など)を知りたい人は「世界一わかりやすい『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』解説」を参照してください。

4. おすすめの作りやすいカード2選

この章では審査に通りやすい、審査が柔軟なカードを先ほどの年会費無料カード比較表から2枚紹介します。

他社の審査に落ちた方でも作ることができたという話をよく聞くカードなのでカードを作れるか不安な方は以下のカードに申し込みましょう。

  1. 『エポスカード』
  2. 『Yahoo! JAPANカード』

4-1. 『エポスカード』

エポスカード』はファッションビルなどの商業施設を展開する丸井のグループ会社であるカード会社が発行する年会費無料のカードです。

日本で初めて「クレジット」という名称を使用した「クレジット・カード」を発行しているカード業界の老舗で、他社と違った与信ノウハウを利用して審査しているため断られる確率がわずか8%と非常に低いです(他社平均は24%)

引用:マルイグループ共創経営レポート2018 P39

会社の理念として「信用はお客さまと共につくるもの」という与信哲学があるため、30代以下の会員が50%を超えていたり、カード会員の約70%が女性であるなどより多くの人に利用してもらいたいという意志がある事がわかります。

カードの機能としても非常に優れていて、以下のようにマルイでもお得ですが、マルイ以外でもお得な特典があります。

  • 年に4回、マルイで10%の優待期間があります。
  • 海外旅行保険で疾病治療保険が年会費無料カード最高額の270万円など実用的な内容
  • 最短即日での発行が可能(先にネットで申し込んで審査に通ってから受け取りに行った方が無駄足しなくて済みます)
  • ファミレス・カラオケ・映画など全国10,000店舗以上で割引やポイント優遇などの特典を受けられます

『エポスカード』公式ページ:

https://www.eposcard.co.jp/

4-2. 『Yahoo! JAPANカード』

Yahoo! JAPANカード』はYahoo!のグループ会社であるワイジェイカードが発行しているカードで、自己破産後でも最初に作れたカードという口コミがいくつもある年会費が無料のカードです。

年間およそ100万人の会員が増えているようですが、ライバルである『楽天カード』の会員数が1,500万人を突破しているせいか、より多くの人に利用してもらいため審査に落ちたという話をあまり聞きません。

審査に自信がない方が作れるカードとしておすすめなだけでなく、使い勝手の良いTポイントが1%以上還元されるので普段使いでも十分お得になる1枚です。

『Yahoo! JAPANカード』公式ページ:

https://card.yahoo.co.jp

5. おすすめの初心者向けクレジットカード3選

この章では初めてカードを申し込む方におすすめなカードを3枚紹介します。カードの選定基準を示すために以下の4つの軸に従って紹介します。

年会費が完全に無料かどうか クレジットカードには無料のものからお金がかかるものがあります。
還元率が常時1%以上かどうか 基本的なポイント還元率が1%以上ならば高還元と言えます。
きちんとした旅行保険やセキュリティがあるかどうか クレジットカードには旅行保険がついているものとついていないものがあり、条件などもカードによって様々です。
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか クレジットカードには特定のお店で使うことで特典やサービスを受けられるものがあります。

クレジットカードは持つ人の状況やニーズに応じて最も持つべき一枚が変わります。

この章では初めてカードを持つ方が最も持つべきと考えられる3枚のカードを紹介します。この中から自分に合うと思ったカードを選べば、クレジットカード選びで間違うことはまずありません。

  1. 『JCB CARD W』『JCB CARD W plus L』
  2. 『楽天カード』
  3. 『リクルートカード』

5-1. 『JCB CARD W』『JCB CARD W plus L』:JCBが直接発行している高還元率のカードが欲しい方におすすめ

年会費が完全に無料かどうか ずっと持ち続けても年会費が発生することはありません。
還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して1%のポイントが付与されます。
きちんとした旅行保険があるかどうか 付帯保険は利用付帯で条件は以下の通りです。

  • 死亡後遺障害:最高2,000万円
  • 疾病・傷害治療:最高100万円
  • 国内旅行保険:なし
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか スターバックス、セブン-イレブン、Amazon、小田急百貨店、ビックカメラなどでお得です。

JCB CARD W』『JCB CARD W plus L』は39歳以下の人が作れるJCBが直接発行している年会費無料でポイント還元率1%のカードです。

また、JCBオリジナルシリーズ優待店に指定されている下記のような店舗では最高5.5%のポイントが還元されます。

  • スターバックス:5.5%(基本1%+優待店ボーナス4.5%)
  • セブン-イレブン:2%(基本1%+優待店ボーナス1%)
  • Amazon:2%(基本1%+優待店ボーナス1%)

以上のようにスターバックスやセブンイレブン、Amazonでの買い物が多い方にはおすすめのカードです。

※『JCB CARD W plus L』は女性向けサービスが豊富なカードです。

『JCB CARD W』『JCB CARD W plus L』公式ページ:

https://www.jcb.co.jp/promotion/ordercard/w/

5-2. 『楽天カード』:ネットショッピングをしている方におすすめ、楽天でポイント超高還元

年会費が完全に無料かどうか ずっと持ち続けても年会費が発生することはありません。
還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して1%のポイントが付与されます。
きちんとした旅行保険があるかどうか 付帯保険は利用付帯で条件は以下の通りです。

  • 死亡後遺障害:最高2,000万円
  • 疾病・傷害治療:最高200万円
  • 国内旅行保険なし
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか 楽天で最大3%、マクドナルドなどの加盟店で2%のポイント還元です。

楽天カード』は年会費無料で楽天で買い物をする方に特におすすめです。9年連続で顧客満足調査1位のクレジットカードというのも安心できます。

また、どこで使ってもポイント還元率1%で楽天で最大3%のポイント還元を受けることができて非常にお得です。

付帯している保険も旅行代金の一部をクレジットカードで決済をしなければいけませんが、疾病・傷害治療:最高200万円付いているため海外でも役に立ちます。

『楽天カード』公式ページ

http://card.rakuten.co.jp/rakuten_card

5-3.『リクルートカード』: 飲み会の幹事などをする方におすすめ、1.2%のポイント高還元

年会費が完全に無料かどうか ずっと持ち続けても年会費が発生することはありません。
還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して1.2%のポイントが付与されます。
きちんとした旅行保険があるかどうか 付帯保険は利用付帯で条件は以下の通りです。

  • 死亡後遺障害:最高2,000万円
  • 疾病・傷害治療:最高100万円
  • 国内旅行保険:最高1,000万円
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティ、じゃらん、ポンパレモールでお得です。

リクルートカード』は初心者だけけでなく、すべての方におすすめできるカードです。特に飲み会の幹事などをする方におすすめです。

さらに、どこで利用してもポイント還元率が1.2%でPontaに簡単に変えられるポイントが貯まるのが魅力です。

また、飲食店の予約でホットペッパーグルメ、美容室にはホットペッパービューティ、旅行にはじゃらん、ネットショッピングはポンパレモールと実用性の高いサービスも充実しています。

例えば、「ホットペッパーお食事券」を買っておけばポイント還元率が3.2%になります。

さらに、あなたが飲み会の幹事などをするならば『リクルートカード』のネット予約・来店で予約人数×50ポイントが貯まるサービスは非常にお得です。

例えば、会社や大学のサークルの飲み会の際に20人で予約すれば、1,000ポイントが一気にたまります。

『リクルートカード』公式ページ

http://recruit-card.jp/

5-3. 『エポスカード』:マルイでのショッピングが多い方におすすめ、街中での便利な優待が網羅された

年会費が完全に無料かどうか ずっと持ち続けても年会費が発生することはありません。
還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して0.5%のポイントが付与されます。
きちんとした旅行保険があるかどうか 海外旅行保険は自動付帯で条件は以下の通りです。

  • 死亡後遺障害:最高500万円
  • 傷害保険:最高200万円
  • 疾病保険:最高270万円
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか カラオケや映画館、サロン、遊園地、居酒屋など10,000以上の店舗で優待が受けられます。

エポスカード』は年会費無料のカードです。ポイント還元率は0.5%ですが、海外旅行保険が自動付帯でついてきます。年会費無料のカードで良い条件の海外旅行保険がついているカードは数えるほどしかないので非常にお得です。

また以下のような、非常に便利な優待が豊富にあります。

  • 年に4回、マルイで10%の優待期間があります。
  • カラオケでの利用で室料が30%OFFになります。また、SHIDAXで利用するとポイントが普段の5倍の2.5%もらえます。
  • AshやEARTHなどの有名サロンでの利用で会計が10%OFFになります。
  • 全国の映画館で映画料金が500円お得になります。

『エポスカード』公式ページ

https://www.eposcard.co.jp/index.html

6. おすすめのゴールドカード3選

この章では、おすすめのゴールドカードを紹介していきます。

また、ステータスの高いカードを今すぐ持ちたい方はインビテーションの有無だけでなく以下のような観点でクレジットカードを持つことをおすすめします。

  • ステータス
  • サービスの充実度
  • 作りやすさ

ステータス

ゴールドカードを持つときに、やはりそのカードの持つステータスの高さは切り離して考えることはできません。

一般的に作りにくいカードがステータスの高いカードと考えがちですが、作りやすくステータスの高いカードもあります。

サービスの充実度

ステータスカードにはステータスカード特有のサービスがあります。ステータスカードを持っているからこそ受けられるサービスという観点にも目を向けるようにしましょう。

具体的には「ダイニング(レストラン)」「ホテル&リゾート(トラベル&レジャー)」「ショッピング」などで受けられるサービスや空港でラウンジを利用できるようになったり、利用限度額が増額されたり、各種保険が充実したりなどが挙げられます。

作りやすさ

一般的にゴールドカードはステータスも高く、作るのも一般カードと比較した際に難しいです。

しかし、ゴールドカードの中にも年収300万円以上ならば作ることが可能なカードもあるので、審査に自信がない方はそういったカードを持つようにしましょう。

これらの観点でカードを選ぶと以下の3枚がおすすめです。

  1. 『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』
  2. 『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』
  3. 『ダイナースクラブカード』

6-1.  『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』

ステータス

5

ゴールドカードの中でもトップクラスの高さです

サービスの充実度

5

世界最高級のサービス充実度です

作りやすさ

5

年収300万円以上の正社員であれば作れます

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』はアメリカンエキスプレスが発行しており、ステータスが高いことで有名ですが、他のゴールドカードと比較して審査基準が緩いのでステータスカードが今すぐ欲しい方には最もおすすめです。

国内外約200店のレストランにて、所定のコースメニューを2名以上で予約すると1名分のコース料理代(最高約25,000円)が無料となる「ゴールド・ダイニング by 招待日和」を利用できます。

これ以外にも次のような特典があります。

  • 飛行機の遅れや海外旅行・コンサートなどのキャンセルに対する保険が付く
  • 世界1,200か所以上の空港ラウンジを年2回無料で使える

その他にも旅行を割引料金で予約できるなどここでは紹介しきれないほど特典が非常に豊富にあり、特に海外へ出張や旅行に行く回数が多ければ年会費の高さは気にならないでしょう。

初年度の年会費は無料で2年目以降は29,000円(税抜)と高いですが、真のステータスの高さを証明したい方におすすめの1枚です。

年会費(税抜) 29,000円(下記のリンクからの申し込みで初年度無料)
家族カード年会費(税抜) 1枚無料、2枚目以降12,000円/枚
ポイント還元率 0.33〜1%

『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』公式ページ:

https://www.americanexpress.com/jp/content/gold-card/

6-2.  『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

ステータス

4

系列のカードのためステータス性はやや劣ります

サービスの充実度

5

全ゴールドカード中最高と言って良いほど保険の条件が良い

作りやすさ

2

満30歳以上で年収500万円程度の正社員と条件が厳しめ

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』はセゾンカードとアメリカンエキスプレスの提携ゴールドカードです。

アメリカンエキスプレスのプロパーカードや他の紹介カードと比較するとステータスは劣りますが、よほどカードに詳しい方でない限りアメリカンエキスプレスのプロパーカードと見分けがつかないと思います。

また、このカードは、全ゴールドカード中最高と言って良いほど保険の条件が非常に良いです。

  • 家族特約者も死亡・後遺障害以外本会員と同じ補償金額
  • 家族特約者も海外でキャッシュレス診療を受けられる(ゴールドカードでは2枚しかない)
  • 海外航空機手荷物・遅延保険が最高10万円付く

保険だけでなく日常生活で使える特典が非常に多いゴールドカードで、下記のような内容が使えます。

  • 国内でも有名リゾートで宿泊料金が割引になる
  • コナミスポーツクラブを法人価格で利用できる
  • 一休プレミアサービスの「プラチナステージ」を一定期間体験できる

ゴールドカードとしての使い勝手の良さが抜群に良いので、普段の生活でカードを利用しているうちに自然と年会費以上に得をしている状態になりやすいです。

年会費を抑えて、ステータスの高さを証明したい方におすすめの1枚です。

年会費(税抜) 10,000円(初年度無料)
家族カード年会費(税抜) 1,000円/枚(4枚まで)、初年度無料
ポイント還元率 0.75%(海外1%)

『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ:

http://www.saisoncard.co.jp/amextop/gold-cs/

6-3. 『ダイナースクラブカード』

ダイナースクラブカード

ステータス

5

ゴールドカードの中では最も高いです

サービスの充実度

5

世界最高級のサービスです

作りやすさ

1

満27歳以上で年収500万円以上が目安でゴールドカード最難関

ダイナースクラブカード』は券面がゴールドではありませんが、最もステータスの高い上級ゴールドカードと見なされることが多いです。

そのため、全ゴールドカード中作るのが最も難しいですが、その分使い勝手や特典が非常に豪華です。

  • 利用金額に一律の制限がない:入会時に推定300〜500万の利用可能枠があり、高額商品の決済などでもカードを止められにくい
  • グルメ:対象レストランの所定のコース料金(最高約25,000円)が1〜2名分無料になります
  • トラベル:国内外800か所以上の空港ラウンジを無料で利用できる
  • ショッピング:250以上のオンラインショップが登録されているポイントモールの利用でボーナスポイントやキャッシュバックを受けられる

その他にも、トラベル・フィットネス・ゴルフなど豊富な特典が多いです。

アメリカンエキスプレスよりも知名度は劣りますが、ステータスは申し分ないです。「ダイナース」という名前の通り食に関する特典が豊富にあるので、外食の機会が多い方におすすめの1枚です。

年会費(税抜) 22,000円
家族カード年会費(税抜) 5,000円/枚
ポイント還元率 0.4〜1%

『ダイナースクラブカード』公式ページ:

https://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/dinersclubcard.html

7. おすすめのショッピング用カード4選

ネットショッピングもいいですが、洋服や装飾品などは実際に見て、買いたいという方も多いと思います。

そんな方は自分のよく行くお店でお得に使える以下の4枚のような「そのお店が発行している」カードがおすすめです。

  • 『エポスカード』:マルイ・モディで買い物をよくする方におすすめ
  • 『ルミネカード』:ルミネで買い物をよくする方におすすめ
  • 『MICARD+』:伊勢丹・三越で買い物をよくする方におすすめ
  • 『タカシマヤセゾンカード』:高島屋で買い物をよくする方におすすめ

7-1. 『エポスカード』

エポスカード』はマルイ・モディをよく利用する方におすすめの年会費無料でポイント還元率は0.5%のカードです。

さらに、海外旅行保険が自動付帯でついてきます。年会費無料のカードで海外旅行保険がついているカードは数えるほどしかないので非常にお得です。

また、『エポスカード』には女性の方に嬉しいお得な優待が豊富にあります。

  • 年に4回、マルイ・モディで10%の優待期間があります。
  • AshやEARTHなどの有名サロンでの利用で会計が10%OFFになります。
  • 全国の映画館で映画料金が500円お得になります。
年会費 無料
発行条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

未成年の方は親権者の同意が必要です。

基本還元率 0.5%

『エポスカード』公式ページ

https://www.eposcard.co.jp/

7-2. 『ルミネカード』

ルミネカード』はルミネでお得に使えるカードです。ルミネは、新宿、渋谷、横浜など主要都市のJRの駅に直結したデパートで、ファッション、アクセサリー、インテリア雑貨、レストランなど様々なテンポが入っています。

また、ルミネでこのカードを利用すれば、いつでも5%の割引、キャンペーン時には10%の割引が受けられるといったルミネユーザーには見逃せない超お得なカードとなっています。

さらに『ルミネカード』にはSuicaも搭載されており、Suicaチャージでは1.5%もポイントがたまり、お財布の中がかさばらなくなるというのもお得です。

年会費(税抜) 953円(初年度無料)
発行条件 満18歳以上で電話連絡の取れる方(高校生は除く)

未成年の方は親権者等の同意が必要です。

基本還元率 0.5%:通常利用

1.5%:SuicaチャージやJR東日本の定期券購入など

『ルミネカード』公式ページ:

http://www.lumine.ne.jp/card/

7-3. 『MICARD+』

MICARD+』は三越や伊勢丹で超お得に使えるカードなのでこれらのお店でよく買い物をする方におすすめです。

このカードの基本的なポイント還元率は0.5%ですが、三越や伊勢丹などで買い物をする場合は1%のポイント付与率になります。

さらに1品3,000円(税抜)以上の買い物をした場合は前年の利用額に応じて驚くべきポイント還元率になります。

  • 年間30万円まで:5%
  • 年間30万円以上:8%
  • 年間100万円以上:10%

このように三越や伊勢丹で買い物をする方には見逃せないカードとなっています。

年会費(税抜) 2,000円(初年度無料)
発行条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

「ご自宅」と「ご勤務先」に電話連絡が可能な方

未成年の方は親権者の同意が必要です。

基本還元率 0.5%:通常利用

1〜10%:三越・伊勢丹での利用

『MICARD+』公式ページ:

https://www.micard.co.jp/

7-4. 『タカシマヤセゾンカード』

タカシマヤセゾンカード』は高島屋での買い物が多い方におすすめな年会費無料のカードです。基本的なポイント還元率は1%ですが高島屋での利用はポイント還元率が2倍の2%になります。

また、ポイントアップ期間はさらにポイント還元率がさらに2%アップされて4%になったり、タカシマヤでの有料催しが50%オフになったりなど非常にお得です。

さらに年間のタカシマヤでのお買上げ総額(ポイント対象商品に限ります)に応じて1%~3%のボーナスポイントがもらえるので高島屋でよく買い物をする方にとっては非常にお得なカードです。

年会費 無料
発行条件 18歳以上の方(高校生は除く)

提携する金融機関に決済口座をお持ちの方

未成年の方は親権者(ご両親)の同意です。

基本還元率 1.0%

『タカシマヤセゾンカード』公式ページ:

http://www.saisoncard.co.jp

8. おすすめの女性向けカード3選

クレジットカードには女性向けに作られた「女性向けカード」というものがあります。

女性向けカードは女性向けに作られているため、女性があると安心できるようなサービスを取り揃えています。また、デザインも可愛いものが多く、カードとしての機能も申し分ありません。

そのため、何を選べばいいかわからないという方は以下のような女性カードを選ぶことでカードのお得さを実感できるはずです。

  • 『三井住友VISAアミティエカード』
  • 『JCB CARD W plusL』
  • 『JCB LINDA』

8-1. 『三井住友VISAアミティエカード』

三井住友VISAアミティエカード』は旅行もショッピングもアクティブに楽しむ女性のために作られた、三井住友VISAカードが発行する女性向けカードです。

また、海外・国内旅行傷害保険(最高2,500万円)、ショッピング補償(最高100万円)と保険や補償が充実しており、ケータイ・PHS利用料のポイントを2倍にすることもできます。

以上のように充実したサービスを持ち、デザインも洗練された可愛さを備えていることから、全ての女性におすすめできる万能な女性向けカードと言えます。

学生の方には『三井住友VISAアミティエカード』(学生向け)もあり、年会費が無料になっています。

https://www.smbc-card.com/nyukai/card/amitie_student

年会費(税抜) 初年度無料

次年度以降1,250円(条件を満たすと半額〜無料)

発行条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

未成年の方は親権者の同意が必要です。

基本還元率 0.5%

『三井住友VISAアミティエカード』公式ページ:

https://www.smbc-card.com/nyukai/card/amitie

8-2. 『JCB CARD W plusL』

JCB CARD W plusL』は39歳以下の人が作れるJCBが直接発行している年会費無料でポイント還元率1%のカードです。

次の2章でご紹介する『JCB LINDA』のキレイをサポートするLINDAリーグの優待や選べる女性保険「お守リンダ」も利用できるので、デザインにこだわりがなければこちらの方がおすすめです。

また、JCBオリジナルシリーズ優待店に指定されている下記のような店舗では最高5.5%のポイントが還元されます。

  • スターバックス:5.5%(基本1%+優待店ボーナス4.5%)
  • セブン-イレブン:2%(基本1%+優待店ボーナス1%)
  • Amazon:2%(基本1%+優待店ボーナス1%)

以上のようにスターバックスやセブンイレブン、Amazonでの買い物が多い方にはお得に使えるカードです。

さらに、『JCB CARD W plus L』限定の女性疾病保険に月額290円から加入できるので、安心を重視する人にもおすすめのカードです。

年会費 無料
発行条件 18歳以上39歳以下の方(高校生は除く)

未成年の方は親権者の同意が必要です。

基本還元率 1%

『JCB CARD W plus L』公式ページ:

https://www.jcb.co.jp/promotion/ordercard/w/

8-3. 『JCB LINDA』

JCB LINDA』は8種類の可愛いデザインからカードを選ぶことができます。年会費は無料で基本的なポイント還元率は0.5%です。

このカードはデザインの可愛さだけでなく、貯まったポイントはドライヤーなどの女性にとって嬉しい商品と交換可能です、また、その他にも様々な参加企業から提供される特典や商品が当たるキャンペーンを毎月開催しています。

出典:JCB

また、『JCB LINDA』や『JCB CARD W plus L』の保有者限定で入会できる、選べる女性保険「お守リンダ」は女性特定がん限定手術保険など女性にとって非常に嬉しい内容となっています。

年会費 無料
発行条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

未成年の方は親権者の同意が必要です。

基本還元率 0.5%〜1.5%

JCB LINDA公式ページ:

https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/jcb_linda

9. おすすめの主婦向けカード4選

専業主婦は毎日の食事の買い物でスーパーに行ったりなどと最もカードを利用する場面が多いかもしれません。

そう行った毎日の買い出しなどでお得にカードを利用できれば便利ですよね。スーパーなどでお得な専業主婦におすすめのカードは以下の4枚です。

カード名 対象商品5%OFFの日 ポイント還元率UPの日 お得になる店舗
『イオンカード』 20日・30日(55歳以上は15日も) 毎日2倍。10日はどこでも2倍。 イオン系列の店舗
『ウォルマートカード・セゾン』 毎日3%OFF。5日、20日は5%OFF 西友・サニー
『セブンカードプラス』 8日、18日、28日に5%OFF 毎日3倍 イトーヨーカドー・セブン-イレブンなど
『セディナカード クラシック』 マルエツ等の各店舗で毎月第2・第4日曜日 毎日3倍 セブン-イレブン、ダイエー、イオン、マルエツ

それぞれお得になる日や店舗が違うのであなたの生活に合ったクレジットカードを作りましょう。

9-1. 『イオンカード』


イオンカード』は年会費無料、ポイント還元率は0.5%のカードです。『イオンカード』と『イオンカードセレクト』からカードを選択することができます。

以下のような特典があるため、イオンで普段から買い物をする専業主婦の方にとっては非常にお得です。

  • イオンでの利用でポイント還元率が毎日2倍の1%。10日はどこでも2倍の1%。
  • 20日・30日(55歳以上は15日も)はイオン系列の店舗で会計から5%OFF。

十分お得に利用できますが、イオン銀行の口座を引き落とし口座にできるのであれば『イオンカードセレクト』の方が以下のような嬉しい特典があるので、よりお得です。

  • イオン銀行の普通預金金利が0.02%から最高0.12%になる
  • 各種公共料金をお支払いで1件につき毎月5WAONポイント
年会費 無料
発行条件 18歳以上で電話連絡可能の方(高校生は除く)

未成年の方は親権者の同意が必要です。

基本還元率 0.5%

イオンカード公式ホームページ:

http://www.aeon.co.jp/creditcard/

9-2. 『ウォルマートカード・セゾン』


ウォルマートカード・セゾン』は年会費無料、ポイント還元率0.5%のカードです。

以下のような特典があるため、西友・リヴィン・サニー・SEIYUドットコムで普段買い物をしている専業主婦の方はでおすすめです。

  • 毎日、会計から3%OFF
  • 5日と20日は会計から5%OFF
年会費 永久無料
発行条件 18歳以上の方(高校生は除く)

提携する金融機関に決済口座をお持ちの方

未成年の方は親権者(ご両親)の同意です。

基本還元率 0.5%:通常利用

1%:海外利用

ウォルマートカード・セゾン公式ホームページ:

http://www.saisoncard.co.jp/

9-3. 『セブンカードプラス』

セブンカードプラス』は初年度無料で次年度以降は500円(税込)かかりますが、前年度5万円以上のカード利用で無料となる、ポイント還元率0.5%のカードでセブン&アイグループの対象店でお得に使うことができます。

以下のような特典があるため、セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、デニーズ、7net、SEIBU SOGO、Arioで普段買い物をしている専業主婦の方はおすすめです。

  • セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、デニーズでのカード利用でポイント還元率が普段の3倍の1.5%
  • 7net、SEIBU SOGO、Arioでポイント還元率が普段の2倍の1.0%
  • 8日、18日、28日はイトーヨーカドーでの買い物が5%OFF
年会費(税込) 初年度無料

次年度以降は500円(前年度5万円以上のカード利用で無料)

発行条件 18歳以上の方(高校生は除く)

※未成年または学生の方は、お申込みの際「親権者同意書」が必要です。

基本還元率 0.5%

セブンカードプラス公式ホームページ:

http://www.7card.co.jp/

9-4. 『セディナカード クラシック』


セディナカード クラシック』はセブン-イレブン、ダイエー、イオン、マルエツでお得になる、年会費が1,000円(税抜)、ポイント還元率が0.5%のカードです。

以下のような特典があるため、セブン-イレブン、ダイエー、イオン、マルエツをよく利用する専業主の方におすすめです。

  • セブン-イレブン、ダイエー、イオンでのカード利用でポイント還元率が普段の3倍の1.5%
  • マルエツ等の各店舗で毎月第2・第4日曜日5%割引
年会費(税抜) 1,000円
発行条件 高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方

未成年の方は親権者の同意が必要です。

基本還元率 0.5%

セディナカード クラシック公式ホームページ:

https://www.cedyna.co.jp/card/cedynacard_classic/

10. 学生におすすめのクレジットカード2選

この章では学生が申し込むのにおすすめなカードを5つの視点に従って紹介します。

プロの目から見ても以下の5つの視点に従って選べば問題ありません。

年会費が完全に無料かどうか クレジットカードには初年度は年会費がかからなくとも次年度以降は年会費がかかったり、条件付きで年会費が免除されるものがあります。
還元率が常時1%以上かどうか クレジットカードにはポイント還元というものがあり、基本的なポイント還元率が1%以上ならば高還元と言えます。
きちんとした旅行保険やセキュリティがあるかどうか クレジットカードには旅行保険がついているものとついていないものがあり、条件などもカードによって様々です。
学生が持つメリットがあるかどうか クレジットカードには学生のうちに作るメリットがあるものもあります。
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか クレジットカードには特定のお店で使うことで特典やサービスを受けられるものがあります。

この章では以上の観点を元に、学生が最も持つべきと考えられる2枚のカードを紹介します。この中から自分に合うと思ったカードを選べば、クレジットカード選びで間違うことはまずありません。

  1. 『三井住友VISAデビュープラスカード』:将来ゴールドカードが欲しい方におすすめ
  2. 『学生専用ライフカード』:海外旅行をする学生におすすめ

10-1. 『三井住友VISAデビュープラスカード』将来ゴールドカードが欲しい方におすすめ

三井住友VISAデビュープラスカード』は様々なサイトで学生が持つべきカードとして最も推されているカードです。

将来的にゴールドカードを欲しいと考えてる方に特にオススメです。

年会費が完全に無料かどうか 初年度無料です。

次年度以降は1,250円(税抜)かかります。(年に一回の利用で無料になります。)

還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して1%のポイントが付与されます。

また、入会して最初の3ヶ月間はポイントが2.5%たまります。

きちんとした旅行保険があるかどうか × 旅行に関する付帯保険はありません。
学生が持つメリットがあるかどうか 26歳になった時にプライムゴールドカード、30歳になった時にゴールドカードに自動で切替えられます。
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか 「ココイコ」と言うサービスの利用で東急ハンズなどでポイントが多くもらえます。

三井住友VISAデビュープラスカード』は18歳〜25歳限定のカードです。年会費が初年度無料で次年度以降は1,250円(税抜)です。しかし年に一回の利用で次年度以降も年会費無料になるので実質無料と言えます。

年会費が完全無料ではなく、海外旅行保険も付帯していないなどカードの性能としてはイマイチです。

学生が『三井住友VISAデビュープラスカード』を持つことの主なメリットは26歳になった時にプライムゴールドカード、30歳になった時にゴールドカードに自動で切替えられることです。

そのため、将来的にゴールドカードを持ちたい方は『三井住友VISAデビュープラスカード』を持つことをおすすめしますが、そうでない方は他のカードを選びましょう。

『三井住友VISAデビュープラスカード』公式ページ:

https://www.smbc-card.com/nyukai/card/debutplus

10-2. 『学生専用ライフカード』海外旅行をする学生におすすめ

学生専用ライフカード』は海外旅行をする学生におすすめです。

海外旅行保険は持っているだけで適用され病気や怪我に関する保険までついてきますし、海外でショッピングをした場合利用代金の5%がキャッシュバックされます。

年会費が完全に無料かどうか ずっと持ち続けても年会費が発生することはありません。
還元率が常時1%以上かどうか どこで使っても利用代金に対して0.5%のポイントが付与されます。
きちんとした旅行保険があるかどうか 付帯保険は自動付帯で条件は以下の通りです。

  • 死亡後遺障害:最高2,000万円
  • 疾病・傷害治療:最高200万円
  • 国内旅行保険:なし
学生が持つメリットがあるかどうか 学生が持つメリットは主に以下の3つです。

  • 海外でのショッピングに対して5%のキャッシュバック
  • 海外旅行傷害保険が最高2,000万円自動付帯でつくこと
  • 毎月の携帯料金をカード決済にすれば、毎月10人に1人の割合でAmazonギフト券500円分が当たる
普段から利用するお店の特典や割引サービスを受けられるかどうか サンルートホテルなどの提携ホテルで10%割引、富士急ハイランドなどで大人400円割引になります。

学生専用ライフカード』は年会費がずっと無料のカードで、海外旅行で非常に役立ちます。

例えば、海外で買い物をした際の利用代金の5%分が3ヶ月後に登録口座に振り込まれたり、海外で旅行傷害保険も最大2,000万円が自動でつくので非常にお得です。

『学生専用ライフカード』を持っていれば、初めての海外旅行でも安心して行けると言えます。

『学生専用ライフカード』公式ページ:

http://www.lifecard.co.jp/card/credit/std/

11. まとめ

以上がパターン別のおすすめのクレジットカードでした。

この記事で紹介したカードを以下に再度記しておきます。

おすすめの年会費無料カード

REX CARD

おすすめのポイント高還元カード

おすすめの海外旅行保険カード

おすすめの作りやすいカード

おすすめのはじめて作るクレジットカード

おすすめのゴールドカード

おすすめのショッピング用カード

おすすめの女性向けカード

おすすめの主婦向けカード

おすすめの学生カード

このページを参考にあなたが最高のクレジットカードに出会えることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket