図解でわかるバイナリーオプションとは|仕組みが1から簡単にわかる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
success on the stock market

「バリナリーオプションなら初心者でも簡単」というような話を聞いたけど「そもそもバイナリーオプションってどうゆう仕組みなの?」と疑問に思っていませんか?

バイナリーオプションとはFX(為替)のオプション取引で「一定時間後に為替レートがどうなっているかを2択で予測するだけ」というとてもシンプルなルールではありますが、時間制限がある故にむしろ通常のFXよりも予測難易度の高い投資といえます。

さらに、負けると掛け金を全額失ってしまう等のデメリットも多くギャンブル性の強い取引ですので、大切なお金を投資するならきちんと勉強しながらFXをやることをおすすめします。

このページでは、現在はFX専業トレーダーとして安定して平均月利30%以上の利益を上げている筆者が、長年のトレード経験を基に「バイナリーオプションの仕組みとおすすめしない理由」について以下の流れに沿ってわかりやすく詳細にご紹介します。

  1. バイナリーオプションとは
  2. バイナリーオプションをおすすめしない3つの理由
  3. 初心者にFXをおすすめる4つの理由
  4. FXを始めるための4ステップ
  5. はじめてのFXで成功するためのおすすめ口座5選

すべて読めば、あなたの大切なお金を賢く増やすための正しい投資先がわかり、失敗しない投資人生が送れるようになるでしょう。

1. バイナリーオプションとは

バイナリーオプションとは、FX(為替)取引におけるオプション取引で、簡単にいうと「一定時間後の判定タイミングに於いて為替レートがどうなっているかを予測して賭ける取引」です。

バイナリーオプションには以下の3つの特徴があります。

スクリーンショット 2016-08-28 22.00.21

  • 判定時間(最長2時間後)にどうなるかを2択で予測するだけのシンプルルール
  • 3種類の取引がある|ラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプション
  • ハイリスク・ハイリターンな取引|「勝つと倍だが、負けるとゼロ」

※注意

バイナリーオプションは、ルール次第では博打と変わらない要素を持っているため、金融庁によるルール規制の対象取引となっており、金融庁の規制の下に適正に運営を行っている国内業者と規制外で運営されている海外業者の2種類があります。

そのため、規制外で運営されている海外業者の場合には「判定時間が60秒」「掛け金は大きいが勝てばリターンも数倍」等、よりギャンブル要素の強い非常に多くの種類の取引が存在しています。

現在のところ、海外業者で取引を行ったからといって特段の罰則等はありませんが、投資という観点からも、バイナリーオプションをやるのであれば国内業者で取引することをおすすめします。

以下、それぞれの特徴についてご説明していきます。

1-1. 判定時間(最長2時間後)にどうなるかを2択で予測するだけのシンプルルール

スクリーンショット 2016-08-28 18.45.03

バイナリーオプションのルールは極めてシンプルで、判定時間にレートがどうなっているかを「2択で予測するだけ」というものです。

判定時間については、国内業者では金融庁の規制もあり、基本的に2時間単位で一日10〜11回程度の判定時間が設けられていることがほとんどです。

トレーダーは現在開催されている回の中で、残り時間に合わせて変動する掛け金を払うことで予測に参加することができます。

1-2. 3種類の取引がある|ラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプション

スクリーンショット 2016-08-28 22.00.58

バイナリーオプションでは、大きく上記の3つの種類の取引があり、業者によって取引可能な種類が異なります。

最もメジャーな取引が基準価格よりも上か下かを予測する「ラダーオプション」であり、ほとんどの業者ではこの「ラダーオプション」をメインとした取引が可能です。

「レンジオプション」「ワンタッチオプション」については、取引可能な業者が限られますので、業者選びの際には事前に確認しておく必要があります。

以下、それぞれの取引について解説していきます。

1-2-1. ラダーオプション

スクリーンショット 2016-09-03 13.16.18

あらかじめ基準価格が設定され、2時間後の判定時間に実際のレートが基準価格よりも上か下かを予測する取引です。

判定時間までの残り時間が少なくなったタイミングで実際レートが基準価格よりも大きく離れている場合等では予測しやすいですが、基本的に残り時間が少なくなるにつれ掛け金の額が上がっていくため、儲けを大きくするためには予測が難しい残り時間が多いタイミングで参加する必要があります。

判定時間という「ピンポイントなタイミングのレートを予測する」という点で難しさがあります。

1-2-2. レンジオプション

スクリーンショット 2016-09-03 13.16.43

2時間後の判定時間に実際のレートがあらかじめ設定された2つの基準価格の範囲内に納まるかどうかを予測する取引です。

「レンジオプション」では基準価格が2つあるため、一見「ラダーオプション」よりも難易度が高いように思われますが、設定される基準価格の幅によってはむしろ予測しやすい場合も多いというのが特徴です。

しかしながら、「ラダーオプション」同様、判定時間という「ピンポイントなタイミングのレートを予測する」という点での難しさは変わりません。

1-2-3. ワンタッチオプション

スクリーンショット 2016-09-03 13.21.08

「ワンタッチオプション」は、「判定時間にどうなっているか」というピンポイントなタイミングを予測するのではなく、「判定時間までに、一度でも実際レートが基準価格にタッチするかどうか」を予測する取引です。

そのため、ピンポイントなタイミングを予測するという難しさはなく、きちんとしたFXの知識と経験のある人にとっては、設定される基準価格とその時の相場状況にもよりますが、3つの中で最も予測しやすい取引といえるでしょう。

1-3. ハイリスク・ハイリターンな取引|「勝つと倍だが、負けるとゼロ」

スクリーンショット 2016-08-28 18.45.52

バイナリーオプションでは、取引も「2択」とシンプルですが、リスク・リターンも「oか100か」というシンプルなルールになっています。

FXのようにレートが動いた分のリスク・リターンではなく、「勝てば掛け金が最大2倍近くに(参加タイミングよって変動)、負ければ掛け金は没収」というハイリスク・ハイリターンな取引です。

また、参加タイミングによっては「勝っても1.2倍程度にしかならないのに、負ければゼロ」というような場合もありますので、その場合には「ハイリスク・ローリターン」といえる取引でもあります。

2. バイナリーオプションをおすすめしない3つの理由

バイナリーオプションには以下のような3つの大きなデメリットがあります。

スクリーンショット 2016-08-21 16.39.15

  • 時間が短く制限されていて予測が難しい
  • 負けた場合に掛け金を全て失う
  • リスクの大きさは変わらないのに残り時間に合わせて獲得可能利益が下がっていく

そのため、相応のリスクを取らなければ大きな収益を得ることはできず、勉強することでリスクを減らせる通常のFXよりも難易度の高いギャンブルのような投資といえます。

以下、それぞれのデメリットについて詳細を解説していきます。

2-1. 時間が短く制限されていて予測が難しい

スクリーンショット 2016-08-21 16.42.44

バイナリーオプションでは、2時間程度の時間軸でレートの動きを予測しなければいけませんが、そもそもレートの動きを予測すること自体が非常に困難なうえに、2時間という短い期間でどうなるかまでを正確に予測するのは不可能であり、ほぼギャンブルに等しい取引といえます。

通常のFXに於いても、「レートが上がるか下がるかを予測する」のは同じですが、「レートが十分に下がりきった状態で、過去の安値のサポートラインで反発したタイミングでエントリー」等、ある程度の根拠のあるエントリーポイントを自分で見定めてエントリーすることから、バイナリーオプションとはレート予測の性質も確度も全く異なります。

適当なタイミングのレートが数時間後にどうなるかを確度高く予測する手法はなく、いくら勉強を重ねたとしてもバイナリーオプションで勝ち続けることは極めて困難です。

参考:バイナリーオプションで勝ち続けることはできるのか?

参考までに、以下にFX専門誌で連載FX専門誌『FX攻略.com』で連載を担当しているプロトレーダーの飯田晃市さんの意見をご紹介します。

口コミ・評判

プロトレーダー 飯田晃市 さん

バイナリーオプションは各社に差はあれどたいていは一万円をかけて当たれば8千円が貰えて外れればその一万円は没収となります。

¥10,000かけて
当たれば → プラス ¥8,000
外れれば → マイナス¥10,000 チーン!

つまり、一万円かけて当たって一万円貰えれば利益と損失の割合が5:5のイーブンになるんですが、貰えるのが8千円のために利益と損失の割合が4:5になってしまいます。

計算式は省きますがリスクリワードレシオが0.8で55.56%の勝率でやっとプラマイゼロになるんです。

つまり勝率6割以上じゃないと利益は出ません。

勝率6割近くまで頑張ってもプラマイゼロで利益と損失がトントン・・・。

・・・時間の無駄じゃね?

※掛け金に対して得られる期待収益率の観点から確率論で考えてみても、バイナリーオプションで勝ち続けるのは非常に困難といえます。

2-2. 負けた場合に掛け金を全て失う

スクリーンショット 2016-08-21 16.42.57

バイナリーオプションでは、残り時間に合わせて変動する掛け金を支払って予測に参加するのが一般的ですが、予測が外れて負けてしまうと掛け金を全て失ってしまいます。

通常のFXでは仮に予測が外れたとしても、その時点ですぐに損切りを行えば軽微な損失で済ませることも可能であり、「0か100か」というバイナリーオプション取引は極めてリスクの高い取引といえます。

2-3. リスクの大きさは変わらないのに残り時間に合わせて獲得可能利益が下がっていく

スクリーンショット 2016-08-21 16.43.14

バイナリーオプションでは、通常、残り時間が少なくなって予測がしやすくなるにつれて掛け金が変動し、勝った場合に受け取れる利益が少なくなっていきます。

その場合でも、負けた場合には全ての掛け金を失ってしまうため、バイナリーオプションは「極めて高いリスクを取りながら予測しやすくなるにつれて収益率が下がっていく」という非常に不利な取引でもあります。

これらの理由から、投資として大切なお金を増やしたいのであれば、ギャンブル的要素が強く、ハイリスク・ローリターンもあり得るようなバイナリーオプションは決しておすすめしません。

3. 初心者にFXをおすすめする4つの理由

大切なお金を投資するのであれば、ギャンブル的要素の強いバイナリーオプションよりも、きちんと勉強すればより確度高く儲かることが可能で、実際に儲けている人も多いFXをおすすめします。

FXには、バイナリーオプションと比較した際に、大きく以下のような4つのメリットがあります。

  • トレードに時間制限がない
  • 負けても掛け金(元金)を全て失うことはない
  • 勉強すれば中長期的なトレンドが予測がしやすい
  • 最大25倍のレバレッジ

3-1. トレードに時間制限がない

前述のとおり、一見簡単そうに見えながら、バイナリーオプションの最も難しいポイントは「時間制限がある」ということです。

レートを予測する上では、ほぼ投機的な思惑の交差のみで上下する短期的なトレンドを読むよりも、経済情勢を織り込むように上下する中長期的なトレンドを読むほうが圧倒的に容易です。

そのため、自分のタイミングでエントリーして時間制限なく中長期的なトレンドを読みながら決済できるFXの方がリスクが低く、リクスコントロールも可能なため、より投資に向いているといえます。

3-2. 負けても掛け金(元金)を全て失うことはない

バイナリーオプションのギャンブル性をもたらす大きな要因の一つが負けた場合に全ての掛け金を失う「0か100か」という取引ルールにありますが、FXではいつ決済するかを自分で決められることから、「損失も利益も自分で調整可能」です。

大切なお金を投資する上で、短時間で全てを失ってしまう可能性の大きな取引は、決して健全な投資とはいえず、きちんとリスクを自分で管理できるFXの方がより投資に向いています。

3-3. 勉強すれば中長期的なトレンドが予測がしやすい

FXでは、貿易や海外旅行等のように必要に応じて外貨交換を行う「実需筋」とファンドや個人トレーダー等のように投機目的で外貨交換を行う「投機筋」、政策を実現するために意図的に為替介入を行う「政府筋」の大きく3つの市場参加者が存在していますが、全体取引のうち8〜9割が「投機筋」によるよるものだといわれております。

そして、投機筋は収益を上げることを目的にトレードを行うことから「これから価値が上がりそうな通貨や金利の高い(上がる)通貨を買う」という特徴があります。

そのため、短期的には国際的な事情等により様々な思惑が交差しレートが上下に動きますが、中長期的には各国(各通貨)の景気状況や金融政策に従って、米ドルの価値が上がったり、日本円の価値が上がったりというような動きをします。

スクリーンショット 2016-05-19 17.43.23

そのため、取引する通貨ペアの両国の経済状態や金融政策の方針等を確認することで、中長期的なその通貨ペアの方向性を予測することができます。

一例として、2016年現在においては、「アメリカは長らく停滞していた経済景気が回復してきていることを背景に金融引締めとしての政策金利の引上げ(投機的にみるとドルの価値上昇要因)」を行おうとしており、「日本はアベノミクスの一環として、大規模な金融緩和(投機的にみると円の価値下落要因)を行い、円安に誘導しながら物価上昇と景気回復」を行おうとしているため、両国の金融政策の方向性の違いから中長期的には“ドル/円は上昇圧力が強いだろう”というように予測することができます。

3-4. 最大25倍のレバレッジ

FXでは最初に入金した証拠金を担保に、FX会社からその何十倍もの資金を借りて大きな金額のトレードができる「レバレッジ」という制度があります。日本のFX会社の場合には金融庁からの規制がありますが、個人口座でも最大25倍までの取引が可能になっています。

そのため、最少で5千円程度の少ない資金からでも始めることが可能で、少ない原資で健全に大きなリターンを狙うことができます。(当然、レバレッジを高くする程、ハイリスクハイリターンな取引になりますので注意は必要です。)

スクリーンショット 2016-05-19 18.12.16

4. FXを始めるための4ステップ

FXを始めようと思った人は、下記の4ステップに従って実践することをおすすめします。

  • ステップ①|FXの基本的知識を身につける
  • ステップ②|月間の目標収益と取引スタイルを決める
  • ステップ③|業者を比較して口座開設する
  • ステップ④|取引しながら勉強する

4-1. ステップ①|FXの基本的知識を身につける

FXを始める上でまず最初に必要なことは、「FXの基本知識を身につける」ことです。

当然のことながらFXの基本的な仕組みを理解せずにトレードを行うことはできません。また、スポーツでいうところのルールにあたる部分ですので、基本事項が完全に理解できていない状態でFXで勝ち続けるなど不可能です。

初めての方はFXで使われる用語や売買方法、通貨の種類等の基本情報を知るところから始めましょう。

その際に最も重要なことは、「市場参加者は誰で、レートはなぜ上下するのか」といったFXの仕組みそのものをしっかりと理解することです。

以下に私がこれまでに読んだ100冊以上の為替・経済・FX関連本の中で、これからFXを始める人向けに絶対におすすめできる本をいくつかご紹介しますので、まずは一冊読んでみてから検討するものよいでしょう。

<初心者向けのおすすめ入門書>

スクリーンショット 2016-05-08 15.17.44 『一番売れてる投資の雑誌ザイが作った「FX」入門
−2009/3/27, ザイFX!編集部 羊飼い (著)

※有名FX雑誌の編集部が監修し、FXの仕組みからトレード方法まで、基本的な必須知識を全体的に網羅してある本。初めてのFXで全体像を手っ取り早く掴むのにもってこいの本です。

スクリーンショット 2016-05-08 15.38.45

東大院生が考えたスマートフォンFX
– 2015/2/17, 田畑 昇人 (著)

※著者の田畑 昇人さんが東大院生時代にスマートフォン一台で大金を掴むまでの軌跡を基に、FXで勝つための重要な知識やトレードの考え方・手法を公開し、初心者にもわかりやすく解説されている本。実践的な内容を知りたい場合にもってこいの本です。

スクリーンショット 2016-05-08 15.59.17

岡安盛男の稼ぐFX 実戦の極意 
– 2013/10/10, 岡安 盛男 (著)

※元外資系銀行の凄腕ディーラーの著者が、各通貨の特徴や重要経済指標の読み方、チャート分析の仕方まで、FXで勝つ為の実践的なスキルやノウハウを惜しみなく網羅的にわかりうやすく解説してくれている本。プロの実践的知識を身につけることができるおすすめの本です。

4-2. ステップ②|月間の目標収益と取引スタイルを決める

初心者には、“目標収益を決めずにただ何となくトレードを行っている”という人が圧倒的に多いのですが、目標収益がないと「1トレードでどれぐらいの利益を目指し、どれぐらいの頻度でトレードを行えばよいか」という判断基準がなく、ギャンブルのようなトレードになってしまいがちです。

そのため、まずは自分が出せる軍資金の額に合わせて月間の目標収益を決めましょう。

その際の目安は軍資金の1〜5%程度範囲内に設定すべきです。

※注意ここで非常に高い目標を設定する人やそもそも目標を設定せずに闇雲にトレードをする人が初心者には非常に多いですが、そういった人の特徴として、プロなら絶対にトレードしないような荒れた相場の時等でも無理にトレードしてしまい、大切な資金の大半を失ってしまうということが頻発しています。

目標を立てる時は、必ず現実的かつ堅実な目標にしましょう。

また、前述の通り、FXの取引スタイルには以下の4つのスタイルがあります。

  • スキャルピング:数秒〜数分で小さな利益を数多く狙うトレードスタイル
  • デイトレード:数分〜数時間の単位で取引し、一日の中で完結させるトレードスタイル
  • スイングトレード:相場状況を見ながら数日の単位で大きな利益を狙うトレードスタイル
  • 長期投資:数ヶ月〜数年間ポジションを保有し金利や長期の大きな利益を狙うスタイル

初心者の場合、まずはデイトレードから始めるのが現実的かと思いますが、こちらも自分の生活リズムに合わせて無理のないようにあらかじめ決めておくとよいでしょう。

4-3. ステップ③|業者を比較して口座開設する

FX取引を始めるためには、FX業者の口座を開設する必要がありますが、FX業者によって取引ツールや取引条件が様々ですので、どの業者を選ぶかは非常に大切です。

取引毎に発生するスプレッド(取引手数料のようなもの)や注文を出した際の約定力(業者によっては注文通りに約定しない場合がある)等の違いから、トレード成績に大きな差が生まれる場合もありますので、慎重に業者選定をしましょう。

FX業者選びのポイントについては、次章の『はじめてのFXで成功するためのおすすめ口座5選』にて後述します。

4-4. ステップ④|取引しながら勉強する

FXはトレードを始めてからが肝心です。

実際に身銭を切りながら勉強することで相場感覚が磨かれ勝率が高まっていくものです。

最初は少額からでも構いませんので実際にトレードを行いながら、ネットや本等を活用してFX・為替・経済等の分野の勉強を怠らないようにしましょう。

5. はじめてのFXで成功するためのおすすめ口座5選

FXにおける業者選びはトレード成績にも影響する非常に大切な項目です。

どんなことにも共通することですが「道具が悪いと上達しにくい」と言われるように、FXにおいてもトレード環境やトレードツールにはよいものを選ぶべきです。

現在、日本には多くのFX業者が存在しており、FX業者を比較するポイントも多岐にわたるため、様々な比較サイトを見ても結局どれがよいのかがわからないという声が非常に多いのが現状です。

実際、どのポイントで比較するか次第で良い業者は変わってきますが、ここでは勝つために最も重要なポイントにフォーカスしてご紹介します。

勝つためにFX業者選びで重視すべきポイントは以下の4つです。

  • スプレッド(取引の際に必ず発生する売買価格差)が狭い
  • 約定力(指定通りの価格で成約する精度)が高い
  • ニュース配信等の情報量が多い
  • 取引ツールが使いやすい

上記4点を満たす業者としては以下の5社がおすすめです。

  1. DMM FX|国内口座数No.1の信頼できる大手業者
  2. GMOクリック証券|総合的にバランスが良い業者
  3. YJFX!|取引ツールの使いやすさNo.1の業者
  4. マネーパートナーズ|約定力No.1の業者
  5. 外為どっとコム|情報量No.1の業者

※FX口座を開設する際には、特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック内容や条件、口座開設までのスピード等が変わってしまう場合があるようですので、必ず公式ページから行うことお勧めします。

5-1. DMM FX|国内口座数No.1の信頼できる大手業者

スクリーンショット 2016-05-08 19.22.36

DMM FX』は国内口座数では現在No.1の業者であり、取引高でも世界第1位をGMOクリック証券と争っている大手業者です。

その実績通り、上記4点すべてにおいて高次元で満たしており、総合的に非常にバランスの良い業者です。

初めて口座開設する業者としておすすめです。

5-2. GMOクリック証券|総合的にバランスが良い業者

スクリーンショット 2016-05-08 19.40.26

GMOクリック証券』は世界で最も取引されている業者としてDMM FXと取引高世界第1位を争っている大手業者です。

DMM FX同様、上記4点すべてにおいて高次元で満たしており、総合的に非常にバランスの良い業者です。

こちらも初めて口座開設する業者としておすすめです。

5-3. YJFX!|取引ツールの使いやすさNo.1の業者

スクリーンショット 2016-05-08 20.22.52

YJFX!』の外貨exでつかう取引ツールである「Cymo(サイモ)」は非常に使いやすいと評判で、利用者が非常に多い業者です。

スプレッドの面では他の3社に若干劣りますが、操作性の高さでは一歩抜けており、初心者にはおすすめの業者です。

5-4. マネーパートナーズ|約定力No.1の業者

スクリーンショット 2016-05-08 20.30.51

マネーパートナーズ』は約定力の高さで定評があり、積極的に取引をする専業トレーダーの中でも利用者の多い業者です。

標準スプレッドは多少広めではありますが、スリページ等を考慮した実質取引コストで考えれば、その他の項目も高水準なため初心者にも上級者にもおすすめの業者です。

5-5. 外為どっとコム|情報量No.1の業者

スクリーンショット 2016-06-15 23.06.28

外為どっとコム』は情報源として「FX WAVE」「GI24」「ロイター」「フィスコ」の業界最多の4媒体を活用している上に、セミナー等も非常に充実しており、情報収集用口座として非常に多くのトレーダーから支持されている業者です。

スプレッドも業界最狭水準であり、健全財務状態や平日24時間の手厚いサポート体制等、その他の項目も高水準なため全ての人におすすめの業者です。

6. まとめ

いかがでしたでしょうか。バイナリーオプションの仕組みとリスクについて正しく理解できたのではないでしょうか。

当然のことながら、全ての投資にリスクは付きものですが、自分の大切なお金を投資する以上、極力リスクを排除して出来る限りリターンの確度を上げられる投資を選ぶべきです。

自分の状況や興味と照らして、FXが向いていると思った人、向いていないと思った人、等様々だと思いますが、しっかりと勉強し努力できる人にとってはFXは比較的大きなリターンが狙える魅力的な投資です。

本サイトではバイナリーオプションの正しいリスクと投資初心者におすすめなFXの魅力、始める上で重要なポイントについて出来る限り詳細にご紹介してきましたので、あなたの決断の一助となれれば幸いです。

上記の内容をしっかりと理解した上で後悔しない投資人生を送りましょう!

<はじめてのFXで成功するためのおすすめ口座5選>

  1. DMM FX|国内口座数No.1の信頼できる大手業者
  2. GMOクリック証券|総合的にバランスが良い業者
  3. YJFX!|取引ツールの使いやすさNo.1の業者
  4. マネーパートナーズ|約定力No.1の業者
  5. 外為どっとコム|情報量No.1の業者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket